Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAヨーロッパリーグ (UEL)



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督が、アーセナル戦に向けて意気込みを語った。イギリススカイスポーツ』が伝えている。

    29日にアーセナルとのヨーロッパリーグ(EL)決勝を控えるチェルシープレミアリーグ3位、EFLカップでは決勝でマンチェスター・シティに敗れ今季無冠のブルーズにとっては、タイトル獲得のラストチャンスだ。

    しかし、チェルシーには負傷者が続出し、リーグ最終戦後にはMFロフタス=チークがアキレス腱断裂。さらにはフランス代表MFエンゴロ・カンテも練習中にヒザを打撲し、出場に暗雲が立ち込めている状況だ。

    そんな中、サッリ監督はカンテの状態について言及した。また、シーズン振り返り、選手たちを「愛している」とコメントした。

    「彼はヒザにはほとんど問題はない。問題はタイミングだ。トライしていくしかないね」

    「現状として可能性はフィフティーフィフティーだ。今朝は少し状態が良さそうだったが、それでも50-50だね」

    シーズン序盤、私の選手たちを理解すること、彼らのメンタリティを理解することはとても難しかった。しかし、とても困難だった1月を過ぎ、2月から彼らは変化したと思う」

    「現在、私には22人の素晴らしい男たち、素晴らしい選手たちがいる。私は彼らを愛している。今、私は彼らにとても満足している。もちろん、将来のことも考えなくてならない」

    「そして、私はイギリスフットボールが大好きか、プレミアリーグが大好きかを考えなくてはならない」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】サッリ、EL決勝へ意気込み…カンテの出場の可能性は「50-50」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



     チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、ヨーロッパリーグ(EL)決勝に向けて意気込みを語った。28日、公式サイトコメントを伝えている。

     チェルシーは29日にEL決勝でアーセナルと対戦する。マウリツィオ・サッリ監督が率いるチェルシーは同監督の初年度となる今シーズンプレミアリーグで3位、カラバオカップでは決勝でマンチェスター・Cに敗れ準優勝に終わっている。そしてシーズンの終わりに行われるこのELが、タイトル獲得の最後のチャンスになる。

     アザールは公式サイト上で次のようにコメントし意気込みを語っている。

    「僕にとって良いシーズンとは、40ゴールを決めたシーズンなんかではなく、最後に何かを勝ち取ったシーズンだ。もしELを勝ち取ったならば今シーズンはいい出来だったと言えるね」

    「これはヨーロッパのコンペティションだ。僕だけではなく、クラブマネージャーファンにとって重要なものだよ。決勝戦を戦うなら、それがチャンピオンズリーグ(CL)、EL、リーグカップ、どの大会でもそれは問題ではないんだ。勝ちたいし、トロフィーを持ち帰りお祝いしたい」

    「僕らは3カ月前にEFLカップ決勝で敗れた。だからトロフィーを勝ち取り今シーズンを良いものにするため、EL決勝は頑張りたい」

     チェルシーで10番を背負うアザールを巡っては、シーズン後にレアル・マドリード移籍が有力視されている。未だ将来について話し合いが設けられていると伝えられる中、自身の去就にも触れている。

    「僕はイングランドの他のクラブプレーするつもりはない。ノーチャンスだ。僕はブルーズだよ!」

    「とにかくトロフィーを獲得したい、それだけだ。僕がゴールを決めるかどうかではなく、ただトロフィーを持ち帰りたい。もしこれが僕の最後の試合になるのなら、勝利できることを願っているよ」

    意気込みを語ったアザール [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】アザールがEL決勝に向けて意気込む「ただトロフィーを持ち帰りたい」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、ヨーロッパリーグ(EL)決勝に向けて意気込みを語った。イギリススカイスポーツ』が伝えている。

    29日にアーセナルとのヨーロッパリーグ(EL)決勝を控えるチェルシープレミアリーグ3位、EFLカップでは決勝でマンチェスター・シティに敗れ今季無冠のブルーズにとっては、タイトル獲得のラストチャンスだ。

