Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)



    (出典 img.footballchannel.jp)



    アウェーでのCL初戦、ドルトムントスコアレスドロー 「低調ぶりは継続」

     バルセロナは現地時間17日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ開幕戦でドルトムントと敵地で対戦し、0-0のスコアレスドローに終わった。アウェーゲームとはいえ、低調な出来に終始した昨季のリーガ・エスパニョーラ王者に対し、スペイン紙「マルカ」は「らしくないパフォーマンス」「胸を張れるのはテア・シュテーゲンだけ」と厳しい評価を与えている。

     バルセロナは敵地ジグナル・イドゥナ・パルクで、ドルトムントに苦戦を強いられた。後半14分にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが途中出場で戦列復帰を果たし、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンとの“MSGトリオ”が初の揃い踏みとなったが、ゴールは遠かった。

     反対に後半10分にはイングランド代表FWジェイドン・サンチョに対するDFネルソン・セメドのファウルドルトムントにPKを献上する場面もあったが、ドイツ代表GKマルクアンドレ・テア・シュテーゲンが同胞MFマルコ・ロイスキックストップして九死に一生を得た。

     結果的には0-0で勝ち点1を手にしたバルセロナだが、スペインメディアは厳しい視線を送っている。

    火曜日の夜、カンプ・ノウを離れたバルセロナの低調ぶりは継続していた。チャンピオンズリーグ開幕戦、ジグナル・イドゥナ・パルクでのドルトムント戦は非常に彼ららしくないパフォーマンスで0-0の引き分けに終わった」

     記事では、試合結果がこのように伝えられている。ブレーク中のFWアンス・ファティが、CLにおけるクラブ最年少出場記録(16歳321日)を更新したり、メッシが今季初出場を果たすなど明るい材料もあった一方で、スペイン代表DFジョルディ・アルバが負傷交代を強いられるアクシデントにも見舞われた。結果も含め、全体的にはネガティブな印象が残るゲームとなったようだ。

    スアレスグリーズマンも前線で存在感がなかった」

    ルイス・スアレスもアントワーヌ・グリーズマンも前線で存在感がなかった。胸を張れる選手はただ1人、テア・シュテーゲンだけだった」

     チームを敗戦の危機から救うPKストップを見せた守護神のテア・シュテーゲン以外に、見るべき点がなかったと厳しい見方をされているバルセロナメッシの復帰がチームの起爆剤になるのかなど、今後の戦いに注目だ。(Football ZONE web編集部)

    FWメッシ(右)が復帰したバルセロナだが、CL初戦はスコアレスドローに終わった【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】低調バルサ、メッシ復帰で“MSGトリオ”初結成も不発 スペイン紙酷評「胸を張れるのは…」】の続きを読む

    no title


    2019-20シーズンチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ9月17日に開幕する。レアル・マドリーパリ・サンジェルマン(PSG)というメガクラブ日本代表DF長友佑都を擁するガラタサライクラブブルージュの4チームで構成されたグループAでは、ガラタサライの健闘次第で2強2弱の展開も予想される。

    ◆編集部予想
    ◎本命:パリ・サンジェルマン
    ○対抗:レアル・マドリー
    △連下:ガラタサライ
    ☆大穴:クラブブルージュ

    ◆“MCN”不在の序盤戦がカギに~パリ・サンジェルマン


    シーズン、VARの餌食となりマンチェスター・ユナイテッド相手のラウンド16で涙を呑んだPSG。国内リーグでも2つのカップ戦で敗れる体たらくで近年で最も厳しい1年を過ごした。続投が決定したトゥヘル監督の下、捲土重来を図る今季に向けては補強ポイントだった各ポジションにGKケイロル・ナバス、DFディアロ、MFサラビア、MFグイエ、MFエレーラと実力者を補強。さらに、負傷者続出の前線にインテルで構想外のFWイカルディを補強。実績ではマドリーに分があるものの、リーグレベルの関係でCLに全力を捧げられることを考えれば、本命に挙げても差し支えないはずだ。

    国内リーグではレンヌ相手に不覚を取ったものの、ここまで4勝1敗の首位と上々の滑り出しを見せている。イカルディやナバスを除き新戦力を早い段階で獲得できたこともチーム作りにプラスに働いている。ただ、懸念材料は2試合の出場停止処分を科されるFWネイマール、ケガのFWムバッペを使えない序盤2試合の戦いだ。幸い、FWカバーニに復帰の目途が付いており、重要なマドリーとの初戦に起用可能な見込みだが、ホーム初戦での敗戦だけは避けたいところだ。

    PSG同様に負傷者続出の序盤戦に注目~レアル・マドリー

    大会最多優勝に加え、昨シーズンに準々決勝で敗退するまで3連覇を記録していたマドリーだが、今回のグループではPSGに次ぐ2番手の評価とした。前述のCL4連覇逸を含め近年のクラブワーストと言える昨季から巻き返しを図るエル・ブランコだが、今夏の補強においてはDFミリトン、DFメンディ、MFアザール、FWヨビッチらの獲得に3億ユーロ以上をつぎ込む大型補強を敢行。ただ、意中のMFポグバやMFカゼミロのバックアッパー確保には至らず、CL優勝の本命に推すのは難しいところだ。

