Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    9日に終了したチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ。CLでは、全32チームグループA~Hまでの8つのグループに分けられており、各グループの1位、2位クラブは決勝トーナメントへ進出。3位クラブヨーロッパリーグ(EL)に回ることとなる。

    昨季王者のバイエルンや、準優勝のパリ・サンジェルマン、去年の王者リバプールなどが順当に勝ち上がった中、最終節でライプツィヒに敗れたマンチェスター・ユナイテッドグループBでまさかの最下位終わったインテルなど、グループステージ敗退が決まった強豪クラブもあった。



    イギリス『サン』はCLグループステージで敗退した選手で組むベストイレブンを選出している。

    最多選出となったのはやはりユナイテッドインテルで3人ずつ。ユナイテッドからは、6ゴールで得点ランキングトップに立っていたイングランド代表FWのマーカス・ラッシュフォード、4ゴールポルトガル代表MFブルーノフェルナンデス、主将のイングランド代表DFハリー・マグワイアが選ばれている。

    また、インテルからは4ゴールマークしたベルギー代表FWロメル・ルカクモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ、オランダ代表DFステファン・デ・フライが選ばれており、この戦力を揃えながらもグループ最下位に終わったインテルを「ひどい結果」と評価している。

    そして、2年連続のグループステージ敗退となったアヤックスでは、セルビア代表FWドゥシャン・タディッチ、カメルーン代表GKアンドレ・オナナの二人が選ばれた。

    さらに、ザルツブルクハンガリー代表MFドミニク・ショボスライとスタッド・レンヌのフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガという逸材も名を連ねている。

    なお、11人のうち6人はELへと回る。舞台は変われど、そこでも変わらぬ活躍を期待したい。



    ◆CLグループステージで敗退した選手で組むベストイレブン
    GK
    アンドレ・オナナ(アヤックス
    DF
    ドウグラスサントスゼニト
    ハリー・マグワイア(マンチェスター・ユナイテッド
    ステファン・デ・フライインテル
    アクラフ・ハキミ(インテル
    MF
    ドミニク・ショボスライ(ザルツブルク
    ブルーノフェルナンデスマンチェスター・ユナイテッド
    エドゥアルド・カマヴィンガ(スタッド・レンヌ)
    ドゥシャン・タディッチ(アヤックス
    FW
    マーカス・ラッシュフォードマンチェスター・ユナイテッド
    ロメル・ルカクインテル
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ユナイテッドにインテル…CL敗退組で組むベストイレブンを英紙選出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    マンチェスター・ユナイテッドポルトガル代表MFブルーノフェルナンデスチャンピオンズリーグ(CL)敗退を受けて、ファンメッセージを送った。

    2季ぶりのCL出場を果たしたユナイテッドだが、グループステージで昨季ファイナリストのパリ・サンジェルマン(PSG)のほか、ベスト4のRBライプツィヒ、そしてイスタンブール・バシャクシェヒルと同居。引き分け以上で突破というアドバンテージを有してライプツィヒとの最終節を迎えたが、2-3の敗北を喫した。

    その結果により、3位でのCL敗退が決定するともに、ヨーロッパリーグ(EL)に回ることに。欧州最高峰の舞台に残れず、悲壮感が漂うなか、攻撃陣の絶対軸として奮闘したB・フェルナンデスもCL敗退という結果に悔しさを滲ませた。

    自身のインスタグラム(brunofernandes.10)を通じて「僕らは不十分だった。そんなビッグクラブを代表するにはもっとうまくやっていかないといけない。CLという舞台でビッグクラブと対戦するならなおさらだ」と綴った。

    なお、ユナイテッドの参戦が決定したELの決勝トーナメント進出チームは10日に決定。ラウンド32の組み合わせ抽選会は14日にスイスのニヨンで行われる予定だ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】ユナイテッドの絶対軸ブルーノ、CL敗退に「僕らは不十分だった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.sanspo.com)



     レアル・マドリードに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワは、ボルシアMG戦の勝利を振り返ってコメントした。9日、クラブが公式サイトを通じて伝えている。

