Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)



    (出典 img.qoly.jp)



    ラモスが伊メディアで語る 「話もしたくないけど…」

     スペイン代表の不動のキャプテン、DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)は8年ぶりのワールドカップ(W杯)制覇へチームを引っ張る立場にあるが、先月26日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝リバプール戦(3-1)でエジプト代表FWモハメド・サラーを負傷退場に、GKロリス・カリウスを脳震盪に追い込んだとして“悪役”扱いされている。本人はイタリアのテレビ局「メディアセット」の取材に応え、故意ではなかったと強調している。

     セルヒオ・ラモスはCL決勝の前半25分に、ドリブル突破を仕掛けたサラーと交錯。この際に腕を巻き込み“脇固め”のような形となり、受け身の取れなかったサラーは左肩靭帯を損傷。涙ながらにピッチを去った。

     また後半開始早々にはレアルのセットプレーで、ラモスの肘がカリウスの頭に接触。この際にカリウスは脳震盪を起こし、その直後にスローイングミスからベンゼマに先制点を献上、そして試合を決定づけたFWギャレス・ベイルのミドルシュートの処理ミスが起きたとの声が挙がっている。

     サラーの母国エジプトを筆頭に世界中から非難が殺到しているラモスだが、このように話している。


    サラーともやり取り「状況は良くなっていると聞いた」

    「サラーのことについて関心が向きすぎている。もう話が広がりすぎているから話もしたくないけど、だけど君たちがプレーをよく見てもらえれば分かると思うんだけど、彼がまず僕の腕をつかんできたわけだし、僕は反対側に落ちたわけだからね。それは柔道だった、なんて言われているけど。付け加えるとGKは僕と衝突して、クラっときたとは言っていたけどね」

     決してレアルを優位に持ち込むため、故意にやったわけではないと強調した。「僕は彼とメッセージをやり取りして、状況は良くなっていると聞いたよ」とも話している。今回の負傷は当事者間では解決しているようだが、ラモスが外野の雑音を煩わしく思っているのは間違いない。


    (Football ZONE web編集部)

    CL決勝でのラフプレーが非難の対象となっているラモス【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL決勝】非難殺到のラモスが反論 サラーへの脇固め&カリウスとの接触は「故意でない」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    CL決勝の両チーム監督がポケモントレーナーに!? 選手たちを次々と“召喚”

     海外サッカー、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ではレアル・マドリードがリバプールを3-1で破り、前人未到の3連覇を達成した。リバプールFWモハメド・サラーを負傷交代に追いやったレアル・マドリードのDFセルヒオ・ラモスのラフプレーや、リバプールGKロリス・カリウスの衝撃ミスによる失点。レアルのFWギャレス・ベイルの見事なオーバーヘッド弾など見どころいっぱいの頂上決戦だった。

     記憶にも記録にも残りそうな、2017-18シーズンのファイナルから約1週間が経過。まだまだ余韻が冷めやらぬ中で、ある動画が話題を呼んでいる。決勝戦の激しいマッチアップの模様を、日本の人気ゲーム「ポケットモンスター」仕様に加工した“1分間のバトル動画”にはゲーム内のメッセージ風の字幕もつけられている。

     両軍のジダン監督、クロップ監督がそれぞれポケモントレーナーに扮して登場し、バトルがスタート。以下のように進んでいった。

    「ジダンがクロップと対峙!」

    「ジダンがラモスを召喚!」

    「クロップがサラーを召喚!」

    「ラモスが“IPPON”を発動!」

    「効果抜群…」

    「審判は何も見ていなかった」

    「サラーはKO」

    「ベイルは“ゴール・オブ・ザ・イヤー”を発動!」

     ラモスがサラーを負傷退場に追いやったシーンはこう表現。サラーの姿は動画内からも消えてしまった。その後も、試合経過に応じた展開で“ポケモンバトル”は進んでいった。

    「クリスティアーノ・ロナウドは消えた…」

    「ジダンはベイルを召喚!」

    「ベイルは“ゴール・オブ・ザ・イヤー”を発動!」

     最後はベイルの衝撃のオーバーヘッド弾で、“ポケモンバトル”に終止符を打ったのだった。

     この動画をアーセナルのFWピエール=エメリク・オーバメヤンも自身のインスタグラムで紹介。「何だよこれ」「面白すぎる」「これは見事だ」「試合のハイライトだね」などファンもコメント欄で大いに盛り上がっていた。

