Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: カップ戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



     ユヴェントスイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが、2016-17シーズンチャンピオンズリーグ(CL)決勝について振り返った。25日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

     2017年のCL決勝はウェールズのカーディフで行われ、準々決勝でバルセロナを下したユヴェントスと、決勝トーナメントバイエルンアトレティコ・マドリードなどを下してきたレアル・マドリードが相まみえた。試合は20分にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドゴールを決めて、レアルが先制する。ユヴェントスはその後クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチが1点を返して同点のまま前半を終えるが、後半に入って61分と64分に立て続けに失点。90分にもダメ押しゴールを喫して4-1で敗北した。

     キエッリーニは当時を振り返り、「何もおかしいことはなかった。僕たちはただ疲れていただけなんだ」とコメント。「どうして僕たちは戦うことをやめてしまったのか? なんのために? 僕たちは3-0で負けていたわけじゃなかったし、当時でさえ意味が分からなかったよ」と自問自答した。

     また、1-1のドローで折り返しハーフタイムには「センセーショナルなことは起きなかった。誰も戦っていなかった」という。さらに「疲れていたから負けてしまった。決勝は常に僕たちにとっては遅すぎるんだ」と日程によるモチベーションや状態管理の難しさを語った。

    「僕たちは前半の後、本当に疲れていた。マンジュキッチなんてほとんど歩けていなかったし、(ミラレム・)ピアニッチも同じような感じだったよ」

     キエッリーニが何度も強調したように、準々決勝でバルセロナを倒したユヴェントスさえ前半のうちに疲れさせてしまう圧倒的な強さがレアル・マドリードにあったことは間違いないだろう。

    2017年、CL決勝で敗退したユヴェントス [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】キエッリーニ、2017年CL決勝の敗因は「前半のうちに疲れてしまっていた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    レアル・マドリースペイン代表DFセルヒオ・ラモスクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、2014年チャンピオンズリーグ(CL)決勝での劇的ゴールを振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。

    マドリーは2014年5月24日ポルトガルの首都リスボンで行われたCL決勝でアトレティコ・マドリー相手に4-1で勝利。前人未到となる10度目のCL制覇という偉業を成し遂げ、サッカー界の歴史に新たな1ページを刻んだ。

    当時カルロアンチロッティ監督(現エバートン)に率いられていたマドリーは、終始アトレティコを攻め続けていたものの、得点では後半アディショナルタイム2分まで0-1とリードを許していた。

    しかし迎えたアディショナルタイム3分、コーナーキックチャンスを得たマドリーは、モドリッチが絶妙なボールを上げると、セルヒオ・ラモスが見事なヘディンシュートを決め、土壇場で同点に。首の皮一枚繋がったマドリーは、延長戦でのFWガレス・ベイル、DFマルセロ、FWクリスティアーノ・ロナウドの得点で試合を決定付けた。

    このゴールについて、セルヒオ・ラモスとモドリッチがクラブ公式のインタビュー振り返りセルヒオ・ラモスはこのゴールを「歴史的ゴール」として改めて喜びを語った。 

    「一言で表すなら“歴史的"だ」

    「“リスボン"という言葉を聞いてまず初めに頭に浮かぶのは、CLのトロフィーだ。それを目標に何年も戦ってきたし、僕にとって初めての決勝となったが、楽しむことができ、そして優勝することができた」

    「家族のことや、それまでの長い間の努力や払ってきた犠牲について考えたよ。ついにトロフィーを掲げ、自分が築いた実績にCL優勝を追加できるという喜び。これこそがフットボール美しいところだ」

