Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > クロアチア

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 sport-japanese.com)



    株式会社東洋館出版社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:錦織圭之介)は、『ルカ・モドリッチ自伝 マイゲーム』(著:ルカ・モドリッチ/ロベルト・マッテオーニ、訳:⾧束恭行)を2020年6月30日に刊行します。
    本書は、故郷クロアチア少年時代、ザダルでのユース時代、プロ契約、ビッグクラブへの移籍、クロアチア代表の誇り、愛する家族など、それぞれについてモドリッチ自身が熱く語る唯一無二の自叙伝。 レアル・マドリーで10番を背負うモドリッチの素顔、そして周囲への愛が溢れています。

    書籍URL: https://amzn.to/3dvzEz

    • 祖父の死、難民生活、妻との出会い…“英雄”モドリッチが語る、“人間”モドリッチ

    1.両親への愛…幼少期に祖父が銃撃され死亡、戦争による難民生活でも「楽しくて美しい想い出ばかり」。
    「ザダルでの生活は、困難な日々に加え、不幸や悲しみもあったとはいえ、それとは比較にならないほど楽しい経験や幸せな経験が詰まっていた。僕は愛情に包まれ、温もりのある家庭で育った」(本書より)

    2.妻への愛…妻ヴァーニャと共に乗り越えた移籍、出産、子育て。
    「もし彼女が当時19歳だった僕の人生に入ってこなかったら現在こうして一緒に幸せと誇りを抱いているすべてが現実になることはなかったはずだ」(本書より)

    3.チームへの愛ワールドカップで最優秀選手賞を受賞した時にさえ、チームが優勝できなかった無念を思う。「キャリア最大の名誉を個人で味わうしかなかったことを悲しんだ」 (本書より)

    ギャレス・ベイル
    「彼の物語を読めば、君たちが困難や偏見にぶつかったところでも、どうすれば人生で成功を収められるのかが理解できるだろう」

    ◆マルセロ
    「ルカの人生とサッカーの物語は息を呑む内容だ。この物語の中心となるのは感情なんだ」

    カリム・ベンゼマ
    「ルカと一緒にプレーしながら、『サッカーDNA』という言葉はどんな意味なのかをすぐさま僕は理解した。偉大な友人が頂点に達するため、どうしても通らなければならなかった困難な道のりが何だったのかを僕はこの本で色々と知れた。まさに最強の人物しかやり遂げられないことだ」

    ラファエルヴァラ
    「ルカは素晴らしいフットボーラーだし、才能もあれば責任感もある。またプレーを通してはっきりしているのは、彼が偉大な人物でもあることなんだ。いつもチームを第一に考えてくれるからね。彼の自叙伝を読んだあと、どうやって彼が世界最高のフットボーラーになったのか、どうしてその後も謙虚な人物であり続けられたのか、僕の中でより明確になったんだ」

    ---------------------------------------------------
    【目次】
    ●序文1 サー・アレックス・ファーガソンより
    ●序文2 ズヴォニミール・ボバンより
    ●第一章 ロシアでの戦いを終えて
    ●第二章 僕の生い立ち
    ●第三章 二人の恩師 ~ザダル時代
    ●第四章 大人への階段 ~ディナモ時代
    ●第五章 ヴァトレニの仲間入り ~代表デビュー
    ●第六章 EUROトラウマプレミア挑戦 ~トッテナム時代
    ●第七章 欧州戴冠に向かって ~マドリー入団
    ●第八章 前人未到のチャンピオンズリーグ三連覇
    ●第九章 ワールドカップロシア大会
    ●第十章 新たなるサッカー人生
    ●謝辞
    ●訳者あとがき
    ---------------------------------------------------

    [書籍情報]
    書 名:ルカ・モドリッチ自伝 マイゲーム
    著 者:ルカ・モドリッチ/ロベルト・マッテオーニ
    訳 者:長束恭行
    判 型:四六判
    頁 数:502
    発売日:6月30日
    価 格:2000円
    I SB N:978-4491041001
    発行元:東洋館出版社
    URLhttp://www.toyokanbooks.com/books/02/496618.html
    amazonhttps://amzn.to/3dvzEzH

    配信元企業:株式会社 東洋館出版社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】バロンドール、ワールドカップMVPなど、これまで様々なタイトルと栄冠を手にした、クロアチアの英雄、ルカ・モドリッチ初の自叙伝が6/30に発売!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    アーセナル元監督のウナイ・エメリ氏が元ドイツ代表MFメスト・エジルに言及した。

    2013年夏にレアル・マドリーから加わり、アーセナルチャンスメーカーとしての地位を築くエジル。ミケル・アルテタ新体制発足の昨年12月からプレミアリーグ全試合先発が続いているが、ウナイ・エメリ前監督の下で冷遇を受け続けた。