    プレシーズンからの不調を引きずった開幕からのラ・リーガでの戦いでは2勝2分けの無敗を継続しているものの、守備面を中心に圧倒的な強さを見せられていないのが現状だ。前節デビューアザールフィット具合、エースFWベンゼマの好調が目立つ攻撃陣はある程度計算が立つが、中盤と最終ラインにケガ人が出ていることは大きな懸念材料だ。したがって、PSG同様に序盤戦の戦いが首位通過のカギを握る。

    ◆大型補強&ホームアドバンテージで2強に挑む~ガラタサライ

    2強の絶対優位は揺るがないが、その牙城崩しにチャレンジするのが、トルコの名門だ。今夏の移籍市場ではFWファルカオを始め、MFエンゾンジ、MFレミナ、FWバベル、MFセリら実力者を獲得。ここにアウェイチームを震え上がらせる頼れるホームサポーターの力が加われば、2強を苦しめることは十分に可能だ。

    国内リーグでは開幕2戦未勝利と苦しいスタートになったが、直近2連勝と復調気配を見せている。中盤から前は連係面が熟成すれば、破壊力抜群なだけに、長友を筆頭に一線級不在の最終ラインの奮闘が求められる。

    ◆目指すはEL出場の2位通過~クラブブルージュ~

    2シーズン連続でグループステージ出場を決めたクラブブルージュだが、今回のメンツを見ると、3位でのヨーロッパリーグ出場が目標となる。今夏の移籍市場では主砲ウェズレイ、FWダンジュマ、MFナカンバ、DFデンスウィルと主力を相次いで引き抜かれ、新戦力はリバプールからGKミニョレ、DFバランタ、今回の対戦相手ガラタサライで昨季トルコリーグ得点王に輝いたFWディアニェらを獲得。

    開幕からの公式戦10試合で7勝3分けと好調を維持しているが、主導権を握って戦える国内リーグとは異なり、常に我慢を強いられる展開の中でいかに粘れるかが勝ち点奪取の重要なポイントとなる。
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CLグループA】PSG&レアル・マドリーの2強に長友のガラタサライが挑む】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督が、今シーズン初出場のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて言及した。スペインマルカ』が伝えている。

    バルセロナ必要不可欠エースメッシは、ふくらはぎの負傷により、今シーズンの開幕に出遅れていた。

    それでも今月17日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループF第1節のドルトムント戦で59分にFWアンス・ファティと代わって途中出場。試合はゴールレスドローに終わったものの、今シーズン初出場を飾り、30分間をプレーした。

    試合後、ケガから復帰を果たしたメッシについて指揮官のバルベルデ監督がコメント。準備期間がほとんどなかった中で「十分やってくれた」と評価した。

    「彼はプレシーズンを経験していない選手のようなものだ」

    「信じられないペースゲームプレーしなければならなかった。すでに始まっていた中で、準備が全くできなかった」

    「彼にとって初めての30分間だった。十分やってくれたよ。(ルイス・)スアレスにとっても初めてのフルゲームだったね」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】負傷明けメッシが今季初出場…バルサ指揮官「十分やってくれた」】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    昨季CLベスト16のマンU戦後、PK判定について審判員を侮辱

     パリ・サンジェルマンPSG)のブラジル代表FWネイマールは、スポーツ仲裁裁判所(CAS)の決定により、昨年のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)において審判員を侮辱したことによって課されていた3試合の出場停止が2試合に軽減されたようだ。英公共放送BBC」などが報じている。

     PSGは昨季、CL決勝トーナメント1回戦第2戦でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、1-3で敗れた。その試合後、ネイマールはPK判定についてソーシャルメディアで審判員を侮辱。この行為によって3試合の出場停止処分を課されていた。

     PSGはその決定に異議を申し立てしたものの、UEFA欧州サッカー連盟)側は主張を却下。その後、PSGはCASに異議を申し立てていたが、これが認められる形となったようだ。CASは「19年6月18日UEFA側が下した決定に対して、PSGネイマールが提起した控訴を鑑みて最終決定を下した」として、ネイマールの出場停止処分が2試合に軽減されたことを発表している。

     この決定により、現地時間18日に行われるCLグループステージ第1節レアル・マドリード戦と、10月1日グループステージ第2節ガラタサライ戦の欠場によって出場停止処分がクリアされることになる。

     フランス代表FWキリアン・ムバッペらが負傷するなど苦しいチーム状況のPSGにとっては、朗報となりそうだ。(Football ZONE web編集部)

    パリ・サンジェルマンFWネイマール【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】ネイマール、CL出場停止処分が2試合に軽減 CASが発表…ムバッペ負傷のPSGに朗報】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、18日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージパリ・サンジェルマンPSG)戦での先発起用が予想されている。16日付けで、スペイン紙『アス』が報じた。

     14日に行われたリーガ・エスパニョーラ第4節のレバンテ戦を出場停止で欠場した同選手。レアル・マドリードジネディーヌ・ジダン監督はここまでリーグ戦2ゴール1アシストと結果を残しているベイルを、18日のPSG戦でスタメン起用する可能性が高いと報じられている。

     また同紙は、ジダン監督がこれまで戦ってきたCL33試合のうち、21試合でベイルを起用(先発起用は16試合)している事実を指摘。この期間、ウェールズ代表FWはチームで3番目に多くの得点を挙げている。

     夏の移籍市場での放出候補から一転、まだシーズンの序盤ながら、ベイルは現在のチームにとって重要な存在だと見なされている模様だ。

    レアル・マドリードに所属するベイル [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】レアルFWベイル、PSG戦で先発出場へ…直近のリーグ戦は出場停止で欠場】の続きを読む

    このページのトップヘ