Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: カップ戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の組み合わせ抽選会が14日に行われた。

    8つのカードが決まった中、最も注目を集めているのが昨季ファイナリストのパリ・サンジェルマンPSG)とバルセロナカードだ。互いに国内リーグでは例年になく苦しむ両チームだが、このラウンド随一のビッグマッチ実現となった。


    これまで両者が公式戦で相まみえたのは11回。通算ではバルセロナが5勝3分け3敗と勝ち越している。

    初対戦は1994-95シーズンのCL準々決勝。当時のバルセロナヨハン・クライフ氏に率いられた“エル・ドリームチーム”として知られていたが、前シーズン程の輝きを見せられず、FWロマーリオも冬に退団するなど、苦しいシーズンだった。

    一方のPSGは、FWジョージ・ウェアやMFライーといったスター選手を擁しクラブ黄金期を迎えていた。

    この時はカンプ・ノウでの1stレグを1-1で引き分けると、2ndレグではライーが1ゴール1アシストの活躍を見せ、PSGが準決勝に駒を進めていた。ちなみに、カンプ・ノウで行われた1stレグは約115,000人もの観客を集め、CLになってからの最多観客動員試合とされている。

    その後、1996-97シーズンカップウィナーズカップ決勝でも対戦、その時は当時バルセロナの“怪物”ロナウドの活躍でバルセロナが勝利している。

    PSG2000年代に入ると低迷。ヨーロッパの舞台から離れたが、2012年にナセル・アル=ケライフィ会長が就任して以降は一変。CLの常連となり、バルセロナとの対戦機会も大きく増えた。

    まずはその2012-13シーズンジョゼップ・グアルディオラ監督が退団して初めてのシーズンバルセロナに対し、FWズラタン・イブラヒモビッチらが奮闘するも、2戦合計3-3、アウェイゴール差でバルセロナが準決勝へと駒を進める。

    そして、2014-15シーズンにはグループステージで同居。そこでは1勝1敗と両者譲らずの結果となると、準々決勝で再戦。FWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレス、FWネイマールという強力3トップを形成したバルセロナが違いを見せつけ、アウェイでの1stレグを1-3で勝利。カンプ・ノウでも2-0で勝利し、盤石な戦いを見せていた。

    両者の直近の戦いは2016-17シーズン。その激戦は記憶している方も多いのではないか。ラウンド16でぶつかると、まずはパルク・デ・プランスで行われた1stレグで、PSGが4-0の大勝。まさかのワンサイドゲームに、多くの人がバルセロナの敗退を予想した。

    しかし、カンプ・ノウで行われた2ndレグでバルセロナの攻撃陣が爆発。後半序盤までに3点を返すと、PSGに1点を返されるも、87分、ボックス左からのFKをネイマールが直接決めて点差を縮め、その2分後にはスアレスが倒されて得たPKを沈めて1点差に詰め寄る。そしてアディショナルタイムラストプレーネイマールが相手守備陣とGKの間にロングパスを送ると、途中出場のMFセルジ・ロベルトがボレーで合わせ、大逆転勝利を収めた。

    この試合は「カンプ・ノウの奇跡」とも称されており、実際に1stレグを4-0で落としながらも逆転に成功したのはCL史上初だった。

    カンプ・ノウの奇跡」から4年、当時のバルセロナ救世主となったネイマールPSGエースだ。バルセロナサポーターのみならず、世界中のファンからみても興味深い試合になるだろう。

    ラウンド16は、1stレグは2月16日、17日および23日、24日、2ndレグは3月9日、10日および16日、17日とまだまだ先の話だが、今から楽しみだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】ラウンド16屈指の好カード、バルセロナvs PSGの対戦成績は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    マンチェスター・シティジョゼップ・グアルディオラ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)で対戦が決まったボルシアMGについて言及している。イギリスミラー』が伝えた。
     
    CLラウンド16の組み合わせ抽選会が14日に行われ、シティはボルシアMGと対戦することが決定。同じドイツ国内のバイエルンを指揮していた時代から対戦する機会のあったグアルディオラ監督は、同クラブの歴史やスタイルに敬意を表した。
     
    「私は彼らがいかに巨大で重要で歴史的なクラブであるかをドイツで学んだ。私も非常に尊敬するクラブで、美しいサッカーをしている」

    またグアルディオラ監督は、ボルシアMGの今季CLでの戦いについても言及。レアル・マドリーインテルといった強豪ひしめくグループを突破してきたことに警戒を強め、最高な状態で試合に臨まなければならないと語った。

    「彼らはタフなグループを突破した。それもレアル・マドリーを倒したシャフタール・ドネツク相手に2度も見事な試合を収めながらね。できる限り最高のコンディションで望まなければならないだろう」

