Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAヨーロッパリーグ (UEL)



    NO.6253645 2018/04/04 22:45
    バイエルンの3冠見えてきた!? 全盛期のロッベン、リベリを除けば2012−13シーズンより中盤と守備は豪華
    バイエルンの3冠見えてきた!? 全盛期のロッベン、リベリを除けば2012−13シーズンより中盤と守備は豪華
    3日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグではクリスティアーノ・ロナウドが豪快なオーバーヘッドシュートを炸裂させるなどレアル・マドリードがユヴェントスを3‐0で撃破したことばかり話題になって...



    【日時】2018年04月04日 22:30
    【提供】theWORLD


    【【ブンデスリーガ】バイエルンの3冠見えてきた!? 全盛期のロッベン、リベリを除けば2012−13シーズンより中盤と守備は豪華…】の続きを読む



    (出典 geeek.jp)



    アーセナルはCSKAモスクワ、アトレチコはスポルティングCPと激突

     UEFAヨーロッパリーグ(EL)の準々決勝組み合わせ抽選会が16日に行われ、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユはRBライプツィヒと、FW南野拓実が所属するザルツブルクはラツィオと対戦することが決まった。

     スイスのニヨンで行われた抽選会には、現役時代にバルセロナやリヨンで活躍した元フランス代表DFエリック・アビダルが出席し、抽選会のドローを担当した。

     準々決勝には二人の日本人選手が所属するクラブが勝ち上がっており、酒井のマルセイユは一度目の抽選でRBライプツィヒとの対戦が決定。ラウンド16でMF香川真司が所属するドルトムントを破って勝ち上がった南野所属のザルツブルクは、ラツィオと激突することになった。

     その他では、16強でACミランを破ったアーセナルはCSKAモスクワ、優勝候補のアトレチコ・マドリードはスポルティングCPと顔を合わせることになった。

     準々決勝は第1戦が4月5日、第2戦が4月12日に行われる。

    抽選結果は以下の通り。

    RBライプツィヒ(ドイツ)vsマルセイユ(フランス)
    アーセナル(イングランド)vs CSKAモスクワ(ロシア)
    アトレチコ・マドリード(スペイン)vsスポルティングCP(ポルトガル)
    ラツィオ(イタリア)vsザルツブルク(オーストリア)(Football ZONE web編集部)

    ザルツブルクの南野拓実、マルセイユの酒井宏樹【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【EL準々決勝カード決定! 酒井宏のマルセイユはライプツィヒ、南野のザルツブルクはラツィオと対戦…】の続きを読む



    (出典 i2.wp.com)



    1 Egg ★ :2018/03/16(金) 20:18:29.71 ID:CAP_USER9.net

    チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の組み合わせ抽選会が16日にスイス・ニヨンで行われた。
    準々決勝ファーストレグは4月3日から4月4日にかけて行われ、セカンドレグは4月10日から4月11日にかけて開催される予定だ。

    ■CL準々決勝

    バルセロナ(スペイン) vs ローマ(イタリア)
    セビージャ(スペイン) vs バイエルン(ドイツ)
    ユヴェントス(イタリア) vs レアル・マドリード(スペイン)
    リヴァプール(イングランド) vs マンチェスター・C(イングランド)

    3/16(金) 20:16配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00730000-soccerk-socc

    UEFA
    http://www.uefa.com/uefachampionsleague/season=2018/draws/round=2000883/index.html#/

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【UEFA-CL】ラウンド8の組み合わせが決定!レアルvsユーヴェ再び、イングランド勢が対決!!】の続きを読む



    (出典 cyclestyle.net)



    1 Egg ★ :2018/03/16(金) 17:43:18.51 ID:CAP_USER9.net

    欧州サッカー連盟(UEFA)は16日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)とUEFAヨーロッパリーグ(EL)の準々決勝組み合わせ抽選会を開催する。欧州CLは日本時間20時、ELは同21時にスタート。試合は4月の第1~2週に行われる。

     欧州CLは14日までに決勝トーナメント1回戦を実施。前回王者のレアル・マドリー(スペイン)を筆頭に、ここまで無敗を貫いているバルセロナ(スペイン)とリバプール(イングランド)などが勝ち残っている。

     決勝トーナメント1回戦は同リーグ所属クラブ同士の対戦は行われないレギュレーションとなっていたが、準々決勝の組み合わせ抽選は全チームのオープンドローで実施。

    リーガ・エスパニョーラから3チーム、セリエAとプレミアリーグから2チームが参加しているが、つぶし合いになる可能性もある。

     ELは15日に決勝トーナメント2回戦を実施。過去2回の優勝を誇るアトレティコ・マドリー(スペイン)に加えて、FW南野拓実所属のザルツブルク(オーストリア)、DF酒井宏樹所属のマルセイユが勝ち上がってきた。欧州CLと同じくオープンドローだが、複数クラブが残っているリーグはない。

