Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > コロンビア



    (出典 sakanowa.jp)



    1 3倍理論 ★ :2018/06/21(木) 15:48:10.83 ID:CAP_USER9.net

    2戦目で対戦するセネガルも負けてはいない

    サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会。日本代表は6月19日に開催された一次リーグ初戦で、大方の予想を裏切って2-1で強豪コロンビアに勝利した。日本にとってW杯での勝利は2010年の南アフリカ大会以来の快挙だ。

    他の写真や動画を見る

    その直後、スタンドの日本人サポーターが世界中のハートをつかむ「もう一つの勝利」を挙げた。祝勝騒ぎをお預けにして、黙々とスタンドのゴミを拾い始めたのだ。

    4万人もの観衆が興奮にはじけるゲームでは、試合終了後のスタジアムがゴミ捨て場のようになってもやむを得ない。ハンバーガーやポテトチップスの包装紙、紙コップ、ペットボトル、その他のゴミが辺りに舞い散り、清掃スタッフは毎回大変だ。だが、日本チームの試合後には、スタッフの作業はとてもラクになる。

    アジア勢がW杯で初めて南米勢から勝利をもぎとった点でも、コロンビアに対する勝利は歴史的な日本の金星だ。それでもサムライブルーに身を包んだサポーターたちは、興奮に我を忘れることなく、持参した大きなゴミ袋を広げてスタンドの清掃にとりかかった──英BBCは、感嘆混じりにこう伝えた。

    ■「日本では常識」

    日本に拠点を置くサッカー記者のスコット・マッキンタイヤは初戦の会場となったロシア西部のサランスクを皮切りに、日本代表に随行する。そのマッキンタイヤに言わせれば、世界が驚く日本人サポーターの「善行」は日本ではごく当たり前の行為だ。

    「サッカーはその国の文化を映す鏡だとよく言われる」と、マッキンタイヤはBBCに語った。「『立つ鳥跡を濁さず』が日本社会の常識だ。あらゆるスポーツイベントで、日本人はゴミを持ち帰る」

    W杯では、試合運びや勝敗に対する反応に各国のお国柄がはっきり現れる。日本では、自分たちが出したゴミは、自分たちが持ち帰るのが常識だ。日本の学校では教室や廊下の掃除を生徒にさせていて、日本人は子供の頃から片付けや清掃の習慣が身についている。

    2014年のブラジル大会では、日本代表は1勝も挙げられず、グループリーグ敗退を喫したが、このときもサポーターのゴミ拾いが世界の注目を浴びた。

    2回戦ではゴミ拾い対決も?

    白星発進に日本中が沸いた今回のW杯。これまで日本代表は最高でもベスト16止まりだったが、今やそれを上回る成績も期待されている。

    面白いことに、日本が2戦目で対戦するセネガル代表のサポーターもゴミ拾いで注目を集めたばかり。セネガル代表は、「テランガのライオン(おもてなしのライオン)」という愛称を持つ。サポーターもその名に恥じず、自国代表がグループH初戦でポーランドを2-1で降した後、スタンドの清掃を行った。その様子を撮影した動画がインターネット上で公開されて評判を呼び、アルゼンチンのスポーツ専門テレビ局TyCスポーツが公開した動画は再生数800万回を超えたほどだ。

    6月24日にエカテリンブルクで行われる日本対セネガル戦では、世界で最もマナーの優れたサポーターが同士がスタンドを埋め尽ることになる。試合の勝敗を予測するのは難しいが、だがこれだけは言える。サムライとライオンのいずれが勝つにせよ、試合終了後のスタンドではゴミ拾い対決が見られるだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180621-00010002-newsweek-int&p=2


    【【衝撃】W杯で世界を驚かせた日本の「もう一つの勝利」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 スタス ★ :2018/06/21(木) 22:05:27.07 ID:CAP_USER9.net

     日本が初陣を飾ったサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会。19日の試合には圧倒的な人数のコロンビア人ファンが押しかけ、スタジアムは黄色に染まった。なぜこれほど多くのコロンビア人がロシアに集結するのか。その理由を探った。

     試合前、スタジアムへ向かう道は陽気に歌うコロンビア人であふれた。「ジャパンブルー」はごくわずか。4万人超の会場は、さながらコロンビアのホームスタジアムとなり、日本ファンは「ここはコロンビアか」とつぶやいた。
     カラフルな羽根の頭飾りを身に…
    残り:962文字/全文:1179文字
    全文を読む
    980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASL6N55LCL6NUHBI01S.html?iref=sptop_favorite_02


