Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAヨーロッパリーグ (UEL)

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



    トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は今シーズンの初勝利を目指すロコモティフ・プロヴディフ(ブルガリア)との試合を非常に重要な一戦だと捉えている。クラブ公式サイトが伝えている。

    トッテナムは13日に行われたプレミアリーグ開幕節でエバートンと対戦し、ホームで0-1の敗戦。全体的にコンディションの悪さが顕著で内容面も乏しい中、新シーズンの初陣を落とした。

    その敗戦から中3日で迎える17日にはヨーロッパリーグ(EL)予備予選2回戦、プロヴディフとのアウェイゲームを戦う。

    エバートン戦の不出来を鑑みても、ヨーロッパでも無名の対戦相手との実力差は大きく勝利は必至と思われるが、百戦錬磨の名将は先日のチャンピオンズリーグ(CL)予選でのベンフィカPAOK相手の敗戦を引き合いに出し、一発勝負の難しさを説いている。

    ポルトガル指揮官クラブ公式チャンネル『スパーズTV』でプロヴディフ戦に向けた展望を語っている。

    「(組み合わせ)ドローは非常に不運だったと思う。もちろん、プロヴディフにとってもこのドローは不運だったと思う。彼らは良いチームだし、難しい相手になるはずだ」

    「3人の大きなセンターバック、2人の強く大きなストライカーがおり、ウイングバックは速く、創造的だ。また、彼らと対戦するチームは10人で試合を終えることが多いが、それは彼らが攻撃的だからではなく、試合中に起こりうることに反応しているからだ。ピッチ素晴らしいものではないし、タフな試合になるだろう」

    「これはノックアウトの試合であり、2試合目はない。火曜日(14日)のチャンピオンズリーグでは、ベンフィカPAOKに敗れるサプライズがあった。結果は2-1だったし、通常通りに2ndレグがあれば、ベンフィカはかなり簡単に結果を変えてしまうだろうが、現実は異なる」

    「仮に、良い試合をしても負けてしまえば、大会から脱落するということになる。したがって、その事実を非常に真剣に受け止めなければならない。黒か白か、それ以外の選択肢はないということを理解した上で臨む。我々は次のラウンドに進出するという強い気持ちで戦う。チームを成長させるためには良い大会だと思っているし、勝つつもりだ」

    ベンフィカの例に戻ると、彼らはチャンピオンズリーグから脱落したが、ヨーロッパリーグプレーできる。一方、ヨーロッパリーグでこれらの試合に負けたチームは、他のヨーロッパの大会に行くことはできない。だから、我々にとっては次のラウンドに行くことが非常に重要なんだ」

    なお、今回のブルガリア遠征に向けては負傷明けのMFジオバニ・ロ・チェルソやエースFWハリー・ケインが招集されているが、一部でレアル・マドリーへのトレードの可能性が報じられるMFデレ・アリ、DFトビー・アルデルヴァイレルトの2選手に加え、コンディション不良の数人がメンバーを外れている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】EL予選で今季初勝利を目指すモウリーニョ、「次のラウンドに行くことが非常に重要」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    欧州サッカー連盟(UEFA)は8月31日ヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦の組み合わせを発表した。

    昨季プレミアリーグ6位のトッテナムは、ブルガリアリーグで5位のロコモティフ・プロヴディフとアウェイで対戦。

    昨季セリエA6位のミランは、アイルランドリーグ2位のシャムロック・ローバーズとアウェイで対戦することが決まった。

    その他、ラ・リーガ7位でEL初出場となるグラナダはアルバニアのテウタと、ブンデスリーガ7位のヴォルフスブルクは同じくアルバニアのククスと、それぞれアウェイで対戦する。

    新型コロナウイルスの影響により、新シーズンのEL予選は一発勝負で行われる。90分で決着が付かなかった場合、延長戦、そしてPK戦が行われる。2回戦は9月17日に行われ、勝ち上がったチーム3回戦に進出する。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【EL】予選2回戦の組み合わせ決定、スパーズやミランが登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    ヨーロッパリーグ(EL)決勝、セビージャvsインテルが、日本時間21日28:00にドイツのシュタディオン・ケルンで開催される。4年ぶり最多6度目の戴冠を目指すスペイン屈指の強豪と、22年ぶり4度目の優勝を狙うイタリアの名門による初対決のファイナルだ。

    2015-16シーズンにEL3連覇を果たし、今大会最多5度の優勝を誇るセビージャ。以降の3シーズンではチャンピオンズリーグ(CL)で2年連続のベスト16、昨季はELでベスト16とタイトルから遠ざかってきたが、今季は4年ぶりにEL決勝の舞台に戻ってきた。就任1年目の智将ロペテギ監督の下、堅守と素早い攻守の切り替え、厚みのあるサイドアタックを武器に、ラ・リーガでも4位フィニッシュを果たしたチームは、今大会を通じてチームとしての完成度を増している。

