Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > 中国サッカー・スーパーリーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)




    2019年7月6日、中国のサッカー関連サイトの搜達足球は、「うらやましい!18歳『日本のメッシ』のレアル・マドリード移籍に続き、20歳のプレーヤーバルセロナ移籍か」とする記事を掲載した。
    記事はまず、日刊スポーツの6日付報道を引用し、「鹿島アントラーズに所属する20歳のFW安部裕葵が、スペイン1部の名門バルセロナ移籍を決断したことが分かった」と報じた。
    そして、安部について「かねてより欧州5大リーグ移籍を望んでいたが、先月正式オファーが来た段階からバルセロナ入りを決めていたという。関係者によると、移籍金は約200万ユーロ(約2億5000万円)。来週中にも渡欧するとみられ、2部B(3部相当)チームからのスタートになる。J1通算48試合4得点」などと紹介した。
    その上で記事は、「先月には、レアル・マドリードが日本の18歳の天才MF久保建英の獲得を公式サイトで正式発表したばかりだった」とし、「18歳の『日本のメッシ』のレアル移籍に続き、20歳の天才プレーヤーバルサへ。中国のサッカーファンは、油井から原油が噴出するかのごとく現れる日本の人的資源をうらやむと同時に、中国からも第二、第三のウー・レイ(スペイン1部エスパニョール所属)が誕生することを期待している」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)

    6日、中国のサッカー関連サイトの搜達足球は、「うらやましい!18歳『日本のメッシ』のレアル・マドリード移籍に続き、20歳のプレーヤーもバルセロナ移籍か」とする記事を掲載した。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍】久保のレアル移籍に続き、安部がバルサへ? うらやむ中国メディア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 f.image.geki.jp)



    1 Egg ★ :2019/07/06(土) 08:53:53.01 ID:rKix19Oy9.net

    昨夏ニューカッスルに移籍した日本代表FW武藤嘉紀は、加入1年目で厳しいシーズンを過ごすことになった。獲得時の指揮官であるラファエル・ベニテス氏は大連一方の監督に就任したが、英メディア「HITC」は「中国入りしたベニテスと合流する可能性のあるニューカッスルの選手たち」と見出しを打って報じ、武藤もそこに名を連ねている。

     武藤は昨季、マインツからニューカッスルへと移籍。念願のプレミア参戦を果たしたが、加入1年目はリーグ戦17試合出場でわずか1ゴールと、不本意なシーズンを過ごすことになった。記事では、ベニテス監督が中国へと活躍の場を移したことで、同監督が獲得を望んだ武藤も後に続く可能性があることを指摘している。

    「武藤とのサインはまだ有効なものとは言えない状況だ。武藤はJ1でプレーしていた際、アジアでの経験値を積んだ。タインサイド(イングランド北東部)での最初のシーズンで苦戦を強いられたことを踏まえると、クラブとの決別が実現しても誰も驚かないだろう。キャリアを通して、イングランド、ドイツ、日本でプレーしたが、中国でプレーすることはまた違った経験となるだろう。彼は、異なるタイプのリーグで戦うことに順応できる選手だ」

     武藤の他にも、パラグアイ代表MFミゲル・アルミロン、ガーナ代表MFクリスティアン・アツの名が挙げられているが、武藤は新シーズンをニューカッスルで迎えるのか、それとも新たなユニフォームを着て戦うことになるのだろうか。

    7/6(土) 6:40配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190706-00201638-soccermzw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【移籍報道】<武藤嘉紀(ニューキャッスル)>中国行きの可能性?英メディアがベニテスとの“再合流”に言及!「誰も驚かない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


     元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレは、中国2部リーグの青島黄海(チンタオこうかい)への入団が決まった。3日、入団会見を行った。

     現在36歳の同選手は、2017-18シーズン限りでマンチェスター・Cを退団し、2018年9月にオリンピアコスへ入団した。しかし、出場はわずか5試合にとどまり、昨年12月に退団を発表。以降は無所属の状態が続いていた。その後、現役続行を示唆し、中国を新天地に選んだ。

     1部昇格を目指す青島黄海は今シーズン、中国スーパーリーグ2部を首位で折り返した。同選手の加入はチーム内の競争を激化させ、攻守両面で活躍することを期待しているようだ。

    ヤヤ・トゥーレの新天地が中国に決まった[写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ヤヤ・トゥーレの新天地は中国!…1部昇格を目指す青島黄海への入団を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    中国スーパーリーグの大連一方がラファエル・ベニテス氏(59)を新監督に招へいした。ベニテス氏が2日、自身の公式SNSで発表した。

    ベニテス氏は中国での新たな挑戦に際して、「長い道のりの後…我々は新たなチャレンジを始める。大連一方と共に新たなプロジェクトに取り組むことを嬉しく思う」と所信表明を行っている。

    レアル・マドリーのカスティージャ(Bチーム)で監督キャリアをスタートさせたベニテス氏は、バレンシアリバプールインテルチェルシーレアル・マドリーナポリなど多くのビッグクラブを指揮。

    その後、2016年3月にニューカッスルの新監督に就任。2018-19シーズンチームを12勝9分け17敗の13位でフィニッシュさせ、2年連続でのプレミア残留に導いた。しかし、補強方針の食い違いなどクラブ首脳との確執などもあり、6月24日に退任を発表していた。

    大連一方は今季、ベルギー代表MFヤニク・フェレイラカラスコスロバキア代表MFマレク・ハムシクらを擁しながらもリーグ戦15試合終了時点で4勝5分け6敗の10位に低迷。これを受けて、クラブは1日にチェ・ガンヒ前監督(60)の退任を発表していた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ラファエル・ベニテス氏が大連一方の新指揮官就任を発表!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    ローマイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(26)が噂されている中国移籍を否定した。イタリアsportmediaset』が伝えている。

    同選手には最近、イタリア方面の情報から中国からオファーが届いていることが報じられていた。『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によれば、上海申花が年俸1200万ユーロ(約14億6000万円)という好条件の契約を準備しているとのことだった。

    しかし、エル・シャーラウィ本人がこれを否定。「ヨーロッパを去る気にはならない。中国に行くには若すぎる年齢だ」として、より高いレベルで重要なサッカーを続けたいという意向を強調した。

    これでローマ残留が濃厚となったエル・シャーラウィローマではレンタル加入期間も含めて公式戦139試合で40ゴール26アシストを記録。契約は残り1年となっている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】エル・シャーラウィ、中国移籍を否定】の続きを読む

    このページのトップヘ