Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



    人気ゲームで今季CL予測、シティが2-1でバイエルン撃破…デ・ブライネが決勝弾?

     新型コロナウイルスの影響で各国リーグが中断しているなか、イングランドメディアが人気ゲームUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の完全シミュレーションを行い、「マンチェスター・シティバイエルンを破り、CL優勝を飾った」と英紙「ザ・サン」などが報じている。

     各国サッカーリーグ新型コロナウイルスの影響で中断しており、CLの試合も延期されている。CLは現時点でパリ・サンジェルマン、RBライプツィヒ、アタランタ、アトレティコ・マドリードの4クラブが8強進出を決めている一方、残る4枠が未定の状況だ。

     16強第1戦ではレアル・マドリード対シティ(1-2)、チェルシーバイエルン(0-3)、リヨンユベントス(1-0)、ナポリバルセロナ(1-1)となっており、この中から残る4クラブが8強へ駒を進める。

     英紙「ザ・サン」は「CLのシミュレーション決勝で、シティがバイエルンに2-1と勝利して初制覇」と報道。世界的に人気のサッカークラブ経営ゲームフットボールマネージャー」を使って、今季のCLをシミュレーションしたという。

     決勝はシティ対バイエルン。前半6分にアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの一撃でシティが先制した一方、前半終了間際にバイエルンポーランド代表FWロベルト・レバンドルスキが同点弾を奪う。そして後半32分、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネの決勝弾でシティが2-1と勝利し、悲願の欧州制覇を成し遂げた。

     このシミュレーション結果はアジア圏にも届き、韓国紙「京郷新聞」は「シティがついにCL優勝?」と反応。「現実のサッカーに基づいた没入感で『悪魔のゲーム』と呼ばれる」と伝え、リーグ中断によりゲーム利用者が急増している点も強調している。

     現時点でCL再開の見通しは立っていない。シーズン再開後、今回のシミュレーション結果をシティが再現できるのか、注目が集まる。(Football ZONE web編集部)

    ゲームシミュレーション上のCL覇者はマンCだった【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】シティ、悲願のCL初優勝? 「悪魔のゲーム」で完全シミュレーション結果に反響】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2020/04/05(日) 21:42:18 ID:Na5wwxru9.net

    J1G大阪の宇佐美貴史の妻でタレントの宇佐見蘭が5日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」に出演し、夫が名門バイエルン・ミュンヘン時代に受けた好待遇の一端を明かした。

    【写真】スタンドから夫を見守る宇佐美蘭
    https://www.daily.co.jp/soccer/2014/05/07/0006937916.shtml?ph=1

     貴史は2011年7月から12年5月までバイエルンに所属。12年4月の欧州CL準決勝レアル・マドリード戦ではベンチ入りできず、5月の決勝では日本人初の欧州CL決勝でのベンチ入りを果たしたが、試合には出場できなかった。

     蘭は「一番ビックリしたのは(中略)ベンチに入ったっていうので、その月の収入が全部合わせて1000万円ぐらいボンっと入ってきた時は、ベンチに入っただけでこのボーナスもらえるの?ってすごい…」と、超一流クラブのリッチぶりに驚いたことを回想。

     夫は出場できなかったことで「すっごい落ち込んで」いたというが、蘭は「その月のヤツ(明細)をちらっと見たら『あ』って…。心が暖まってしまいました」と、正直に打ち明けていた。

    4/5(日) 20:27配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200405-00000096-dal-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【Jリーグ】<宇佐美貴史>妻告白! 欧州CL決勝ベンチ入りで「このボーナスもらえるの?すごい…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 s8000.works)



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2020/04/02(木) 09:11:06.20 ID:ELTGgd+I9.net

    欧州サッカー連盟(UEFA)は1日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、
    欧州チャンピオンズリーグ(CL)などの主催大会を「さらなる通知があるまで」延期すると発表した。
    加盟55団体の幹部による電話会議で協議した。

    欧州CLは3月の決勝トーナメント1回戦第2戦が延期されており、再開のめどが立たなくなった。

    来年に延期された欧州選手権の本戦出場を懸けたプレーオフや国際親善試合も同様に延期する。

    公式戦の中断により各クラブの経営は悪化しており、
    今季はクラブの財務状況に関わるライセンス規定を一時凍結することも決定した。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020040200283&g=spo