    グルステージからの参戦となった今季はアポエル、カラバフ、デュドランジュという格下と同居したグループAを5勝1敗で首位通過を果たすと、コロナ禍での中断前に行われたラウンド32ではクルージュ相手に苦しみながらも、アウェイゴール数の差で退け、昨季と同じラウンド16に進出。

    レギレーションの変更により、ラウンド16以降をすべて中立地ドイツでの一発勝負形式で戦うことになった中、ローマ、ウォルバーハンプトンという難敵を連破。さらに、準決勝では優勝候補筆頭のマンチェスター・ユナイテッドを相手に、守護神ブヌの圧巻の働きと、FWスソ、FWルーク・デ・ヨングの今大会初ゴールにより、2-1の逆転で接戦をモノにし、6度目の優勝に王手をかけた。

    一方、2009-10シーズンにはモウリーニョ監督の下、イタリア史上初のシーズン3冠を成し遂げたインテルだが、翌2010-11シーズンコッパ・イタリア優勝を最後に、約10年に渡ってタイトルから遠ざかってきた。しかし、ユベントス黄金期を支えてきたマロッタCEOの下、名門復権を目指すチームは今季、百戦錬磨のコンテ監督を招へいすると、セリエAでは9年ぶりの2位フィニッシュを果たし、復活への第一歩とした。そして、今回の決勝ではヨーロッパカップ戦初制覇を目指す闘将と共に、22年ぶり4度目のタイトル獲得を目指す。

    バルセロナドルトムントと同居したCLグループステージを3位で終えたことにより、今季のELではラウンド32からの参戦に。そのラウンド32ではルドゴレツを一蹴すると、セビージャ同様に中立地ドイツでの一発勝負形式での戦いとなったラウンド16以降ではヘタフェ、レバークーゼンとの接戦をモノにし、順当にベスト4進出。ウクライナ王者シャフタールとの準決勝では再び接戦が予想されたが、主砲ルカクと若きエースFWラウタロ・マルティネスがいずれもドッピエッタを記録するなど、攻守に相手を圧倒。5-0の圧勝を飾る最高の形でファイナルの舞台へ駒を進めた。

    UEFAコンペティションの常連である両チームだが、意外にも今回が初対戦となる。ただ、セビージャでは古巣対戦のMFバネガに加え、FWオカンポスとスソがインテルの宿敵ミランに在籍経験がある。一方、インテルでは古巣対戦はいないが、昨季までアトレティコ・マドリーの主力として活躍したDFゴディンは顔なじみとの対戦となる。

    なお、この一戦に向けてはセビージャが公式戦20戦試合(11勝9分け)、インテルが公式戦11試合無敗(8勝3分け)と、いずれも好調を維持しており、好勝負必至のファイナルとなりそうだ。

    セビージャ
    【4-3-3】

    セビージャ予想スタメン
    (C)CWS Brains,LTD.

    GK:ブヌ
    DF:ヘスス・ナバス、クンデ、ジエゴ・カルロス、レギロン
    MF:ジョルダン、フェルナンド、バネガ
    FW:スソ、エン=ネシリ、オカンポス
    負傷者:MFオカンポス
    出場停止者:なし
    退団者:MFロニー・ロペス

    出場停止者、退団者、負傷者はいない。スタメンに関してはラウンド16以降、固定されているベストメンバーが起用されるはずだ。ただ、コンディションが懸念されるオカンポスに代わってムニル、戦術的な判断によってエン=ネシリからデ・ヨングと、前線に関しては変更の可能性もある。

    インテル
    【3-5-2】

    インテル予想スタメン
    (C)CWS Brains,LTD.

    GK:ハンダノビッチ
    DF:ゴディン、デ・フライバストーニ
    MF:ダンブロージオ、バレッラ、ブロゾビッチ、ガリアルディーニ、ヤング
    FW:ラウタロ・マルティネスルカク
    負傷者:MFヴェシーノ
    出場停止者:なし
    退団者:なし

    出場停止者、退団者共にいない。負傷者に関してはヴェシーノに加え、軽傷を抱えるサンチェスの起用が懸念される。シャフタール戦ではベンチ入りしていたが、プレーできるとしてもプレータイムの制限が見込まれる。

    スタメンに関してはセビージャ同様に、レバークーゼン、シャフタール戦を戦ったメンバーが引き続き起用されることになる。

    ★注目選手
    セビージャ:MFエベル・バネガ

    セビージャの注目プレーヤーは古巣との一戦がセビージャでのラストマッチとなる絶対的司令塔。今シーズン終了後にサウジアラビアのアル・シャバブへの移籍が決定しているバネガは、このEL決勝がセビージャでの正真正銘のラストマッチとなる。そして、その対戦相手は奇しくも、2016-17シーズンに1年間在籍した古巣インテルとなった。

