Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



     レアル・マドリードに所属しているドイツ代表MFトニ・クロースが、ポッドキャスト『Einfach mal Luppen』内でかつてアルコールを過剰摂取し救急医を呼んだという仰天のエピソードを明かした。

     クロースがバイエルンプレーしていた2011-12シーズンチームチャンピオンズリーグ(CL)で決勝に進出した。チェルシーと対戦した決勝戦では、1-1の激闘の末にPK戦で敗れ、涙を飲んでいた。クロースの弟で現在はウニオン・ベルリンに所属しているドイツ人MFフェリックス・クロースは「僕たちは悔しさから酒を飲んでいたんだ。救急車が必要になるくらいにね」と話し、当時の兄が敗戦のショックから浴びるように酒を飲んでいたことを明かした。

     当時を振り返ったクロースは「良いことではなかったが、理由があるんだ。敗戦の痛みを和らげるためにはそれしか方法がなかった。これ以上体調を悪化させるわけにはいかないと思って、最終的には自分で救急医を呼ぶことになった」とコメント。CL決勝戦で敗北するショックの大きさを伝えている。

     その後は完全に断酒したというクロース。バイエルンは翌シーズンもCL決勝戦に進出し、ドルトムントを下してチェルシー戦のリベンジを達成。クロースはレアル・マドリード移籍後にはCL3連覇を経験している。

    2011-12シーズンのCL決勝ではバイエルンとチェルシーが対戦した [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】CL決勝敗北のショック…クロース、浴びるほど酒を飲んだ過去を激白】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    写真提供: Gettyimages

     17日、欧州サッカー連盟UEFA)は今シーズンチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)の試合日程を発表した。

     今シーズンのCLとELは新型コロナウイルスの影響により3月の試合を最後に中断している。そんな中、UEFAは今シーズンの残りの試合日程を発表した。

     ELは8月10日より準々決勝から決勝戦までの7試合がドイツで開催されることに模様。また、未消化となっているラウンド16のセカンドレグは8月5日と6日にクラブのスタジアムまたは中立で開催されるようだ。また、ファーストレグを消化してないインテル対ヘタフェ、セビージャローマは1試合のみでの決着となるようだ。

     CLは未消化となっているラウンド16のセカンドレグ、マンチェスター・シティレアル・マドリードバイエルン・ミュンヘンチェルシーユベントスリヨンバルセロナナポリの4試合は8月7日と8日に開催されるようだ。また開催地に関しては未定となっている。

     準々決勝からはポルトガルのリスボンでの開催となり、12日から23日までの12日間で決勝までを消化。また、ホームアンドアウェー方式ではなく中立開催となるため1試合のみでの開催となるようだ。

     また、決勝戦の会場は予定されていたトルコイスタンブールではなく、ベンフィカエスタディオ・ダ・ルスでの開催となる。

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】UEFA、今シーズンCL&EL試合日程を発表!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 football-action.info)



    ローンされていたベシクタシュからリヴァプールに戻ってきたドイツ人GKロリス・カリウス。

    Transfermarkt』のロングインタビューに応じた彼は様々な話題について語った。自身に対する批判については、こう述べたという。

    ロリス・カリウス

    「(パフォーマンスが評価される際、あまりに批判的だと感じることはあった?

    どんな理由であれ、自分は大騒ぎされてきた。

    異なる物事をどう解釈するかで極端になる場合がある。

    どういうわけか、CL決勝以降はそれを楽しんでいる(含み笑いしている)人々がいる。

    頭の怪我のせいでパフォーマンスが落ちたのに、いまだにそれを理解していなかったり、認めたがらない人間がいる。

    全く理解できないね」

    CL決勝でのその失点シーンがこれだ。

    最初の失点は、いま見てもショッキング…。ベイルシュートへのミスは動画32秒~。

    【関連記事】リヴァプール、2010年代の「ワーストイレブン」+サブ9名

    ただ、本人的には接触で頭部を負傷していたせいであり、それを理解しない人間がいることは理解できないと述べていたようだ。

    6/14(日) 5時00分~ 生中継!マジョルカ対バルセロナ

    「俺は叩かれすぎ」 カリウスが物申す


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「俺は叩かれすぎ」 カリウスが物申す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



