Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAヨーロッパリーグ (UEL)

    no title


    アーセナルに所属する元チェコ代表GKペトル・チェフが、ヨーロッパリーグ決勝での敗戦に悔しさを滲ませている。『UEFA.com』が伝えた。

    アーセナルは29日、EL決勝でチェルシーと対戦した。UEFA主催試合の決勝戦で初のロンドンダービーで、今シーズン限りでの現役引退を発表したチェフは古巣相手に先発。アーセナルにとってはチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得のラストチャンスだったが、後半立ち上がりの失点を皮切りに3失点を喫してしまう。その後、MFアレックス・イウォビのゴールで1点を返したが、追加点を許してしまい、1-4で敗戦。タイトルとCL出場権を獲得することはできなかった。

    結果としては4失点もビッグセーブを連発し、勇敢に戦ったチェフは試合後、「彼らが陰でどれだけ努力をしてきたか」と語り、悔しい気持ちを吐露。引退後の去就についてはアーセナルとの契約期間を全うするまで考えない意向であることを明かした。

    「これは僕たちに相応しくない結果だ。今シーズン、僕たちが陰でどれだけ努力をしてきたかサポ―ターの方々は見ることができないからね」

    「僕らが何も手にできなかったと言うことは簡単だ。僕らはトロフィーを持っていないし、この決勝にも敗れたんだ。でも、僕は、努力をしてきた今シーズンが皆をより強くさせることを保証する」

    トロフィーを掲げて、席に座り、(将来について)考えたかった。6月30日まではアーセナルの選手だ。それまでは何も考えないよ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【UEL】ビッグセーブ連発の勇姿披露も敗戦…チェフ「僕たちが陰でどれだけ努力をしてきたか…」】の続きを読む

    no title


    [バクー 29日 ロイター] - サッカーイングランドプレミアリーグチェルシーに所属のエデン・アザール(28)は29日、欧州リーグ(EL)の決勝でアーセナルイングランド)に勝利した試合後、今季限りでの退団を明言した。

    アザールはこの決勝戦で2得点しチームの4─1での勝利に貢献。そして試合後、「BTスポーツ」の中継に「私の夢はプレミアリーグプレーすることであり、それを7年間実現した。さよならを言う時だ」と述べた。

    アザール2012年フランス1部リールから移籍金3200万ポンド(約44億2500万円)で加入。初年度にEL優勝を果たすと、プレミアリーグ2回などのタイトルも獲得した。

    去就については、スペイン1部レアル・マドリードが獲得に乗り出していることが明らかになっている。

     5月29日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーに所属のエデン・アザールは、欧州リーグの決勝でアーセナルに勝利した試合後、今季限りでの退団を明言した(2019年 ロイター/Lee Smith)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】チェルシーのアザール、退団を明言】の続きを読む

    no title


    アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督が、チェルシー戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えている。

    アーセナルは29日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝でチェルシーと対戦した。UEFA主催試合の決勝戦で初のロンドンダービーとなった一戦。アーセナルにとってはチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得のラストチャンスだったが、後半立ち上がりの失点を皮切りに3失点を喫してしまう。その後、MFアレックス・イウォビのゴールで1点を返したが、追加点を許してしまい、1-4で敗戦。タイトルとCL出場権を獲得することはできなかった。

    試合後、エメリ監督は悔しさをあらわにするも、選手たちの成長と伸びしろを実感。来シーズンのさらなる成長に意欲した。

    「まず最初に、チェルシーを祝福する。前半は我々が素晴らしいチャレンジができていたと思うが、最初の失点がすべてを変えてしまった。ゴールを求め続けたが、2失点目がそれは難しくさせた。我々はより大きな結果に値していたが、手にすることができなかった」

    「試合が難しくなることは分かっていたし、その中でトライし、努力し続けた。しかし、チェルシーがより優れていた。効率的であり、そしてとても重要なゴールを決められた」

    「我々のファンには分かっていて欲しい。これはプロセスだと。スタートに過ぎないと」

    「現時点で十分ではないが、より競争的となった。まだまだ多くの改善が必要だ。我々の選手たちは若く、これが初めての決勝戦だった。伸びしろはある」

    「若い選手たちを助ける経験豊富な偉大な選手もいる。来シーズン、我々には彼らの継続が必要だ。その上で、我々が次のステップに進むのを後押ししてくれる新たな選手たちを加えたい」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【UEL】「ファンには分かっていて欲しい…」エメリ、タイトル&CL出場権逃すも成長・伸びしろ実感】の続きを読む

    no title


    29日にアゼルバイジャンの首都バクーで行なわれたUEFAヨーロッパリーグの決勝戦は、チェルシーが4-1でアーセナルを下すという結果となった。

    そしてこの試合でチェルシーの2ゴール目を決めたのは元スペイン代表FWのペドロ。

    バルセロナ時代から重要な試合で得点を決めてきた彼は、なんとヨーロッパリーグチャンピオンズリーグの決勝両方でゴールした初めての選手になったそうだ。

    ちなみに、前身のUEFAカップ時代を加えるとペドロで5人目。

    アランシモンセン、エルナン・クレスポ、ドミトリー・アレニチェフ、そしてスティーヴン・ジェラードに次ぐ記録であったそうだ。

    また、ペドロはこれでワールドカップEUROチャンピオンズリーグチャンピオンズカップ)、さらにヨーロッパリーグUEFAカップ)と欧州と世界のビッグタイトル4つを制覇。

    これもなんと歴史上5人目となる貴重な記録で、アンドレアス・メラー、ユルゲン・コーラー、フアン・マタ、そしてフェルナンド・トーレスしか達成していないものだった。

    【関連記事】メジャータイトルに恵まれなかった偉大すぎるフットボーラー7名

    さらにペドロはコンフェデレーションズカップクラブワールドカップも優勝した経験を持っているため、もはや記録コレクターと言っても過言ではない。

    EL優勝のペドロ、「2つの歴史的記録」を刻む!なんだか分かる?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【UEL】優勝のペドロ、「2つの歴史的記録」を刻む!なんだか分かる?】の続きを読む

    no title


    チェルシーフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、ヨーロッパリーグ(EL)決勝を振り返った。フランス『レキップ』が伝えた。

    チェルシーアーセナルによるイングランド勢のEL決勝。アゼルバイジャンのバクーでのビッグロンドンダービーとなった一戦は、前半をゴールレスで終える。すると後半早々にジルーがエメルソンのクロスに合わせてチェルシーが先制。その後もエデン・アザール、ペドロ・ロドリゲスが加点し、4-1で勝利を収めていた。

    自身にとって決勝でのゴールは今シーズンのELで11得点目となったジルー。古巣との決勝を振り返るとともに、古巣相手のゴールを振り返った。

    ゴールがなくても前半は面白かった。ハーフタイムの後は、より効率的だったね。僕はとても誇りに思うし、僕たちは勝ち取るに値したんだ」

    アーセナルに対してのゴールは特別なものだ。でも、それによりチェルシーに来てから2年経った僕にとって2番目のトロフィーを得ることになった」

    アーセナルチェルシーは僕の人生を変えた。そして、僕はアーセナル相手にゴールしたことで、自分を興奮させたくはなかった」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【UEL】「特別なもの」チェルシーFWジルーが古巣相手のゴールを振り返る】の続きを読む

    このページのトップヘ