Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がチャンピオンズリーグ(CL)敗退に悔しさを滲ませた。

    ユナテッドは8日に行われたCLグループH最終節でRBライプツィヒとアウェイで対戦。引き分け以上で突破が決まる状況下での一戦だったが、0-3からの猛攻も実らず、2-3の敗北を喫した。

    この結果、勝ち点9のユナイテッドパリ・サンジェルマン(PSG)、ライプツィヒを上回れず、3位フィニッシュが確定。CLグループステージ敗退が決まり、ヨーロッパリーグ(EL)に回った。

    スールシャール監督は試合後、イギリス『BT Sport』で敗退までの道のりを振り返り11月4日に敵地で行われ、1-2で敗北した第3節のイスタンブール・バシャクシェヒル戦を分岐点に挙げた。

    「我々が十分だったとは言い難い。このグループで良いスタートを切ったが、イスタンブールでの敗北が痛かった。振り返ってみると、我々が手にすべきポイントを失ったと思う」

    「3点ビハインドからのカムバックは期待できない。最後の方は不運だった。努力とキャラクターはあったと思う。クロスに対応しないといけないのは承知の上。ボックス内に関してもだ」

    「しかし、クリアできなかった。フットボーラーとして悔やんでも悔やみ切れないものだ」

    また、渦中のフランス代表MFポール・ポグバに関する質問を受けると、「彼が幸せなのか、不幸なのか、ポールに聞いてみるべきだ」と返して、具体的な言及を避けた。

    「彼の代弁をするつもりはない。彼はここにいる限り、チームのためにベストを尽くそうと集中している。トレーニングに励み、ただ自分のプレーに集中する必要がある。今は移籍に関する議論をすべきときじゃない」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】敗退を嘆くスールシャール「このグループで良いスタートを切ったが、イスタンブールでの敗北が…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ドルトムントU-20ドイツ代表FWユスファ・ムココがチャンピオンズリーグ(CL)の歴史も動かした。

    すでに決勝トーナメント進出を決めたドルトムントは8日に行われたグループF最終節でゼニトとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利。ムココは58分からピッチに立ち、16歳18日でのデビューを飾った。

    これまでのCL史上最年少出場記録は元ナイジェリア代表FWのセレスティン・ババヤロ氏がアンデルレヒト所属の1994-95シーズンに打ち立てた16歳85日。ムココは67日も更新したことになる。

    ムココは先月11月16歳誕生日を迎えた翌日の21日に行われたブンデスリーガ第8節のヘルタ・ベルリン戦でデビューブンデスリーガ最年少の16歳1日でデビューとなり、話題をさらった。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】ドルトの16歳ムココ、ブンデスに続いてCLの歴史も動かす!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    UEFAチャンピオンズリーググループステージ最終節でバルセロナに0-3で勝利したユヴェントス

    クリスティアーノ・ロナウドは盟友リオネル・メッシの眼の前で2ゴールの活躍を見せた。

    メッシの前で2つのPKを叩き込んだロナウドは試合後のインタビューではこう述べていた。

    クリスティアーノ・ロナウドユヴェントスFW)

    「ここ(カンプ・ノウ)でのゴールは自分にとって常に特別さ。

    メッシとは12~13年の人生を共有してきた。彼との対戦はいつだっていいものさ。

    人々は僕らの対立意識を話題にするけれど、僕にとって彼との対戦は常に光栄なものだよ。

    彼と対戦した時に得点することはもちろん嬉しい」

    すでに決勝トーナメント行きを決めている両チームは勝点で並んだが、ユーヴェが直接対決の結果で首位突破となった。

    【写真】驚くべき筋肉をつけたサッカー選手10名、その「変化」を見る

    この日のメッシは枠内シュート7本を放つも得点ならず。Optaによれば、2003-04シーズン以降のCLで得点できなかった選手としては1試合で最も多い枠内シュート数となったそう。

    「メッシの前でゴールできて嬉しい」 ロナウドが喜んだ2ゴールがこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】「メッシの前でゴールできて嬉しい」 ロナウドが喜んだ2ゴールがこれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    アンドレア・ピルロ 写真提供: Gettyimages

     ユベントスアンドレア・ピルロ監督は7日、チャンピオンズリーググループステージ第6節バルセロナ戦の前日会見に出席。8日に行われる一戦に向けて自信を示した。7日、イタリアメディアフットボールイタリア』が伝えている。

     ピルロ監督は「ブッフォンのコンディションは良くなっている。ケガからは既に復帰しているよ。彼を起用するかもしれない。このようなビッグゲームに彼は値するよ」とコメント。1位通過のかかるバルセロナとの一戦での元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの起用を示唆した。 

     また、同監督はロナルド・クーマン監督率いるバルセロナを称賛しつつ「自信はあるよ。難しいゲームになるだろうし、守る時間帯も長くなるだろう。しかし、チャンスは必ず訪れるし、そのチャンスをものにしなければならない。私たちはただ堂々とプレーしなければならない。失うものは無いんだ。ファーストレグではいくつかのミスを犯したが、いいプレーもあったしね」と1位通過に対する自信を示した。

     10月に行われたファーストレグでは0-2でバルセロナが危なげなく勝利したこの一戦。はたしてカンプ・ノウに乗り込むユベントスはどのような戦いを繰り広げるのだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ピルロ監督、バルサ戦に向けて「ユーベは失うものは無い…」ブッフォン起用の可能性も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ突破に向け、意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。

    ユナテッドは8日に敵地で予定するチャンピオンズリーグ(CL)グループH最終節でRBライプツィヒと対戦。パリ・サンジェルマン(PSG)を含めた3チームが勝ち点9で並んでの最終節で、ユナイテッドは引き分け以上の結果を手にすれば突破が決定する。

    スールシャール監督は試合に先駆けた会見で突破を信じた。

    「もちろん、こうしたノックアウトゲームは突破できるかどうかが大きな意味を持ってくる。彼らはマン・ユナイテッドの選手だ。明日(8日)の夜には彼らがここにいる理由を証明してくれると確信している。証明してくれるはず。チームキャラクターはどんどん良いものになってきているし、試合を楽しみにしているよ」

    「このような試合は我々が望むものであり、それこそがマン・ユナイテッドの伝統だ。決して楽はしない。イスタンブール(・バシャクシェヒル)戦では、勝ち点3を奪うことができたかもしれないが、これが我々のやり方だ。我々は自分たちのために難しくしている。それは私が現役だった頃からそうで、ずっと昔からのことだ」

    また、5日に敵地で行われたプレミアリーグ第11節のウェストハム戦で勝ち越しゴールマークしたイングランド代表FWメイソン・グリーンウッドにもコメント。「メイソンは非常に才能のあるFWだ」とさらなる成長を期待した。

    「彼は私がこれまで一緒に仕事をしてきた中で、最高のスコアラーの1人だ。チームが彼にチャンスを作ったり、彼自身の動きでチャンスを生み出すことができれば、ゴールを決めるチャンスが十分にある。まだ若く、学びの途中だが、質が伴った経験と周囲のキャラクターによってでしか成長しない。彼と一緒に仕事をするのはエキサイティングだ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】グループ突破なるか スールシャール監督「困難こそ我々が望んでいるもの」】の続きを読む

    このページのトップヘ