Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:カップ戦 > UEFAチャンピオンズリーグ (UCL)

    no title



    クロップ監督が“アンフィールドの奇跡”を回顧 「選手たちに二つのことを話した」

     リバプールは昨季、通算6度目のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇を果たしたが、頂点までの道のりのなかで後世に語り継がれる一戦となったのがバルセロナとの準決勝第2戦だろう。アウェーでの第1戦に0-3で敗れて迎えたホームでの第2戦に4-0と完勝する世紀の大逆転勝利を収めたが、ユルゲン・クロップ監督はこの試合前に選手たちにかけた言葉を明かした。英紙「デイリーミラー」が報じている。

     2019年5月7日、逆転突破のためには4得点が必要な状況で本拠地アンフィールドでのCL準決勝第2戦を迎えたリバプールエジプト代表FWモハメド・サラーブラジル代表FWロベルトフィルミーノが負傷欠場と“飛車角落ち”の苦しい戦いとなったが、その逆境を見事にはねのけた。

     前半7分にベルギー代表FWディボック・オリギのゴールで反撃の狼煙を上げると、後半9分と11分に途中出場のオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが連続ゴールマーク。これでスコアをタイに戻すと、極めつけは同34分だった。右CKのチャンスイングランド代表DFトレントアレクサンダー=アーノルドが機転を利かせた素早いリスタートを決めると、オリギがきっちりとゴールに結びつけて大逆転劇を完結させた。

     あれから8カ月――。クロップ監督は米スポーツ専門誌「スポーツイラストレイテッド」で、歴史的な逆転勝利を挙げた試合前に選手たちにかけた言葉を明かしている。

    「選手たちに二つのことを話した。一つは、『これは不可能なことだ。でも君たちだから、我々にはチャンスがあるんだ』。もう一つは、『みんな10秒か15秒ほど目を閉じてほしい。そしてこれまで自分がプレーした最高の試合をイメージするんだ。それこそが今夜、私たちのプレーする試合だ』。そして、選手たちはそのゲームプレーしたんだ」

     選手たちを鼓舞し、見事にチームを欧州制覇に導いたクロップ監督は、このバルセロナ戦での逆転劇を「サッカーの歴史の中で最も素晴らしいストーリーの一つ」と振り返る。今冬に日本代表MF南野拓実が加入し、日本での注目度もさらに高まっているリバプールプレミアリーグでは30年ぶりの国内リーグ制覇に向けて無敗で首位を独走し、CLでもアトレチコ・マドリードとのラウンド16に進出し、連覇に向けた戦いが2月から再開する。黄金時代に突入しているチームは、今季新たな歴史を生み出すのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    CL準決勝でバルセロナに大逆転勝利したリバプール【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】リバプール監督、“世紀の大逆転劇”の舞台裏を告白 昨季CLバルサ戦前にかけた言葉とは?】の続きを読む

    no title



    昨年夏、リヴァプールトッテナムを破って優勝を果たしたUEFAチャンピオンズリーグ

    コーナーキックからディヴォック・オリギがこのダメ押し弾!記憶に新しいプレーだ。

    毎年のように激しい戦いが繰り広げられている大会であるが、現在そのレギュレーションを変更しようという動きがある。

    イワン・ガジディス(ミランCEO)がチーフを務める欧州クラブ協会は、チャンピオンズリーグでよりビッグクラブ同士の試合を増加させたいと考えており、2024年大会から新しい形式に変更したいと要望している。

    重要なポイントチャンピオンズリーグでの試合数増加で、これによってFIFAが検討している『世界スーパーリーグ』の創設を阻止したいという意図があるそうだ。具体的には、

