Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)

    no title


     ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、新たな金字塔を打ち立てた。

     10日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグで、アヤックスを相手に先制点をマーク。大会史上初となる通算125ゴール目を記録した。

     その後、アヤックスに追いつかれて1-1のドローに終わったが、貴重なアウェイゴールを挙げたC・ロナウド欧州サッカー連盟UEFA)は特集記事を掲載し、同選手のCL得点記録について紹介している。

    写真=Getty Images

    ◆■CL初ゴール

    記念すべきCL初ゴールは、今回のアヤックス戦のちょうど12年前に生まれた。マンチェスター・Uに在籍していた2007年4月10日、本拠地オールド・トラッフォードローマを迎えた試合(準々決勝セカンドレグ)で44分に初ゴールマーク。49分には追加点を記録し、7-1の勝利に華を添えた。

    ◆■8度のハットトリック

    3月12日に行われた決勝トーナメント1回戦セカンドレグのアトレティコ・マドリード戦で、CL通算8度目となるハットトリックを達成。バルセロナリオネル・メッシが持っていた大会記録に並んだ。

    ◆■7度の得点王

    これまでに7度、CL得点王に輝いている。これは大会最多。マンチェスター・Uに在籍していた2007-08シーズンに初の得点王に輝くと、2012-13シーズンから昨季まで6シーズン連続で大会トップスコアラーとなっている。なお今季の得点ランキングトップは、メッシバイエルンロベルト・レヴァンドフスキで8ゴールC・ロナウドは現在5ゴールだが、直近の2試合で4ゴールを挙げており、逆転も十分にありえる。

    ◆■史上初のCL100ゴール

    2017年4月18日に行われた準々決勝セカンドレグのバイエルン戦でハットトリックを達成。CL通算100ゴールを記録した史上初の選手となった。

    ◆■1シーズンで17ゴール

    レアル・マドリードに所属していた2013-14シーズン、CLだけで17ゴールを記録。1シーズンの大会最多得点記録を樹立した。なお、昨季まで6シーズン連続でCL二桁得点を記録している。

    ◆■最も得意とする相手は…

    C・ロナウドがCLで最も得意としている相手は、現所属のユヴェントス。これまでに最多10ゴールを挙げている。最も印象的だったのは、昨季の準々決勝ファーストレグで披露したオーバーヘッドキックからのスーパーゴールだろう。244センチの高さにあるクロスバーとほぼ同じ高さから放たれたシュートは、UEFAが選出する昨季の年間ベストゴールにも選ばれた。

    ◆■同一クラブ100ゴール

    2018年2月14日に行われた決勝トーナメント1回戦ファーストレグのパリ・サンジェルマン戦で、レアル・マドリードでのCL得点数が「100」の大台に乗った。同一クラブCL100ゴール超えを達成した史上初の選手となった。

    ◆■30歳以降に53ゴール

    C・ロナウドは30歳の誕生日を迎えて以降、CLで53ゴールマーク。53ゴールは、CL通算得点ランキングで、バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキと並ぶ6位タイの記録になる。今年2月で34歳になったことを考えると、驚異的な得点力だ。

    ◆■50%以上を決勝ラウンドで記録

    CLで挙げた125ゴールのうち、51%にあたる64ゴールを決勝トーナメントで記録。これは大会レコードであり、グループステージ(61得点)よりも多くの得点を挙げている。「大舞台に強い」と言われる所以はここにある。

    ◆■3度のファイナルで得点を記録

    “CL決勝”という舞台で3度にわたって得点を記録した唯一の選手である。C・ロナウドはこれまでにCLを5度制覇。そのうち2007-08シーズンの決勝(チェルシー戦)、2013-14シーズンの決勝(アトレティコ・マドリード戦)、そして2016-17シーズンの決勝(ユヴェントス戦)と、3度のファイナルで得点を挙げてきた。

    (記事/Footmedia

    大会史上初となる通算125ゴール目を記録したC・ロナウド [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】CL初ゴールから12年…C・ロナウドの得点記録を振り返る】の続きを読む

    no title


    CLユナイテッド戦で相手DFスモーリングの右腕が顔面を直撃し、目上と鼻を負傷

     バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、現地時間10日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、マンチェスター・ユナイテッドとの第1戦(1-0)で相手選手に顔面を叩かれて流血するアクシデントに見舞われた。治療後にピッチへ戻り、フル出場を果たしたが、その波紋は広がり、英メディアも「血まみれの鼻」と報じている。

     敵地オールド・トラッフォードに乗り込んだバルセロナは、守備に重きを置く3バックシステムを導入してきたユナイテッドに対し、早々に先手を奪う。前半12分、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの浮き球のスルーパスに抜け出したメッシがペナルティーエリア左でボールキープすると、左足でファーサイドクロスを供給。スペースに走り込んだウルグアイ代表FWルイス・スアレスが頭で合わせたシュートが相手DFルークショーに当たり、そのままゴール左隅へと流れ込んだ。

