Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAヨーロッパリーグ (UEL)



    (出典 www.soccer-king.jp)



    30日、欧州サッカー連盟UEFA)は今季のヨーロッパリーグにおける優秀選手18名を発表した。

    アイントラハト・フランクフルトからはケヴィントラップ長谷部誠フィリップ・コスティッチ、ダニー・ダ・コスタ、そしてルカ・ヨヴィッチの5名が選出された。

    それを受けてか、フランクフルトセキュリティソフトKaspersky」とのコラボレートで、4月の最優秀ディフェンスTOP3を選出した。

    長谷部ゴールラインギリギリで防いだ2つがランクイン!30台中盤になってなお安定感を増している彼の危機管理の鋭さたるや…。

    【関連記事】日本人選手がやった「海外でのスゴい偉業」まとめ

    今夏はフランクフルトから多くの選手が買われていくのではないかと言われているが、来季も長谷部は中心的な存在になって活躍してくれそうだ。

    長谷部vsトラップ!EL優秀選手二人の「神ディフェンス」を見よ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【UEL】長谷部vsトラップ!EL優秀選手二人の「神ディフェンス」を見よ】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    アーセナルのウナイ・エメリ監督が、敗戦から一夜明け改めて心境を明かした。

    22年間にわたるアーセン・ヴェンゲル体制からチームを引き継ぎ、1年目のシーズンを迎えたエメリ監督。プレミアリーグでは、開幕からマンチェスター・シティ(0-2)、チェルシー(2-3)と優勝を争う両チームに連敗し、長期政権後の難しいサイクルに入ると思われた。

    しかし、第3節からは7連勝、14戦無敗と立て直すと、チームは3シーズンぶりのチャンピオンズリーグ出場権を争う状況に。しかし、シーズン終盤にかけてケガ人が相次ぐと、下位相手の試合での勝ち点取りこぼしが続き、プレミアリーグ1年目は5位でフィニッシュしていた。

    一方で、自身がセビージャ時代に3連覇を成し遂げているヨーロッパリーグでは、順調に勝ち上がり決勝へ。しかし、29日に行われたチェルシーとの決勝で4-1と大敗。チームタイトルを逃すとともに、自身の連覇もストップ。さらにチャンピオンズリーグ出場権も目前で逃し、アーセナルの関わる人々が打ちひしがれていた。

    悪夢の大敗から一夜明け、エメリ監督は自身のツイッタ(@UnaiEmery_)を更新。決勝での敗戦から立ち直ることが難しいとしながらも、ファンへの感謝を綴り、新シーズンへ向けて進むと決意表明した。

    「今日の気持ちを表す言葉を見つけるのは簡単ではない。しかし、ここには重要なものがある」

    「我々のチームクラブファンの最初の日からの全ての努力は誇りだ。アーセナルファミリーの一員であることを誇りに思う」

    「今日、次のシーズンアーセナルの構築を始める。一緒に進もう!」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】失意の大敗から1日…エメリ監督が心境をツイート「一緒に進もう!」】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    [30日 ロイター] - 欧州サッカー連盟UEFA)は30日、今季の欧州リーグ(EL)で活躍した優秀選手18人を発表し、アイントラハト・フランクフルトドイツ)に所属する元日本代表主将の長谷部誠が名を連ねた。

    長谷部は1次リーグから準決勝まで全14試合でスタメン出場し、13試合でフル出場。フランクフルトベスト4進出に貢献した。

    フランクフルトでは長谷部を含め、ルカ・ヨビッチフィリップ・コスティッチら5選手が選ばれた。

    そのほか、優勝したチェルシーイングランド)からエデン・アザールオリビエ・ジルー、ペドロ、エンゴロ・カンテ、ジョルジーニョ、セサル・アスピリクエタ、ダビドルイス、ケパ・アリサバラガの最多8選手が選出された。

     欧州サッカー連盟は30日、今季の欧州リーグ(EL)で活躍した優秀選手18人を発表し、アイントラハト・フランクフルトに所属する元日本代表主将の長谷部誠(中央左)が名を連ねた。フランクフルトで3月撮影(2019年 ロイター/Ralph Orlowski)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【UEL】フランクフルトの長谷部、EL優秀選手に選出】の続きを読む

    no title


    アーセナルに所属する元チェコ代表GKペトル・チェフが、ヨーロッパリーグ決勝での敗戦に悔しさを滲ませている。『UEFA.com』が伝えた。

    アーセナルは29日、EL決勝でチェルシーと対戦した。UEFA主催試合の決勝戦で初のロンドンダービーで、今シーズン限りでの現役引退を発表したチェフは古巣相手に先発。アーセナルにとってはチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得のラストチャンスだったが、後半立ち上がりの失点を皮切りに3失点を喫してしまう。その後、MFアレックス・イウォビのゴールで1点を返したが、追加点を許してしまい、1-4で敗戦。タイトルとCL出場権を獲得することはできなかった。

    結果としては4失点もビッグセーブを連発し、勇敢に戦ったチェフは試合後、「彼らが陰でどれだけ努力をしてきたか」と語り、悔しい気持ちを吐露。引退後の去就についてはアーセナルとの契約期間を全うするまで考えない意向であることを明かした。

    「これは僕たちに相応しくない結果だ。今シーズン、僕たちが陰でどれだけ努力をしてきたかサポ―ターの方々は見ることができないからね」

    「僕らが何も手にできなかったと言うことは簡単だ。僕らはトロフィーを持っていないし、この決勝にも敗れたんだ。でも、僕は、努力をしてきた今シーズンが皆をより強くさせることを保証する」

    トロフィーを掲げて、席に座り、(将来について)考えたかった。6月30日まではアーセナルの選手だ。それまでは何も考えないよ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【UEL】ビッグセーブ連発の勇姿披露も敗戦…チェフ「僕たちが陰でどれだけ努力をしてきたか…」】の続きを読む

    no title


    [バクー 29日 ロイター] - サッカーイングランドプレミアリーグチェルシーに所属のエデン・アザール(28)は29日、欧州リーグ(EL)の決勝でアーセナルイングランド)に勝利した試合後、今季限りでの退団を明言した。

    アザールはこの決勝戦で2得点しチームの4─1での勝利に貢献。そして試合後、「BTスポーツ」の中継に「私の夢はプレミアリーグプレーすることであり、それを7年間実現した。さよならを言う時だ」と述べた。

    アザール2012年フランス1部リールから移籍金3200万ポンド(約44億2500万円)で加入。初年度にEL優勝を果たすと、プレミアリーグ2回などのタイトルも獲得した。

    去就については、スペイン1部レアル・マドリードが獲得に乗り出していることが明らかになっている。

     5月29日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーに所属のエデン・アザールは、欧州リーグの決勝でアーセナルに勝利した試合後、今季限りでの退団を明言した(2019年 ロイター/Lee Smith)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】チェルシーのアザール、退団を明言】の続きを読む

    このページのトップヘ