    というパターンが考えられているとのこと。

    二次グループステージ1999年から2003年の間に導入された方式で、グループステージを勝ち抜いたチームでさらにリーグ戦を行うもの。

    これらによって、1シーズン最大で17試合をチャンピオンズリーグで行うことができるという。昨季のリヴァプールトッテナムは13試合だったため、4試合増加する。

    また準決勝まで進んだ4チームについては、自動的に次のシーズンの出場権も獲得できるという提案もあるとか。

    CLに「2次グループステージ」復活も?4試合増加か


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】「2次グループステージ」復活も?4試合増加か】の続きを読む

    no title

    UEFAチャンピオンズリーグは、現在グループステージ全日程が終了し、決勝トーナメントの組み合わせも発表された。

    そこで今回は『Who Scored』より、グループステージでの5つのデータから、それぞれ突出した成績を残した選手を選んでみた。

    ロベルト・レヴァンドフスキ

    得点 

    レヴァンドフスキは今季のCLグループステージで得点ランキングトップに立ち、決勝トーナメントを迎えることとなる。

    ブレイクしたザルツブルグのハーランドをも抑える5試合10ゴールというスタッツは圧巻であり、中でも第5節、敵地であるセルビアのベオグラードへ乗り込んだレッドスター戦では、4ゴールと大暴れし、ストライカーとしての貫禄を見せた。

    次の相手、チェルシーからもゴールを奪えるか注目だ。

    アルチョム・ジュバ(ゼニト)

    エアバトル

    ゼニトプレーするロシアストライカー、ジュバ。

    今季のCLの結果はグループステージ最下位に終わり、EL出場も逃してしまったゼニトだが、その中で中心選手として気を吐いた。特にエアバトルの勝利数では、平均7.8回を記録し、ターゲットマンとしては圧倒的な数字を残した。

    ちなみに過去にローン移籍した際に、保有元ゼニトとの対戦で自腹で高額違約金を払って出場、ゴールを挙げるという離れ業を決めた。

    トニ・クロース(レアル・マドリー)

    キーパス 

    CLグループステージで最も多くキーパス、即ちアシスト未遂を記録したのはレアルのパスマスタークロースだ。

    アシスト数1本に対し、平均4.4回と多くの決定機を演出した。アシスト数で上回っている選手は多いものの、キーパス数では突出したスタッツを残したと言えるだろう。

    1位通過をPSGに譲ったレアルの次の相手はマンチェスター・シティに決まった。ベスト16屈指のビッグマッチクロースのプレーに期待がかかる。

    リオネル・メッシ(バルセロナ)

    ドリブル 

    グループステージにおいて、ゴールアシストではさほど目立たなかったメッシだが、ドリブル数では素晴らしいスタッツを叩き出している。

    チェルシーの名手ウィリアンの平均4.5回を大きく上回る7.8回は最も多い数字であり、最強ドリブラーであることを証明した。チーム全員のクオリティが高いバルセロナだが、決勝トーナメントでもこの男の個人技は不可欠だ。

    果たしてナポリメッシが止められるのだろうか。

    ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス)

    タックル 

    昨季のアヤックス躍進の立役者であるタグリアフィコ。

    今季は結果的にグループステージ敗退となってしまったが、このアルゼンチン代表左サイドバックタックル数で平均4.5回を記録し、守備面でチームを支えた。グループステージ3位だったことでEL決勝トーナメントへ回ることとなるアヤックスは、一回戦でヘタフェと対戦する。

    リーガでも好調なチームを相手にタグリアフィコの活躍が期待される。

    データで見る、「CLのグループステージで輝いた5名」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】データで見る、「CLのグループステージで輝いた5名」】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



     バイエルンに所属するドイツ代表FWトーマス・ミュラーチャンピオンズリーグ(CL)について言及した。16日付けで、イギリスメディアスカイスポーツ』が報じている。

     16日に抽選会が行われたCLラウンド16で、バイエルンチェルシーと戦うことが決まった。2012年のCL決勝戦以来の対戦となる両チームだが、ミュラーベスト8進出へ自信を覗かせている。今回の抽選結果について、以下のように語った。

