Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAヨーロッパリーグ (UEL)


    写真提供: Gettyimages

     アーセナルは28日、ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第5節でアイントラハト・フランクフルトと対戦。ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで先制したものの、フランクフルト日本代表MF鎌田大地の2ゴールで1-2で敗戦を喫した。

     この結果、アーセナルはここ7試合で5分2敗。前監督であるアーセン・ベンゲル氏の下での1235試合ではこれほど悪い結果を残しておらず、1992年以来ワーストの結果となっているようだ。28日、英紙『デイリーメール』がエメリ監督のコメントを伝えている。

     

    ウナイ・エメリ監督

    「良い状況じゃないね。私たちには勝利が必要だ。自信を取り戻さなければならない。前半は勝利に値するプレーだったが、後半にフランクフルトがギアを上げたことと、私たちがチャンスを逃したことによってコントロールを失ったね。」

     直近の7試合で未勝利となっているアーセナル。次節、同チーム12月1日プレミアリーグでノリッジ・シティと対戦する。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】アーセナル、鎌田の2ゴールで92年以来ワースト記録…】の続きを読む

    no title


    今季アーセナルからセルビアの名門パルチザン・ベオグラードに移籍した浅野拓磨

    クラブの規模を考えれば高額な移籍金が支払われたにもかかわらずゴールがなかなか決められず、メディアからは批判の声も上がっていた。

    かしこヨーロッパリーグ第5節のAZ戦、ついに「浅野拓磨らしいゴール」が生まれた。

    前半16分、セットプレーから放り込まれた裏へのボールに、浅野は強烈な加速で飛び出していく!

    見事に裏のスペースを破り、ゴールキーパーの動きもしっかりと見て流し込む。ジャガーポーズも含めて、まさに浅野の真骨頂である。

    なお、パルチザンは27分にもセイドゥバ・スマのゴールが決まって2点のリードを奪うも、終盤に追いつかれてしまい2-2の引き分けとなった。

    この結果最終節を待たずしてAZの2位が決定。パルチザンは3位以下が確定しており、ヨーロッパリーグからは敗退となっている。

    浅野拓磨、ついに来た!EL初ゴールは「爆速抜け出し」からのこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】浅野拓磨、ついに来た!EL初ゴールは「爆速抜け出し」からのこれ】の続きを読む

    no title


    アーセナル戦でEL初得点含む2ゴールマーク

     フランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地が現地時間28日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)第5節アーセナル戦で2ゴールを挙げ、2-1の逆転勝利に導いた。同僚の元日本代表MF長谷部誠とともにフル出場した鎌田は、1点を追う後半10分にEL初得点となる同点弾、さらに同19分には勝ち越し点を奪った。大活躍の“救世主”にドイツメディアは手放しで絶賛している。

     前半からアーセナルペースを握った試合は、同アディショナルタイムガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで先制。引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まるアーセナルに対して、フランクフルトは苦戦を強いられることとなった。

     だが、悪い流れからチームを救ったのは鎌田だった。後半開始から2人を交代して攻勢に出たフランクフルトは同10分、同点に追いつく。右サイドからパスを受け取った鎌田が、反転して、DFをかわして左足でゴール。EL初得点は強烈な一発となった。さらに、同19分、CKのこぼれ球から右足を一閃。ゴール左下へと沈め、勝ち越し点をマークした。

     2ゴールチームを勝利に導いた鎌田を、ドイツメディアは大絶賛している。同国放送局「hessenschau」は「鎌田ショー」と見出しを打って「日本人は、突然数分間で2得点する活躍を見せた」としており、ドイツ紙「ビルト」も「鎌田祭り」とし、チーム取締役であるフレディ・ボビッチ氏が「彼は長い間ゴールを待っていた。得点が必要だった。彼は素晴らしい選手」と、鎌田を称えるコメントを伝えている。

     鎌田の活躍でグループリーグ2位に浮上したフランクフルト。最終節は12月12日ホームでギマランイスと戦う。(Football ZONE web編集部)

    アーセナル相手に2ゴールを決めたフランクフルトの日本代表MF鎌田大地【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「鎌田祭り」「ショー」 “救世主”鎌田、アーセナルから2得点で現地メディア大絶賛】の続きを読む

    no title


    AZが代替えで使用する人工芝ピッチ、スールシャール監督が怪我のリスクを危惧

     マンチェスター・ユナイテッドは現地時間3日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第2節でオランダのAZと対戦する。アウェーでの試合を前にユナイテッドのオレ・グンナー・スールシャール監督は、試合が開催されるカーズジーンズ・スタディオンピッチを酷評した。英衛星放送「スカイスポーツ」が報じている。

     AZはAFASスタディオンというホームスタジアムがあるが、今年8月13日に屋根が崩壊して以降、ホームゲームは人工芝ピッチカーズジーンズ・スタディオンで行ってきた。このスタジアムは、ADOデンハーグの本拠地で、2014年に行われたホッケーワールドカップで使用された。

     このピッチを見たノルウェー出身のスールシャール監督は「驚きだ」と、オランダで人工芝のピッチで試合が行われることについて話している。

    ノルウェーのような北国に住んでいるならOKだ。でも、ここで(人工芝)は驚きだ。これまで長い間にわたって私が見てきたなかでも、最悪なピッチの一つだ。ノルウェーにも、もっと近代的で新しい場所がある。最新ではないが、安全だ」

     足首を負傷したフランス代表MFポール・ポグバは「さらなる治療と休養が必要」のため、試合の出場メンバーからは外れた。だが、「もし彼が起用できる状態だったとしても、人工芝で彼にリスクを負わせるわけにはいかない」と、このピッチポグバプレーする可能性はないと強調した。

     かつてユナイテッドの選手だった指揮官は、「私の膝の状態でも、人工芝ではプレーできないだろう。でも、若い選手たちなら大丈夫だ」と、10人のアカデミー出身者を含む遠征メンバーについて言及した。そして、ELの連勝を目指し「彼らが走る準備が整っていることを期待するよ。相手の裏に走り込み、チャンスを決めてほしいね」と期待を寄せた。(Football ZONE web編集部)

    ELのAZ対マンUが行われるADOデンハーグの本拠地【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「最悪なピッチの一つ」 マンU監督、ELの敵地スタジアムを酷評「驚きだ」】の続きを読む

    no title


     UEFA欧州サッカー連盟)は30日、2018-19シーズンヨーロッパリーグ(EL)最優秀選手賞を発表し、ベルギー代表MFエデン・アザールが選ばれた

     今夏にレアル・マドリードに移籍したアザールは、チェルシーに所属していた昨シーズンのELで8試合に出場。アーセナルとの決勝では2ゴール1アシストで、6年ぶり2度目のEL制覇に貢献していた。

     最優秀選手賞は、ELグループステージに参戦した48クラブの監督と55人のジャーナリストによって選ばれる。アザール340ポイントを獲得し、2位のフランス代表FWオリヴィエ・ジルーチェルシー119ポイント)や、3位のセルビア代表FWルカ・ヨヴィッチ(フランクフルトレアル・マドリード/94ポイント)らに大差をつけての受賞となった。

    昨季ELでチェルシーの優勝に貢献したアザール [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】アザールが昨季EL最優秀選手に輝く…チェルシーの6年ぶり優勝に貢献】の続きを読む

    このページのトップヘ