Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > コロンビア



    (出典 www.football-zone.net)



    コロンビア△日本●ならコロンビアが進出、ハメスの運命を握るのは、レバンドフスキ!?

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組は28日に運命の最終第3戦、2試合が行われる。引き分け以上で突破が決まる日本はポーランドと、逆転での16強進出を狙うコロンビアはセネガルと対戦する。コロンビアは勝てば文句なしの突破だが、引き分けた場合は日本が敗れなければ、敗退が決まる。

     コロンビアが誇るMFハメス・ロドリゲスと、ポーランドのエースFWロベルト・レバンドフスキはドイツ1部バイエルン・ミュンヘンのチームメート。バイエルンの地元紙「アーベントツァイトゥング」は、「レバンドフスキがハメスを助けるか?」と見出しをつけて、この関係にスポットを当てている。

    「グループHで面白い状況が生まれている。コロンビアのハメス・ロドリゲスはポーランドのロベルト・レバンドフスキの助けを借りなければならないかもしれない。この木曜、レビーはワールドカップ初ゴールを決められるだろうか?」

     記事ではこう伝えている。ハメス擁するコロンビアにとって決勝トーナメント進出が叶うかどうかのカギを、ポーランドが握っているかもしれないのだ。コロンビアは引き分け以上で可能性を残すが、引き分けの場合は日本の敗戦時のみ16強進出が決まる。南米の雄にとってはポーランドの、レバンドフスキの力が必要になってくるわけだ。

    「ハメスにとって、木曜のセネガル戦は決勝トーナメント進出をかけた戦いだ。バイエルンでのチームメイトのレバンドフスキのいるポーランドが日本に勝利する手助けがあれば、ハメスらは引き分けでも構わないが、ホセ・ぺケルマンとそのチームが求める結果ではない」

     ハメスの運命を左右するのは、レバンドフスキになるのか、それとも――。日本にとっては想像したくないシナリオなのは間違いない。(THE ANSWER編集部)

    ハメスの運命を握っているのは、レバンドフスキ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】日本&コロンビアの命運を握るのは!? 「レバンドフスキがハメスを助けるか?」】の続きを読む



    (出典 kruf468c.user.webaccel.jp)



    24日は1次リーグ3試合が行われ、日本-セネガルは2-2で引き分けで突破に前進

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は23日、1次リーグ3試合が行われ、H組では日本がセネガルと2-2で引き分けた。共に勝ち点4で、得失点差、総得点でも並び「反則ポイント」の差で日本が首位に立った。

     日本が2度追いつく執念の粘りを見せて、貴重な勝ち点1を手にした。前半11分にGK川島のミスからエースFWサディオ・マネに先制弾を許したが、前半34分にMF乾が同点弾。後半26分に再び勝ち越しを許したが、この場面で主役になったのが途中出場のMF本田。後半33分にゴール前での絶好機を確実に決めて、2-2に追いついた。試合はこのまま終了。勝ち点1を分け合った。

     初戦で日本に敗れたコロンビアはポーランド相手に3-0で快勝。決勝トーナメント進出に望みをつないだ。ポーランドは大黒柱のFWレバンドフスキが不発。連敗でグループリーグ敗退が決まった。

     G組のイングランドはパナマを相手に6発のゴールラッシュ。エースFWハリー・ケインがハットトリックをマークするなど躍動し決勝トーナメント進出を決めた。パナマは歴史的なW杯初ゴールを挙げたが、グループリーグ敗退が決定。この結果によりベルギーの突破とチュニジアの敗退も決まった。(THE ANSWER編集部)

    MF本田の同点弾で日本はセネガルと2-2で引き分けた【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】日本がドローでH組首位、決勝T進出に前進 コロンビアも望みつなぐ…】の続きを読む


    (出典 contents.gunosy.com)



     24日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシアのグループステージ第2節で、グループHではポーランド代表とコロンビア代表が対戦。コロンビアが3-0と快勝した。

