Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 portal.st-img.jp)



    2位のライプツィヒMFサビツァーを1位に推す声も

     UEFAチャンピオンズリーグ(CL)公式SNSが、2019-20シーズンの「ゴール・オブ・ザ・トーナメント」を動画で公開。1位にはユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの一撃が選ばれ、賛否両論となっている。

     19-20シーズンのCLは新型コロナウイルスの影響による中断を経て、ベスト8以降はポルトガルでの集中開催、準々決勝と準決勝も一発勝負と、通常とは異なるレギュレーションで行われた。過去に例のない形式での大会は、バイエルン・ミュンヘンの7年ぶり6度目の優勝で幕を閉じた。

     激闘から約1週間が経過し、CL公式インスタグラムは1本の動画を投稿。「ゴール・オブ・ザ・トーナメントの結果」と綴り、今大会でのベストゴール5選を公開している。

     5位はバイエルンドイツ代表MFセルジュ・ニャブリが準決勝リヨン戦で決めた、DFに囲まれながら沈めた左足での一撃。4位はバルセロナウルグアイ代表FWルイス・スアレスグループステージインテル戦で披露した精密な右足ボレー、そしてユベントスコロンビア代表MFフアン・クアドラードが軽快なフェイントから左足で叩き込んだグループステージアトレティコ・マドリード戦でのゴールが3位となった。

     2位はRBライプツィヒオーストリア代表MFマルセル・サビツァーがグループステージゼニト戦で右足アウトサイドにかけ、逆サイドネットを揺らしたコントロールショット。そして栄誉ある1位は、ロナウドがラウンド16のリヨン戦で左足を振り抜いて決めたパワフルなミドルシュートとなっている。

     この結果に、コメント欄では「CR7こそベスト」「ロナウドロケット!」「本物の怪物」とロナウドに対する称賛のほか、「サビツァーのほうが良いゴールだ」「サビツァーのゴールはヤバすぎる」と2位に入ったサビツァーのゴールこそが1位にふさわしいと主張する声も寄せられていた。

     いずれにせよ、賛否両論が巻き起こるほど“ゴラッソ”が生まれ、大会を盛り上げたことは間違いない。通常のレギュレーションで開催される新シーズンのCLでは、どのようなドラマスーパーゴールを見ることができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    CL公式選定の19-20シーズンベストゴールトップはC・ロナウドの一撃に【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「CLベストゴール」トップ5を公開 1位C・ロナウドの“ロケット”選出に賛否両論】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    先日行なわれたUEFAチャンピオンズリーグ決勝でPSGを撃破したバイエルン・ミュンヘン

    会場となったポルトガルエスタディオ・ルスではバイエルンの選手が喜びに湧き、ハビ・マルティネスが太鼓を打ち鳴らしたことで話題になった。

    一時はそればかり取り上げられていたが、同じ映像に収まっている他の選手が今度は話題になっている。

    それは、レアル・マドリーからローンで加入しているアルバロ・オドリオソラ。トロフィータオルで拭いている…。

    くすみが気になったのだろうか…。

    【関連記事】バイエルンで「忘れられた」代表スター選手たち

    今季限りのローンだったオドリオソラ。わずか600分あまりの出場ではあったが、欧州王者のトロフィーを獲得しているぞ。

    オドリオソラ、トロフィーを拭いてあげる


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】オドリオソラ、トロフィーを拭いてあげる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



     2019-20シーズンチャンピオンズリーグ(CL)は、バイエルンの優勝で幕を閉じた。

     最初にビッグイヤー(CL優勝トロフィー)を掲げる栄誉を得たのは、キャプテンを務めるマヌエル・ノイアー。1992-93シーズンに「チャンピオンズリーグ」と名称を変更してからは、元デンマーク代表GKピーター・シュマイケルマンチェスター・U1999年)、2014年スペイン代表GKイケル・カシージャスレアル・マドリード2014年)に次いで、CL優勝チームキャプテンを務めた史上3人目のGKとなった。

     そこで今回は、過去20年間のCLでビッグイヤーを掲げたキャプテンたちを紹介する。

    ◆▼2018-19シーズン

    ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプールイングランド代表)

    トッテナムとのイングランド勢対決を制し、14年ぶりに欧州王者に返り咲いたリヴァプールビッグイヤーを掲げたのは、スティーヴン・ジェラードからキャプテンマークを引き継いだヘンダーソンだった。

    ◆▼2015-16/16ー17/17-18シーズン

    セルヒオ・ラモスレアル・マドリードスペイン代表)

    2016年からCL3連覇という偉業を成し遂げたレアル・マドリードセルヒオ・ラモスにとっては、キャプテン就任1年目から3年連続での欧州制覇となった。2016年の決勝ではマン・オブ・ザ・マッチにも輝いている。

    ◆▼2014-15シーズン

    シャビ・エルナンデスバルセロナ/元スペイン代表)

    ベルリン決戦”でユヴェントスを下したバルセロナが、史上2度目の3冠を達成。ビッグイヤーを掲げたのは、この試合がバルサでのラストマッチとなったシャビだった。

    ◆▼2013-14シーズン

    イケル・カシージャスレアル・マドリード/元スペイン代表)

