Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)



    (出典 f.image.geki.jp)



    リーグ第4節ビルバオ戦でスペイン代表スサエタを麗な連続足技で翻弄

     レアル・マドリードブラジル代表DFマルセロは、現地時間15日のリーガ・エスパニョーラ第4節のアスレティック・ビルバオ戦(1-1)で、マーカーを翻弄する麗な足技を披露。反はいまだ止まず、「彼を守る手段はない」「DFを縛りにするサーカス」と驚きのが上がり続けている。

     リーグ開幕3連勝のレアルは前半32分、ビルバオに先制を許して1点のビハインドを背負った。敵地で苦しい展開を強いられるなか、同42分過ぎにスタジアムの雰囲気を変えたのがマルセロだった。

     スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが自サイドタッチライン際で浮き球の縦パスをマルセロに供給。すぐさまビルバオの元スペイン代表MFルケル・スサエタが左後方から猛然とプレッシャーをかけにきた。すると、マルセロラモスのパスを左足でトラップして高く浮かせスサエタの頭上を突破。さらにバウンドしたボールを頭でコントロールし、今度は左足に吸い付くようなトラップからくるり反転して、スペイン代表経験者のベテランMFを手玉に取った。

     スペインAS」は「マルセロのクレイジーなコントロールネット上では歴代ベストの一つの」と取り上げ、「オランダサッカー専門サイト「VoetbalPrimeur」も「マルセロが再び魅せた:6秒間で二つの凄技」と伝えていたが、反は広がり続けている。

    海外ファンも思わず脱帽「彼を守る手段はない」

     レアル贔屓で知られるスペインマルカ」は、公式ツイッターに「マルセロはどの惑星から来た?」とり、その規格外のテクニックを称賛。コメント欄には海外サッカーファンから驚きのがあがっている。

    「彼の左足に酔いしれる」
    「彼を守る手段はない」
    「私の偉大なアイドル
    「DFを縛りにするサーカス
    バロンドール級」
    「壮観なコントロール

     現代最高の左サイドバックと称され、ブラジル代表FWネイマールパリ・サンジェルマン)やアルゼンチン代表FWリオネル・メッシバルセロナ)にも引けを取らない圧巻のテクニックを誇る名ラテラルは、キャリアに新たな武勇伝を加えた。(Football ZONE web編集部)

    レアル・マドリードのDFマルセロ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】「DFを金縛り」 レアルDFマルセロの“6秒間の奇跡”が反響拡大「彼の左足に酔いしれる」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/09/20(木) 11:12:11.06 ID:CAP_USER9.net

    ◇欧州CL 1次L第1節A組 ドルトムント1―0クラブ・ブリュージュ(2018年9月18日)

     18日に各地で開幕し、A組のドルトムントはアウェーでクラブ・ブリュージュに1―0で競り勝った。MF香川真司(29)が今季公式戦5試合目で初出場。後半17分からピッチに立ち、定位置奪回をアピールした。
    B組のバルセロナはPSVに4―0で大勝。D組のガラタサライはロコモティフ・モスクワに3―0で快勝した。

     正確なクロスで決定機を演出した。後半34分、香川が左サイドで横パスを受けると、中央方向にドリブル。右足でファーサイドのピシュチェクにピンポイントのパスを送った。
    1点リードの終了間際にはフリーでパスを受けたが、シュートに持ち込めず「最後ね、決めたかった。思い切りいけなかった」と苦笑い。得点には絡めなかったが、狭いエリアで積極的にボールを受けて、攻撃にリズムをもたらした。

     ようやくチャンスが来た。今季開幕からベンチ外が続いたが、公式戦5試合目で初出場。0―0の後半17分からゲッツェに代わりトップ下に入った。ファブレ新監督の下で定位置を奪えず、今夏には移籍の可能性も浮上。
    セビリア、トルコ1部ベシクタシュなどが候補として報じられ「合っているのも、合っていないのもあった。でも、それは終わったこと」と振り返る。

     チーム内の序列は中央の攻撃的MFの3、4番手。厳しい状況は続くが「状況を変えられるのは自分。出遅れたなら取り返せばいい。時間と試合数は十分にある。試合に出ないとコンディションは上がってこない。こういう雰囲気、激しい戦いの中でしか感じられないものがある」と自信は揺らいでいない。出場時間はアディショナルタイムを含めて約30分。限られた時間で、巻き返しへの一歩をしるした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000008-spnannex-socc


    【【海外サッカー】 香川真司、逆襲への一歩 後半17分から定位置奪回へ猛アピール】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 ほニーテール ★ :2018/09/20(木) 11:11:12.98 ID:CAP_USER9.net

    ◇欧州CL 1次L第1節B組 バルセロナ4―0PSV(2018年9月18日)

     4季ぶりの優勝を目指すバルセロナのFWメッシが初戦で圧巻のパフォーマンスを披露した。大会通算8度目のハットトリックを達成。7回で並んでいたC・ロナウド(ユベントス)を抜いて最多記録を樹立した。

