Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: カップ戦

    no title


    “南北対決”に英紙注目 ソン・フンミンも心情吐露「勝てなかったことは残念。ただ…」

     韓国代表は現地時間15日、カタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選で北朝鮮代表と対戦。平壌で29年ぶりに実現した“南北対決”はスコアレスドローの痛み分けに終わった。エースFWソン・フンミン(トットナム)は試合後、「無事に帰れたこと自体が大きな快挙」と強調している。英紙「デイリーメール」が報じている。

     グループHで実現した“南北対決”だが、無観客試合に加え、韓国での試合生中継、韓国報道陣を完全にシャットアウトした異様な措置を施されたことが波紋を呼んでいた。韓国はFWソン・フンミンを筆頭に、FWファン・ウィジョら欧州でも主力として活躍するベストメンバーを送り込んだが、北朝鮮の牙城を最後まで崩すことはできなかった。

     英紙「ザ・サン」は、韓国メンバーは中国からの入国を強制され、北京に携帯電話を置いて行くことを強いられたと伝えていたが、試合後に中国を経由し、韓国へと帰国。大韓サッカー協会の幹部であるチェ・ヨンイル氏は「まるで戦争のような試合だった。今までピッチ上であんなサッカーを見たことがない」と危険なプレーが多発していたことを示唆。また、ソン・フンミンも歴史的一戦を振り返っている。

    「勝てなかったことは残念だよ。ただ、試合は非常に危険なものだった。負傷をせず、無事に帰れたこと自体が大きな快挙と言える。北朝鮮の選手は、神経質で攻撃性が強かった。多くの罵声も浴びせられたよ」

     不発に終わったソン・フンミンだが、試合の結果以上に、無事に帰国できたことを一つの成果とするほど、緊迫感と危険性で溢れる試合だった点を強調している。来年の1月には韓国のホームで同カードの再戦が行われるが、海外メディアも注目するほど、今回の“南北対決”は異様な一戦となったことは確かだろう。(Football ZONE web編集部)

    韓国代表FWソン・フンミン【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【代表戦】「無事に帰れたことが快挙」 韓国エース、“まるで戦争”の北朝鮮戦に本音「非常に危険」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    写真提供: Gettyimages

    今週ヨーロッパ各地で開催されたチャンピオンズリーグ第2節は珍しくアレが多かった。

    選手サポーター両者共々、ヒートアップ不可避のチャンピオンズリーグ。毎節白熱必至の90分が行われているわけだが、今節とあるシーンが各試合で多く目撃された。

    なんと今節は「ダイレクトボレー」が炸裂したゴールが多く目撃されたのだ。2夜16試合開催されたうち、ビューティフルボレーが3ゴールも決まるなんてなんと贅沢なことか。プロでも難しいワザをいとも簡単にゴールへ流し込む、しかもこんな大舞台で。そんな早朝から興奮を届けたこれら3つのボレーを見ていくことにしよう。


    写真提供: Gettyimages

    ウィリアン(チェルシー

    視界良好、チェルシー本領発揮。

    スタンフォードブリッジバレンシア相手にまさかの黒星を喫し、今節はアウェイではあったものの何とかして勝利が必要だった。とはいえ今節の対戦相手はリールと一筋縄ではいかない相手であることは確かだ。開始22分にフィカヨ・トモリのボールに反応したタミー・アブラハムが決めて先制することに成功したが、33分に追いつかれてしまう。暗雲立ち込めたかのようにみえた終盤77分、芸術的ゴールが決まった。

    チェルシーvsリール

    カラムハドソン=オドイからのふわりと上げられたクロスは失敗に見えたかのように思われたのも束の間、その落胆さウィリアンは一瞬にして吹き飛ばした。ジャストミートしたボールは地面を叩きつけてネットを揺らし、チェルシーに今シーズンチャンピオンズリーグ初勝利をもたらした。


    写真提供: Gettyimages

    南野拓実レッドブル・ザルツブルク)