    アトレティコとの“マドリード・ダービー”を制し、クラブ史上10度目の欧州制覇を果たしたレアル・マドリード。12年前の優勝を知る唯一の選手だったイケル・カシージャスが、キャプテンとして初めてビッグイヤーを掲げた。

    ◆▼2012-13シーズン

    フィリップ・ラームバイエルン/元ドイツ代表)

    ドルトムントとのドイツ勢対決を制し、バイエルンクラブ初の3冠を達成。キャプテンとしてビッグイヤーを掲げたラームは、翌年のワールドカップでもキャプテンとして優勝を飾っている。

    ◆▼2011-12シーズン

    フランク・ランパード(チェルシー/元イングランド代表)

    2012年の欧州王者は、2度目のCL決勝で悲願の優勝を果たしたチェルシーPK戦の末にバイエルンを下し、現指揮官のランパードがトロフィーを掲げた。

    ◆▼2010-11シーズン

    エリック・アビダル(バルセロナ/元フランス代表)

    2009年以来、4度目のCL優勝を果たしたバルセロナ。最初にビッグイヤーを掲げたのは、肝腫瘍から復帰したアビダルだった。本来のキャプテンであるカルレス・プジョルは、アビダルにキャプテンマークを手渡し、ビッグイヤーの受け取り役を譲ったのだ。その振る舞いは世界中で絶賛された。

    ◆▼2009-10シーズン

    ハビエル・サネッティインテル/元アルゼンチン代表)

    バイエルンを2-0で下したインテル1965年以来の欧州王者に輝き、クラブ初の3冠を達成。ビッグイヤーを掲げたサネッティは、この試合がインテルでの記念すべき公式戦700試合目だった。

    ◆▼2008-09シーズン

    カルレス・プジョルバルセロナ/元スペイン代表)

    2008-09シーズンの欧州王者に輝いたのはバルセロナジョゼップ・グアルディオラ体制1年目でクラブ史上初の3冠を達成し、プジョルビッグイヤーを掲げた。

    ◆▼2007-08シーズン

    リオ・ファーディナンドマンチェスター・U/元イングランド代表)

    モスクワで行われた2007-08シーズンのCL決勝は、PK戦までもつれ込む激闘を制したマンチェスター・Uチェルシーを下して優勝。この試合でゲームキャプテンを務めたリオ・ファーディナンドが、ライアン・ギグスとともにビッグイヤーを掲げた。

    ◆▼2006-07シーズン

    パオロ・マルディーニ(ミラン/元イタリア代表)

    2004-05シーズンと同じミランリヴァプールの対戦となったCL決勝は、ミランが2-1で勝利して、雪辱を果たした。キャプテンのマルディーニにとっては、通算5度目の優勝となった。

    ◆▼2005-06シーズン

    カルレス・プジョルバルセロナ/元スペイン代表)

    アーセナルとの決勝を制したバルセロナが、14年ぶりの欧州王者に。ビッグイヤーを掲げたのは、キャプテン就任2年目だったプジョルだった。

    ◆▼2004-05シーズン

    スティーヴン・ジェラードリヴァプール/元イングランド代表)

    イスタンブールの奇跡」として知られる2004-05シーズンのCL決勝。リヴァプールが0-3からの大逆転でミランを下し、キャプテンジェラードトロフィーを掲げた。

    ◆▼2003-04シーズン

    ジョルジュ・コスタ(ポルト/元ポルトガル代表)

    ジョゼ・モウリーニョ監督率いるポルトとディディエ・デシャン監督率いるモナコが激突した2003-04シーズンのCL決勝は、ポルトが3-0と快勝。ビッグイヤーを掲げたのは、ポルトガルの名将が「リーダー」と認めたジョルジュ・コスタだった。

    ◆▼2002-03シーズン

    パオロ・マルディーニ(ミラン/元イタリア代表)

    CL決勝でユヴェントスとのイタリア勢対決を制したのはミラン。マルディーニにとっては通算4度目、キャプテン就任後では初のビッグイヤー獲得となった。

    ◆▼2001-02シーズン

    フェルナンド・イエロレアル・マドリード/元スペイン代表)

    「CL史上最も美しい」と言われるジネディーヌ・ジダンボレーシュートが決勝点となり、レアルが2-1でレヴァークーゼンに勝利。2年前にもCL優勝を味わっていたイエロが、キャプテンとして初めてビッグイヤーを掲げた。

    ◆▼2000-01シーズン

    シュテファン・エッフェンベルク(バイエルン/元ドイツ代表)

    2年連続でCL決勝に勝ち進んだバレンシアPK戦の末に下し、バイエルンが25年ぶりの欧州王者に輝いた。ビッグイヤーを掲げたのは、2年前に「カンプ・ノウの悲劇」を経験していたエッフェンベルクだった。

    ◆▼1999-00シーズン

    マノロ・サンチス(レアル・マドリード/元スペイン代表)

