Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > クロアチア



    (出典 www.soccer-king.jp)



    2得点1アシストを記録してベスト16に貢献「終始日本の光明だった」

     ロシア・ワールドカップ(W杯)はフランスの20年ぶりとなる優勝で幕を閉じた。日本代表は史上初のベスト8進出こそならなかったが、FIFAランキング3位のベルギー相手に激闘を演じるなど、勇敢な戦いぶりは世界から称賛された。海外メディアは大会のベストイレブンを独自に選出。世界の名立たるスターたちと並び、MF乾貴士が堂々のメンバー入りを果たしている。

     アイルランド公共放送「RTE」は、W杯閉幕を受けて大会ベストイレブンを独自に選出した。

     守護神はイングランドの28年ぶりベスト4に貢献したGKジョーダン・ピックフォード。DFにはフランスからラファエル・ヴァランヌとベンジャミン・パヴァール、今大会3得点を挙げたコロンビアのジェリー・ミナ、イングランドのハリー・マグワイアが名を連ねた。

     中盤センターは大会MVPに輝いたクロアチアのMFルカ・モドリッチとフランスのMFエンゴロ・カンテ、そしてサイドにクロアチアのFWアンテ・レビッチと乾が選ばれた。今大会で2得点1アシストを記録した乾については、「スキルフルな攻撃的MFは、終始日本の光明だった」と絶賛している。

    「左サイドでプレーしているイヌイのトレードマークは、インサイドにカットインして右足の一撃必殺でゴールを狙うこと。レアル・ベティスの男はグループリーグのセネガル戦で得点を挙げたが、初戦のコロンビア戦でも日本の勝利を支えた」

     記事では、ゴールを挙げたセネガル戦とベルギー戦で貢献した以外にも、初戦のコロンビア戦で歴史的勝利を支えたと高評価している。

     残る二人には、史上初の3位に輝いたベルギーの躍進を主将として支えたFWエデン・アザールと、優勝したフランスから19歳の神童FWキリアン・ムバッペが選ばれた。

     FIFA(国際サッカー連盟)選出の「ロシアW杯ブレイクスター5選手」にも名を連ねるなど、「Takashi Inui」の名前を世界に轟かせた大会となった。


    (Football ZONE web編集部)

    (左から)アザール、ムバッペ、モドリッチ、乾【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】乾が海外メディアのW杯ベスト11選出 MVPモドリッチ、ムバッペ、アザールらと比肩】の続きを読む



    (出典 static.hokkaido-np.co.jp)



     クロアチア代表MFルカ・モドリッチは、2018 FIFAワールドカップ ロシアの大会最優秀選手(MVP)に選ばれ、「誇りに思う。チームメイトにも感謝したい。彼らがいなければMVPにも選ばれなかった」と語った。FIFA(国際サッカー連盟)の公式サイトが伝えた。

     クロアチア代表は15日の決勝でフランス代表に2-4で敗れ、惜しくも初優勝を逃した。主将としてチームをけん引したモドリッチは「僕らは勇敢に闘い、勝つために全力を尽くしたが、運がなかった。試合のほとんどの時間で僕らのほうがいいチームだった。だけど、残念ながら不運とひどいゴールによって大きなビハインドを背負ってしまい、フランスを有利にさせてしまった」と試合を振り返り、悔しさを明かした。

    「W杯優勝まであと少しだった。(準優勝に終わったことを)間違いなく引きずってしまうだろう。でも僕らは誇りに思う。試合後のファンのサポートは、僕らを確実にハッピーにしてくれる。この大会で大きなことをやったと思っている。だけど、優勝が近づいた時、それを成し遂げるのは簡単ではなかった」

    ロシアW杯のMVPに選ばれるも、準優勝を悔やむモドリッチ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】初制覇あと一歩で無念…準優勝を悔やむモドリッチ「間違いなく引きずる」】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    サッカーの第21回W杯ロシア大会最終日は15日、モスクワのルジニキ競技場で決勝が行われ、フランスがクロアチアを4-2で下し、自国開催の1998年大会以来、20年ぶり2度目の優勝を果たした。 【EPA時事】



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】フランス、20年ぶり2度目の栄冠!】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2018/07/15(日) 22:48:45.53 ID:CAP_USER9.net


