Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > クロアチア



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2018/07/14(土) 19:02:46.46 ID:CAP_USER9.net

    MFペリシッチ、DFロブレン、守護神スバシッチら攻守の主軸が13日の練習を欠席

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ロシア・ワールドカップ(W杯)で悲願の初制覇を目指すクロアチア代表だが、死闘の末に勝ち上がったことで選手たちの疲労が心配されている。試合を2日後に控えるなか、主軸5選手が練習欠席を知られる苦しい状況となっている。

     アルゼンチンを筆頭にナイジェリア、アイスランドと同居する厳しいグループDを首位通過したクロアチアだが、その先で待っていた決勝トーナメントでは1回戦のデンマーク戦からPK戦にまでもつれ込んだ。同国史上初のファイナル進出を果たしたが、準決勝のロシア戦、準決勝イングランド戦も含めて3試合連続で延長120分間を戦い抜いた。

     選手へのダメージも計り知れないものとなっている。イングランド戦では同点ゴールを決めたMFイバン・ペリシッチ(インテル)は、その後に足を痛めながら最後まで出場を続けた。現地時間13日にMRI検査を受けたが、左足の太もも痛で決勝出場に疑問符がついている状況だ。

     他にも、イングランド戦途中でベンチに下がった左サイドバックのDFイバン・ストゥリニッチ(ACミラン)も出場が不安視されている。疲労による予防措置とはいえ、センターバックのDFデヤン・ロブレン(リバプール)、守護神のGKダニエル・スバシッチ(ASモナコ)、右サイドバックのDFシメ・ヴルサリコ(アトレチコ・マドリード)も13日の練習を欠席し、コンディションが気がかりな状態となっている。

     マルカ紙も「クロアチアはW杯決勝の48時間前に5人のスター選手が不在」と報じた。

     120分間の死闘を3試合続け、決勝で対戦するフランスよりも実質1試合分も多くプレーしているクロアチア。満身創痍のなかで挑む初の決勝で、選手たちは最後まで走り切ることができるだろうか。

    7/14(土) 18:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180714-00121807-soccermzw-socc

    【サッカー】<クロアチア代表DFロブレン>2ヶ月間でCLとW杯決勝の舞台に立つ!「僕は世界最高のDF」
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531546835/


    【【W杯】<クロアチア代表>W杯初優勝へ暗雲?“3連続延長”の代償で主力5選手が練習欠席の緊急事態...】の続きを読む



    (出典 www.afpbb.com)



    1 3倍理論 ★ :2018/07/14(土) 11:03:30.14 ID:CAP_USER9.net

    明日決勝を迎えるロシアW杯。初の決勝進出という新たな扉を開いたクロアチアは、いかにしてイングランドを上回ったのか……。準決勝で現地解説を務めた山本昌邦氏が、そのポイントを振り返る。

     ルカ・モドリッチを筆頭に、マリオ・マンジュキッチ、イバン・ラキティッチらタレントが居並ぶクロアチア代表。彼らモドリッチ世代(=黄金世代)にとっては、最後のW杯になります。ダボル・スーケルらが築いた過去最高成績である1998年大会のベスト4を越えるんだ、自分たちが新しい歴史をつくるんだ、という想いが見ているこちらにも伝わってきて、それがこの試合をすばらしいものにしたと思います。

     決勝トーナメント1回戦のデンマーク戦、準々決勝のロシア戦ではともに、延長120分プラスPK戦を戦い抜いてきました。結局、イングランド戦でも延長戦までもつれましたが、終盤のクロアチアのプレッシャーは鬼気迫るものがあり、感動すら覚えました。延長後半、1点ビハインドのイングランドは、前にボールを運ぼうとしても運ばせてもらえませんでした。

     決勝まで進むチームですから、もちろん戦力も充実しています。4バックは安定していて、1トップと両ワイドが絡んで個の力で崩す攻撃もすばらしいですが、クロアチアといえばやはり中盤です。イングランド戦の中盤には、不動のモドリッチとラキティッチに加えて、ひとつ下の世代であるマルセロ・ブロゾ*が入りました。このハイクオリティーな3枚の中盤は、相手チームや試合の状況に合わせて、配置を正三角形にしたり、逆三角形にしたりと、柔軟な対応ができます。優勝カップを手にするチームにおいてGKのビッグプレーは不可欠ですから、決勝ではダニエル・スバシッチのプレーにも注目したいですね。

    武器を見失った……
    イングランドの若さ

     立ち上がり5分で、得意とするセットプレーで先制点を奪ったイングランド代表。ここまでFKやCKで素晴らしいキッカーを務めていたキーラン・トリッピアーが直接沈めています。これで全12得点のうち8得点がゴールになりました。

     先手をとったところまではよかったですが、ジェシー・リンガードらがチャンスをつくりながらも追加点を奪えず。時間が経つにつれてイングランドはドタバタしてしまいました。若い世代が躍動しているイングランドは勢いに乗って準決勝まできましたが、クロアチア戦ではその“若さ”が仇となった印象です。

     イバン・ペリシッチに同点弾を許してからは、落ち着きを取り戻せなかった。彼らは「自分たちの武器が何か」ということに立ち返るべきでした。アタッキングサードでファウルをもらう、ドリブルで仕掛けてCKをとる、そしてセットプレーで得点を奪う……。このやり方で2点目を取りに行くしたたかさが、イングランドには必要だったと思います。

     イングランドはセットプレーを武器にしている一方で、相手にセットプレーを与えないような守り方も徹底しているチーム。アタッキングサードでできるたけファウルをしないですし、CKもほとんど与えません。それはチームマネージメントとして共有できていることで、準々決勝までの5試合で与えたCKはわずか9本でした。しかし、クロアチアには8本のCKを与えていた。この数字からも、イングランドがいかに苦しんでいたをうかがい知ることができます。

