Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)



    (出典 www.soccer-king.jp)



    リバプールイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが、バルセロナ戦の驚愕CKを振り返った。イギリススカイスポーツ』が伝えている。

    リバプールは7日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグでバルセロナをアンフィールドに迎えた。1stレグを0-3で落とし、危機的状況だったリバプールだったが、FWディヴォク・オリジ、途中出場のMFジョルジニオ・ワイナルドゥムの2ゴールで2戦合計スコアを3-3に。そして、迎えた79分、予想外な形で決勝ゴールが生まれた。

    ボックス右外でパスを受けたアーノルドは、MFセルジ・ロベルトボールを当てて右CKを獲得。そのままボールボーイからボールを授かり、コーナーアークボールセットすると、寄ってきたMFジェルダン・シャキリにキッカーを譲ろうと、その場を離れようとする。しかし次の瞬間、アーノルドゴール前のバルセロナ守備陣がゆっくり準備に移ろうとしていたのを見逃さず、中央のオリジに鋭いクロスを供給。このパスを感じていたオリジが冷静にゴールに流し込んだ。

    バルセロナの意表を突いたこのゴールは、奇跡の大逆転、そして2シーズン連続での決勝進出を決める決勝弾に。しかし、ヘンダーソンはこのゴールを見ていなかったようだ。あの場面での出来事をこう振り返る。

    「僕はちょっと誰かと話をしていたんだ。コーナーの作戦なんかをね」

    「で、振り向いたらボールゴールネットに吸い込まれていて、僕は何が起こったか本当にわからなかったんだよ」

    「あのようなビッグゲームであんなゴールが決まるなんて驚きだよ。若い選手が気づいてそれを可能にしたこと、ディヴォクがあのボールに反応できたこと、どちらも素晴らしかった」

    素晴らしいフィニッシュだった。素晴らしいゴールだった。あれはあの夜を集約したものだった。今後、長きに渡って語り継がれる特別な夜になったね」

    味方をも惑わせた不意打ちCKで決勝進出を決めたリバプール6月1日に行われる決勝では、14シーズンぶりの優勝を目指してトッテナムと対戦する。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】「ちょっと誰かと話をしていたんだ…」ヘンダーソン、バルサ戦での不意打ちCKを見逃していた!?】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     リヴァプールに所属するブラジル代表FWロベルトフィルミーノがチームの練習に復帰した模様だ。イギリスメディアスカイスポーツ』が21日に伝えている。

     フィルミーノは筋肉にトラブルを抱えていたため、7日に行われたバルセロナとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝セカンドレグや直近のプレミアリーグ3試合を欠場していた。

     今シーズンプレミアリーグは既に閉幕したものの、リヴァプールは前述のCL・準決勝セカンドレグで“奇跡の大逆転”を成し遂げ、決勝戦への切符を手にしていた。クラブはCL決勝戦に向けてスペイン南部のマルベーリャで短期合宿を行っており、同メディアの報道によるとフィルミーノは21日の練習でトレーニングに復帰したという。メディカルスタッフとともにリカバリーのメニューを行なった後、チームの全体トレーニングにも参加したようだ。

     トッテナムと対戦するCL決勝戦は6月1日21時(日本時間2日の4時)にキックオフを迎える。今シーズンプレミアリーグで12得点7アシストを記録した攻撃のキーマンの復帰は、リヴァプールにとって朗報と言えそうだ。

    CL決勝へ順調な回復を見せるフィルミーノ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】リヴァプールに朗報…フィルミーノが練習に合流、CL決勝戦出場へ】の続きを読む



    (出典 www.golaco.club)



    2連連続でUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出したリヴァプールビッグイヤー獲得をかけてワンダメトロポリターノでトッテナムと激突する。

    そうした、『Sky Sports』は「リヴァプールはCL決勝チケットを転売したファンを出入り禁止処分にしうる」と伝えた。

    オンライン上で4万ユーロ(491万円)にまで値上がりしている決勝戦チケットもあるという。

    そこで、リヴァプールは声明を発表。偽造チケットである可能性を指摘したうえで、もし転売で利益を得た場合には制裁が科されうると警告したとのこと。

    【関連記事】CL決勝で「サプライズ」を起こした5つのチーム

    チケット購入不可や、アンフィールドへの無期限の立ち入り禁止という制裁もありうるとのこと。

    リヴァプール、CL決勝チケット転売に警告!「アンフィールド出禁処分」 も


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【UCL】リヴァプール、CL決勝チケット転売に警告!「アンフィールド出禁処分」 も】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



     ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の基準に違反した可能性があるとして、欧州サッカー連盟UEFA)から調査を受けたマンチェスター・Cが、16日にクラブ公式サイトで声明を公表した。

     今回行われた調査は、マンチェスター・Cが選手獲得の際に規則違反を行ったとして、UEFAクラブ財務管理を行うクラブファイナンシャルコントロール機関(CFCB)が実施。FFP違反が発覚した場合、来シーズンチャンピオンズリーグ(CL)出場権剥奪の可能性もあるとして、メディアに報じられてきた。

     UEFAは、CFCBが裁定室に調査結果を報告したことを発表。これを受けてマンチェスター・Cは声明を出し、「FFP違反となるような金銭的な不正は一切なく、ポジティブな結果が出ることに絶対的な自信がある」と公表した。

     今シーズンチェルシー18歳未満の海外移籍に関するFIFA規則に反したとして、今後2回の移籍市場における選手の補強を禁止する処分を受けた。チェルシーは処分の見直しを要求するも、異議は棄却されたため、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴する可能性もあるようだ。仮にマンチェスター・Cが処分を受けた場合も、CASに提訴を行うことが可能で、判定が覆る可能性もある。

    UEFAから調査を受けたマンチェスター・Cが声明を公表した [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】マンC、FFP違反の疑いに対し声明を公表…「金銭的な不正は一切ない」】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    1 久太郎 ★ :2019/05/16(木) 21:43:28.27 ID:wsyauZGB9.net

     欧州サッカー連盟(UEFA)のクラブ財務管理機関(CFCB)は、マンチェスター・シティがファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の基準に違反した疑いがあるとして、同機関の裁定室に調査結果の報告を行ったことを発表した。クラブ公式サイトや英複数メディアなどが伝えている。

     今季プレミアリーグで優勝を飾り、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権も獲得しているシティだが、FFP違反により出場権剥奪の可能性もあると報じられていた。報道の通り、UEFAが財務調査を行っていたことは事実であったことが明らかになった。

     UEFAの発表を受けて声明を出したシティは、「残念」であるとしながらも、メディアで報じられていたため「残念ながら驚きではない」とコメント。その上で、シティがFFPに違反したという疑いは「全くの虚偽」であり、裁定により「ポジティブな結果が出ることに全面的な自信を抱いている」と述べている。

     仮にシティがFFPに違反したと判断されたとしても、クラブはスポーツ仲裁裁判所(CAS)への上訴を行うことが可能であり、判定が覆る可能性もある。まずはUEFAからのどのような裁定が下されるのか、今後の動きを見守る必要がありそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190516-00321782-footballc-socc


    【【プレミアリーグ】マンC、CL出場権剥奪の危機迫る?FFP違反の疑いでUEFA機関が裁定へ】の続きを読む

    このページのトップヘ