Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAヨーロッパリーグ (UEL)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    モルドバのシェリフに所属するブラジル人FWフェリペ・ヴィゼウが大物との2ショットを披露した。

    フラメンゴの下部組織出身のヴィゼウは、2018年7月にウディネーゼへと完全移籍。複数クラブへのレンタルを経て、2021年7月に横浜FCレンタル移籍で加入した。横浜FCでは、2021シーズン明治安田生命J1リーグで13試合に出場。チームが降格した今季もチームとともに戦うことを決めたが、J2リーグ8試合の出場にとどまり、7月1日横浜FCを退団していた。

    8月にシェリフへの加入が決まったヴィゼウは、15日にシェリフ・スタジアムで行われたヨーロッパリーグ(EL)のグループE第2節マンチェスター・ユナイテッド戦に73分から途中出場を果たしていた。

    そのヴィゼウは試合後にインスタグラムストーリーズを更新。ユナイテッドポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドブラジル代表FWアントニーとの2ショットを投稿しており、アントニーには「兄弟!君の成功を願い常に神のご加護があらんことを」のコメントも添えている。

    シェリフは10月6日に行われる第3節でレアルソシエダと対戦。次は日本代表MF久保建英との共演も見られるかもしれない。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【EL】3カ月前まで横浜FCにいたヴィゼウがC・ロナウドと2ショット!ELで同じピッチに立つ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



     ヨーロッパリーグ(EL)・グループE第2節が15日に行われ、マンチェスター・Uイングランド)とシェリフ(モルドバ)が対戦した。

     マンチェスター・UはEL開幕戦で、久保建英が所属しているレアルソシエダ(スペイン)とホームで対戦。なかなか決定機を作れずにいると、後半にブライス・メンデスにPKを決められ、0-1で敗北を喫した。一方、シェリフ(モルドバ)はオモニア・ニコシア(キプロス)の敵地で3-0と快勝。絶好のスタートを切っていた。

     マンチェスター・Uを率いるエリック・テン・ハフ監督は、スターティングメンバーにリサンドロ・マルティネスクリスティアン・エリクセンアントニーらをチョイスプレミアリーグで主力となっている面々が並んだ。筋肉系の負傷でこの試合の欠場が明言されていたマーカス・ラッシュフォードポジションにはクリスティアーノ・ロナウドが入り、センターフォワードでEL2戦連続のスタメン出場となっている。

     試合の均衡が破れたのは17分。マンチェスター・Uは敵陣で細かくパスを繋ぐと、中央付近でエリクセンが前を向く。少しボールを持ち運んで斜めのパスを付けると、ボールを受けたジェイドン・サンチョキックフェイントで対峙するDFをかわし、左足でネットを揺らした。

     39分にはマンチェスター・Uに追加点。左サイドからサンチョが放ったクロスボールは相手DFにクリアされたものの、スコット・マクトミネイがルーズボールを回収する。右サイドでパスを受けたディオゴ・ダロトがブルーノ・フェルナンデスとのパス交換でボックス内に侵入すると、相手DFに倒されてPKを獲得した。キッカー務めるのはC・ロナウド。力強いシュートを叩き込み、マンチェスター・Uリードを広げた。C・ロナウドにとっては待望の今季初ゴールとなっている。

     2点リード折り返した後半、マンチェスター・Uはマクトミネイとの交代でカゼミーロを投入する。後半に入ってもマンチェスター・Uがやや優勢に試合を進めるが、なかなか決定打となる3点目は挙げられない。69分にはタイレル・マラシアの折り返しから、ペナルティエリア外で待っていたC・ロナウドが右足を振り抜くも、シュートは枠の外へ。

     その後もマンチェスター・Uボールを握り続けるものの、決定的なチャンスを作り出すことはできず。試合はこのまま終了し、マンチェスター・Uが敵地で今季のEL初白星を手にした。

     次節は10月7日に行われ、マンチェスター・Uはオモニア・ニコシアと敵地で対戦する。一方、シェリフはホームレアルソシエダをホームに迎える予定だ。

    スコア
    シェリフ 0-2 マンチェスター・U

    【得点者】
    0-1 17分 ジェイドン・サンチョマンチェスター・U
    0-2 39分 クリスティアーノ・ロナウド(PK/マンチェスター・U

    スターティングメンバー
    マンチェスター・U(4-2-3-1)
    GK:デ・ヘア
    DF:ダロト(70分 ショー)、ヴァラン、L・マルティネス(90分 マグワイア)、マラシア
    MF:マクトミネイ(46分 カゼミーロ)、エリクセン、B・フェルナンデス
    FW:アントニー(90分 ガルナチョ)、C・ロナウド(81分 エランガ)、サンチョ

