Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: カップ戦


    著者:秕タクヲ

    コパアメリカブラジルの優勝で幕を閉じ、今月に入り各クラブキャンプインし始めている。来週からはインターナショナルチャンピオンズカップ(プレシーズン大会)も開催され、8月開幕のリーグ戦を前に着々とチーム体制を整えていかなければならない。

    今回は新たなシーズンを前に、私が考える「新シーズンの見どころ」をご紹介したい。


    レアル・マドリード血の入れ替え】

    4シーズン連続の欧州制覇の夢はアヤックスを前に潰えた。ベスト16という終わるべきではないステージで見事に散ったのを見て「一時代の終焉」を感じる人は多かったことだろう。ラ・リーガも3位、コパ・デル・レイも宿敵バルセロナに圧倒的な差を見せつけられ9シーズンぶりとなる無冠に終わった。

    とはいえチャンピオンズリーグ3連覇の功績を残したことはまさに偉業であることには違いない。再起を誓うべく今夏レアル・マドリーは「大規模な手術」を敢行した。

    シーズンオフに入るやいなや、フェルランド・メンディ、ルカ・ヨビッチ、そしてエデン・アザールの獲得を発表。連携もさながら個人で打開できる戦力を揃えチームの刷新を図る動きが見受けられた。

    おそらく加入したメンバーを中心としたチーム編成になることは間違いない。新生レアルがどれほどのパフォーマンスを繰り広げるのか大いに期待したい。



    セリエAが面白いことになりそう】

    2018/2019シーズンユベントスの独走を止めるチームは現れずスクデットはユベントスのもとへ渡った。そんな前人未到の8連覇を達成したユベントスに待ったをかけるチームが今シーズン現れるかもしれない。今シーズンセリエAが非常に面白くなりそうだ。

    近年のセリエAは、本命ユベントス、対抗馬にナポリローマといった勢力で優勝争いが繰り広げられていたが、より多くのチームでの争いになると確信している。それは昨シーズンの「ミランインテルの復活の兆し」や「アタランタ・ラツィオの躍進」を見ても明らかだろう。最終節までもつれ込んだチャンピオンズリーグ出場争いはハラハラさせられた。プレミアリーグのように、「どこが優勝してもおかしくない」戦国時代に突入し、一強時代にピリオドを打つことができるだろうか。

    しかし、ユベントスも先手必勝という言葉の如く対策を講じている。今シーズンからマウリツィオ・サッリがビアンコネロを率い、またお家芸でもある「0円移籍」でアーロンラムジーやアドリアン・ラビオを獲得。従来のチームから更にアップデートされた印象を伺える。

    地力が番狂わせか。今シーズンセリエAは大注目だ。




    プレミア中堅の逆襲とそれに飲み込まれそうなユナイテッドアーセナル

    イングランドにおいても、変化の時に差し掛かろうとしている。

    プレミアリーグの放映権の高騰により配分された資金を活用した結果、どのチームビッグネームを加入させることのできるようになった。そのためプレミアリーグの中堅クラブでも容易く強豪に善戦するようになり、ますます優勝争いが読めなくなるのではないかと考察する。

    特に、ウルブス・レスターエバートンウェストハム・ワトフォードには注目だ。昨シーズン上位争いが熾烈を極めている中、水面下でこの5チームの7位を争う「エバートンカップ」も異常な盛り上がりを見せた。ローンプレミアリーグにやってきたアンドレゴメスユーリ・ティーレマンスも完全移籍で合意することが決まり、チームは成熟度とともに飛躍することは確実だ。

    いわゆるビッグ6と言われる6チームの強豪だが、昨今躍進の目立つ中堅クラブに今にも飲み込まれそうなマンチェスターユナイテッドアーセナルは今シーズンが正念場と私は考える。

    ビッグネームの移籍が多かったユナイテッドだが今シーズンはこれまでの課題を把握し、それに対する処方箋を探求する姿勢には非常に好感を持てる。スールシャール体制の序盤は破竹の快進撃を繰り広げたこともあり驚異的なエネルギーを秘めていることは明らかだ。今までにない中長期的ビジョンで戦略立てをすれば、再びユナイテッドがあるべき位置にまで上り詰めると確信している。

    問題はアーセナルだ。従来ではチャンピオンズリーグ出場が当たり前だった時代から、今ではヨーロッパリーグの常連になってしまった。昨シーズン長期政権だったアーセン・ベンゲル氏からウナイ・エメリ氏へ指揮官を交代し、新たなDNAで挑んだがずっと言われ続けた「守備面」や「柔軟性」といった課題の解決には至っていない。魅力的な2トップを保有しているだけに何とか改善を施したいところだ。このままの調子で進むのなら、前述の中堅クラブにさえ勝利することは困難になり、「俺たちは強い」から「あの時は強かった」と語ることになるかもしれない。



