Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    カバーニの父ルイス氏が断言 「多額の金を費やしたからといって…」

     パリ・サンジェルマンPSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニは、これまで同クラブで数多くのトロフィーを獲得してきた。今季も悲願のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇を目指しているものの、カバーニの父親は“絶対に叶わない”と確信しているという。スペイン紙「AS」が報じた。

     2013年夏にイタリアナポリからPSGに移籍したカバーニは、昨季まで5回のリーグ・アン制覇、クープ・ドゥ・フランスを4回、クープ・ドゥ・ラ・リーグを5回、トロフェ・デ・シャンピオンを7回優勝と、フランス国内では片っ端からトロフィーを獲得してきた。しかし、CLでは加入から3大会連続でベスト8、その後の3シーズンベスト16止まりと、クラブ史上初の欧州制覇への道のりは遠い。

     中南米や欧州で携帯電話事業を展開する「モビスター」が提供するウルグアイの番組「los otros’」で、カバーニの父ルイス氏は「彼の家に行くと、バーベキューのあるテーブルに『パリ・サンジェルマンヨーロッパチャンピオン2019』と書いてあるんだ」と述べ、息子のカバーニがとにかく欧州制覇を夢見て止まないことを明かした。

     ところが、ルイス氏は頭を横に振って笑いながら、息子の“夢”についてこのように語っている。

    「彼は気付いていないのかもしれないが、いつかあれを消さなければならない日が来る。彼はいつも私がネガティブな人間だと話す。私は彼にフランスではすべてのトロフィーを獲得できるだろうが、チャンピオンズリーグ制覇は一生できないと言うからだ。サッカーでは多額の金を費やしたからといって、優勝できるわけじゃないんだ」

     確かに、PSG2017年に史上最高額でバルセロナからブラジル代表FWネイマールを獲得し、フランス代表の一員として2018年ロシアワールドカップで“世界一”を経験したFWキリアンムバッペも在籍3年目を迎えているが、CLベスト4進出の壁を破ることができていない。ルイス氏が厳しい言葉をかけるのも、息子にもっと現実を見つめてほしいと考える“親心”なのかもしれない。

     そうしたなかでPSGは、現地時間26日に行われた敵地レアル・マドリード戦で、0-2から追いつき、グループA首位通過を決めた。この試合では出番のなかったカバーニだが、父の言葉を覆してチームメートとともに悲願のCL制覇を成し遂げられるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    PSGのFWカバーニ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】PSGでは「CL制覇は一生できない」 カバーニ父、“夢見る”息子へ厳しい言葉】の続きを読む

    5BBADA9F-B9B8-4C19-88D7-8C928BE89BAD


    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/28(木) 07:05:51.47 ID:sWNFV7Ym9.net

    現地時間27日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループEのヘンクvsザルツブルクが行われた。

    この試合でヘンク伊東純也、ザルツブルク南野拓実が先発出場となり、奥川雅也はベンチスタートとなった。

    19日にヘンクの監督に就任したハンネス・ヴォルフにとってはこの試合がCL初陣となった。だがこの試合ではアウェーのザルツブルクが主導権を握る時間が長く、パトソン・ダカ、ファン・ヒチャン、南野を中心としたシンプルな速攻でヘンクゴールを脅*。

    前半、ザルツブルクに大きなチャンスがやってくる。35分、後方からのボールをファン・ヒチャンが収め、ヒールパス。そこに飛び込んだダカがノーマークながらシュートを大きくふかし、ゴールを決めることができず。

    43分、南野と伊東の接触によりザルツブルクにFKが与えられると、ドミニク・ショボスライがFKを狙う。一度相手DFの壁に弾かれたものの、再度ボールを拾ったショボスライがミドルシュートを放った。このボールをヘンクGKガエタン・クーケが前へとこぼし、そこに飛び込んだダカが押し込んでザルツブルクが先制した。

    その直後の前半アディショナルタイムにはエノック・ムウェプのお膳立てを受け、南野がゴールエリア右側でボールを受ける。南野は右足でゴール左スミへとシュートを決め、ザルツブルクに追加点をもたらした。ザルツブルクの2点リードで試合はハーフタイムへと突入。

