Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > AFCチャンピオンズリーグ (ACL)



    (出典 www.soccer-king.jp)



     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ(GS)第6節(最終節)が16日から18日にかけて各地で行われ、ラウンド16進出クラブが出揃った。

     西地区のグループDでは、DF塩谷司やブラジル人MFカイオらが所属するアル・アイン(UAE)がアル・ラーヤン(カタール)との大一番で4-1と快勝。アウェイでの勝利により、ラウンド16進出を決めた。

     日本勢4クラブが所属する東地区はグループEからHまでの4組。グループEの柏レイソル、グループFの川崎フロンターレは前節を終えた時点で敗退が決まった。そしてグループGでは、セレッソ大阪が広州恒大(中国)とのアウェイゲームで1-3と敗戦。勝てばラウンド16進出が決まる大一番で敗れ、グループステージ敗退となった。

     日本勢で唯一、ラウンド16進出を決めている鹿島アントラーズは水原三星(韓国)とホームで対戦。0-1と完封負けを喫し、今大会初黒星で2位に転落した。以上の結果、ラウンド16ではグループFを首位通過した上海上港(中国)と対戦することとなった。

     グループステージ最終順位とラウンド16の対戦カードは以下のとおり。ファーストレグは5月7日から9日、セカンドレグは同14日から16日に開催される。

    ■CL・GS最終順位

    ▼グループA
    1位 アル・アハリ(勝ち点14/得失点差5)◎ラウンド16進出
    2位 アル・ジャジーラ(勝ち点8/得失点差0)◎ラウンド16進出
    3位 アル・ガラファ(勝ち点8/得失点差1)
    4位 トラークトゥール・サーズィー(勝ち点2/得失点差-8)

    ▼グループB
    1位 レフウィヤ(勝ち点18/得失点差7)◎ラウンド16進出
    2位 ゾブ・アハン(勝ち点7/得失点差-2)◎ラウンド16進出
    3位 ロコモティフ・タシュケント(勝ち点7/得失点差4)
    4位 アル・ワンダ(勝ち点3/得失点差-9)

    ▼グループC
    1位 ペルセポリス(勝ち点13/得失点差5)◎ラウンド16進出
    2位 アル・サッド(勝ち点12/得失点差6)◎ラウンド16進出
    3位 FCナサフ(勝ち点10/得失点差-4)
    4位 アル・ワスル(勝ち点0/得失点差-7)

    ▼グループD
    1位 エステグラル(勝ち点12/得失点差4)◎ラウンド16進出
    2位 アル・アイン(勝ち点10/得失点差4)◎ラウンド16進出
    3位 アル・ラーヤン(勝ち点6/得失点差-4)
    4位 アル・ヒラル(勝ち点2/得失点差-4)

    ▼グループE
    1位 全北現代(勝ち点15/得失点差13)◎ラウンド16進出
    2位 天津権健(勝ち点13/得失点差4)◎ラウンド16進出
    3位 柏レイソル(勝ち点4/得失点差-2)
    4位 傑志(勝ち点3/得失点差-12)

    ▼グループF
    1位 上海上港(勝ち点11/得失点差4)◎ラウンド16進出
    2位 蔚山現代(勝ち点9/得失点差4)◎ラウンド16進出
    3位 メルボルン・ビクトリー(勝ち点8/得失点差-5)
    4位 川崎フロンターレ(勝ち点3/得失点差-3)

    ▼グループG
    1位 広州恒大(勝ち点12/得失点差6)◎ラウンド16進出
    2位 ブリーラム・ユナイテッド(勝ち点9/得失点差1)◎ラウンド16進出
    3位 セレッソ大阪(勝ち点8/得失点差-2)
    4位 済州ユナイテッド(勝ち点3/得失点差-5)

    ▼グループH
    1位 水原三星(勝ち点10/得失点差1)◎ラウンド16進出
    2位 鹿島アントラーズ(勝ち点9/得失点差2)◎ラウンド16進出
    3位 シドニーFC(勝ち点6/得失点差-1)
    4位 上海申花(勝ち点5/得失点差-2)

    ■CL・ラウンド16組み合わせ(左がセカンドレグのホーム)

    ▼西地区
    アル・アハリ(サウジアラビア/グループA 1位) vs アル・サッド(カタール/グループC 2位)
    レフウィヤ(カタール/グループB 1位) vs アル・アイン(UAE/グループD 2位)
    ペルセポリス(イラン/グループC 1位) vs アル・ジャジーラ(UAE/グループA 2位)
    エステグラル(イラン/グループD 1位) vs ゾブ・アハン(イラン/グループB 2位)

    ▼東地区
    全北現代(韓国/グループE 1位) vs ブリーラム・ユナイテッド(タイ/グループG 2位)
    上海上港(中国/グループF 1位) vs 鹿島アントラーズ(日本/グループH 2位)
    広州恒大(中国/グループG 1位) vs 天津権健(中国/グループE 2位)
    水原三星(韓国/グループH 1位) vs 蔚山現代(韓国/グループF 2位)

    鹿島はラウンド16でフッキ(右)を擁する上海上港と対戦する [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ACL】鹿島は上海上港と激突…GS全日程終了、R16組み合わせ決定!】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/04/04(水) 21:08:33.02 ID:CAP_USER9.net

