Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: カップ戦



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/11(日) 23:06:14.25 ID:CAP_USER9.net

    欧州サッカー連盟(UEFA)は、メディアで報じられた「欧州スーパーリーグ」構想に対抗するための改革案のひとつとして、チャンピオンズリーグ(CL)の試合を週末に開催することも検討しているという。スペイン紙『アス』が11日付で伝えている。

     以前からたびたび話題となっていたスーパーリーグ構想の実現に向け、水面下で具体的な交渉が行われていることを示す情報がリークされたと先日報じられた。その構想によれば、バルセロナやレアル・マドリーなどを含めた欧州のエリートクラブは、各国リーグやCLから離脱して独自のリーグを立ち上げるとされている。

     当然ながらこの構想に対抗する立場となるUEFAは、CLの魅力を高めるための方策として、試合を週末に開催することも検討しているとスペイン紙は伝えている。現状では決勝を除く試合は火曜日と水曜日に開催されているが、CLの試合を週末に開催し、各国リーグの試合をミッドウィークに開催させる考えだという。

     各国リーグにとっては受け入れがたい案であることは想像に難くない。スペイン、イングランド、ドイツ、イタリアの主要リーグでは、UEFAに対して「週末を明け渡す」ことに反対する合意を交わしているとも報じられている。

     スーパーリーグ構想に対しては、国際サッカー連盟(FIFA)も反対する立場を取っている。FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は、スーパーリーグに参加するクラブの選手はワールドカップなど代表チームの国際大会への出場を認めないという考えを示した。

    11/11(日) 21:02 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181111-00296719-footballc-socc


    【【海外サッカー】<UEFA>チャンピオンズリーグの試合を週末に開催も?欧州スーパーリーグ構想への対抗策として検討!】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    1 Egg ★ :2018/11/11(日) 13:34:25.96 ID:CAP_USER9.net

    鹿島アントラーズは現地時間10日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝、ペルセポリスとの敵地第2戦に0-0で引き分け、2戦合計2-0で悲願のアジア制覇を果たした。試合後に行われた表彰式では大会MVPが発表され、7日に日本代表に初選出されたばかりのFW鈴木優磨が受賞した。

     22歳の鈴木はこの日も先発出場し、後半33分までプレー。得点には絡めなかったものの、前線で巧みにボールをキープするなど存在感を発揮した。

     今大会を通じては全14試合に先発出場。前線の軸としてプレーし、2得点をマークした。

     ACLでの日本人選手の大会MVP受賞はこれで4人目。2007年の永井雄一郎(浦和)、08年の遠藤保仁(G大阪)、17年の柏木陽介(浦和)に次ぐ栄誉となった。

     今月16日のベネズエラ戦(大分)、20日のキルギス戦(豊田)に向けて、森保一監督率いる日本代表に初招集された若きストライカーが、ACLのMVPという勲章を引っ提げて合流する

    11/11(日) 2:25 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181111-00147042-soccermzw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【ACL】<FW鈴木優磨>ACLのMVP受賞!日本人選手として史上4人目。全14試合にスタメン出場、前線の軸として奮闘し2得点をマーク】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/11(日) 06:17:41.11 ID:CAP_USER9.net

    🎉鹿島 アジアチャンピオンズリーグ優勝!

    11/11(日) 1:52配信
    鹿島、クラブ史上初のACL優勝! 悲願のアジア制覇で節目の“20冠”達成!


     AFCチャンピオンズリーグ決勝第2戦が10日に行われ、ペルセポリス(イラン)と鹿島アントラーズが対戦した。

     今月3日、鹿島のホームで行われた決勝第1戦はレオ・シルバとセルジーニョの得点で2-0と先勝した。2点のアドバンテージがあるため、引き分け以上で文句なしの優勝。1点差以内の負け、1点以上を奪っての2点差負けでもクラブ史上初のACL制覇が決まる。

     前半はホームの大声援を受けるペルセポリスが攻勢に出るも、GKクォン・スンテの好セーブでゴールを許さず。後半も粘り強い守備で最後まで得点を与えず、決勝第2戦はスコアレスでタイムアップ。

     この結果、2試合合計0-2で鹿島がクラブ史上初のACL制覇を成し遂げた。現行のACLでは浦和レッズ、ガンバ大阪に続き3クラブ目のアジア制覇。昨年は浦和がACLを制しており、Jリーグ勢連覇となった。また鹿島は今回のタイトルで節目の20冠を達成している。