    フリートランスファーで加入したインテルでは公式戦33試合に出場して6ゴール8アシストとまずまずの数字を残していたが、スパレッティ監督の就任に伴い一転して構想外に。わずか1年でのセビージャ復帰に際しては900万ユーロと言われる移籍金が支払われており、その恩義に報いるためにも古巣初対決でチームタイトルをもたらす活躍を見せたい。

    そういった個人的な背景に加え、戦術的な部分でも32歳の元アルゼンチン代表MFはセビージャ勝利のキーマンだ。インテルは大勝したシャフタール戦同様に、このファイナルでも前から激しい圧力をかけて相手のビルドアップに制限をかけると共に、あわよくばショートカウンターからゴールをこじ開けるゲームプランを採用するはずだ。

    シャフタールはそのインテルプランにまんまと嵌ってしまったが、セビージャには抜群のキープ力とポジショニングでプレスを回避できるバネガがいる。この一戦では守備強度が高い相手の中盤をうまくいなし、高精度のパスで相手ウイングバックの裏を狙う味方に決定機を供給する働きが期待される。さらに、得意のプレーキックで古巣へのキツい恩返し弾を見舞いたい。

    インテル:FWラウタロ・マルティネス

    インテルの注目プレーヤーは若きエースストライカーインテル加入2年目で背番号10に見合う風格が出てきた22歳のアルゼンチン代表FWは、今季の公式戦48試合で21ゴール7アシストと見事な数字を残している。とりわけ、主砲ルカクとの補完性は抜群だ。

    バルセロナへの去就報道が盛んに報じられたシーズン終盤戦は、セリエAでわずか3ゴールしか挙げられず苦戦した印象だが、ナポリ戦で見事なゴールを挙げるなど、ここに来て調子を取り戻している。そして、直近のシャフタール戦では2ゴール1アシストの活躍をみせ、チームの決勝進出に大きく貢献している。

    今回のファイナルに向けてはEL10試合連続ゴール中のルカクに大きな注目が集まるところだが、快足のDFクンデ、地対空の強さが光るDFジエゴ・カルロスという相手の屈強なセンターバックに徹底監視されるはずだ。そういった中、より自由度の高いプレーが可能なラウタロのパフォーマンスが堅守攻略の鍵を握る。
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【EL】セビージャ最多6度目の戴冠か、コンテ初の欧州カップ制覇でインテル復権か? 初対決の行方は…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    アントニオ・コンテ 写真提供: Gettyimages

     インテルの監督であるアントニオ・コンテは欧州サッカー連盟UEFA)のインタビューで現地時間21日に行われるヨーロッパリーグ(EL)決勝に対する意気込みを語った。

     同監督は決勝戦の相手であるセビージャを強敵として認め、優勝するには集中力と前向きに挑むことが必要とコメントした。

    セビージャは過去10年間で最も多くこのタイトルを手に入れたチームです。このクラブを相手に我々は慎重に戦わなければならないのは確かだが、自信を持って挑むことが一番大事なことだと思っている。ここに(EL決勝)たどり着くのは最強のチームだけだ。我々の実力を示して、タイトルイタリアに持って帰りたい」

     なお、EL決勝戦は、ドイツケルンにあるラインエネルギーシュタディオンで行われる。勝者はどちらになるのか?世界中のサッカーファンはこの一戦を楽しみに待っているはずだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】コンテ、EL決勝に対する意気込みを語る。「このタイトルをイタリアに持って帰りたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が肩を落とした。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが伝えている。

    ユナテッドは16日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝でセビージャと対戦。PKのチャンスを獲得した9分にポルトガル代表MFブルーノフェルナンデスゴールで先制したが、26分に追いつかれると、後半に勝ち越しを許して、逆転負けを喫した。

    シュート数でセビージャの9本に対して、倍以上の20本を記録したものの、相手守護神の好守もあり、ベスト4敗退が決定したユナイテッド。スールシャール監督は試合後、相手GKに賛辞を贈りつつ、度重なるチャンス逸を悔しがった。

    チャンスを生かせないと、難しくなる。我々は若いチームで、今日の試合を通して学び、一貫性を身につける必要性を露呈した。チャンスを作る過程は素晴らしいものがあるのだがね」

    「相手のGKがファンタスティックゲームをした。もちろん、我々が得点できなかったのは残念。我々には得点できるクオリティを持った選手がいるが、それが試合というもの。2点目を目指した全体的な流れは残念なものだった」

    そう語ると、「順位を上げたり、カップ戦でのさらなるステップアップを望むなら、間違いなく改善が必要。私自身、監督として1シーズンで3度も準決勝に進出した経験がない。我々は常にチームの成長を目指している」と述べ、チームのさらなる成長の必要性も口にした。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【EL】敗退のスールシャール「我々は若いチーム。一貫性を身につける必要性を露呈した」】の続きを読む

    このページのトップヘ