Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: カップ戦



    (出典 f.image.geki.jp)



    [ミラノ 13日 ロイター] - サッカーイタリアセリエAインテルルチアーノ・スパレッティ監督は13日、主将の任を解かれたマウロ・イカルディが、14日に敵地で行われる欧州リーグ(EL)のラピッド・ウィーンオーストリア)戦への遠征帯同を拒否したことを明らかにした。

    なお新たな主将にはGKサミル・ハンダノビッチが任命された。

    スパレッティ監督はイカルディの契約延長交渉のもつれが選手やチームを混乱させている中での主将交代について、「難しく、痛みが伴う決断だった。わたしたちはみんな、彼がチームの財産であることを知っているからだ」と語った。なお同監督はイカルディが当初は遠征メンバーに入っていたことを認め、「イカルディが帯同を拒んだ」と話している。

    イカルディインテルの関係はこれまでも良好とは言い難く、特にイカルディの妻で代理人でもあるワンダ・ナラ氏についてインテルが代理人変更を求めたと報じられた際には、同氏が引退までイカルディの代理人を続けると反論する事態になっていた。

    2月13日、サッカーのイタリア・セリエA、インテルのルチアーノ・スパレッティ監督(写真左)は、主将の任を解かれたマウロ・イカルディ(同右)が14日に行われる欧州リーグの試合への遠征帯同を拒否したことを明らかにした。ミラノにて3日撮影(2019年 ロイター/Jennifer Lorenzini)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】インテルのイカルディが主将はく奪、ELの遠征拒否】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    レアルCL16強初戦でアヤックスに苦しみながらも2-1勝利

     レアル・マドリードは現地時間13日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の第1戦でアヤックスとアウェーで対戦し、2-1の勝利を収めた。CL公式インスタグラムは、この日の最優秀スキルを決める「スキル・オブ・ザ・デイ」にレアルクロアチア代表MFルカ・モドリッチが披露したヒールパスを選出している。

     前人未到のCL3連覇を達成しているレアルだが、序盤からアヤックスを相手に苦戦を強いられた。前半37分にはCKの場面でベルギー代表GKティボー・クルトワがボールをこぼし、それを頭で押し込まれてしまう。しかし、この場面で大会史上初のVAR(ビデオアシスタント・レフェリー)が使用されると、オフサイド判定により取り消されることになった。

     VARに救われることになったレアルは後半、反撃に出る。右サイドボールを受けたモドリッチは相手選手2人に挟み撃ちに遭うも、ゴールに背を向けた状態でヒールパスを披露。スペイン代表DFダニエル・カルバハルへとパスを通し、フランス代表FWカリム・ベンゼマシュートシーンを演出した。

     CL公式インスタグラムはモドリッチが見せたノールックのヒールパスに対し、「輝かしいモドリッチによる認識力と実行力」との文章を添えて動画を公開し、「スキル・オブ・ザ・デイ」に選出している。コメント欄では「マエストロからマスタークラスの業」「最高にクールだ」「最新の最良スキル」「キング」「バロンドーラーだ」とファンからも多くの称賛が寄せられていた。

     試合は、後半15分にベンゼマが先制点を奪い、その後一度は追いつかれるものの、同42分にスペイン代表MFマルコ・アセンシオが決勝弾を決めて、レアルはアウェーの地から勝ち点3と貴重な2ゴールを持ち帰ることに成功している。(Football ZONE web編集部)

    レアル・マドリードのMFルカ・モドリッチ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】「輝かしい認識力と実行力」 モドリッチの華麗なヒールパス、CL公式“最優秀スキル”選出】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマ(31)が名プレーヤーと肩を並べた。

    レアル・マドリーチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でアヤックスと激突。13日に敵地で行われた1stレグを2-1の勝利で飾り、CL4連覇に一步前進した。この試合に先発したベンゼマは60分に均衡を破る先制弾をマーク。個人として、CL通算60得点目だった。

    データを扱う『Opta(@OptaJean)』によれば、CL史で60得点以上を挙げる選手は4人だけだという。トップユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの121得点。2位にバルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ106得点で続く。

    3位はレアル・マドリーOBで元スペイン代表FWのラウール・ゴンザレス氏が打ち立てた71得点。節目の60得点を記録したベンゼマは歴代4位となる。

    ◆CL60得点以上の歴代選手
    【121】
    クリスティアーノ・ロナウド

    106
    リオネル・メッシ

    【71】
    ラウール・ゴンザレス

    【60】
    カリム・ベンゼマ

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】60発目のベンゼマがCR7、メッシ、ラウールに続く!】の続きを読む

    no title


    ドイツで大ブレイクしたサンチョや衰え知らずのメッシらにクローズアップ

     欧州サッカー界最高峰の舞台となるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16が、ついに現地時間12日にスタートした。さっそく激しいバトルが繰り広げられているが、このタイミングで英サッカー専門誌「フォーフォー・トゥー」の公式サイトでは「CLラウンド16での観戦が待ち切れない注目の11人」を紹介。ドルトムントイングランド代表FWジェイドン・サンチョら若手も選ばれるなか、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシスーパースターたちもクローズアップされている。

