Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)



    (出典 img.footballchannel.jp)



    「私の評価基準は高い」 4冠の可能性残すも、バイエルンでの経験を踏まえて指摘

     マンチェスター・シティジョゼップ・グアルディオラ監督は昨季の国内2冠に続き、今季もリーグカップを制するなどの結果を残しているが、最終的に“成功した”との評価を受けるためにはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)での実績が物を言うと、バイエルン・ミュンヘン時代の経験も踏まえて語っている。英衛星放送「スカイスポーツ」が報じた。

     グアルディオラ監督はシティで3年目を迎えた。リーグカップでは決勝でチェルシーを破って連覇を果たし、プレミアリーグでは30節終了時点で首位に立っている。FAカップとCLではそれぞれ8強に勝ち名乗りを上げており、4冠達成の可能性を残している。

     充実の時を過ごしているようにも見えるグアルディオラ監督だが、最終的にシティでのキャリアが成功とみなされるためにはCLで決勝までたどり着けるかどうかという実績が欠かせないのだという。指揮官はこう語っている。

    「私はミュンヘンではそれ(CL決勝に進出できたか)で評価を下された。ここでも同じように評価されるだろう。多くの人間にとって、私のミュンヘンでのキャリアは良くなかったとされている。なぜなら、私はファイナルまで勝ち進むことができなかったからだ。準決勝までは行ったが、ファイナルにはたどり着けなかった。評価はそこで下される」

     2013年から3シーズン率いたバイエルンでは、現在まで続くリーグ6連覇のうち、3度の優勝を達成。DFBポカールも2度制したが、CLでは3シーズン連続ベスト4だった。

     決して悪い結果ではなかったはずだが、それだけ求められるものは大きいということだろう。ペップは「私は幸運な男だ。私の評価基準は高いからね。そこ(CL決勝)にたどり着かなければならないんだ」とも語り、周囲の期待の高さを実感していた。(Football ZONE web編集部)

    マンCを率いるグアルディオラ監督【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】グアルディオラ監督、CL決勝進出の重要性を熱弁 「たどり着かなければならない」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    アトレティコ・マドリーが、ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに激怒しているようだ。スペイン『アス』が報じた。

    アトレティコは12日、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでユベントスの本拠地に乗り込み、0-3で敗北。C・ロナウドハットトリックにより、2戦合計2-3での敗退に追い込まれた。

    この対決の中で、1stレグでは自チームの先制時にアトレティコディエゴ・シメオネ監督が両手で股間を囲うパフォーマンスを披露し、2ndレグではC・ロナウドがシメオネ監督のパフォーマンスを真似してゴールを祝った。これらは自身の睾丸の大きさ=肝っ玉を強調するジェスチャーであり、欧州サッカー連盟(UEFA)は不適切な振る舞いとしてシメオネ監督に2万ユーロ(約250万円)の罰金を科している。また、C・ロナウドにも同等の処分が下される見込みだ。

    そして、2ndレグでのC・ロナウドセレブレーションに怒れるアトレティコは、UEFAへの正式な苦情の提出を検討。シメオネ監督が自チームファンに向けて行なったのに対し、C・ロナウドアトレティコサポーターに向けて行ったとして、その悪質性を強調している。また、スペインテレビ局Movistar』で報じられた内容によれば、3点目を決める直前にC・ロナウドアトレティコファンに向けて「マザーファッカー」と罵倒。様々な要因が、アトレティコの怒りを煽っているようだ。

    なお、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、相手サポーターへの挑発行為と判断された場合、C・ロナウドには前述の罰金に加えて、出場停止処分が科される可能性もあると伝えている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【UCL】アトレティコ、“股間パフォ”CR7に激怒…UEFAに苦情提出か】の続きを読む



    (出典 kicker.town)



    リバプールにあってバイエルンになかった“培ってきたもの”への自負

     試合後、両指揮官の表情はあまりに対照的だった。自身に満ち溢れた顔で「素晴らしい試合だった」と冷静に振り返るリバプールユルゲン・クロップ監督に対して、バイエルンのニコ・コバチ監督は言葉数も少なく、「リバプールのほうが上だった。自分たちの限界を見ることになってしまった」と完敗を認めていた。