    【【海外サッカー】 チャンピオンズリーグ(CL)など再開めど立たず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 みつを ★ :2020/03/29(日) 06:52:25 ID:zhI4Pavv9.net

    【コロナ】イタリア・スペインの新型肺炎大流行はサッカーチャンピオンズリーグが原因!?イタリア人医師が激白

    2020.03.24

    By サッカーキング編集部
    サッカー総合情報サイト

     チャンピオンズリーグ(CL)での注目の一戦が、ヨーロッパでの新型コロナウイルス感染拡大の要因となってしまったのかもしれない。24日、イギリス紙『デイリー・ミラー』が報じている。


     2月19日、CL決勝トーナメント1回戦ファーストレグのアタランタ対バレンシアの一戦がミラノのサン・シーロで開催された(アタランタのホームスタジアムの収容人数がCLの規定に満たないため)。4-1でホームチームが快勝した試合には、アタランタのホームタウンであるベルガモから35,000人ほどが、スペインのバレンシアからは2,500人ほどが訪れていた。

     アタランタファンにとっては忘れられない一戦となった一方、イタリアではこの試合から2日後に国内初の新型コロナウイルス感染者が確認された。その後、イタリアではミラノやベルガモの位置するロンバルディア地方が、スペインではバレンシアが感染拡大の中心地となり、現在の大規模な拡大と繋がっている。

     ミラノにあるサッコ病院のマッシモ・ガッリ氏は、「この試合のために何万人もの人々が同じ場所に集中したことは、大きな伝染の媒介となった可能性が高い」と、この試合が両国での拡大の契機となってしまった可能性を指摘した。実際に、この試合を観戦したバレンシアファンから感染者が確認されており、その後バレンシアの多くの選手やスタッフにも感染が確認されている。


    【【海外サッカー】イタリア・スペインの新型肺炎大流行はサッカーチャンピオンズリーグが原因!?イタリア人医師が激白】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 news.mynavi.jp)



    リバプール撃破の立役者となったアトレティコ・マドリースロベニア代表GKヤン・オブラクが、同試合でもうひとつの異能を発揮していた。イギリス『FutbolBible』が伝えている。

    アトレティコは11日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の2ndレグで、延長戦までもつれ込んだ白熱の一戦を3-2で勝利。前大会王者を2戦合計4-2で下しベスト8進出を果たした。

    その一戦においてオブラクは完全アウェイの雰囲気の中で世界屈指の攻撃力を誇るリバプールと対峙。2失点こそ喫したものの驚異的な反射神経を生かしたビッグセーブを連発し、まさに守護神と言うべき圧巻のゴールキーピングでチームの勝利に貢献した。

    そして、試合後にはディエゴ・シメオネ監督が、「バルセロナメッシがいるように、我々にも世界最高のGKがいる」と、この日の活躍を激賞していた。

    世界最高峰のGKとしての才能を遺憾なく発揮したオブラクだが、同試合ではこれまであまり注目されていなかった快足まで披露した。

    延長前半終了間際にMFマルコス・ジョレンテが2点目を決めた場面でオブラクは、自陣のゴール前から驚異的なスピードロングプリントをみせ、相手ゴール裏付近でゴールセレブレーションを行う味方のもとに到達。

    この驚異のスプリントを見たSNSユーザーは、「ウサイン・ボルト級」、「ムバッペやアダマ・トラオレよりも速い」など、驚きの反応を示していた。

    フットボール界においてGKというポジションは最も身体能力が高い選手が揃っており、マンチェスター・シティGKエデルソン、バルセロナGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン、バイエルンGKマヌエル・ノイアーリベロ型のGKはハイラインを採用するチーム事情から1試合で何度もエリア外へのスプリントを見せており、その快足は知られている。

    対してオブラクは比較的低いライン設定を行うチーム事情もあり、ここまであまり快足というイメージは持たれていなかった。それでも、今回見せたスプリントにより、その身体能力の高さが多くのフットボールファンに知れ渡ることになった。



    ◆[オマケ]ジョー・ハートの伝説のスプリント!

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】リバプール戦で“神”となったオブラク、驚異の快足も披露!】の続きを読む

    このページのトップヘ