Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > コロンビア

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    東京オリンピックを戦う日本代表オーバーエイジとして牽引する吉田麻也

    DAZNで配信されている『FOOTBALL TIME』で盟友である内田篤人と共演を果たした。

    2人は2014年ワールドカップをともに戦ったが、吉田はコロンビア戦について言いたいことがあるとか。

    グル―ステージ3戦目だったあの試合に勝つしかなかった日本代表岡崎慎司ゴールで一旦は同点にするも、後半に失点を重ねて1-4で惨敗している。

    吉田麻也

    「もう本当、ワールドカップで嫌なのが、ブラジルの。

    コロンビアに最後勝たなきゃいけなかったじゃん。俺ら、ほぼ後半とか1vs1だったんですよ、同数だったんですよ。

    ずーと同数でコロンビア相手にやってて、最後に大カウンターくらって。

    4点目くらいをハメス・ロドリゲスに僕がキュンキュンにやられて入れられたんですよ。

    でも、それまでずっと1vs1で守ってるから、しんどいのよ。

    でも、そこだけ切り取られて、今とかチームメイトに『麻也、これ見たことある?』みたいな(笑)

    20歳くらいの若いやつに言われてさ…見たことないから、そのワールドカップを。

    いやいやいや…と思って」

    ゴールを奪わなければいけない日本は前がかりになっており、手薄になった守備陣は常に相手と1vs1を強いられるような状況が続いていた。そして、後半45分には吉田がハメスにズタズタにされて4点目を奪われている。

    【動画】吉田がズタズタ…ハメス、日本を絶望させた超ゴールシーン

    その失点シーンを若手にイジられることもあるそう(日本代表ではなくサンプドリアの若手?)。吉田としては、それまでの守備対応で疲弊したことが考慮されずに、あの場面だけ切り取られることに不満があるようだ。

    「ハメスにキュンキュンにやられた…」 吉田麻也、2014年W杯の“失点イジり”にイラつく


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】「ハメスにキュンキュンにやられた…」 吉田麻也、2014年W杯の“失点イジり”にイラつく】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    コパ・アメリカでの優勝で悲願だったアルゼンチン代表での初タイトルを手にしたリオネル・メッシ

    コロンビアとの準決勝ではバルセロナチームメイトだったDFジェリー・ミナに怒りを露わにしたことが話題になった。

    ミナから蹴られるシーンもあったメッシはミナがPKを失敗すると飛び上がって大喜び。「踊れよ!踊れ!」と罵声を浴びせていたのだ(ミナはウルグアイ戦でPKを決めた際にダンスを披露していた)。

    そうしたなか、ミナがメッシとの一件に言及した。『Marca』によれば、自身の慈善団体が母国で行ったイベントに登場するとこう述べたという。

    ジェリー・ミナ(コロンビア代表DF)

    「レオとの間に起きたことはいつでも起きうることだ。これもサッカーさ。

    人生にはサイクルがある。復讐の機会もあるけれど、僕は冷静だよ。レオが素晴らしい人だと知っているからね。

    バルセロナで彼と会っているし、当時のサポートには感謝している。僕は常に彼を尊敬してきたし、敬愛している。

    あの時の僕らはお互いの代表チームを守ろうとしていた。

    僕は代表のために命を捧げることができるならそうする。あれが起きたけれど、どうってことないよ」

    国の誇りをかけて戦っており、試合中にヒートアップするのはよくあると説明していたようだ。

    【動画】バトルの発端!?メッシ、ミナに蹴られた一触即発シーン

    そのうえで、メッシのことは尊敬しているも語っていたそう。

    「復讐もできるが…」 メッシを蹴って怒らせた元バルサ同僚が釈明


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「復讐もできるが…」 メッシを蹴って怒らせた元バルサ同僚が釈明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     エヴァートンに所属するコロンビア代表DFジェリー・ミナが、コパ・アメリカ2021での一幕について語った。19日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

     コロンビア代表の一員としてコパ・アメリカ2021に臨んだミナは、準決勝でFWリオネル・メッシ率いるアルゼンチン代表と対戦。試合は1-1のままPK戦へ突入したが、コロンビアは3人が失敗して決勝進出を逃す結果となった。同試合でマッチアップしたミナとメッシは、プレーをめぐり何度も激しい口論を見せていた。

     すると、この時3人目のキッカーとしてミナがPKを外した際、メッシハーフウェイライン付近から叫び嘲笑するような様子がSNSで話題に。しかし、かつてバルセロナチームメイトだったこともあるミナは、そのメッシの言動に理解を示している。以下のように語った。

    「レオが見せたことはいつでも起こりうるであり、それはサッカーの一部であると思う。レオが素晴らしい人間だと知っているから、僕はとても落ち着いているよ。人生にはサイクルがあり、あのミスを取り返す機会がきっと訪れるだろう。僕は常に彼を尊敬していることは間違いないよ」

     準決勝で対戦したコロンビアは3位決定戦でペルーに、アルゼンチンは決勝戦でブラジルにそれぞれ勝利を収めている。

    コパ・アメリカ2021で競り合うメッシ(左)とミナ(右) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】コロンビアDFミナ、PK戦でメッシが見せた言動に理解「僕は常に彼を尊敬している」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    エバートンに所属するコロンビア代表DFジェリー・ミナが、コパ・アメリカ2021でのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの関係について明かした。スペインマルカ』が伝えている。