     W杯は23選手で1か月の7試合を戦い抜くという特殊な大会です。その中で若い選手を信じたガレス・サウスゲート監督、ベスト4まで勝ち上がった選手やスタッフは称賛に値するでしょう。今回、W杯を経験した選手に加えて、U-20W杯とU-17W杯で世界一になった選手たちも控えています。

    体力では劣るも
    気力で勝るクロアチア

     ここまで延長戦なし、準決勝から中4日で臨むフランス。3試合連続で延長戦を戦い、準決勝から中3日での戦いを余儀なくされるクロアチア。データを基に考えれば、フランスが有利なのは間違いありません。しかし、泣いても笑っても後1試合。長い大会のゴールは見えているので、クロアチアの選手も気力を振り絞っていい戦いを見せてくれるのではないかと予期しています。最初の45分は体力差が顕著になることはないので、勝負は後半、そして先制点がどちらにどのタイミングで訪れるか、が焦点になります。

     決勝戦になると、極端に先制点を意識する戦いになることが予想されます。フランスに先に得点が入れば、大差がつく展開もあり得るかもしれませんが、ロースコアの接戦に持ち込むことができれば、クロアチアの気力も折れることがないでしょうから勝機が巡ってくるでしょう。

     フランスの20年ぶりの優勝か、クロアチアが初の王座について新たな歴史をつくるのか。ファイナルにふさわしい名勝負を期待しています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-01656179-gekisaka-socc


    【【W杯】心を揺さぶられるクロアチアのアツいプレー…歴史的初優勝まであとひとつ】の続きを読む



    (出典 kruf468c.user.webaccel.jp)



     【モスクワ時事】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日間の休養日を挟み、14日の3位決定戦の後、15日(日本時間16日未明)にモスクワでフランス-クロアチアの決勝が行われる。

     フランスは自国開催の1998年大会以来20年ぶり2度目の優勝を目指し、クロアチアは初制覇が懸かる。

     サンクトペテルブルクでの3位決定戦は、イングランドとベルギーの顔合わせ。6点のイングランドのケーンと、4点のベルギーのルカクとの得点王争いも注目される。 



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯決勝】フランスか、クロアチアか!? 16日未明に決勝】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



     国際サッカー連盟(FIFA)は12日、2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝戦および3位決定戦を担当する審判団を発表した。

     フランス代表対クロアチア代表の決勝戦を裁くのは、ネストール・ピターナ主審、ヘルマン・マイダナ副審、フアン・パヴロ・ベラッティ副審のアルゼンチン人審判団に決まった。第4審判はオランダ人のビョルン・カイパース氏が務める。ピターナ主審は今大会でこれまで4試合を担当。決勝トーナメントでは、1回戦・クロアチア代表対デンマーク代表と準々決勝・フランス代表対ウルグアイ代表を裁いており、決勝で相まみえる両チームのゲームをすでに経験している。

     一方、ベルギー代表対イングランド代表の3位決定戦は、イラン人審判団が担当することになった。アリレザ・ファガニー主審、レザ・ソクハンダン副審、レザ・ソクハンダン副審が任命されている。第4審判はセネガル人のマラン・ディエディウ氏に決まった。

     3位決定戦は14日17時(日本時間14日23時)、決勝戦は15日18時(日本時間16日0時)にキックオフを迎える。

    決勝戦を任されたピターナ主審 [写真]=NurPhoto via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯決勝】ジャッジするのはアルゼンチン人審判団…主審は今大会4試合を担当】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



    W杯準決勝イングランド戦で殊勲の1得点1アシスト

     現地時間11日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)準決勝イングランド対クロアチアの試合は、延長戦の末にクロアチアが史上初の決勝進出を果たした。マンチェスター・ユナイテッドの指揮官であるジョゼ・モウリーニョ監督は、この試合で大会公式のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたクロアチア代表MFイバン・ペリシッチのパフォーマンスを称賛。「彼は他のウインガーとは違う」と凄みを解説した。

     セリエAのインテルに所属するペリシッチは、イングランドとの準決勝で延長戦を含めて120分間プレー。後半23分に右サイドからのクロスに飛び込み、左足のジャンピングボレーで同点弾を奪取すると、延長後半4分には自らの競り合いからFWマリオ・マンジュキッチの決勝ゴールを演出し、1得点1アシストの活躍で母国を史上初の決勝に導いた。

     昨夏にインテルと交渉を行い、獲得まであと一歩に近づいた過去があるユナイテッドのモウリーニョ監督は、イングランド戦のパフォーマンスを称賛しつつ、「ペリシッチは他のウインガーとは違うんだ」と、その凄さをロシアテレビ局「RT」で解説した。

    「普通のウインガーは、スピードがあって創造的なプレーができるくらいだ。しかし、彼はとてもフィジカルが強い。それに空中戦も素晴らしい。だから(マンジュキッチがゴールした時に)とてもフィジカルが強いDFに対しても空中戦で勝利して、スペースにボールを入れることが可能だったんだ。彼がそこに行って空中戦で勝利したことが、何よりも素晴らしかったね」

     ペリシッチのプレーを絶賛したモウリーニョ。昨季は獲得にあと一歩まで近づいていただけに、逃した魚は大きかったと感じているかもしれない。


    (Football ZONE web編集部)

    マンチェスター・ユナイテッドのモウリーニョ監督は、クロアチア代表MFペリシッチを絶賛している【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】「他のウインガーとは違う」 モウリーニョ絶賛、クロアチアFWペリシッチの凄さとは?】の続きを読む

    このページのトップヘ