    後半に入り、さらに攻勢にかけようとするザルツブルクは62分からノルウェー代表FWアーリング・ハーランドを投入。すると69分、エリア左で裏に抜けたハーランドがクロスを入れ、中でファン・ヒチャンが合わせてこれでスコアは0-3に。

    3点ビハインドとなったヘンクは72分、伊東がバイタルエリアから強烈なミドルを放つも、GKに阻まれゴールとはならず。

    ザルツブルクは74分、ハーランドが裏に抜け出して相手DFを背負いながらシュートを決めるも、これはファウルの判定。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)を介するもジャッジは変わらず、ハーランドのCL5試合連続ゴールは幻となった。

    79分、ヘンクは伊東が途中交代でベンチに下がる。その直後、ザルツブルクはショボスライに代わり、奥川雅也がピッチに投入した。

    85分、ヘンクはテオ・ボンゴンダがミドルシュートを放ち、ザルツブルクGKカルロスが弾く。そこにポール・オヌアチュが飛び込んでシュートを放つも再びGKが防ぎ、ルーズボールに飛び込んだムブワナ・サマッタが頭で押し込み、ようやく1点を返してスコアは1-3に。

    そしてCL5試合連続得点の懸かるハーランドは87分、カウンターの場面で自らがドリブルを仕掛け、一度味方にはたいたボールがリターンとなり、相手GKの位置を見極めて冷静にネットを揺らした。

    試合はこのまま1-4でフルタイム。ハーランドのCL5試合連続ゴール、南野のCL2得点目などもあり、ザルツブルクが敵地で勝ち点3を奪取している。

    勝ち点を7に伸ばしたザルツブルクは3位以上が確定。最終節はホームでリヴァプール戦が控えているが、第6節の結果次第で勝ち上がりとなる2位以上に浮上するチャンスを残している。

    また敗れたヘンクは勝ち点1にとどまり、4位でのグループリーグ敗退が決定した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-00010006-goal-socc
    11/28(木) 6:55配信


    【【海外サッカー】南野拓実がCL2得点目&ハーランドCL5試合連続弾!ザルツブルクが敵地でヘンクを1−4撃破】の続きを読む


    写真提供: Gettyimages

    1試合で1人の選手が3得点を記録することをハットトリックと呼ぶ。確かな得点力が無ければなしえない離れ業だ。ただ、このハットトリックサッカーを定期的に見る人であれば、リアルタイムで目にすることもできるだろう。滅多に見ることができないのは1試合4得点以上だ。

    事実、世界最高峰のレベルを誇る大会チャンピオンズリーグ(CL)では、これまでに93人の選手がハットトリックを記録しているが、4得点以上を記録した選手になると13人まで減少する。今回は、そんな離れ業をやってのけた直近5人の選手をご紹介する。


    写真提供: Gettyimages

    レバンドフスキ

    クラブバイエルン・ミュンヘン

    日本時間27日に行われたレッドスター・ベオグラード戦で、ロベルト・レバンドフスキは4得点の偉業を達成した。同選手が驚異的だったのは、これを53分から67分までの14分間で達成してしまったこと。実に3分30秒で1ゴールペースだ。


    写真提供: Gettyimages

    ニャブリ

    クラブバイエルン・ミュンヘン

    実はレバンドフスキの前にCLで1試合4得点を記録したのもバイエルンの選手だ。今年(2019年10月2日に行われたアウェイトッテナム・ホットスパー戦で4ゴールを記録している。いわゆる格下と呼ばれるチーム相手に4得点を記録する選手は少なくないが、トッテナムのような強豪を相手に記録するのは極めて稀だ。


    写真提供:Gettyimages

    C・ロナウド

    クラブユベントス

    ニャブリの前のCLでの1試合4得点は、約4年前に遡る。マルメ戦で4得点を記録したクリスティアーノ・ロナウドだ。C・ロナウドレアル・マドリードCL1試合4得点を記録した初の選手となった。また、この年のC・ロナウドはCLグループステージで11得点を記録。新記録の樹立となった。


