Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    リバプールイングランド代表DFトレントアレクサンダー=アーノルドが、キャプテンを務められたことを喜んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。

    9日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループD最終節で、リバプールデンマークのミッティランと対戦。既にグループステージ首位通過が決まっているリバプールにとっては消化試合となり、多くの主力を温存した結果、1-1のドローで終わっている。

    この試合、キャプテンを務めたのはアレクサンダー=アーノルドだった。MFジョーダン・ヘンダーソン、MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがベンチスタート。MFジェームズ・ミルナー、DFヴィルヒル・ファン・ダイクは負傷離脱中のため、6歳の時からチームに所属するアレクサンダー=アーノルドに、アームバンドが回ってきた形だ。

    ヘンダーソンが投入された61分までキャプテンとしてプレーしたアレクサンダー=アーノルドは、試合後のインタビューで「スペシャルだった」と喜びを露わにした。

    「僕にとっても、僕をサポートしてくれる人たちにとっても、とても誇らしい瞬間だ。今夜のキャプテンに僕を選んでくれた監督やスタッフに感謝しないとね。本当に誇らしい夜だった。初めてキャプテンを務めたこの夜を、思い出として振り返ることになるだろうね」

    「CLでプレーすることは常に夢だった。そこでチームを率いられるなんて、信じられないほどの誇りさ。僕にとって今までと違う、新しい体験だった。特別な感じがしたよ」

    「(キャプテンを務めることについては)数人にしか話さなかった。自分の胸の奥にしまって、それ以上大きくしたくなかったんだ。できるだけ試合に集中したかったからね。でも、知る必要のある人たちは知っていたよ。家族にとって、誇らしい瞬間だったと思う」

    また、アレクサンダー=アーノルドは、現在リバプールチャンスを掴みつつある数人の若手選手たちに、アドバイスを送っている。

    「自分自身でいることが大事だよ。今チームには多くの若い選手がいて、毎日トレーニングで見ている。彼らに必要なのは、自分自身に集中し、仕事を続け、尊敬している選手や自分のポジションプレーしている選手から学び続けることだ」

    レイトン(・クラークソン)は、初めてのCLで本当によくやったね。ビリー(・クメティオ)も途中から出て仕事をしてくれた。皆良いパフォーマンスだったから、彼らは自分自身を誇りに思うだろうし、彼らの家族もきっと同じ気持ちのはずさ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】6歳から所属のリバプールで主将を務めたアレクサンダー=アーノルド「本当に誇らしい夜」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



     チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ最終節が9日に行われ、リヴァプールとミッティランが対戦した。リヴァプールに所属するFW南野拓実は3トップの中央でフル出場を果たした。

     すでにグループステージ首位通過を確定させているリヴァプールと最下位でのグループステージ敗退が決定しているミッティランの一戦となった。リヴァプールは右サイドバックで先発したトレントアレクサンダー・アーノルドが初めてキャプテンマークを巻いた。

     アウェイリヴァプールが開始早々に試合を動かした。2分、モハメド・サラーが相手ディフェンダーバックパスをカットし、GKと1対1となると、そのままシュートを決めて先制に成功した。リヴァプールは45分、サラーからパスを受けたディオゴ・ジョッタがペナルティエリア内に侵入し、左足を振り抜く。強烈なシュートはGKにセーブされた。

     1点ビハインドで後半を迎えたミッティランは59分、ロングボールからアンダース・ドレイヤーが最終ラインの裏へ抜けてGKと1対1となると、交わそうとしたところを倒され、PKを獲得する。62分、これをアレクサンダー・ショルツが左に決め、同点とした。

     後半に入り試合の主導権を握るミッティランは77分、ディフェンスラインの裏へ抜けたショルツがシュートを放つが、これはオフサイドの判定となった。ミッティランは86分に決定機を迎える。左サイドのCKからエリク・スヴィアチェンコがヘディングで合わせるが、GKの好セーブに阻まれた。

     リヴァプールは89分、南野がサディオ・マネのヘディンシュートのこぼれ球を拾い、ゴールに押し込んだ。しかし、VAR判定の結果ハンドとなり、惜しくもゴールとはならなかった。試合はこのまま終了。サラーゴールで先制したリヴァプールはミッティランにPKで追いつかれ、ドローで試合を終えた。

     CL決勝トーナメントの組み合わせ抽選会は14日に行われる。

    スコア
    ミッティラン 1-1 リヴァプール

    【得点者】
    0-1 2分 モハメド・サラーリヴァプール
    1-1 62分 アレクサンダー・ショルツ(PK/ミッティラン)

    フル出場を果たした南野拓実 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】南野のゴールは幻に…リヴァプール、ミッティランに追いつかれドロー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    9日に行われたUEFAチャンピオンズリーググループステージ第6節、すでに決勝トーナメント進出を決めていたリヴァプールはミッティラン(デンマーク)と対戦して1-1のドローとなった。

    試合開始からまもなく、ムハンマドサラーの爆速飛び出しで最終ラインをぶち破り、電光石火で先制点を奪取する。

    スライディングを受けながらも抜群のスピードで振り切り、冷静にGKとの一対一を制する!さすがプレーだ…。

    60分にはVARの判定でPKを与えてしまい1-1と追いつかれてしまったリヴァプールは、試合終盤に大きなチャンス

    スタメン出場した南野拓実が89分にゴールを決めた…かに思えたが、これはVARの判定によって認められず、決勝点とはならなかった。

    ただリヴァプールはこれでグループ首位のまま決勝トーナメントへ進出。南野拓実にとってもまだまだアピールチャンスがありそうだ。

    南野も惜しかった!快速サラー、開始直後の爆走ゴールがさすが


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】南野も惜しかった!快速サラー、開始直後の爆走ゴールがさすが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージが9日に全日程を終了した。この結果、決勝トーナメントに進出する16チームが決定した。

