Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ポーランド



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 動物園φ ★ :2018/07/19(木) 14:05:44.14 ID:CAP_USER9.net

    Goal

    日本と同じグループHで、まさかの最下位に終わったポーランド…。

    ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキはロシア・ワールドカップが失意に溢れたものとなったことを認めている。ポーランド『Przegl?d Sportowy』が報じた。

    ポーランドはポット1としてグループHで、コロンビア、セネガル、日本と同居した。エースのレヴァンドフスキには高い期待がかかっていが、1ゴールも挙げることはできず。ポーランドもまさかの最下位に終わり、グループリーグ敗退となった。レヴァンドフスキはW杯後には大きなショックを受けていたという。

    「眠れない夜が続いたよ。何が間違っていたのか考えていた。今回がいつかの成功のためになると信じている」

    「とても傷ついたし、まだ消化できていない。大きな野心があったが、現実は夢とは全く異なっていた。胸が痛いよ。責任を感じている」

    また、キャプテンだったからこそ、ワールドカップでの戦いが重荷になったのか、という考え方には「全く気にしていなかった。全員とコンタクトを取るようにしていたよ。若い選手たちともね」と答えている。

    大会前から大会中まで、レヴァンドフスキの周りには常に移籍のうわさが渦巻いた。しかし、そういった憶測が影響したとは考えていないようだ。

    「僕の移籍話は常に起きてきたことだから、全く考えていなかった。レフ・ポズナンからドルトムントへ移籍する時、ドルトムントからバイエルンへ行く時もそうだった。こういった状況にどう対処するべきかはもう学んでいる」

    http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E5%A4%B1%E6%84%8F%E3%81%AEw%E6%9D%AF%E3%81%AB%E7%9C%A0%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E5%A4%9C%E3%81%8C%E7%B6%9A%E3%81%84%E3%81%9F/hl3hly9chpfx1hsro3yzcgs42


    【【W杯】レバンドフスキ、失意のW杯に「眠れない夜が続いた。胸が痛い」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 サーバル ★ :2018/06/30(土) 11:56:23.57 ID:CAP_USER9.net

    攻めれば逆襲で失点、あの戦略に賭けた(岡田武史の目)

    朝日新聞デジタル
    拡大する 後半、ピッチを見つめる西野監督(左)と長谷部(右から2人目)=28日、ロシア・ボルゴグラード、長島一浩撮影 後半、ピッチを見つめる西野監督(左)と長谷部(右から2人目)=28日、ロシア・ボルゴグラード、長島一浩撮影

    (出典 www.asahicom.jp)


    「13」最高のスタジアムを巡る旅
    岡田武史の目(元日本代表監督)

    (28日、日本0―1ポーランド サッカー・ワールドカップ)

     試合を見ていて、こんなに疲れたのは初めてのことだ。最後の5分間は、コロンビア―セネガルの試合がどうなるかを見ていた。

     西野監督の采配は、まさにギャンブルといっていいだろう。セネガルが1点を取って追いついていれば、日本は敗退するわけで、びっくりした。

     第2戦から先発を6人入れ替えたことにも驚いた。私が監督なら、できなかっただろう。いい試合をしたあとだったので、代えるとしても1、2人かと考えていた。

     監督でなければ、持てない情報がある。ポーランドを研究し、引き分けでも1次リーグを突破できることや、イエローカードの枚数など、いろいろなことを総合的に考えての采配だったはずだ。

     実際に、2トップにして相手DFを追いかけることで、ポーランドは攻撃の組み立てができなくなっていた。相手の左サイドからの攻撃を抑えるために酒井高をMFに起用したこともはまっていた。思い切った采配だったが、狙い通りだった。

     0―1のままでいいという最後の試合運びは、今までの日本人の感覚ではありえないものだった。

     結果が出なければ、たたかれるのが監督。監督、スタッフ、チーム全体で考え抜いた末のことだったのだろう。試合の流れや疲労などから、攻めても点が取れない、攻めれば逆襲で失点を増やすという判断をした。結果を出すために、あの戦い方に賭けた。

