Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > コロンビア



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    本田が移籍後初のリーグ戦2ゴール、ハリルへの猛アピールに成功し海外メディアも称賛

     サッカー日本代表MF本田圭佑が6日(日本時間7日)、所属先のメキシコ1部パチューカで豪快なミドル弾を含む、リーグ戦では初の1試合2得点を挙げた。ロシアW杯でのメンバー入りに猛アピールに成功。チーム公式ツイッターがゴールシーンを動画で公開。また海外メディアもツイッターで続々と速報している。

    「ケイスケ・ホンダ」が躍動した。リーグ戦のアウェー、プエブラ戦だ。3-0とリードしての後半5分。ワンツーで抜け出すと、ゴールまで約25メートルの位置で迷わず左足を一閃。強烈なミドルシュートはワンバウンドしてゴール左に突き刺さった。

     ゴール後にはメキシコ代表MFエリック・グティエレスと共に、両手の人差し指と親指をくっつけたOKマークを両ひざの前でそろえる、謎の?ゴールパフォーマンスも披露。喜びを爆発させていた。

     前半の23分にも左サイドでパスを受けると、エリア内で1度トラップし左足で先制ゴールを叩き込んでおり、メキシコ移籍後リーグ戦では初の1試合2ゴールをマークした。

     ロシアW杯を目前に、本田が復活を告げる2ゴール。海外メディアも敏感に反応した。

    チームの得点王&アシスト王を1次リーグのライバル、コロンビアメディアも警戒

     メキシコのサッカー専門メディア「Invictos」は「2018年でパチューカのトップスコアラー(6)。また、アシストでも先陣を切る(6)。さらには、2018年でリーグで最もゴールを決めているミッドフィルダー。それは、ケイスケ・ホンダだ」とし、チームの得点王&アシスト王で、リーグのMF最多得点者であることも伝えている。

     米スポーツ専門局「ESPN」のメキシコ版は「コロンビア、注意しておけ!日本の歴史的人物であるケイスケ・ホンダが2得点だ!」と速報すれば、同局のコロンビア版も「ペケルマンに警報。W杯でコロンビアのライバル、日本のケイスケ・ホンダがパチューカでダブルをかました」とつづっている。一次リーグで対戦する相手とあって、警戒を強めているようだ。

     本田は3月の欧州遠征、ウクライナ戦で半年ぶりに先発出場するも目立った活躍はできなかった。W杯メンバー入りは当落線上だが、この2発は強烈なアピールとなったか。(THE ANSWER編集部)

    パチューカのMF本田圭佑【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】「コロンビア、注意しておけ!」 25m豪快ミドル弾の本田圭佑にW杯ライバルも警戒…】の続きを読む



    (出典 james-fan.com)



    1 Egg ★ :2018/04/07(土) 13:34:50.26 ID:CAP_USER9.net

    最大の武器は「視野の広さ」からくる多彩なパス

    水沼貴史です。今週もロシアW杯に出場するであろう選手のなかから、日本代表が特に警戒すべき選手についてお話しします。

    今回取り上げるのは、日本代表がグループステージ初戦で対戦するコロンビア代表のMFハメス・ロドリゲス(バイエルン・ミュンヘン)です。

    ブラジルW杯のグループステージでも日本代表と対戦し、先月31日に行われたブンデスリーガ第28節(ドルトムント戦)で2アシストと絶好調の彼ですが、彼の怖さや日本代表が講じるべき対策についてご説明しましょう。

    ハメスの怖さとはなんだと思いますか? 

    私は彼の最大の特長として、「視野の広さ」を挙げたいと思います。自分がボールを運んで相手選手を複数引きつけている時でも、相手の最終ラインと駆け引きをしている味方選手の動きをまず見逃しません。

    また、自分の周りで味方がどのように動き、どの味方選手がトップスピードに乗っているかを常に念頭に置きながらプレイしているので、パスを出すタイミングを間違えないというところが彼の凄みです。

    また、アイデアの豊富さも目を見張るものがあります。グラウンダーのボールで通せるパスコースを全て封じられても、彼は左足首を巧みに使ってボールをすくい上げ、相手DFが予期していない長短のパスを繰り出します。

    逆サイドを走っている味方(サイドハーフやサイドバック)の動きもきちんと把握できていますから、相手としては彼を一瞬たりともフリーにしたり、一瞬でも考える時間を与えないことが重要になってきます。