    【若手躍動のシーズンにもなるだろう】

    更には今シーズンは若手選手たちの動向にも注力していこう。

    理由は主に2つある。1つは6月に開催されたU-21EUROでこれからのサッカー界を担う可能性のある、前途有望な選手が活躍したこと、もう1つは2020年開催の東京オリンピックに照準を合わせる選手が増えてくることだ。

    特にU-21EUROで優勝を収めたスペインの若手株には注目だ。既にビッグクラブで出場機会を得ている、パブロ・フォルナルスやダニ・セバージョス、ファビアンルイス大車輪の活躍を見せ昨シーズンよりも注目度は増している。またイタリア代表として出場したフェデリコ・キエーザはベルギー戦でワールドクラスゴールを決め、イタリアサッカーの未来を少し感じることができた。

    東京オリンピックで彼らの活躍を観ることができるかもしれないので、事前にチェックすることを推奨したい。


     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】来季ヨーロッパサッカー、大注目の見どころ4連発!】の続きを読む

    no title


    スアレスのPK失敗が響きウルグアイがコパ・アメリカ準々決勝敗退

     ウルグアイ代表は現地時間29日、コパ・アメリカ南米選手権)準々決勝でペルーと対戦し、0-0で迎えたPK戦の末に敗れた。唯一PKを外したエースFWルイス・スアレスバルセロナ)は決着直後にピッチに泣き崩れた姿が印象的だったが、試合後、PKを蹴る瞬間に「日本戦が頭を過ぎった」と振り返っている。ウルグアイメディア「エル・オブセルバドール」が報じている。

     グループリーグでは日本と2-2の打ち合いとなったウルグアイだが、2勝1分で首位突破を果たしていた。準々決勝のペルー戦も圧倒的に押し込む展開が続き、前半29分にMFジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ)、後半14分にFWエディンソン・カバーニパリ・サンジェルマン)、後半28分にスアレスがそれぞれネットを揺らすが、VAR(ビデオアシスタント・レフェリー)判定により、3得点ともオフサイドで取り消しとなってしまう。

     最終的に90分で試合を決めることができず、PK戦に突入。1人目のキッカーを務めたのがスアレスだったが、いきなり外してしまう。その後、ウルグアイとペルーは全員が成功させたため、結局スアレスの失敗が響くことになり、4-5で敗戦を喫した。決着の瞬間、スアレスピッチに崩れ落ち、号泣する姿がカメラに映し出されていた。試合後、スアレスは悲痛な面持ちで取材に応じ、その胸中を語った。

    「相手よりもはるかに良いプレーをしていたことを踏まえれば、PK戦での敗退はアンフェアなものだ。僕たちは多くのチャンスを作ったし、今日のような獄中に身を置くような状況に慣れていない。僕にとっては初めての経験になると思うが、顔を上げなければいけない」

     また、PK失敗の場面については「本当は強く打ち込もうと思っていたんだ。GKが僕のことを分析していることを、僕自身も分かっていたからね。だけど、ボールを蹴る瞬間に日本戦が頭を過ぎって、同じようなシュートを選択したんだ」と振り返り、直前まで突き刺す一撃を想定していたが、日本戦で決めた相手GKの逆を突くようなコントロールショットに切り替えたことを解説していた。スアレスにとっては、日本戦での成功体験が、ペルー戦では仇となってしまったようだ。(Football ZONE web編集部)

    ウルグアイ代表FWスアレス【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【南米選手権】「日本戦が頭を過ぎった」 号泣スアレス、PK失敗の舞台裏を告白「ボールを蹴る瞬間に…」】の続きを読む

    no title


    南米最強国を決めるコパ・アメリカベスト4の顔触れが出揃った。

    優勝候補だったウルグアイ代表はペルーとの準々決勝にPK戦の末に敗退。ゴールネットを何度も揺らしたが、VARによるオフサイド判定によってことごとく取り消された。

    また、PK戦では1人目だったルイス・スアレスが無念の失敗。ペルー側が5人全員成功させ、敗退が決まった直後、スアレスピッチ上で号泣していた…。

    顔を上げることができず…。

    涙に暮れるスアレスエディンソン・カバーニチームメイトたちが慰めていた。

    今年で32歳になったスアレス。今大会こそは優勝をと相当な意気込みで臨んでいたはず。それだけにここでの敗退はショックだったのだろう。

    【関連記事】日本代表、コパ・アメリカに選ばれなかったことが「不可解」な3選手

    ただ、コパ・アメリカは来年も開催される

    日本とも戦ったスアレス、PK失敗で号泣…「泣き崩れる」 シーンがこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【南米選手権】日本とも戦ったスアレス、PK失敗で号泣…「泣き崩れる」 シーンがこれ】の続きを読む