     世界の注目を集めたCL決勝。意外な形でもクローズアップされ、ますます忘れられない1戦になったはずだ。(THE ANSWER編集部)

    CL決勝の“ポケモンバトル動画”が話題となっている【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【話題】「面白過ぎる」「これは見事だ」 CL決勝の“ポケモンバトル動画”が話題沸騰…】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    CL決勝でラモスがサラーを倒し、左肩靱帯損傷で全治3週間の負傷

     レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、クラブのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に導く偉業を成し遂げたメンバーの一員となったが、現地時間26日に行われたリバプールとの決勝では、相手エースのエジプト代表FWモハメド・サラーを負傷退場させてしまった。この一件の反響は大きく、セルヒオ・ラモスは携帯電話の番号を変えざるを得なくなったとスペインのラジオ局「カデナ・コーペ」が伝えている。

     セルヒオ・ラモスが世界中を敵に回してしまったのは、CL決勝の前半25分のこと。サラーのドリブル突破を止めようと腕を絡めて止めようとしたところ、両者はそのままもつれ合い転倒。その際に腕を巻き込まれる形となったサラーは受け身が取れず左肩を痛め、涙をはばかることなくピッチを去ることになった。

     サラーはその後の検査で肩の靭帯の損傷と判明し、全治3週間ほどで復帰できることが判明した。ただリバプールの13年ぶりビッグイアー獲得が大きく遠のくともに、負傷の瞬間の痛がり方から、ロシア・ワールドカップ(W杯)出場すら危ぶまれると思われた。

     今季プレミアリーグ得点王で、W杯のメーンキャストになるはずだった“エジプト王”のサラーを負傷させたラモス。エジプト人弁護士が10億ユーロ(約1278億円)もの賠償金を求めて訴訟を起こし、欧州柔道連盟はツイッター上で“こんな危険なことは柔道でもしない”と発信するなど、大きな怒りを買ってしまうことになった。それは今も収まらず、ラモスの家族を含めてSNS上ばかりか、知らない電話番号から殺人の脅迫電話まで受ける事態にまで発展している。

     レアルと現地警察はこれを強く非難し、状況改善への努力を果たしているというが、その対策としてラモスは電話番号を変える羽目になってしまった。8年前の南アフリカ大会以来、二度目となるW杯優勝を目指すスペイン代表にとって、不動のキャプテンの周辺が騒がしいのはプラスとは言い難い状況だ。


    (Football ZONE web編集部)

    レアル主将ラモス、“殺害予告”で電話番号変更の事態【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】レアル主将ラモス、“殺害予告”で電話番号変更の事態 CL決勝のサラー負傷プレーで反感】の続きを読む



    (出典 www.realmadrid.com)



     UEFA(ヨーロッパサッカー連盟)は27日、UEFAテクニカル・オブザーバーが選出した2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ「トップ10ゴール」を発表した。『UEFA.com』が伝えている。

     1位に選ばれたのは、レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが準々決勝ファーストレグのユヴェントス戦で決めた得点。右サイドからのクロスに高い打点のオーバーヘッドを叩き込んだものだ。また、2位には同じく豪快なオーバーヘッドをCL決勝で決めたギャレス・ベイルのゴールが選出されている。

     UEFAは、準々決勝でのC・ロナウドのゴールは「素晴らしい技術と運動能力を見せつけた」と評価。また、ベイルのゴールについては「決勝での2-1の決定的なゴール。こちらも素晴らしいアクロバティックなフィニッシュ」と評した。