    徹底したゾーンディフェンスが求められる日本代表 鍵を握るマークの受け渡し

    バイエルン・ミュンヘンでは主に[4-3-3]、もしくは[4-1-4-1]の布陣のインサイドMFとしてプレイしている彼ですが、コロンビア代表では[4-4-2]の布陣の左サイドハーフとして出場する機会が増えています。

    彼がどちらのポジションで起用されるかは不透明ですが、サイドハーフとして出場している試合でもカットインしてくるケースが多いので、日本代表としてはこの際のマークの受け渡しを明確にしておきたいところです。

    対面のサイドバックがマンツーマン気味に彼に付いていくという方法もありますが、彼が中央に切り込んだ場合は、サイドが空いてしまいます。空いたスペースをコロンビアの他の選手に使われ、ラダメル・ファルカオ(モナコ)などの屈強なFWにクロスボールがわたるという事態は避けなければなりません。

    日本代表としてはコンパクトなゾーンディフェンスを敷き、サイドではサイドハーフとサイドバックで彼を挟み撃ちにすること、彼がカットインした際はマークをボランチに受け渡し、ボランチとセンターバックで彼を囲むことが重要になってくると思います。

    この際、センターバックが彼に食いつきすぎると最終ラインの背後のスペースをコロンビアの他の選手に使われてしまうので、極力最終ラインより前にいる選手たちでボールを取りきる、仮に球際で勝てなくてもハメスに後方へのパスを選択させるようなパスコースの切り方を心がけたいですね。

    また、先ほどご説明した通り彼はサイドチェンジを得意としているので、日本代表としては彼がボールを保持した際、ファーサイドから走り込んでくる他の選手の動きも捕捉する必要があります。彼の近くにいる選手へのパスコースを切ることだけに気を取られがちですが、ファーサイドへのパスコースもしっかり切り、なるべく彼からプレイの選択肢を奪うことが重要だと思います。

    鍵を握るのは、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がどういう守り方を選ぶかです。スピードに乗った彼を単独で止めることができる選手は世界規模で見ても限られるので、監督はおそらくゾーンディフェンスを採用すると思います。

    ただ、最近ではハメス・ロドリゲスにマンマークをつけるチームも増えてきているため、ハリルホジッチ監督が奇策に打って出る可能性も捨て切れません。コロンビア代表戦をご覧になるときは、選手がどんな動きでハメスと対峙するのか、ぜひ注意して見てみてください。

    ではでは、また来週お会いしましょう!

    2018年4月6日 19時0分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14542833/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【必見】日本代表はコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスをこう止めろ!】の続きを読む



    (出典 i0.wp.com)



    1 豆次郎 ★ :2018/04/02(月) 14:03:40.07 ID:CAP_USER9.net

    4/2(月) 12:57配信
    W杯対戦国、エースがそろって絶好調 日本から不安噴出「ボコボコにされる...」

     サッカー日本代表が2018年3月の欧州遠征で不安を露呈するなか、ロシア・ワールドカップ(W杯)で戦う3か国のエースがそろってクラブで得点をあげ、3か月後に迫る本番へ絶好調ぶりを見せつけた。

     特にバイエルン・ミュンヘン(ドイツ・ブンデスリーガ)のポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムント相手にハットトリック。日本からは悲壮感に近い声がもれる。

    ■レヴァンドフスキ3G、ハメス1G2A

     リーグ1位のバイエルンは2018年4月1日未明(日本時間)に行われた第28節で、ケガのため香川を欠く同3位のドルトムントと対戦し、前半だけで5対0、最終的に6対0で勝利するという一方的な試合を展開した。

     エースのレヴァンドフスキは前半5分、スルーパスに抜け出すと難なく流し込んで先制点。前半44分には、左サイドのMFフランク・リベリがゴール前までドリブルでえぐってシュートを打ったこぼれ球に反応。相手DF2人に囲まれながら押し込んだ。後半42分には右サイドからのグラウンダーのクロスに対し、中央で相手の背後をとる動きをしてフリーになり、きっちりゴール。ブンデスリーガを牽引する両クラブの伝統の一戦「デア・クラシカー」で、ハットトリックを記録する大爆発となった。今季は26試合出場26得点という驚異のペースでゴールを量産している。

