Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > FIFAクラブワールドカップ (CWC)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    カタールで行われたFIFAクラブワールドカップリヴァプールはフラメンゴとの決勝に1-0で勝利し、初優勝を遂げた。

    延長戦にまでもつれ込んだ激戦を制した後、主将ジョーダン・ヘンダーソンはこんな形でトロフィーを掲げていたぞ。

    焦らしてからのドッカン!

    BBC』によれば、ヘンダーソンは試合後にはこう述べていたそう。

    ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプールMF)

    「面白い試合だった。見るには面白い試合だったと確信しているよ。

    でも、僕らは立ち止まらなかったし、いいパフォーマンスといいメンタリティがはっきりと表れていた。

    もう何点かは決められていたかもしれない。全体的には難しい状況での結果とパフォーマンスに満足しているよ」

    面白い試合だったとしつつ、今後も改善とハードワークを続けていくと気を緩める様子はなかった。

    リヴァプール、クラブW杯初優勝!主将ヘンダーソン「おもしろかった」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【クラブW杯】リヴァプール、クラブW杯初優勝!主将ヘンダーソン「おもしろかった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.football-zone.net)



    18日に行なわれたクラブワールドカップ準決勝で、欧州王者リヴァプールはモンテレー(メキシコ)と対戦。2-1という結果で勝利を収めた。

    その先制点を決めたのは意外にもMFナビ・ケイタ。それを導いたのは、モハメド・サラーの見事なスルーパスだった(動画14秒~)。

    時間をかけたキープから股抜き!鮮やか過ぎる…。

    この後はモンテレーにかなりチャンスを与え追いつかれるなど苦戦はしたものの、途中出場のフィルミーノがアディショナルタイムで追加点を決めて勝ち越し。

    最終的には南米王者フラメンゴが待つ決勝へ駒を進めることに成功し、プライドを見せつけた。

    サラー、クラブW杯で見せた「マジカルなキラーパス」がこれ!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【クラブW杯】サラー、クラブW杯で見せた「マジカルなキラーパス」がこれ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    733D45FF-E0A1-4951-A249-AC2313B93845

    1 Egg ★ :2019/12/19(木) 09:11:56.93 ID:+jAGpIpV9.net

    FIFAクラブワールドカップ準決勝が18日に行われ、北中米カリブ海王者のモンテレイ(メキシコ)と欧州王者のリヴァプール(イングランド)が対戦した。

     初のクラブW杯制覇を狙うリヴァプールは、守備の要であるDFフィルジル・ファン・ダイクが病欠となり、センターバックは主将のジョーダン・ヘンダーソンとジョー・ゴメスがコンビを組んだ。

     リヴァプールは12分、モハメド・サラーがペナルティエリア内へスルーパスを送ると、走り込んだナビ・ケイタが右足ダイレクトで流し込んで先制に成功した。しかし、モンテレイも14分、ヘスス・ガジャルドがエリア左からボレーを放つと、これはGKアリソンに阻まれたが、こぼれ球をロヘリオ・フネス・モリが押し込んで試合を振り出しに戻した。

     その後はお互いチャンスを作るが、両守護神の好守もあり、1-1のまま膠着状態が続く。試合が再び動いたのは後半アディショナルタイム1分。エリア右でキープしたサラーが落とし、トレント・アレクサンダー・アーノルドが絶妙なグラウンダーのクロスを送る。すると、GK前に飛び込んだロベルト・フィルミーノが流し込んで勝ち越しゴールを決めた。

     試合はこのままタイムアップ。勝利したリヴァプールは、21日に行われる決勝に進出し、南米王者のフラメンゴ(ブラジル)と対戦する。敗れたモンテレイは同日にアジア王者のアル・ヒラル(サウジアラビア)との3位決定戦に臨む。

    【スコア】
    モンテレイ 1-2 リヴァプール

    【得点者】
    0-1 12分 ナビ・ケイタ(リヴァプール)
    1-1 14分 ロヘリオ・フネス・モリ(モンテレイ)
    1-2 90+1分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)


    12/19(木) 4:26配信サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191219-01010749-soccerk-socc

    【サッカー】<南野拓実>健康チェック後にリバプールと契約!英メディア報道...入団は、移籍が可能になる来年1月1日になる見込み
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576672281/

    【サッカー】<日本代表・南野拓実>「イケメンスター誕生間近」世界驚愕のビッグクラブ移籍報道!本田圭佑の再来なるか?★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576541510/

    【サッカー】<複数の英メディア>リバプール、南野拓実を来年1月獲得合意と報道!移籍金10.4億円。ザルツブルクSDクラブ間交渉認める★7
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576411006/


    【【クラブW杯】<リヴァプール>決勝進出!…フィルミーノ劇的決勝弾で北中米カリブ海王者を破る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 football-tribe.com)



