Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: カップ戦

    no title

     チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが25日に行われ、チェルシーイングランド)とバイエルンドイツ)が対戦した。

     前半はアウェイバイエルンに決定機が多く到来する。11分、キングスレイ・コマンがトーマス・ミュラーとのパス交換でDFラインを突破してフィニッシュまで持ち込んだが、シュートは惜しくもゴールの右横に外れた。28分にはミュラースルーパスからロベルト・レヴァンドフスキがGKとの1対1を迎えたが、フィニッシュは飛び出してきた相手GKのウィリー・カバジェロに阻まれた。

     29分、ミュラーカットインからゴール右隅を狙った強烈なシュートを放ったが、ポストのわずかに右横へ外れる。さらに35分、セルジュ・ニャブリが左サイドからインスイングのクロスを送ると、中央のミュラーバックヘッドで合わせる。しかし、ボールクロスバーに阻まれゴールとはならなかった。

     対するチェルシーは左サイドを中心にバイエルンゴールに迫る。43分には、マテオ・コヴァチッチスルーパスを受けたマルコス・アロンソが、相手DFをキックモーションで剥がしてフィニッシュまで持ち込んだが、相手GKマヌエル・ノイアーに正面で防がれた。

     スコアレスで後半に突入すると、51分に試合の均衡が破れた。中央にカットインしたニャブリが左に流れたレヴァンドフスキへパスを流すと、レヴァンドフスキシュートではなく折り返しを選択。このボールをニャブリが押し込み、アウェイバイエルンが先制に成功した。

     すると54分、バイエルンリードを広げる。レヴァンドフスキセンターハーフ付近での空中戦に競り勝つと、こぼれ球をニャブリが回収。ニャブリは少し運んで左に流れたレヴァンドフスキに渡すと、ゴール前でリターンを受け取り、最後は冷静にゴール右下隅に流し込んだ。

     76分、バイエルンがさらにアウェイゴールを獲得する。左サイドを突破したアルフォンソ・デイヴィスがグラウンダーで折り返し、最後はレヴァンドフスキが詰めてネットを揺らした。同選手は今季のCLで11得点目となり、ドルトムントアーリング・ハーランドを抜いて、再び得点ランキング首位に躍り出た。

     83分、チェルシーは退場者を出してさらに追い込まれる。M・アロンソレヴァンドフスキの走るコースを妨害しようと腕を振ると、これがレヴァンドフスキの顔に当たる。M・アロンソにはイエローカードが提示されたが、VARの介入によってカードの色は赤に変わった。

     試合はこのまま終了。バイエルンホームで行われるセカンドレグは、日本時間3月18日29時(19日5時)にキックオフを迎える。

    スコア
    チェルシー 0-3 バイエルン

    【得点者】
    0-1 51分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン
    0-2 54分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン
    0-3 76分 ロベルト・レヴァンドフスキバイエルン

    スターティングメンバー
    チェルシー(3-4-2-1)
    カバジェロ;アスピリクエタ(73分 ペドロ)、クリステンセン、リュディガー;R・ジェームス、ジョルジーニョ、コヴァチッチ、M・アロンソ;バークリー(61分 ウィリアン)、マウント;ジルー(61分 アブラハム

    バイエルン(4-2-3-1)
    ノイアー;パヴァール、J・ボアテング、アラバ、A・デイヴィス;キミッヒ、チアゴ(90分 ゴレツカ);コマン(66分 コウチーニョ)、T・ミュラー、ニャブリ(85分 トリッソ);レヴァンドフスキ

    バイエルンは敵地で3つのアウェイゴールを獲得 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】バイエルンが8強へ大きく前進! 敵地でチェルシーに3発快勝】の続きを読む

    no title



    チェルシーのMFマテオ・コバチッチが、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の1stレグのバイエルン戦に向けて意気込みを語っている。クラブ公式サイトクロアチア代表MFの前日会見のコメントを伝えた。

    アヤックスバレンシア、リールと同居したグループHを苦しみながらも2位で突破したチェルシー2013-14シーズンベスト4以来のラウンド16突破を目指す今ラウンドでは、2012-13のファイナルで激闘の末に破ったドイツ王者との再戦となる。

    前所属先のレアル・マドリーでCL3連覇を経験している25歳MFは、若手中心のブルーズにとって格上にも見えるドイツ王者に対して、全く恐れを抱いていないようだ。

    バイエルンチームとして多くの素晴らしいプレーヤーがいる。だから、難しい試合になるはずだ。それでも、チャンピオンズリーグの舞台では当たり前のことなんだ」

    「自分たちもチームとしてはバイエルン同様に良い状態だ。だから、両チームにそれほどの差はないはずだよ」

    チャンピオンズリーグプレーすることは素晴らしいよ。そして、トッテナム戦で見せたようなプレーをまた見せるチャンスだ。タフな試合になると思うけど、しっかりと準備するよ。このチームでは全員がビッグマッチを好んでいる。この試合を楽しみたいね」

    また、今季苦戦が指摘されるスタンフォードブリッジでの戦いについて質問を受けると、その事実を認めながらも依然として対戦相手にとってタフな場所であることを強調している。

