Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    CL準々決勝の第1戦で0-3完敗のマンC 会場入り時の騒動で動揺があったと指揮官証言

     UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝第1戦で、プレミアリーグ首位のマンチェスター・シティは敵地でリバプールに0-3で敗れた。試合前にリバプールサポーターがシティのバスを囲み、発煙筒などを投げつけられるトラブルが発生。ジョゼップ・グアルディオラ監督は「警察は防ぐべきだった」「1年前にドルトムントに何か起きただろう」と不満を漏らしている。英公共放送「BBC」が報じた。

     重要な第1戦でアウェーに乗り込んだシティ。前半12分にカウンターからエジプト代表FWモハメド・サラーに先制ゴールを許すと、その後も同21分にイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンの強烈なミドルシュート、同31分にサラーの折り返しからセネガル代表FWサディオ・マネのヘディングと立て続けに失点。欲しかったアウェーゴールは奪えずに、0-3で完敗した。

     グアルディオラ監督は試合後、チームには試合前から動揺があったと語っている。

     キックオフ前に敵地アンフィールドへ乗り込むシティのチームバスの元にはリバプールのサポーター群が押し寄せ、ブーイングとともに発煙筒や空き缶などが投げつけられる騒動が起きた。事前にサポーターエリアが設けられることは通達されていたようだが、それならばなぜしっかりとした対策がなされていなかったのかと、ペップは首を傾げた。

    「警察はこうなることを知っていたならば、普通は防ごうとするべきだ。私はリバプールの人間からこのようなことをされるなんて全く予想していなかった」

    リバプールの英雄ジェラードも渋面「受け入れがたい夜」

     チームバスの騒動と言えば、昨年のCL準々決勝で日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが爆発の標的にされるという事件が起きている。ペップも「1年前にドルトムントに何か起きただろう」と言及している。選手やスタッフは無事だったものの、警察官2名が負傷したと伝えられており、安全面の管理が行き届いていなかった。

     その後、リバプールは公式に声明を出し、シティへ謝罪した。リバプールのレジェンド、スティーブン・ジェラード氏も衛星放送「BTスポーツ」で「必要のないことだった。このような光景を目にすると、クラブとしても受け入れがたい夜になった」と渋面を作った。

     プレミアリーグ首位のシティに対し、今季二度の黒星をつけた唯一のチームとなったリバプールだが、後味の悪さが残る勝利となった。(Football ZONE web編集部)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】ペップが英国対決での“敵地洗礼”に苦言 リバプールサポーターの暴挙は「防ぐべき」】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



     チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグが4日に行われ、リヴァプールとマンチェスター・Cが対戦した。

     CLで初顔合わせのプレミア勢対決は開始12分に動いた。リヴァプールはカウンターから最後はロベルト・フィルミーノが巧みな切り返しでDFをかわして左足シュート。これはGKエデルソンに阻まれたが、中途半端なクリアボールを拾ったモハメド・サラーがフリーで押し込み、先制点を奪った。

     これで勢いづいたリヴァプールは21分にアレックス・オックスレイド・チェンバレンがエリア手前中央から強烈な右足ミドルシュートを突き刺して追加点。31分にはサラーのクロスを中央のサディオ・マネが頭で叩き込み、ホームのリヴァプールが前半の内に3点リードを得て折り返した。

     だが、リヴァプールは後半立ち上がりにアクシデント。52分、サラーが負傷でピッチを後にし、代わりにジョルジニオ・ワイナルドゥムが送り出される。対するマンチェスター・Cは3点を追いかけて後半に攻勢を見せたが、ゴールが遠い。84分にはレロイ・サネがエリア内左に抜け出してシュート。こぼれ球をガブリエル・ジェズスが押し込んでゴールネットを揺らしたが、サネのオフサイドで得点は認められなかった。

     リヴァプールは追加点こそなかったが、堅守で相手の反撃を許さず、このまま3-0で完封勝利。セカンドレグは10日にマンチェスター・Cのホームで行われる。

    【スコア】
    リヴァプール 3-0 マンチェスター・C

    【得点者】
    1-0 12分 モハメド・サラー(リヴァプール)
    2-0 21分 アレックス・オックスレイド・チェンバレン(リヴァプール)
    3-0 31分 サディオ・マネ(リヴァプール)

    [写真]=Liverpool FC via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】リヴァプールがホームでマンCに先勝!…前半で3ゴール奪い完封勝利…】の続きを読む



    (出典 media-public.fcbarcelona.com)



     チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグが4日に行われ、バルセロナとローマが対戦した。

     両チームはこれまでCLで4度対戦し、いずれもグループステージで通算成績は1勝2分1敗。決勝トーナメントで初対決となった今試合は、バルセロナが先に主導権を握った。開始7分、スルーパスでエリア内左に抜け出したルイス・スアレスが右足シュートでゴールネットを揺らすが、オフサイドの判定でノーゴール。18分にはイヴァン・ラキティッチがエリア内左隅から右足で狙うが、シュートは右ポストに弾かれた。

