Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)

    no title


    ベルギー発コラム】CLヘンク戦で1ゴール、巧みなチャンスメークも光り4-1快勝に貢献

     日本代表MF南野拓実が、11月27日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のヘンク戦で今季CL2得点目となるゴールを決めて、チームの4-1勝利に貢献した。1-0で迎えた前半45分、カウンターを仕掛けたザルツブルクは、ゴール正面でMFエノック・ムウェプがシュートを撃つと見せかけ、フリーの南野へ。すると、南野は右45度の位置から右足を振り抜き、ファーサイドに抑えの効いたシュートを決めた。

    「その前に似たようなシーンがあって、その選手に『出せよ』と言っていた。次のタイミングで出してくれたので、それをしっかり決められて良かったと思っています」

     前半20分、左サイドからゴール前に滑り込んでくる味方に合わせて入れたクロス。後半20分、右サイドからのクロスをファーで合わせたヘディンシュート。同38分、右ハーフスペースを抜け出しニアを狙ったシュートなど、南野はトップ下としてゴールに直結するようなプレーを再三披露した。また、後半24分にはFWエルリング・ブラウト・ホランドスルーパスを出すことによって、チームカウンタースイッチを入れて、FWファン・ヒチャンゴールにつなげた。

     こうしたチャンスメーク&フィニッシャーとしての役割に加え、南野はシンプルプレーを基調としながら、ザルツブルクの2トップと中盤をしっかりつなぐ役割を果たしていた。ザルツブルクサッカーは、南野が「監督が代わるとディテールは少し違うが、アグレッシブボールを奪いにいくとか、縦に速いサッカーというのは一緒」と言う通り、迫力あふれるハイスピードカウンターが魅力のチームだが、一つ間違うと前後分断を起こしかねない。そこを南野がしっかりボールの落ち着きどころになり、さらにテンポを落とさずパスをはたけることから、ビルドアップからアタッキングサードへの鎖役になっている。こうした役割の質の高さと頻度の多さが、南野のプレーの安定感につながっている。

    「今日もそれ(前線と中盤をつなぐ役)が、僕の一つの役割でした。相手のボランチとディフェンスラインの間で、ボールが出てこなくても、常にそこで準備しているのは相手にとって嫌なこと。そこでのプレーは僕の一つの長所でもある。今日もそこを上手く出せた部分があったと思う。そこは良かった」

    CL16強進出を懸けて最終節でリバプールと激突 前回とは「全く違う試合になる」

     南野の機能的なプレーと、ゴールに直結するアクションは、ベルギーメディアの「スポルツァ」が「マン・オブ・ザ・マッチ南野拓実。名前が素晴らしく響くだけでなく、この日本人は秀でたフットボールをする。前半終了間際にはチームの2点目を入れて試合の行方を決めて、ザルツブルク攻撃陣の火付け役以上の働きをした」と評し、ベルギー紙「ヘット・ニウスブラット」はファン・ヒチャンとともにチーム最高タイの採点「8」を南野に与えた(ヘンクの伊東純也もチーム最高の「7」という高採点だった)。

     アンフィールドで行われたリバプール戦(CL第2節)で、ザルツブルクは3-4と惜敗したものの大健闘。南野も素晴らしいプレーを披露した。第5節を終えてグループEで3位のザルツブルクは、ホームでの最終節でリバプールに勝つことがグループステージ突破の最低条件だ。敵地で好パフォーマンスを見せたことは、今度のリバプール戦に向けて大きな自信になるのだろうか。

    「たぶん、全く違う試合になると思います。全く違う難しさ(がある)。前回は、僕らは失うものがなかったというか、3失点してから(反撃した)という状況でしたし。でも今回はどっちも負けられない。個人的に、メンタル的には次の試合のほうが難しくなるんじゃないかと思います」

     ヘンク戦後、「次のリバプール戦は、僕たちにとってフィナーレ」という話をしていたのだという。

    「(CLベスト16進出の)可能性があるので、次の試合が決勝戦のつもりで挑まないと。それは相手も同じだと思いますけれど、僕たちのホームで戦えるので、いい準備をしたいと思います」

     前年のCL王者に対し、ザルツブルクがアンフィールドで見せた以上のパフォーマンスを発揮できるのか。12月10日、大一番での南野の健闘に期待を寄せたい。(中田 徹 / Toru Nakata)

    CLヘンク戦で1ゴール挙げたザルツブルクMF南野(左)【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】南野拓実は高速アタックの“司令塔” ベルギーメディアも絶賛「秀でたフットボールをする」】の続きを読む



    (出典 www.info-nation.com)



    アトレティコ・マドリーディエゴ・シメオネ監督が、敗戦に終わったユベントス戦を振り返っている。スペインマルカ』が伝えた。

    26日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第5節でユベントスと対戦したアトレティコ。前半アディショナルタイムにFWパウロ・ディバラに直接FKを決められ、そのままスコアは動かず0-1で敗戦している。

