Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: カップ戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


     チャンピオンズリーグは、ついに8強が出揃った。新型コロナウイルスの影響で長期中断を余儀なくされた今大会。準々決勝以降のすべてのゲームは中立地のポルトガルで開催され、一発勝負で決着をつける。

     異例のトーナメント戦を制するのは、果たしてどのチームなのか。今回は優勝チームや各カードの勝ち抜け予想など、英国の大手ブックメーカーウィリアム・ヒル』が発表している様々なオッズを紹介する。

    ※以下はすべて、日本時間10日20時時点のオッズ

    ◆■優勝チーム

    1位 マンチェスター・C 3.25倍
    2位 バイエルン 4.00倍
    3位 パリ・サンジェルマン 6.50倍
    4位 バルセロナ 8.00倍
    5位 アトレティコ・マドリード 9.00倍
    6位 アタランタ 10.00倍
    7位 ライプツィヒ 19.00倍
    8位 リヨン 34.00倍

    優勝候補筆頭は、ラウンド16でレアル・マドリードを退けたマンチェスター・C。オッズは全8チームで最も低い3.25倍となっている。今大会のグループステージ開幕時(4.0倍)も、決勝トーナメントスタート時(4.5倍)も1番人気だった彼らの地位は不動だ。一方、グループステージ開幕当初は7番人気(11.0倍)だったバイエルンが、2番手(4.00倍)に浮上。国内2冠を成し遂げ、公式戦の連勝記録を「18」に伸ばしたドイツ王者への期待が急速に高まっている状況だ。

    ◆■決勝進出チーム

    1位 マンチェスター・C 2.00倍
    2位 バイエルン 2.62倍
    3位 パリ・サンジェルマン 2.75倍
    4位 アトレティコ・マドリード 3.75倍
    5位 アタランタ 4.33倍
    6位 バルセロナ 5.00倍
    7位 ライプツィヒ 5.50倍
    8位 リヨン 15.00倍

    「優勝チーム」の項目と並びはほとんど変わらないが、バルセロナが8チーム中6位というのが最も目立つ。マンチェスター・Cバイエルンといった強豪クラブトーナメントの同じ“山”に入っており、この2チームに比べるとファイナルまでたどり着くのは厳しいと見られている。一方、反対の“山”に同居するパリ・サンジェルマン(2.75倍)、アトレティコ・マドリード(3.75倍)、アタランタ(4.33倍)、ライプツィヒ(5.50倍)の倍率に大きな開きはない。どこが決勝の舞台に勝ち進んでも不思議ではないということだ。

    ◆■決勝カード <トップ10>

    1位 マンチェスター・Cパリ・サンジェルマン 5.50倍
    2位 パリ・サンジェルマンバイエルン 7.00倍
    3位 マンチェスター・Cアトレティコ・マドリード 7.50倍
    4位 アタランタ対マンチェスター・Cアトレティコ・マドリードバイエルン 9.00倍
    6位 アタランタ対バイエルン 11.00倍
    7位 マンチェスター・Cライプツィヒ 12.00倍
    8位 バルセロナパリ・サンジェルマン 13.00倍
    9位 バイエルンライプツィヒ 15.00倍
    10位 バルセロナアトレティコ・マドリード 17.00倍

    最も予想が難しい「決勝カード」。1番人気は「マンチェスター・Cパリ・サンジェルマン」で5.50倍となっている。マンチェスター・Cバイエルンパリ・サンジェルマンアトレティコ・マドリードといったCLの常連クラブが上位に名を連ねるなか、4番手に入ったのが初出場のアタランタだ。決勝の相手として予想されているマンチェスター・Cとは今大会のグループステージで2度対戦し、1分け1敗。勝利を挙げることはできなかったものの、インテンシティの高いゲームサッカーファンの間で大きな話題となった。3度目の対戦は実現するだろうか。

    ◆■国別優勝

    1位 イングランド勢 3.10倍
    2位 ドイツ勢 3.50倍
    3位 スペイン勢 4.20倍
    4位 フランス勢 6.00倍
    5位 イタリア勢 10.00倍

    CL16強を欧州5大リーグクラブが独占した今大会。国別の優勝予想では、イングランド勢のオッズが3.10倍と、1番人気を誇っている。ただベスト8に勝ち進んだのはマンチェスター・Cの1チームだけ。バイエルンライプツィヒの2チームが残るドイツ勢(3.50倍)が僅差で迫る。一方、ユヴェントスが敗退し、アタランタだけとなったイタリア勢は、唯一2ケタ台のオッズをつけた。

    ◆■ベスト4進出チーム

    タランタ(2.20倍)対パリ・サンジェルマン(1.61倍)
    ライプツィヒ(2.10倍)対アトレティコ・マドリード(1.67倍)
    バルセロナ(2.25倍)対バイエルン(1.57倍)
    マンチェスター・C(1.12倍)対リヨン(5.50倍)

    オッズが最もかけ離れたカードは、「マンチェスター・C(1.12倍)対リヨン(5.5倍)」。それだけ実力差があるとされているが、リヨンユヴェントスと対戦したラウンド16で下馬評(リヨンは5倍、ユヴェントスは1.14倍だった)を覆し、8強進出を成し遂げた。再び番狂わせを演じられるか、注目される。一方、最も拮抗した戦いになると予想されているのが、「ライプツィヒ(2.10倍)対アトレティコ・マドリード(1.67倍)」だ。初のベスト4進出を狙うドイツの新興勢力か、3シーズンぶりの4強入りを目論むスペインの名門クラブか。ここは、手に汗握るバトルが展開されそうだ。

