Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAヨーロッパリーグ (UEL)

    no title


    9日、ヨーロッパリーグ(EL)の準決勝2ndレグが行われ、アーセナルチェルシーが決勝進出を決めた。

    7日、8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグでは、リバプールトッテナムがそれぞれバルセロナアヤックスを相手に大逆転勝利を収め、決勝進出。2007-08シーズンマンチェスター・ユナイテッドチェルシー以来のイングランド勢の決勝となったが、ELもイングランド勢の決勝に。これは、UEFAカップ時代の1971-72シーズントッテナムvsウォルバーハンプトン以来の出来事となった。

    これまで、CL、ELともに同国が決勝で対戦することはあったものの、UEFAカップが始まった1971-72シーズンから両大会の決勝に進んだ4チームが同国となるのは史上初の出来事。さらに、どちらの決勝も同国対決となることも史上初の出来事となった。

    なお、昨シーズンレアル・マドリー(CL)とアトレティコ・マドリー(EL)など、近年はスペイン勢が両大会を席巻しているため、過去に両大会のチャンピオンが同国になった例は多い。

    ちなみに、トッテナムは初の決勝進出となり、CLを制した場合は当然初優勝。リバプールは2シーズン連続の決勝進出となり、優勝すれば2004-05シーズン以来6度目。アーセナルは、1999-2000シーズンUEFAカップ決勝に進出するも、ガラタサライに敗れ準油商。ELを制した場合は初優勝となる。チェルシー2012-13シーズン以来の決勝進出で、優勝すれば2度目となる。

    史上初の快挙となった今シーズンチャンピオンズリーグヨーロッパリーグ5月29日のEL決勝、6月1日のCL決勝からは目が離せない。

    チャンピオンズリーグ同国決勝

    1999-00
    レアル・マドリー 1-0 バレンシア

    2002-03
    ミラン 0-0(3PK2) ユベントス

    2007-08
    マンチェスター・ユナイテッド 1-1(6PK5) チェルシー

    2013-14
    レアル・マドリー 4-1 アトレティコ・マドリー

    2015-16
    レアル・マドリー 1-1(5PK3) アトレティコ・マドリー

    2018-19
    トッテナム vs リバプール

    ヨーロッパリーグ(UEFAカップ)同国決勝

    1971-72
    ウォルバーハンプトン 2-3 トッテナム
    1stレグ:1-2
    2ndレグ:1-1

    1979-80
    ルシアMG 3-3 フランクフルト
    1stレグ:3-2
    2ndレグ:0-1
    ※アウェイゴール差でフランクフルト

    1989-90
    ユベントス 3-1 フィオレンティーナ
    1stレグ:3-1
    2ndレグ:0-0

    1990-91
    インテル 2-1 ローマ
    1stレグ:2-0
    2ndレグ:0-1

    1994-95
    パルマ 2-1 ユベントス
    1stレグ:1-0
    2ndレグ:1-1

    1997-98
    インテル 3-0 ラツィオ

    2006-07
    セビージャ 2-2(3PK1) エスパニョール

    2010-11
    ポルト 1-0 ブラガ

    2011-12
    アトレティコ・マドリー 3-0 アスレティック・ビルバオ

    2018-19
    チェルシー vs アーセナル

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】プレミア勢が欧州席巻! 欧州王者を決めるCL&ELファイナリスト4チームが同国クラブは史上初!】の続きを読む

    15046B90-084F-4C44-903B-B93DD80D87DB


     ヨーロッパリーグ準々決勝ファーストレグが11日に行われ、アーセナルホームナポリに2-0で勝利した。

     アーセナルは15分、アーロンラムジーがハーフライン付近でボールカットすると、メスト・エジルアレクサンドル・ラカゼットらが絡んでリズムよくパスをつなぎ、最後はエインズリー・メイトランド・ナイルズの折り返しをペナルティエリア中央のラムジーが右足で流し込み、先制に成功した。

     さらに25分には高い位置でボールを奪ったルーカス・トレイラが自らドリブルで持ち上がり、1人かわしてシュート。これがカリドゥ・クリバリに当たってコースが変わり、ゴールネットを揺らした。記録ではクリバリのオウンゴールとなった。

     2点リード折り返しアーセナルは59分、ラムジーがエリア左から強烈なシュートを放ったが、GKアレックス・メレトの好セーブに阻まれる。直後の右CKではナチョ・モンレアルがヘディングで狙ったが、これは枠の上に外れた。試合はこのままタイムアップを迎え、アーセナルホームで先勝。セカンドレグは18日にナポリホームで行われる。

