Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)



    (出典 www.football-zone.net)



    レアル戦で肩の靭帯負傷も公式SNSで無事をアピール

     現地時間26日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝でレアル・マドリードが前人未到の3連覇を達成した一方、大きなアクシデントとなってしまったのはリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーの負傷退場だ。肩の靭帯負傷という全治が不明な状況だが、サラーは自身のインスタグラムで「ワールドカップに間に合うはずだ」と、来月の大舞台での復帰を目指すと前を向いている。

     サラーに悲劇が襲ったのは、前半25分のこと。爆発的なスピードでドリブル突破を仕掛けようとしたところ、レアルのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがマークに入り、腕が絡まり合う。この状況でサラーは巻き込まれるような形でピッチへと叩きつけられ、左肩を負傷。一度はプレーに復帰したものの、サラーは激痛に耐えられず涙ながらにピッチを去った。

     ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールにとって13年ぶりの欧州王座が遠のく要因になったと同時に、来月開催のロシア・ワールドカップ(W杯)への出場が疑問視される状況となってしまった。特に厳しい論調で攻め立てているのはサラーの母国エジプトメディアで、ラモスを“壊し屋”扱いするなどスペイン代表DFへの憎悪が広がるなか、サラーはポジティブな気持ちを保ち続けている。

    「それはとてもタフな夜になってしまったけど、僕はファイターだ。苦難をものともせずに、僕は皆さんすべての誇りとともにロシアにいることを確信している。皆さんの愛情とサポートが強さとなるんだ!」

     開幕まで3週間を切った段階でも、初の夢舞台に間に合わせると宣言した。28年ぶりに本大会出場を果たしたエジプトにとって、絶対的エースであるサラーがいるかいないかでは、戦力に大きな違いが出る。プレミアリーグ得点王に輝くなど一躍スターダムに上り詰めた“エジプト王”は、奇跡的な回復を見せられるだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    CL決勝で負傷したサラー、全治不明もW杯の出場諦めず【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【悲痛】CL決勝で負傷のサラー、全治不明もW杯出場諦めず 「ロシアにいると確信している」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



     レアル・マドリードが27日、地元マドリードにてファンへチャンピオンズリーグ(CL)の優勝パレードと、マドリード自治州政府などに優勝報告を行なった。28日、クラブ公式HPにてフロレンティーノ・ペレス会長、主将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスのコメントを掲載した。

     監督・コーチ、ペレス会長らクラブ幹部らはアルムデナ大聖堂、マドリード自治州政府、市役所へトロフィーとともに訪問。一連のルートの途中には何百万人というファンが詰めかけ、優勝パレードが開催された。最初に訪問した大聖堂でペレス会長は「このレアル・マドリードは偉大なるファミリーで、その価値観は成功を希求する原動力になっている。ここにいる選手たちはチームワークの精神と目標達成の努力により誰もが不可能と思っていたチャンピオンズリーグ3連覇を達成した」と報告した。

     次にマドリード自治州政府本部へ訪問。選手を代表してS・ラモスが「支えてくれる皆にありがとうと言いたい。このチームは誇りと野望を持っていることを証明し、勝利に飽きることがない。それが成功のカギになっている」とコメント。感謝の意を述べた。

     市役所へ優勝報告を行ない、最後にペレス会長が「このクラブは永遠で、ここにいる選手たち、この監督は伝説。彼らは現代サッカーで最も偉大な一時代の主役を務めている。我々は初めて同じ年にサッカーとバスケットでそれぞれ欧州チャンピオンになった。2つの伝説は、もちろんこの素晴らしい都市マドリードのものだ」と挨拶。レアル・マドリードは、20日にバスケットボールチームでも欧州王者に輝いており、両チームの健闘を称えて報告会を締めくくった。

    優勝パレードに参加したセルヒオ・ラモス [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL3連覇】レアル、地元でCL優勝パレードを開催…主将のS・ラモス「不可能を可能にした」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     26日に行われたリヴァプール(イングランド)とのチャンピオンズリーグ(CL)決勝で、オーバーヘッドによるスーパーゴールを決めたレアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイル。その“すごさ”を、28日付のイギリス紙『デイリーメール』が数字を用いながら解説している。

     レアル・マドリードはリヴァプールを3-1で破り、前人未到のCL3連覇を達成した。61分から途中出場を果たしたベイルは、わずか3分後に決勝点となるスーパーゴールを記録。ブラジル代表DFマルセロのクロスに反応すると、ペナルティーエリア中央からオーバーヘッドシュートを叩き込んだ。

     同紙によると、ベイルのオーバーヘッドは16本のパスを繋いだ末に生まれたものだという。同選手もパス回しに関与しており、途中出場から7回目のボールタッチで驚異的なゴールを決めたそうだ。

     また、オーバーヘッドを放った瞬間、ベイルの左足は地上から198センチメートルの高さに達していたという。放たれたシュートはゴールラインまで約14メートルの距離を時速61キロメートルの速さで飛んでいき、ドイツ人GKロリス・カリウスの守るゴールを破ったと、同紙は伝えている。

     CL決勝という大舞台で生まれたスーパーゴールについて、サッカー界のレジェンドたちも賛辞を惜しまない。リヴァプールOBの元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラード氏は「全員に衝撃を与えた。100万回に1回くらいの素晴らしいゴールで、私だったらトライさえしない」と感嘆。元同代表DFのリオ・ファーディナンド氏も「彼のやった事は違法だ」と、独特な表現で同選手を称えた。

