Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > AFCチャンピオンズリーグ (ACL)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


     13日、AFCチャンピオンズリーグACL)の準決勝が行われ、ヴィッセル神戸が蔚山現代との一戦に臨んだ。

     神戸にとっては、PK戦までもつれこむ激戦となった準々決勝の水原三星戦から中2日。疲労の蓄積が心配される上、チームの核であるアンドレス・イニエスタをケガで欠く状態で今大会無敗を維持する蔚山現代との大一番に挑むこととなった。

     ここまで8試合で19得点と圧倒的な攻撃力を誇る蔚山現代にペースを握られながらも、神戸はカウンターを中心に決定機を演出する。24分、山川哲史からの右クロスにニアサイドドウグラスが合わせるも、ヘディンシュートは枠の右へ。26分には郷家友太が強烈なミドルシュートを放ったが、相手GKの好セーブに阻まれた。

     スコアレスで迎えた後半、先にスコアを動かしたのは神戸だった。52分、右CKで安井拓也がグラウンダーのボールを供給。ペナルティエリア外から走り込んだ山口蛍が鮮やかなダイレクトシュートを突き刺し、貴重な先制点を挙げた。

     75分には敵陣でプレスを掛けてボールを奪い、ドウグラスが運んで右サイドの安井へパス。安井のシュートはGKに防がれるも、こぼれ球を佐々木大樹が押し込みネットを揺らす。しかし、VAR(ビデオアシスタント・レフェリー)が介入し、カウンターの場面でのファウルを取られ、ゴールは取り消された。

     すると81分、ユン・ビッガラムのシュートをビヨルン・ヨハンセンがわずかに触ってコースを変え、今度は蔚山現代がネットを揺らす。一度はオフサイドにより取り消されたものの、VARの介入によりゴールが認められ、1-1の同点に。90分では決着がつかず、延長戦に突入した。

     103分、蔚山現代が絶好機を迎えた。左サイドからのクロスヨハンセンが頭で合わせるも、神戸GK前川黛也がビッグセーブを見せる。109分には神戸のチャンス。右サイド深い位置でのFKにドウグラスが合わせたボールは相手GKの好セーブに遭った。

     決勝ゴール119分、ジュニオール・ネグランエリア内で前川に倒され、蔚山現代にPKが与えられる。これをネグランが自分で決め、2-1と逆転。このままタイムアップを迎え、蔚山現代が決勝進出を決めた。

    スコア
    蔚山現代 2-1 ヴィッセル神戸

    【得点者】
    0-1 52分 山口蛍ヴィッセル神戸
    1-1 83分 ビヨルン・ヨハンセン(蔚山現代)
    2-1 119分 ジュニオール・ネグラン(蔚山現代)

    ACL準決勝で神戸と蔚山現代が対戦した [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ACL】明暗分けたVAR…神戸は延長後半にPK被弾でACLベスト4敗退、蔚山現代が決勝へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    横浜F・マリノスのDFティーラトンが、全北現代モータース戦を振り返った。

    横浜FMは1日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH第5節で全北現代(韓国)と対戦。攻撃陣が火を吹き、4-1で勝利を収めた。

    28日に行われた上海上港戦では1-2で敗れていた横浜FM。しかし、この試合では17分にティーラトンのミドルシュートが決まり先生。さらに後半にはマルコス・ジュニオールゴールリードを広げる。

    しかし54分にPKを与えるとグスタボに決められ1点差に。それでも71分に仲川輝人、83分にオナイウ阿道と効果的に得点を重ねて勝利。この結果、グループステージ突破が決定した。

    試合後、先制ゴールを決めたティーラトンは「今日の勝利はすごく嬉しいです」とチームの勝利を喜び、「チームの目標はグループステージを突破する事で、今日は自分たちのサッカーで勝利できたことは、とても良い流れにできると思います」と、この勝利で勢いに乗れると手応えを感じたようだ。

    また、自身の豪快なミドルシュートについては「チャンスが来たので打つしかないと思って打ってみたら、ゴールになってすごく嬉しかったです」と振り返り、「残りの試合がありますが、全試合勝てるように頑張るので、応援よろしくお願いします」とこの先の応援も期待していると語った。

