Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



     2015-16シーズンチャンピオンズリーグ(CL)決勝戦で笛を吹いた審判のマーク・クラッテンバーグ氏が、自らの誤審を認めた。14日に、スペインラジオ局『カデナ・セール』が報じている。

     レアル・マドリードアトレティコ・マドリードが顔を合わせ、“同国対決”としても注目を集めた2015-16シーズンのCL決勝戦は、15分にセルヒオ・ラモスが先制点を決めてレアルが先制。一方、アトレティコも79分にヤニック・フェレイラカラスコが同点弾を挙げ、試合は延長戦へと突入した。しかし、延長では互いに決定機を作れず、勝負の行方はPK戦に委ねられた。そのPK戦では、レアルが5人全員キックを成功させてアトレティコを下し、2年ぶり11回目のCL優勝を達成している。

     だが、この試合で主審を務めたクラッテンバーグ氏は4年の時を経て、自身がミスを犯したことを明かした。

    「あの決勝戦では、前半にレアルが1-0でアトレティコリードした。でも、ゴールを決めた時、S・ラモスはほんの少しだけオフサイドにかかっていたんだ。我々審判団は、ハーフタイムにそれを確認した。瞬時に判定するには非常に難しい場面だったが、私もアシスタント・レフェリーもそれを見逃してしまった」

     その後、後半立ち上がりにアトレティコが決定機を迎える。フェルナンド・トーレスがペペ(現ポルト所属)に倒され、アトレティコにPKが与えられたのだ。しかし、クラッテンバーグ氏はこのPKが「帳尻合わせ」であったことを認めている。

    「ペペとトーレスが交錯した後、私は笛を吹いた。ペペは完璧な英語で『ペナルティはおかしいだろ!』と言ってきたから『そもそも先制点は入るべきじゃなかった』と言ったら、彼は黙っていたよ」

     結局、キッカーのアントワーヌグリーズマン(現バルセロナ所属)がPKを失敗したことで、アトレティコが判定の恩恵を受けることはなかった。だが、クラッテンバーグ氏と判定に不満を感じたペペの“やり合い”は、試合を通して続くことになる。

    「あの試合のペペは、ピッチを転げまわって演技をしていた。アトレティコの選手を退場にできないかと試していたようだね。本当に信用できない選手だった」

     クラッテンバーグ氏は、元レアルDFを厳しく断罪した。判定についての議論はサッカーには付き物だが、いずれにしても、クラッテンバーグ氏がCL決勝の舞台でナーバスになっていたことだけはたしかなようだ。

    レアルはS・ラモスのゴールで先制したが…… [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】“同国対決”のCL決勝で誤審…当時の主審が告白「S・ラモスの先制点はオフサイド」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    リヨンジャン=ミシェル・オラス会長が、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグの開催日を明らかにしている。フランス『レキップ』が報じている。

    新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、3月中旬から中断を強いられているCL。同大会を主催する欧州サッカー連盟(UEFA)は、8月から再開させる方針と一部では報じられていたが、未だ正式な発表は伝えられていない。

    そんな中、オラス会長はラジオ『RTL』に出演した際「ユベントスとの試合は、8月7日にトリノで観客を入れずに行われるとのことだ」と漏告。

    また同会長は、欧州5大リーグの中でリーグ・アンだけが打ち切りを決断したことにより、欧州カップの残っているフランスクラブが不利な戦いを強いられると考えているようだ。

    リーグ・アン打ち切りを撤回する要求が受け入れられなかった場合、我々やパリ・サンジェルマンは、フィットネスを完璧に整えられる他のクラブに惨敗を喫することになるだろう」

    なお、2月26日ホームで行われた1stレグは、MFリュカ・トゥザールの決勝点でユベントスを下したリヨンが先勝している。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】再開は8月で決定済み?! リヨン会長がユベントスとの2ndレグ日程を漏告】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 the-ans.info)