     注目の若手とサッカー界を引っ張ってきたスタープレーヤーが取り上げられている今回の企画。そのなかで若手の目玉と言えるのが、ドルトムントサンチョレアル・マドリードブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールだ。

     今季、欧州サッカー界で最もブレイクした若手と言えばサンチョが挙げられるだろう。ここまでブンデスリーガプレーした21試合で7得点11アシストを記録。その活躍もあってドルトムントは現在首位に立っており、2011-12シーズン以来のリーグ制覇へ前進している。チームにとって最優先事項はリーグ制覇となるが、CLの舞台でサンチョがどれだけ印象的なパフォーマンスを見せられるかは一つの見どころだ。

     そして4連覇を目指すレアルの注目は、ブラジル人アタッカーのヴィニシウスだ。フラメンゴから移籍し、ここまでリーグ戦で13試合に出場。巧みなドリブルで相手を翻弄するなど才能の片鱗を見せている。

    ロナウドが今季CLを制覇すれば… 元オランダ代表MFセードルフに次ぐ偉業

     一方、言わずと知れたスーパースターたちを忘れてはいけない。まずは今季の欧州5大リーグで最も得点を奪っているメッシだ。ここまでリーグ戦21試合で21得点をマークするアルゼンチン人アタッカーは年を重ねても全く衰える気配を見せない。15年以来のCL制覇に向けてラウンド16でリヨン撃破を目指す。

     また忘れてはならない男がもう1人いる。レアルでCL3連覇を達成し、今季からユベントスに加わっているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだ。

     新天地でゴールを積み重ねる男は、ここまでリーグ戦で17得点を奪取。すでにユベントスの中心を担っている。今季CL制覇を達成すれば、自身にとって4シーズン連続5度目の栄冠を勝ち取ることになる。さらに元オランダ代表MFクラレンス・セードルフに次いで、3つの異なるクラブでCLを制した2人目の選手になる。第一関門としてラウンド16ではアトレチコ・マドリードが立ちはだかるなか、偉業を成し遂げることができるだろうか。

    サッカー専門誌が選定した「CLラウンド16での観戦が待ちきれない11人の選手」

     英サッカー専門誌「フォーフォー・トゥー」が発表した「CLラウンド16での観戦が待ちきれない11人の選手」は以下のとおり

    ニコロ・ザニオーロ(ローマイタリア代表)
    タンギ・エンドンベレ(リヨンフランス代表)
    ヴィニシウス・ジュニール(レアル・マドリードブラジルU-20代表)
    ジェイドン・サンチョドルトムントイングランド代表)
    リオネル・メッシバルセロナアルゼンチン代表)
    マタイス・デ・リフト(アヤックスオランダ代表)
    ヤン・オブラク(アトレチコ・マドリードスロバキア代表)
    レアンドロ・パレデス(PSGアルゼンチン代表)
    ナビル・ベンタレブ(シャルケアルジェリア代表)
    ペペ(ポルトポルトガル代表)
    クリスティアーノ・ロナウドユベントスポルトガル代表)(Football ZONE web編集部)

    (左から)FWサンチョ、FWクリスティアーノ・ロナウド、FWメッシ、FWヴィニシウス【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】英誌が特集「CL注目の11人」 期待の超新星や個人4連覇の懸かるC・ロナウドの名も】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



     パリ・サンジェルマンPSG)のブラジル代表FWネイマールチャンピオンズリーグ(CL)制覇に意欲を示している。イギリス誌『FourFourTwo』が13日に報じている。

     PSGは13日、CL決勝トーナメント1回戦ファーストレグでマンチェスター・Uとアウェイで対戦。DFプレスネル・キンペンベとFWキリアン・ムバッペのゴールにより、PSGが2-0で勝利した。

     チームエースであるネイマールは右足第5中足骨の負傷で離脱を強いられている。先月30日、PSGネイマールの完治に約10週間かかると発表。しかし、同選手はCL制覇に意欲を示している模様だ。次のように意気込みを述べている。

    PSGはCLで優勝するだろう。PSGは僕だけでなく、素晴らしい選手と監督を擁する素晴らしいチームだよ。僕達がチャンピオンになることに疑いの余地はないね」

     また、自身の負傷状況について「まだ治療は始まったばかり。長い道のりだけど日々良くなるよ」と述べ、「僕のそばには素晴らしい専門家がいて、クラブの支えや世界中のファンからのサポートがある。神様に感謝しているよ」と話す。

     PSGは17日にアウェイでサンテティエンヌと対戦する。また、マンチェスター・Uとのセカンドレグは3月7日に行われる。

    CL優勝に意欲を示すネイマール [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】「PSGが優勝するだろう」…負傷離脱中のネイマールがCL制覇に意欲】の続きを読む

    このページのトップヘ