Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > FIFAクラブワールドカップ (CWC)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    クラブワールドカップを制覇したチェルシーだが、その分のボーナスが選手たちに支払われることはないようだ。イギリスデイリーメール』が伝えている。

    先日、南米王者のパウメイラスを下し、世界一に輝いたチェルシーUEFAスーパーカップも合わせると、700万ポンド以上の賞金が懐に入ったことになる。しかし、選手たちには一切ボーナスは入らないようだ。

    ボーナスについてはシーズン前にクラブ毎に選手たちと交渉することが通例となっているが、『デイリーメール』によれば、チェルシーの選手たちは両大会に関するボーナスを含めなかったという。

    チェルシーボーナス事情は、プレミアリーグの中でもトップクラスに条件達成が難しいとされている。各コンペティションで優勝すればもちろん貰えるが、国内においては優勝以外では支給されないという。

    ただ、チャンピオンズリーグでは決勝戦到達で一定のボーナスが貰える他、それぞれの優勝ボーナスは他クラブよりも色がついた額となっているようだ。


    いよいよCL決勝トーナメント開幕!
    決勝まで全試合をWOWOW生放送生配信
    >>無料トライアルはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】世界一に輝いたチェルシー、選手たちにボーナスは支給されず?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    クラブワールドカップ(CWC)を制覇し、見事世界王者に輝いたチェルシー。今後ユニフォームにはその証であるバッジが付与されるようだ。

    チェルシーは12日、CWC決勝戦で南米王者パウメイラスを破り、世界一クラブとなった。初めてヨーロッパを制して臨んだ2012年の同大会では、同じく南米王者のコリンチャンス相手に涙を飲んでいたため、借りを返すという意味でも喜びは一入となった。

    世界王者という名声とともに、チェルシーは物理的にもそれを誇示する権利を獲得。今後、ユニフォームの胸の部分には、その証となる金のバッジが付けられることになる。

    ただ、プレミアリーグでは規定によりシーズン途中でのユニフォームデザイン変更は認められていないため、残念ながら国内リーグで披露される機会はない。

    そのため、ファンが特別仕様の青のキットを見られるのはチャンピオンズリーグに限られる。初お披露目は、22日に予定されている決勝トーナメント1回戦のリール戦で、舞台は本拠地スタンフォードブリッジだ。

    なお、世界王者の証は来季まで着用可能となっているため、プレミアリーグでも見られる可能性はあるようだ。

    いよいよCL決勝トーナメントが開幕!
    PSG VSレアルマドリード1st LegはWOWOWで無料放送!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】世界王者チェルシー、記念バッジはCLでのみ許可 プレミアリーグは規定により却下】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     チェルシーに所属するイングランド代表MFメイソン・マウントが、右足首の検査を受けるようだ。13日にイギリスメディア『アスレティック』が報じた。

     マウントは12日に行われたFIFAクラブワールドカップ2021決勝のパルメイラス戦で先発出場したが、前半に右足首を負傷。31分にクリスティアン・プリシッチとの交代でピッチを後にしていた。

     なお、チェルシーは延長戦の末に2-1で勝利し、悲願の大会初制覇を果たした。マウントは右足首に包帯とギプスを付けた状態でセレモニーに参加していた。

     チェルシーを率いるトーマス・トゥヘル監督は試合後、「相手が彼の足首に乗っかる格好となり、じん帯をひどく痛めたんだ。彼は私のところに直行し、気分が優れず、痛いと言ってきた」とマウントの状態についてコメントしている。

     報道によると、マウントは13日のロンドン帰還後に足首をスキャンして状態を確認することになるようだ。

     現在23歳のマウントは、今季の公式戦でここまで34試合に出場し、7ゴール8アシストを記録している。

    CWC決勝で負傷したマウント [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CWC】チェルシーのMFマウント、右足首じん帯を検査へ…クラブW杯決勝で負傷交代】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    チェルシーブラジル代表DFチアゴ・シウバが、クラブワールドカップ(CWC)の最優秀選手に選ばれた。

