Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)



    (出典 i.daily.jp)



     チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第4節が6日と7日に各地で行われた。バルセロナが決勝トーナメントに一番乗りを決めた一方で、今季無敗を続けてきたユヴェントスドルトムントシーズン初黒星を喫した。リヴァプールも敵地で完敗を喫するなど、いくつかのサプライズがあった中、イギリスサッカーサイト『Squawka』やイギリス紙『デイリーメール』などは、「その他にも見逃したかもしれないこと」を挙げている。

    ◆■リヴァプールも犠牲者に

    今季好調のリヴァプールは、敵地でのツルヴェナ・ズヴェズダ戦で0-2と完敗。格下相手に不覚をとった。もっとも、セルビア王者がホームで圧倒的な強さを誇ることを忘れてはならない。ホームでの公式戦は最近45試合でわずか1敗。昨年10月ヨーロッパリーグアーセナルに敗れただけである。なおリヴァプール戦では、試合前のウォーミングアップをスタジアム横のトレーニング場で実施。本番前に少しでも情報を得ようと試みたユルゲン・クロップ監督は、肩透かしを食らうこととなった。

    ◆■選んだのは青い方…

    リヴァプールの元イングランド代表MFジェイムズ・ミルナーがツルヴェナ・ズヴェズダ戦で下した判断について、一部のファンから疑問の声が挙がった。同選手は、本来キャプテンを務めるジョーダン・ヘンダーソンが欠場したため腕章を巻いて出場。試合前のコイントスでは、主審から「赤い面(表)か、青い面(裏)か」を選ぶよう尋ねられると「青」を選択した。地元ファンにとって、「青」と言えばライバルエヴァートンチームカラーを指す。リヴァプールチームカラーである「赤」を選ばなかったことが、一部ファンの気持ちを逆なでしたようだ。SNS上では、「ヘンダーソンなら、赤より青を選ぶなんて絶対にない」といった意見が確認できる。

    ◆■再び立ちはだかる“欧州の壁”

    リーグ・アンでは開幕12連勝と、欧州5大リーグの新記録を樹立したパリ・サンジェルマンだが、6日のナポリ戦は敵地で1-1のドローに終わった。グループステージ4試合を終えて3位と、敗退の危機にある。国内リーグでは無敵を誇るが、CLでは最近7試合でわずか1勝(2分け4敗)。今季も“欧州の壁”に苦しんでいる。

    ◆■名選手、名監督にあらず?

    10月13日モナコの新指揮官に就任したティエリ・アンリ氏。低迷する古巣の救世主となることが期待されたが、クラブブルージュ戦で0-4の敗戦を喫し、初陣から5戦連続未勝利(2分け3敗)となった。さらにCLからの敗退も決定。監督キャリアのスタートは大変厳しいものになっている。11日には王者パリ・サンジェルマンとのビッグマッチが控えているが、チームを早急に立て直して、初勝利を挙げることはできるだろうか。

    ◆■61年ぶりの快挙達成

    アンリ氏とは対照的に、レアル・マドリードのサンティアゴ・ソラーリ氏は好発進を切ることに成功している。10月29日から暫定的に指揮を取り始めると、チームは公式戦3連勝を達成。しかも、3試合連続で無失点を記録している。監督就任から3試合連続で完封勝利を達成したのは、1928年のホセ・ベラオンド氏、1957年ルイス・カルニグリア氏に次いでクラブ史上3人目のこと。“暫定”の2文字が取れるのは時間の問題かもしれない。

    ◆■ラッキーアイテムのおかげ?

    フランス人FWカリム・ベンゼマがプルゼニ戦で、レアル・マドリードでの通算200ゴール目を含む2ゴールを記録した。公式戦ここ3試合で3ゴールと調子を取り戻したが、その背景には、ある“ラッキーアイテム”の存在があるという。スペイン紙『マルカ』によると、サンティアゴ・ソラーリ新体制の初陣となった10月31日のコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)4回戦ファーストレグ・メリージャ戦から、同選手は2013-14シーズンに使用したスパイクを着用。シーズン24得点を挙げて、クラブ通算10度目の欧州制覇に貢献した当時のスパイクを履き直したことで、再びゴールを奪えるようになったというわけだ。今後も得点量産となるのか、注目される。

    ◆■ウォーミングアップ中のアクシデント

    マンチェスター・U相手にホームで1-2の逆転負けを喫したユヴェントスは、試合前のウォーミングアップ中には、思わぬアクシデントに見舞われた。ポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーがゴールキックの練習として蹴ったボールが、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの後頭部に直撃。不意打ちを食らったディバラはピッチにうずくまってしまった。大事には至らず、まもなく立ち上がったが、その後もしばらく痛そうに頭をさすっていた。

    (記事/Footmedia

    CL第4節のトピックスを紹介 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【欧州CL】欧州の壁、61年ぶり快挙、ラッキーアイテム…CL第4節で起こったトピックス】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    CLユナイテッド戦でスーパーゴールを決め、腹筋を見せる独特のセレブレーションを披露

     イタリア王者ユベントスは現地時間7日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節でマンチェスター・ユナイテッドに1-2で敗れた。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが挙げた先制点を生かせず、悔しい逆転負けとなったがCL公式インスタグラムロナウドゴールパフォーマンスで見せた“腹筋誇示”の瞬間を公開。「美しきシックスパック」「想像を絶する男」と反響を呼んでいる。

     ロナウドは0-0で迎えた後半20分、試合の均衡を破るスーパーゴールを見せた。ハーフウェーライン付近からユベントス最終ラインイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが前線へロングパスを供給すると、ペナルティーエリア内に走り込んだロナウドは落下地点をいち早く察知。トップスピードで走りながら背後からのボールダイレクトで合わせ、強烈な一撃をユナイテッドゴールに突き刺した。