    6日行われたコパ・アメリカ2021準決勝、アルゼンチン代表vsコロンビア代表の一戦は、1-1で90分を終え、勝負はPK戦に突入。GKエミリアーノ・マルティネスが3本のPKをストップする大活躍で、アルゼンチンが2大会ぶりの決勝進出を決めていた。

    ミナは3人目のキッカーを務めたものの、PKをストップされていたが、ハーフウェイラインに戻っていく最中、元チームメイトメッシから「今すぐ踊れ!踊れよ、さぁ!」と物凄い剣幕で煽られていた。

    その理由の1つとして、コロンビアが準々決勝でメッシの友人、FWルイス・スアレスを有するウルグアイ代表と対戦した際、PK戦の最中にミナらはダンスを披露。これがメッシの逆鱗に触れたものと考えられている。

    普段は比較的冷静なメッシがこのように感情をあらわにすることは珍しいが、ミナがこの件について言及。サッカーの一部だと理解を示した。

    「レオとの間に起こったことはいつでも起こり得ることであり、サッカーの一部だ。人生には転機があり、あの時のリベンジを果たす機会が訪れるだろう。でも僕は、彼が素晴らしい人間だと知っているから落ち着いているよ」

    「彼とはバルセロナで出会い、その時の彼のサポートには感謝している。僕は彼を常にリスペクトしている。ただ、あの時は2人とも国を代表して戦っていたんだ。代表チームには命を懸けているし、ピッチで起こったことはそこに置いておくべきだ、だからこれ以上は何もないよ」

    なお、試合後にはメッシインスタグラムでミナのフォローを外したことも明らかになっており、想像以上に激怒していることがうかがえる。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】メッシを怒らせ「踊れよ、さぁ!」と煽られたミナが心境語る「あの時は2人とも国を代表して戦っていた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    コパ・アメリカ2021の3位決定戦が現地時間9日に行われ、コロンビア代表が3-2でペルー代表を下した。

    準決勝でアルゼンチン代表を追い詰めながらPK戦で散ったコロンビアブラジル代表に0-1の惜敗を喫したペルーの3位決定戦。立ち上がりからコロンビアが圧力をかけ、ペルーが自陣にブロックを敷いた守りからのカウンターでひと刺しを狙う構図で進む。

    相手の攻撃を受ける時間が続くなか、24分に中盤の主力タピアを負傷交代で失うアクシデントに見舞われてしまったペルーだが、28分のラパドゥーラや39分のペーニャシンプルな攻めからゴールに迫る形も作り出していくと、前半終盤にゲームを動かす。

    45分、タピアとの交代でピッチに入ったカルタヘナが自陣右サイドから素早く敵陣左サイドロングボールを供給。これがクエバに通ると、労を惜しまずのフリーランで攻撃に加勢のジョトゥンが横パスを受け、ボックス中央から左足シュートを決めた。

    追いかけるコロンビアだが、ハーフタイム明けにチャラを投入して、より前がかると、49分にバイタルエリア右の位置でFKのチャンスを獲得。キッカーのクアドラードが直接狙うと、壁の隙間を抜けて、そのままニアに決まり、後半早々に追いつく。

    試合を振り出しに戻したコロンビアはその後も圧を強め、52分にルイスディアスの右足バイシクルで相手ゴールを強襲。だが、ペルーも負けじと58分にラパドゥーラがボックス右から中に切れ込み、クロスバーを叩く左足シュートで襲いかかる。

    そこからペルーの流れに傾きつつあったが、コロンビアが逆転。66分、GKバルガスが敵陣左サイドをめがけて左足パントキックに転じると、ルイスディアスが肩でのトラップロペス入れ替わり、ボックス右から右足シュートネットを揺らした。

    一転して追いかける展開を強いられたペルーだが、交代カードを駆使しながら反撃ムードを強めると、82分に前回ファイナリストの意地。69分から出場するラシエルガルシアの右CKにゴール前のラパドゥーラが頭で合わせ、スコアをイーブンに戻した。

    このままPK戦にもつれ込むかに思われたが、後半アディショナルタイム4分に味方とのパス交換も駆使して、左サイドから中に切れ込んでいったルイスディアスが右足を一閃。これがゴール右に突き刺さり、コロンビアが土壇場で勝ち越しに成功した。

    結局、コロンビアがペルーを劇的に勝利。ハメス・ロドリゲスファルカオの2枚看板がいないなかでの今大会だったが、2大会ぶりの3位でフィニッシュした。

    コロンビア代表 3-2 ペルー代表
    コロンビア
    アドラード(後4)
    ルイスディアス(後21、後45+4)
    【ペルー】
    ジョトゥン(前45)
    ラパドゥーラ(後37)

    UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
    7/11(日) 深夜3:00〜 イタリアVSイングランド決勝を放送!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【コパ・アメリカ】3位決定戦は最後にドラマ! コロンビアがペルーに劇的勝利締め】の続きを読む

    このページのトップヘ