    アジアコンビがアンフィールドをどよめかせた。

    開幕節大勝した勢いを引っさげて戦う次なる相手は昨シーズン覇者リバプール。前半の内容は大方の予想をまさに反映させたかのようなものでリバプールが圧倒的な力を見せつけ一挙3得点。ファン・ヒチャンが1点返したものの、あたかも前半のうちに決着がついたかのように思われた。しかし、これで終わりではなかった。


    56分素早いリスタートから左サイドファン・ヒチャンが持ち上がり、ゴール前へクロス。そこに南野拓実が完璧なタイミングで右脚を振り切りネットを揺らした。あまりにも美しすぎるゴールにアンフィールド全体が騒然とする事態に。この後エルリング・ブラウト・ホランドが南野のパスに合わせて同点に。結果的にはモハメド・サラーに追加点を上げられ敗戦となったものの、ザルツブルクは今シーズン最もリバプールを焦らせる試合を演じた。


    写真提供: Gettyimage

    ルイス・スアレスバルセロナ

    全世界に告ぐ。彼をフリーにさせるな。

    歴代の選手を振り返っても、長きに渡ってバルセロナで活躍できる選手は本当に限られている。特にフォワードになればなるほどその傾向になっているが、リオネル・メッシルイス・スアレスは別格のようだ。どこからでもゴールを決めるある種殺傷性を秘めている。

    第2節インテル戦、ホームカンプ・ノウということもあり、バルセロナ有利と思われた一戦だったがバルセロナ守備の一瞬の隙きからラウタロ・マルティネスゴールを奪われビハインドのまま前半を終える。リーグ戦に嫌な流れを持ち込みたくないバルセロナは後半は勝負に出る。中盤のセルヒオ・ブスケツを下げアルトゥーロ・ビダルを投入。これが結果的に試合の流れを変えた。

    ビダルのスアレスに向けたクロスは、誰もが一度足元で収めると思い込んだが、彼だけは「シュートを打てる」という野性的な確信があった。クロスよりも球速が増したライナー性のボレーシュートゴール右隅に突き刺さる同点弾となった。この後、メッシからのパスに反応したスアレスは逆転ゴールを決めようやく一安心。死の組を突破に向けまた一つ前進した。




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】今節のCLはアレが多かった!リバプールを追い詰めたあのゴールも…】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



     UEFA欧州サッカー連盟)は、リヴァプールとザルツブルクの一戦で起きた事件について調査に乗り出すようだ。イギリスメディアBBC』が4日に伝えている。

     チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が2日に行われ、リヴァプール日本代表FW南野拓実とFW奥川雅也が所属するザルツブルクが対戦。試合はザルツブルクの猛攻が実り、3点差を追い付く。しかし、69分にエジプト代表FWモハメド・サラーが決勝点を記録し、リヴァプールが勝ち点3をもぎ取った。

     事件はリヴァプールが劇的勝利を収めた試合の終了後に起きた模様。勝利に興奮した同クラブファンピッチに乱入した。また、試合中にはザルツブルクのファンフィールド上に物を投げ込み、これも処分の対象になるようだ。

     今回の事件について、UEFA10月17日に審理を行う予定だという。

    乱入者と写真を撮るリヴァプールのアーノルド [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】激闘の裏で…UEFA、リヴァプールとザルツブルクに処分を検討か】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    CLインテル戦で復活した“黄金コンビ”、ウォーミングアップ中の映像をバルサ公式SNSが公開

     スペインの名門バルセロナは現地時間2日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節インテル戦に2-1で勝利した。本拠地カンプ・ノウで行われた試合ではウルグアイ代表FWルイス・スアレスが2ゴールを奪い、先発復帰したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが華麗なドリブルから2点目をアシストした場面も注目を集め、“黄金コンビ”復活を印象付けた。そうしたなかバルセロナ公式インスタグラムは、試合前のウォーミングアップでパス交換をする2人の動画を公開。華麗なボールコントロールの連続にファンからも称賛の声が上がっている。

     バルセロナは今季、メッシが負傷で出遅れたこともあり開幕から低空飛行が続き、リーガ・エスパニョーラでは開幕戦のビルバオ戦(0-1)と第5節グラナダ戦(0-2)に敗れ早くも2敗。第6節ビジャレアル戦(2-1)、第7節ヘタフェ戦(2-0)と2連勝を飾ったなかでインテル戦を迎えた。

