Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > クロアチア



    (出典 www.football-zone.net)



     12日、レアル・マドリードに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、2019年ゴールデンフット賞を受賞した。

     ゴールデンフット賞は、各国メディアパートナーの代表者によってノミネートされた28歳以上の現役選手の中からインターネット投票で選出。賞を獲得した選手の足型は、モナコの海岸通りにある「チャンピオンズ・プロムナード」に並べられる。昨年はウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニパリ・サンジェルマン)が受賞していた。

     2003年の賞創設以降、クロアチア人が受賞するのは史上初のこと。また、レアル・マドリードの選手の受賞は、2006年の元ブラジル代表FWロナウド氏以来となる。モドリッチは受賞に際して、「本当に嬉しいし、この賞を受け取ることは光栄なことだ。過去には数々の偉大な選手たちがこの賞を勝ち取っていた。誇らしい気分でいっぱいだよ」とコメント。昨年のバロンドールに続く新たな個人賞の獲得を喜んだ。

    偉大なレジェンド達の仲間入りを果たしたモドリッチ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】モドリッチがゴールデンフット受賞! クロアチア人史上初の快挙】の続きを読む

    no title


    カタルーニャ独立派への実刑判決に対するバルセロナでの抗議行動の影響により、延期されることになったエル・クラシコ

    今回の代表戦ではその前哨戦ではないが、両チームの選手が激突する試合があった。EURO予選ウェールズクロアチア戦で、レアルFWギャレス・ベイルバルサMFイヴァン・ラキティッチが対決。

    そこでは、ベイルがラキティッチをあざ笑うこんなシーンもあったぞ!

    タッチライン際でベイルに寄せたラキティッチ。だが、ベイルのつま先で押し出すようなトリッキーテクニックを予期できず、一瞬で置き去りにされてしまったのだ。

    一方、キレていたベイルチームを救うこんな同点ゴールも決めている。

    試合は1-1の引き分けで終了。クロアチアは首位に立ってるが、ウェールズは4位とまだ厳しい立場にある。

    ベイル、ラキティッチをあざ笑う!「時を止める瞬殺テク」がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ウェールズ代表】ベイル、ラキティッチをあざ笑う!「時を止める瞬殺テク」がこれ】の続きを読む

    no title


    レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチの復帰は年末になるかもしれない。イギリスSports Mole』が報じた。

    モドリッチは13日にカーディフで行われたユーロ2020予選のウェールズ代表戦に先発したが、試合終了間際に右足を痛めてしまい、ピッチを後に。その後、15日にレアル・マドリーが発表した診断結果で、右足大腿四頭筋の打撲が判明している。

    そのモドリッチのケガは通常、最低でも2〜3週間の回復期間を要するが、程度が重ければ6〜8週間ほどの離脱を強いられる場合もあり得るものだという。

    実際に程度がひどければ、復帰時期は12月中旬が予想され、同月15日に敵地で行われるラ・リーガ第17節のバレンシア戦でのカムバックを想定すると、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ4試合を含む計12試合を欠場することになる。

    軽傷でも今月26日にアウェイで行われるバルセロナとの第10節を欠場することになることが決定的な様相のモドリッチ。レアル・マドリーは今シーズン開幕から故障者の多さが悩みの種だけに、モドリッチの状況が気がかりだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】負傷のモドリッチ、年末までアウトの恐れ】の続きを読む

    no title


    ウェールズ戦で右太ももを負傷、19日のマジョルカ戦は回避か

     レアル・マドリードクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、欧州選手権(EURO)予選で負傷し、今週末に控える日本代表MF久保建英(マジョルカ)との“初マッチアップ”が難しくなった模様だ。スペイン紙「マルカ」が報じている。

     現地時間13日に行われたEURO予選グループEで、クロアチアウェールズとのアウェーゲームに臨み1-1の引き分けに終わった。この試合を受けて頭を抱えたのは両国以上に、レアルなのかもしれない。なぜならばそれぞれの国を引っ張る立場であるFWギャレス・ベイルとモドリッチが、ともに負傷してしまったからだ。

     ベイルこそ、試合後にウェールズ代表のライアン・ギグス監督が軽傷を強調するコメントを出したものの、離脱が懸念されるのはモドリッチのほうだ。試合終了間際に右太ももを痛めたモドリッチについて、レアル側は現地時間19日に控えるリーガ・エスパニョーラ第10節マジョルカ戦への出場を、大事を取って控えるのではないかと見ている。ただしそれはチーム内の序列、今後の日程を考えると難しい選択となるようだ。

    「モドリッチはもはや不動の先発メンバーではないが、クラブとしてはマジョルカ戦で始まり、カンプ・ノウへの遠征でクライマックスに達し、その間にはイスタンブール遠征でガラタサライとも戦う。この日程のため、マジョルカ戦で危険にさらさない選択肢があるが、トニ・クロースの怪我とカゼミーロの累積警告という状況もある」

     再来週の26日に控える宿敵バルセロナとの“エル・クラシコ”、そして22日には日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライとのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のアウェー戦に向けて、起用法が焦点になると同紙は見ている。2018年バロンドールのモドリッチと久保が同じピッチで相対する可能性は、微妙なところのようだ。(Football ZONE web編集部)

    クロアチア代表MFモドリッチ(画面中央)がウェールズ戦で負傷【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】負傷のモドリッチ、マジョルカ戦の出場は微妙か 久保建英との“初対決”は実現せず?】の続きを読む

    no title


    マンチェスター・ユナイテッドに所属するウェールズ代表MFダニエルジェームズは大事に至らなかったという。イギリスデイリーメール』が報じた。

    ダニエルジェームズは13日にホームで行われたユーロ2020予選のクロアチア代表戦に先発したが、14分にDFボルナ・バリシッチとDFドマゴイ・ヴィダに挟み込まれる形で激しく交錯。目を瞑り、大の字の状態でピッチに崩れ落ちたが、メディカルスタッフの治療を経て、すぐにプレーに戻った。

    最終的にフル出場を果たしたダニエルジェームズ。状況からして脳しんとうも疑われる危険なシーンだったが、試合後に応じたイギリススカイスポーツ』のインタビューで「大丈夫だ。幸運なことに、ノックアウトされなかったよ」と語り、無事を明かしたという。

    また、ウェールズ代表の指揮を執るライアン・ギグス監督も「彼は倒れ込んだ際、少しばかり演技していたね。メディカルスタッフを向かわせたが、心身健全だったんだ。ハーフタイムにもすべてのチェックをやって、異常なしと判断した」と語っている。

    ダニエルジェームズは、ウェールズ代表のなかだけでなく、シーズン開幕から苦しい戦いが続く所属先のユナイテッドでも急先鋒として印象的なパフォーマンスを披露し続けるだけに、朗報といえそうだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ウェールズ代表】ジェームズ、激しい交錯で大の字転倒も「大丈夫」】の続きを読む

    このページのトップヘ