    ■2017-18シーズンのベストゴール・トップ10

    1位 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード/準々決勝ファーストレグ ユヴェントス戦)
    2位 ギャレス・ベイル(レアル・マドリード/決勝 リヴァプール戦)
    3位 ゴンサロ・イグアイン(ユヴェントス/決勝トーナメント1回戦ファーストレグ トッテナム戦)
    4位 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード/グループステージ第5節 ローマ戦)
    5位 エディン・ジェコ(ローマ/グループステージ第3節 チェルシー戦)
    6位 ギャレス・ベイル(レアル・マドリード/グループステージ第2節 ドルトムント戦)
    7位 フレッジ(シャフタール/決勝トーナメント1回戦ファーストレグ ローマ戦)
    8位 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C/グループステージ第2節 シャフタール戦)
    9位 ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ/グループステージ第5節 シャフタール戦)
    10位 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード/グループステージ第6節 ドルトムント戦)

    C・ロナウドのオーバーヘッドとギャレス・ベイルのオーバーヘッド [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】UEFAが今季CLトップ10ゴールを発表! 1位はC・ロナウドかベイルか?】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     前人未到のチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成したレアル・マドリードが、リヴァプールを3-1で破った26日の決勝で、“13”という数字にまつわる2つの大記録を達成した。

     その1つは、言うまでもなく同大会の通算優勝回数だ。2014年に逝去するまで名誉会長を務めたアルフレッド・ディ・ステファノ氏を擁した“エポカ・ドラダ”(黄金時代)には、前身のチャンピオンズカップで5連覇(1956年から1960年まで)という不滅の金字塔を打ち立てているレアル・マドリード。今回の3連覇により、自らが持つ大会記録を更新する通算13回目の優勝を果たした。

     そしてもう1つは、国際大会の決勝における連勝記録だ。今回のCL決勝での勝利により、レアル・マドリードは国際タイトルが懸かった一発勝負の舞台で13連勝を飾った。

     この驚異的な連勝記録がスタートしたのは、現指揮官であるジネディーヌ・ジダンが“伝説のボレー”を決め、レヴァークーゼンを2-1で破った2002年のCL決勝だ。レアル・マドリードはこの優勝を皮切りに、CL決勝では5連勝(2002年、2014年、2016年、2017年、2018年)、UEFAスーパーカップでは4連勝(2002年、2014年、2016年、2017年)、インターコンチネンタルカップならびにFIFAクラブワールドカップ決勝では4連勝(2002年、2014年、2016年、2017年)を達成。国際大会の決勝で最後に苦杯を嘗めたのは、ボカ・ジュニオルズに1-2で敗れた2000年のインターコンチネンタルカップまで遡る。

     なお、欧州や世界の舞台では“無双状態”のレアル・マドリードだが、国内では勝手が異なっている。実際、国際大会の決勝で13連勝中のこの16年間、コパ・デル・レイ決勝では、2011年と2014年は優勝を果たしたものの、2002年、2004年、2013年は準優勝に終わっている。また、一発勝負ではなくホーム&アウェイでの戦いになるスーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)では、2008年、2012年、2017年と優勝している反面、2007年、2011年、2014年は準優勝にとどまっている。

     なお、レアル・マドリードにとって次の国際タイトルを懸けた試合は、8月15日に開催されるUEFAスーパーカップのアトレティコ・マドリード戦になる。新シーズンの幕開けを告げる一戦は、ヨーロッパを舞台とした“マドリード・ダービー”だ。連勝記録を伸ばすことができるか、注目が集まりそうだ。

    文=北村敦

    CL3連覇を果たしたレアル・マドリード [写真]=UEFA via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】一発勝負で並外れた強さ…レアル、国際大会の決勝で驚異の13連勝!】の続きを読む

    このページのトップヘ