     これにはユナイテッドスペイン代表GKダビド・デ・ヘアも全く反応できず。ロナウドユベントス移籍後初となるCLでのゴールで、得点後にはユニフォームをまくり、自慢のシックスパックを披露するセレブレーションで笑顔を見せた。

     CL公式インスタグラムはこの“腹筋誇示”の決定的瞬間を収めた写真を公開。まくり上げたユニフォームの下には、綺麗に6つに割れた筋肉隆々の腹筋がのぞいている。その背後には、フランス代表MFブレーズ・マテュイディが爆笑している姿が映っており、“笑撃”の絵文字を添えている。

     投稿は公開から9時間で「いいね」が160万、コメントも1万1000件を突破。ファンからの感嘆の声で埋め尽くされている。

    「なんて肉体だ」
    「美しきシックスパック」
    ロナウドのような腹筋がほしい」
    「想像を絶する男」
    「彫刻のようだ」
    「彼はマシンだ」

     ユベントスはその後2点を献上してユナイテッドに逆転負けを喫したが、ロナウドスーパーゴールとともに自慢のシックスパックが大きな注目を集めている。


    Football ZONE web編集部)

    ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】C・ロナウドは「彫刻のようだ」 歓喜の“腹筋誇示ショット”に反響「想像を絶する」】の続きを読む



    (出典 sport-japanese.com)



    古巣相手の超絶ボレー弾で称賛浴びる

     海外サッカーイタリア1部ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが古巣を相手に衝撃のゴラッソを叩き込んだ。現地時間7日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節、マンチェスター・ユナイテッド戦で背後からのロングパスを、そのままボレーで叩き込む離れ業を披露。チームは1-2で逆転負けを喫したが、半端ない一撃に英放送局は「素晴らしいゴール」と拍手を送っている。

     こんな離れ業ができる選手はそうそういない。ロナウドが古巣相手にスーパーな一撃だ。後半の20分。ユベントスイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチがハーフライン付近から、前線へロングパスを送った。この正確なボールの行き先は、エリア内に走り込んだロナウドスピードを落とすことなく、後方からのボールダイレクトボレー。強烈な一撃をゴールネットに突き刺した。

     技術の凝縮された一撃を、英放送局「BBCスポーツ」も「クリスティアーノ・ロナウドは故郷相手に素晴らしいボレーシュートを決めた」と称えている。

    レオナルド・ボヌッチが後方からロングパスを入れ、肩の上から来るボールを見続けながらダビド・デ・ヘアが守るゴールに見事なボレーシュートを叩きこんだ」

     しかし逆転負けを喫したことで、「いつも起こるように、ロナウドが古巣のマンチェスター・ユナイテッド相手にユベントス移籍後のCL初ゴールマークしたが試合に勝利する事はできなかった」と伝えている。(THE ANSWER編集部)

    ユベントスでCL初ゴールを決めたクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【欧州CL】やっぱり半端ないC.ロナウド、後ろ向きのボールを…衝撃弾に英BBC称賛「素晴らしい」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



     マンチェスター・Uスペイン代表MFフアン・マタが試合を振り返り、裏話を明かした。イギリスサッカー誌『FourFourTwo』が8日に伝えている。

     マンチェスター・Uは、7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節でユヴェントスと対戦。0-1とビハインドのまま迎えた終盤、フランス代表MFポール・ポグバが倒されてフリーキックを獲得。これをマタが直接沈め、同点に追いつく。その後、オウンゴールで逆転に成功。劇的な勝利を収めた。

     マタは同点弾となるフリーキックを蹴る前に、イングランド代表DFアシュリーヤングとのやり取りがあったことを明かした。

    フリーキックを獲得した時、自分が蹴らなければいけないと感じた。ヤングに『僕に蹴らせてくれ。壁を越えるようなボールを蹴るから』と伝えたんだ。キーパーにとって難しい状況だったと思う。壁で見えなかったからね。だから、僕は何度も練習したプレーをやってみせたんだ。同点に追いつくことが重要だった」

    素晴らしいチームを相手に最高のスタジアムと雰囲気のなかで試合をすることは難しいことだったが、2本のフリーキックを最大限に利用できた。試合後には、とてもポジティブな気分になれたよ」

    ユヴェントス戦で同点ゴールを記録したマンUのマタ [写真]=LightRocket via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【欧州CL】マンUのマタが明かす裏話…FKの前、同僚DFに「僕に蹴らせてくれ」】の続きを読む



    (出典 wired.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/08(木) 11:46:03.26 ID:CAP_USER9.net

    国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティノ会長は7日、構想中の欧州スーパーリーグに出場した選手をワールドカップ(W杯)などの大会から除外する可能性があると警告した。

    先週、ドイツメディアによりスペイン1部レアル・マドリードやイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(マンU)などが、欧州の強豪16チームによるスーパーリーグを立ち上げ、欧州チャンピオンズリーグ(CL)に置き換える構想があるとレポートされた。

    インファンティノ会長は「サッカーを保護し、クラブや世界のサッカー界にとって有益な解決策を考え出すことは、私たちの責任だ」と述べ、24チームへの拡大が検討されているクラブW杯がその回答であると述べた。

    欧州スーパーリーグ構想に含まれているクラブの所属選手には、アルゼンチン代表リオネル・メッシやブラジル代表ネイマール、フランス代表キリアン・エムバペ、ポルトガル代表クリスティアノ・ロナルドら有力選手が含まれている。

    11/8(木) 9:05配信 ロイター通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000024-reut-spo

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【海外サッカー】<FIFA会長>欧州スーパーリーグ出場選手をW杯から除外する可能性があると警告!】の続きを読む

    このページのトップヘ