     もちろん、セネガルに得点が生…
    https://www.asahi.com/articles/ASL6Y6G3CL6YUTQP02W.html


    【【日本代表】攻めれば逆襲で失点、あの戦略に賭けた…】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/06/30(土) 21:25:42.48 ID:CAP_USER9.net

    6/29(金) 1:47配信
    西野ジャパンの時間稼ぎは是か否か…ネット上では賛否両論

    ◆W杯ロシア大会▽1次リーグH組 ポーランド1-0日本(28日・ボルゴグラード)

     決勝トーナメント進出を決めた西野ジャパンが取った時間稼ぎの戦術に、スタジアムでは大ブーイングが巻き起こった。


     日本国内ではツイッターなどネット上で賛否両論の意見が交錯。セネガルがコロンビア戦で同点ゴールを挙げればグループリーグ敗退となっていた消極的な戦いに「負けているのに時間稼ぎしてフェアプレーポイントで突破狙うって、フェアプレーに欠けている」との意見も出るなど、批判も続出した。

     一方で決勝トーナメント進出を決めたことで、西野監督の割り切った度胸をたたえる声も多数あった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00000047-sph-socc

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530288102/

    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530333981/


    【【日本代表】西野ジャパンの時間稼ぎは是か否か…ネット上では賛否両論】の続きを読む



    (出典 lifepicture.co.jp)



     28日23時(日本時間)から、「2018 FIFAワールドカップ(W杯) ロシア大会」グループリーグ第2節の日本代表とポーランド代表の試合が行われ、0―1で日本は破れた。

     日本は初戦のコロンビア戦で勝利すると、第2戦のセネガル戦で引き分け、第3戦となった今試合で勝つか引き分ければ決勝トーナメント(T)進出が決まるという条件下で戦った。同時に行われていたコロンビア対セネガルの試合でコロンビアがセネガルに勝利し、さらに日本はフェアプレーポイントでセネガルを上回ったことで、日本は決勝トーナメント進出を果たした。

     本試合の振り返り、そして決勝Tに向けた課題について、元プロサッカー選手で元日本代表FWの平山相太氏に話を聞いた。

    ――今回、日本代表は第1戦、第2戦から先発メンバーを6人替えてきた。

    平山相太氏(以下、平山) フォーメーションもこれまでの「4-2-3-1」(1トップ)から「4-4-2」(2トップ)に変えるなど、戦い方を大きく変えてきた。勝ちか引き分けなら決勝Tに進出できるということで、DF酒井宏樹を右サイドバックにもってきて、“守備面での積極性”を高めるという意図だったのだろう。サッカーは守備面で受け身になってしまうと、試合での負けを引き寄せてしまうからだ。

    ――先発メンバーを入れ替えたことに批判の声もあるが。

    平山 引き分けでも決勝Tに進出できるという条件下で、選手に連戦の疲れもあり、またグラウンドの状況や気温・湿度などから総合的に判断し、決勝Tを見据えてこういう選択肢を取ったのだろう。意外だったのは事実だ。ポーランド戦は80%の確率で勝てると予想していたが、先発メンバーが大きく変わったことで、その前提は崩れた。試合内容としては、正直がっかりしたという、ひどい内容。ポーランドもそれほど積極的にボールを奪いに来ていなかったなかで、自分たちの良さを出せていなかった。

    ――試合内容の評価は?

    平山 FW大迫勇也にタメができて、多少ベースラインを押し上げることができた。サイドの崩しは少なかった。低い位置で両サイドのハーフがボールを受けられていても、高い位置でサイドで2~3人連動しての崩しができていなかった。さらに、第1戦、第2戦で攻撃の起点になっていたMF柴崎岳が、前2戦より下がった位置でボールを受けることが多かった。柴崎はできるだけ高い位置でボールを集められるようにしていくことが重要だ。1点に抑えたが、もっと点を取られてもおかしくない危険なシーンがたくさんあった。

    ――逆に評価できる点は?