    この試合では左ウイングに本職が左サイドバックの高野遼が起用され、左サイドで良い関係を生み出していた。ティーラトンは高野とのコンビについて「高野と同じポジションなので考えていることは一緒だと思う」と考えていることがわかると語り、「彼が僕の1つ前のポジションウイングをやっていることは、僕がウイングをやるとなったら同じことが考えられる」と、自分の立場が逆でも同じ考えを持てるとコメント。「試合を重ねることで良くなっていく手応えも感じている」とコンビネーションに手応えを感じていると語った。

    また、「去年はマテウスがいたが、高野もスピードや突破できる推進力があり、似たスタイルなので、すごくやりやすい」と語り、現在は名古屋グランパスプレーするFWマテウスと似ているとコメント。「どういう選手、どういう相手でも自分たちのサッカーができれば良い結果になると思う。誰が出ても良いサッカーができるように頑張って行きたいと思う」とし、この先の戦いでも良いコンビネーションを見せられると語った。

    横浜FMは4日にグループステージ最終節でシドニーFCと対戦。グループ首位通過を目指して戦う。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】「打つしかないと思った」豪快ミドルで先制弾のティーラトン、左サイドのコンビに「手応えも感じている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    横浜F・マリノスアンジェ・ポステコグルー監督が、全北現代モータース戦を振り返った。

    横浜FMは1日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH第5節で全北現代(韓国)と対戦。攻撃陣が火を吹き、4-1で勝利を収めた。

    28日に行われた上海上港戦では1-2で敗れていた横浜FM。しかし、この試合では17分にティーラトンのミドルシュートが決まり先生。さらに後半にはマルコス・ジュニオールゴールリードを広げる。

    しかし54分にPKを与えるとグスタボに決められ1点差に。それでも71分に仲川輝人、83分にオナイウ阿道と効果的に得点を重ねて勝利。この結果、グループステージ突破が決定した。

    試合後、ポステコグルー監督は「とても嬉しい結果になった」とグループステージ突破を喜び、「最初から良いプレーができ、ティーラトンの素晴らしいゴールで先制できた。良いゴールだった」とティーラトンの先制ゴールが大きく影響したとコメントした。

    試合については「1-0の段階でなかなか次のゴールが奪えないと難しい状況になり、相手も来てしまう。後半はスマートに落ち着いてできたし、良いカウンターがいくつもあり、追加で3点も素晴らしいゴールを決められた」とコメントカウンターからしっかりと追加点を奪えたことを喜んだ。

    前回の敗戦からバウンスバックを見せた選手については「選手を誇りに思いますし、グループステージ突破はクラブ史上初の事なので、みんなで快挙を成し遂げたと思う。まだまだ試合はあるし、どんどん続けていければと思う」とし、この先の戦いでもしっかりと勝ち上がりたいと語った。

    横浜FMとして初のグループステージ突破だが、ポステコグルー監督としてはクラブにとって重要なことだと考えているようだ。

    「去年(リーグ戦を)優勝したのはクラブにとって15年ぶりだった。今年は2連覇を狙って行ったが難しい状況になった。他のカップ戦でも敗退し、自分たちに残されたのはこの大会だけだ」

    クラブにとってまだまだ成長できる部分がたくさんある中で、1つ1つクリアしていくことが大事。その中でもグループステージ突破も快挙だが、まだまだ何も成し遂げていない」

    グループステージ突破という最初の目標を達成したものの、「何も成し遂げていない」と語ったポステコグルー監督。チームには「まだまだ試合が続く中で、どんどん進化して進んでいくことが大事」とし、「今年に関しては本当に難しいシーズンになった。ただ、自分たちが掴めるものがあるので、しっかり戦って行きたい」と語り、成長しながらもタイトルを目指すと力強く語った。

    これまでオーストラリア代表監督も務めたことがあるポステコグルー監督だが、代表チームクラブチームの違いについてもコメント。この難しいシーズンで、チーム一丸となって戦えていることはクラブにしかできないと語った。

    「自分はたくさんの経験をしている中で、代表とクラブのやり方は違う。クラブに関してはこのチームを率いて、24時間7日間選手と一緒にいることができる。リカバリーも大事になってくるし、今年のこのコロナの影響で、自分たちだけでなく世界中が大変な思いをしてチャレンジングなシーズンだった」

