Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)



    (出典 replogg.com)



    5チームが進出しているプレミア勢 ウィリアン、マネ、デ・ヘアら7選手が名を連ねる

     先週から今週にかけて欧州最高峰の舞台UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦の第1戦が行われ、チェルシー対バルセロナやレアル・マドリード対パリ・サンジェルマン(PSG)など、ビッグクラブ同士の激しいバトルが繰り広げられた。その第1戦のパフォーマンスをもとにした「CLベストイレブン」を、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」英国版が選出。セビージャ戦でビッグセーブを連発したマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアなど、各国代表選手が名を連ねた。

     2週にわたって行われたCLベスト16第1戦の全8試合の中から選出された今回のベストイレブン。システムには「4-2-3-1」が採用され、各試合でインパクトを残した選手たちが選ばれた。

     GKはユナイテッドの守護神デ・ヘア。セビージャとの敵地での一戦では二度のビッグセーブでチームのピンチを救うなど好守を連発して、0-0の無失点試合に大きく貢献したことが評価された。

     最終ラインは4人。右サイドバックにはバーゼル戦(4-0)で非凡なプレーを見せたマンチェスター・シティのイングランド代表DFカイル・ウォーカー、右のセンターバックにはユベントス相手に敵地で2-2と奮闘したトットナムからベルギー代表DFヤン・フェルトンゲンが入り、プレミアコンビが選ばれた。

     一方、左のセンターバックにはユナイテッド戦で強力な攻撃陣を零封したセビージャのフランス人DFクレマン・ラングレ、左のサイドバックにはPSG戦でダメ押しの3点目を決めたレアルのブラジル代表DFマルセロが入り、こちらはリーガ・エスパニョーラのコンビとなった。

    CFは10試合7ゴールと絶好調のミュラー

     2ボランチの一角にはバーゼル戦で2ゴールを奪い、チームの大勝に大きく貢献したシティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンを選出。もう一人は、ローマ戦で決勝ゴールを決めたシャフタールのブラジル代表MFフレッジが選ばれた。

     3人が並ぶ2列目は、右のアタッカーにバルセロナ戦で殊勲のゴールを挙げたチェルシーのブラジル代表MFウィリアン、中央には敵地ユベントス戦で貴重な同点ゴールを決めたトットナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが名を連ねた。そして左のアタッカーには、日本代表とロシア・ワールドカップで対戦するリバプールのセネガル代表FWサディオ・マネを選出。ポルト戦でのハットトリック達成が大きく評価された。

     この錚々たる顔ぶれが並ぶベストイレブンで、センターフォワードの座に入ったのはバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーだ。直近10試合で7得点と決定力を発揮しているミュラーは、ベジクタシュとの一戦でも2ゴールをマーク。ベスト8進出へ大きなアドバンテージとなる5-0大勝に貢献した。

     今回のベストイレブンには、ベスト16に5チームが出場し2勝3分と負けなかったイングランド勢から最多7人を選出。スペイン勢が2人と続き、ドイツとウクライナからそれぞれ1人となった。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

    「CL16強第1戦ベスト11」を海外メディア選出 “2勝3分”のプレミア勢から最多7人


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「CL16強第1戦ベスト11」を海外メディア選出…】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



     レアル・マドリードは20日、ブラジル代表DFマルセロとクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、ともに右足大腿二頭筋の負傷と診断されたことを発表した。

     マルセロは18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第24節のベティス戦で負傷。同選手は先発メンバーに名を連ねたが、30分にU-21フランス代表DFテオ・エルナンデスとの交代を余儀なくされた。

     またモドリッチは今月14日に行われたパリ・サンジェルマン(PSG/フランス)とのチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグでフル出場を果たしたものの、4日後のベティス戦ではベンチスタートで出場機会を得ていなかった。スペイン紙『マルカ』によると、同選手は20日のトレーニングを欠席。検査を受けたという。

