Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: カップ戦



    (出典 contents.gunosy.com)



    バルセロナのフィリペ・コウチーニョ 写真:fcbarcelona.com

     バルセロナブラジル代表FWフィリペ・コウチーニョは現地時間16日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ・マンチェスター・ユナイテッド戦で見せたジェスチャーについて言及しているようだ。21日、スペイン紙『マルカ』がこれを伝えている。

     コウチーニョは今季ここまで公式戦32試合に先発出場するものの11ゴール5アシストにとどまるなど周囲からの期待に反するパフォーマンスに終始していることから、批判の声があがっている。

     その中、同選手はバルセロナの本拠地のカンプ・ノウで行われたユナイテッド戦に先発出場を果たすと、2-0で迎えた61分に準決勝進出を決定づける3点目を叩き出した。

     ただコウチーニョはゴール直後に両人差し指で耳を塞ぐ仕草を見せており、これがサポーターからの批判を助長させるものとなっており、物議を醸していた。

     同選手は20日に行われたラ・リーガ第33節・レアル・ソシエダ戦後にこのジェスチャーに関する質問を受けると「僕はいつも誰に対しても敬意を払う人間であり続けている」とコメント

     さらにコウチーニョは「このセレブレーションについて本当のことを話すと、目の前の試合や自分自身の仕事にフォーカスするために周囲の音を遮らなければならなかった。あの音が自分(のプレー)に影響を与えないようにするためにもね」と語っており、決してスタジアムに詰めかけたファンに対して否定的な反応を示したわけではないと説明している。

     国内メディアの間で今シーズン終了後にバルセロナがコウチーニョを放出するという噂が駆け巡る中、果たして同選手を取り巻く状況は今後どのように変化するのだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】コウチーニョ、CLユナイテッド戦での耳塞ぎパフォーマンスを釈明 「試合や自分の仕事にフォーカスするために…」】の続きを読む

    no title


    スターリング、ネレス、コウチーニョのゴラッソを抑え… メッシの一撃が受賞

     バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、現地時間16日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦マンチェスター・ユナイテッド戦(3-0)で圧巻のドリブル弾を決めた。4年ぶりのベスト4進出に大きく貢献した一撃が、CL公式インスタグラムで“週間最優秀ゴール”に選出されている。

     メッシは0-0で迎えた前半16分、右サイドで相手DFアシュリーヤングのスライディンタックルを軽妙にかわすと、詰めてきたMFフレッジの股下をワンタッチで抜いて置き去りにする。最後はカットインしながら対面した相手DFクリス・スモーリングの前で左足を振り抜き、ゴール左隅を射抜いた。

     CL公式インスタグラムメッシの鮮烈弾を含め、マンチェスター・シティイングランド代表MFラヒーム・スターリングトットナム戦(4-3)で決めた先制弾、アヤックスブラジル代表FWダビド・ネレスがユベントス戦(1-1)で決めた同点弾、バルセロナブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョがユナイテッド戦で決めたミドル弾を「ゴール・オブ・ザ・ウィーク」の候補にしていた。

     そのなかでメッシの一撃が最優秀ゴールに選出され、CL公式インスタグラムの投稿には、「メッシで間違いない」「やはり史上最高だ」「まさにふさわしい」「これこそが史上最高の理由」「誰も止められない」「ユナイテッドを崩壊させた」「メッシとコウチーニョのゴールが圧倒的だ」「史上最高が絶好調」とファンからコメントが寄せられていた。

     ユナイテッド戦で2ゴールを決めたメッシは大会10ゴールでCL得点ランキング首位。堅守を誇るリバプールとの準決勝でもエースの存在が違いを生み出すことになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

    マンU戦で2ゴールを挙げたFWメッシ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】メッシ、圧巻ドリブル弾が貫禄のCL週間最優秀ゴール 「これこそが史上最高の理由」】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



     マンチェスター・Cジョゼップ・グアルディオラ監督がチームへの批判を受けてコメントした。イギリスメディアスカイスポーツ』が19日に伝えている。

     マンチェスター・Cは17日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグでトッテナムに4-3で勝利したが、2試合合計4-4のアウェイゴール差で準決勝進出を逃した。この敗戦に批判も集まったが、グアルディオラ監督は『スカイスポーツ』に対して「とても難しい状況だ。なぜ皆がこのチームの精神的な強さを疑うのか理解できない。我々はリーグで昨シーズンからすでに勝ち点183ポイントも獲得している」とチームへの批判に反論した。

