Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)



    (出典 www.golaco.club)



     マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、守備陣の変更を示唆した。9日、イギリスのサッカー誌『FourFourTwo』が伝えている。

     マンチェスター・Cは、4日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグのリヴァプール戦を0−3で敗戦。7日に行われたプレミアリーグ第33節マンチェスター・Uとの“マンチェスター・ダービー”でも、2点を先制したものの、後半に3点を奪われ逆転負け。勝てばプレミア優勝が決定する一戦で再び3失点を喫し、直近2試合で6失点と守備が崩壊している。

     このような状態で10日に行われるCL準々決勝セカンドレグを迎えるマンチェスター・C。グアルディオラ監督は、直近2試合でセンターバックを務めていたアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディと、ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニのコンビを変えることについては「もしかしたらね」と変更を示唆した一方で、オタメンディへの信頼についても語った。

    「明日(10日)何をしなければならないかは分かっているし、彼らが何をしたいのかも分かっている。でもニコ(ニコラス・オタメンディ)のような人には寄り添うことしかできない。彼は素晴らしいクオリティを持っているだけではなく、強いメンタリティも持っているからね」

    「もちろん、彼は3失点していることを背負わなければならない。だが、我々は今(CLでは)準々決勝にいて、プレミアリーグでは13ポイントも差をつけて首位を走っている。このような理由でニコが重要なんだよ」

     また、欠場する試合が続いているイングランド代表DFジョン・ストーンズについては、ケガをするリスクがあるから慎重に起用していることを明かした。

    「彼はハムストリングを痛め、6〜8週間離脱していた。戻ってきた時には、少し自信を失っていた。マンチェスター・U戦の前には、再び少し問題があり、完璧ではなかった。だから、リスクを背負うことはしたくなかった。私が彼を信頼していることは、彼も分かっていると思う。このような状況を打破できるのは彼次第だ」

    守備陣について語ったグアルディオラ監督 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】2試合で6失点のマンC…グアルディオラ監督、守備陣の変更を示唆…】の続きを読む



    (出典 sport-japanese.com)



     レアル・マドリードは10日、11日にホームで行われるチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグ・ユヴェントス戦に向け、招集メンバー19名を発表した。

     3日、ファーストレグでユヴェントスのホームに乗り込んだレアル・マドリードは、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの2得点などで3-0完封勝利を収めている。

     ユヴェントス戦には、クロアチア代表MFルカ・モドリッチやスペイン代表MFイスコといった主力をはじめ、19名のメンバーが招集されている。一方でキャプテンのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは選出されていない。

     招集メンバー19名は以下の通り。

    ▼GK
    ケイロル・ナバス
    キコ・カシージャ
    ルカ・フェルナンデス

    ▼DF
    ダニエル・カルバハル
    ヘスス・バジェホ
    ラファエル・ヴァラン
    マルセロ
    テオ・エルナンデス

    ▼MF
    トニ・クロース
    ルカ・モドリッチ
    カゼミーロ
    マルコス・ジョレンテ
    マルコ・アセンシオ
    イスコ
    マテオ・コヴァチッチ

    ▼FW
    クリスティアーノ・ロナウド
    カリム・ベンゼマ
    ギャレス・ベイル
    ルーカス・バスケス

    ユヴェントス戦に挑むレアル・マドリード [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】レアル、ユーヴェ戦に向け招集メンバー19名を発表…S・ラモスが選外】の続きを読む



    (出典 soccer.skyperfectv.co.jp)



     11日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグで、ユヴェントス(イタリア)はレアル・マドリード(スペイン)とアウェイで対戦する。3点差以上での勝利が必要なセカンドレグを前に、ユヴェントスが招集メンバー19名を発表した。

     3日に行われたホームでのファーストレグで、0-3と大敗を喫したユヴェントス。大逆転での準決勝進出を果たすためには、3点差以上での勝利が必要となる。厳しい状況で敵地での一戦を迎えることとなるが、果たしてどのような戦いを披露するだろうか。

     7日に行われたセリエA第31節では、ベネヴェントに4-2で勝利。レアル・マドリード戦を前に、弾みをつけている。マッシミリアーノ・アッレグリ監督が選出した招集メンバーには、イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンや同代表DFジョルジョ・キエッリーニら主力選手が順当に名を連ねている。ベネヴェント戦でハットトリックを見せたアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラはファーストレグで退場処分を受けた影響で選外となった。

     ユヴェントスの招集メンバー19名は以下の通り。

    ▼GK
    ジャンルイジ・ブッフォン
    ヴォイチェフ・シュチェスニー
    カルロ・ピンソーリオ

    ▼DF
    マッティア・デ・シリオ
    シュテファン・リヒトシュタイナー
    ダニエレ・ルガーニ
    メディ・ベナティア
    ジョルジョ・キエッリーニ
    アレックス・サンドロ

    ▼MF
    ミラレム・ピアニッチ
    サミ・ケディラ
    クラウディオ・マルキージオ
    ブレーズ・マテュイディ
    クワドォー・アサモア
    ステファノ・ストゥラーロ

    ▼FW
    フアン・クアドラード
    ゴンサロ・イグアイン
    ドウグラス・コスタ
    マリオ・マンジュキッチ

    レアル・マドリード戦に挑むユヴェントス [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】大逆転目指すユーヴェ、レアル戦へ19名を招集…ディバラは欠場】の続きを読む