    現在チェルシーではエースであるアザールレアル・マドリー移籍が有力視されている。クラブ間では移籍金に関する溝がまだあるものの、先日には同選手が自身の将来を決断したことを明らかにしており、EL決勝後に移籍が実現する可能性も浮上している。

    そんなアザールがEL決勝に向けて意気込み。

    「これはヨーロッパの大会だ。僕自身、クラブマネージャーファンにとって重要なものだ」

    「決勝戦を戦う時、それがチャンピオンズリーグか、ヨーロッパリーグか、それともリーグカップなのか、なんてことは重要ではない。とにかく勝ちたいし、トロフィーホームにもたらし、祝福したいんだ」

    シーズンスタートからチェルシープレーする時、人々は5月下旬に何のトロフィーがあるかを見る。だからこそこれは重要な試合だ」

    「僕らはEFLカップ決勝で敗れた。そして、今回は今シーズンタイトルを獲得できるラストチャンスだ」

    「とにかくトロフィーを獲得したい。それだけだよ。僕がゴールを決めるか決めないかもどうでもいいんだ。もしそれが僕の最後の試合になるのなら、トロフィーをもたらせることを祈っている」

    「それが最高のお別れになるかって? そうだ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】アザール、EL制覇での有終の美を望む「もしこれが僕の最後の試合になるなら…」】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    チェルシーフランス代表MFエンゴロ・カンテが負傷したとの情報が届いた。『GOAL』が伝えている。

    29日にアーセナルとのヨーロッパリーグ(EL)決勝を控えるチェルシープレミアリーグ3位、EFLカップでは決勝でマンチェスター・シティに敗れ今季無冠のブルーズにとっては、タイトル獲得のラストチャンスだ。

    しかし、そんなチェルシーに凶報が続いている。

    チェルシープレミアリーグ終了後、アメリカに赴きニューイングランドレボリューションとのフレンドリーマッチを行った。その試合で、MFルベン・ロフタス=チークがアキレス腱を断裂し、EL決勝出場不可能に。

    そして今回、今度はカンテの負傷情報が届いた。『GOAL』によると、カンテは練習中にヒザを打撲。今のところ容体は判明していないが、ELに向けて暗雲が立ち込めている。同選手はハムストリングの負傷から回復していた矢先だった。

    チェルシーでは両選手の他、FWカラムハドソン=オドイとDFアントニオ・リュディガーがケガで離脱中。主力に多くの故障者を抱えて、決戦の地・バクに向かうことになる。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】チェルシーに追い打ち…カンテがヒザ負傷でEL決勝に暗雲】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    ロンドン 21日 ロイター] - サッカーイングランドプレミアリーグアーセナルを率いるウナイ・エメリ監督は21日、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリャン(30)の欧州リーグ(EL)決勝欠場の決断を尊重すると話した。

    アーセナルチェルシーイングランド)と対戦するEL決勝は、今月29日にアゼルバイジャンのバクーで行われるが、ムヒタリャンの母国アルメニアアゼルバイジャン領土紛争により外交断絶の状態にある。

    エメリ監督は報道陣に対し、「今朝ムヒタリャンと話した。彼は出場してわれわれを助けたいと思っているが、彼と家族が話し合いをして行かないことを決断した。一緒に来るよう無理強いすることはできない」とコメント。「政治的な問題については私はよく分からないが、(彼の決断を)尊重しなければならない」と話した。

    アーセナル欧州サッカー連盟UEFA)は、ムヒタリャンが出場できるよう協力してきたが、クラブは同選手の決勝欠場の意思に同意。UEFAは声明で、ムヒタリャンの安全を確保するための「総合的なセキュリティ計画」をアゼルバイジャン政府とともに準備していたが、選手本人の決断を尊重すると述べた。

     5月21日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督は、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリャン(写真)のEL決勝欠場の決断を尊重すると話した(2019年 ロイター)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】アーセナル監督、ムヒタリャンのEL決勝欠場を尊重】の続きを読む

    このページのトップヘ