Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    タランタのジャンピエロ・ガスペリーニ監督が主審の判定に対して猛烈な怒りを見せた。イタリアスカイ』が伝えている。

    タランタは24日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグでレアル・マドリーと対戦。17分にMFレモ・フロイラーが一発退場となったことで、防戦一方になった試合は終了間際に失点を喫し、0-1のスコアで敗れた。

    この結果、3月16日に行われる2ndレグでは敵地での勝利が最低条件となっている。ガスペリーニ監督はフロイラーが退場となった判定に激怒しており、試合後は審判を痛烈に批判した。

    「待ち望んでいた試合で、思うようにプレーできなかった苦い思いが残っている。台無しにされた。11対11でも結果がどうなったかは分からないが、違う種類の試合にはなっただろう。我々は守備をする必要があり、そこはよくやったと思う。しかし、試合はあるエピソードによって台無しだ」

    「11人の選手がいれば、もっとオープンプレーができた。我々は良いスタートを切ったのだから。残念ながら、サッカープレーした経験がない審判は、それがファウルなのか、単なるぶつかり合いなのかの区別がついていない。区別がつかないなら、別の仕事をさせるべきだ。そして、サッカー経験のある審判に笛を吹かせればいい」

    「審判は試合において非常に重要な要素だ。彼らはVARにより映像を見ながら判断する手段も持っているが、それでもしっかりとした判定を下せない。そして、これは我々のリーグにも当てはまる」

    審判を猛批判したガスペリーニだが、2ndレグに向けての質問に対しては笑顔で対応。マドリー相手に、アウェイの地で勝利を目指したいと意気込んだ。

    ベスト8進出が危うくなったと言うが、私はマドリーの地で勝てれば十分だ。目指す結果は一つしかないとわかっており、それ以外については考えない。我々は偉業を成し遂げる必要がある」

    チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
    無料トライアルも実施中!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】退場判定に激怒するガスペリーニ「ファウルの区別もつかないなら別の仕事をしろ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


     アタランタを率いるジャンピエロ・ガスペリーニ監督が、24日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)ファーストレグのレアル・マドリード戦を前に会見に臨んだ。スペインメディアマルカ』が23日に同監督のコメントを伝えている。

     昨シーズン、アタランタはCL初出場ながらもベスト8進出を果たした。今季もクラブを決勝トーナメントの舞台へ導いたガスペリーニ監督は「勝負は2試合で決する。安心できるスコアなんてないだろう。我々にとっては慣れ親しんでいるわけではない舞台だが、自分たちの『らしさ』をしっかりと発揮したい」と話した。

     今季のラウンド16では、同大会の最多優勝記録を誇る“白い巨人”との対戦に。ガスペリーニ監督は「世界トップクラブだ。素晴らしいチームであることに疑いはない」とレアル・マドリードを称えつつも、「けれども、我々はマンチェスター・Cリヴァプールとも対戦してきた。それらの経験が明日の試合に繋がるだろう」とコメント。以下のように続けている。

    「野心的な姿勢を失わないことが大事だ。一瞬たりとも気を緩めたり、傲慢になってはいけない。我々は歴史のある世界トップレベルクラブではないんだ。とにかく、試合を楽しむ気持ちを忘れないようにしなければならない」

     レアル・マドリードは多くの主力選手が負傷のため離脱を強いられている。アタランタ優位との意見も少なくないが、ガスペリーニ監督は相手のコンディションに関係なく自分たちのプレーを示すことにこだわっているようだ。「確かに負傷者は多いが、試合では結果を残している。それがレアル・マドリードの多くを物語っている。私たちは自分たちを信じ続けるだけだ」

     また、レアル・マドリードを率いているジネディーヌ・ジダン監督にも言及。「明日の試合では彼がプレーしなくて良かったよ。幸いにも、ピッチの上ではなくてベンチで指揮を執るのだからね」と話すガスペリーニ監督は、現役時代のジダン監督を近くで見て、衝撃を受けたという。「彼がユヴェントスに在籍していた頃、私はユヴェントスアカデミーコーチを務めていた。彼はとんでもない選手だった。トレーニング中の彼を見て、サッカーと勝利こそが彼のDNAであることを示していたんだ」

     アタランタが本拠地の『アトレティ・アッズーリ・ディターリア』にレアル・マドリードを迎える一戦は、日本時間で24日の29:00(25日の5:00)にキックオフを迎える。

    レアル戦への意気込みを語ったガスペリーニ監督 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】2年連続のベスト8進出へ…アタランタ指揮官「自分たちを信じ続けるだけ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



     レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、1-0で勝利したアタランタとの試合を振り返ってコメントした。24日、UEFA公式サイトが伝えている。