    アーセナルの監督を辞めて以降、フリーの状態が続くエメリ氏。イギリスガーディアン』のロングインタビューでエジルとの関係性について触れ、次のように振り返っている。

    「エジルとはかなり話をした。彼も自己批判しなければならない。自らの態度や貢献をみつめなおしてみないとね。私はエジルをヘルプするために全力を尽くしたんだ」

    「私のキャリアを通して、才能ある選手たちは自分と一緒に彼らの最高レベルに達した。私はいつも前向きで、彼にプレーしてほしかったし、関わってもほしかった」

    「プレシーズンの段階で彼に対して、最高のエジルを取り戻すための手助けをしたいと伝えたんだ。ロッカールームでのハイレベルな参加と貢献にも期待してね」

    「私は彼に敬意を払っていたし、助けられるという思いもあった。彼ならチームキャプテンをやれたかもしれないが、ロッカールームはそれを望まなかったんだ」

    「決めたのは私じゃなく、選手。キャプテンクラブコーチチームメートを守り続けなければいけない人物だ」

    「他の選手と同じように良いときもあれば、そうじゃないときもある。体調が優れなかったり、ヒザのケガで起用できないこともあった」

    「彼が強盗被害を受けた直後のワトフォード戦で即起用した。私はいつも話し合いオープンで、彼は常に私の構想にいたのだ」

    「だが、彼は役割を果たすべきだったし、私じゃコントロールできないものもあった」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】10:15公開 「私がコントロールできないものも…」 アーセナル元監督エメリ、エジルを語る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    ラ・リーガ第20節、エイバルは強豪アトレティコ・マドリーを2-0で撃破する金星をあげた。

    乾貴士もフル出場して奮闘。前半には完全フリーチャンスシーンが到来するも、ゴールならず。本人が思わず頭を抱えたシーンがこれ(以下動画2分6秒~)。

    右からのクロスに完全フリーで合わせるも、DFに当ててしまった…。チャンスだっただけに本人も悔しさを露わに。

    試合後、格下相手に敗れたディエゴ・シメオネ監督は「相手は強く、そして、熱意を持って試合をスタートさせた。3度(のシュートで)我々を脅かし、3度目がゴールになった。それ以降は試合をコントロールできなかった」とこぼしていた。

    エイバル乾、無念…!頭抱えた「失敗シーン」がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】エイバル乾、無念…!頭抱えた「失敗シーン」がこれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ミケル・アルテタ 写真提供:Gettyimages

     マンチェスター・シティは、アーセナルが同クラブアシスタントコーチを務めるミケル・アルテタ氏を引き抜く場合、多額の賠償金を請求する可能性があるようだ。英紙『ミラー』が報じている。

     ウナイ・エメリ前監督を解任し、アシスタントコーチを務めていたフレドリックユングベリ氏の暫定監督就任を発表したアーセナル。しかし、依然としてチームの状態は上がらず、正式な次期監督招聘が噂され続けている。

     そんなアーセナルが有力な次期監督候補に挙げているとされるのが、クラブOBのアルテタ氏だ。シティのジョゼップ・グアルディオラ監督の片腕として活躍する同氏だが、アーセナルの代表者が自宅を出入りする様子を捉えた写真が出回るなど、監督就任は近いと報じられている。しかし、シティはこれを快く思っていないようだ。

     アーセナルはシティに対して正式な交渉などを行っていないようだ。水面下でアルテタ氏の招聘に動いているアーセナルに対し、不信感を募らせているという。報道によると、アルテタ氏がアーセナルの監督に就任した場合、シティは少なくとも100万ポンド(約1億4500万円)以上をアーセナルに対して請求する構えだという。 

     グアルディオラ監督の後継者と目されてきたアルテタ氏。果たして、古巣アーセナル監督就任は実現するのだろうか。

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】マンC、アルテタ引き抜きならアーセナルに賠償金を請求?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



     34歳とベテランの域に達しているルカ・モドリッチ。レアル・マドリードからの移籍の噂が次々に浮上しているが、その噂を打ち消すようにマドリードに自宅を購入し、その豪華さが話題となっている。

     スペインニュースメディア『20minutos』や『PASIÓN FUTBOL』が伝えたところによると、モドリッチはこれまでも居住していたスペイン郊外の高級住宅街ラ・モラレハ地区に豪邸を購入した。お値段は、なんと1200万ユーロ(約14億5900万円)。敷地面積は1平方キロメートルにも及ぶという。

     建物は現代風で、バスルーム付きの部屋が9つ、使用人のための個室が4つ、シアタールーム、ワインセラー、80平方メートルキッズルームなどを完備。

     他に2部屋を備えた離れやプール、パデル(スペイン発祥のテニスのような競技)のコート、クロスフィット用のジム、マッサージルーム、10台を収納できるガレージなどもあるという。

     これだけの豪邸を購入したのは、モドリッチが今後もレアル・マドリードプレーし続け、現役引退後もマドリードの街で生活し続けるという意思表示なのではないか、と各メディアは報じている。


    [写真]= Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】移籍の噂に終止符? モドリッチが14億円超の豪邸を購入! 驚愕の間取りは?】の続きを読む

    このページのトップヘ