Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    レアルのメディアデーで語る 自身5度目のCL優勝となれば「アメージング」

     レアル・マドリードがUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝を4日後に控えた22日に、「オープン・メディアデー」を実施。選手たちが報道陣の前で公開練習を行い、取材に応じた。スペイン紙「AS」は、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのコメントを伝えている。

     リバプールとの顔合わせとなる決勝に勝てばレアルの3連覇、さらにロナウド自身にとっては通算5回目のCL制覇となる。この数字について、同選手は「もし5回目の優勝となればアメージングだ」と語った。

    「歴史的な瞬間になるだろう。チームの皆がワクワクしている。だが、トレーニンググラウンドの選手たちを見れば分かる通り、今はこれがどれほど歴史的なことなのかを気にしてはいない。ただ、目の前の試合に完全に集中しているんだ。しかしそれが終われば、もし全てが上手くいけば、我々は歴史の1ページに名を刻むことになるだろう。自信はあるし、コンディションも良いと感じている。それにチームメートも皆、準備ができている」と述べ、26日の決勝に向けて気合十分といった様子だった。

    「CLは特別な大会、ヨーロッパでプレーするのが好きだ」と話すロナウド。これまでのCLを振り返り、どの瞬間が自身にとって特別だったかを聞かれると、「ファンタスティックな瞬間は沢山あったし、全てが素晴らしい試合だった。パリ・サンジェルマンやユベントス……最高のチームと戦わなければならない。オーバーヘッドが良かったと言ってほしいのだろう? でも、このクラブでは常にミラクルが起こる。去年、ハットトリックを決めた時もそれと同じことで、この大会では必ず”何か”が起こる。ユベントス戦ではそれがオーバーヘッドキックだったけど、僕がグループステージの全ての試合でゴールを決めたことを忘れないでほしい」と一つの出来事には絞らず、特別な瞬間は常に起きているとした。


    リバプールを見ていると「3、4年前のレアルを思い出す」

     そしてロナウド自身にとって、マンチェスター・ユナイテッド時代のライバルだったリバプールとCL決勝を戦うことについては、「決勝はいつも特別な試合。僕はマンチェスター・ユナイテッドと戦いたかったけどね」とポロリ。しかし、「リバプールはリスペクトに値するチームだ。決勝に進む価値がある。彼らを見ていると、3、4年前のレアルを思い出す。3トップ(モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネ)にスピードはあり、攻撃ではパワフル」と称賛の言葉を述べ、「レアルの方が良い。だが、簡単にはいかないだろう。我々は、自分たちのレベルでプレーをしながら、同時に相手にも敬意を払わなければならない」と続けた。

     CL決勝という大一番に向けては、「常にモチベーションを保たなければならない。このクラブで、特にこの大会ではリラックスなんてできない。(フランシスコ・)ヘント氏や(アルフレッド・)ディ・ステファノ氏の時代から、CLはレアルの代名詞だ。選手としても、ファンとしてもそう感じている。土曜日(決勝)には良いコンディションで臨み、チームを助け、良いプレーをしたい。できればゴールも決めたいが、最も大切なのは勝って、歴史に名を残すこと」と語り、個人の活躍よりも優勝することが重要だと語った。


    (Football ZONE web編集部)

    C・ロナウド、リバプールとのCL決勝前に本音を吐露【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】C・ロナウド、リバプールとのCL決勝前に本音吐露 「ユナイテッドと戦いたかった」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     26日にリヴァプールとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝を控えるレアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が、記者会見に応じた。

     昨季、史上初のCL2連覇を果たしたレアル・マドリード。今季も決勝まで勝ち進み、3連覇を目前としている。まず、ジダン監督は優勝を渇望する姿をみせた。

    「ライバル(リヴァプール)がどのくらいチャンピオンズリーグ優勝を望んでいるのか分からないが、私が保証できることは、このクラブはチャンピオンズリーグ優勝を望んでいることだ。我々よりリヴァプールの方がハングリーだ、などと誰も言うことはできないだろう」

    「リヴァプールは良いチームであり、決勝まで進んだ。しかし、それは我々も一緒。試合に備え、相手を分析し、戦略を立てなければならない」

    「そして決勝は両チームにとってもアウェイの場で、ホーム・アンド・アウェーではなくワンマッチだ。集中しなければならない。そして、我々は勝つ必要がある」

     また、チームのエースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにも次のように期待を寄せた。

    「選手は厳しい時を過ごすことがあり、得点を挙げられないときは特に大変だ。しかし、彼は違う。前の試合で0得点でも、次の試合で2〜3点を獲得できるんだ」

    「プレッシャーを受けてうまくいかない選手もいるが、逆に成功する選手もいる。彼はまさしくその一人だ。彼を批判するときは、もっと気をつけたほうがいいだろうね」

     そして、ジダン監督は対戦相手のリヴァプールを率いるクロップ監督に敬意を払った。

    「彼は偉大な監督だ。ドルトムントでそれを示し、リヴァプールでそれを印象づけ続けている。私は監督として、彼に敬意を表したい」

     最後に、「負けると今シーズンは失敗か?」という質問を受けると、次のよう答えた。

    「無駄ではない。前に言ったように私の大きな失敗は、コパ・デル・レイでホームで敗退したことだ。あれは私たちにとって大きな打撃だった。しかし、私たちに重要なことは改善だ」