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ●クロアチア代表スターティングメンバー

    ▽GK
    23 ダニエル・スバシッチ(モナコ)

    ▽DF
    2 シメ・ヴルサリコ(アトレティコ・マドリー)
    6 デヤン・ロヴレン(リバプール)
    21 ドマゴイ・ヴィダ(ディナモ・キエフ)
    3 イバン・ストリニッチ(サンプドリア)

    ▽MF
    18 アンテ・レ*(フランクフルト)
    7 イバン・ラキティッチ(バルセロナ)
    10 ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)
    11 マルセロ・ブロゾ*(インテル)
    4 イバン・ぺリシッチ(インテル)

    ▽FW
    17 マリオ・マンジュキッチ(ユベントス)

    7/15(日) 22:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180715-00281651-footballc-socc

    ●フランス代表スターティングメンバー

    ▽GK
    1 ウーゴ・ロリス(トッテナム)

    ▽DF
    2 バンジャマン・パバール(シュツットガルト)
    4 ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー)
    5 サミュエル・ウンティティ(バルセロナ)
    21 リュカ・エルナンデス(アトレティコ・マドリー)

    ▽MF
    10 キリアン・エムバペ(パリ・サンジェルマン)
    6 ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)
    7 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー)
    13 エンゴロ・カンテ(チェルシー)
    14 ブレーズ・マテュイディ(ユベントス)

    ▽FW
    9 オリヴィエ・ジルー(チェルシー)

    7/15(日) 22:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180715-00281644-footballc-socc

    【サッカー】<W杯決勝展望|フランス×クロアチア>下馬評ではフランスが優勢!カンテとポグバ。モドリッチとラキティッチの激突…
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531645378/


    【【W杯ロシア大会決勝】フランス対クロアチアのスタメン発表!】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2018/07/15(日) 18:02:58.35 ID:CAP_USER9.net

    クロアチアは“1試合分”多くプレーしている。

    予想スタメン

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ロシア・ワールドカップ 決勝
    フランス-クロアチア
    7月15日(土)18:00(日本時間24:00)キックオフ/ルジニキ(モスクワ)

     英国のブックメーカー『ウィリアム・ヒル』の勝利オッズでは、フランスが1.44倍でクロアチアが2.75倍。下馬評ではフランスが優勢となっている。

     それもそうだろう。クロアチアは決勝トーナメントに入ってからの3試合(デンマーク→ロシア→イングランド)で、すべて延長まで戦ってきている。アルゼンチン、ウルグアイ、ベルギーという強豪国との対戦を強いられたとはいえ、いずれも90分以内で勝利してきたフランスと比べて、彼らはちょうど1試合分多く戦っている計算になるのだ。

     しかも、準決勝から中4日でのゲームとなるフランスに対し、クロアチアは中3日。先日の3位決定戦、クロアチアと似たような条件で臨んだイングランドが後半に息切れしてしまったように、大会終盤におけるコンディション面の差は無視できない。

     クロアチアが絶対に避けなければならないのは、早い時間帯に先制点を奪われること。体力面で不利な状況にあるチームにとって、これは致命傷になりかねない。逆にフランスは前半一気に勝負をかけたいところだ。
     
     単純に戦力面に目を向ければ、タレント軍団同士の対決ということもあり、やはり注目すべきマッチアップは少なくない。

     ともに今大会好調を維持するシメ・ヴルサリコとリュカ・エルナンデズによるアトレティコ・マドリー同士の対決も見ものだし、おそらくその反対側のサイドで展開されるであろうイバン・ペリシッチとキリアン・エムバペの攻防も興味深い。

     そしてポール・ポグバ&エヌゴロ・カンテと、イバン・ラキティッチ&ルカ・モドリッチによるミッドフィールドの主導権争いも。

     ロシアを舞台に行なわれてきたフットボール界最大の祭典も、残すところあと1試合。豪華タレントたちが世界の頂点をめざして全力を投じる大注目の一戦は、日本時間7月16日0時キックオフとなる。

    7/15(日) 15:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180715-00043991-sdigestw-socc


    【【W杯決勝展望】フランス×クロアチア>下馬評ではフランスが優勢!カンテとポグバ。モドリッチとラキティッチの激突…】の続きを読む

    このページのトップヘ