Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > コロンビア

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.sankei.com)



    サイドの中島が攻撃の中心を担い、後半20分からトップ下に入った香川は不完全燃焼

     日本代表MF香川真司(ベジクタシュ)は、22日の国際親善試合コロンビア戦に途中出場し、ロシアワールドカップ(W杯)以来となる代表のピッチに立った。任されたポジションは慣れ親しんだトップ下。“香川効果”が見られた一方で、2列目の“組合せ問題”もチラつくゲームとなった。

     森保一監督はロシアW杯以来となる代表復帰を果たした香川ではなく、新体制発足後に攻撃を牽引してきたMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)、MF南野拓実(ザルツブルク)、MF堂安律(フローニンゲン)の3人を2列目に起用。1トップにはA代表デビューのFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)を抜擢と、攻撃陣はリオデジャネイロ五輪世代を中心とした顔ぶれとなった。

     前半21分、中島のボール奪取をスイッチに、堂安がドリブル突破、南野が裏に抜けて相手を引きつけるスピードある攻撃を仕掛けると、その3分後にはDF室屋成(FC東京)を交えた4人の高速カウンターコロンビアゴールに襲いかかった。

     コロンビアに前半でボール支配率63.8%を許すなか、相手の倍以上となるシュート8本を放ちながらゴールを割れなかった日本は、PKで1点を献上した直後の後半20分に香川を投入。代表復帰した10番をトップ下に入れ、ベンチに下がった鈴木に代わって南野を1トップに回した。

     しかし、香川は後半30分に左サイドで中島からパスを受け、室屋に大きなサイドチェンジを通した場面こそあったが、それまで個人技でコロンビアを翻弄していた中島が攻撃の中心であり続けた。それゆえ、スペースを上手く使いながら、周囲の選手と連動して攻撃にリズムを生んでいくタイプの香川は、ボールを持つ回数が限られたことで本来の力を出し切れなかった印象が強い。

    ホームでイケイケになってしまうのは僕も経験していて理解できる。でも…」(香川)

     後半20分から15分間、香川と縦関係を築いた南野は、「僕がトップ下をやるよりも、(香川)真司くんがトップ下に入って中盤と関わることで、ビルドアップがもう少しスムーズにいくところが増える」と、“トップ下・香川”がもたらす効果について語った一方、香川本人は後半にリズムが一辺倒になってしまう部分があったと課題を口にする。

    「前半は非常にアグレッシブに速い攻撃ができていた。ただ後半は相手も修正してきたし、なかなかリズムが生まれなかった。90分の中には良い時間も悪い時間もある。そこを耐えられるか。ホームでみんなイケイケになってしまうのは僕も経験しているし、理解できる。でも、前半悪くても後半に1点を取って勝てばコロンビアが強いわけで、この経験を次に生かさないといけない」

     コロンビアに敗れたなかで中島が一つの光明になった反面、香川の力を最大限引き出すうえでは反比例してしまった感は否めない。1トップエースのFW大迫勇也ブレーメン)ではなかったことも含めて1試合だけですべては判断できないが、香川を今後もトップ下で起用していくとなれば、森保監督は共存の“最適解”を見つける必要があるだろう。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

    ロシアW杯以来の代表のピッチに立った香川【写真:Noriko NAGANO】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】「トップ下」はベストチョイス? 10番・香川の“相乗効果”と立ちはだかる“共存問題”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    後半18分、FWサパタのシュートに体を入れるもボールが左腕に当たってハンド判定

     森保一監督率いる日本代表は23日、コロンビア戦から一夜明けてトレーニングを実施。前日、ハンドでPKを献上したDF冨安健洋(シント=トロイデン)は、改めて映像を確認したと明かし、「VARで見ていたとしてもハンド」と自身の見解を示した。

     日本は前半4分、コロンビア代表FWラダメル・ファルカオモナコ)にクロスバー直撃のシュートを放たれるも、その後はMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)、MF堂安律(フローニンゲン)を中心に攻勢に出た。しかし、前半37分にFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)が決定機でヘディンシュートを外すと、後半は前からプレッシャーをかけにきたコロンビアに流れを奪われてしまう。

     そして後半18分、コロンビアに押し込まれるなか、ペナルティーエリア内でFWドゥバン・サパタ(アタランタ)のシュートに対して冨安が体を入れてブロックを試みたが、ボールが左腕を直撃。これがハンドを取られ、決勝点となるPKを献上してしまった。

     敗戦から一夜明けた23日、練習後に取材に応じた冨安は個人で試合映像を確認したという。改めて見たうえで、自身も「ハンドを取られる」という結論に至った。

    「PKのシーンも改めて見ましたけど、結局、最終的に手が前に出ていた。あれはもしVAR(ビデオアシスタント・レフェリー)で見ていたとしても、ハンドを取られているシーン

     そう冨安は反省しつつ、失点シーンの“解決策”を自ら挙げた。

    「もっとこぼれ球を予測することができていたら、もう1メートルくらい近くに寄せられていたかもしれない。その分、ちょっとジャンプしながら行ってしまったので、手が出てしまった。こぼれ球の予測、ポジショニングを見直すことができれば、ああいうシーンは防ぐことができると思います」

     強豪コロンビアの前線に君臨するファルカオらと対応に渡り合う場面もあったが、「課題のほうが多い」「実際、勝っていないので」と厳しい自己評価を下した冨安。貪欲に前だけを見据える20歳は、さらなる成長を誓っていた。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