     鹿島はアジア王者として12月12日から22日までUAE(アラブ首長国連邦)で開催されるFIFAクラブワールドカップ2018への出場が決定した。

    【スコア】
    ペルセポリス 0-0(2試合合計 0-2)鹿島アントラーズ

    【スターティングメンバー】
    鹿島(4-4-2)
    クォン・スンテ:西大伍、チョン・スンヒョン、昌子源、山本脩斗:三竿健斗、レオ・シルバ、土居聖真(68分 安西幸輝)、安部裕葵(90+3分 金森健志):セルジーニョ、鈴木優磨(78分 永木亮太)

    11/11(日) 1:52配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00861106-soccerk-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1:2018/11/11(日) 01:52:18.79
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541872363/


    【【ACL】<鹿島アントラーズ>クラブ史上初のACL優勝!悲願のアジア制覇で節目の“20冠”達成!】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/08(木) 22:22:25.12 ID:CAP_USER9.net

    国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長は、22年ワールドカップ(W杯)カタール大会から出場国が48チームに増えても開催期間は28日間のままであると話したと、8日にスカイスポーツ電子版が報じた。

    全部で80試合が行われることから、1日で6試合消化されることが予想される。同W杯は11月21日から12月18日に開催予定。FIFAは現行の32チームから48チームに出場国を増やすかどうか、来年3月に決定を下す。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00386377-nksports-socc


    【【W杯】<FIFA会長>22年W杯は出場国増も期間変わらず!全部で80試合!1日で6試合消化されることが予想】の続きを読む



    (出典 www.jfa.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/10(土) 07:10:22.71 ID:CAP_USER9.net

    鹿島が1点でも奪えば相手は4点以上奪わなければならない状況

    予想フオーメーション

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    楽観視はできない。悲願のアジア王座を懸け、鹿島が臨む11月10日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦、ペルセポリス(イラン)戦。長距離移動に5時間半の時差、標高約1200メートル、そして空気がのどにはりつくアウェーのテヘランに舞台を移す。そこにそびえ立つアジア最大級のアザディ・スタジアムで待つのは、8万人とも言われる大観衆。2点のアドバンテージなぞ無効化されかねない異様な雰囲気を放つ。9日に行われた前日記者会見。大岩剛監督は「アウェーは難しいもの。(相手ファンの)人数と声の大きさでピッチ上ではコミュニケーションが取れないかもしれない。ジェスチャーなども含め、しっかり会話を成立させたい」と警戒した。
     
     条件が有利なのは確かだ。第1戦は複数得点を奪い、アウェーゴールも許さない2-0の完勝。勝利と引き分けはもちろん、1点差の敗戦や1点以上を奪っての2点差負けでも栄冠に届く。ただ、敵地ゆえの不安要素を考慮しないのは早計。指揮官も「0-0という意識で、立ち上がりからアグレッシブに試合に入りたい」と警戒する。
     
     相手は複数ゴールを奪うしか道はない。今大会5勝1分けで負けなしのホームという地の利も得て、一気呵成に出てくることは火を見るより明らかだ。第1戦で能力の高さは示した昨季国内リーグ得点王のFWアリプールらに対し、昌子源、チョン・スンヒョンの両センターバックが目を離さないのは絶対。ライン設定を高くすることはこぼれ球の回収率を高め、さらに相手のパスの出どころにも当たりやすくなる。監督は「しっかりした守備から効率良く得点することで、相手に焦りを与えたい」と絵図を描く。
     
     この11日間で4試合をこなす過密日程だが、状態に不安はない。11月6日のJ1リーグ32節・柏戦はACLシフトを敷き、先発メンバー全員をターンオーバーして3-2。きっちり主力を温存したうえで、公式戦3連勝を手にした勢いもある。想定される第2戦の布陣は、第1戦と同じメンバー。攻撃の核は、5試合連続ゴール中のセルジーニョと、今大会全13試合に先発出場する鈴木優磨の2トップだ。そもそも鹿島は1点でも奪えば、ペルセポリスは4点以上を奪うしかない状況に追い込まれる。日本代表初招集と勢いに乗る22歳の鈴木も「あすも、いつも通りチームを助けられるプレーをして、最終的にチームが勝っていればいい」と頼もしい。
     
    11/10(土) 6:45配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181110-00050048-sdigestw-socc


    【【ACL】<待つのは8万人とも言われる大観衆>ACL決勝第2戦展望!鹿島×ペルセポリス..悲願のアジア王座なるか?】の続きを読む

    このページのトップヘ