    今年2月14日UEFAから「今後2年間ヨーロッパの大会に出場する権利を剥奪する」と言い渡されたマンチェスター・シティ

    理由はファイナンシャル・フェアプレーに関する重度の違反であると伝えられており、同時に2500万ポンド(およそ34.3億円)の罰金も言い渡されている。

    しかしマンチェスター・シティ側はそれに対して異議を唱え、のちにスポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴を行なっていた。

    今回『Sky』などが伝えたところによれば、スポーツ仲裁裁判所はUEFAマンチェスター・シティに対して3日間に渡るヒアリングを実施し、水曜日にそれが終了したとのこと。

    そしてこのあと、CASの仲裁人パネルであるルイ・ボティカ・サントス氏、ウルリッヒ・ハース氏、そしてアンドリューマクドゥガル氏の3名による審議が行なわれる予定となっている。

    その結果は2020年7月の前半に言い渡されるとのことで、その正確な日付についても今後発表されるそうだ。

    昨季はリヴァプールとのデッドヒートを制してプレミアリーグ優勝を果たしたマンチェスター・シティ。デ・ブライネがなかなか出場できないなか、ベルナルド・シウヴァらの再ブレイクもあって勝点を積み上げていった。

    ジョゼップ・グアルディオラ監督も2連覇に笑顔!

    【関連記事】シティにいたことが「忘れられかけている」10名のスター選手

    しかし、今季はリヴァプールにかなり大きな差をつけられ、さらに欧州の大会から追放されるという厳しい時間に。もし罰則が撤回されないのであれば、選手の流出もあり得るというが…。

    シティの「CL追放処分」、最終判断は7月発表に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】シティの「CL追放処分」、最終判断は7月発表に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 bookmaker-info.com)



    レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、チャンピオンズリーグ(CL)について語った。3日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

     同紙の取材に応じたS・ラモスは、自身にとって3度目のCL制覇となった2016-2017シーズンの決勝ユヴェントス戦に言及。カーディフで行われた同試合は4-1でレアル・マドリードが完勝を収めた試合だったが、同クラブのジネティーヌ・ジダン監督の采配がチームにとって大きな影響を与えたようだ。

    ユヴェントスとの決勝は、非常に難しい試合になると予想していた。ただ、先制点は我々の思惑通りに決まったんだ。自陣の深い位置まで相手を引き込んで、スピードのある選手でゴールを決める狙いがあったからね。(ダニエル・)カルバハルが素早く前線に走り出し、中央のクリスティアーノ・ロナウドにパスを出して得点が決まった」

    「しかし、(マリオ・)マンジュキッチのゴールも素晴らしかったね。信じられないほどのゴラッソで同点になった。彼のゴールに関して、我々にできることはほとんどなかったよ。胸トラップから並外れたオーバーヘッドが繰り出されたんだ」

    「前半は互いに慎重になっており、我々も積極的なプレーを控えていた。しかし1-1で折り返した後半、監督は前からプレッシャーをかけるようにチームに指示を出したんだ。すると、ユヴェントス陣内でのプレーが増えた。その勢いで相手を押し込み、後半3つのゴールを決めることができたんだ。監督は非常に良い解決策を提示してくれたと思っているよ」

     その翌シーズンも同大会で優勝し、史上最多の13度の優勝を誇るレアル・マドリード。果たして同クラブキャプテンであるS・ラモスは、今シーズン自身にとって5度目の“ビッグイヤー”を掲げることができるのだろうか。

    2016-17シーズンのCLで優勝を果たしトロフィーを掲げるS・ラモス [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】S・ラモス、ユーヴェに勝利した3年前のCL決勝を想起「監督が良い解決策を提示してくれた」】の続きを読む

    このページのトップヘ