     9日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ最終節でレアル・マドリードとボルシアMGが対戦し、ホームレアルが2-0で勝利して逆転でのグループ首位通過を決めた。今季思うように勝ち点を積むことができず、決勝トーナメント進出が危ぶまれた名門だが、最終的にはその勝負強さをまたしても発揮することとなった。

     この試合にフル出場し、無失点での勝利に貢献したクルトワは試合後、この日のチームの働きを最大限に評価した。

    素晴らしいパフォーマンスだった。今季最高のパフォーマンスの1つだったね。すべてがとてもうまくいき、非常に効果的で、どの局面においても良いプレーを見せた」

    「誰もがレアル・マドリードにとってCLがどれだけ重要なものか知っているし、誰もがいつも最後まで戦い続ける。他の試合では僕らにとって上手く物事がいかないこともあったけど、セビージャ戦と今日は、僕らが良い状態にあることを見せることができたよ」

    ボルシアMG戦の勝利に貢献したクルトワ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】クルトワが逆転でのCLグループステージ首位通過に喜び「今季最高のパフォーマンス」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


     8日と9日に行われた第6節をもって、2020-21シーズンチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージが終了。全8グループの最終順位が確定し、決勝トーナメントに進出する16チームが決定した。

     そこで今回は、欧州サッカー連盟UEFA)の公式サイト『UEFA.com』やデータ会社『Opta』などの情報をもとに、グループステージを8つのトピックとともに振り返る。

    [写真]=Getty Images

    ◆■欧州5大リーグの独占ならず

    前回大会は、欧州5大リーグチームが16強の枠を独占したことが大きな話題となった。しかし、今大会での再現は実現しなかった。“非”欧州5大リーグから唯一の勝ち上がりを果たしたのは、中島翔哉が所属するポルト酒井宏樹長友佑都が所属するマルセイユマンチェスター・C、オリンピアコスが同居するグループCを2位で通過した。なお日本人選手所属クラブでは、ポルトのほかに南野拓実擁するリヴァプールが1位通過を果たしている。

    ◆■スペイン勢とドイツ勢が全チーム突破

    決勝トーナメントに勝ち上がった16チームを国別に見ると、スペイン勢(レアル・マドリードバルセロナアトレティコ・マドリードセビージャ)とドイツ勢(バイエルンドルトムントライプツィヒ、ボルシアMG)は出場全4チームグループステージを突破。イタリア勢(ユベントスラツィオ、アタランタ)とイングランド勢(マンチェスター・Cリヴァプールチェルシー)は3チームずつの突破となり、インテルマンチェスター・Uの敗退が決まった。そして残り2枠を、フランス勢(パリ・サンジェルマン)とポルトガル勢(ポルト)が勝ち取った。

    ◆■国別の勝率は?

    グループ突破のチーム数ではスペイン勢とドイツ勢に軍配が上がったものの、国別の勝率においてトップに立ったのはイングランド勢だった。彼らは計24試合で16勝をマーク。勝率66.6%は、ドイツ勢(62.5%)、スペイン勢(58.3%)、イタリア勢(45.8%)などを上回る。1位通過の顔ぶれを見ても、イングランド勢が最多3チームを数える。一方、全4チームが決勝トーナメントに勝ち進んだスペイン勢は、レアル・マドリードを除く3チームが2位通過。バルセロナは過去13シーズン連続で達成していた1位通過を逃し、決勝トーナメント1回戦ではバイエルンマンチェスター・Cリヴァプールパリ・サンジェルマンといった優勝候補と激突する可能性がある。

    ◆■無敗チームは?

    グループステージを無敗で終えたのは4チームバイエルン(5勝1分け)、マンチェスター・C(5勝1分け)、チェルシー(4勝2分け)、そしてラツィオ(2勝4分け)だ。12年ぶりのCL本戦出場を果たしたラツィオは、ドルトムントに次ぐ2位でグループステージを突破。CLの決勝トーナメントに勝ち進むのは、19992000シーズン以来21季ぶりとなる。シモーネ・インザーギ監督は準々決勝まで勝ち進んだ当時、選手としてこの大舞台に立っており、指揮官としても上位進出を狙う。

    ◆■最多得点・最小失点チームは?

