Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)



    (出典 img.footballchannel.jp)



    アヤックスオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングがチャンピオンズリーグ(CL)のユベントス戦についてコメントした。スペインマルカ』が伝えている。

    CL・ラウンド16でレアル・マドリーを2戦合計5-3で下したアヤックス。台風の目となっている同クラブは、10日に準々決勝でユベントスと対戦する。この一戦に向けて、デ・ヨングがオランダ『De Telegraaf』でイタリア王者との試合について言及した。

    ユベントスレアル・マドリーより少し強いと思っている。誤解しないでほしい。マドリーはトップクラブだが、大会を3連覇した時よりも今シーズンの調子は良くない」

    ユベントスは優勝候補のひとつだ。僕たちがどう対応していけるのかが楽しみだ。大きな挑戦になるだろう」

    「普段の僕たちならユベントスに困難を与えることが出来る」

    クリスティアーノ・ロナウドがケガを回復させ、プレーできることを望んでいる。彼はトッププレーヤーだから彼が出場しない方が僕らの勝つ可能性は高まるかもしれない。でも僕は最高の選手たちと戦いたいんだ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】F・デ・ヨング、ユベントス戦について言及「レアル・マドリーより少し強い」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    マンチェスター・ユナイテッドは10日、チャンピオンズリーグ(CL)・準々決勝でバルセロナと対戦する。ホームでのファーストレグに向けて、イギリスメトロ』がかつてユナイテッド黄金時代をもたらしたあの名将の作戦を引用した。

    ラウンド16ではパリ・サンジェルマン相手に敵地で逆転してベスト8進出を決めたユナイテッド。オーレ・グンナー・スールシャール監督就任から快進撃を続けているが、今のスールシャール監督の頭痛の種になっているのはFWリオネル・メッシだろう。

    バルセロナと対戦するにあたり、メッシをどう止めるかは最も大きな課題となる。そしてそのヒントを与えてくれたのがアレックス・ファーガソンだ。ファーガソン氏はユナイテッドを率いてメッシと2度対戦しており、2013年の自伝の中で“ハウトストップメッシ”についてカギとなるコメントを残していた。

    メッシと遭遇した時正しく対処できるセンターバックが必要だ。その時背後を気にしてはならない」

    「彼がサイドに逃げるようにすればOKだ。それが良い」

    「中央でボールをもたれるよりいささかマシだ」

    「試合をした結果、自分に『次にバルセロナと戦うときは、(フィル・)ジョーンズと(クリス・)スモーリング、またはスモーリングと(ジョニー・)エバンスを使おう』と言ったよ。再び彼から拷問を受けることはなかったけどね」

    だがこれは6年前のメッシの話。現在同じ方法が通用するのかどうかは不明である。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】メッシを止める方法はファギーに倣え?! 2度の対戦経験のある名将が考案した作戦は?】の続きを読む

    no title


    ロサンゼルスギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のバルセロナマンチェスター・ユナイテッドを展望した。スペインマルカ』が伝えている。

    バルセロナでは2009年から1年間、ユナイテッドでは2016年からおよそ2年間プレーしたイブラヒモビッチ。10日に行われる古巣同士の一戦に向けて、キープレイヤーにFWリオネル・メッシとMFポール・ポグバの名を挙げた。

    素晴らしいチーム同士の戦いはとても面白い試合になるだろう。素晴らしい歴史を持ち、見ていても非常に魅力的だし、素晴らしい選手がいる」

    「皆が知っていることだが、メッシプレーする全てのゲーム明らかに違いを作り出せる選手だ。ユナイテッドではポグバがそういう役割をする」

    サッカーは団体スポーツだが、メッシポグバの戦いになるはずだ。違いを生む選手がいるから面白くなる」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イブラ、古巣対決を展望「メッシvsポグバ」】の続きを読む



    (出典 number.ismcdn.jp)



    マンチェスター・ユナイテッドイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが10日にホームで行われるチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのバルセロナ戦に出場できるようだ。

    足首を痛めていたラッシュフォードは直近の2日に行われたプレミアリーグ第33節ウォルバーハンプトン戦を欠場。バルセロナ戦の出場が危ぶまれていたようだが、ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督はラッシュフォードを起用できると考えているようだ。