    (出典 rr.img.naver.jp)



     チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが10日に行われ、マンチェスター・Cとリヴァプールが対戦した。

     ファーストレグは敵地で0-3の完勝を喫したマンチェスター・C。だが、ホームでのセカンドレグでは開始わずか2分に反撃に成功する。相手ボールをベルナルド・シウバがカットすると、フェルナンジーニョが素早く前線へスルーパス。エリア右に抜け出したラヒーム・スターリングの折り返しを、中央フリーのガブリエル・ジェズスがダイレクトでゴール右隅に決めた。

     マンチェスター・Cはその後も主導権を握って終始攻め込むが、引いて守る相手に苦戦。リヴァプールは前半途中から1トップに移動したモハメド・サラーを前線に残してカウンターを狙う。41分にはアレックス・オックスレイド・チェンバレンがエリア手前からミドルシュートで狙うが、GKエデルソンにキャッチされた。これがリヴァプールのファーストシュートだった。

     その直後、マンチェスター・CはB・シウバがエリア手前右から強烈なミドルシュートを打つが、これは左ポストに直撃。42分にもレロイ・サネがこぼれ球を押し込んだが、オフサイドの判定で得点は認められなかった。前半終了後、ジョゼップ・グアルディオラ監督が主審に抗議したことで退場処分となり、マンチェスター・Cは後半から指揮官不在で戦うこととなった。

     後半に入って再び試合が動いたのは56分。サラーからパスを受けたマネが強引なドリブルでエリア内に切り込むが、GKエデルソンに阻まれる。だが、こぼれ球を拾ったサラーがGKをかわし、華麗にループシュートを沈め、リヴァプールが2戦合計4-1とする。これでマンチェスター・Cは4点以上が必要となった。

     さらにリヴァプールは77分、ロベルト・フィルミーノが左サイドの高い位置でボールを奪うと、そのままエリア内に切り込み、右足シュートを流し込んで試合を決定づける追加点。マンチェスター・Cは5点以上が必要となり、これにはスタンドで見守るグアルディオラ監督も頭を抱えた。試合はこのまま終了し、2-1で連勝したリヴァプールが、2試合合計5-1で10年ぶりのCL準決勝進出を決めた。

    【スコア】
    マンチェスター・C 1-2(2試合合計:1-5) リヴァプール

    【得点者】
    1-0 2分 ガブリエル・ジェズス(マンチェスター・C)
    1-1 56分 モハメド・サラー(リヴァプール)
    1-2 77分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)

    リヴァプールがマンCに連勝でCLベスト4進出 [写真]=UEFA via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】リヴァプールが10年ぶりCL4強入り…サラー&フィルミーノ弾でマンCに連勝…】の続きを読む



    (出典 media-public.fcbarcelona.com)



     チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが10日に行われ、ローマとバルセロナが対戦した。

     ファーストレグはローマの痛恨のオウンゴール2発もあり、バルセロナがホームで4-1の快勝。ローマは3点以上が必要だが、ホームでのセカンドレグは幸先いいスタートを切る。試合立ち上がりの6分、ハーフウェイライン付近のダニエレ・デ・ロッシが前線へ浮き球スルーパスを送ると、エディン・ジェコがエリア内へ抜け出して左足で押し込み、先制点を挙げた。

     その後も反撃を続けるローマは26分、ジェコの落としを受けたアレクサンダル・コラロフがエリア内右に切り込んでシュートを放つが、DFジェラール・ピケのブロックに遭う。29分には右サイドからのクロスにパトリック・シックが頭で合わせるが枠外。37分にもジェコがヘディングシュートで狙うが、これはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンの好セーブに阻まれた。

     2戦合計2-4で折り返したローマは57分、エリア内でボールをキープしたジェコがピケに倒されてPKを獲得。58分、キッカーを務めた主将のデ・ロッシがゴール右隅に決め、1点差に迫る。逆転突破に期待が高まる中、79分には途中出場のステファン・エル・シャーラウィが右サイドからのクロスに右足ボレーで合わせるが、これはGKテア・シュテーゲンの好セーブで得点にはつながらない。

     だが、ローマは82分、右CKからニアに飛び出したコスタス・マノラスがヘディングシュートをゴール左隅に流し込んで、3-0。第1戦でオウンゴールを献上してしまったデ・ロッシとマノラスの得点で、2試合合計4-4に追いついた。その後のバルサの猛攻をしのいだローマが、アウェイゴール差により逆転でCL準決勝初進出を果たした。

    【スコア】
    ローマ 3-0(2試合合計:4-4) バルセロナ

    【得点者】
    1-0 6分 エディン・ジェコ(ローマ)
    2-0 58分 ダニエレ・デ・ロッシ(PK)(ローマ)
    3-0 82分 コスタス・マノラス(ローマ)

    ローマがマノラス(中央)の劇的弾でバルサに完勝し逆転突破 [写真]=UEFA via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】ローマ、バルサに3発完勝で逆転突破!…第1戦オウンゴールのデ・ロッシ&マノラスが汚名返上弾…】の続きを読む

    このページのトップヘ