     試合が動いたのは38分。アンドレス・イニエスタがエリア内へ走り込むリオネル・メッシを狙ってスルーパスを送ると、直前でダニエレ・デ・ロッシにカットされたが、ボールはそのままゴール右隅に決まり、オウンゴールでバルセロナが先手を取る。

    後半に入って55分、バルセロナは右CKの流れでラキティッチが鋭いクロスを入れると、中央のサミュエル・ユムティティが合わせたが、これは右ポストに嫌われる。それでも、跳ね返ったボールがDFコスタス・マノラスに当たってゴールに吸い込まれ、再びオウンゴールでバルセロナがリードを2点に広げた。

     さらに59分には、右サイドのメッシが左足アウトサイドで絶妙なクロスを送ると、逆サイドのL・スアレスが落ち着いて右足シュート。GKアリソンの好セーブのこぼれ球をジェラール・ピケが押し込んで追加点を挙げた。

     ローマは77分、途中出場のステファン・エル・シャーラウィが高い位置でボールを奪って折り返すと、中央フリーのグレゴワール・デフレルがワントラップからシュートを放つが、これはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンのスーパーセーブに阻まれる。78分にディエゴ・ペロッティが放ったミドルシュートも、テア・シュテーゲンにセーブされた。

     だが、80分にローマの反撃が実る。ペロッティが左サイドからドリブルで切り込んでエリア内へパス。これを収めた中央のエディン・ジェコが左足シュートを沈めて一矢報いた。

     しかしバルセロナも87分、エリア内左のデニス・スアレスがグラウンダーのクロスを入れると、中央で相手DFが触ったこぼれ球をL・スアレスがダイレクトでゴール右隅に流し込み、リードを3点に戻した。試合はこのまま終了し、バルセロナがホームで4-1の先勝。セカンドレグは10日にローマのホームで行われる。

    【スコア】
    バルセロナ 4-1 ローマ

    【得点者】
    1-0 38分 オウンゴール(ダニエレ・デ・ロッシ)(バルセロナ)
    2-0 55分 オウンゴール(コスタス・マノラス)(バルセロナ)
    3-0 59分 ジェラール・ピケ(バルセロナ)
    3-1 80分 エディン・ジェコ(ローマ)
    4-1 87分 ルイス・スアレス(バルセロナ)

    [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】ローマが痛恨のオウンゴール2発…バルサ、ピケ&L・スアレス弾加えて快勝!】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、4日にホームで行われるチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグのローマ戦に向けてコメントを残した。3日付のスペイン紙『アス』が同監督のコメントを伝えている。

     まず、バルベルデ監督はローマの印象について語り、大事なのは敗北しないことだと話した。

    「ローマのこれまでの戦いぶりを見たよ。彼らは素晴らしい攻撃も、連帯感のある守備もできるチームだ。まずは負けないことが大事になってくる。そこから良いパフォーマンスを発揮して、勝利したいと思っているよ」

     続けてバルベルデ監督は、負傷のため出場が危ぶまれているスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツの状態に言及。同選手を起用する考えであることを明かした。

    「昨日の時点で彼はトレーニングに参加している。保証することはできないが、おそらく明日は彼を使うことになるだろう。彼はチームにとって非常に重要な選手だからね」

    ローマ戦に向けて意気込みを語ったバルベルデ監督 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】バルサ指揮官、ローマの印象を語る…負傷明けのブスケツにも言及…】の続きを読む



    (出典 cimg.news.sp.findfriends.jp)



     マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督が、4日に控えたチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグのリヴァプール戦に向けて意気込みを語った。同日付のイギリス紙『デイリー・スター』が同監督のコメントを伝えている。

     まず、グアルディオラ監督は対戦相手のリヴァプールに言及し、圧倒的な攻撃力を前にしても自分たちのスタイルを貫くことが重要だと強調した。

    「非常にタフな試合になると思う。リヴァプールの攻撃陣が持っているクオリティについては十分に分かっているつもりだ。場面や状況によっては守備に追われる場面が増えるだろう。けれども、私たちが今までやって来たことを変える必要はない。私たちは私たちのやり方でここまでうまく来れているわけだからね」

     続けてグアルディオラ監督は、準決勝に向けての戦いはホームとアウェイの2試合で決まることを忘れてはならないと主張した。

    「準決勝に進出するには90分の試合だけでなく、セカンドレグも含めて180分の戦いになることを忘れてはならない。困難な状況に直面しても、落ち着くことが重要だ。私たちは自信を持って、自分たちらしい試合をしたいと思っている」

    リヴァプール戦への意気込みを語ったグアルディオラ監督 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】ペップ、プレミア勢対決に意気込み「自分たちらしい試合を」】の続きを読む

    このページのトップヘ