    前日会見に出席したスールシャール監督は以下のように述べている。「彼が準備できていることを願っている。試合直前の練習に一部参加することができたからね」

    また、練習に参加しなかったものの、MFネマニャ・マティッチの出場も問題ないとのことだ。一方でMFアンデル・エレーラの欠場が濃厚であることと、練習に復帰したFWアレクシス・サンチェスは大事をとってバルセロナ戦を欠場することが明かされている。

    決勝トーナメント1回戦でパリ・サンジェルマン相手に劇的な勝ち上がりを見せたユナイテッドベスト4進出を懸けてバルセロナと戦う。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】足首を痛めていたラッシュフォードがバルサ戦出場へ】の続きを読む

    no title


    リバプールはCL8強でポルトに2-0先勝も…サラーのワンプレーが波紋呼ぶ

     リバプールは現地時間9日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦でポルトと対戦し、2-0で勝利を収めた。ホームで手堅く先勝したリバプールだが、エジプト代表FWモハメド・サラーのあわや一発退場という危険なプレーが、「ゾッとするタックル」「退場処分となるべきだった」など波紋を呼んでいる。

     昨季CL決勝で涙を呑み、今季もベスト8まで勝ち進んできたリバプールは、ポルトを相手にプレミアリーグ暫定首位の実力を見せつける。前半5分、FWサディオ・マネが左サイドからグラウンダーのクロスを供給すると、ペナルティーエリア内で受けたFWロベルトフィルミーノが後方にパス。MFナビ・ケイタがワントラップ後に右足を振り抜くと、相手選手の足に当たり、ディフレクションしたシュートゴール右に突き刺さった。

     さらに同26分、MFジョーダン・ヘンダーソンのスルーパスに抜け出したDFトレントアレクサンダー=アーノルドが右サイドからグラウンダーのクロスを入れると、フィルミーノが合わせて瞬く間に2点のリードを奪った。

     その後は追加点こそ奪えなかったが、主導権を握りながら要所を締める盤石な試合運びを見せ、アウェーゴールを与えずに2-0で90分間を締め括った。2年連続のベスト4進出に向けて幸先良く先勝したリバプールだが、試合終盤に起きたサラーの危険なプレーが波紋を呼んでいる。

     2-0で迎えた後半38分、敵陣ペナルティーエリア手前でロングフィードを受けたサラーがボールコントロールするも、相手選手が足を伸ばしたことでルーズボールに。サラーが取り戻そうと左足を伸ばすと、クリアを試みた相手MFダニーロ・ペレイラのすねを踏みつける格好となった。主審はファウルを取るも、VAR(ビデオアシスタント・レフェリー)は適応せずにカードのお咎めはなかった。

    メディアも騒然 「サラーはショックなチャレンジで物議の渦中」

     このワンシーンに英メディアも注目。英紙「デイリーメール」が「サラーはゾッとするタックルを犯すもレッドカードを回避する運に恵まれた」と報じると、英紙「デイリーミラー」は「サラーはホラータックルで退場処分となるべきだった」と指摘し、プレミアリーグの元レフェリーであるフィル・ダウド氏が「3、4回映像を確認したが、私の見解では相手の安全性を危険に晒したものであり、レッドカードの処分を下すべきだった」と指摘するコメントを紹介している。

     また、英メディア「GIVE ME SPORT」は「サラーのチャレンジは遅れたものであり、足を高く上げたもので、明確な処罰に該当するものだったが、信じられないことにカードから逃れることになった」と説明し、英メディアスポーツバイブル」も「サラーはショックなチャレンジで物議の渦中にある」と綴っている。

     5日に行われたプレミアリーグ第33節サウサンプトン戦(3-1)で久しぶりのゴールを決め、スランプを脱する兆しを見せていたサラーだったが、ポルト戦では“踏みつけ”という不本意な形で注目を集めることになってしまった。(Football ZONE web編集部)

    リバプールFWサラー【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【UCL】「ゾッとするタックル」 サラーの“ホラーな踏みつけ”が物議「退場処分となるべき」】の続きを読む

    このページのトップヘ