     レアル・マドリードは24日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグでアタランタと対戦。試合はホームのアタランタが序盤に退場者を出すと、そこから流れは一気にマドリーのものに。しかし自陣に引いたアタランタを攻めあぐね、スコアレスのまま終盤へ突入すると、86分にフェルラン・メンディが右足でミドルシュートを突き刺し、1人少ない相手になんとかリードを奪って第2戦への弾みをつけた。

     ジダン監督は、「彼らは守備面で素晴らしい仕事をした」とアタランタのパフォーマンスを称えながらも、「我々にとっては良い結果で、それが最も大切なこと」と勝利に安堵。そして、数多くのケガ人を抱えながらも勝利したチームに対しては、「我々は正しい道のりにおり、守備面も強く、チャンスを与えなかった」と称賛している。

     また今後の戦いに向けては、「まだセカンドレグがあるし、我々はホームでも勝利しなければならない」と、16日に迎える本拠地での第2戦に向けて気を引き締めた。

    アタランタ戦を振り返ったジダン監督 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】10人のアタランタに苦戦も、敵地での勝利にジダンは満足「正しい道のりにいる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    マンチェスター・シティポルトガル代表MFベルナルド・シウバが先勝を喜んだ。

    目下公式戦18連勝中と向かうところ敵なし状態のシティ。24日に代替開催の地ブダペストに赴いて、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのボルシアMG戦に臨み、見事に2-0の先勝で飾った。

    フル出場のB・シウバは29分にポルトガル代表DFジョアン・カンセロからのクロスに頭で合わせて先制点を記録。続く65分、頭で折り返しボールブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの追加点をお膳立てした。

    殊勲のB・シウバは試合後、イギリス『BT Sport』でチームの勝利に満足感を示した。

    「僕らからすれば、良いゲームだった。この大会がどれだけタフなのかは知っている。シンプルプレーして、ミスをしないよう心がけた。僕らにとって、い勝利だが、まだ終わっていない」

    ポルトガル人技巧派MFはまた、自身のゴールに言及。同胞のポルトガル代表DFルベン・ディアスと内々で得点を争い合っていると述べ、カンセロに賛辞の言葉を送った。

    「普段はヘディングは得意じゃない! ルベン・ディアスとは誰が最もゴールを決められるかで勝負しているんだ。今夜、チームの力になれて嬉しいよ」

    「カンセロは素晴らしい選手で、彼のことをよく知ってもいる。僕らには良い関係性が築かれていて、今夜の彼からのボール素晴らしいものだった」

    「彼は素晴らしいシーズンを過ごしているよね」

    チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
    無料トライアルも実施中!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】1G1AのB・シウバ「力になれて嬉しい」 アシストのカンセロにも称賛の言葉】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    マンチェスター・シティジョゼップ・グアルディオラ監督が先勝の一戦を振り返っている。

    目下公式戦18連勝中と向かうところ敵なし状態のシティ。24日に代替開催の地ブダペストに赴いて、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのボルシアMG戦に臨み、2-0の先勝で飾った。

    突破に一歩前進したシティだが、グアルディオラ監督は試合後、イギリス『BT Sport』で全体的ば戦いぶりを評価しつつ、勝ち進めば勝ち進むほど熾烈さを極める今後に向けての課題を口にしている。

    「全体的に良かった。試合の主導権を握るなかで、最後にチャンスを許してしまったがね。残念ながら冷静な判断も欠いた。特に、相手GKと一対一の場面でね。そこに関しては改善していく必要がある」

    1stレグでの戦いはいつだってより難しくなるもの。より冷静さが求められるのだ。(ガブリエウ・ジェズスが迎えた)GKとの一対一の場面とかね。この大会を勝ち進めためには完璧じゃなければ」

    スペイン指揮官はまた、突破口を開く先制ゴールを記録したポルトガル代表MFベルナルド・シウバを称賛した。

    「我々がボックス内に攻め入っていける攻撃的なMFを求めるなかで、彼はその役割をやってくれた」

    「改善すべきところやリスクを冒す必要性を感じるときもあるが、彼は非常にクレバー。我々に何かしら特別なものを与えてくれ、フィジカル面も良い」

    そして、「今季のシティが今大会の優勝候補に目されるべきか?」との問いにも考えを示している。

    「(ラツィオとの1stレグを4-1の先勝で飾った)昨日のバイエルン・ミュンヘンを見る限り、そう思わないね」

    「選手を休ませ、可能な限りベストなコンディションに持っていくのは大きな課題だ」

    「人々が優勝候補だと言い張るのであれば、それはそれで構わない。我々もそう受け止める」

    チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
    無料トライアルも実施中!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】謙虚さ保つペップ「我々がCL優勝候補? 人々がそう言い張るなら、それで構わない」】の続きを読む

    このページのトップヘ