    チェルシーの優勝で幕を閉じた今回のCWC。準決勝ではアジア王者のアル・ヒラルと対戦し、FWロメル・ルカクゴールで勝利。決勝でもそのルカクと、延長後半にMFカイ・ハヴァーツがPKを決めて、南米王者パウメイラスを破りクラブ史上初の世界一に輝いた。

    チアゴ・シウバは2試合ともフル出場。決勝ではハンドでPKを与えてしまう一幕もあったが、ディフェンスラインコントロール、対人守備、ボールリカバリーなど、DFに必要な要素を全てトップレベルでこなし、後ろからチームを支え続けた。

    結果的に大会MVPに贈られる『ゴールデンボール』を受賞することになったチアゴ・シウバ。待ち望んだ瞬間だと、喜びを爆発させた。

    「計り知れない幸せを感じているよ。この瞬間を37年間待ってたんだ」

    「このために多くの犠牲を払ってきた。世界チャンピオンになるのはとてもとても難しいことなんだ。僕もみんなも本当に幸せだよ」

    「本当にタフな試合だった。このような決勝戦では小さなことが違いを生む。相手はハンドでPKを貰い、僕らもハンドでPKを貰った。でも、全体的には僕たちは結果に値すると思うし、世界チャンピオンとしてピッチを去るに値すると思う」

    チアゴ・シウバの貢献度にはトーマス・トゥヘル監督も舌を巻いている。ハンドでPKを与えたことについては冗談を交えながらも、世界一のDFに輝いた同選手を称賛した。

    「まあ…彼はハンドパフォーマンスを台無しにするところだったね!」

    「彼は素晴らしい選手であり、素晴らしい人間だ。全ての称賛に値する。彼がこの賞を手にしたことを嬉しく思う。完全に彼にふさわしいものだ」

    なお、『シルバーボール』と『ブロンズ・ボール』は、それぞれパウメイラスのMFダニーロとFWドゥドゥが受賞した。

    いよいよCL決勝トーナメントが開幕!
    PSG VSレアルマドリード1st LegはWOWOWで無料放送!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CWC】チアゴ・シウバがクラブ・ワールドカップの最優秀選手に!「37年間この瞬間を待っていた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    チェルシートーマス・トゥヘル監督が、クラブワールドカップ(CWC)優勝直後にあった、ロマン・アブラモビッチ氏との会話の内容を明かしている。

    12日にCWC決勝のパウメイラス戦に臨んだチェルシー。立ち上がりから押し込みながらも、ゴール前を固める相手に攻めあぐねる内容が続く。それでも54分にFWロメル・ルカククロスを頭で合わせて先制。だが、直後の64分にはDFチアゴ・シウバがペナルティエリアハンド判定となり、PKで同点に追い付かれてしまう。

    試合は延長戦にもつれ込み、決勝戦らしい激戦へ。そんな一戦に決着をつけたのは意外な形だった。延長後半にDFセサル・アスピリクエタが放ったシュートが相手の手に当たったとしてチェルシーはPKを獲得。これをMFカイ・ハヴァーツが決めて、見事チェルシーが世界王者に輝いた。

    大会前に新型コロナウイルス感染が判明し、準決勝のアル・ヒラル戦までイギリス滞在を余儀なくされたトーマス・トゥヘル監督も無事に間に合った中、優勝セレモニーには、オーナーのアブラモビッチ氏もピッチに降りて選手たちと喜びを分かち合った。

    2人もハイタッチをするなど世界一の余韻に浸ったが、試合後の会見で指揮官は、その際の会話の内容を明らかにした。

    「決勝戦の直後にピッチで彼に会った。私も彼も『おめでとう』と言い合ったよ」

    「私は言った。『これはあなたのものだ。このクラブはあなたのものだ。あなたの情熱がこれを可能にしたんだ』と。我々はその一部になれて幸せだ。もちろん、このトロフィーは彼に捧げるよ」

    なお、チェルシーはアブラモビッチ氏のオーナー就任以来、獲得可能なタイトルを全て手にしたことになる。

    いよいよCL決勝トーナメントが開幕!
    PSG VSレアルマドリード1st LegはWOWOWで無料放送!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CWC】世界一に輝いたチェルシー、トゥヘル監督は主君アブラモビッチを祝福「このトロフィーは彼のもの」】の続きを読む

    このページのトップヘ