     オウンゴールで貴重なアウェーゴールを手にしたが、前半29分にメッシアクシデントが襲った。自陣に下がってきたメッシハイボールを処理しようとしたところ、背後から相手DFクリス・スモーリングに猛烈なチャージを見舞われる。接触した際に相手の右手が顔面を直撃。その後プレーは切られたが、顔を抑えながら倒れ込んでいたメッシは出血が止まらず、切れた左目上や鼻に応急処置を施すことになった。

     英紙「デイリーメール」は、メッシとスモーリングの接触シーンを連続写真で検証。スモーリングが競り合いで飛んだ際、右腕を“誤って”動かしたことでメッシの顔面を直撃したとして、「血まみれの鼻が残された」と記している。脳震とうの症状もなく、プレーに復帰を果せたが、メッシ離脱となればバルセロナにとっては死活問題だけに、しばらく流血騒動の論争は続くかもしれない。(Football ZONE web編集部)

    バルセロナFWメッシ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】バルサFWメッシ、流血騒動の波紋拡大 「血まみれの鼻」の“元凶”を英紙が連続写真検証】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    リバプールアヤックスに所属するブラジル代表FWダヴィド・ネレス(22)の獲得に動く可能性があるようだ。イギリスデイリーミラー』が伝えている。

    サンパウロ時代から“NEXTネイマール”として注目を集め、2017年冬にアヤックスへ移籍したネレス。オランダの名門でも攻撃の要として活躍し、今シーズンはここまで公式戦44試合12ゴール15アシストを記録している。チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのレアル・マドリー戦では、ベスト8進出に大きく繋がる1ゴールを記録。10日に行われた準々決勝1stレグのユベントス戦でも同点ゴールを記録するなど、欧州の強豪がひしめく舞台でも結果を残している。

    そんなネレスに対し、リバプールが注目。攻撃オプションの強化に向けて今夏での獲得を検討しているという。移籍金は4000万ポンド(約58億円)と見られている。

    現在ブラジル人アタッカーにはパリ・サンジェルマン(PSG)の他、ドルトムントエバートンも関心を示しているとされるが、果たしてリバプールは獲得に動くのだろうか。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】リバプール、ユーベ戦同点弾のアヤックスMFネレスに注目?】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    『The SUN』は10日、「マンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバは、チャンピオンズリーグ出場権を逃した場合大幅な減給となる」と報じた。

    現在イングランドプレミアリーグで6位につけているマンチェスター・ユナイテッドチャンピオンズリーグ出場権が手に入る4位までの勝点差は3となっている。

    そうなればマンチェスター・ユナイテッドの収入はかなり減少することになるが、それに従って選手たちの給与も削減されてしまうそう。

    そしてポール・ポグバは、契約の条項の問題でチャンピオンズリーグ出場権を獲得できなかった場合最大25%の減給になるという。

    このところ再び今季限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団するという噂が流れているポグバ

    レアル・マドリーが彼を獲得しようとしていると伝えられているが、もしかしてこの減給の問題があるから話が流されているのだろうか?

    【関連記事】今見ないと…夏に移籍しそうな8名のスター選手

    なお、スールシャール監督はポグバの残留に自信を見せており、「来季ユナイテッド以外でプレーしている姿を想像できない」と語っている。

    ポグバ、退団噂の原因はこれか?CL逃せば「異例の減給」に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ポグバ、退団噂の原因はこれか?CL逃せば「異例の減給」に】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    10日に行われたUEFAチャンピオンズリーグベスト8の1stレグで、マンチェスター・ユナイテッドバルセロナと対戦した。

    前半12分にルークショウオウンゴールで失点し、試合はそのまま終了。ホームマンチェスター・ユナイテッドは0-1と敗北した。多くのシュートを放ったが枠内を捉えたものは一つもなく、得点に近づくことはできなかった。

    しかし、チームを率いるスールシャール監督、そしてMFポール・ポグバは試合後以下のように話し、敵地での2ndレグは逆転可能であると語ったという。

    ポール・ポグバ

    「いい試合ができたと思う。バルセロナ相手だし、彼らは世界最高のクラブの一つだからね…」

    【関連記事】記憶に留めよ…2017-18マンチェスター・ユナイテッド、最高の5ゴール

    2ndレグのバルセロナマンチェスター・ユナイテッドは、日本時間の4月17日午前4時からキックオフ予定となっている。

    カンプノウで逆転は可能だ!ユナイテッドに自信アリ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【UCL】カンプノウで逆転は可能だ!ユナイテッドに自信アリ】の続きを読む

    このページのトップヘ