     同紙によれば、ジネディーヌ・ジダン監督はモドリッチについて「彼はトレーニングをしていない。できるだけ早く回復することだけを考えている」とコメントしている。

     レアル・マドリードは今月10日のリーガ・エスパニョーラ第23節レアル・ソシエダ戦から来月10日の第28節エイバル戦まで、29日間で9試合を戦う過密日程の最中にある。21日の第16節延期分レガネス戦を終えると、24日にアラベス、27日にエスパニョールと対戦。来月3日にヘタフェをホームに迎えた後、6日にパリ・サンジェルマンとのCL決勝トーナメント1回戦セカンドレグに臨む。

     ドイツ代表MFトニ・クロースに続き、マルセロとモドリッチも離脱を強いられることとなったレアル・マドリード。パリ・サンジェルマンとのアウェイゲームを控える中、負傷選手たちの一日も早い復帰が待たれる。

    負傷離脱を強いられることとなったマルセロ(左)とモドリッチ(右) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】レアル、マルセロとモドリッチの診断結果を発表…PSG戦に間に合うか!?】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     指揮官は、間尺に合わない。パリ・サンジェルマン(PSG)のウナイ・エメリ監督を見ているとつくづくそう思う。高額な収入を手にしているとはいえ、勝利しても、世界記録でブラジル代表FWネイマールを獲得した金満クラブであり、「あれだけの陣容だから勝って当たり前」と囁かれ、負ければ「スター選手、タレントの活かし方を知らない」と断罪される。欧州屈指のビッククラブを指揮しているのだから、彼が有能であることは疑いの余地はない。ましてや何の縁のゆかりもないPSGに招へいされたのは、実力を買われたからである。

     だが、エメリ監督と「成功」という明るいイメージは結びつかない。

     2006-2007シーズンに2部にいたアルメリアをクラブ史上初めて1部に昇格させ、翌シーズンは1部で8位という十分すぎる戦績をおさめた。その手腕を買われ、08-09シーズンからバレンシアの監督に就任した。財政難だったこともあり、(スペイン代表FWダビド・)ビジャ、(同代表MFダビド・)シルバ、(同代表MFフアン・)マタら主軸を売却しなければならなかったが、見事な采配でバレンシアに3シーズン連続でチャンピオンズリーグ(CL)出場権をもたらした。文句のつけようがない戦績だったが、チームの経営状況がどうであろうと過去の栄光を忘れられない本拠地メスタージャのスタンドはタイトルをもたらせない指揮官に満足せず、追われるように退団した。スパルタク・モスクワでは、1年目の11月に成績不振で解任された。背水の陣となったセビージャではヨーロッパリーグ3連覇に導くなど立派な結果を残して、花の都に栄転した。

     名将への階段を登っていたエメリ監督に決定的なケチがついたのは、昨シーズンだ。CL決勝トーナメント1回戦だった。バルセロナに4-0とホームで勝利し、準々決勝への勝ち抜けを決めたかに思えたが、セカンドレグで1-6という歴史に残る大逆転負けを喫した。バルセロナサポーターにとって、記録にも記憶にも残る日となり、反対側のベンチに座っていたスペイン人指揮官の采配は徹底的に批評され、嘲笑された。2012年に出版した「勝者のメンタリティー・エメリのメソッド」と題名のついた本は、フットボールファンやSNS上で格好のネタとなった。

     ゆえにエメリにとってレアル・マドリード戦は、「敗者」のレッテルをはがす絶好の機会だった。

     PSGは昨シーズンに続き、CL決勝トーナメント1回戦で、スペインのチームと対戦した。バルセロニスタは、エメリ監督が仮に勝てば「あのPSGに、負けたのか」とライバルを馬鹿にし、嘲ることに変わりないだろうが、指揮官にとってバルセロナ戦で着せられた汚名を晴らすには、十分な相手だ。スペイン国内のエメリに対するイメージも変わるかもしれない1戦だったが、試合後にバスク人は、またも采配ミスを地元メディアから指摘される結果となってしまった。