    国際サッカー連盟(FIFA)が2021年FIFAクラブワールドカップ(CWC)から24チーム参加を承認した。

    CWCは現在、毎年12月に開催され、6つの大陸王者+開催国の計7チームトーナメント方式で激突。だが、改定に伴い、開催が4年に1度となり、参加枠も欧州→「8」、南アメリカ→「6」、アフリカアジア、北中米→「3」、オセアニア→「1」に増加する。

    また、トーナメント方式のフォーマットにおいても、3つのクラブを8つの組に振り分けたグループステージ勝ち上がり方式に変更。日程については現時点で不確定だが、6月17日7月4日の18日間で行う案が出ているという。

    FIFAの会長を務めるジャンニ・インファンティーノ氏は15日にアメリカのマイアミで行われた理事会で承認後、「世界中のファンが真のCWCをお目にかかることになる。世界で最も優れた真の世界チャンピオンをね」と話した。

    だが、イギリスBBC』など複数メディアによれば、ヨーロッパクラブ連盟(ECA)は今回の承認案に断固否定姿勢を示している模様だ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【サッカー】CWC、2021年大会から“真の王者”決定戦へ FIFA理事会が改定承認】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    B0E63247-130D-4945-95DD-B7AE046588FA


    1 豆次郎 ★ :2018/12/23(日) 03:22:46.67 ID:CAP_USER9.net

    12/23(日) 3:21配信
    レアルが4発快勝で史上初のクラブW杯3連覇!元Jリーガー塩谷ゴールもアル・アインは及ばず

    FIFAクラブワールドカップは22日に決勝が行われ、欧州王者のレアル・マドリーが開催国王者のアル・アインを4-1で下し、クラブW杯史上初の3連覇を達成した。

    鹿島戦と同じスターティングメンバーでスタートしたレアルは、前半序盤からアル・アインに対して攻勢を仕掛ける。14分、ルーカス・バスケスが右サイドからマイナス気味にクロスを上げると、ベンゼマがPA内で収めて後方にパス。これを受けたモドリッチが左足で強烈なシュートを放つ。完璧なコースを狙った一撃はゴール左隅に突き刺さり、ヨーロッパ王者のレアルが先制に成功した。

    一方のアル・アインは13分にマルセロのバックパスを拾ったエルシャハトがドリブルで独走。飛び出してきたクルトワもかわしてシュートを放ったが、間一髪のところでセルヒオ・ラモスがクリア。絶好のチャンスを逃した。

    さらに15分にはカイオがゴールネットを揺らしたが、惜しくもオフサイドの判定に。その後は、レアルペースで試合が進み、39分にクロースのCKにベイルが頭で合わせたが、これはGKイーサが右手一本でセーブ。直後にもクロースのロングボールにモドリッチがダイレクトボレーを放ったが、これもイーサがストップした。

    後半に入っても主導権を握るレアルは60分、右CKを得るとキッカーはクロース。中に送ったボールはクリアされるも、こぼれ球にマルコス・ジョレンテが右足一閃。GKが反応できない完璧なコースに沈めてレアルが2点目を奪った。

    アル・アインは74分にGKからのロングボールに反応したカイオがGKとの1対1を迎えるが、決められず。レアルは78分、右CKからモドリッチがボールを送ると、中で待っていたセルヒオ・ラモスがドンピシャでヘッド。これがゴールに吸い込まれ、レアルが試合を決定づける3点目を獲得した。

    しかし、アル・アインも諦めない。86分、右サイドでFKのチャンスを得ると、キッカーはカイオ。正確なボールを送ると、塩谷が頭で合わせてゴール奪取。アル・アインが一矢報いる1点を奪った。塩谷は今大会2ゴール目。カイオとの元Jリーガーホットラインでレアル相手にゴールを獲得している。

    それでもレアルは後半アディショナルタイム、マルセロのパスに抜け出した新星・ヴィニシウスが抜け出してシュート。これが相手に当たってゴールに吸い込まれた。記録はオウンゴールでレアルが4点目を奪取した。

    試合はそのまま終了。レアルが開催国王者のアル・アインを4-1で退けてクラブW杯3連覇を達成した。

    ■試合結果
    レアル・マドリー 4-1 アル・アイン

    ■得点者
    レアル:モドリッチ(14分)M・ジョレンテ(60分)セルヒオ・ラモス(78分)オウンゴール(90+1分)
    アル・アイン:塩谷司(86分)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181223-00010015-goal-socc


    【【CWC】レアルが4発快勝で史上初のクラブW杯3連覇!元Jリーガー塩谷ゴールもアル・アインは及ばず】の続きを読む

    このページのトップヘ