    CL決勝へ向け調整を続けるジネディーヌ・ジダン監督 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】「我々は勝つ必要がある」レアルのジダン監督、CL優勝を渇望…】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



     かつてリヴァプールなどで活躍した元イングランド代表FWマイケル・オーウェン氏が、古巣で圧巻のパフォーマンスを見せるエジプト代表FWモハメド・サラーについて語った。


     サラーは今シーズン、プレミアリーグでシーズン最多得点記録を更新する32ゴールを挙げ、得点王に輝いた。また、イングランドサッカー選手協会(PFA)主催のPFA年間最優秀選手賞、イングランドサッカー記者協会(FWA)選出の年間最優秀選手賞、さらにEAスポーツ年間最優秀選手賞も獲得し、個人4冠を達成した。

     そんなサラーについて、クラブOBのオーウェン氏は「バロンドール受賞の資格がある」と絶賛した。ただ、バロンドール受賞経験のある同氏は、“後輩”が栄冠をつかむためにはチャンピオンズリーグ(CL)制覇が不可欠だと続けた。

    「最後にどういうタイトルを勝ち取るかが重要だ。素晴らしいシーズンを過ごしたとしても、何も勝ち取れなければ受賞はできない。シーズンの仕上げとしてCLのタイトルを手に入れられるかどうか。それができれば、十分にチャンスがあるだろう」

     リヴァプールは26日にCL決勝でレアル・マドリードと対戦する。

    CL制覇ならバロンドール受賞も…? [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】CL優勝ならサラーがバロンドール受賞?】の続きを読む



    (出典 dot.asahi.com)



     レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがチャンピオンズリーグ(CL)決勝への意気込みを語った。

     3年連続でCL決勝進出を果たし、前人未踏の3連覇へ臨むレアル・マドリード。リーグでは苦戦を強いられたチームをCLでけん引したのは、今季CLで15得点を挙げているC・ロナウドだった。22日、C・ロナウドは26日にウクライナの首都キエフで行われるCL決勝について次のように話した。

    「優勝すれば歴史的な瞬間になるだろうね。僕たちは希望に溢れているし、3年連続でチャンピオンズリーグに優勝し歴史を作ることができる。そのことについてそこまで意識はしていないけどね。でも僕は自信を持っているし、調子のよさを感じている」

     次に、対戦相手のリヴァプールについては敬意払いつつ、自身のチームに自信を覗かせた。

    「決勝は常に特別なものだし、リヴァプールに敬意を払わなければいけない。彼らは決勝に進出するに値している。僕は非常に速いFWを前線に揃えた数年前のレアル・マドリードを思い出すよ。もちろんライバルに敬意を払うけど、僕は自分たちがベストだと思う」

     そして、今季を振り返りつつ、最後には自身のゴールよりチームの勝利の重要性を強調した。

    「チャンピオンズリーグはクラブにとっても僕にとっても特別な大会だ。常にビッグゲームがあるし、世界最高峰のチームと対戦しなければならないからね。今シーズンはスペクタクルなシーズンだったので、とても満足しているよ」

    「このクラブでは決して気を抜くことはできないんだ。特にこの大会ではね。大きなモチベーションを持っているので僕はこの大会が大好きだし、チームを助け、勝つために、土曜日いい状態でいられることを願っている。誰がゴールを決めるのかは重要なことではない」

    メディアに対応するクリスティアーノ・ロナウド [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】決勝に臨むC・ロナウド、リヴァプールに敬意払いつつ…「自分たちがベスト」】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    決勝に過去3度立ち、優勝を経験した世界最高のラテラルは勝者のメンタリティーを誇示

     レアル・マドリードは現地時間26日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝でリバプールと対戦する。不動の左SBであるブラジル代表DFマルセロは、勝利すれば前人未到の三連覇達成となる大一番で勝つために必要なこととして4つのキーワードを挙げた。スペイン紙「マルカ」が報じている。

     過去5シーズンで4度目のCL決勝進出を果たし、欧州サッカーを席巻している“白い巨人”レアル・マドリード。過去3度の決勝ではいずれもピッチに立ち、優勝を経験しているマルセロはすでにファイナルでの振る舞いについては十分に心得ているようだ。

    「謙虚さ、ハードワーク、一体感、そして野望。ファイナルで勝つためにはこれらがキーになる」

     今月30歳を迎えたマルセロはこのように語った。2007年からレアルでプレーする“世界最高のラテラル”には勝者のメンタリティーが染み付いている。

     従来のSBという型にはハマらない技術の高さを誇り、レアルの攻撃に欠かせない存在となったレフティーは自身としては4度目、チームとしては歴代最多記録を更新する13度目(前身のチャンピオンズカップ含む)のビッグイヤー獲得に全神経を集中させている。


    (Football ZONE web編集部)

    マルセロは、大一番で勝つために必要なこととして4つのキーワードを挙げた【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】レアルDFマルセロが語る“CL決勝の4か条” 勝利へのキーポイントに挙げたのは?】の続きを読む

    このページのトップヘ