     いずれもホーム&アウェーの2試合合計スコアで争う。欧州CLは第1戦が4月3~4日、第2戦が4月10~11日。ELは第1戦が4月5日、第2戦が4月12日に行われる。

    ベスト8進出チームは以下のとおり

    ▼欧州CL

    バルセロナ(スペイン)

    バイエルン(ドイツ)

    ユベントス(イタリア)

    リバプール(イングランド)

    マンチェスター・シティ(イングランド)

    レアル・マドリー(スペイン)

    ローマ(イタリア)

    セビージャ(スペイン)

    ▼EL

    アーセナル(イングランド)

    アトレティコ・マドリード(スペイン)

    CSKAモスクワ(ロシア)

    ラツィオ(イタリア)

    ライプツィヒ(ドイツ)

    マルセイユ(フランス)※DF酒井宏樹

    ザルツブルク(オーストリア)※FW南野拓実

    スポルティング・リスボン(ポルトガル)

    2018年3月16日 14時33分ゲキサカ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14441849/


    【【海外サッカー】<今夜は欧州CL&EL組み合わせ抽選会>日本人対決の可能性も…?】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    1 Egg ★ :2018/03/09(金) 05:08:12.39 ID:CAP_USER9.net

    [3.8 EL決勝トーナメント2回戦第1戦 ドルトムント1-2ザルツブルク]

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11150029

     ヨーロッパリーグ(EL)は8日、決勝トーナメント2回戦第1戦を行い、MF香川真司所属のドルトムント(ドイツ)はホームでFW南野拓実の所属するザルツブルク(オーストリア)と対戦し、1-2で敗れた。足首を痛めて離脱中の香川は公式戦6試合連続の欠場。ベンチスタートの南野は後半28分から途中出場した。

     ドルトムントは前半6分、FWマルコ・ロイスの右CKからファーサイドのMFアンドレ・シュールレが右足ボレーを放つが、クロスバーを越える。立ち上がりのチャンスを逃すと、その後、試合は膠着状態となり、互いにチャンスらしいチャンスをつくれない展開が続いた。

     ザルツブルクは前半40分、MFクサーバー・シュラーガーのスルーパスに反応したFWファン・ヒチャンが左足でシュート。至近距離でGKロマン・ビュルキが弾くと、こぼれ球に詰めたFWモアネス・ダブールのヘディングシュートもゴール前にカバーに入ったDFマルセル・シュメルツァーがクリアした。

     前半アディショナルタイムにはファン・ヒチャンのミドルシュートがポストを直撃。前半の終盤に立て続けにビッグチャンスをつくったザルツブルクはスコアレスで折り返した後半立ち上がりに試合を動かした。後半3分、右サイドからゴールライン際をドリブルで仕掛けたファン・ヒチャンがPA内に入ろうというところで後方からDFエメル・トプラクに引っ張って倒され、PKを獲得。これをMFバロン・ベリシャが冷静にGKの逆を突いてゴール右に決めた。

     貴重なアウェーゴールとなる先制点を奪ったザルツブルクは後半11分にも敵陣でシュメルツァーの横パスをカットしたMFアマドゥー・ハイダラがドリブルで持ち込み、右サイドに展開。DFシュテファン・ライナーがマイナスに折り返したボールをベリシャが右足でゴール左上に蹴り込み、2-0とリードを広げた。

     ホームでまさかの2点ビハインドとなったドルトムントは後半16分に2枚替え。MFマリオ・ゲッツェとFWミヒー・バチュアイを下げ、MFクリスティアン・プリシッチとMFマキシミリアン・フィリップを投入した。すると直後の17分、ロイスのパスから右サイドを駆け上がったプリシッチがグラウンダーのクロスを入れ、ゴール前に飛び込んだシュールレが体ごと押し込んだ。

     1-2と1点を返し、一気に勢い付きたいドルトムントだったが、同点ゴールが遠い。ザルツブルクは後半28分、シュラーガーに代えて南野を投入。同33分には縦パスを受けた南野が鋭い反転から右足でシュートを放つ。積極的なプレーで相手のファウルを誘ってFKを獲得するなど、2-1の逃げ切り勝利に貢献した。敵地で先勝したザルツブルク。ドルトムントはホームでの初戦を落とし、逆転突破を懸けて15日の第2戦で敵地に乗り込むことになった。

    3/9(金) 5:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-01651280-gekisaka-socc


    【【UEFA-EL】南野途中出場のザルツブルク、香川欠場のドルトムントに敵地で先勝!】の続きを読む

    このページのトップヘ