    平山 FW武藤嘉紀は、点を取りに行く姿勢、ボールの後方への引き出しが良かった。相手のセンターバックやGKにもかなりプレッシャーをかけていた。また、第1戦、第2戦でのミスが批判を浴びたGK川島永嗣も、素晴らしいプレーで失点を防ぐ場面もみられた。

    ――決勝T第1戦で勝利するカギは?

    平山 もし今日のような試合をしたら勝てない。今回先発で外した6人は戻してくるだろう。彼らを休養させる目的で今回外したのだから、当然だ。ポーランド戦の試合内容は全部忘れて、気持ちのスイッチをすべて切り替え、前2試合での自分たちの“良いサッカーのイメージ”を取り戻せるかがカギ。そんなに課題は多くない。

     また、相手はイングランドかベルギーだが、FWの攻撃力が高いので、アグレッシグな守備をして失点をなくすことができるかどうかもカギだ。逆に日本の攻撃面では、得点はできると思う。

    ――ずばり決勝T第1戦で勝利する可能性は?

    平山 決勝Tは、どのチームも50%の確率で勝つチャンスはある。“日本のサッカーのかたち”というのが、今大会でできつつある。4年後、8年後のW杯を見据えて、ぜひ決勝Tでその“かたち”を完成させてほしい。
    (構成=編集部)

    2018 FIFA W杯 前半に川島がファインセーブ(写真:AP/アフロ)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】ポーランド戦「ひどい内容」だからこそ決勝T初戦は勝利できる理由…】の続きを読む



    (出典 jp.sputniknews.com)



    思い切った選手起用を米誌がクローズアップ

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は28日、1次リーグH組で日本はポーランドに0-1で敗戦。同組で勝ち点で並んでいたセネガルも敗れたため、勝ち点、得失点差、総得点で並び、フェアプレーポイント(警告数)の差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。

     セネガル戦から先発6人を入れ替える思い切った布陣を敷き。最後はビハインドにも関わらず、そのまま試合を終わらせる采配を振るい、決勝T進出に導いた西野朗監督。米メディアも指揮官のタクトに驚いている。

     アメリカで最も権威のあるスポーツ総合誌「スポーツ・イラストレイテッド」は日本-ポーランド戦を振り返り、「日本が6人ラインナップを代えたのは信じられないこと」と題してレポートしている。

    「とても重要な試合において、日本のニシノ・アキラ監督が今大会の得点者全員を控えに回す形で6人代えたことは目を見張る出来事だった」

    采配が冴え渡る西野監督に米誌も注目

     記事では1次リーグ突破が決まっているわけではないのに、得点を挙げている4選手を含む6選手を入れ替えて運命の1戦の臨んだことに驚いている。

    「この変更は日本がポーランドに0-1で負けしっぺ返しとなりかけたがコロンビアがセネガルを1-0で破り日本の願いを叶えた」

     セネガルの敗戦により、日本の突破が決定。ビハインドにもかかわらず、0-1での試合終了を狙う消極的な戦術には批判の声も上がったが、西野監督の采配で選手の意思は統一され、“ギャンブル”にも勝った。

     結果的には主力を休ませながら次戦に向かえる、最善の策となった。ここまでMF本田圭佑のジョーカー起用など、采配が冴え渡っている西野監督。ベルギーという強豪と激突するノックアウトステージでも思い切ったマジックを見せられるだろうか。(THE ANSWER編集部)

    ポーランド戦で采配が注目された西野監督【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】「日本が6人代えたのは信じられない」 西野采配に米誌が驚愕「目を見張る出来事」】の続きを読む

    このページのトップヘ