Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: カップ戦



    (出典 img.footballchannel.jp)



    CLレアル戦、1-1で迎えた後半にネイマールの鋭いパスが主審の顔面を強打

     パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表ネイマールは現地時間14日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント第1戦、敵地レアル・マドリード戦に出場したが、1-3で逆転負けを喫した。先制点をアシストした一方、主審の顔面を直撃する強烈なキックをお見舞いし、世界から注目を浴びている。

     試合は前半33分、ネイマールのヒールパスを受けたMFアドリアン・ラビオが利き足と反対の右足で蹴り込んでPSGがアウェーゴールを奪って先制。しかし、前半終了間際にレアルのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがPKを決めて同点に追いつかれると、後半36分に再びロナウドにネットを揺らされて逆転され、さらに同41分にはブラジル代表DFマルセロに3点目を奪われた。

     1アシストのネイマールだが、意外なプレーがクローズアップされている。1-1で迎えた後半23分、左サイドでボールを持ったネイマールは、ゴール前へラストパスを供給しようと右足を一閃。鋭い弾道の一撃がゴールに向かって飛んだかに思われたが、途中でボールの方向が変わりチャンスが潰れてしまう。キックを阻止したのは、味方と相手いずれでもなく、試合を裁く主審だった。

     ネイマールが放ったボールは、イタリア人の主審ジャンルカ・ロッチの顔面を直撃。主審は痛みに顔を歪めて悶絶した。耳に付けている音声機器にぶつかったようで、試合が一時中断する事態となった。

     

    “偶然の出来事”は海を渡り…

     スペイン紙「ムンド・デポルティボ」は「偶然の出来事が起こった。ボールがロッチの顔に当たり治療が必要で、ゲームが中断した」と伝えている。また、一連のプレーは海を渡って北中米カリブ海のホンジュラス紙「La Prensa」でも取り上げられ、「ネイマールが審判に大きな打撃を与えた。ブラジルの天才が長いパスを試み、審判の顔面を直撃して彼を驚かせた」と報じた。

     会場も騒然としたなか、主審は直撃した部分をチェックし、大事には至らず。そのまま無事に試合は再会された。結局、この後に2失点したPSGは1-3で敗れているが、ネイマールの“顔面直撃キック”は思いのほか反響を呼んでいるようだ。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

    ネイマール、“主審顔面直撃パス”で試合一時中断 大打撃に世界注目「天才が驚かせた」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】ネイマール、「天才が驚かせた」 “主審顔面直撃パス”!!】の続きを読む



    (出典 img.cdn.nimg.jp)



    ラウンド16の大一番で輝いたエース、3-1の逆転勝利を導く

     さすがはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)“ゴールメーカー”だ。レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間14日に行われたCL決勝トーナメント1回戦パリ・サンジェルマン(PSG)戦で2ゴールを挙げて、3-1の逆転勝利に貢献した。この日の1点目はレアルで挙げたCL通算100ゴールになったと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

     レアルにとって前人未到の大会3連覇がかかる一方、今季勝ち点を幾度となく落としている本拠地サンチャゴ・ベルナベウでのPSG戦は極限の重圧がかかる一戦だった。そのなかで前半33分に、ブラジル代表FWネイマールの絶妙なヒールの落としからMFアドリアン・ラビオに先制点となるアウェーゴールを許す。漂った“またか”のムードを振り払ったのは背番号7だった。

     前半終了間際にドイツ代表MFトニ・クロースがペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得すると、キッカーはロナウド。魂を込めた一撃はゴール左に突き刺さり、1-1に追いついた。これが“レアルだけ”で挙げた、CLでの通算100ゴールとなったのだ。

     もちろん、節目の数字だけで満足するロナウドではなかった。後半38分、MFルカ・モドリッチのパスを左サイドで受けた途中出場のMFマルコ・アセンシオがゴール前にクロス。相手GKが弾いたところ、ロナウドの足に当たってゴールネットを揺さぶる。ポジショニングがもたらした決勝点に歓喜の咆哮。レアルはその後、ブラジル代表DFマルセロにも追加点が生まれて、誇り高き逆転劇を演じた。

    批判浴びる今季もCLでは“別次元”の11ゴール

     今シーズン、リーガで思うように得点数が伸びず批判を受けていたロナウドだが、CLでは“別次元”だ。

     この日の2得点でグループステージから続く連続ゴールを7試合に伸ばし、11ゴールは2位ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ(リバプール)、イングランド代表FWハリー・ケイン(トットナム)に4点差をつける断トツのトップ。そしてマンチェスター・ユナイテッド時代を含めるとCL通算116ゴールと、これもトップに立っている。