    「試合の最後まで戦うというレアル・マドリーDNAについても考えたね。少しのチャンスさえあれば、1分であろうと1秒であろうと、可能だと信じて戦うんだ」

    また、同点弾に繋がったコーナーキックについてもキッカーだったモドリッチが回想。何度も練習したプレーだったとして、落ち着いてボールを蹴ることができたと語った。

    「(アディショナルタイムに入っても)僕らにボールが来ると信じていたから、とても落ち着いていた」

    「セルヒオが良いエリアにいたし、ポジショニングも良かった。彼がジャンプしてゴールを決めた瞬間は歴史的瞬間だったよ」

    シーズン中あのコーナーは何度も練習していたんだ。CLのバイエルン戦でもやっていたし、リーガの何試合かでも成功していた」

    「あのエリアに、良いボールを入れることが重要だったんだ。僕たちは何度も練習したよ。そこでセルヒオが素晴らしい走り込みを見せて、完璧なゴールを決めたんだ」

    ラモス自身もこのヘディングについて振り返り、この歴史的ゴールの詳細についてコメントした。

    素晴らしいディングになったよ。思った通りに実行できた。ジャンプゴールからの距離、ゴールを守っていたのがティボー(・クルトワ)だった」

    「僕がヘディングで狙った場所が唯一ゴールに入る場所だったと思う。モドリッチのボールも素晴らしかった」

    バックポスト側でボールを待ったんだ。そっち側にほとんどの選手が集まっていたから、マークへのブロックが簡単にできるしね」

    「僕のマークにはゴディンがついていて、ベイルロナウドも近くにいた」

    「僕はバックポストに走り出してから、インサイドに急転換したんだ。この1/10秒くらいの間にゴディンの前に出た。多くの選手がそこにいて、同時に動いていたから彼は僕の動きに反応できなかった」

    「この時に生まれた1メートルスペースによって僕はフリーでペナルティスポット付近まで入ることができ、ほぼフリーの状態でヘディングができた。完璧なゴールを93分に決めて、試合を振り出しに戻すことができたんだ」

    「歴史的でマジカルな瞬間だった。マドリーはマジカルな世界だし、その一員になれて幸運に思うよ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】前人未到“デ・シマ達成の布石となった2014年CL決勝AT弾をセルヒオ・ラモスとモドリッチが語る「歴史的でマジカル」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    マンチェスター・シティに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シウバが、チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16突破へ意気込みを語っている。

    2月26日に行われたレアル・マドリーとの1stレグで先勝を収めたシティ。60分に先制点を許したが、78分と83分に得点を奪い、アウェイながら2-1で逆転勝利を収めていた。

    だが、3月12日に予定されていたホームでの2ndレグは新型コロナウイルスの感染拡大により延期に。UEFA(欧州サッカー連盟)は8月末までに全てのコンペティションを終了させると宣言しているが、再開の目処は立っていない。

    そんな中、B・シウバスペイン『アス』の取材で、シティがベスト8進出に向けて有利な立場にいるとしながらも、相手はあらゆる可能性を秘めた驚異的なチームであると気を引き締めている。

    「全てがオープンだよ。マドリーのようなチームと対戦する時、確実なものなんて何もないんだ。ここ数年で追い付くシーンを何度も見てきたからね」

    「良い結果だったね。準々決勝に進むために絶好のポジションに立つことができた。次もタフな試合になるだろうから、良いプレーをして集中力を維持し続けなければならない」

    「過去3年間でイングランドのすべてのタイトルを勝ち取った。昨シーズンは4つすべて制覇したね。今シーズンスーパーカップとEFLカップを獲った。残りのFAカップも優勝できると良いね」

    「CLはクラブや選手、そしてジョゼップ・グアルディオラ監督が獲得を熱望するタイトルだ。厳しい大会であることは分かっているけど、そのために戦うよ」

    「CLを13回も制覇しているマドリーよりはるかに少ないチームを評価することはできない。この大会においてマドリーより経験があるチームは他にないからね。すでに彼らに勝った気でいてはダメなんだ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】CLラウンド16突破へ! B・シウバ、マドリーを警戒「彼らは何でも起こす」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.soccer-king.jp)