    「スタンフォードブリッジでは今シーズン、幾度か苦しい場面があったと思う。相手はここにやってきてしっかりと戦ってくるけど、バイエルンにとってもここで戦うのは嫌なはずだ。オープンな展開になると思うけど、楽しみだね」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】マドリーでCL3連覇経験のコバチッチ、格上バイエルン相手にも恐れ抱かず】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    CLラウンド16で激突へ 「彼らと対戦するのがいかに難しいか…」

     マンチェスター・シティジョゼップ・グアルディオラ監督は、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦で対戦するレアル・マドリードを「キング」と称賛している。英衛星放送「スカイスポーツ」が報じた。

     シティは26日に敵地サンティアゴ・ベルナベウに乗り込み、CLラウンド16の第1戦に臨む。バルセロナ時代からレアル・マドリードと対戦経験のあるグアルディオラ監督は、この大一番を前に対戦相手の“白い巨人”について語った。

    「彼らとは選手としても監督としても何度も戦ってきた。彼らの歴史に対して、私は常に称賛の気持ちを持っている。彼らのようにクオリティーのある選手と対戦するのがいかに難しいかを、私は知っている。彼らが何度ファイナルを戦ったか、何度トロフィーを掲げたのかは数え切れない。我々のチームでは、クラウディオ(・ブラーボ)がチャンピオンズリーグ優勝の経験があるが、他の選手はこの大会で勝っていない」

     ペップはシティとレアルではCLにおける実績に差があると認めたうえで、「我々はベストを尽くす。我々はこの大会のキングと対戦するんだ」とコメント。CL史上最多13度の優勝を誇るレアル戦へ、敬意を持って試合に臨むと意気込みを明かしている。

     シティはファイナンシャル・フェアプレー違反で、今後2シーズンUEFA主催大会の出場禁止処分を言い渡されているだけに、今季に懸ける思いは強くなっているはずだ。ジネディーヌ・ジダン監督率いる“キング”に勝利し、悲願のビッグイヤー獲得に前進することができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    グアルディオラ監督がレアルについて言及【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】レアルは「CLのキング」と称賛 名将グアルディオラ、マンCとの“経験の差”指摘】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



     マンチェスター・Cに所属するベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネが、チャンピオンズリーグ(CL)について語った。24日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

     26日にCL決勝トーナメント1回戦を控えるマンチェスター・Cだが、今回の相手であるレアル・マドリードとは2015-2016シーズンの同大会準決勝で対戦し、敗退に追い込まれた。その当時もチームに所属していたデ・ブルイネは、1回戦屈指の好カードを前に、以下のように意気込みを語っている。

    マンチェスター・Cが勝てなければ、これまでの過去5年間を失敗と思われるかもしれない。もちろんチームとしては常に勝ちたいと思っているが、相手の方が優れていることもある。それがサッカーだね」

    「僕たちはただ、試合に勝つためにマドリードへ向かう。彼らは最もCLで優勝しているチャンピオンだ。しかし僕たちは、きっといつものように試合に臨み、攻撃的なサッカーをするだろう。相手にプレッシャーをかけ主導権を握り、勝利を目指すんだ」

     第1戦はレアル・マドリードホーム『サンチャゴ・ベルナベウ』で行われるこのカード。果たして、どちらが勝ち上がりを決めるのだろうか。

    マンチェスター・Cに所属するデ・ブライネ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】デ・ブライネ、CLレアル戦に向け意気込み「攻撃的なサッカーをするだろう」】の続きを読む

    no title

    UEFAチャンピオンズリーグのラウンド16、PSGドルトムントとの1stレグに2-1で敗れた。

    その後、チームは合同誕生パーティーを開催。2月14日まれのエディンソン・カバーニアンヘルディマリア、19日生まれのマウロ・イカルディの3人が主役となり、チームメイトも駆けつけた。

    だが、敗戦直後にはしゃぐ姿は物議を醸している。『ESPN』によれば、指揮官もこう苦言を呈していたという。

    トーマス・トゥヘル(PSG監督)

    金曜日に見たビデオには本当に驚いた、本当に驚いた。

    我々はこの件についてクラブ内で話した。(公然では)話したくない。 プライベートなものに保たれるだろう。

    だが、議論はあった。とはいえ、内部に留めなければいけない。このようなパーティーの画像は残念だ」

    トゥヘル監督が驚いたというビデオがこれだ。

    カバーニネイマールが跳ねまくる…。

    普段なら仲睦まじいシーンとして好意的に受け入れられただろうが、タイミングが悪すぎた。パーティーに出席したPSGのマルキーニョスはこう弁明している。

    マルキーニョス(PSG DF)

    「撮影したけれど、悪意はなかった。そして、あの画像はシェアされた。

    あれは間違いだった。皆それに同意しているし、分かっている。

    僕らは注意しなければいけない。クラブのために生きている人達、僕らを応援するために何マイルも旅をする人達、そして、負けた時に悲しむ人達がいることを。

    フットボールのことはちょっと忘れ、一緒に時間を過ごして、試合のことを考えないようにするための時間だった」

    気分転換のための時間だっとしつつ、過ちだったと謝罪していたとのこと。

    PSG監督、CL敗戦後の“流出映像”に苦言 「問題ビデオ」がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】PSG監督、CL敗戦後の“流出映像”に苦言 「問題ビデオ」がこれ】の続きを読む

    このページのトップヘ