     バイエルンは、W杯で日本と戦うコロンビア代表のFWハメス・ロドリゲスもマン・オブ・ザ・マッチ級の活躍だった。前半14分に左サイドからのマイナスのクロスに2列目からノーマークで飛び出し、正確なシュートでゴール。前半24分は、左サイドに流れてスルーパスを受けると、ダイレクトで正確なクロス。FWトーマス・ミュラーの得点を演出した。さらに前半アディショナルタイムには、ペナルティエリア前で相手DFを引きつけ、ゴール前のスペースに走り込んだリベリの得点をお膳立て。バリエーションの豊富さを物語るように、まったく異なる形で1ゴール2アシストを記録した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000004-jct-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【ヤバイ…】W杯対戦国、エース(レヴァンドフスキ・ハメス)がそろって絶好調 日本から不安噴出「ボコボコにされる...」】の続きを読む



    (出典 worldcupbrasil2014.up.seesaa.net)



    欧州遠征を実施しフランス、オーストラリアと対戦

     日本代表は3月23日にマリ戦(1-1)、27日にウクライナ戦(1-2)と国際親善試合2連戦に臨んだなか、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループHのライバル国も自チームの強化を進めていた。グループリーグ第1戦で対戦するコロンビア代表は、23日にフランス戦(3-2)、27日にオーストラリア戦(0-0)を実施。W杯本大会に向けて強化を進める南米の強豪の姿を、データ分析会社「InStat」社が集計したこの2試合のデータを用いながら、コロンビアの攻守の特徴や弱点などを「攻略への10のポイント」としてまとめた。

     まずは、コロンビア代表の特徴から見ていきたい。

    【Point 1】コロンビア最大の強み、智将ホセ・ペケルマン

     フランス戦では4-1-4-1からスタートしたものの、2失点を喫した後にはMFカルロス・サンチェス(エスパニョール)を最終ラインに下げて3バックにし、FWルイス・ムリエル(セビージャ)がFWラダメル・ファルカオ(モナコ)の周りを動く3-5-1-1にシステムを変化させた。DFサンティアゴ・アリアス(PSV)の裏を狙われていると察知した後半には、アリアスを一列上げて3-3-2-2にシフトするなど、一つのシステムや戦術に固執せず、多彩なアプローチを持ち合わせている点が、智将ホセ・ペケルマン率いるコロンビアの最大の強みとなっている。

     W杯南米予選のブラジル戦では、後半から4-4-2に切り替えて相手が苦手とする空中戦を主体とした戦いに持ち込んだり、オーストラリア戦では4-1-2-3を軸にするなど、代表レベルでポジショナルプレーを体現するチームを作り上げている。

    【Point 2】最も代えの利かない“10番”ハメス

     中央に位置するMFハメス・ロドリゲス(バイエルン)は、フランス相手にもロングパスを10回中10回成功させるなど、試合内で別格の数値を誇っている。フランス戦、オーストラリア戦ともにペナルティーエリアへのパスを5本通すなど、両チーム合わせたチャンスメイク数はダントツの数字を誇っていた。

    高精度ロングパスとサイドアタックに警戒

    【Point 3】75%以上の空中戦勝率を誇る堅固な守備陣

     フランス戦ではDFジェリー・ミナ(バルセロナ)とDFダビンソン・サンチェス(トットナム)、オーストラリア戦ではDFクリスティアン・サパタ(ACミラン)とDFオスカル・ムリージョ(パチューカ)が先発したが、ミナ以外は75%以上の空中戦勝率を誇る。両センターバックとも攻撃時に相手ゴール前へ赴かずに自陣エリアを保っている点も一つの特徴と言える。

    【Point 4】ハメスを生かすための中盤の人選

     ハメスを攻撃面で生かしきるため、フランス戦ではボール奪取能力の高いMFアベル・アギラール(デポルティーボ・カリ)を隣に配置し、奪取後即パスを供給していた。またオーストラリア戦では、MFマテウス・ウリベ(クラブ・アメリカ)を中央に配置してボールの受け手とするなど、選手の特徴を掴んだうえで互いの武器が被らない戦術補完を行っていた。

    【Point 5】サイドに依存しやすい攻撃性

     中央は堅固な守備陣で固めつつ、両サイドから攻撃を仕掛けてくるケースが2試合ともに見受けられ、フランス戦ではサイドアタック率が83.8%(左31回、中央11回、右26回)、オーストラリア戦では84.5%(左40回、中央13回、右31回)と高い割合を示している。