     ちなみにロナウドは昨季の準決勝アトレチコ・マドリード戦、決勝ユベントス戦と勝負どころでゴールを決めている。CLを愛し、CLに愛された男は、33歳となってもなおその嗅覚に磨きをかけている。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

    「CLに愛される男」C・ロナウド PSG戦2発、“レアルだけ”で大会通算100ゴール達成


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「CLに愛される男」C・ロナウド“レアルだけ”で大会通算100ゴール達成!!】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦が14日に行われ、レアル・マドリードとパリ・サンジェルマン(PSG)が対戦した。

     ベスト16屈指の好カードは、PSGが先にチャンスを作る。14分、味方のロングバスに反応したネイマールが、エリア内で胸トラップからボレーシュートを放つが、枠を捉えられなかった。対するレアルは28分、クリスティアーノ・ロナウドが逆サイドのマルセロから絶妙なパスを受けてエリア内に抜け出すが、フリーで打ったシュートはGKの顔面セーブに阻まれた。

     均衡が破れたのは33分、PSGが先制に成功した。右サイドのキリアン・ムバッペがアーリークロスを送ると、ネイマールのヒールでの落としを、フリーのアドリアン・ラビオが蹴り込んで、貴重なアウェイゴールを奪った。

     1点を追うレアルは44分、エリア内左へ突破したトニ・クロースがジオヴァニ・ロ・チェルソに倒されてPKを獲得。45分、キッカーのC・ロナウドがゴール左隅に決めて、前半の内に追い付いた。

     後半に入って膠着状態が続き、試合が再び動いたのは83分。途中出場のマルコ・アセンシオがエリア内左からクロスを送ると、相手GKにセーブされたこぼれ球をC・ロナウドがひざで押し込み、レアルが逆転。さらに86分には、アセンシオの折り返しをニアのマルセロが蹴り込み、土壇場で2点リードに広げた。

     試合はこのままタイムアップを迎え、レアルがホームで3-1の逆転勝利を収めた。セカンドレグは3月6日にPSGのホームで行われる。

    【スコア】
    レアル・マドリード 3-1 パリ・サンジェルマン

    【得点者】
    0-1 33分 アドリアン・ラビオ(PSG)
    1-1 45分 クリスティアーノ・ロナウド(PK)(レアル)
    2-1 83分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル)
    3-1 86分 マルセロ(レアル)

    2ゴールで逆転勝利に導いたC・ロナウド [写真]=VI Images via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】レアルがホームでPSGに逆転勝利!…C・ロナウド2発にマルセロ弾で突き放す!】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



     チャンピオンズリーグ決勝トーナメントファーストレグが14日に行われ、レアル・マドリードとパリ・サンジェルマン(PSG)が対戦する。イギリスメディア『ガーディアン』が決戦を前に両チームの各ポジションと監督を分析した。

    ■GK
    ▼レアル・マドリード 【7点】
     毎年のように、移籍市場でGK獲得の噂がメディアで報じられる。事実、2015年にはマンチェスター・Uに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘアと移籍成立寸前のところまでこぎつけた。それでも、コスタリカ代表GKケイラー・ナバスはレアル・マドリードで活躍し続けている。フロントはアスレティック・ビルバオのスペイン代表GKケパ・アリサバラガの獲得を望んでいるかもしれないが、敏捷性とメンタルに優れたGKは成功を約束してくれる。

    ▼パリ・サンジェルマン 【6.5点】
     フランス代表GKアルフォンス・アレオラは、リーグ・アンで23試合に出場して12回もクリーンシートを記録している。CLでもそのパフォーマンスは健在で、グループステージでは第5節まで無失点を継続していた。ポテンシャルは素晴らしいものがあるが、まだ最高峰のGKではない。

    ■DF
    ▼レアル・マドリード 【6点】
     スペイン代表DFナチョ・フェルナンデスが、同代表DFダニエル・カルバハルに代わりディフェンスラインに入ると目されている。しかし、ディフェンス陣には不安がつきまとう。左サイドバックのブラジル代表DFマルセロは本領発揮には至っておらず、フランス代表DFラファエル・ヴァランもミスをする場面が見られる。ポジティブなニュースといえば、彼らを統率するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの調子がいいことだ。