    「次のラウンドで当たる相手が決まって、とても良い気分だよ。もう不確実なことに怯える必要はないからね」

    「ラウンド16にはヨーロッパで高いクオリティを保つチームしかいない。それは過去の大会が教えてくれているね。でも、僕たちには勝ち抜く自信がある。だから抽選結果には満足しているよ」

    リーグ戦ここ5試合で1勝4敗のチェルシーは、今あまり調子が良くないと思っている。ただ、カラムハドソン・オドイやクリスティアン・プリシッチなど才能豊かな選手が揃っているね。警戒しなければならない」

    「とはいえ、あくまでサッカーチームスポーツだ。僕たちはチームとしてしっかり高いパフォーマンスを見せたいと思っているよ」

     チェルシーバイエルンの第1戦は2月25日、『スタンフォードブリッジ』で行われる。

    バイエルンに所属するミュラー [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】ミュラー、CL決勝Tチェルシー戦に自信「抽選結果には満足している」】の続きを読む


    写真提供: Gettyimages

    チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会が16日に行われた。今回は、決勝トーナメント1回戦から実現した、5つのビッグマッチをご紹介する。


    写真提供:Gettyimages

    ドルトムントvsPSG

    パリ・サンジェルマントーマス・トゥヘル監督の古巣対決が実現。ボルシア・ドルトムントリーグ戦15試合で37得点)、PSGリーグ戦17試合で39得点)ともに高い攻撃力を誇るチームだ。対照的なのはドルトムントホームで強さを見せているのに対し、PSGはアウェイで強さを見せている点だ。

    ドルトムントホーム、ジグナル・イドゥナ・パルクでサポーターの声援を力に変えることができるだろうか。PSGはそれをねじ伏せることができるだろうか。


    写真提供: Gettyimages

    レアルvsマンC

    復活の兆しを見せるレアル・マドリードと、今シーズンは昨シーズンほどの強さを見せることができていないマンチェスター・シティが決勝トーナメント1回戦で激突する。

    これまでに4度対戦している両者だが、シティは2分2敗と勝利を収めることができていない。ただ、2017年に行われたプレシーズンマッチでは4-1で勝利している。シティは対マドリード公式戦初勝利を飾ることができるだろうか。


    写真提供: Gettyimages

    アトレティコvsリバプール

    リーグ戦5位と苦しみながらも、相変わらずの高い守備力を披露しているアトレティコ・マドリードリーグ戦17試合で10失点)は、プレミアリーグを独走するリバプールと激突。

    これまでに4度対戦している両者だが、1勝2分1敗と完全に5分。得失点も±0だ。通算成績で勝ち越すのは、どちらのクラブになるだろうか。


    写真提供: Gettyimages

    チェルシーvsバイエルン

    圧倒的な破壊力を見せつけるも、攻守がかみ合わずリーグ戦では5位に甘んじているバイエルン。相対するのは攻守がかみ合い効率的に勝利を収めているチェルシーだ。

    チェルシーバイエルンはこれまでに4度対戦しており、1勝2分1敗と5分の成績。均衡を破るのは実績のアルロベルト・レバンドフスキか、若さのタミー・アブラハムか。かつて、PK戦の末にCL決勝でバイエルンを破ったフランク・ランパード監督の采配にも注目だ。


    写真提供:Gettyimages

    ナポリvsバルセロナ

    ナポリバルセロナが初めて相まみえることとなった。両者ともにグループステージを順調に勝ち進んだクラブだ。しかし、リーグ戦では対照的で、バルセロナが首位を維持しているのに対し、ナポリは8位と苦戦している。

    先日、カルロアンチロッティ前監督の解任を発表し、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の招聘を発表したナポリ。同監督は監督として迎える初のCLがバルセロナ戦となった。約2ヵ月と言う限られた時間で、バルセロナを倒すチームを構築できるだろうか。


     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】決勝トーナメント1回戦で実現した5つのビッグマッチ!】の続きを読む

    このページのトップヘ