    川崎F ACL1次リーグ敗退…蔚山が快勝で試合前に決まる
    2018年4月4日 20:54 スポニチ Sponichi Annex サッカー
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/04/04/kiji/20180404s00002181311000c.html

    昨年Jリーグ王者の川崎Fが4日、ACL1次リーグでの敗退が決まった。

    4試合を終えて勝ち点1の川崎Fが奇跡の逆転突破を果たすには、この日のアウェー・上海上港戦に勝って、さらにF組のもう1試合の蔚山(韓国)―メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)戦が引き分けに終わることが最低条件だったが、川崎Fより2時間前にキックオフを迎えた蔚山がホームで6―2と快勝し、既に16強入りを決めていた上海上港ともに1次リーグ突破を決めた。

    川崎Fの鬼木監督は前日会見で「そういう状況(試合前に敗退)はありますけど、消化ゲームというのは決してない。とにかく勝つことに集中していきたいと思います」と強調していたものの、チームにはキックオフ前に敗退が決まるという何とも残酷な現実が突きつけられた。

    昨年悲願のリーグ初制覇を飾った川崎Fは、オフに横浜からFW斎藤、FC東京からFW大久保を1年で復帰させるなど大型補強に成功。
    リーグ連覇はもちろんアジア初制覇を目標に掲げたが、その目標は残念ながら来年以降に持ち越しとなった。そのためにもここからリーグ戦でのさらなる奮起が期待される。


    【【ACL】川崎F 1次リーグ敗退…蔚山が快勝で試合前に決まる…】の続きを読む



    (出典 enjoycerezo.com)



    1 動物園φ ★ :2018/04/03(火) 20:51:35.84 ID:CAP_USER9.net

    セレッソ大阪 2-1 済州ユナイテッド

    16' Eiichi Katayama
    34' Yoichiro Kakitani
    90' Jin Seong Wook

    http://www.livescore.com/soccer/asia/champions-league-group-g/cerezo-osaka-vs-jeju-united/1-2692181/


    【【ACL】セレッソ、済州を2−1で下す GL突破へ前進!】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 動物園φ ★ :2018/04/03(火) 22:54:23.42 ID:CAP_USER9.net

    AFCチャンピオンズリーグ グループステージ  MD5
    2018年4月3日21:00KO 虹口

    上海緑地申花 2-2 鹿島

    1-0 13' ジョバンニ モレノ(PK)
    2-0 28' マオ ジエンチン
    2-1 58' 鈴木 優磨
    2-2 63' レアンドロ

    https://www.jleague.jp/sp/match/acl/2018/040308/livetxt/


    【【ACL】鹿島、アウェー上海申花戦で0-2から追いつきGL突破確定!】の続きを読む



    (出典 chantsoccer.com)



    1 Egg ★ :2018/03/13(火) 22:26:45.54 ID:CAP_USER9.net

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は13日、東地区の第4節1日目を各地で行った。

    川崎フロンターレはメルボルン・ビクトリー(豪州)に0-1で敗れ、
    決勝トーナメント進出は絶望的な状況に。だが、残された2試合で2連勝すれば、ライバルチームの成績次第では可能性が残っているようだ。

    別会場では上海上港(中国)が蔚山現代(韓国)に1-0で勝利したため、第4節終了時点での順位は以下のようになっている。

    1.上海上港(中国)(10)+5
    2.蔚山現代(韓国)(5)0
    3.メルボルン・ビクトリー(豪州)(5)-2
    4.川崎F(日本)(1)-2

    すでに上海上港との勝ち点差は7に広がっているため、首位に立つことはできないが、2位に立つ可能性は残されている。条件は川崎Fが2連勝で勝ち点7とすることに加え、
    蔚山現代が勝ち点2以下、メルボルンが勝ち点1以下(※直接対決のスコアで下回っているため勝ち点で並ぶと川崎Fが敗退)に終わることだ。

    また、残された2節のカードは以下のスケジュールとなっている。

    第5節
    4月4日(水)
    蔚山現代 19:00 メルボルン・ビクトリー [蔚山]
    上海上港 21:00 川崎F [上海]

    第6節
    4月18日(水)
    川崎F 19:00 蔚山現代 [等々力]
    メルボルン・ビクトリー 19:00 上海上港 [メルボルン]

    川崎Fが2連勝を果たしたと仮定して、問題となるのは第5節の蔚山現代対メルボルン戦。ここでいずれかが勝利した場合、川崎Fのトーナメント進出はなくなる。
    また、引き分けとなった場合でも、最終節で上海上港がメルボルンに勝てなければ突破はできない。

    すなわち、①川崎Fが2連勝、②第5節で蔚山現代とメルボルンが△、③第6節でメルボルンが上海上港に●の3条件がそろえば決勝トーナメントに進出できることになる。
    また、蔚山現代と川崎Fとの勝ち点が並んだ場合、直接対決のスコアが順位決定にかかわる。第2節の対戦では1-2で敗れていたため、最終節は2点差以上での勝利が望まれる。

    3/13(火) 20:57配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-01651457-gekisaka-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【絶体絶命】<川崎フロンターレ>グループ最下位も、まだまだ可能性は残されている… ACL決勝トーナメント進出の条件は?】の続きを読む

    このページのトップヘ