Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > AFCチャンピオンズリーグ (ACL)



    (出典 www.nikkei.com)



    1 久太郎 ★ :2018/03/13(火) 20:51:48.17 ID:CAP_USER9.net

     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループステージ第4節が13日に行われ、鹿島アントラーズ(日本)とシドニーFC(オーストラリア)が対戦した。

     鹿島は10日に行なわれた明治安田生命J1リーグ第3節・サンフレッチェ広島戦からスタメンを8名変更。GKはクォン・スンテに代わり曽ヶ端準、左サイドバックには2年目の小田逸稀が抜擢された。

     27分、CKの流れから小田が中へクロスを上げると相手DFがクリアミス。ゴール前の金崎夢生が頭で押し込んで、鹿島が先制した。前半は鹿島の1点リードで折り返す。

     後半に入り70分、左サイドからのクロスをマット・サイモンに頭で決められ、同点に追いつかれた。

     試合は1-1で終了。ACL3連勝とはならなかったが、2勝2分け0敗で4戦負けなしとし突破へまた一歩前進した。

     次戦は4月3日、鹿島はアウェイで上海申花(中国)と対戦する。

    【スコア】
    鹿島アントラーズ 1-1 シドニーFC

    【得点者】
    1-0 27分 金崎夢生(鹿島)
    1-1 70分 マット・サイモン(シドニーFC)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00728022-soccerk-socc


    【【ACL】鹿島が金崎弾で先制も追いつかれドロー…ACL3連勝ならずも4戦無敗で突破へ前進!】の続きを読む



    (出典 saga.ismcdn.jp)



    1 久太郎 ★ :2018/03/13(火) 19:23:13.62 ID:CAP_USER9.net

    ■ACL・グループF第4節 メルボルンV 1-0 川崎F

    メルボルンV:バーバルーゼス(90+1分)

    川崎F:なし

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループF第4節が13日に行われ、川崎フロンターレはメルボルン・ヴィクトリー(オーストラリア)とアウェイ・メルボルン レクタンギュラースタジアムで対戦した。

    川崎FはFW大久保嘉人やFW知念慶、MF長谷川竜也らを起用するなど、直近のリーグ戦からスタメン6人を入れ替えて臨む。ホームのメルボルンVは、出場停止のMFカール・ヴァレリに代えてMFステファン・ニグロを先発させた。

    互いに今大会未勝利の両クラブ。序盤から積極的に得点を奪いにいく。川崎Fは数度の決定機を迎えるも、GKローレンス・トーマスの好守に阻まれ、得点にはつながらない。前半はスコアレスで終了。

    58分にはMF家長昭博がペナルティエリアぎりぎりの位置で倒されるが、PKではなくFKの判定。ここでFW小林悠を投入するも得点はならず。終盤にはセットプレーから小林がヘッドをたたき込むも、オフサイドの判定。すると90+1分、FWコスタ・バーバルーゼスに決められ、0-1で川崎Fの敗戦。グループステージ突破は非常に厳しい状況となった。

    川崎Fの次戦は、18日に行われる明治安田生命J1リーグ第4節。名古屋グランパスとアウェイで対戦する。ACL第5節は4月4日、上海上港(中国)とのアウェイゲームとなる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00000013-goal-socc


    【【ACL】川崎フロンターレ、グループ突破は風前の灯火か…メルボルンVに敗れ絶体絶命…】の続きを読む



    (出典 sp.soccer.findfriends.jp)



    1 久太郎 ★ :2018/03/07(水) 20:58:03.08 ID:CAP_USER9.net

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループステージ第3節が7日に行われ、川崎フロンターレ(日本)とメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)が対戦した。

     序盤から主導権を握った川崎は28分、細かいパス交換で攻め込むと、ペナルティエリア内右に流れたボールをエウシーニョが左足で狙う。低い弾道のシュートがゴール左に決まり、先制点となった。

     だが36分、メルボルンは右CKを得ると、レロイ・ジョージが左足で蹴ったボールがオウンゴールを誘発し、前半のうちに試合を振り出しに戻した。

     追い付かれて後半を迎えた川崎は55分、大島僚太からのスルーパスでエリア内右に抜け出した小林悠がゴール前に折り返す。このボールを登里享平が流し込み、勝ち越しに成功した。

     このまま逃げ切りたい川崎だったが後半アディショナルタイム3分、奈良竜樹がエリア内でファウルを*、メルボルンにPKが与えられる。これをジョージが決め、メルボルンが土壇場で同点に追い付いた。

     試合はこのまま2-2でタイムアップを迎え、川崎はACL初勝利を逃す結果となった。

     次節は13日に行われ、メルボルンのホームに川崎が乗り込む。

    【スコア】
    川崎フロンターレ 2-2 メルボルン・ビクトリー

    【得点者】
    1-0 28分 エウシーニョ(川崎)
    1-1 36分 オウンゴール(車屋紳太郎)(メルボルン)
    2-1 55分 登里享平(川崎)
    2-2 90+3分 レロイ・ジョージ(PK)(メルボルン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180307-00725143-soccerk-socc


    【【ACL】川崎、終了間際に痛恨のPK献上…3試合未勝利で決勝T進出が遠のく】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    1 久太郎 ★ :2018/03/07(水) 19:22:58.06 ID:CAP_USER9.net

     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループステージ第3節が7日に行われ、鹿島アントラーズ(日本)がシドニーFC(オーストラリア)と対戦した。

     シドニーFCに攻め込まれていた時間が長かったものの、鹿島が先にチャンスを掴んだ。40分、CKのこぼれ球を鈴木優磨がペナルティエリアの中でシュートを放つと、ゴール前フリーになっていた土居聖真がコースを変えてゴールに流し込んだ。

     後半に入ると、再びシドニーに攻め込まれる。62分、右サイドを突破されると、中央にフリーで待っていたアドリアン・ミエジェイェフスキに横パスを出される。1点もののピンチを迎えたが、曽ヶ端準がスーパーセーブを見せてチームの危機を救った。

     さらに66分、ワンツーでペナルティエリア内に侵入したミエジェイェフスキ再びフリーでシュートを打たれるも、またもや曽ヶ端がファインセーブを見せてゴールを割らせない。

     攻撃をしのいだ鹿島は87分に相手を追い詰める。左CKから山本脩斗がヘディングでコースを変え、ゴール手前にポジションを取っていた植田直通がボールに反応し、頭で押し込んだ。

     最後まで相手にゴールを与えなかった鹿島が勝ち点3を獲得。ACLで2連勝を達成した。

    【スコア】
    シドニーFC 0-2 鹿島アントラーズ

    【得点者】
    0-1 40分 土居聖真(鹿島)
    0-2 87分 植田直通(鹿島)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180307-00725109-soccerk-socc


    【【ACL】鹿島、アウェイでACL2連勝達成!土居と植田のゴールで完封勝利!!】の続きを読む


    ◎喜ぶ柏イレブン=ACLサッカー | ニコニコニュース



    (出典 www.soccer-king.jp)



    アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグ第3戦。傑志(香港)に勝利し、喜ぶ柏イレブン=6日、千葉・三協フロンテア柏スタジアム 【時事通信社】



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ACL】柏がACL、嬉しい初勝利!!】の続きを読む

    このページのトップヘ