    「この記録(2シーズンで勝ち点183)は打ち破られることはないだろうね。それにこの記録は強靭なメンタル無しで成し遂げられるものではないよ」

     マンチェスター・Cは20日、プレミアリーグ第34節でトッテナムと対戦する。勝てば再び首位に躍り出るこの一戦は日本時間20日午後8時30分にキックオフを迎える。

    マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督 [写真]=Man City via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】グアルディオラ、チームへの批判に反論「なぜメンタルの強さを疑うんだ?」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    CLユナイテッド戦でゴールを決めた後に見せた耳を塞ぐパフォーマンスが物議も…

     バルセロナは4シーズンぶりとなるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出を果たし、リーガ・エスパニョーラスペイン国王杯の3冠獲得の可能性に一歩ずつ近づいている。ただ、そんななかで少々気になるのが、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの立ち位置だ。CLでゴールを決めた後の“耳塞ぎパフォーマンス”の意図を、自身のインスタグラムで説明したとスペイン紙「マルカ」が伝えている。

     現地で話題となっているのは、マンチェスター・ユナイテッドとの第2戦での行動だ。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの2ゴールリードしたバルサは、後半16分にスペイン代表DFジョルディ・アルバの落としを受けると、カットインから巻き込むようなシュートゴール右隅に突き刺した。

     リバプール時代から得意の形だったファインゴールで試合を決め、9万人以上の観客が詰めかけた本拠地カンプ・ノウは大いに沸いた。しかしコウチーニョはその歓声を浴びるのではなく、耳を塞ぐようなしぐさを見せたのだ。

    「僕らを“やる気にさせたい”人たちの言葉には、耳を傾ける必要はないと思う。彼らのしゃべることは、僕らの本当の目的から逸れていくからだ。僕はフットボールの内側、外側にいる誰かに対して敬意を欠いたことは決してないんだ」

    「僕はいつも野心を持って、未来を楽しんでいる」

     コウチーニョは2018年1月の移籍市場でバルサに加入して以降、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(現ヴィッセル神戸)の後釜候補として大きな期待を背負った。ただベストポジションが見つからず、リバプール時代のような躍動を見せられていないこと、プレミアリーグへの復帰などが取り沙汰されていた。その報道や世間の声に対して、思うところがあったのだろう。

    「僕はいつも野心を持って、未来を楽しんでいる」

     コウチーニョはこのようにも語っている。CL準決勝では古巣リバプールとの対決となる。ユルゲン・クロップ監督率いるチームとの対決で、本領発揮となるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    バルセロナMFコウチーニョ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】バルサMFコウチーニョ、渦中のゴールパフォーマンス弁明 「敬意を欠いたことはない」】の続きを読む



    (出典 liverpool.tokyo)



    [19日 ロイター] - サッカーイングランドプレミアリーグリバプールのMFジェームズ・ミルナーは、欧州チャンピオンズリーグ(CL)の準決勝で対戦する強豪バルセロナスペイン)撃破に自信を見せた。

    準々決勝でポルトポルトガル)を下したリバプールは、5月1日に敵地カンプノウで、同7日に本拠地アンフィールドバルセロナと激突する。

    ミルナーは報道陣に対し、「私たちはバルサを撃破できるが、それが難しいことであることも分かっている」とコメント。「カンプノウはファンタスティックなスタジアムで、素晴らしい雰囲気に満ちた場所。私たちはベストを尽くさねばならないが、相手にとってもそれはタフなことだろう」と、敵地での第1戦の厳しさを強調した。

    その一方でミルナーは「ここ数年、われわれがCLで倒してきた相手を考えれば、自信を持って臨めるだろう。それがどんなにタフであろうとも」とも語り、打倒バルサへの意気込みを示した。

     4月19日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、リバプールのMFジェームズ・ミルナー(写真中央)は、CL準決勝で対戦する強豪バルセロナ撃破に自信を見せた。ポルトガルのポルトにて17日撮影(2019年 ロイター/Miguel Vidal)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【UCL】ミルナー、バルサ撃破へ「自信を持って敵地に」】の続きを読む

    このページのトップヘ