     FIFA(国際サッカー連盟)は公式HPにて、サポーターの投票などにより決まる「バドワイザー・マン・オブ・ザ・マッチ」を発表。コロンビアの2得点を演出したMFハメス・ロドリゲスが選出された。

     J・ロドリゲスは40分、右サイドからの正確なクロスでDFジェリー・ミナのゴールをアシスト。ピンポイントで頭に合わせ、先制点をもたらした。さらに2-0で迎えた75分には、中盤左サイドから敵陣のスペースへグラウンダーのパスを通し、MFフアン・クアドラードの3点目を演出した。

     コロンビアは1勝1敗の勝ち点「3」でグループHの3位につけている。28日の第3節では1ポイント差のセネガル代表と対戦。勝てば逆転での2位以上が決まり、自力でのグループステージ突破が果たすこととなる。

    ポーランド戦で2得点を演出したハメス・ロドリゲス [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】ポーランド撃破のコロンビア、ハメスがMOM受賞…2得点演出で勝利に貢献!】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ファルカオが“負けられない”ポーランド戦へ、レバンドフスキとグリクを警戒

     コロンビア代表は19日のロシア・ワールドカップ(W杯)初戦で日本代表に1-2で敗れ、グループリーグ突破へ負けが許されない状況となった。主将でエースのFWラダメル・ファルカオは、現地時間24日に行われるポーランド戦の鍵は中盤にあると語った。スペイン紙「マルカ」コロンビア版が報じている。

     コロンビアとポーランドは互いに初戦で敗れており、第2戦で負けると、日本対セネガル戦の結果次第ではグループリーグ敗退が決定する。“絶対に負けられない試合”を前に、ファルカオは「どちらかが戦いを続けることができ、どちらかがW杯の舞台から去らなければならない。この試合はどちらにとっても(負けられない)決勝のようなもの」と、必勝を誓った。

     ファルカオが警戒するのは、ポーランドのエースFWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)と、ASモナコのチームメイトでもある守備の要カミル・グリクの二人だ。 グリクは怪我で初戦のセネガル戦を欠場。次戦以降の動向に注目が集まっているだけに、ファルカオも特徴を知り尽くした相手とのマッチアップになるのか気になるようだ。

    「まだ試合まで準備できる時間が3日ある。グリクについても(出場するのかどうか)待たなければならない。前線にはいつでも得点できるストライカーがいるし、勝負の鍵となるのは中盤だろう。細かい部分に注意を払わなければいけないし、95分間集中し続けないといけない」


    「我々は結果だけでなく、どう勝つかも求められる」

     日本戦については「前半から10人での戦いを強いられ、難しい試合になった。数カ月前から練っていたプランを早々に全て変えなければならなくなってしまい、走り疲れたところを日本につけ入られた」と反省。しかし、すでに気持ちを切り替え、その視線は残り2試合に向けられている。

    「このチームは常に持っている特徴を試合で出してきた。それは今も変わらない。11人なら自分たちの特徴をより出すことができる。我々には(南米予選でも)こうした経験があるし、もう次のことを考えている。次の2試合に勝つためにイメージを膨らませている。選手それぞれがチームに力をもたらしてくれるし、経験豊富な選手もいる。我々は欧州(の所属クラブ)で修羅場をくぐってきている。自信を持って日曜の試合(ポーランド戦)に向けて準備したい」

     南米の強豪国ゆえ、「他の国は勝利という結果だけが求められるが、我々は結果だけでなく、どう勝つかも求められる」と語ったファルカオ。“エル・ティグレ”(スペイン語で『虎』)の異名を取るエースにW杯初ゴールが生まれれば、コロンビアが生き残る道も開けてくるはずだ。


    (Football ZONE web編集部)