    ▼パリ・サンジェルマン 【8.5点】
     ウナイ・エメリ監督はPSGで、若くて強固な守備陣を作り上げた。ブラジル代表DFマルキーニョスはトップレベルのセンターバックに成熟し、フランス人DFプレスネル・キンペンべもとてつもない早さで成長している。また、ブラジル代表DFチアゴ・シウバは主に彼らをバックアップする役目だが、出場すればセットプレーの場面で脅威となる。

    ■MF
    ▼レアル・マドリード 【8点】
     昨シーズンの後半戦では、4人のMFを並べた布陣で戦っていたが、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの復帰を境に3人のMFを並べるフォーメーションに戻った。しかしPSG戦では、いわゆる4-4-2を採用する可能性がある。なぜなら、クロアチア代表MFルカ・モドリッチとドイツ代表MFトニ・クロースの後ろでブラジル代表MFカゼミーロがバランスをとっているものの、この3人でのボール回しが素早いものではなく、トップフォームではないかもしれない。

    ▼パリ・サンジェルマン 【7点】
     イタリア代表MFマルコ・ヴェラッティとフランス代表MFアドリアン・ラビオは“ボックス・トゥー・ボックス”のプレイヤーとしてトップレベル。それでも、昨夏にフランス代表MFブレーズ・マテュイディを放出したことにより、選手層は薄くなった。ベンチに座っているイタリア代表MFチアゴ・モッタ、アルゼンチン代表MFジオヴァニ・ロ・チェルソ、フランス代表MFラサナ・ディアラはバックアッパーとして最適ではない。

    ■FW
    ▼レアル・マドリード 【9点】
     “BBC”が今シーズン初めて揃ったのは、1月27日のこと。昨年4月以来だ。彼らが揃わなくても、臨機応変にベンチメンバーを起用していたが、あくまでレアル・マドリードのスタメンはBBCが基本。3人揃っての出場機会が少ない中で、どれだけ彼らのコンビネーションが確立できているかが問題である。

    ▼パリ・サンジェルマン 【9点】
     試合の流れを変えることができる選手が揃っている。昨夏にバルセロナから引き抜いたブラジル代表FWネイマールはもちろんのこと、フランス代表FWキリアン・ムバペは少ないチャンスをしっかり決めきり、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニはリーグ戦でチームトップの21ゴールをマーク。さらに、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアは年明けから好調を維持している。

    ■ベンチ
    ▼レアル・マドリード 【9点】
     昨シーズンは控えに座っている選手の活躍が目立った。スペイン代表FWアルバロ・モラタとコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、攻撃に幅をもたせていた。それでも、スペイン代表MFイスコと同代表MFマルコ・アセンシオは彼らと同等のクオリティーを有しており、レギュラー陣をバックアップすることができる。

    ▼パリ・サンジェルマン 【7点】
     アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ、ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー、ディ・マリアは印象的なオプションではあるものの、ゴールを奪う怖さに関してはレアル・マドリードと比べて劣っている。一方、守備の選択肢は多数存在している。

    ■監督
    ▼レアル・マドリード 【8点】
     ジダン監督は就任してから2年間でCL連覇という偉業を成し遂げた。チームをマネジメントすることに関して選手とファンから多くの支持を集めている。戦術的な幅の狭さとアプローチの単純化を指摘されているものの、問題は選手たちにとって悪影響かどうかである。

    ▼パリ・サンジェルマン 【6.5点】
     昨シーズンのCLで、バルセロナ相手に4点リードを保ちながらセカンドレグで逆転され、リーグ戦ではモナコに栄冠を奪われたりと、エメリ監督はジェットコースターのような1年を経験した。戦術的に優れている監督ではないかもしれないが、コンディションの悪いベテランから勢いにある若手にチャンスを与えるなど、選手のマネジメントに長けた監督である。

    レアル・マドリード 合計47
    パリ・サンジェルマン 合計44.5

    14日に対決する両エース [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】レアルとPSGが激突! 英紙が両チームの各ポジション、監督を分析…】の続きを読む



    (出典 rpr.c.yimg.jp)



     レアル・マドリードは3日に行われたリーガ・エスパニョーラ第22節でレバンテと対戦し、2-2で引き分けた。第20節デポルティーボ戦は7-1、第21節バレンシア戦は4-1と、大量得点を挙げて連勝を飾っていたが、昇格組相手に2度のリードを追いつかれてドロー。14日にパリ・サンジェルマン(PSG)とのチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグを控えるなか、スペイン紙『アス』がチームの問題点を5つ挙げた。

