Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > クロアチア



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    ロシア大会MVPのモドリッチ、FIFA最優秀選手賞も獲得

     レアル・マドリードクロアチア代表MFルカ・モドリッチは、ロシアワールドカップW杯)での獅子奮の活躍ぶりによって大会MVPに選ばれ、さらにレアルUEFAチャンピオンズリーグCL)3連覇に貢献した功績を認められ、自身初となるFIFA最優秀選手賞を獲得した。そのタイミングプロサッカー選手協会(FIFPro)のインタビューに応えているが、W杯直後は“燃え尽き症候群”に陥ったと明かしている。

     モドリッチは卓越したゲームメークをはじめ、W杯グループリーグアルゼンチン戦でスーパーミドル弾を決めた。また延長戦が続いた決勝トーナメントでも献身性を見せつけ、MFに必要とされるを余すことなく披露し、クロアチア史上最高となる準優勝の原動となった。またCLではジネディーヌ・ジダン監督のもとで欠かせぬ中盤トライアングルの一人として君臨した。

     そんな活躍ぶりを踏まえれば、FWクリスティアーノ・ロナウドユベントス)、FWリオネル・メッシバルセロナ)が10年間独占していたFIFA最優秀選手賞を開けたのも納得の選出だろう。しかしその躍動ぶりが鮮すぎたからか、本人の中ではある感情が芽生えていたようだ。

    はあまりにも多くの感動的な間を過ごしたことによって、日常の状態に戻ることが決して簡単じゃなかったんだ。W杯が終わった後、璧に燃え尽きていたし、バケーションは3週間しかなかった。そのうち最初の1週間はお祝い事が続いたからね」


    ベストの状態に回復するまで時間が必要だけど…」

     一躍スーパースターとなったモドリッチが、リフレッシュするための時間はあまりにも限られていた。

     それでも「は自分のベストの状態に回復するまで時間が必要だと思っているけど、今は日ごとに良くなっている感覚がある。もっと試合が必要だよ。たちはのために何か大きなことを成し遂げたい」と、意欲を取り戻したことを明かしている。

    シーズンは始まっているし、ロシアで起きたことについてはもう忘れる必要があるよね」

     前人未到のCL4連覇、そしてクロアチアのさらなる躍進に向けて、まだまだを尽くす所存だ。


    Football ZONE web編集部)

    W杯直後は“燃え尽き症候群”に陥ったとモドリッチが明かした【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】クロアチア代表MFモドリッチ、W杯後の“燃え尽き症候群”を告白 「簡単じゃなかった」】の続きを読む



    (出典 www.chunichi.co.jp)



    バルセロナに所属するクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが、ザ・ベストFIFAワード2018にてFIFA男子最優秀選手賞に選ばれたレアル・マドリーMFルカ・モドリッチに祝福の言葉を送った。

    キティッチは、モドリッチとともにロシアワールドカップクロアチア代表の準優勝に貢献。モドリッチとともに中盤を支え続けていた。

    クラブチームバルセロナレアル・マドリーというライバル関係にあるものの、11年ぶりにクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)、リオネル・メッシ(バルセロナ)以外の選手として受賞となった同胞に対し、自身のツイッター(@ivanrakitic)で祝福のメッセージを送った。

    おめでとうルカ・モドリッチ!君の全てが受賞に値し、クロアチア全体が君を誇りに思っている!みんなのキャプテン、いつも一緒にいてくれてありがとう

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【同僚】ラキティッチもモドリッチの受賞を喜ぶ「クロアチア全体が誇りに」】の続きを読む



    (出典 scontent-ort2-1.cdninstagram.com)



    過去10年間メッシ、C.ロナウドが独占していたタイトルをモドリッチが初受賞

     FIFA国際サッカー連盟)は現地時間24日に年間表式「ザ・ベストFIFAフットボールアウォーズ2018」を開催し、レアル・マドリードクロアチア代表MFルカ・モドリッチが男子年間最優秀選手を受賞した。過去10年間はポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドユベントス)とアルゼンチン代表FWリオネル・メッシバルセロナ)が独占してきたが、ついに牙が崩れた。海外メディアも続々と伝えている。

     最終補3名は、モドリッチ、ロナウドエジプト代表FWモハメド・サラーリバプール)が選出されていたが、最終的にUEFAチャンピオンズリーグCL)で前人未到の3連覇を成し遂げ、ロシアワールドカップW杯)でもクロアチア代表の将として準優勝&大会MVPいたモドリッチが受賞することになった。

     海外メディアも続々報道イタリア地元「ガゼッタ・デロ・スポルト」は「FIFA年間MVP称号はモドリッチのもとに。偉大なるロナウドメッシは欠席。2人の偉大な選手、クリスティアーノ・ロナウドメッシが欠席する中で、このクロアチア人は世界ベストサッカー選手の座にいた。歴史に名を刻み、メッシロナウドによって続いていた不滅の独占を破った」と伝えている。