    【【W杯】コロンビアサポーター、なぜ大集結? 日本人を数で圧倒 その理由はなんと…】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



    1 みつを ★ :2018/06/21(木) 13:48:13.40 ID:CAP_USER9.net

    http://www.bbc.com/japanese/44544399

    【サッカーW杯】日本のサポーターがまたやった 試合後のごみ拾い
    2018年06月20日

    アンドレアス・イルマー記者 BBCニュース

    白熱したサッカー・ワールドカップ(W杯)の試合後、熱狂の中にあるスタンドはいつも残飯やコップ、包み紙などが散乱している。

    19日、W杯ロシア大会での初戦で日本代表はコロンビアを2対1で下し、南アメリカのチームに初めて勝利した。日本のファンには狂喜乱舞する十分な理由があった。
    しかし日本代表がグラウンドでコロンビア代表をきれいに片付けた後、ファンも同じことをした。自分たちが座っていたスタジアムの座席を念入りに掃除し始めたのだ。

    持ち込んだ大きなゴミ袋を手に列の間を歩き回ってごみを拾い、開場時と同じくらいきれいにしていった。

    こうしたことは今回が初めてではない。「サムライ・ブルー」のサポーターたちは、いつでも良いマナーを破ることはない。
    英国人のクリストファー・マケイグさんはツイッターで「今のところW杯で一番好きな場面は、日本がコロンビアに勝った後、日本のファンがごみを拾っていたこと。この試合で私たちが学べること。日本を応援する理由」と話した。

    在トリニダーゴ・トバゴ・カナダ大使館のレスリー・アン・ボワッセイユさんも、「日本のファンが、W杯の試合後に座っていたところを掃除している。すばらしいお手本。なんて素晴らしい!よくやった日本」とつづった。

    日本に住むスポーツジャーナリスト、スコット・マッキンタイヤさんはBBCの取材に対し、「これはサッカー文化だけでなく、日本文化の一部だ」と説明した。マッキンタイヤさんは日本チームの取材のためロシアを訪れているが、サムライ・ブルーのサポーターの一風変わった気質にも驚くことはない。
    「サッカーは文化の鏡だという言う人がいる。日本社会の重要な一面として、何もかもが清潔に保たれていることがある。あらゆるスポーツイベント、もちろんサッカーでもこのことが言える」

    掃除は幼少時代からの習慣

    こうした光景は、日本での試合を見に来た外国人が驚く出来事のひとつだ。
    マッキンタイヤさんは、「スタンドの床にペットボトルや食べ物のパッケージを置いていこうとすると、日本人に肩を叩かれ、ごみは置いていってはいけない、片付けるか家に持って返るべきだと諭されることがある」と話す。

    日本人にとって、掃除の習慣は幼少時代から教え込まれるものだ。
    「サッカーの試合後の掃除は、学校で習った基本的な習慣の延長。子どもたちは教室や廊下を掃除する」と、大阪大学のスコット・ノース人間科学教授は説明する。
    「幼少時代に定期的に覚えこまされることで、多くの日本人の習慣になっている」
    試合後の掃除の光景が、ソーシャルメディアで何度も話題になっていると知ったら、日本のサポーターはどう思うだろうか。もちろん、彼らは誇りに感じている。
    ノース教授は、「彼らは掃除とリサイクルの必要性を高く意識しているだけでなく、W杯のようなイベントでそれを行うことで自分たちの生き方への誇りを示し、我々にシェアしている」と指摘した。

    「責任感をもって地球を守る必要性を表明するのに、W杯以上の場所はない」
    ただ、日本人に情熱がないというわけではないとマッキンタイヤさんは話す。情熱があっても、基本的な振舞い方を忘れたり、ましてや暴力につながることはないのだという。
    「当たり障りがなく退屈に聞こえるかもしれないが、これが尊重と礼儀正しさの上に作られたこの国の現実」とマッキンタイヤさんは笑った。「それがサッカーの場にも及んでいるだけだ」
    「W杯でさまざまな国や人々が一堂に会し、こうしたことを学び合えるのはすばらしいと思う。これがサッカーの良さだ」
    (英語記事 Japan fans tidy up World Cup stadium )


    (出典 ichef.bbci.co.uk)


    ★1のたった時間
    2018/06/21(木) 02:20:37.88

    前スレ
    【サッカーW杯】日本のサポーターがまたやった!試合後のごみ拾い ★2
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529533246/