     なお、4月3日に行われたCL準々決勝ファーストレグのユヴェントス(イタリア)戦では、同僚のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが見事なオーバーヘッドを決めて話題となった。奇しくも、2つのゴールは同じ64分に生まれている。データ会社『Opta』によると、C・ロナウドのゴールは「63分03秒」に、ベイルのゴールは「63分1秒」に記録されたという。

     偶然の一致とはいえ、チームメイト同士がほぼ同じ時間にオーバーヘッドからゴールを決める。3年連続で“欧州王者”に輝いた彼らにしかできない芸当だったと言えるのではないだろうか。

    (記事/Footmedia)

    CL決勝でオーバーヘッド弾を決めたベイル [写真]=UEFA via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】ベイルのオーバーヘッド弾、数字が示す“すごさ”とは?…】の続きを読む



    (出典 img.qoly.jp)



    サラーとの接触後の後半4分、ゴール前に飛び込んでリバプールGKカリウスの顔面痛打

     レアル・マドリードとリバプールが激突した26日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝は、レアルが3-1で制して大会3連覇を果たした。ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの超絶オーバーヘッド弾、エジプト代表FWモハメド・サラーの涙の負傷交代、ドイツ人GKロリス・カリウスの衝撃ミスと話題満載だったが、レアル主将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスのプレーが物議を醸している。

     前人未到の3連覇を達成したレアルだが、ある“物言い”が拡大している。

     前半25分、ドリブル突破したサラーをレアルのDFラモスが止めようと球際で競った際、お互いの腕が絡みながら転倒。サラーは左肩からピッチに思い切り打ち付けられ、悶絶しながらも一度プレーに復帰したものの、再びピッチに座り込んで交代を余儀なくされた。

     試合は後半6分、リバプールGKカリウスのスローミスをレアルの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが押し込んで先制。その後、一度は1-1のタイとなったが、途中出場のベイルが超絶オーバーヘッド弾と無回転ミドルで試合を決定づけ、レアルが3-1と勝利した。

     しかし、先制点が生まれる直前に“疑惑のプレー”があったという。衛星放送「FOXスポーツ」アルゼンチン版公式ツイッターは、後半4分のシーンを動画で公開。レアルが左サイドから崩してベンゼマが中央にマイナスのクロスを上げるも、DFに当たってチャンスを逃した際、ゴール前に駆け込んだラモスがGKカリウスと交錯している。リバプールの選手の足がかかって倒れたようにも見えるが、ラモスの右肘がカリウスの顔面を直撃しており、リバプールの守護神は思わぬ一撃を受けてピッチに倒れ込んだ。


    激しい“ラフプレー”に「柔道」の声も

     この2分後に、カリウスのスローミスが生まれており、同局は公式ツイッターで、「セルヒオ・ラモスが物議を醸す:サラーが負傷したプレーの後、レアル・マドリードのキャプテンはロリス・カリウスと接触して顔面を攻撃した。奇しくも、最初のゴールが生まれる2分前だ」と綴った。

     投稿のコメント欄には、ファンからの辛辣なコメントが並んでいる。

    「もはやクーデター」
    「暴力的で汚い臆病者」
    「ラモスは狡猾な狐だ」
    「ファラオ(サラー)を不誠実に傷つけた」
    「刑務所行きにしてもいい」

     また、データ分析会社「オプタ」も公式ツイッターで、「審判は今夜の前半、セルヒオ・ラモスに対して1度もファウルを取らなかった」とサラーが負傷した瞬間の写真とともに投稿し、その激しいプレーを「柔道」と表現した。

     3連覇の偉業が達成されたなかで浮上した、“物言い”が反響を呼んでいる。


    (Football ZONE web編集部)

    CL決勝でのセルヒオ・ラモスのプレーが物議を醸している【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】レアル主将ラモスに“疑惑”浮上 相手GKの顔面痛打に非難殺到「クーデター」「臆病者」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    サラー、フィルミーノ、マネの“トリデンテ”が全員大会10ゴールを記録

     リバプールは現地時間26日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝でレアル・マドリードに1-3で敗戦。13季ぶりのビッグイヤー獲得は叶わなかったが、その圧倒的な破壊力は大会に強烈なインパクトを残した。エジプト代表FWモハメド・サラー、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、セネガル代表FWサディオ・マネと三人が二桁得点(いずれも10得点)という史上初の大会記録を残した。

     決勝にたどり着いた時点でサラーとフィルミーノが10点、マネが9得点。チームの上位3選手の合計得点は2013-14シーズンのレアル・マドリード(クリスティアーノ・ロナウド、ギャレス・ベイル、カリム・ベンゼマで28得点)を上回る大会記録を打ち立てていた。

     そして、この試合ではマネが一時同点となるゴールをマーク。これで3トップが揃って二桁得点を達成した。

     ちなみに、マネはこれがCL通算11試合目の出場で10得点。データ分析会社「オプタ」によれば、同僚のフィルミーノとインテルなどで活躍した元ブラジル代表FWアドリアーノに並ぶ大会最速での二桁達成となった。

     プレミアリーグ得点王に輝いたサラーが際立った注目を集めるなか、ともに“トリデンテ”を形成する二人もクラブ史に残るセンセーションな活躍だったことは間違いない。


    (Football ZONE web編集部)

    リバプールの強力3トップが快挙!(左から)サラー、マネ、フィルミーノ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】リバプールの強力3トップが快挙 史上初の3人二桁得点、マネが大会最速記録をマーク】の続きを読む

    このページのトップヘ