Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > クロアチア



    (出典 f.image.geki.jp)



     サッカーに関する様々な歴史や記録などを扱っている国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)は11月27日〜30日に、2018年に活躍した選手を表彰。各賞の受賞者を発表した。

     レアル・マドリードに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチはIFFHSの2018年世界ベストプレーメーカーに選出。レアル・マドリードではチャンピオンズリーグ優勝、代表ではロシアW杯の決勝に進出し、これまでにUEFA年間最優秀選手賞とザ・ベストFIFA男子最優秀選手賞を受け取っていた。

     90カ国のサッカー専門家の投票によって決まる同賞を受賞したモドリッチは、12月3日に発表されるバロンドールでも有力候補になっている。

     なお、同選手に続いてリオネル・メッシバルセロナスペイン)、エデン・アザールチェルシーイングランド)、ケヴィン・デ・ブライネマンチェスター・Cイングランド)、ネイマールパリ・サンジェルマンフランス)、ポール・ポグバマンチェスター・Uイングランド)、クリスティアーノ・ロナウドユヴェントスイタリア)などが名を連ねていた。

     また、最優秀GKはベルギー代表GKティボー・クルトワ(レアル・マドリードスペイン)が受賞。さらに世界のトップリーグで活躍するストライカーに贈られる「THE WORLD’S BEST TOP DIVISION GOAL SCORER」は、メッシが34得点で4度目の受賞を果たした。また、ブラジル代表FWジョナス(ベンフィカ)もメッシと同数のゴール数を記録しており、共に賞を獲得している。

     IFFHSが発表した各賞の受賞者は次の通り。

    ベストプレーメーカー
    ルカ・モドリッチ(レアル・マドリードクロアチア代表)

    ベストスコアラー
    リオネル・メッシバルセロナアルゼンチン代表)
    ジョナス(ベンフィカブラジル代表)

    ■最優秀GK
    ティボー・クルトワ(レアル・マドリードベルギー代表)

    ■最優秀代表監督
    ディディエ・デシャンフランス代表)

    ■最優秀クラブ監督
    ジネディーヌ・ジダンレアル・マドリード

     12月1日12時50分、「ベストプレーメーカー」を「最優秀選手」と誤って記載していたので修正いたしました。

    2018年個人賞を総ナメする勢いのモドリッチ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】IFFHSがベストプレーメーカーにモドリッチを選出! 最優秀GKはクルトワが受賞】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    もし受賞となればメッシC・ロナウド以外で11年ぶりとなるが…

     フランスサッカー専門誌「フランスフットボール」が主催するバロンドールの受賞者リストが、12月3日の発表を前にリークされ、クロアチア代表MFルカ・モドリッチが受賞すると、スペインラジオ局「オンダ・セロ」が伝えたようだ。スペイン紙「スポルト」などが報じている。

     報道によれば、2位はポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、3位はフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンと伝え、公式ツイッターでも同日に「ルカ・モドリッチが2018年バロンドール受賞」と投稿している。

     この報道がもし事実であれば、FIFAバロンドール時代を含め、ともに最多5回ずつを受賞しているバルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシロナウド以外の選手では、11年ぶりの快挙となる。

     モドリッチは今年、FIFA国際サッカー連盟)主催の「ザ・ベスト FIFAフットボールアウォーズ2018」で男子年間最優秀選手賞に輝き、UEFA年間最優秀選手賞も受賞。さらに今夏のロシアワールドカップ(W杯)では決勝でフランスに敗れ準優勝に終わったものの、大会最優秀選手に選出されており、バロンドールまで手にするとなれば、輝かしい1年を締めくくることになる。(Football ZONE web編集部)

    レアル・マドリードMFモドリッチがバロンドール受賞?【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】バロンドール受賞者リストがリーク? モドリッチに栄冠とスペインメディア報道】の続きを読む



    (出典 bettingtop10-rswblznrheq6hezffrzu.netdna-ssl.com)



    ロンドン 18日 ロイター] - 欧州サッカー連盟UEFA)が新設した各国代表によるリーグ戦「UEFAネーションズリーグ」は18日、各地で試合を行い、イングランドホームワールドカップ(W杯)ロシア大会準優勝のクロアチアを2─1で破り、準決勝進出を決めた。

    イングランドは後半12分、アンドレイ・クラマリッチに先制点を許すも、同33分にジェシー・リンガードゴールで同点とすると、同40分にはベン・チルウェルのFKからハリー・ケインが決勝弾を決めた。

    この結果、イングランドは全4試合を2勝1分け1敗の勝ち点7で終え、グループ首位で準決勝進出を決めた。スペインは2勝2敗の同6で2位。クロアチアは1勝1分け2敗の同4で降格となった。