     前半2分に先制を許す苦しい展開のなか、後半13分にチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルのパスからスアレスが同点弾をマーク。そして同39分、4日前のヘタフェ戦を欠場しこの試合で先発復帰したメッシが輝きを放つ。敵陣右サイドボールを受けたメッシはドリブルを開始し、対峙した相手を抜いて一気に加速すると、カバーに来た選手も置き去りにし、ペナルティーエリア手前まで持ち込む。フェイントで中央に持ち出した瞬間、警戒するインテルの選手3人を尻目に横パスを選択。中央にいたスアレスが巧みなトラップから決勝ゴールを決めた。

     2014年スアレスが加入して以降、華麗な連係から数々のゴールを積み重ねてきた2人。バルセロナ公式インスタグラムはそんな“黄金コンビ”を称えるように、1本の動画を公開した。

     映像はカンプ・ノウのピッチ上でのウォーミングアップの場面。約30メートルの距離を取った2人が、お互いにロングキックを蹴り合っていく。目を引くのはトラップする際の技術で、まずはスアレスが高く上がったボールを右足太ももで“クッションコントロール”。勢いを完璧に吸収してすぐさま右足でパスを送ると、今度はメッシショートバウンドしたボールを左足スネ付近で軽々と止めた。その後もスアレスは右足アウトサイドでのトラップ、頭上にボールを上げてターンするなど、軽快なボールタッチを披露していた。

     この動画は公開から10時間で350万再生を突破。コメント欄では「世界最高のデュオ」「魔法」「壮大なメッシと極上のスアレス」といった称賛のほか、映像内で左利きメッシが右足でパスを送ったシーンについて「メッシが右足でカーブキック」と言及する声もあった。公式戦3連勝と上昇気流に乗り始めているバルサ。今季も浮沈のカギを握るのは、やはり前線に君臨するメッシスアレスの“黄金コンビ”なのかもしれない。(Football ZONE web編集部)

    バルセロナFWメッシ(右)とスアレス【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】「世界最高のデュオ」 復活のメッシ&スアレス、練習中の“超絶コントロール”に反響】の続きを読む

    no title


     2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節で、ザルツブルクの日本代表FW南野拓実リヴァプール相手に1ゴール1アシストを挙げる活躍を見せた。南野にとっては、欧州最高峰の舞台での初ゴール。試合には敗れたものの、現・欧州王者を相手に強烈なインパクトを残した。

     そこで今回は、南野よりも先に、欧州最高峰の舞台でゴールを決めた日本人選手をピックアップ。すでに現役を退いたレジェンドから、現在もヨーロッパで活躍するプレーヤーに至るまで7名を紹介する。

    *以下、記録はすべてチャンピオンズカップ時代の成績を含む
    *「CL通算成績」は、本戦の成績に限る

    ◆■奥寺康彦

    CL出場クラブケルン
    CL通算成績:2試合出場1ゴール
    最高成績:ベスト4

    欧州最高峰の舞台で得点を挙げた初めての日本人選手は、奥寺康彦氏(現・横浜FC会長)である。ブンデスリーガ初の日本人選手でもあった奥寺氏は、ケルン在籍2年目の1978-79シーズンにCL(当時の名称はチャンピオンズカップ)に初出場。ノッティンガム・フォレスト(イングランド)との準決勝ファーストレグで初ゴールを叩き出した。なお、この得点は“日本人初”であると同時に“アジア人初”の偉業でもあった。決勝進出は逃したものの、CL準決勝の舞台でゴールを決めた日本人選手は他におらず、その功績が色あせることはない。