    メンタル面でもそうだし、この大会ではホテルにずっと缶詰状態だ。サッカー漬けの毎日を続けていくために、フィジカル面もメンタル面も、しっかりコントロールしながらやっていく。その中で自分以外のスタッフ一同が力を合わせて、本当に良い関係で、いい環境づくり、雰囲気も含めてやっている」

    「よくやっていれば本当に良い結果が生まれる。ただ、スムーズにいかなければ結果にもつながる。一丸となって力を合わせてできることはクラブの醍醐味であり、代表ではなかなか味わえないことだ」

    横浜FMは4日にグループステージ最終節でシドニーFCと対戦。グループ首位通過を目指して戦う。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】クラブ史上初のGS突破を果たした横浜FM・ポステコグルー監督「まだまだ何も成し遂げていない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    アジアサッカー連盟(AFC)は13日、マレーシアのジョホールダルル・タクジム(JDT)がAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020を棄権したことを発表した。

    JDTはグループGに入り、ヴィッセル神戸、広州恒大、水原三星ブルーウィングスと同居。ここまで2試合を行っていた。

    11月18日からはカタールで集中開催されるACLだが、JDTはマレーシア政府からカタールへの渡航許可が下りなかったことを11日に発表。参加を諦める旨を発表していた。

    AFCもJDTの棄権を認めたこととなり、この結果、大会規則によりJDTの試合が全て無効となることに。神戸は開幕戦で5-1と大勝を収めていたが、この試合結果がないものとなった。

    これによりグループGは3チームのみの参加となり、神戸は水原三星に1-0で勝利しておりグループ首位。2位は未消化の広州恒大、3位に水原三星となる。なお、試合スケジュールに変更はない。

    ACL2020 グループG日程

    2月19日
    水原三星 0-1 ヴィッセル神戸

    11月22日
    水原三星 vs 広州恒大

    11月25日
    広州恒大 vs ヴィッセル神戸

    11月28日
    ヴィッセル神戸 vs 広州恒大

    12月1日
    広州恒大 vs 水原三星

    12月4日
    ヴィッセル神戸 vs 水原三星

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ACL】神戸の5-1勝利が無効に…ジョホール・ダルル・タクジムのACL棄権が決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    アジアサッカー連盟(AFC)は27日、今シーズンAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に関して、グループGとグループHの試合をマレーシアで開催することを発表した。

    新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、2月以降の試合が中断されていたACL。先日、10月から集中開催することが発表されていたが、今回マレーシアサッカー協会がホストとして承認。グループGとグループHの試合がマレーシアで集中開催される。

    Jリーグから参戦しているクラブは、グループGにはヴィッセル神戸グループHには横浜F・マリノスが入っている。

    グループステージ10月17日から11月1日まで行われ、マレーシアでは11月4日開催のラウンド16、11月25日の準々決勝2試合、準決勝1試合を行うことも決定した。なお、ノックアウトステージは1試合のみで開催。決勝は西アジアのいずれかの国で行われる。

    また、グループEとFC東京が入っているグループFの集中開催場所はまだ決定していない。

    マレーシア開催の日程
    グループG】
    10月17日
    ジョホールダルル・タクジム vs 広州恒大

    10月20日
    水原三星ブルーウィングス vs 広州恒大

    10月23日
    水原三星ブルーウィングス vs ジョホールダルル・タクジム
    広州恒大 vs ヴィッセル神戸

    10月26日
    ヴィッセル神戸 vs 広州恒大

    10月29日
    ジョホールダルル・タクジム vs ヴィッセル神戸
    広州恒大 vs 水原三星ブルーウィング

    11月1日
    ヴィッセル神戸 vs 水原三星ブルーウィング
    広州恒大 vs ジョホールダルル・タクジム

    グループH】
    10月17日
    シドニーFC vs 上海上港

    10月20日
    全北現代モータース vs 上海上港

    10月23日
    上海上港 vs 横浜F・マリノス
    全北現代モータース vs シドニーFC

    10月26日
    横浜F・マリノス vs 上海上港

    10月29日
    上海上港 vs シドニーFC
    横浜F・マリノス vs 全北現代モーター

    11月1日
    シドニーFC vs 横浜F・マリノス
    上海上港 vs 全北現代モーター

    【ラウンド16】
    11月4日
    グループG1位 vs グループH2位
    グループH1位 vs グループG2位

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】集中開催のACL、横浜FMと神戸はマレーシアで10月から11月に開催】の続きを読む

    このページのトップヘ