    同試合後、シメオネ監督はチーム全体の出来に及第点の評価を下しながらも再三の決定機を決め切れなかった攻撃の効率性の悪さを悔やんでいる。

    「我々は自分たちが強いチームであるという安心感を持っている。それはプレッシャーに晒された中でもうまく対処できることを意味している」

    「今日に関しては他の試合よりも多くのチャンスを演出した。しかし、得点にならなければ何の意味もなさない」

    チームは自分たちの強みをピッチで示さなければならない。偉大なチームに対してチャンスはあった。だが、それをモノにする冷静さを欠いていた」

    「我々は戦術的にはうまくやっていた。(2トップを組んだ)ビトロとモラタは良かったし、フェリペは素晴らしい試合をした」

    「前半にいくつかの決定機を作り、ユベントスにはそれほど危険な場面を作らせなかった。後半には同点ゴールを決めることができなかった。それこそサッカーで最も重要なモノだ」

    一方、今季のCLではここまでの全試合で失点を喫しており、ヨーロッパ屈指の堅守を誇るアトレティコらしくない戦いぶりが続いている。アルゼンチン指揮官も守備の改善は急務だと考えている。

    「確かにここまでの数字は悪い。したがって、それを改善していく必要がある。我々には多くの決定機を生み出すためにより多くの仕事と忍耐が必要だ。それこそ唯一の方法だ」

    なお、今回の敗戦によって3位のレバークーゼンとの勝ち点差は「1」に縮まったが、最終節のロコモティフ・モスクワ戦で勝利できれば、自力での決勝トーナメント進出を決められる。

    ただ、直近の公式戦2試合未勝利のアトレティコとしては今週末に控えるラ・リーガ第15節、バルセロナとのビッグマッチで勝利を取り戻したいところだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】決定力改善を求めるシメオネ、「チャンスも得点にならなければ意味がない」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    写真提供: Gettyimages

     レアル・マドリードチャンピオンズリーグ(CL)が現在の形式になった1995/96シーズン以降、全てのグループリーグを突破しているようだ。マドリードの公式サイトが伝えている。

     マドリードは26日に行われたCLグループリーグ第5節パリ・サンジェルマン戦を2-2で引き分け、この結果決勝トーナメント進出を決めた。同クラブは現在の形式になってから1999/2000シーズンから2002/03シーズンに行われた2次リーグを含む28回のグループリーグ全てを通過し続けている。マドリードは同大会史上、全てのグループリーグ突破を成し遂げている唯一のクラブとなっており、同時にCLのグループリーグを最も通過しているクラブとなった。

     決勝トーナメントの抽選は12月16日に行われる。少しづつ勢いを取り戻し始めているマドリードは、2年ぶりの優勝を果たすことはできるのだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】レアル、CLグループリーグ突破数が最多に!】の続きを読む

    no title


    ドルトムント戦で1ゴールアシストメッシバルセロナグループ首位突破

     バルセロナは現地時間27日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第5節でドルトムントと対戦し、3-1で勝利を収めた。エースアルゼンチン代表FWリオネル・メッシはこの試合でクラブ公式戦700試合出場を達成したが、そんなメモリアルゲームで披露した1ゴール2アシストの大活躍に英メディアは「絶対的な狂喜乱舞を生み出した」と称えている。

     バルセロナの所属するグループFは今季のCL最大の“死のグループ”に位置づけられており、ドルトムントの他にもインテルなど猛者がひしめいている。ホームで迎えたドルトムント戦では、絶対的エースが別格の存在感を放った。前半29分にメッシスルーパスでウルグアイ代表FWルイス・スアレスの先制点を演出する。

     そして前半33分、高い位置でボールを奪ったカウンターの場面、ペナルティーエリアでパスを受けたメッシゴール右隅に流し込んで追加点を奪う。さらに後半22分、メッシがドリブルでボールを運ぶと、相手守備陣の裏を突くスルーパスを供給。抜け出したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがゴール右隅に沈めた。

     1ゴール2アシスト大車輪の活躍を披露したメッシに対し、英メディアメッシが700試合目で絶対的な狂喜乱舞を生み出した」と見出しを打って報じ、「なぜ彼が史上最高の1人であり続けるかを証明してみせた」と称賛を送っている。メッシがもたらした勝利により、バルセロナグループステージ首位突破を果たしている。(Football ZONE web編集部)

    バルサFWメッシ(右)【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】「絶対的な狂喜乱舞」 殊勲の“メモリアル弾”決めたメッシ、英メディアも絶賛「証明した」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



     バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、チャンピオンズリーグ(CL)で驚異の記録を打ち立てた。

     27日に行われたCLドルトムント戦でゴールを記録したメッシは、これで同大会において34クラブからゴールを奪ったことになった。そして、同じ記録(33クラブからゴール)で並んでいた元スペイン代表FWラウール・ゴンザレスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドから頭ひとつ抜け出すかたちで、新たな記録を樹立した。

     プロ2年目の2005-06シーズン、パナシナイコスを相手にCL初ゴールを記録したメッシは、ここまで同大会で114ゴールを記録。ちなみに、同選手が最も多くのゴールを決めているチームアーセナルで9ゴール、次点でミランセルティックが8ゴールとなっている。

    バルセロナに所属するメッシ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】バルサFWメッシがまたも金字塔…CLで歴代最多34クラブからゴールを記録】の続きを読む

    このページのトップヘ