    レアル・マドリードバレンシアスペイン勢対決となった2000年のCL決勝。元スペイン代表FWフェルナンド・モリエンテスの先制点などでレアルが3-0と快勝した。ゲームキャプテンは元アルゼンチン代表MFフェルナンド・レドンドが務めたが、トロフィーを掲げたのはチームキャプテンのマノロ・サンチスだった。

    (記事/Footmedia

    CLでビッグイヤーを掲げたキャプテンたち [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】ノイアーはGKとしてCL史上3人目…ビッグイヤーを掲げたキャプテンたち】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    CL決勝でバイエルンに惜敗も、デイヴィスを置き去りにした美技が反響拡大

     パリ・サンジェルマンPSG)は現地時間23日、クラブ史上初めてUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝の舞台に立ちバイエルン・ミュンヘンと対戦したが、0-1で敗れた。悲願の欧州制覇にあと一歩届かなかったが、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが試合中に見せた美技の反響が拡大しており、海外メディアは相手を「辱めた」と注目している。

     PSGは準決勝のRBライプツィヒ戦(3-0)に続き、前線にブラジル代表FWネイマールフランス代表FWキリアン・ムバッペディ・マリアの3人を並べ、ドイツ王者バイエルンに対して真っ向勝負を挑んだ。特に前半はこの3人が絡んで何度も決定機を迎えたが、バイエルン守護神のドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの好セーブにも遭い、得点を奪うことができず。後半14分に失った1点を最後まで取り返すことができず、CL制覇目前で涙を呑んだ。

     悲願達成とはならなかったものの、PSGアタッカー陣が大舞台で見せた高度な技術は観る者を魅了するものだった。その一つが、ディ・マリアが前半29分にバイエルンカナダ代表DFアルフォンソ・デイヴィスを置き去りにした“股抜き”だ。

     敵陣右サイドタッチライン際でボールを受けたディ・マリアは、相手ゴール方向に素早く反転して利き足の左足でボールを触りながらドリブルを開始。そして左前方からデイヴィスが距離を詰めてきた瞬間、ディ・マリアは左足アウトサイドで軽くボールを転がし、鮮やかに股下を抜いた。

     一瞬でデイヴィスが“無力化”された美技に、海外メディアも注目。クロアチアメディアNet.hr」は、「ディ・マリアバイエルンヤングスターを粉砕:あなたはたぶんテレビではこれに気付かないだろう」と伝えれば、ベトナムメディア「Bongdaplus」も「ディ・マリアは繊細な股抜きでデイビスを辱めた」とそのテクニックを称えた。

     CLタイトルの獲得こそならなかったが、ディ・マリアは今を時めくデイヴィスを手玉に取り、せめてもの意地を見せた。(Football ZONE web編集部)

    バイエルン戦で美技を披露したパリ・サンジェルマンMFアンヘル・ディ・マリア【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】PSGディ・マリア、バイエルン新星翻弄の絶妙股抜きが反響拡大 「テレビでは気づかない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    PSG首脳陣から全幅の信頼を得られず 新シーズン初戦を前に去就問題が浮上

     UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で準優勝の結果を受け、パリ・サンジェルマンPSG)がトーマス・トゥヘル監督の解任を検討しているとスペイン紙「AS」が報じている。国内3冠を達成したものの、ドイツ指揮官クラブ上層部から全幅の信頼を得られていないという。

     トゥヘル監督は2018年PSGの監督に就任。チームを2年連続でリーグ・アン制覇に導き、今季はフランスカップリーグカップも制し、過去6シーズンで4度目の国内3冠を達成した。決勝でバイエルン・ミュンヘンに敗れて準優勝に終わったものの、CLではクラブ史上初の決勝進出と歴史を作った。

     リーグ・アンはすでに2020-21シーズンスタートしており、CLでの激闘が終わったばかりのPSGも今週末にはリーグ初戦を迎える。そうしたなかでトゥヘル監督の去就問題が浮上している。

     記事によれば、PSGはトゥヘル監督の解任を検討中とのこと。指揮官クラブ首脳陣から全幅の信頼を得られていないという。CL決勝での采配については、1点ビハインドの後半にアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディではなく、カメルーン代表FWエリックマキシム・シュポ=モティングを起用したこと、違いを生み出す能力を持ったスペイン代表FWパブロ・サラビアを出場させなかったことなどが疑問点として挙げられている。

     記事では「このような決断力や決定的な場面で素早く対応する能力の欠如により、ドイツ指揮官の将来には疑問符が付けられている。クラブトップ(監督)の交代を検討している」と伝えられている。国内3冠の偉業を達成した一方で、CL優勝を逃した点をクラブは重く見ているようだ。

     ただし、新シーズンの初陣が間近に迫っていることから、クラブが新監督を探す時間が限られているとも併せて指摘されている。

     ベテランブラジル代表DFチアゴ・シウバウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの退団が決まっているPSGチームの再構築が進むなかで、指揮官交代にも踏み切ることになるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    パリ・サンジェルマンがトーマス・トゥヘル監督の解任を検討か【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】PSGがトゥヘル解任を検討か 仏3冠、CL準優勝も…クラブ首脳陣が采配を疑問視】の続きを読む

    このページのトップヘ