    【【W杯】日本のサポーターがまたやった!試合後のごみ拾い…】の続きを読む



    (出典 twilab.org)



    1次リーグ13試合の結果を予想するくじで史上最高の当選金額

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会を対象としたスポーツくじ「ワールドカップtoto」で史上最高の当選金額3億3873万7700円が1口誕生した。

     くじは1次リーグ13試合の結果を予想するもの。これまでに「ワールドカップtoto」ではブラジル大会、ロシア大会の1次リーグを対象に13試合の結果を予想するtotoを3回発売し、いずれも1億円以上の当選が誕生しているが、史上最高となる3億円超えが誕生した。

     今回は日本―コロンビア戦も対象に含まれており、アジア初の南米撃破という番狂わせも高額当選の要因の一つとなった。(THE ANSWER編集部)

    先制ゴールを決めた香川と長友【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】日本が波乱呼んだ!? 「ワールドカップtoto」で史上最高3億3873万円が誕生!】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    コロンビア戦で自身W杯初ゴールをマーク「輝ける活躍を見せた」

     日本代表MF香川真司は19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦に先発出場。前半3分に強烈なシュートで相手MFカルロス・サンチェスのハンドと今大会初レッドカードを誘発すると、自ら先制PKを決めて2-1の勝利に貢献した。英メディアは「マンチェスター・ユナイテッド時代以上だと世界に想起させた」と報じている。

    「ワールドカップ2018 コロンビア対日本のスカウティング・レポート シンジ・カガワはマンチェスター・ユナイテッド時代以上だと世界に想起させた」

     こう特集したのは、英紙「インディペンデント」だった。前半3分にコロンビア代表MFサンチェスのハンドを誘発し、先制PKを成功させて序盤に試合を大きく動かす原動力に。前半15分にMF乾貴士のシュートを演出するなど、「チーム最高のプレーのほとんどで、カガワが責任を負った」と評価されている。

     記事では、「6分でコロンビア相手に自身W杯初ゴールを決めると、H組で無限の可能性を広げる日本の勝利にボールを動かした」「ドルトムントのMFはコロンビア守備陣に混乱を引き起こす、輝ける活躍を見せた」とも触れられている。

     攻守に運動量を高めた香川は後半25分にMF本田圭佑と交代でピッチをあとにしたが、「カガワはピッチにいる間、アキラ・ニシノ監督が決勝トーナメントまでのありえない道のりを探す希望の中心であり続けるために、十分な活躍を見せた」とし、背番号10が「日本攻撃陣の主役」と称えた。


    「完全に自らの世界的な伝承を書き換えられる」

     そして、同紙は2012年にドルトムントから移籍したマンチェスター・ユナイテッド時代も振り返っている。

    「2012年、カガワは欧州で最もエキサイティングなフットボーラーとして正しく認知されていた。彼はドルトムントで現代型の背番号10として自らを確立した。素早く、技術が高く、足元の技術も決定的。スコアラーとしても定評があり、ファイナルサードの創造者で、ハイプレスを導く疲れ知らずの走者だ。常に1試合12キロもカバーしていた」

     偉大なるサー・アレックス・ファーガソン監督に直接請われてユナイテッドに移籍し、当時は欧州屈指の実力者として評価されていた。しかし、ドルトムント時代の輝きを再現することはできず。記事では「(ユナイテッドは)彼を最大限生かす計画を全く持ち合わせていなかった」と触れている。

     ユナイテッド、復帰したドルトムント、そして日本代表でも紆余曲折を経た香川。左足首の故障を乗り越えると、西野朗新監督の下で復活の狼煙を上げている。

    「後任のニシノはホンダではなく、チームの中心にカガワを選ぶ勇敢な選択を下した。もしも、彼がこのパフォーマンスを足がかりに、ワイドオープンなH組で母国を牽引できるなら、ドルトムントのプレーメーカーは完全に自らの世界的な伝承を書き換えられる。彼が成功しようが、しまいが、彼のサランスクでのパフォーマンスはドルトムントのファンが忘れたかもしれない、ユナイテッドでほとんど見せることがなかったクオリティーを証明する準備ができていることを示している」

     フットボールの母国である英国のメディアは、南米の難敵相手にジャイアントキリングを果たした日本の司令塔の完全復活を予感していた。


    (Football ZONE web編集部)

    自ら獲得したPKを正確に沈めた香川【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】香川は「ユナイテッド時代以上」 10番の完全復活を英紙も絶賛「日本攻撃陣の主役」】の続きを読む

    このページのトップヘ