     トッテナムに所属しているブラジル人FWルーカス・モウラが、ちょうど1年前に行われた昨シーズンチャンピオンズリーグ(CL)・準決勝セカンドレグのアヤックス戦を振り返った。トッテナムクラブ公式インスタグラムが8日に同選手のコメントを伝えている。

     トッテナムは決勝トーナメント1回戦でドルトムントを、準々決勝でマンチェスター・Cを下し、準決勝ではアヤックスと対戦。ホームで行われたファーストレグを0-1で落とし、セカンドレグを迎えていた。試合は序盤からアヤックスペースで進み、前半だけで2点のリードを許す苦しい展開に。それでも、55分と59分にL・モウラが得点を挙げて追い上げると、後半アディショナルタイムにもL・モウラが劇的ゴールを叩き込み、クラブ史上初のCL決勝進出を果たしていた。

     アヤックスとの一戦を振り返ったL・モウラは、まず1点目のシーンについてコメント。「ボールを持った時に、相手のGKの位置が見えた。ゴールの隅にシュートを打つ必要があったんだ。後半が始まって約10分が経過した時の出来事だった。完璧な時間帯に1点を返すことが出来たと思っているし、このゴールが僕らにモチベーションを与えてくれた」

     続けて、ボールキープから左足で強烈なシュートを沈めた2点目を解説。「(ハットトリックの中で)最も難しいゴールだった。僕の目の前には多くの相手選手がいて、ペナルティエリアの中にも多くの選手がいた。加えて、ゴールに背中を向けている状態だった。素速いドリブルからターンして、フィニッシュしなければならなかったんだ。非常に難しかったよ」と話しつつも、「その前の場面でフェルナンド(・ジョレンテ)がゴールしてくれると思っていたんだ。でも、GKが素晴らしいセーブをして、僕の前にボールがこぼれてきたんだ」と明かしている。

     最後に、L・モウラは試合終了間際に沈めた逆転弾について「あの試合のラストチャンスだった。ボールが自分の所に来たらシュートを打つことを決めていた。シュートが外れようと、誰かに当たろうと、全く気にないつもりだったよ」と振り返ると、「左足で放ったシュートゴールに吸い込まれた時、言葉では表現できないような気分になった。どのように祝うべきなのかもわからなかった。ジャンプして、ピッチを滑ってみたんだ」と、“衝撃のハットトリック”を振り返った。

    トッテナムのCL決勝進出に大きく貢献したL・モウラ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】“伝説の逆転劇”を演出…L・モウラ、CL準決勝のハットトリックを回顧】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    リバプールベルギー代表FWディヴォク・オリジが2019-20シーズンチャンピオンズリーグ(CL)準決勝バルセロナとの2ndレグの記憶を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。

    どこか掴みどころがない性格からリバプールファンの間で「カルトヒーロー」として愛されているオリジ。その立ち位置をさらに確立させたのが、昨シーズンのCL準決勝バルセロナ戦の2ndレグだ。

    1stレグで3-0の大敗を喫していたリバプールは決勝進出のためには4点差以上での勝利が絶対条件という厳しい状況に置かれていた。

    クラブ公式インタビューでこのバルセロナ戦について振り返ったオリジは、この試合で自らが決めた2得点についてコメントチームに勢いをもたらした試合開始7分での先制点を決めた時には、喜びを感じつつも前に進み続けることに集中していたと語った。

    「(ゴールを決めた後)ただ『このまま進み続けなくては』と感じたよ」

    「あのゴールは僕たちにチャンスを与えたし、早い段階で一点が取れて嬉しかった。でも、まだ逆転までの道のりは長かったし、僕の雰囲気からも分かったと思うけど、このまま進み続けてゴールを決め続けなくてはという感じだったよ」