     大きな疑問符がついたのは、アルゼンチン代表MFジオヴァニ・ロ・チェルソの先発起用だ。負傷明けだが、チームの支柱であるイタリア代表MFチアゴ・モッタではなく、アルゼンチン人MFが配置されたのだ。しかし、彼はボールを失うだけでなく、前半終了間際という細心の注意を払わなければいけない時間帯に、しかもビックマッチで、幼稚としか言いようがないファウルを犯して、PKを与えた。

     敗者の宿命とはいえ、エメリ監督の采配には疑問符が尽きなかった。

     66分、得点を奪うことにはかけてネイマールやフランス代表FWキリアン・ムバペより能力の高いウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニをベンチに下げた。今シーズン好調で、かつて在籍していたレアル・マドリードを熟知しているアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアを1分も起用しなかった。

     エメリ監督は、またも戦犯の筆頭として名が挙がってしまった。一方、勝者だから当然なのだが、ジネディーヌ・ジダン監督の采配を称える声は大きい。

     レアル・マドリードは、リーガ・エスパニョーラで首位と17ポイント差、コパ・デル・レイ敗退と、今シーズンの残すタイトルはCLだけ。レアル・マドリード寄りのメディアである『マルカ』と『アス』は、2月に入ってから2週間先にあるゲームに関して報道を始めていた。それほどマドリディスタにとって期待と不安が大きかったゲームで、フランス人指揮官の采配が見事にはまった。

     とくに79分のスペイン代表MFマルコ・アセンシオと同代表FWルーカス・バスケスの投入だ。アセンシオは2アシストし、「彼の才能はレアル・マドリードの現在と未来であり、ムバペよりも偉大だ。もっと起用すべきだ」という声が挙がるほどだった。コンディションが整わないブラジル代表MFカゼミーロを引っ張り過ぎたという厳しい声もあるが、投入した選手が2アシストをしたのだから、結果的に文句がつけようがないジダン監督の采配だった。エメリ監督とは対照的である。

     CL決勝トーナメント1回戦でもっとも注目を集めるカードのファーストレグは、3-1でレアル・マドリードが勝利した。地元ラジオの討論番組で「決着がついた」というマドリード寄りの記者もいれば、「まだ結果は分からない」と応じる記者もいる。どちらにしろ、ゲームはまだ90分残っている。エメリ監督は自身にまとわりつく「負のイメージ」を払拭できるだろうか。

    文=座間健司

    PSGを率いるエメリ監督 [写真]=VI Images via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】またもミスを犯したエメリ監督…名誉挽回のチャンスはあと1度…】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    PSG戦の2ゴールで通算得点数を116へ CL出場クラブでこれを上回るのは48クラブのみ

     レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間14日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦パリ・サンジェルマン(PSG)戦で殊勲の2ゴールを挙げ、3-1の逆転勝利に貢献した。これで自身のCL通算ゴール数は116となったが、CL出場クラブでロナウドの通算ゴール数を上回るのはわずか48クラブで、463クラブはそれを下回っているという。スペイン紙「AS」が伝えている。

     ロナウドはPSG戦の前半終了間際にPKで同点ゴールを奪うと、後半36分にはスペイン代表MFマルコ・アセンシオのクロスを相手GKが触れたところに詰めて決勝点をゲット。重圧に負けないメンタルの強さ、ポジショニングの巧さを発揮した。

     これでレアルで決めたCL通算ゴールを101としたロナウド。マンチェスター・ユナイテッド時代を合わせると116ゴールとなったわけだが、この数字はCL出場経験があるクラブと比べても圧倒的なものとなっている。1955年から始まった前身チャンピオンズカップから数えて、CLには計511のクラブが出場してきた。その中でロナウド以上にゴールを奪っているのは、歴代1位のレアル(929ゴール)、2位バイエルン(652ゴール)、3位バルセロナ(586ゴール)など48クラブだけだ。

     ロナウドと同ゴール数に並ぶのはFCコペンハーゲン(デンマーク)、クラブ・ブルージュ(ベルギー)、フェネルバフチェ(トルコ)という中堅国の名門クラブで、近年欧州の舞台で存在感を見せているマンチェスター・シティ(102ゴール)、ナポリ(60ゴール)といった強豪もロナウド以下となっている。この数字を見るだけでも、ロナウドが10年以上に渡って大舞台で得点を量産している凄みが伝わってくる。