    ファルカオは、ポーランド戦の鍵は中盤にあると語った【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】コロンビア主将、ポーランドとのサバイバルマッチに意欲 「修羅場をくぐってきてる」】の続きを読む



    (出典 sakanowa.jp)



    1 3倍理論 ★ :2018/06/21(木) 15:48:10.83 ID:CAP_USER9.net

    2戦目で対戦するセネガルも負けてはいない

    サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会。日本代表は6月19日に開催された一次リーグ初戦で、大方の予想を裏切って2-1で強豪コロンビアに勝利した。日本にとってW杯での勝利は2010年の南アフリカ大会以来の快挙だ。

    他の写真や動画を見る

    その直後、スタンドの日本人サポーターが世界中のハートをつかむ「もう一つの勝利」を挙げた。祝勝騒ぎをお預けにして、黙々とスタンドのゴミを拾い始めたのだ。

    4万人もの観衆が興奮にはじけるゲームでは、試合終了後のスタジアムがゴミ捨て場のようになってもやむを得ない。ハンバーガーやポテトチップスの包装紙、紙コップ、ペットボトル、その他のゴミが辺りに舞い散り、清掃スタッフは毎回大変だ。だが、日本チームの試合後には、スタッフの作業はとてもラクになる。

    アジア勢がW杯で初めて南米勢から勝利をもぎとった点でも、コロンビアに対する勝利は歴史的な日本の金星だ。それでもサムライブルーに身を包んだサポーターたちは、興奮に我を忘れることなく、持参した大きなゴミ袋を広げてスタンドの清掃にとりかかった──英BBCは、感嘆混じりにこう伝えた。

    ■「日本では常識」

    日本に拠点を置くサッカー記者のスコット・マッキンタイヤは初戦の会場となったロシア西部のサランスクを皮切りに、日本代表に随行する。そのマッキンタイヤに言わせれば、世界が驚く日本人サポーターの「善行」は日本ではごく当たり前の行為だ。

    「サッカーはその国の文化を映す鏡だとよく言われる」と、マッキンタイヤはBBCに語った。「『立つ鳥跡を濁さず』が日本社会の常識だ。あらゆるスポーツイベントで、日本人はゴミを持ち帰る」

    W杯では、試合運びや勝敗に対する反応に各国のお国柄がはっきり現れる。日本では、自分たちが出したゴミは、自分たちが持ち帰るのが常識だ。日本の学校では教室や廊下の掃除を生徒にさせていて、日本人は子供の頃から片付けや清掃の習慣が身についている。

    2014年のブラジル大会では、日本代表は1勝も挙げられず、グループリーグ敗退を喫したが、このときもサポーターのゴミ拾いが世界の注目を浴びた。

    2回戦ではゴミ拾い対決も?

    白星発進に日本中が沸いた今回のW杯。これまで日本代表は最高でもベスト16止まりだったが、今やそれを上回る成績も期待されている。

    面白いことに、日本が2戦目で対戦するセネガル代表のサポーターもゴミ拾いで注目を集めたばかり。セネガル代表は、「テランガのライオン(おもてなしのライオン)」という愛称を持つ。サポーターもその名に恥じず、自国代表がグループH初戦でポーランドを2-1で降した後、スタンドの清掃を行った。その様子を撮影した動画がインターネット上で公開されて評判を呼び、アルゼンチンのスポーツ専門テレビ局TyCスポーツが公開した動画は再生数800万回を超えたほどだ。

    6月24日にエカテリンブルクで行われる日本対セネガル戦では、世界で最もマナーの優れたサポーターが同士がスタンドを埋め尽ることになる。試合の勝敗を予測するのは難しいが、だがこれだけは言える。サムライとライオンのいずれが勝つにせよ、試合終了後のスタンドではゴミ拾い対決が見られるだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180621-00010002-newsweek-int&p=2


    【【衝撃】W杯で世界を驚かせた日本の「もう一つの勝利」】の続きを読む

    このページのトップヘ