Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    次世代のサッカー界を牽引していくと見られている2人のストライカー。1人は、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペだ。

    若くしてその才能を見出され、PSGフランス代表でも活躍。そのムバッペは、10月1日に発売される人気サッカーゲームFIFA 22』のパッケージに採用。2作連続の採用は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに続く3人目の快挙となった。

    世界最高峰の2人に次ぐスター性が見込まれているムバッペだが、急激に評価を上げている1人はドルトムントノルウェー代表FWアーリング・ハーランドだろう。

    圧倒的な得点力を誇るハーランドは、ドルトムントでの在籍1年半で公式戦66試合に出場し66ゴール19アシストと1試合1ゴールペース。また、ドルトムント移籍に繋がったザルツブルクでも1年間の在籍で公式戦27試合で29ゴール7アシストと、1試合1ゴール以上の結果を残している。

    文句のつけようがない活躍を見せるハーランドだが、ムバッペパッケージになっている『FIFA 22』でも驚きの数字を記録していた。

    最新作でのハーランドの能力値は「88」に設定されているが、3年前のマルメ時代は「58」と、3年間で「30」も評価を上げているのだ。

    FIFAシリーズでは「Pace(スピード)」、「Shooting(シュート)」、「
    Passing(パス)」、「Dribbling(ドリブル)」、「Defending(ディフェンス)」、「Physical(フィジカル)」の6つの大きな数値で選手の評価が決まるが、ハーランドは全ての数値が飛躍的に伸びている。

    特に伸びているのは「シュート」だ。3年前は「57」という評価だったが、今回は「91」と高い数値を記録し、一流のストライカーと認めら得た証拠だろう。

    また、スピードは「68」から「89」、パスは「44」から「65」、ドリブルは「58」から「80」、ディフェンスは「18」から「45」、フィジカルは「62」から「88」と評価が上がっているが、シュートが最も伸びていることとなる。

    ちなみに、ムバッペは総合値が「90」だが、シュートは「88」とハーランドの方が上。ゲームだけではなく、実際にも2人がコンビを組む日は来るのだろうか。



    ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】3年間で総合値「30」もアップ、ゴール量産のハーランドの進化が驚異的】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    マンチェスター・シティジョゼップ・グアルディオラ監督は一切の油断も隙も許さない。

    シティは15日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループA第1節でRBライプツィヒホームで対戦。イングランド代表MFジャックグリーリッシュやアルジェリア代表MFリヤド・マフレズゴールもあり、6-3で撃ち合いを制した。

    この試合で注目を集めているのが63分の場面。グアルディオラ監督がマフレズをタッチライン際に呼び寄せると、物凄い剣幕で指示を説明した。また、マフレズだけに限らずグリーリッシュにも同様にボディランゲージを交えて指示する場面があった。

    1ゴール1アシストグリーリッシュ、1ゴールのマフレズであっても、容赦なく強い口調で指示するシーンは大きな反響を呼び、イギリスマンチスター・イブニング・ニュース』も「強烈なレクチャー」と伝え、イギリス『サン』も「ペップが爆弾になる」とし、近くにいた第4審が気まずそうに見ていたことも伝えている。

    なお、この時の内容についてグアルディオラ監督は「私たちはハーフタイムにやるべきことを話したが、彼らはそうしなかった」と『BT Sport』に示唆し、グリーリッシュも「監督は守備のことばかりを話していたんだ」と明かしている。



    チャンピオンズリーグWOWOWで独占放送&配信!
    >>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】ゴールもアシストも関係ない!ペップの熱血指導に反響「強烈なレクチャー」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     インテルのシモーネ・インザーギ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)について語った。15日付けでイタリアメディアFootball ITALIA』が伝えている。

     同日にCLグループステージ第1節レアル・マドリード戦に臨んだインテルは、89分に失点を許し0-1で黒星を喫した。相手の守護神GKティボー・クルトワの牙城を崩せずフルタイムを迎えたインザーギ監督は、試合後の取材に応じた際「クラブファン、そして選手たちには申し訳ない」と語りながらも「ただ、このようなプレーを続けていれば、予選通過は可能だ」とも口にした。また、以下のように続けている。

    「我々はもっと注意深くプレーを続ける必要があった。ただ、レアル・マドリードを相手にどれだけ踏ん張ることができたかを考え、前を見据えようと思う」

    「私はチームに個性と勇気を求めたが、今日の試合でそれを感じられた。しかし、我々が直面したのは対峙するのが難しいGKだった。とはいえ、私はCLの予選通過を確信している。素晴らしいパフォーマンスだったと思う」

     同大会におけるインテルの次戦は28日、アウェイでシャフタールとの対戦を迎える。

    インテルのインザーギ監督 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】インテル指揮官、レアル相手に黒星もCL初戦で確信「予選通過は可能だ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    マンチェスター・シティベルギー代表MFケビンデ・ブライネに思わぬ落とし穴が待っていた。

    シティは15日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループA第1節でRBライプツィヒと対戦。負傷明けのデ・ブライネの先発に名を連ねた。

    相手のオウンゴールを誘発するクロスを供給するなど攻撃で存在感を発揮したデ・ブライネだったが、3-1と1点リードで迎えた52分には思わぬ落とし穴が待っていた。

    相手陣内でボールライプツィヒに転じると、カウンターを防ごうとデ・ブライネは自陣へと戻ろうとする。しかし、センターサークル付近で主審のセルダー・ゴズブユク氏と接触、躓くような格好となったデ・ブライネは転倒した。

    ライプツィヒボールのままプレーが続くと、左サイドで仕掛けたダニ・オルモに対するシティの寄せが甘くなったところでクロスを入れられ、クリストファー・エンクンクに頭で合せられた。

    これにデ・ブライネはたまらず抗議。イギリス『サン』も「30歳のMFは明らかに激怒していた」と伝えている。

    ただ、ライプツィヒゴールは認められ、1点差に詰め寄られる。それでも、その後もゴールを重ねたシティが6-3の撃ち合いを制している。



    チャンピオンズリーグWOWOWで独占放送&配信!
    >>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】プレーは止まらず失点…主審に躓き転倒のデ・ブライネに海外注目「激怒していた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    インテルアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが、レアル・マドリー戦を振り返った。

    インテルは15日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第1節でホームにマドリーを迎えた。

    グループ内最大のライバルといきなり初戦で対戦となったインテル。試合はインテルが押し気味に進めるも、マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワの好セーブの前にゴールを奪えない。

    後半はマドリーが息を吹き返したが、インテルゴールを許さず。そのままゴールレスドローで終わると思われたが、89分にロドリゴ・ゴエスが決勝ゴールインテルは土壇場で失点し、黒星スタートとなった。

    最大のライバル相手に黒星スタートとなったインテル。『フットボールイタリア』がラウタロのコメントを伝え、ゴールを決めなければ負けると反省した。

    「僕たちはもっと多くのものを得られるはずだった。チャンピオンズリーグがどれほど厳しいか、そして誰と対戦したのかを理解している」

    「得点しなければ、いつでも負ける可能性はある。レアルのようなチームに対しては、何も余裕はない」

    「今、僕たちはしっかりと努力することを考えなければいけない。僕たちは、僕たちが行なった良い事の全てを忘れず、どこで失敗したのかを改善しなければいけない」

    「僕たちはそれを続け、もっと努力しなければならない」

    チャンピオンズリーグWOWOWで独占放送&配信!
    >>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】「得点しなければ、いつでも負ける」インテルFWラウタロ・マルティネスがレアル戦を反省】の続きを読む

    このページのトップヘ