    バルセロナが最終節でユベントスに敗れたため、全勝突破チームは現れなかったが、昨シーズンの王者バイエルンリバプールマンチェスター・シティアトレティコ・マドリードルトムントユベントスバルセロナといった強豪クラブが順当に突破を決めている。

    その中でいずれも戦前から激戦区と目されていたグループBグループHは最終節まで1つのチームも突破が決まらない大混戦となった。

    最終節で全チームに突破の可能性があったグループBでは第5節終了時点で首位に立っていたボルシアMGを破ったレアル・マドリーが3位から一気に順位を上げて首位通過。また、敗れたボルシアMGもシャフタールとインテルがドローに終わったことで、2位通過を決めた。

    一方、パリ・サンジェルマン(PSG)、RBライプツィヒマンチェスター・ユナイテッドの三つ巴の争いとなったグループHでは昨季準優勝のパリ・サンジェルマンが首位通過、ユナイテッドとの最終節での直接対決を競り勝った昨季ベスト4のライプツィヒが2位通過を決めている。

    また、日本人選手所属クラブではFW南野拓実が在籍するリバプール、FW中島翔哉の在籍するポルトがそれぞれグループDとグループCを突破。その一方で、DF酒井宏樹、DF長友佑都を擁するマルセイユ、MF奥川雅也の所属するレッドブルザルツブルクは無念の敗退となった。

    国別ではスペインドイツが出場4チームすべてが勝ち残り、PSGポルトが4大リーグ以外での突破チームとなった。

    なお、ラウンド16の組み合わせ抽選会は14日にスイスのニヨンで開催され、ラウンド16は2021年2月中旬以降の開催となる。

    ▽CLグループステージ最終順位

    グループA
    ◎1. バイエルン(勝ち点16)
    ◎2. アトレティコ・マドリー(勝ち点9)
    3. ザルツブルク(勝ち点4)
    4. ロコモティフ・モスクワ(勝ち点3)

    グループB
    ◎1. レアル・マドリー(勝ち点10)
    ◎2. ボルシアMG(勝ち点8)
    3. シャフタール(勝ち点8)
    4. インテル(勝ち点6)

    グループC
    ◎1. マンチェスター・シティ(勝ち点16)
    ◎2. ポルト(勝ち点13)
    3. オリンピアコス(勝ち点3)
    4. マルセイユ(勝ち点3)

    グループD
    ◎1. リバプール(勝ち点13)
    ◎2. アタランタ(勝ち点11)
    3. アヤックス(勝ち点7)
    4. ミッティラン(勝ち点2)

    グループE
    ◎1. チェルシー(勝ち点14)
    ◎2. セビージャ(勝ち点13)
    3. FCクラスノダール(勝ち点5)
    4. レンヌ(勝ち点1)

    グループF
    ◎1. ドルトムント(勝ち点13)
    ◎2. ラツィオ(勝ち点10)
    3. クラブブルージュ(勝ち点8)
    4. ゼニト(勝ち点1)

    グループG
    ◎1. ユベントス(勝ち点15)
    ◎2. バルセロナ(勝ち点15)
    3. ディナモ・キエフ(勝ち点4)
    4. フェレンツヴァーロシュ(勝ち点1)

    グループH
    ◎1. パリ・サンジェルマン(勝ち点12)
    ◎2. ライプツィヒ(勝ち点12)
    3. マンチェスター・ユナイテッド(勝ち点9)
    4. イスタンブールBBSK(勝ち点3)

    ◎決勝トーナメント進出決定

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】決勝T進出16チームが決定! スペインとドイツが出場4チームすべて勝ち残り!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    【得点者プロフィール
    ジネディーヌ・ジダン(当時29歳)
    国籍:フランス
    所属:レアル・マドリー
    ポジション:MF
    身長:185cm

    圧倒的なスキルエレガントプレーから“マエストロ”の異名を取った、天才MFジネディーヌ・ジダンフランスを初のW杯優勝に導き、クラブレベルでも多大な功績を残した。

    【試合詳細】
    日程:2002年5月15日
    大会:チャンピオンズリーグ決勝
    対戦相手:レバークーゼン
    時間:前半45分(1-1)


    FWラウール・ゴンサレスとDFルシオがそれぞれゴールを挙げ、1-1で迎えた前半終了間際に、ジダンのあのボレーが誕生する。

    サイドのDFロベルトカルロスクリアとも取れる高いロビングのボールを、ボックス内のジダンはしっかりとタイミングを計り、利き足ではない左足でボレー。完璧にボールの芯を捉えたこの強烈なシュートは、見事にネットに突き刺さり、初のビッグイヤー獲得を自らのゴールで引き寄せた。

    足元に吸い付くような華麗なボールタッチピッチを俯瞰しているかのような絶妙なスルーパス、そして抜群のボディバランスを駆使し、数々のスーパーゴールを生み出したジダン氏だが、中でもこのビューティフルゴールは、多くのサッカーファンの記憶に残っているゴールと言えるだろう。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】ジダンと言えばこのゴール!CL決勝レバークーゼン戦で見せた“あの”スーパーボレー】の続きを読む

    このページのトップヘ