Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)



    (出典 www.football-zone.net)



    CLユナイテッド戦でスーパーゴールを決め、腹筋を見せる独特のセレブレーションを披露

     イタリア王者ユベントスは現地時間7日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節でマンチェスター・ユナイテッドに1-2で敗れた。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが挙げた先制点を生かせず、悔しい逆転負けとなったがCL公式インスタグラムロナウドゴールパフォーマンスで見せた“腹筋誇示”の瞬間を公開。「美しきシックスパック」「想像を絶する男」と反響を呼んでいる。

     ロナウドは0-0で迎えた後半20分、試合の均衡を破るスーパーゴールを見せた。ハーフウェーライン付近からユベントス最終ラインイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが前線へロングパスを供給すると、ペナルティーエリア内に走り込んだロナウドは落下地点をいち早く察知。トップスピードで走りながら背後からのボールダイレクトで合わせ、強烈な一撃をユナイテッドゴールに突き刺した。

     これにはユナイテッドスペイン代表GKダビド・デ・ヘアも全く反応できず。ロナウドユベントス移籍後初となるCLでのゴールで、得点後にはユニフォームをまくり、自慢のシックスパックを披露するセレブレーションで笑顔を見せた。

     CL公式インスタグラムはこの“腹筋誇示”の決定的瞬間を収めた写真を公開。まくり上げたユニフォームの下には、綺麗に6つに割れた筋肉隆々の腹筋がのぞいている。その背後には、フランス代表MFブレーズ・マテュイディが爆笑している姿が映っており、“笑撃”の絵文字を添えている。

     投稿は公開から9時間で「いいね」が160万、コメントも1万1000件を突破。ファンからの感嘆の声で埋め尽くされている。

    「なんて肉体だ」
    「美しきシックスパック」
    ロナウドのような腹筋がほしい」
    「想像を絶する男」
    「彫刻のようだ」
    「彼はマシンだ」

     ユベントスはその後2点を献上してユナイテッドに逆転負けを喫したが、ロナウドスーパーゴールとともに自慢のシックスパックが大きな注目を集めている。


    Football ZONE web編集部)

    ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】C・ロナウドは「彫刻のようだ」 歓喜の“腹筋誇示ショット”に反響「想像を絶する」】の続きを読む



    (出典 sport-japanese.com)



    古巣相手の超絶ボレー弾で称賛浴びる

     海外サッカーイタリア1部ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが古巣を相手に衝撃のゴラッソを叩き込んだ。現地時間7日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節、マンチェスター・ユナイテッド戦で背後からのロングパスを、そのままボレーで叩き込む離れ業を披露。チームは1-2で逆転負けを喫したが、半端ない一撃に英放送局は「素晴らしいゴール」と拍手を送っている。

     こんな離れ業ができる選手はそうそういない。ロナウドが古巣相手にスーパーな一撃だ。後半の20分。ユベントスイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチがハーフライン付近から、前線へロングパスを送った。この正確なボールの行き先は、エリア内に走り込んだロナウドスピードを落とすことなく、後方からのボールダイレクトボレー。強烈な一撃をゴールネットに突き刺した。

     技術の凝縮された一撃を、英放送局「BBCスポーツ」も「クリスティアーノ・ロナウドは故郷相手に素晴らしいボレーシュートを決めた」と称えている。

    レオナルド・ボヌッチが後方からロングパスを入れ、肩の上から来るボールを見続けながらダビド・デ・ヘアが守るゴールに見事なボレーシュートを叩きこんだ」

     しかし逆転負けを喫したことで、「いつも起こるように、ロナウドが古巣のマンチェスター・ユナイテッド相手にユベントス移籍後のCL初ゴールマークしたが試合に勝利する事はできなかった」と伝えている。(THE ANSWER編集部)

    ユベントスでCL初ゴールを決めたクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【欧州CL】やっぱり半端ないC.ロナウド、後ろ向きのボールを…衝撃弾に英BBC称賛「素晴らしい」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