     バイエルンにとって8年ぶりとなる、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト16での敗退。だが、本拠地アリアンツ・アレーナにブーイングは一切なく、挨拶に来る選手にファンから大きな拍手が沸き起こっていたほどだ。マッツ・フンメルスは「今回は正直、ここ数年よりは苦しい敗退ではない。ある意味、順当な負けだ」と語っていたが、この心境にファンも理解を示しているのだろう。怒りよりも、今のチーム状態なら仕方ないという見方のほうが強いのだ。

     試合前にはかつての指揮官であるジョゼップ・グアルディオラ(現マンチェスター・シティ監督)が、「ホームで試合をするんだ。バイエルンが勝つよ」とコメントしていたが、そう感じさせるパワーバランスはなかった。

     バイエルンが、欧州トップレベルクラブと呼ばれていたのはなぜだろうか。

     揺らぐことのない自信で自分たちの強みを引き出し、相手の弱みを徹底的に突いていく。相手チームが怯えてしまうほどの圧倒的な威圧感、自分たちが試合を決めるという強烈な意志。リバプールとの敵地での第1戦を0-0で乗りきり、迎えたホームでの第2戦では支えてくれるファンの声援をバックにさらに加速度を上げることができる――はずだった。だが、この日のバイエルンからはそうした姿が見られなかった。

     むしろアウェーのリバプールのほうに、そうした空気感があった。試合後の記者会見クロップ監督は、「ファーストレグを終えて思ったのは、自分たちの仕事をしていこうということだ。(フィルジル・)ファン・ダイクが復帰したことで後ろを任すことができると考えた。だからオフェンシブな布陣で相手にプレスをかけていく、あえてオープンな状態で試合にいった。それが自分たちのプランだった。相手にチャンスを作られるかもしれない。でも積極的にいきたかった」とゲームプランについて語っていた。培ってきたものへの自負が、そこにはある。

    苦悩のレバンドフスキ「自分たちの試合ではなかった」

     一方のコバチ監督は、「試合をコントロールしたかった。守備をオープンにしないようにしたかったが、上手くいかなかった。相手の素早いプレスを受けてしまった。ミスをしたくなかった。攻撃では中央を避けてサイドからを狙った。左サイドで何度か良い形を作ったが、数的有利をあまり作れなかった」と、この試合の戦い方について記者に答えていた。

     フンメルスが「1-2となるまでは五分五分の展開だった」と振り返ったように、確かにそこまではどちらにも勝つチャンスがあった。だが、後半24分に1-2となってからは何もできなかった。得点が欲しいのに得点が生まれそうな気配がなかったのだから。この試合、バイエルンが放ったシュートはわずかに6本。枠内シュートはダビド・アラバのミドルシュート1本のみ。そして得点は相手DFジョエル・マティプのオウンゴールだった。

     試合中ほとんどの時間、前線で孤立していたFWロベルト・レバンドフスキは、ノルウェーテレビの「ビアスポーツ」で、「今回の2試合ともあまりに守備的なプレーをしてしまった。プレスに行くこともできず、シュートチャンスを作り出すこともできなかった。後半はリスクをかけることもできずにいた。ホームでのプレーだったが、自分たちの試合ではなかった。だからリバプールは僕らに勝てた。守る位置が深すぎたと思う。リスクを冒さないようにプレーしていた。なぜかは分からない。前線では僕一人でいることが多かったから難しかった。一人であれだけのレベルの選手を複数相手にプレーするのは難しい」と心境を吐露していた。

     現在バイエルンには、センターフォワードを本職とする選手がレバンドフスキしかいない。バックアップだったサンドロ・ワーグナーは冬に中国1部の天津泰達へ移籍し、後釜の獲得はなかった。コバチは動こうにも、状況を変えるような一手を打つことはできなかったとも言える。