    写真提供: Gettyimages

    アドリアーノ

    クラブ:パルメイラス

    ルイス・アドリアーノが「CL1試合で5得点」というまさに奇跡を起こしたのが今から5年前だ。当時シャフタール・ドネツクに所属していたアドリアーノは、バテ・ボリソフ戦で5つのゴールを記録。CL1試合で5ゴールを記録したのは、バルセロナリオネル・メッシとアドリアーノのただ2人だけ。いかにこの記録が奇跡的かということがわかるだろう。


    写真提供:Gettyimages

    イブラヒモビッチ

    クラブ:無所属

    ドリアーノが1試合5得点を記録した前年に、1試合4得点を記録したのがズラタン・イブラヒモビッチだ。現在新天地探しに勤しんでいる同選手は、パリ・サンジェルマンに所属していた2013/2014シーズンに偉業を成し遂げた。アンデルレヒト戦で凄まじいパフォーマンス見せたイブラヒモビッチを、ローラン・ブラン当時監督は「彼がこのチームを頂に導く原動力だ」と評している。


     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】CL1試合4得点以上を記録した5人の怪物たち…】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    CLのPSG戦で2-2ドロー、アザールが負傷で途中交代

     UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第5節各地で行われ、レアル・マドリードパリ・サンジェルマンPSG)との打ち合いの末に2-2で引き分けた。エースの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが2得点を挙げた一方、レアルで気になるのは途中交代となったベルギー代表MFエデン・アザールの状況だ。

     試合は前半17分、ウルグアイ代表MFフェデ・バルベルデのクロスに合わせたスペイン代表MFイスコシュートポストに当たり、それに反応したベンゼマが先制ゴール。その後も本拠地サンチャゴ・ベルナベウのサポートを受けたレアルが押し気味に試合を進めるなか、PSGは後半か一死からブラジル代表FWネイマールピッチに投入され、今季初CL出場となった。

     レアルは後半34分にブラジル代表DFマルセロのクロスに再びベンゼマが合わせて2点差をつけ、試合を決定づけたかに見えた。しかしその2分後にベルギー代表MFムニエのクロスフランス代表FWキリアンムバッペが合わせ1点差。その2分後にはネイマールが起点となり、MFパブロ・サラビアが同点弾を決めて2-2で試合を終えた。

     他会場の結果によってPSGの首位通過、レアルの2位での決勝トーナメント進出が決まり、両チームともに最低限の結果となった。レアルにとって打撃となったのは後半23分のシーンだ。ムニエのタックルを受けたアザールが負傷し、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルとの交代を余儀なくされた。

     スペイン紙「マルカ」は「負傷は最初の印象ほど深刻ではないかもしれない」としつつも、「彼のパフォーマンスが上昇しているなかで、この怪我は負担になるかもしれない。アザールにとって最悪の時期だ。彼はピッチ内でベンゼマ、マルセロと好連係を見せ、PSG相手に尖った存在だった」とチームに順応してきたタイミングでの負傷になってしまったとしている。徐々に本領を見せ始めているアザールにとって痛い離脱となりそうだ。(Football ZONE web編集部)

    PSG戦で負傷交代となったアザール【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】「最悪の時期」 レアルMFアザールがCLで負傷、現地紙「負担になるかもしれない」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    サラーとクロップ監督写真提供: Gettyimages

     リバプールユルゲン・クロップ監督が、日本時間28日の午前5時から行われるチャンピオンズリーグ(CL)ナポリ戦にエジプト代表FWモハメド・サラーが戦列復帰することを明言した。24日、英紙『ミラー』が伝えている。

     サラーは24日のプレミアリーグクリスタル・パレス戦でベンチ入りをしたものの出場するまでには至らなった。しかしクロップ監督は、サラーがナポリ戦に出場することにゴーサインを出したようだ。

    ユルゲン・クロップ

    「私はパレス戦で、彼(サラー)をスタメンで起用するかどうかを決めなければならなかった。しかし結局は、彼を起用しませんでした。途中で起用しようかと試みましたが、ラスト5分で勝利を確信した時に彼をベンチに呼び戻しました。彼を今日休ませることができてとても良かった。木曜日に彼は戻ってくる」

     

     勝利すれば、CL決勝トーナメント進出を決めることができるリバプール。サラーのゴールで予選突破を決めることができるのだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】クロップ監督、サラーのCLナポリ戦復帰を明言?】の続きを読む

    このページのトップヘ