     英衛星放送「スカイスポーツ」電子版も「モドリッチは栄誉を受け取った。レアル・マドリードクラブに3年連続となるチャンピオンズ・リーグタイトルをもたらした。W杯では多くの称賛を集めてクロアチアを初の決勝に導きゴールデンボールを獲得した」と偉業を報じている。

    ロナウドメッシ以外の選手の受賞は2007年カカ以来11年ぶり

     スペインマルカ」も「ルカ・モドリッチがFIFA年間ベストプレーヤーを勝ち取った」と題して特集。「モドリッチがクリスティアーノ・ロナウドリオネル・メッシによる独占に終止符を打った。彼はトップスコアラーではないが、総合的にチームに貢献し、栄誉をもたらした」とその功績をたたえている。

     ロナウドメッシ以外の選手が受賞するのは、2007年カカブラジルACミラン)以来、11年ぶりだ。

    2007年以降のFIFA年間ベストプレーヤー受賞者】

    2007年 カカACミラン
    2008年 C.ロナウドマンチスターU)
    2009~12年 メッシバルセロナ
    2013、14年 C.ロナウドレアル・マドリード
    2015年 メッシ
    2016、17年 C.ロナウド
    2018年 モドリッチ(レアル・マドリード)(THE ANSWER編集部)

    クロアチア代表MFモドリッチ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】FIFA年間MVPモドリッチが「不滅の独占を破った」 “10年独占”崩しに海外続々称賛】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 Egg ★ :2018/09/25(火) 06:06:49.38 ID:CAP_USER9.net

    喜びのあまりセレモニーでは涙を浮かべる場面も…


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    9月24日(現地時間)、2018年の年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ」がイングランドのロンドンで開催され、最優秀選手にレアル・マドリーに所属するクロアチア代表の司令塔、ルカ・モドリッチが選出された。

     今月3日の時点で、候補がクリスチアーノ・ロナウド、モハメド・サラーを含めた3名に絞られていた同賞だが、最終的にモドリッチが初の栄冠を手にした。

     昨シーズンにレアル・マドリーで前人未到の欧州3連覇の原動力となったモドリッチは、先のロシア・ワールドカップでも母国クロアチア代表を史上初の決勝戦まで導き、自身は大会MVPにも選出されるなど、今回は受賞候補の筆頭と見る者も多かった。

     クラブと代表の両方で功労者となったモドリッチはセレモニーに登壇。そこで受賞の喜びを薄っすらと涙を浮かべながら語った。

    「とても光栄です。晴れやかな気持ちのなかで、この賞を手に出来たことを嬉しく思う。同時に偉大なシーズンを送ったサラーとクリスチアーノにも賛辞を贈りたい。彼らがこの賞を手にしていてもおかしくはなかった。

     この賞は僕だけのものじゃない。レアル・マドリーとクロアチアの全てのチームメイトのもので、彼らの素晴らしいサポートのおかげだと思っている。それから愛をくれたファンにも感謝したい……。全ての献身性と努力が実って夢が実現したんだ」

    「FIFAバロンドール」と銘打っていた時代を含め、2008年から10年間に渡ってC・ロナウドとリオネル・メッシが手にし続けてきた同賞。一部では、「もはや二人のどちらかのモノだ」などと揶揄されていたが、ついにその“2強時代”に終止符が打たれることとなった。

    9/25(火) 5:03 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180925-00047727-sdigestw-socc


    【【海外サッカー】<モドリッチ>FIFA年間最優秀選手に! C・ロナウド、メッシの“2強時代”に終止符...「夢が実現した…」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    スペイン報道W杯MVPに有罪判決が下る

     レアル・マドリード所属でロシアワールドカップW杯MVPいたクロアチア代表MFルカ・モドリッチ。その幅広いプレービジョンテクニックは今シーズンも健在だが、その一方で脱税によって8カの実刑を受けたとスペインエル・ムンド」が報じている。

     同によるとモドリッチは自身の肖像権について、ルクセンブルクを拠点とした「Ivano SARL」という会社を設立。彼の息の名前を記した会社名を妻が管理し、2013年から2年間にわたって合計87728ユーロ(約1億1100万円)の所得を隠したとされている。その結果、スペイン税務署の告発を受け、懲役8カの有罪判決が下ったとしている。

     ただし、モドリッチ側も収監回避へと動いており、260ユーロ(約3億4500万円)の罰を支払う方向で進んでいるという。

     脱税問題はレアル時代のクリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)、バルセロナのFWリオネル・メッシスーパースターがこれまで裁判となり、有罪判決を受けてきた。ここに不名誉ながらモドリッチも名を連ねることになった。(Football ZONE web編集部)

    脱税容疑で有罪判決が下ったレアル・マドリードMFモドリッチ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】レアルMFモドリッチ、脱税で懲役8カ月の有罪判決 3億円超の罰金支払いで収監回避へ】の続きを読む

    このページのトップヘ