    「彼らの試合のハイライトは見た。それがあのチームの姿を正しく映したものではないだろうが、我々も早い段階から準備を始めなければならない」
     
    8季連続での決勝トーナメント進出となったシティ。悲願のCL制覇のため、まずはドイツの名門を退け、準々決勝へ駒を進めることは出来るだろうか。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】グアルディオラがCLで対戦決定のボルシアMGに言及「とても尊敬しているクラブ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



     フランスサッカー専門誌『フランスフットボール』は14日、“バロンドールドリームチーム”を発表した。

    フランスフットボール』は今年、新型コロナウイルスの影響により例年どおり試合が行われていないことから、世界年間最優秀選手に贈るバロンドールを中止。その代わりに、過去のレジェンドたちを含む歴代ベストイレブンを選出し、“バロンドールドリームチーム”として発表した。

     ベストイレブンは3-4-3のフォーメーションで、世界140人のジャーナリストによる投票で選出された。現役選手ではアルゼンチン代表FWリオネル・メッシポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの2選手が名を連ねた。その他、GKで唯一のバロンドーラーである元ソビエト連邦代表のレフ・ヤシン氏をはじめ、11月末に亡くなったレジェンドのディエコ・マラドーナ氏、サッカーの王様として知られるペレ氏などそうそうたるメンバーが選ばれた。

    ■“バロンドールドリームチーム
    ▼GK
    レフ・ヤシン(元ソビエト連邦代表)

    ▼右サイドバック
    カフー(元ブラジル代表)

    ▼左サイドバック
    パオロ・マルディーニ(元イタリア代表)

    センターバック
    フランツ・ベッケンバウアー(元ドイツ代表)

    ▼守備的MF
    ローター・マテウス(元ドイツ代表)
    シャビ(元スペイン代表)

    ▼攻撃的MF
    ペレ(元ブラジル代表)
    ディエコ・マラドーナ(元アルゼンチン代表)

    ▼右FW
    リオネル・メッシアルゼンチン代表/バルセロナ

    ▼左FW
    クリスティアーノ・ロナウドポルトガル代表/ユヴェントス

    センターFW
    ロナウド(元ブラジル代表)

    バロンドール・ドリームチームが発表された [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】歴代ベスト11の「バロンドール・ドリームチーム」が発表!…現役はC・ロナウド&メッシ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    欧州サッカー連盟UEFA)は14日、UEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメントに向けた組み合わせ抽選会を行った。

    その結果は以下の通りとなった。

    2016-17シーズンに伝説的な「4-0からの6-1で大逆転」となったバルセロナパリ・サンジェルマンが再び対戦!「カンプ・ノウの奇跡」と呼ばれたあの試合から4年、PSGにとってはリベンジマッチとなるはずだ。

    また、南野拓実が所属しているリヴァプールは、ナビ・ケイタの古巣でもあるRBライプツィヒと対戦。同じ系統の戦術を使っているチームだけに、なかなかおもしろい対戦になりそうだ。

    【写真】独断と偏見で選ぶ!「勝手にバロンドール2020」

    なお、ベスト16の試合は2月16~17日、23~24日に1stレグが、3月9~10日、16~17日に2ndレグが行われる予定となっている。

    バルサvsPSGが再び実現!CLベスト16組み合わせが決定


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】バルサvsPSGが再び実現!CLベスト16組み合わせが決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    8、9日にかけてチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ最終節が行われ、決勝トーナメントに駒を進める16チームが出揃った。

    ラウンド16の組み合わせは14日に抽選会が行われて決定する中、個人成績でも熾烈な争いが繰り広げられている。



    グループステージ(6試合)が終わった段階で、アーリング・ハーランド(ドルトムント)、アルバロ・モラタ(ユベントス)、マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)、ネイマール(パリ・サンジェルマン)が6ゴールを挙げて得点ランキングトップに並んでいる。

    しかし、ラッシュフォードが所属するマンチェスター・ユナイテッドグループステージでの敗退が決定。得点王獲得はなくなったと考えて良いだろう。また、PSGネイマールも13日のリーグ戦で負傷交代しており、心配が集まるところだ。

    その4人に続いて、オリヴィエ・ジルーチェルシー)、チーロ・インモービレ(ラツィオ)、アラサン・プレア(ボルシアMG)の3人が5ゴールで並んでいる状況だ。

    シーズンの得点王であるバイエルンポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、チームが早々に首位通過を決めたこともあってか、4試合の出場に終わりゴールも「3」とここまでは大人しい状況だ。

    また、レヴァンドフスキが得点王に輝いた昨シーズンまで、12年にわたって得点王をほぼ独占してきたユベントスクリスティアーノ・ロナウドバルセロナリオネル・メッシは、それぞれ4試合出場で、C・ロナウドが4ゴールメッシが3ゴールとなっている。

    チームの成績にも左右されるCL得点王だが、今シーズンも新たな名が刻まれることになるのか。それとも、実力者が決勝トーナメントで巻き返すのか。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】今年は混戦模様?C・ロナウドとメッシが出遅れたCL得点王争いの行方は?】の続きを読む

    このページのトップヘ