     特に、ハメスが中央からサイドに流れて起点となるケースや、サイドアタッカーがスペースを突いた後に、ファルカオやハメスがエリア内に侵入してくるケースが大半となっている。オーストラリア戦におけるペナルティーエリアへのパス数が顕著であり、左サイドバックのDFホアン・モヒカ(ジローナ)とハメスがともに7本中5本を成功させていることからも窺える。

    【Point 6】高精度ロングパスも大きな武器

     ドリブル突破やポゼッション以上に、前方へのフィードやサイドチェンジの成功数が多い。フランスの22回中14回の成功に対し、コロンビアは27回中23回と実に85.2%のロングパスを成功させている。

     オーストラリア戦ではシステム変更に伴い、キーパスの成功率を高めているが、オーストラリアが5本中1本しか通せなかったのに対し、コロンビアが25本中13本を通している点からも、キック精度の高さが窺える。

    日本代表が突くべきポイントは両SBか

     ここからは、データから見えた攻守両面の弱点について触れていきたい。選手の特徴が反映された武器の裏には、必ず裏があるものだ。

    【Point 7】攻撃時にフィニッシュワークにかける人数が少ない

     左サイドでムリエルがドリブル突破を試みたり、ハメスのサイドチェンジ後にウリベやアリアスが中央へのパスを送り込むことで得点機会を作り上げているが、中央にはFWが1枚残るのみ。ファルカオはフランス戦で空中戦8戦1勝と競り合いの弱さを露見し、オーストラリア戦では攻撃時のチャレンジで全敗した。

    【Point 8】守備時にできる右SBの裏のスペース

     フランス戦においてアリアスのポジショニングのズレが散見され、裏に広大なスペースができている。ウリベがサポートに回るものの、アリアスは守備時に6戦1勝(勝率16.7%)と対応に後手を踏んでしまうケースが幾度となく見受けられた。

     オーストラリア戦では、6戦5勝(83.3%)と劇的な改善が見られたものの、主に逆サイドからの攻撃が多かったことや、ウイングの選手との距離感が良かった点に起因する。

    【Point 9】守備時にできる左SBのアンバランスさ

     フランス戦で左サイドバックを務めたDFフランク・ファブラ(ボカ・ジュニアーズ)は、マッチアップしたフランス代表FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)の対応もあり、この試合では終始守備意識を高めていた。その甲斐あって11戦7勝(63.6%)と守備面での貢献度はあったものの、攻撃時のデュエルは全敗とバランスを欠いた。

     オーストラリア戦では同ポジションをモヒカが務めたが、14戦6勝(42.9%)と高パフォーマンスを発揮したとは言えず、攻撃面でも7戦1勝(14.3%)と後手を踏む場面が多く見られた。

    【Point 10】失点を助長するファウルトラブル

     コロンビアはW杯南米予選で一時2位に浮上したものの、好不調の波が目立ってしまった。最終的に4位で出場権を勝ち取ったが、守備陣の不安定さを露呈している。

     今回のテストマッチ2試合で浮き彫りとなったのは、一定の時間帯におけるファウル率の高さだ。フランス戦ではファウル数が14回(前半6回・後半8回)、オーストラリア戦では16回(前半7回・後半9回)記録されたが、どちらの試合でも前半20~30分頃と後半30分~40分頃に連続してファウルが発生している。試合展開にもよるが、チームとして一つの傾向となっている可能性もある。

     日本はコロンビアのサイドバック裏のスペースを執拗に攻め入って相手の集中力を削ぎつつ、自分たちの時間を保持することが必要となる。特にブラジルW杯で屈辱の敗戦を喫したメンバーや、リオデジャネイロ五輪で決勝トーナメント進出を阻まれたメンバーたちには、強い気持ちでコロンビアに挑み積極的なプレーを貫いてリベンジしてもらいたい。(Evolving Data labo)

    日本代表がグループリーグ第1戦で対戦するコロンビア代表【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】W杯初戦で激突のコロンビア 3月の2試合で見えた「攻略への10のポイント」】の続きを読む



    (出典 www.chunichi.co.jp)



    フランスで現地取材したカサルス記者が語る、コロンビア代表の強みと弱み

     日本代表が6月19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第1戦で戦うコロンビア代表は、ハリルジャパンと同様に3月の国際Aマッチウィークで欧州遠征を敢行した。23日には敵地でフランス相手に3-2と逆転勝利、27日にはロンドンでオーストラリア代表と対戦し0-0の引き分けに終わった。バイエルンMFハメス・ロドリゲス、モナコFWラダメル・ファルカオら主力も出場したなか、日本のライバル国はどのようなパフォーマンスを見せたのか。