    (記事/Footmedia

    優勝候補No.1は…? [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】優勝候補1番人気は? ファイナルの対戦カードは? CL準々決勝以降の様々なオッズを紹介】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    マンチェスター・シティに敗れてUEFAチャンピオンズリーグから敗退したレアル・マドリージネディーヌ・ジダン監督がCL決勝トーナメントで初めて負けたことも話題になった。

    そのジダンは試合中にジョゼップ・グアルディオラ監督の目の前でこんなトラップを見せる場面も(以下動画10秒~)。

    高く舞い上がったボールがバウンドする瞬間、足裏で見事なトラップスローインするシティDFジョアン・カンセロにピタリと寄せてみせた。

    【関連記事】編集部が選んだ!サッカー史上最もトラップが上手い選手ベスト10

    試合後にピッチに残り2人で話し込む姿も激写されたジダンペップペップは「彼にリーガ優勝のお祝いを伝えた。家族についても話し合い、彼の幸運を願ったんだ。彼は選手時代の私にとってアイドルのひとりだった」と会話の内容を明かしている。

    ジダン、CLでやってた!ペップも目撃した「ビタ止めトラップ」がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】ジダン、CLでやってた!ペップも目撃した「ビタ止めトラップ」がこれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    CLナポリ戦で相手に囲まれながらゴラッソで追加点を奪う圧巻の個人技を披露

     バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、現地時間8日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト16第2戦のナポリ戦(3-1)で5人に囲まれながらネットを揺らす圧巻の個人技弾で勝利に貢献。稀代の名手が決めたゴラッソの反響が拡大している。

     前半10分にフランス代表DFクレマン・ラングレのゴールで幸先良く先制して迎えた同23分、メッシが驚きの一撃を見せる。右サイドボールを受けると、非常に細かなタッチで相手DF3人を幻惑。3人目を抜いた際にはバランスを崩して倒れ込んだものの、すぐ体勢を立て直すとシュートブロックに入った2人の隙間を狙いすましてコントロールシュートを放つ。これがゴール左隅に突き刺さり、貴重な追加点となった。

     前半アディショナルタイムウルグアイ代表FWルイス・スアレスのPKで追加点を奪ったバルセロナは、直後にPKでナポリに1点を返されたものの、相手の反撃を抑えて3-1で勝利。2戦合計スコア4-2で13シーズン連続のベスト8進出を果たした。

     メッシのゴラッソは世界中で反響を呼んでおり、フランススポーツ専門チャンネルTVAスポーツ」は「必見:メッシの手品」とレポート。オランダサッカー専門誌「Voetbal International」は「魔法の瞬間をもたらす」と報じ、ルーマニアスポーツテレビ局「Digi Sport」も「メッシの魔法が帰ってきた」と伝えた。

     メッシは14日に行われるCL準々決勝バイエルン戦でも、チームを勝利に導くゴールが期待される。(Football ZONE web編集部)

    バルセロナFWリオネル・メッシ【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】「メッシの魔法が帰ってきた」 ナポリ戦の”相手5人幻惑弾”の反響拡大「手品」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



     バイエルンに所属する元ドイツ代表FWトーマス・ミュラーが試合後のインタビューに答え、同僚のポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキについてコメントしている。イギリス紙『デイリーメール』が9日に報じた。

     バイエルンチャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16のチェルシー戦で2戦合計7-1で勝利し、2季ぶりとなるCL8強進出を決めている。これにより、一発勝負となる決勝トーナメント準々決勝では14日にバルセロナと戦うことが決定している。

     ミュラーは、チェルシー戦で2戦合計2ゴール2アシストを記録したレヴァンドフスキについて、「(レヴァンドフスキが今世界最高のオールラウンドアタッカーかどうかは)金曜日にわかるだろう」と話し、同選手の活躍を期待しているようだ。

     レヴァンドフスキは今季これまで公式戦44試合に出場し53ゴール8アシストを記録。バルセロナ戦ではミュラーをはじめチームの期待に応え、CL4強進出に貢献することはできるだろうか。

    ロベルト・レヴァンドフスキに期待を寄せるトーマス・ミュラー [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】バイエルンFWミュラー、CL・バルサ戦もエースに期待「金曜日にはわかる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 amd.c.yimg.jp)



     バイエルンのOBであり元ドイツ代表MFのローター・マテウス氏が、チャンピオンズリーグ(CL)について語った。9日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

     8日にCLラウンド16第2戦を迎えたバイエルンは、チェルシーを相手に2戦合計7ー1でラウンド8への進出を決めた。そしてラウンド8の相手は、ナポリを相手に勝利したバルセロナに決定。そんな中マテウス氏は、バイエルンこそが今シーズンのCLの優勝候補だと感じているようだ。次の対戦相手の印象も踏まえて、以下のように語っている。

    「もちろんバルセロナは、ノックアウト方式でベストを尽くせるクオリティを持っている。しかしバイエルンは、今のバルセロナに負けるためには相当酷いプレーをしなければならないだろう。大きな失敗をしない限り、バイエルンが準決勝に駒を進めると思うよ」

    「ただ、これからは一発勝負だ。1試合だけだから、様々なことが起こりうる。2試合を行う場合は、最初の試合で明らかになった改善点を修正することができるからね。サッカーでは何でも起こりうるよ」

     今月14日にポルトガルのリスボンで予定されている一戦だが、果たしてどちらが準決勝へ進出するのだろうか。

    チェルシーを相手に勝利したバイエルンの選手たち [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】バイエルンOB、古巣のCL準決勝進出に自信「今のバルサに負けるためには…」】の続きを読む

    このページのトップヘ