    7F1F71C5-60E5-478B-9762-6F2C6AE3E6E3


     コパ・アメリカ2019の準々決勝が28日に行われ、ブラジル代表とパラグアイ代表が対戦。PK戦の末にブラジルがパラグアイを下して、準決勝進出を決めた。

     ブラジルは、グループAを2勝1分の無敗で首位通過した。一方のパラグアイは、グループBを2分1敗で終えて3位になりながら、各グループ3位チームの中で成績上位2位以内に滑り込み、決勝トーナメントに駒を進めてきた。

     ブラジルは、試合開始からペースをつかむ。3分にはロベルトフィルミーノが振りの早いシュートゴールに迫り、4分にはエヴェルトンがミドルシュートを放った。だが、それ以後ブラジルボールを保持するものの、なかなか決定的なチャンスをつかめなくなる。

     28分には、パラグアイにビッグチャンスが到来する。エルナン・ペレスが左から入れたクロスにデルリス・ゴンサレスが反応。胸トラップから右足シュートを放つも、ブラジルGKアリソンファインセーブに阻まれた。前半はこのまま、0-0で終了した。

     後半もブラジルペースで試合は推移していく。そして53分、フィルミーノがファビアン・バルブエナに倒されたとして、ブラジルにPKが与えられる。だが、その後にビデオアシスタント・レフェリー(VAR)が発動。ファウルはペナルティエリアの外で起こったとして、判定がPKからFKに変更され、F・バルブエナは決定機阻止で一発退場を命じられた。このFKをダニエウ・アウヴェスが蹴るも、ボールはギリギリゴールの外に外れた。

     その後もブラジルは10人のパラグアイを攻め立てるもゴールを奪えず、後半もスコアレスで終了。大会規定により、準々決勝のみ延長戦を行わないため、勝負の行方はPK戦にもつれ込んだ。

     PK戦では、パラグアイの1人目グスタボ・ゴメスが、アリソンシュートストップされる。一方のブラジルは、4人目のフィルミーノがシュートゴール左に外してしまう。だが、パラグアイの5人目デルリス・ゴンサレスシュートゴール左に外れる。最後はブラジルの5人目のキッカーであるガブリエル・ジェズスがキックを成功させ、何とか準決勝進出を決めた。

    スコア
    ブラジル代表 0-0(PK 0-0) パラグアイ代表

    【得点者】
    なし

    スターティングメンバー
    ブラジル代表(4-2-3-1)
    アリソン;D・アウヴェス(82分 L・パケタ)、マルキーニョス、T・シウバ、F・ルイス(46分 A・サンドロ);アルトゥール、アラン、G・ジェズス、コウチーニョ、エヴェルトン、フィルミーノ

    [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【南米選手権】開催国ブラジルが薄氷の勝利! PK戦でパラグアイを下しコパ準決勝へ】の続きを読む

    no title


    26日に行なわれたAFCチャンピオンズリーグベスト16の2ndレグで、浦和レッズは敵地で韓国の蔚山現代と対戦した。

    1stレグでは1-2と敗北し、少なくとも2点以上を決めての勝利が必須となっていた浦和。序盤からゴールを狙って積極的に仕掛けるも、なかなか結果に繋がらない。

    しかし41分に宇賀神友弥のクロスから興梠慎三がヘディングで先制点を決めると、後半には2ゴールを奪取!最終的には3-0というスコアで大勝した。

    2試合合計でも4-2と完全に立場をひっくり返し、敵地での大逆転でベスト8進出を決めることができたのだった。

    その「怒涛の逆転劇」を映像で見てみよう。

    1点目はセンターバックとの駆け引きで上手くフリーになる動きを見せてのヘッド。高さで大きく勝る相手と空中戦で戦うにはどうすればいいか、まるでお手本のようなプレーだ。

    2点目は動画2分36秒あたりから。左サイドからペナルティエリアに入り、ディフェンダーの前に走り込んでヘディング。相手の目線に入らずフィニッシュまで持ち込んでいる。

    【関連記事】日本人FWが世界と戦う術もここにあり?興梠慎三の「動き出しの質」を図解する

    現在浦和レッズでの得点数を91としており、福田正博の最多記録に並んでいる興梠慎三。

    先日の「スーパーサッカー」では、記録更新を達成した場合「福田正博さんに自分のお店で一日店長をしてもらう」とお願いしていた。今週末の大分戦で達成なるか?

    鮮烈すぎた逆転劇!浦和レッズの魂を見せた、蔚山での3ゴールを見る


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【AFC】鮮烈すぎた逆転劇!浦和レッズの魂を見せた、蔚山での3ゴールを見る】の続きを読む

    このページのトップヘ