     AS紙公開のCL通算ゴール数トップ10は以下の通り。

    1位 レアル・マドリード(スペイン) 929

    2位 バイエルン(ドイツ) 652

    3位 バルセロナ(スペイン) 586

    4位 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) 495

    5位 ACミラン(イタリア) 416

    6位 ユベントス(イタリア) 406

    7位 ベンフィカ(ポルトガル) 393

    8位 リバプール(イングランド) 356

    9位 ポルト(ポルトガル) 341

    10位 アーセナル(イングランド) 332

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

    C・ロナウド>463クラブ! 世界の強豪を上回るCL通算得点数「116」に海外紙が脚光


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】C・ロナウド>463クラブ! 世界の強豪を上回るCL通算得点数「116」!!】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



     14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、パリ・サンジェルマン(PSG)に3-1で先勝したレアル・マドリード。本拠地サンティアゴ・ベルナベウで迎えた大一番で、今大会最長の走行距離を記録したようだ。スペイン紙『マルカ』や『アス』が15日に伝えている。

     報道によると、レアル・マドリードはPSG戦で計123.644キロメートルの走行距離を記録したという。グループステージ終了時点での平均走行距離は107.938キロメートルだっただけに、PSG戦では実に15キロメートル以上も長く走っていたことになる。なお、グループステージで最も走行距離が長かったのは第6節のドルトムント戦で、114.790キロメートルだった。

     PSG戦で最も長い距離を走った選手はドイツ代表MFトニ・クロースで、13.362キロメートルを記録。チームで唯一、13キロメートルを突破した。続いて、同じく中盤を形成するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが12.003キロメートル。出場停止のスペイン代表DFダニエル・カルバハルに代わって右サイドバックで先発し、ブラジル代表FWネイマールと対峙したスペイン代表DFナチョ・フェルナンデスが11.492キロメートルで3位だった。

     また同紙によると、PSG戦で先発した全選手が今大会の平均値を上回る走行距離を記録したという。コスタリカ代表GKケイロル・ナバスも、今シーズンのCLで初めて4キロメートル以上を走った。

     今シーズンのリーガ・エスパニョーラでは思うような結果を出せず、特に後半のパフォーマンス低下が大きな課題だったレアル・マドリード。だが、PSG戦では90分にわたってインテンシティーを落とさず、終盤に逆転してみせた。サッカーはただ長く走れば良いスポーツではないが、史上初のCL3連覇を狙う王者の“本気”が見られた試合だったと言えるかもしれない。

     PSG戦でのレアル・マドリード各選手の走行距離(トータル:123.644キロメートル)は以下のとおり。

    1位:トニ・クロース(13.362キロメートル)
    2位:ルカ・モドリッチ(12.003キロメートル)
    3位:ナチョ・フェルナンデス(11.492キロメートル)
    4位:イスコ(11.491キロメートル/79分に交代)
    5位:セルヒオ・ラモス(11.385キロメートル)
    6位:ラファエル・ヴァラン(11.320キロメートル)
    7位:カゼミーロ(10.992キロメートル/79分に交代)
    8位:クリスティアーノ・ロナウド(10.749キロメートル)
    9位:マルセロ(10.574キロメートル)
    10位:カリム・ベンゼマ(9.404キロメートル/68分に交代)
    11位:ケイロル・ナバス(4.094キロメートル/GK)
    12位:ギャレス・ベイル(2.913キロメートル/68分から出場)
    13位:ルーカス・バスケス(2.036キロメートル/79分から出場)
    14位:マルコ・アセンシオ(1.829キロメートル/79分から出場)

    (記事/Footmedia)

    パリ・サンジェルマンを破ったレアル・マドリード [写真]=Icon Sport via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】レアル、PSG撃破の決め手はこれだった!】の続きを読む

    このページのトップヘ