     とはいえ、点を取らなければならない状況となれば、なんらかの攻撃的な策がなければならない。怪我人が多かったと悔やむ声もあるが、怪我人はどのクラブでも出てしまう。一見予期せぬ出来事をも、あらかじめある程度以上予見されているかどうか、それをチーム作りや選手補強の段階からしっかりとプランニングし、トレーニングやミーティングから取り組まれているかが、チームの地力として評価されるところなのだろう。

     そして、その地力でリバプールバイエルンを超えていた。(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)

    バイエルンにとって8年ぶりとなる、CLベスト16での敗退となった【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】ブーイングなきバイエルンのCL16強敗退 ドイツ王者が認めた「自分たちの限界」】の続きを読む

    no title


    チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の対戦カードが15日にスイスのニヨンで行われた抽選会で決定した。

    逆転突破が頻発した今ベスト16。トッテナムマンチェスター・ユナイテッドマンチェスター・シティリバプールイングランド勢が2008-09シーズン以来の全チーム勝ち上がりを決めた一方で、ドイツ勢が2005-06シーズン以来13年ぶりにベスト8の舞台から全滅した。

    パリ・サンジェルマン(PSG)を相手にホームでの1stレグを0-2で落としたチームとして大会初の逆転突破を成し遂げたマンチェスター・ユナイテッドは、スペイン勢から唯一勝ち上がりのバルセロナと激突。トッテナムマンチェスター・シティの同国対決も実現した。

    なお、今大会は準々決勝の対戦カードを決めると共に準決勝の組み合わせ抽選会も実施。確定した今後のスケジュールは以下のとおり。

    スケジュール
    ・準々決勝※左側が1stレグのホームチーム
    1stレグ:4月9-10日、2ndレグ:4月16、17日
    アヤックス(オランダ) vs ユベントス(イタリア)…[1]
    リバプール(イングランド) vs ポルト(ポルト)…[2]
    トッテナム(イングランド) vs マンチェスター・シティ(イングランド)…[3]
    バルセロナ(スペイン) vs マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)…[4]


    ・準決勝
    1stレグ:4月30-5月1日2ndレグ:5月7-8日
    [3]の勝者 vs [1]の勝者…[5]
    [4]の勝者 vs [2]の勝者…[6]

    ・決勝
    6月1日
    [5]の勝者 vs [6]の勝者
    [@ワンダメトロポリターノ/スペイン]

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【UCL】ベスト8組み合わせ決定! マン・ユナイテッドvsバルサ、スパーズvsマン・シティ《CL》】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



    欧州サッカー連盟(UEFA)は、ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが先日のアトレティコ・マドリー戦で行った“股間パフォーマンス”に関して処分を科すことを検討しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

    ユベントスは12日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグでアトレティコホームに迎え、3-0で勝利。2戦合計スコアを3-2とし、逆転でベスト8進出を果たした。

    ウェイでの1stレグを0-2で落とし、ユベントスにとって絶体絶命の状況の中で臨んだ今回の一戦だったが、C・ロナウドが圧巻のハットトリックを決めてチームを勝利に導いた。そして、劇的な逆転突破を決めた同選手は、興奮冷めやらぬ試合後、スタンドの前で両手で股間を囲うパフォーマンスを披露。自身の睾丸の大きさ=肝っ玉を強調していた。

    この“股間パフォーマンス”に関しては1stレグで対戦相手のディエゴ・シメオネ監督が行ったパフォーマンスへのお返しとして話題になっていた。

    だが、シメオネ監督はUEFAから不適切な振る舞いだったとして2万ユーロ(約250万円)の罰金を科されていた。したがって、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』はUEFAC・ロナウドに対しても同様の処分を科す可能性が高いと主張。

    また、C・ロナウドが同パフォーマンスを行った場所がアトレティコファンの集まったアウェイスタンドの前であったことから、相手サポーターへの挑発行為と判断された場合、前述の罰金に加えて出場停止処分を科される可能性もあるようだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【UCL】“股間パフォ”のC・ロナウドにUEFAが処分検討か? 準々決勝初戦で出場停止も…】の続きを読む

    このページのトップヘ