Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > コロンビア

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



    レアル・マドリーに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(28)に対して、マンチェスター・ユナイテッド移籍を推す声が挙がっている。イギリスメトロ』が報じた。

    その声の主はファウスティーノ・アスプリージャ氏だ。現役時代にパルマニューカッスルの欧州クラブでも活躍したコロンビア代表のレジェンドは母国のラジオ番組『Blog Deportivo』で後輩ハメスにこう助言した。

    マンチェスター・ユナイテッドはハメスにとって、良い場所だ。最後にトロフィーを掲げて以来、彼らは次のシーズンに向けての強化を考えている」

    「そんな彼らには良い選手がいる。ハメスと似たスタイルを持つフアン・マタのような素晴らしい選手がね。しかし、ハメスはもう少しダイナミックで攻撃的な選手。入る余地はあると思う」

    「ハメスはプレーできる場所に行かないと。監督から明確に求められ、チームとしても求められるクラブにね。会長の気まぐれで衝動的にサインを求めてくるクラブじゃなくだ」

    「彼の才能をもってすれば、どこに行ってもプレーできる」

    バイエルンからレアル・マドリーに今季レンタルバックしたハメスは当初こそ出番が巡ってくる状況にあったが、ここまで公式戦13試合1得点2アシスト。ケガの影響も出番減少に繋がり、今夏の移籍報道が加熱している。

    そうした状況を受けて、ユベントスナポリエバートンらの関心が取り沙汰されるなか、ハメスの代理人がユナイテッドアプローチをかけているとの憶測も浮上しており、今後の動向に注目が集まっているところだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ハメスにコロンビア代表の大先輩からユナイテッド移籍を推す声!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    ロシアW杯でコロンビアを撃破した日本代表に海外メディアがスポットライト

     新型コロナウイルスの影響により、日本代表2022年カタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選で予定されていた3月25日ミャンマー戦、同31日のモンゴル戦に延期の措置が取られた。そんななか、海外メディア2018年に開催したロシアW杯で日本がコロンビアを撃破した一戦に再び脚光を当てている。

     中国で発生した新型コロナウイルスサッカー界にも大打撃を与えており、各国のリーグは中断を余儀なくされ、ナショナルチームの試合も延期に追いやられている。今年開催予定だった欧州選手権(EURO)と東京五輪も来年に持ち越されることになった。

     そんななか、アメリカスペイン語番組「TUDN」は「日本はコロンビアを撃破して世界を驚かせた」と見出しを打ち、ロシアW杯のグループリーグ第1節のコロンビア戦を2-1で制した日本に再び脚光を当てている。

     この一戦は前半3分に決定機をハンドで阻止した相手MFカルロス・サンチェスが一発退場となり、獲得したPKをMF香川真司が決めて先制。同39分に同点とされるも、後半28分にFW大迫勇也ブレーメン)がCKからヘディング弾を叩き込み、決勝弾を奪っていた。

     記事では「日本は(勝利の)筆頭ではなかったが、南米のチームを制圧した。グループHで起きたコロンビアの敗北が驚きに満ちた結末の1つだった」と振り返り、「アジア国が全てにおいて圧倒した」と当時のサムライブルーを称えていた。日本は最終的に勝ち点4で2位通過し、決勝トーナメント進出を勝ち取っていた。(Football ZONE web編集部)

    ロシアW杯でコロンビアを撃破した日本代表に海外メディアが再脚光【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】「日本は世界を驚かせた」 日本代表の“大金星”に海外が再脚光「アジア国が圧倒した」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    コロンビアサッカー連盟(FCF)がレアル・マドリーに所属する同国代表MFハメス・ロドリゲスの負傷離脱を発表した。

    ハメスは14日のトレーニング中に偶発的ながら左ヒザに違和感。予防策として、15日に行われる国際親善試合のペルー代表戦出場を見送る処置が決定した。

    だが、FCF側の続報によると、検査結果を受け、クラブ側と途中離脱で合意。19日のエクアドル代表との国際親善試合をも欠場することになったという。

    シーズン当初の8月に続いて、再びケガを負ってしまったハメス。スペイン『アス』によれば、じん帯を痛めて、全治3週間の離脱期間も浮上しているが、果たして…。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【コロンビア代表】ハメス、ヒザ負傷で代表離脱】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 kicker.town)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/15(金) 16:48:38.93 ID:tFAF9gEU9.net

    コロンビア代表は14日、MFハメス・ロドリゲスが負傷したことを発表した。

    コロンビアは15日にペルーと親善試合で対戦する。
    しかし、試合前の最終トレーニングでハメスは膝を負傷。深刻なものである可能性が伝えられており、
    コロンビア代表と所属先のレアル・マドリーにとって大きな打撃となりそうだ。
    現地ジャーナリストによると十字靭帯に関する負傷ではないかとされている。

    コロンビアサッカー連盟は、偶発的な負傷であると発表。
    今後、クラブに対して検査を行う許可を取り付けるとしている。

    「ハメス・ロドリゲスは左膝に違和感を訴えた。医療機関によって状況は判断され、まだ診断は保留となる。
    予防策としてペルー戦は欠場する。今後数時間以内に確定した診断を発表し、クラブと共有する」

    ハメスはシーズン開幕直後の8月にも負傷しており、今季2度目の離脱に。
    レアル・マドリー復帰のシーズンとなっているが、難しい時間を過ごしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191115-00010017-goal-socc
    11/15(金) 16:17配信


    【【コロンビア代表】ハメス、練習中に左膝を負傷…現地では十字靭帯に関する深刻なものとの声も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



    コロンビア代表のチームドクターを務めていたヘクター・ファビオ・クルス氏がレアル・マドリーコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスを批判した。スペインマルカ』が報じている。

    レンタル期間を経てバイエルンからマドリーに復帰したハメスは、チームでは構想外とみなされ今夏の移籍の噂が取り沙汰されていたが、買い手がつかず残留が有力とされている。

    そんな中、24日に行われたリーガエスパニョーラ第2節のバジャドリー戦でハメスは先発出場を果たした。しかし、後半に右足ヒラメ筋を負傷し途中交代となった。

    これにより、大事なシーズン序盤に自身をアピールするチャンスを失った同選手に対し、コロンビア代表元チームドクターは、コロンビア『futbolred.com』でプロ意識の欠如を指摘している。

    「あの少年は集中でいていない。新しいシーズンに向けて準備する期間に眉や髪を整えに行っていた。マドリーのようなビッグクラブは各々がプロ意識を備えているはずだが、彼は頭が悪い」

    「(シーズンオフの間は)ピッチから離れる選手もいれば移籍する選手もいるが、彼は何をしていたんだ? 彼が適切に準備していれば、このようなことにならなかったのではないか」

    「私はこうなると予測していたよ。状況はもっと悪くなるだろうね。彼は仕事ができていない」

    また、主張をさらに強調するために、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの比較を取り上げた。

    クリスティアーノは1週間の休暇を取り、家族とヨットギリシャに行った」

    「しかし翌週には新シーズンに向けて準備を始めていた。彼は私の知る中で最もプロフェッショナルな男だ」

    「ハメスはワールドカップを負傷で去った後、プライベートジェットを雇い、ビーチに行ってくつろいでいた。そんなことできないね」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】コロンビア代表元チームドクターがハメスを批判?「少年は集中していない」】の続きを読む

    このページのトップヘ