    スコア
    アーセナル 2-0 ナポリ

    【得点者】
    1-0 15分 アーロンラムジー(アーセナル
    2-0 25分 オウンゴール(カリドゥ・クリバリ)(アーセナル

    スターティングメンバー
    アーセナル(3-4-1-2)
    チェフ;パパスタソプーロス、コシェルニー、モンレアルメイトランド・ナイルズ、ラムジー、トレイラ(77分 エルネニー)、コラシナツ;エジル(67分 ムヒタリアン);ラカゼット(67分 イウォビ)、オーバメヤン

    ナポリ(4-4-2)
    メレト;ヒサイ、マクシモヴィッチ、クリバリ、M・ルイ;カジェホン、ファビアンルイス(83分 ウナス)、アラン、ジエリンスキ;メルテンス(66分 ミリク)、インシーニェ(83分 ユネス)

    アーセナルがホームでナポリに先勝 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【EL】華麗パスワークからラムジー先制弾…アーセナルがホームでナポリに先勝】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     アーセナルのウナイ・エメリ監督が選手やサポーターを称えた。14日にイギリスメディアスカイスポーツ』が伝えている。

     ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16でリーグ・アンのレンヌと当たったアーセナルは、アウェイでのファーストレグを1-3で落とした。それでもホームで迎えたセカンドレグではガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンの2得点の活躍などで3-0の快勝。2戦合計スコア4-3と勝ち越し、ベスト8進出を決めた。

     エメリ監督は試合後、「マンチェスター・U日曜日に対戦し、難しい1週間を乗り越えた選手達とサポーターを誇りに思う」と賛辞を述べた。また、「プレッシャーがかかる中で試合を行い選手それぞれが成長することで、我々はチームとして最高のパフォーマンスを発揮できる。とてもタフに戦ったこの1週間はチームに大きな自信をもたらしてくれた」と、チームの成長に手応えを感じている。

     ただ、過去に3度の優勝を経験するなどELを熟知するエメリ監督は、「ラウンド16の2戦はとても難しかった。インテルセビージャというクラブでさえ勝ち抜けなかった。だから、これから先はとても難しい戦いになるだろう」と今後の戦いも厳しい試合になるとの見解を示した。

     EL準々決勝の組み合わせ抽選会は15日に行われる。

    サムズアップするウナイ・エメリ監督 [画像]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】EL逆転突破のチームを称えるアーセナル指揮官「誇りに思う」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    [ミラノ 13日 ロイター] - サッカーイタリアセリエAインテルルチアーノ・スパレッティ監督は13日、主将の任を解かれたマウロ・イカルディが、14日に敵地で行われる欧州リーグ(EL)のラピッド・ウィーンオーストリア)戦への遠征帯同を拒否したことを明らかにした。

    なお新たな主将にはGKサミル・ハンダノビッチが任命された。

    スパレッティ監督はイカルディの契約延長交渉のもつれが選手やチームを混乱させている中での主将交代について、「難しく、痛みが伴う決断だった。わたしたちはみんな、彼がチームの財産であることを知っているからだ」と語った。なお同監督はイカルディが当初は遠征メンバーに入っていたことを認め、「イカルディが帯同を拒んだ」と話している。

    イカルディインテルの関係はこれまでも良好とは言い難く、特にイカルディの妻で代理人でもあるワンダ・ナラ氏についてインテルが代理人変更を求めたと報じられた際には、同氏が引退までイカルディの代理人を続けると反論する事態になっていた。

    2月13日、サッカーのイタリア・セリエA、インテルのルチアーノ・スパレッティ監督(写真左)は、主将の任を解かれたマウロ・イカルディ(同右)が14日に行われる欧州リーグの試合への遠征帯同を拒否したことを明らかにした。ミラノにて3日撮影(2019年 ロイター/Jennifer Lorenzini)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】インテルのイカルディが主将はく奪、ELの遠征拒否】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督が、25日のBATEボリソフ戦のメンバーについて明かした。イギリススカイスポーツ』が伝えている。

    現在ヨーロッパリーグ(EL)・グループLで首位に立つチェルシーは、25日の第3節でBATEボリソフをホームに迎える。

    前日会見に出席したサッリ監督は、20日のプレミアリーグ第9節マンチェスター・ユナイテッド戦(2-2のドロー)で背中を痛めたベルギー代表MFエデン・アザールが欠場することを明言。そのほか、イタリア代表MFジョルジーニョら数名の入れ替えがあることを明かしている。

    明日アザールは欠場する。彼は背中に問題を抱えている。日曜日での復帰をしているが、簡単ではない」

    「ジョルジーニョも休むことになるだろう。5、6人はメンバーが変わる可性がある」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】背中負傷のアザール、EL欠場…サッリ「5、6人メンバーが変わる可能性がある」】の続きを読む

    このページのトップヘ