    ■自陣への拙い後退
     レバンテ戦で再び明らかになったのは、相手のカウンター攻撃に対する対応の拙さだった。今シーズン開幕当初から続いている問題であり、レバンテ戦でも無秩序な組織を露呈。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、フランス人FWカリム・ベンゼマ、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの“BBC”トリオが同時先発したものの、彼らの守備意識の低さによってチームの問題点はいつも以上に明白だった。

     ジネディーヌ・ジダン監督は終了間際の失点が不要だったと強調したが、レアル・マドリードの選手たちの戻りが遅く、さらに選手間での意思統一が見られないこともあって、さらに失点を重ねても不思議ではなかった。レバンテが奪った2ゴールは、いずれもカウンターから。PSGにはブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペ、ウルグアイ代表FWエディソン・カバーニとスピード豊かなアタッカーが揃っており、守備の意識の低さは致命傷になりかねない。

    ■ボールを失った後のプレスなし
     レアル・マドリードは試合開始当初、ゲームを支配していたし、自信をもってプレーしていた。しかし、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが先制ゴールを挙げたあと、集中が切れ、チームの秩序は失われた。

     この試合でボールを奪われた回数は、スペイン代表DFダニエル・カルバハルが19回、ブラジル代表DFマルセロが15回と、両サイドバックがトップ2を占めた(3位はドイツ代表MFトニ・クロースで10回)。さらに、ボールを失った後に奪い返す動きも見られなかった。これは今シーズンのレアル・マドリードに欠けている要素だ。

     例えば、エルネスト・バルベルデ新監督が率いるバルセロナは試合中、この動きを繰り返す。レアル・マドリードはボールを奪われると、スイッチを切ったかのように動きを止める。特にマルセロはオーバーラップをした後、背後のスペースを全く気にすることなく、ポジションを取り直すことがほとんどなかった。PSG戦でまともに戦いたかったら、ジダン監督はこの点を修正すべきだろう。

    ■効率の無さと得点力不足
     昨シーズンはほとんど話題にも上らなかったが、今シーズンは最大の武器であるはずの攻撃に問題を抱えている。レアル・マドリードはレバンテ戦で23本のシュートを放ったが、ゴールの枠内に飛んだのは9本。そして奪ったゴールは2つだけだった。“BBC”が同時に先発していたのだから、良い数字だとは言えない。

     C・ロナウドは7本、ベンゼマは2本のシュートを放ったが、ベイルは66分に途中交代するまでシュートを1本も打たず。そして彼らはゴールを奪えなかった。PSG戦まで約10日に迫った今もなお、“BBC”に爆発力が見られないのはファンにとっては悩みの種である。

    ■試合の終わらせ方
    66分にベイルに代えてイスコを投入。システムを4-3-3から4-4-2に変更すると、レアル・マドリードは秩序を取り戻し、再び試合をコントロールするようになった。そしてイスコが勝ち越しゴールを決めたが、その後再び同点ゴールを許して2ポイントを失った。

    「時間をうまく使わないといけない。残り5分で同点に追いつかれてはいけない」

     S・ラモスは試合後に不満をもらしたが、これはレバンテ戦に限った話ではない。第5節のベティス戦では、後半アディショナルタイムに失点を許してホームで0-1の敗戦。第19節のビジャレアル戦でも、87分にゴールを与えて0-1で敗れた。今のチームは試合終盤に勝ち点を取りこぼすというよりも、試合を落としている。

    ■チームは15人構成
     昨シーズンのレアル・マドリードは豊富な戦力を有し、さらに試合の主役となれるメンバーが揃っていた。指揮官も選手をうまくローテーションさせていた。しかし、今シーズンはいわゆる“セカンド・ユニット(控え組)”が機能していない。特にスペイン代表FWアルバロ・モラタ、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス、ポルトガル代表DFペペの退団はチームの弱体化を招き、ジダン監督も控え選手を頼らなくなった。

     指揮官の控え組に対する信頼の欠如は、彼らのプレーにも影響を与えている。そのため、レベルの高い試合を迎えると、ジダン監督は決まって不動のレギュラーを頼り、出番を与えるとしてもスペイン代表MFマルコ・アセンシオ、同代表FWルーカス・バスケス、クロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチ(そして“BBC”が復活したことで、スペイン代表MFイスコも同列の扱いになりつつある)らに限定されている。PSGのような相手とのCLを戦うのは、戦力面でも、メンタル面でも弱体化したチームだと言える。

    (記事/Footmedia)

    今季は不調に陥っているレアル・マドリード。チームの問題点とは? [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】PSGとの大一番を控えるレアル、致命傷になりかねない5つの問題点とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