    また、決勝点となったコーナーキックからの4点目についても言及。特に決勝点となった4点目は、CKの際に、DFトレントアレクサンダー=アーノルドの機転をきかせたクイックリスタートにオリジが合わせ、バルセロナの不意を突く形でのゴールであった。オリジは、このプレーは偶然ではなく、アレクサンダー=アーノルドと意思疎通をとった上でのプレーだと語った。

    「(ボールがボックスに入ってくるのが)見えていたよ。(コーナーになった時)ピッチボールがあったからボールボーイにすぐボールを返した。その後僕は歩いてボックス内に戻ったけど、他の選手が揃うのに時間がかかっていた。だから僕は誰がコーナーを蹴るのか不意に見たんだ。それによってポジショニングが変わるからね」

    「その時、トレントがこっちを見ていて目が合った。何かを仕掛けようとしているのが直感的に分かったよ」

    「だから彼があのクロスを入れた時、ボールを蹴る前にゴールの状況を確認できた。その時(ジェラール・)ピケと(マルクアンドレ・)テア・シュテーゲンが真ん中に寄っていて左が空いているのが見えた」

    「難しいシュートだったから(入って)嬉しかったよ!ゴールが決まった時、あまりにも一瞬だったから、自分でも大事な瞬間だったことに気付くのに少し時間がかかったよ」

    オリジの2得点などで見事4-0と試合をひっくり返し、大逆転で決勝進出。その後、トッテナムを決勝で下し、見事にCL王者に輝いていた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】オリジがCLバルサ戦で見せたあの値千金のゴールを回顧「何か仕掛けるのが直感的に分かった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    欧州王者13回を誇るレアルが1位、“ライバル”のバルセロナが2位にランクイン

     サッカーの欧州カップ戦で最も結果を残してきたのは一体どのクラブなのか――。英公共放送BBC」が独自の採点で「ヨーロッパオールタイムチャンピオン」を選出し、欧州王者13度のレアル・マドリードが堂々の1位に名を連ねた。

     欧州カップ戦は1955年に現在のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の前身である「ヨーロピアンカップ」がスタート。欧州サッカーの最高峰の大会として名称は変わりながらも、現在まで続いている。それ以外にも現在ではUEFAヨーロッパリーグ(EL)や、CLとEL王者が対戦するUEFAスーパーカップが開催されている。

    BBC」ではこれらの大会で残した結果を基に独自にポイントを割り振り、歴代最高の欧州チャンピオンを決定。ポイントはCL(ヨーロピアンリーグ時代も含む)の優勝が12ポイント、準優勝が6ポイントベスト4で3ポイントとなる。

     そして現在のEL、前身のUEFAカップカップウィナーズカップ、インターシティーズ・フェアーズカップは優勝が8ポイント、準優勝4ポイントベスト4進出で2ポイント。また、UEFAスーパーカップ優勝クラブにも1ポイントが与えられる。

     その結果、堂々のトップに立ったのはCL優勝通算13度のレアル・マドリードだ。史上最多13回のCL優勝を筆頭に、UEFAカップも2度、UEFAスーパーカップを4度制覇。欧州最高のクラブとしての地位を不動のものとしている。獲得ポイント243ポイントで、2位のバルセロナ186ポイント)に大差を付けた。2強クラブがワンツーフィニッシュとスペイン勢が強さを見せつけている。

     3位はドイツの名門バイエルン146ポイント)。僅差の4位にイタリアACミラン143ポイント)、日本代表MF南野拓実が所属するリバプール138ポイント)が5位に続く。以下、ユベントス129ポイント)、アヤックス(98ポイント)、インテル(97ポイント)、マンチェスター・ユナイテッド(90ポイント)、アトレチコ・マドリード(80ポイント)までがトップ10の顔ぶれとなった。(Football ZONE web編集部)

    欧州カップ戦で最も結果を残してきたクラブは?【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「歴代最高の欧州チャンピオン」を英メディア独自選定 栄えある“ナンバーワン”は?】の続きを読む

    このページのトップヘ