    ◆■中村俊輔

    CL出場クラブセルティック
    CL通算成績:17試合出場2ゴール
    最高成績:ベスト16

    1992年に大会名が「チャンピオンズリーグ」へ改称されて以降、日本人初のスコアラーとなったのが中村俊輔(現・横浜FC)だ。セルティック在籍時の2006-07シーズンにCLデビュー。すると、グループステージ開幕節でマンチェスター・Uと対戦し、あの『オールド・トラッフォード』で直接FKを叩きこんだ。本拠地『セルティック・パーク』で迎えた第5節にも、マンチェスター・U相手に直接FKから得点をマーク。世界中に衝撃を与えた。イングランド屈指の名門から2ゴールを挙げ、チームを初のCL決勝トーナメント進出へと導いた中村の活躍は、今でもセルティックサポーターの語り草となっている。

    ◆■稲本潤一

    CL出場クラブアーセナルガラタサライ
    CL通算成績:7試合出場1ゴール
    最高成績:グループステージ

    2001年Jリーグで指揮した経験があるアーセン・ヴェンゲル監督に見込まれて、ガンバ大阪からアーセナルレンタル移籍。CLデビューを果たしたが、出場した2試合でゴールはなかった。しかし、2006-07シーズンに在籍したガラタサライで待望の瞬間が訪れる。グループステージ第5節のボルドー戦で右足から強烈なシュートを放ち、CL初ゴールを記録。トルコの名門に在籍したのはわずか1シーズンだったが、歴史にその名を刻んだ。

    ◆■本田圭佑

    CL出場クラブCSKAモスクワ
    CL通算成績:11試合出場3ゴール
    最高成績:ベスト8

    2010年1月、オランダVVVフェンロからCSKAモスクワに移籍すると、CL決勝トーナメント1回戦のセビージャ戦で公式戦デビュー。これは本田にとって、CL初出場の瞬間でもあった。すると、敵地でのセカンドレグで無回転FKを決めて、CL初ゴールマークCSKAモスクワを初の欧州8強へと導き、“HONDA”の名を世界に知らしめた。さらに2013-14シーズンには、バイエルン戦でのゴールを含む2ゴールマーク。CL通算3ゴール日本人歴代2位の記録になる。

    ◆■香川真司

    CL出場クラブドルトムントマンチェスター・U
    CL通算成績:33試合出場4ゴール
    最高成績:ベスト8

    CLにおける通算出場数とゴール数で“日本人トップ”の成績を残しているのが、香川真司(現サラゴサ)だ。2011-12シーズンにCL初参戦を果たすと、グループステージ第5節のアーセナル戦で初ゴールマーク2016-17シーズンのレギア・ワルシャワ戦では、78秒で2ゴールという離れ業をやってのけた。CLで1試合2ゴールを記録した日本人選手は、香川しかいない。

    ◆■内田篤人

    CL出場クラブシャルケ
    CL通算成績:29試合出場1ゴール
    最高成績:ベスト4

    2010年から2017年まで在籍したシャルケで通算4シーズン、CLに出場。いずれも決勝トーナメント進出を果たし、CL初参戦となった2010-11シーズンには奥寺氏以来となる“欧州4強”経験者となった。同シーズンの準々決勝では、インテルに所属していた長友佑都との“日本人対決”も実現。日本代表サイドバック同士のマッチアップとしても大きな注目を集めた。そんな内田がCL唯一のゴールを決めた試合が、2013-14シーズングループステージ第1節・ステアウア・ブカレスト戦。クロスがそのままゴールネットを揺らすというラッキーな形での得点だった。

    ◆■岡崎慎司

    CL出場クラブレスター
    CL通算成績:7試合出場1ゴール
    最高成績:ベスト8

    プレミアリーグで“奇跡の優勝”を果たした翌シーズン、欧州最高峰の舞台に初挑戦。グループステージ第5節のクラブブルージュ戦でCL初先発を果たすと、鮮やかなボレーシュートで初ゴールを記録した。2-1で勝利したチームは、CL初出場ながら決勝トーナメントに進出。ラウンド16ではセビージャを撃破し、CLの舞台でも“レスター旋風”を巻き起こした。

    (記事/Footmedia

    CLでゴールを決めた男たち [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】南野で史上8人目…欧州最高峰の舞台でゴールを挙げた日本人選手たち】の続きを読む

    このページのトップヘ