Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > エジプト

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     リヴァプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが、イングランドサッカー記者協会(FWA)の年間最優秀選手賞を受賞した。

     現在29歳のサラーは今シーズンプレミアリーグ31試合に出場して21得点13アシストを記録。得点ランキングアシストランキングでともにトップに立つ。チャンピオンズリーグでも8得点1アシストを挙げている。

     自身としては2017-18シーズン以来、2度目の受賞。全体の48%の票を集め、ケヴィン・デ・ブライネマンチェスター・C)、デクラン・ライスウェストハム)らを抑えた。

     女子部門ではチェルシー所属のオーストラリア女子代表FWサム・カーが受賞している。表彰式は5月5日に実施予定。

    FWA年間最優秀選手賞を受賞 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】サラーがイングランド記者協会年間最優秀選手賞受賞 自身2度目の栄誉】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     リヴァプールユルゲン・クロップ監督が負傷したエジプト代表FWモハメド・サラーについて言及した。イギリスメディアスカイスポーツ』が伝えている。

     プレミアリーグ第29節が12日に行われ、リヴァプールブライトンと対戦。アウェイリヴァプールが2-0と完封勝利を収めたこの試合でチームの2点目を奪ったエジプト代表FWモハメド・サラーは足を痛めて交代していた。

     クロップ監督は試合後「足の筋肉を少し伸ばし過ぎたんだと思う。ひざより少し上の箇所に違和感があるみたいだね。彼はあまり心配していない様子だった」と軽傷を示唆していた。

     現在、リヴァプールリーグ戦8連勝中。首位マンチェスター・Cを追う中、16日には第27節のアーセナル戦を控え、試合前会見に出席したクロップ監督はサラーの状況について「モー(サラーの愛称)はタフクッキーのようだ。我々はかなりラッキーだった。腫れて痛がっていたが、昨日は少し腫れも痛みも引いていた」と説明。「記者会見の前に、メッセージをもらった。彼は練習に参加できるみたいだし様子を見よう」とアーセナル戦出場に含みを持たせた。

    サラーの状況にクロップ監督が言及 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】負傷のエースFWサラーにリヴァプール指揮官が言及…アーセナル戦出場にも含み】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    エジプトサッカー協会(EFA)は4日、リバプールFWモハメド・サラーを代表に招集したことを発表した。

    現在カタールワールドカップ(W杯)のアフリカ2次予選を戦っているエジプト代表。1日にはアンゴラ代表との初戦を迎え、ホームで1-0で勝利していたが、絶対的エースであるサラーの姿はなかった。

    プレミアリーグでは先月下旬、今回のインターナショナルマッチウィークに先駆けて、イングランド国内の新型コロナウイルス感染防止対策に基づき、感染リスクの最も高いレッドリスト国に指定される国々への選手の派遣を拒否する声明が発表されていた。

    レッドリスト国からのイングランド入国者は、到着から10日間の隔離措置を取らなければならず、プレミアリーグクラブは代表クラスの選手が数試合の欠場を強いられる点を懸念。そのため、同リーグでは不本意ながらも満場一致で派遣拒否という答えに至っていた。

    もちろんサラーも例外ではなく、エジプト代表は無念にもエースの招集を断念していたが、5日にアウェイで行われるガボン代表戦については、ガボンレッドリスト国ではないことから、リバプールも招集を受け入れたとのことだ。

    サラーイングランドからガボンへ飛び、試合後は直接イングランドに帰国するスケジュールを予定しているようで、その場合であれば、10日間の隔離を行わずに済むという。

    なお、EFAによるとサラーはすでにガボンに到着しており、第2節に向けて準備を整えているようだ。

    ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】エジプト代表がモハメド・サラーを招集 敵地ガボン戦のみ出場へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    エジプトサッカー協会(EFA)は18日、リバプールに所属するFWモハメド・サラー新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で再度陽性となったことを発表した。

    エジプト代表に合流しているサラーは13日の検査でコロナ感染が発覚。14日と17日に行われたトーゴ代表とのアフリカ・ネーションズカップ予選をそれぞれ欠場していた。

    症状はないと報じられるサラーだが、今後も陽性判定が続けば22日に行われるプレミアリーグ第9節レスター・シティ戦、25日に行われるチャンピオンズリーグ第4節アタランタ戦の出場が危ぶまれる状況となる。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】サラーが再度コロナ陽性に…、レスター戦欠場か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



     エジプトサッカー協会(EFA)は13日、リヴァプールに所属するFWモハメド・サラーから新型コロナウイルス陽性反応が確認されたことを公式サイトで発表した。

     サラーは現在、プロトコルに従い隔離措置を受けており、今後数時間以内にさらなる検査を受けることとなるようだ。エジプト代表はアフリカ・ネーションズカップ2021予選でトーゴ代表と14日にホームで、17日にアウェイで対戦することとなっている。再検査の結果次第では、サラーは代表戦に出場できないようだ。

    新型コロナウイルス陽性反応が確認されたモハメド・サラー [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【エジプト代表】FWサラー、新型コロナ陽性で隔離措置…数時間以内に再検査へ】の続きを読む

    このページのトップヘ