    C・ロナウドが今季初ゴールを記録 [写真]=Manchester United via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【EL】C・ロナウドが待望の今季初ゴール! マンUがシェリフを下し、敵地でEL初白星】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



     マンチェスター・Uエリック・テン・ハフ監督が、同クラブ所属のイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードの負傷状況について言及した。15日、クラブ公式サイトがコメントを伝えている。

     現地時間15日にヨーロッパリーグ(EL)・グループE第2節でシェリフ(モルドバ)と敵地で対戦するマンチェスター・U。今季EL初勝利をかける一戦となるが、開幕から好調を維持しているラッシュフォードの欠場が決まったようだ。

     会見でラッシュフォードの状況について問われたテン・ハフ監督は、「彼を出場させることはできない。アーセナル戦(プレミアリーグ第6節)後と同じような状況だ。筋肉系のケガを負っている」とコメントしつつ、「復帰までどのくらいかかるかはわからないが、状態はそれほど悪くないので長くはかからないと思う。すぐにチームに戻って来られると思うよ」と、同選手が比較的軽傷であると強調した。
     
     ”好調”ラッシュフォードの欠場が決まった以上、どの選手がFWのスタメンに名を連ねるのかにも注目が集まる。そのことについて問われたテン・ハフ監督は、「申し訳ないが、モルドバファンサポーターには試合当日まで待ってもらわなければならない」とコメントし、選手起用については明かさなかった。

     なお、イギリスメディアスカイスポーツ』は、先日のレアルソシエダとのEL初戦と同様に、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがスタメンとして起用される可能性が高いと伝えている。

    ELを2試合連続で欠場することになったラッシュフォード [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】ラッシュフォード、EL第2節を欠場へ…マンU指揮官が明言「彼は筋肉系のケガを負っている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    日本代表DF冨安健洋が、チューリッヒ戦の勝利を報告した。

    シーズンから続くケガの影響で今季は出遅れていた冨安。ここまで先発出場はなく、プレミアリーグでも復帰している中、途中出場が続いていた。

    そんな中、8日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節のチューリッヒ戦では今季初先発でフル出場。右サイドバックとしてプレーし、チームの1-2の勝利に貢献していた。

    この試合は冨安にとってELのデビュー戦に。安定したパフォーマンスを見せていたが、自身のインスタグラムで「勝ち点3。サポートありがとうございます」と短く勝利を報告した。

    ファンも待望していた先発復帰を果たした冨安。田中碧、中山雄太と日本代表チームメイトからも反応があった。

    また、アーセナルファンも「素晴らしいパフォーマンスだった」、「スーパートミ」、「ピッチに戻ってきて嬉しい」、「良い試合だった」、「俺たちは嬉しいぞ」、「愛している」とフル出場を喜ぶファンが続出している。

    なお、8日にエリザベス2世女王陛下が死去したことを受け、今週末のプレミアリーグは全試合が中止に。来週も中止の可能性が出ており、来週のヨーロッパリーグ第2節も現時点では不明に。その後は日本代表の活動に入るため、しばらくアーセナルでの冨安は見られない可能性もありそうだ。



    バイエルンvsバルセロナ、スポルティングCPvsトッテナムマンチスターCvsドルトムントなど見所満載!
    グループステージから決勝までチャンピオンズリーグ全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
    無料トライアルなど詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】「俺たちは嬉しいぞ」「スーパートミ」ELデビューの冨安健洋、先発フル出場にファンが歓喜「素晴らしいパフォーマンスだった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    欧州各地でスタートしたUEFAコンペティション。

    フライブルクはカラバフとのヨーロッパリーグ初戦に2-1で勝利した。堂安律が突き刺した決勝ゴールがこちら(動画2分47秒から)。

    右からスペースカットインするとファーサイドに低い弾道のシュートを突き刺す!相手DFに何もさせない圧巻のゴールだった。

    この堂安のゴールはEL公式の週間ベストゴールのひとつに選出されている(動画29秒から)。

    93分までプレーして勝利に貢献した堂安は、『whoScored』のレーティングでもチームトップの7.36という高評価を得た。

    【関連】俺を忘れるな!2022年W杯までに復活すべき日本人8名

    4連勝のフライブルクはいい形でボルシアMGとの対戦に臨むが、板倉滉は出場停止となるため日本人対決はお預けになる。

    フライブルク堂安、ELベストゴール候補になった「圧巻の一撃」がこれ(動画あり)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【EL】フライブルク堂安、ELベストゴール候補になった「圧巻の一撃」がこれ(動画あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