    決勝トーナメントは来年6月にポルトガルで開催される。

     11月18日、欧州サッカー連盟(UEFA)が新設した各国代表によるリーグ戦「UEFAネーションズリーグ」で、イングランドはホームでクロアチアを2─1で破り、準決勝進出を決めた。写真は決勝弾を決めたハリー・ケイン(2018年 ロイター)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イングランドがクロアチア下し、準決勝へ】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



     クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチがチームから離脱。イングランド代表戦には出場しないようだ。イギリスメディアスカイスポーツ』などが16日に報じている。

     15日に行われたUEFAネーションズリーグスペイン代表に3-2で勝利したクロアチア代表は、18日に敵地でイングランド代表と対戦する。この試合に勝利すればグループ首位通過を決めるが、敗戦に終われば最下位が確定し、下部リーグへと降格となる。

     そして今回、そんな“大一番”を迎えるクロアチア代表に悲報が届いてしまった。クロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督は、ラキティッチがスペイン戦で負傷のために交代していたことを明かし、同選手がクラブへ戻ることを話した。

    バルセロナに戻れば重傷を負わずにすむだろう。リスクを冒してまで選手を起用したくはない」

    「現段階でイヴァンは100%の状態ではない。残念だが、彼なしで我々はイングランドに行くよ」

    「(マテオ・)コヴァチッチ、(ヨシプ・)ブレカロ、(ミラン・)バデリ(ミラノ)がいる。我々には常に解決策があり、いない人について話すのはやめるべきだ。サッカーを楽しむためにウェンブリー・スタジアム(イングランド戦の試合場所)に行ってくるよ」

     ラキティッチの負傷はクロアチア代表だけではなく、リーガ・エスパニョーラ首位のバルセロナにとっても痛手。インターナショナルウィーク明けの24日には、勝ち点「1」差でバルサを追う3位アトレティコ・マドリードとの一戦を控えている。

    ラキティッチの負傷はクロアチアとバルセロナにとって痛い [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】クロアチアに大打撃、ラキティッチが負傷…大一番の英代表戦は出場せず】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    ロシア大会MVPのモドリッチ、FIFA最優秀選手賞も獲得

     レアル・マドリードクロアチア代表MFルカ・モドリッチは、ロシアワールドカップW杯)での獅子奮の活躍ぶりによって大会MVPに選ばれ、さらにレアルUEFAチャンピオンズリーグCL)3連覇に貢献した功績を認められ、自身初となるFIFA最優秀選手賞を獲得した。そのタイミングプロサッカー選手協会(FIFPro)のインタビューに応えているが、W杯直後は“燃え尽き症候群”に陥ったと明かしている。

     モドリッチは卓越したゲームメークをはじめ、W杯グループリーグアルゼンチン戦でスーパーミドル弾を決めた。また延長戦が続いた決勝トーナメントでも献身性を見せつけ、MFに必要とされるを余すことなく披露し、クロアチア史上最高となる準優勝の原動となった。またCLではジネディーヌ・ジダン監督のもとで欠かせぬ中盤トライアングルの一人として君臨した。

     そんな活躍ぶりを踏まえれば、FWクリスティアーノ・ロナウドユベントス)、FWリオネル・メッシバルセロナ)が10年間独占していたFIFA最優秀選手賞を開けたのも納得の選出だろう。しかしその躍動ぶりが鮮すぎたからか、本人の中ではある感情が芽生えていたようだ。

    はあまりにも多くの感動的な間を過ごしたことによって、日常の状態に戻ることが決して簡単じゃなかったんだ。W杯が終わった後、璧に燃え尽きていたし、バケーションは3週間しかなかった。そのうち最初の1週間はお祝い事が続いたからね」


    ベストの状態に回復するまで時間が必要だけど…」

     一躍スーパースターとなったモドリッチが、リフレッシュするための時間はあまりにも限られていた。

     それでも「は自分のベストの状態に回復するまで時間が必要だと思っているけど、今は日ごとに良くなっている感覚がある。もっと試合が必要だよ。たちはのために何か大きなことを成し遂げたい」と、意欲を取り戻したことを明かしている。

    シーズンは始まっているし、ロシアで起きたことについてはもう忘れる必要があるよね」

     前人未到のCL4連覇、そしてクロアチアのさらなる躍進に向けて、まだまだを尽くす所存だ。


    Football ZONE web編集部)

    W杯直後は“燃え尽き症候群”に陥ったとモドリッチが明かした【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】クロアチア代表MFモドリッチ、W杯後の“燃え尽き症候群”を告白 「簡単じゃなかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