     マンチェスター・Uスペイン代表MFフアン・マタが試合を振り返り、裏話を明かした。イギリスサッカー誌『FourFourTwo』が8日に伝えている。

     マンチェスター・Uは、7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節でユヴェントスと対戦。0-1とビハインドのまま迎えた終盤、フランス代表MFポール・ポグバが倒されてフリーキックを獲得。これをマタが直接沈め、同点に追いつく。その後、オウンゴールで逆転に成功。劇的な勝利を収めた。

     マタは同点弾となるフリーキックを蹴る前に、イングランド代表DFアシュリーヤングとのやり取りがあったことを明かした。

    フリーキックを獲得した時、自分が蹴らなければいけないと感じた。ヤングに『僕に蹴らせてくれ。壁を越えるようなボールを蹴るから』と伝えたんだ。キーパーにとって難しい状況だったと思う。壁で見えなかったからね。だから、僕は何度も練習したプレーをやってみせたんだ。同点に追いつくことが重要だった」

    素晴らしいチームを相手に最高のスタジアムと雰囲気のなかで試合をすることは難しいことだったが、2本のフリーキックを最大限に利用できた。試合後には、とてもポジティブな気分になれたよ」

    ユヴェントス戦で同点ゴールを記録したマンUのマタ [写真]=LightRocket via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【欧州CL】マンUのマタが明かす裏話…FKの前、同僚DFに「僕に蹴らせてくれ」】の続きを読む



    (出典 wired.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/08(木) 11:46:03.26 ID:CAP_USER9.net

    国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティノ会長は7日、構想中の欧州スーパーリーグに出場した選手をワールドカップ(W杯)などの大会から除外する可能性があると警告した。

    先週、ドイツメディアによりスペイン1部レアル・マドリードやイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(マンU)などが、欧州の強豪16チームによるスーパーリーグを立ち上げ、欧州チャンピオンズリーグ(CL)に置き換える構想があるとレポートされた。

    インファンティノ会長は「サッカーを保護し、クラブや世界のサッカー界にとって有益な解決策を考え出すことは、私たちの責任だ」と述べ、24チームへの拡大が検討されているクラブW杯がその回答であると述べた。

    欧州スーパーリーグ構想に含まれているクラブの所属選手には、アルゼンチン代表リオネル・メッシやブラジル代表ネイマール、フランス代表キリアン・エムバペ、ポルトガル代表クリスティアノ・ロナルドら有力選手が含まれている。

    11/8(木) 9:05配信 ロイター通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000024-reut-spo

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【海外サッカー】<FIFA会長>欧州スーパーリーグ出場選手をW杯から除外する可能性があると警告!】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     レアル・マドリードに所属するフランス人FWカリム・ベンゼマが、同クラブ加入後の通算得点数を「201」に伸ばした。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

     ベンゼマは7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節のヴィクトリア・プルゼニ(チェコ)戦で2得点を記録。5-0での快勝に貢献した。レアル・マドリードの公式HPによると、加入後の公式戦通算得点数が「201」に。200得点の大台を突破したのはクラブ歴代7人目の快挙だという。

     レアル・マドリードでの通算200得点突破にあたってベンゼマは「歴史を作るためにサッカーをしている。自分がピッチでやっていることが人々に理解されないこともある。でも、自分はチームメイト助けて全力を尽くすために存在しているんだ。大事なのはタイトルを獲ることだよ。ゴールは非常に多くなっているし、とても誇りに思う」と語っている。

     なおレアル・マドリードでの通算得点数トップは現ユヴェントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドで、451得点。元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏(323得点)、元アルゼンチン代表FWアルフレッド・ディ・ステファノ氏(308得点)と続いている。歴代6位は元メキシコ代表FWウーゴ・サンチェス氏が記録した208得点で、ベンゼマは同氏の記録まで7得点と迫っている。

     ベンゼマは現在30歳。2009年夏にリヨンからレアル・マドリードへ移籍し、今シーズンで加入10年目を迎えている。今シーズンリーガ・エスパニョーラ開幕全11試合に出場してチームトップの4得点を記録。CLでは第4節を終えて全4試合に出場し、3得点を挙げている。

    ヴィクトリア・プルゼニ戦で2得点を挙げたベンゼマ [写真]=Real Madrid via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【欧州CL】ベンゼマ、レアル通算200得点突破! 史上7人目の快挙「誇りに思う」】の続きを読む

    このページのトップヘ