     前半32分に約25メートルのFKを鮮やかにゴール右上に決めて先制。後半に2点を加えて、C・ロナウドの120点に次ぐ大会歴代2位の得点数を103に伸ばした。

    バルベルデ監督から「並外れたことを当たり前のようにやる」と絶賛された。国内リーグを含め開幕5戦7発の活躍でチームの公式戦5連勝に貢献。今季はFIFA最優秀選手の最終候補3人から外れたが、10番がクラブでは健在を示して好スタートを切った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000009-spnannex-socc


    【【海外サッカー】 メッシ、Cロナ抜いた8度目のハット バルサ4季ぶりVへ大勝】の続きを読む



    (出典 www.realmadrid.com)



     チャンピオンズリーグCL)・グループステージ第1節が19日に行われ、3連覇王者のレアル・マドリードホームローマに3-0で勝利した。

     レアルが先制に成功したのは45分、ペナルティエリア手前中央で倒されたイスコが自ら右足で狙うと、シュートはきれいなカーブを描いてゴール左隅に突き刺さり、先制点を奪った。

     後半に入って58分には、ギャレス・ベイルルカ・モドリッチのスルーパスでエリア左に抜け出し、左足シュートを流し込んで追加点。後半アディショナルタイム2分には、マリアーノ・ディアスエリア手前左から快なミドルシュート叩き込み、リードを3点に広げた。

     試合はこのまま3-0でレアルが勝利。王者が初戦で快勝を収め、前人未到の4連覇に向けて好スタートを切った。

     次節は10月2日に行われ、レアル・マドリードはアウェイCSKAモスクワと、ローマホームでヴィクトリア・プルゼニと対戦する。

    スコア
    レアル・マドリード 3-0 ローマ

    【得点者】
    レアル・マドリードイスコ45分)、ベイル58分)、マリアーノ(90+2分)

    スターティングメンバー
    レアル・マドリード(4-3-3)
    バス;カルバハルヴァラン、S・ラモス、マルセロ;モドリッチ(85分 D・セバージョス)、カゼミーロ、クロース;ベイル73マリアーノ)、ベンゼマ62分 アセンシオ)、イスコ

    ローマ(4-3-3)
    オルセン;フロレンツィ、マノラス、ファシオ、コラロフ;エンゾンジ(69分 シック)、デ・ロッシ、ザニオーロ(54分 ペッレグリーニ);ウンデル、ジェコ、エル・シャーラウィ62分 ペロッティ)

    王者レアルがローマに2発快勝で好発進 [写真]=UEFA via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】王者レアルが4連覇へ好発進…イスコ&ベイル弾などでローマに3発快勝】の続きを読む



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    不良債権」と揶揄されたアタッカーが絶好調、PSV戦で麗な一撃

     バルセロナフランス代表FWウスマン・デンベレは、昨ドルトムントから移籍1億5000万ユーロ(約197億円)のメガディールで加入したが、負傷やドリブル体のプレースタイルにより、地元メディアでは不良債権とも揶揄されてきた。

     だが、今季は開幕から好調でリーグ戦では4試合3ゴール。さらに18日のUEFAチャンピオンズリーグCLグループステージ第1節の本拠地PSV戦では衝撃のゴラッソを決めたことで、スペインは「1億5000万ユーロに値するかも…」と手のひら返しを見せている。

     圧巻の一撃だった。バルサの1-0リードで迎えた後半29分、デンベレがスーパープレーを見せる。マーカーを背にボールを受けると、トリッキーな引き技で麗に反転しドリブル開始。軽やかなステップで前進し、ペナルティエリア手前から右足を一すると、ゴール右隅に矢のようなシュートが突き刺さった。

     右手を額に当てる敬礼パフォーマンスで喜びを爆発させたデンベレ。この日もボールを持ちすぎてはロストする悪癖も垣間見せたが、圧巻の個人を見せつけた。

     懐疑的な視線を浴びてきた“197億円アタッカー”は、現地メディアの評価を高めつつある。スペインマルカ」は、「もしかすると、デンベレは1億5000万ユーロの価値を持つかもしれない」と特集した。

    オランダPSV)相手の彼の素晴らしい一撃は(公式戦で)今季5得点となった。2017-18シーズンの全ゴール数よりも多くゴールしていることを意味している」

    「デンベレに対する認識が全に変わるのは、もはや時間の問題」

     加入1年の昨季が期待外れだったため、今季開幕前にはアーセナルなどへの放出論も浮上していたドリブラー。だが今季のロケットスタートにより、ゴール数では不振の昨季を抜いた。

    「長きにわたる故障でデビューイヤーのフランス人の出場機会が減ることは当たり前だが、彼は復帰後もとてつもなく重い値札に見合う活躍に苦しんだ。今や彼は危険なプレーゴール、勝利を生み出している。デンベレに対する認識が全に変わるのは、もはや時間の問題だ」

     記事では手のひら返しの絶賛をしている。“天才メッシCL8度ハットトリックという離れ業を記録するなか、不良債権と呼ばれた男も自らの価値を明しようとしている。(Football ZONE web編集部)

    バルセロナFWデンベレ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】バルサの“197億円FW”デンベレ、CLで衝撃ミドル弾 現地紙は手のひら返しの大絶賛】の続きを読む

    このページのトップヘ