Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAヨーロッパリーグ (UEL)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    セビージャフレン・ロペテギ監督がヨーロッパリーグ(EL)決勝進出に歓喜した。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが伝えている。

    セビージャは16日に行われた準決勝でマンチェスター・ユナイテッドと対戦。PKのチャンスを許した9分に先制を許してしまったが、26分に追いつくと、後半に勝ち越して、逆転勝利での決勝進出を決めた。

    交代策を的中させ、見事に勝ち切ったロペテギ監督は試合後、強敵を下しての4季ぶり6度目となる決勝進出に満足感を示した。

    「もちろん、非常に満足している。難しい試合で、後半もより苦戦を強いられた。ビッグクラブであり、良いフットボールを展開するユナイテッドとの試合となれば、多くの苦しみを味わうことになるが、我々の全員が良いパフォーマンスを披露できたと思う」

    また、要所で好守を披露してみせ、ユナイテッドの攻撃陣に流れのなかから得点を許さなかったGKヤシン・ブヌにも言及した。

    「我々のGKが良いパフォーマンスを披露してくれた。我々は決勝進出に値する。後半の(ヤシン・)ブヌは我々にとって非常に重要な存在だった」

    そう語ると、「チームの頑張りに尽きる。準決勝でユナイテッドのようなチームを倒すなら、団結が必要。今夜はそれができた。このチームを誇りに思う」とも述べ、改めてチームに賛辞を贈った。

    ユナテッドを破り、ファイナルに勝ち上がったセビージャは決勝戦でインテルvsシャフタール・ドネツクの勝者と激突する。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【EL】決勝進出を誇るロペテギ「ユナイテッドを倒すなら団結必要。今夜はそれができた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    写真提供: Gettyimages

     17日、欧州サッカー連盟UEFA)は今シーズンチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)の試合日程を発表した。

     今シーズンのCLとELは新型コロナウイルスの影響により3月の試合を最後に中断している。そんな中、UEFAは今シーズンの残りの試合日程を発表した。

     ELは8月10日より準々決勝から決勝戦までの7試合がドイツで開催されることに模様。また、未消化となっているラウンド16のセカンドレグは8月5日と6日にクラブのスタジアムまたは中立で開催されるようだ。また、ファーストレグを消化してないインテル対ヘタフェ、セビージャローマは1試合のみでの決着となるようだ。

     CLは未消化となっているラウンド16のセカンドレグ、マンチェスター・シティレアル・マドリードバイエルン・ミュンヘンチェルシーユベントスリヨンバルセロナナポリの4試合は8月7日と8日に開催されるようだ。また開催地に関しては未定となっている。

     準々決勝からはポルトガルのリスボンでの開催となり、12日から23日までの12日間で決勝までを消化。また、ホームアンドアウェー方式ではなく中立開催となるため1試合のみでの開催となるようだ。

     また、決勝戦の会場は予定されていたトルコイスタンブールではなく、ベンフィカエスタディオ・ダ・ルスでの開催となる。

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】UEFA、今シーズンCL&EL試合日程を発表!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 japan.bettingtop10.com)



    チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)が、8月に再開される可能性が高まっているようだ。イギリスBBC』が報じた。

    世界的に流行する新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、機能不全に陥っているフットボール界。各リーグ中断を余儀なくされている状況で、CLとELともにラウンド16でストップしている。

    再開の目途が立っていない状況だが、22日に行われた話し合いで、7月31日までに各国リーグを完了させ、8月に欧州サッカー連盟(UEFA)主催のヨーロッパの大会を再開させる方針と報じられてきた。

    しかし、正式な合意はなく、シーズンが終了するという保証もない状況。欧州の大会となれば、各チームが国境を越えることになり、それぞれの国の移動制限の緩和状況にも影響される。8月にはその移動制限も緩和される可能性が高く見られるため8月の開催案が出たものの、欧州全体の不確実性を考慮し可能な限りのオプションを模索しているようだ。

    想定されるシナリオとして8月11日から22日の間に準々決勝と準決勝を2レグ方式で行うことを予定しているが、状況によっては1発勝負もあり得るとのことだ。

    プレミアリーグは残り9節となっているが、ラ・リーガは11節、セリエAは12節残っている状況。7月中に各国のリーグ戦が終了しない可能性もあり、その場合は柔軟に対応していくようだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】各国のリーグ終了次第でCL&ELは8月再開が濃厚か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.uefa.com)



    写真提供:Gettyimages

     欧州サッカー連盟UEFA)は8月7日からチャンピオンズリーグ(CL)を開催する予定を立てているようだ。イタリアメディアスカイスポーツイタリア』が報じている。

     新型コロナウイルスの流行により、各国リーグ戦同様に中断しているCL。UEFAは大会の完了を目指しており、来週の火曜日から3日間に渡って対策会議が開かれるという。

     報道によると、UEFA8月7日の大会再開を目指しているようだ。3日ごとに試合を行い、29日に決勝戦を行うプランを計画しているという。

     これにより、準々決勝、準決勝は決勝と同じようにワンマッチで行われることになる。試合の開催場所を含めて調整が必要となるだろう。

     果たして、今シーズンのCLを完了することはできるのだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】UEFA、8月のCL開催を計画か。3日ごとに試合開催で…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.juvefc.com)



    写真提供:Gettyimages

     UEFA欧州サッカー連盟)が日本時間18日に開催予定だったチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのマンチェスター・シティレアル・マドリード戦とオリンピック・リヨンユベントス戦の2試合を延期することを公式発表した。

     先日、ユベントスイタリア代表DFダニエレ・ルガーニが新型コロナウイルスに感染し話題になったが、ルガーニと接触したと思われるユベントスの選手たち全員が隔離されることが決定。さらに、マドリードバスケットボールチームトップチームに在籍する選手が新型コロナウイルスに感染。サッカー選手とは関係ないように思えるが、両チームは同じ施設を使用していたため。サッカートップチームに所属する全選手の隔離が決定。上記のことを踏まえて、UEFAはCL2試合の延期を発表した。

     なお、現在のところ代替え日は決まっておらず、決定次第UEFAから発表される予定だ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【UEFA】マンC対レアル戦とリヨン対ユーベ戦の延期を発表… |】の続きを読む

    このページのトップヘ