     スペイン語とポルトガル語を駆使する「ESPNラジオ」の南米出身記者フアン・パラシオス・カサルス氏は、現地取材した23日のフランス戦でのコロンビアの印象についてこう語る。

    「この試合では、コロンビアが持つ“キャパシティー”を大いに見せつけてくれた」

     カサルス記者は前半11分、26分と早い時間帯にフランスに2点を奪われながら、南米チーム特有のメンタル面の乱れがなかったこと、そしてチームの熟成度を勝因に挙げた。

    「相手のホームゲームで2点ビハインド。ここで気持ちが折れるのが南米人のメンタリティーだが、この試合での彼らはそうではなかった。それに、一般的にコロンビアは、ハメスやファルカオら個の力が強いチームという印象を持たれがちだが、ペケルマンは実にコレクティブな、結束力の高いチームを作り上げてきた。

     ファルカオは後半23分に退いたが、現チームの絶対的な支柱である彼がいなくなっても機能性にまったく乱れがなかったどころか、より多くのチャンスが生まれていた。局面ごとに違いを生み出せる選手も増えているし、以前よりも人材が豊富になっている」


    「オフ・ザ・ボールの時にはそれほど脅威ではない」

     長年に渡ってコロンビア代表を支えてきた元主将DFマリオ・ジェペスは、2014年のブラジルW杯後に引退したが、欧州のハイレベルな舞台で揉まれている21歳のDFダビンソン・サンチェス(トットナム)が台頭するなど世代交代も順調に進んでいる。コロンビア代表にはいろいろなキャラクターを持つ選手が集まりながらも、全体として統率された集団となっているのは、12年からチームを率いるホセ・ペケルマン監督の手腕によるところが大きいと、カサルス記者は称賛した。

    「日本も着実に進化している。とはいえ、やはりアウトサイダー。その分プレッシャーなく挑めるところに勝機があるのではないか」

     そして日本のサッカー事情にも精通しているカサルス記者は、本大会でのコロンビア戦について展望してくれた。

    「コロンビア戦も、(1-4で敗れた)2014年大会の再来というようなシナリオにはならないはずだ。その上で日本が採用すべき戦い方は、あえてコロンビアと同じスタイルで応戦することだと私は思う。

     コロンビアはダイナミックなプレーが売りだが、実はボールプレーを重視している。なぜなら、彼らはボールが自陣にある時にゲームをコントロールできるから。そして試合が自分たちのコントロール下にある時、彼らは非常に強い。裏を返せばオフ・ザ・ボールの時にはそれほど脅威ではないということ。だから日本も同じ戦い方で挑むことだ。もともと日本もボールキープ主体のプレースタイルだとは思うが、コロンビア戦で肝になるのは、いかにボールを支配するかだ」

     さらに日本が注意すべきポイントを、カサルス記者は次のように指摘した。


    名指ししたコロンビアの要注意人物二人とは?

    「相手のファウルだ。彼らはゴールから離れた場所で、細かいファウルをちょくちょく仕掛けてくる。これは自陣の守備を立て直したい時に使う小技。彼らの姑息なファウルに精神を乱されないことはもちろんだが、このファウルのタイミングで相手が立て直す隙をまんまと与えてはならない」

     彼が名指ししたコロンビアの要注意人物は、MFカルロス・サンチェス(エスパニョール)とFWドゥバン・サパタ(サンプドリア)の二人だ。

    「サンチェスは中盤であらゆる犠牲を払って仕事する。ファウル、ボール奪取、すべてだ。そしてその彼の自己犠牲が、コロンビアが主導権を得ることにつながっている。だから、彼の動きには徹底的に注意すること。それからオフェンスではビッグマン、ドゥバン・サパタ。代表歴は浅いが、大柄な体格をダイナミックに使ってくる彼は相当手強い相手になるだろうね」

     コロンビアは「好チーム」だと評価は高いが、優勝候補の一角というわけではない。その彼らが、優勝候補に名前が挙がるフランスを敵地で破ったことで得た自信は、コロンビアにとっての大きな収穫だったとカサルス記者は結んだ。


    (小川由紀子/Yukiko Ogawa)

    コロンビア代表のハメス(左)とファルカオ(右)【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【期待】日本代表はW杯コロンビア戦で「ボールを支配すべき」】の続きを読む

    このページのトップヘ