    冨安健洋【写真:Noriko NAGANO】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】コロンビア戦PK献上の冨安、一夜明けて自ら失点場面を分析 「VARで見てもハンド」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/23(土) 06:58:34.19 ID:mQgG19099.net

    ◇国際親善試合 日本0―1コロンビア(2019年3月22日 日産ス)

    MF中島は終盤、バーを直撃する惜しいシュートを放つなど“BIG3”の左サイドで復権、攻守に存在感を見せた。

    アジア杯は右ふくらはぎの負傷で欠場したが、2月にはアルドハイルに電撃移籍。
    ポジショニング、守備については「監督から凄く言われている。
    以前よりもボールを奪えるようになった。凄く成長につながっている」と言う。カタールでの成長を森保ジャパンのピッチでも見せた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-00000012-spnannex-socc
    3/23(土) 5:30配信


    【【サッカー日本代表】中島翔哉 カタールでの成長を実感「ボールを奪えるようになった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/23(土) 07:33:50.08 ID:mQgG19099.net

    「ペナルティエリアに入った時に最後どう崩すか」
    [キリンチャレンジカップ]日本 0-1 コロンビア/3月22日/日産スタジアム
     
    前半、ピッチの外から試合を眺めていた香川真司は、コロンビア陣内に攻め込む日本代表に対してポジティブな印象を抱いていた。
     
    「非常にアグレッシブで速い攻撃がチームとしてできていた。皆が自信を持ってプレーしていたし、大きな刺激を受けました」
     
    実際、前半の日本は堂安律や中島翔哉の個人技を頼りに押し気味に試合を進め、シュートに持ち込むシーンが多かった。
    実際、前半のシュート数はコロンビアの3本に対して日本が8本。
    香川も「一人ひとりの姿勢からアグレッシブさは出ていたし、チームとしてのストロングポイントがすごく見えた」と話していた。
     
    ただ、後半に入ると試合はやや膠着状態に。日本は相手を崩せないばかりか、
    冨安健洋のハンドで与えたPKをラダメル・ファルカオに決められてしまった。
     
    香川がピッチに立ったのはまさにリードの直後。「こうした状況下で何ができるか」。
    そう捉えた香川は「良いチャンス」と考えていた。しかし、意気込んでプレーしたものの、残念ながら結果がついてこなかった。
     
    「後半はちょっと……。相手も修正してきて、リズムが生まれなかった。最終的に負けたことは非常に悔しい」
     
    あと一歩のところまで迫りながら、ゴールを奪えなかった理由は何か。香川の答は実にシンプルだった。
     
    「精度だと思う。崩しでの連動性というのは出ていたので、そこをさらに上げて行ければいいんじゃないかと」
     
    中を固めてきたコロンビアに対し、香川は意図的にサイドチェンジしたり変化をつけようとしていた。
    日本のストロングポイントがサイドにあると信じてのアクションだったが、問題はそこから先──。「ペナルティエリアに入った時に最後どう崩すか、そこで課題を感じることが多かった」。
    その課題を解消するうえでも精度が不可欠と、香川は捉えていたのだろう。
     
    「この敗戦から学び、次の試合に生かさないといけない」とすでに気持ちは次の試合に向いている。
    「代表での経験値が高くて、自覚というものが求められる。
    (森保ジャパンでの自分の活動は)始まったばかり」という香川が、“地元”の神戸でボリビアを相手にどんな活躍を見せてくれるのか。
    彼にとって、なにより結果が求められる一戦になりそうだ。
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190323-00055976-sdigestw-socc
    3/23(土) 5:30配信


    【【サッカー日本代表】香川真司が感じた「コロンビア戦の収穫と課題」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/23(土) 06:48:10.82 ID:mQgG19099.net

    [3.22 キリンチャレンジ杯 日本0-1コロンビア 日産ス]

    唯一の失点は不運なハンドから生まれた。後半18分、途中出場のFWドゥバン・サパタ(アタランタ)のシュートが日本代表DF冨安健洋(シントトロイデン)の左肘付近に当たる。
    よけようとひねった体に腕は付けていたが、ハンドの反則を取られ、PKを献上した。

    これをFWラダメル・ファルカオ(モナコ)が決めてコロンビアが先制。結局、この1点が決勝点となった。
    失点に関与してしまった20歳だが、試合全体を通しては空中戦や1対1で強さを見せ、南米の強豪相手に一歩も引かなかった。

    特に前半はコロンビア代表の歴代通算最多得点記録保持者であるファルカオに仕事らしい仕事をさせず、
    後半3分のピンチもしっかりとファルカオに寄せてシュートミスを誘った。コロンビアが後半12分からサパタを投入し、
    ファルカオとサパタの2トップになってからは日本の最終ラインに厳しいプレッシャーをかけられ、
    なかなかビルドアップができずに押し込まれる展開が続いたが、守備では粘り強く対応。
    今季のセリエAで17得点を量産しているサパタに対しても1対1で引けを取らなかった。

    「11番(サパタ)はおさめる力があった。そこで1対1を制すことができれば攻撃の時間も増やせたと思う。
    ベルギーでは1対1になることが多い。そういった1対1の経験を重ねることでいろんな駆け引きも覚える。回数を重ねるしかない」。
    決して満足することのない20歳のセンターバックは「完全にお手上げ状態とは思わない。だからこそもったいなかった」と悔やんだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-41349239-gekisaka-socc
    3/23(土) 2:00配信


    【【サッカー日本代表】不運ハンドでPK献上も…1対1で強さ見せた冨安「お手上げ状態とは思わない」】の続きを読む

    このページのトップヘ