    グループステージで最も多くの得点を奪ったのはバイエルン。6試合で24ゴールを記録した昨季ほどではないが、今大会も参加32チーム中最多となる18ゴールマークした。堅守を誇るアトレティコ相手にホームで4-0の勝利を挙げるなど、圧倒的な得点力は今季も健在だ。一方、最少失点チームに輝いたのはマンチェスター・C。6試合で1失点しか許さず、イングランド勢では史上4チーム目となる快挙を成し遂げた。対戦相手に恵まれたとも言えるが、安定した守備で悲願の欧州制覇を目指す。

    ◆■得点ランクアシストランクトップは?

    得点王争いは混戦模様だ。6ゴールで首位タイに並ぶのは、ネイマールパリ・サンジェルマン)、アルバロ・モラタ(パリ・サンジェルマン)、アーリング・ハーランドドルトムント)、マーカス・ラッシュフォードマンチェスター・U)の4人。オリヴィエ・ジルーチェルシー)、チーロ・インモービレ(ラツィオ)、アラサン・プレア(ボルシアMG)の3人が5ゴールで続く。一方、アシストランキングトップに立つのはフアン・クアドラード(ユヴェントス)。コロンビア代表FWは、ケヴィン・デ・ブライネマンチェスター・C/4ゴール)らを上回る5アシストを記録している。

    ◆■16歳でCLデビュー

    欧州最高峰の舞台で10代が活躍するのは今や珍しいことではない。ただ16歳でCLデビューとなれば、話は違ってくるだろう。9日に行われた第6節ゼニト戦では、ドルトムントのFWユスファ・ムココが途中から出場し、16歳18日というCL史上最年少でのデビューを果たした。カメルーン出身、現在U-20ドイツ代表としてプレーする同選手は、日本で言えば“高校2年生”になる。なお、CL史上最年少得点記録は昨季、バルセロナのアンス・ファティが樹立した17歳40日。決勝トーナメントで、新たな神童が記録更新を成し遂げるのか、注目が集まる。

    ◆■PK得点数が急増

    今大会のグループステージは全96試合で289ゴールが生まれたが、そのうちPKでの得点が「47」を数えるという。これはCL史上最多で、同大会における1シーズンのPK得点記録をすでに「10」以上も上回っているそうだ。VAR(ビデオアシスタント・レフェリー)の導入だけでなく、ハンドの基準が変わったことがPK得点数の増加に影響していると考えられ、UEFA欧州サッカー連盟)からFIFA国際サッカー連盟)に対してはルール見直しの要請が出たほどだ。いずれにせよ今大会は現行ルールのまま開催される可能性が高く、決勝トーナメントではPKが勝負の行方を左右するシーンが多くなるかもしれない。

    (記事/Footmedia

    CLグループステージを8つのトピックで振り返る [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】決勝T進出16チームが決定…グループステージを8つのトピックで振り返る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 portal.st-img.jp)



    チャンピオンズリーグ(CL)からの敗退が決定したインテルだが、アントニオ・コンテ監督はまたしても不名誉なデータを作ってしまった。

    インテルは9日、CLグループB最終節でシャフタール・ドネツクをホームに迎えた。勝てばグループステージ突破も見えてくる中、試合は0-0のゴールレスドロー。その結果、グループ最下位での敗退となった。

    インテルは2年連続でのグループステージ敗退となったが、最下位で敗退したのは史上初の出来事。CLでは全く結果を残せないと言われているコンテ監督にとっては、また1つ不名誉な記録となった。

    また、直近のCL15試合でたった3勝しかできていないデータも。今シーズンは1勝3分け2敗、昨シーズンは2勝1分け3敗。チェルシー時代の2017-18シーズンはラウンド16に進出も、バルセロナに敗れていた。

    CLでの通算成績は34試合で12勝11分け11敗とほぼ五分の成績であり、ユベントス時代の2012-13シーズンベスト8が最高成績となっている。

    リーグタイトルは何度も獲得しているコンテ監督だが、CLの舞台では苦しんでいるようだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】コンテではCL勝てない? インテル初の最下位敗退、直近15試合でたった3勝】の続きを読む

    このページのトップヘ