    かつてヴィッセル神戸にも所属したルーカス・ポドルスキ。現在はトルコアンタルヤスポルに所属している。

    彼は2012年ケルンからアーセナルに加入し、2年半に渡ってプレミアリーグプレー2013年ウェストハム戦では代名詞の左足からこんなゴールも。

    無回転の強烈ハンマーショット

    彼は今回『Sky』のインタビューで古巣アーセナルについて以下のように話したという。

    ルーカス・ポドルスキ

    アーセナルが持っているポテンシャルからすれば、十分ではないね。それは彼ら自身もわかっていると思うよ。

    ポテンシャルがあり、歴史があり、施設がある。おそらくお金もあると思う。

    アーセナルのようなクラブは毎年チャンピオンズリーグに出なければならない。もちろんプレミアリーグは厳しいものだし、格下との対戦も難しい。

    それは他のリーグにはないものだ。2~3チームタイトルを闘っているようなリーグとはね」

    メスト・エジルについては、私にとっては議論に値しないことだよ。彼は間違いなく偉大な選手だ。

    サッカーでは時にコーチとの間に問題を抱えたり、怪我があったりするものだ。そのような状況に対処しなければならない。

    エジルとアルテタの関係は、ウナイ・エメリのときよりは良くなっていると思うよ。彼らはともにプレーしていたし、お互いによく知っている。

    エジルはピッチに戻ってきているし、徐々に良くなっているところも見えた。前の監督の時よりね。

    監督との問題を抱えたとき、それを解決できないこともあるものさ。彼はサッカーについて別の見方をする。

    アルテタがアーセナルに戻ってきてから、チームは遥かに組織化され、より多くの闘争心と規律を備えたように見える。

    これからの数年間、アーセナルがいいチームを作れることを祈るよ。それは可能だ。ただ、もちろん団結して働かなければならないけどね」

    【関連記事】アーセナル、ここ30年の「最強ストライカー」TOP5

    今の結果には誰も納得していないが、アルテタ監督に変わってから徐々に良くなっているようにみえる…とのこと。

    ポドルスキ、古巣アーセナルに「毎年CLに出ないと…」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】ポドルスキ、古巣アーセナルに「毎年CLに出ないと…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



     ユヴェントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニレアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスについて語った。スペイン紙『マルカ』が16日に伝えている。

     『マルカ』はキエッリーニの自伝の一部を抜粋。キエッリーニラモスについて「彼は最高のディフェンダー」と称賛し、「彼は戦術的ではなく、衝動的に動いている。彼のミスでシーズンごとに8から10ゴールを奪われるだろうが、彼はテクニカルで僕とは正反対だ」と述べている。

     また、キエッリーニは、2018年チャンピオンズリーグ(CL)決勝レアル・マドリードリヴァプールの試合を振り返りリヴァプールエジプト代表FWモハメド・サラーラモスの試合中の交錯について述べた。

    「彼には誰にも持っていない2つの特徴がある。彼はビッグゲームで決定的なやり口を知っている。ロジカルなことを超え、相手のケガを引き起こしさえする。2018年のCL決勝でラモスがサラーにしたことは”見事な腕前”だった。彼は故意ではないといつも言っているが、自分の手を離さなかったから腕を折る危険を冒した」

     キエッリーニは、レアル・マドリードでのラモスの役割を称賛。「ラモスなしでは、ラファエルヴァランやダニエル・カルバハル、マルセロのようなチャンピオンでも学生のように見える」として、「レアル・マドリードは突然衰え、無防備なチームになるだろう」と述べている。

     2019年のCL決勝トーナメント1回戦・セカンドレグでレアル・マドリードアヤックスと対戦。ラモスはこの試合には出場せず、レアル・マドリードは1-4(2試合合計3-5)で敗退した。キエッリーニは「彼がベルナウドにいるなら、レアル・マドリードアヤックスに負けることはなかっただろう」とレアル・マドリードの敗因を述べた。

    ラモスについて述べたキエッリーニ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】キエッリーニ、昨年CLのレアル敗退を回想「ラモスがいれば負けることは…」】の続きを読む

    このページのトップヘ