Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > 中国サッカー・スーパーリーグ



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    中国スーパーリーグの大連一方がラファエル・ベニテス氏(59)を新監督に招へいした。ベニテス氏が2日、自身の公式SNSで発表した。

    ベニテス氏は中国での新たな挑戦に際して、「長い道のりの後…我々は新たなチャレンジを始める。大連一方と共に新たなプロジェクトに取り組むことを嬉しく思う」と所信表明を行っている。

    レアル・マドリーのカスティージャ(Bチーム)で監督キャリアをスタートさせたベニテス氏は、バレンシアリバプールインテルチェルシーレアル・マドリーナポリなど多くのビッグクラブを指揮。

    その後、2016年3月にニューカッスルの新監督に就任。2018-19シーズンチームを12勝9分け17敗の13位でフィニッシュさせ、2年連続でのプレミア残留に導いた。しかし、補強方針の食い違いなどクラブ首脳との確執などもあり、6月24日に退任を発表していた。

    大連一方は今季、ベルギー代表MFヤニク・フェレイラカラスコスロバキア代表MFマレク・ハムシクらを擁しながらもリーグ戦15試合終了時点で4勝5分け6敗の10位に低迷。これを受けて、クラブは1日にチェ・ガンヒ前監督(60)の退任を発表していた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ラファエル・ベニテス氏が大連一方の新指揮官就任を発表!】の続きを読む

    no title


    ローマイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(26)が噂されている中国移籍を否定した。イタリアsportmediaset』が伝えている。

    同選手には最近、イタリア方面の情報から中国からオファーが届いていることが報じられていた。『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によれば、上海申花が年俸1200万ユーロ(約14億6000万円)という好条件の契約を準備しているとのことだった。

    しかし、エル・シャーラウィ本人がこれを否定。「ヨーロッパを去る気にはならない。中国に行くには若すぎる年齢だ」として、より高いレベルで重要なサッカーを続けたいという意向を強調した。

    これでローマ残留が濃厚となったエル・シャーラウィローマではレンタル加入期間も含めて公式戦139試合で40ゴール26アシストを記録。契約は残り1年となっている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】エル・シャーラウィ、中国移籍を否定】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    上海申花、ウィリアンに「年俸16億+家+運転手付き車2台+航空券」を提示

     チェルシーブラジル代表MFウィリアンは、負傷した同FWネイマールパリ・サンジェルマン)の代役として、現在開催中のコパ・アメリカ南米選手権)に参戦している。そんなウィリアンが中国スーパーリーグ上海申花からの“太っ腹”なオファーを断ったと、ブラジルメディア「UOL Esporte」が報じている。

     現在30歳のウィリアンは、2013年夏にチェルシーへ加入。2度のプレミアリーグ制覇に貢献するなど、チームの主力としてプレーし続けてきた。今季はプレミアリーグではわずか3ゴールにとどまり、レギュラーからは外されてしまったが、自己犠牲精神あふれるプレーでマウリツィオ・サッリ前監督からの信頼も厚いと言われていた同選手は、それでも公式戦8ゴールマークした。

    「UOL Esporte」の報道によると、そんなウィリアンをアジアに呼びたい上海申花は、年俸1500万ドル(約16億円)+出来高払いに加え、中国で暮らすための部屋、運転手付きの車2台と航空券代を付けた3年契約をオファーしたとのこと。

     しかし、過去にバルセロナから複数回のオファーを受けながら断っていたウィリアンは、今回の“太っ腹”なオファーにも関心がなく、少なくともあと2シーズンチェルシーに残留する意向とされている。報酬よりも欧州での継続的なプレーを求めたウィリアン。来季はどんなプレーを見せてくれるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    チェルシーのブラジル代表MFウィリアン【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ブラジル代表MF、中国からの“太っ腹オファー”拒否 過去にはバルサの誘いも断る】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ブラジルではコパ・アメリカの熱闘が続くなか、移籍市場の話が活発になってきた。

    『UOL Esporte』によれば、ブラジル代表MFウィリアンは中国からの破格オファーを拒否したそうだ。

    負傷離脱したネイマールに代わり、今大会ではセレソンの10番を背負っているウィリアン。30歳になった彼とチェルシーとの契約は2020年6月末までとなっている。

    そうした中、上海申花はチェルシーに対して2000ユーロ(24.4億円)の移籍金、そしてウィリアンには年俸1200ユーロ(14.6億円)を提示したそう。

    3年契約でボーナスなども含めると1.5億ブラジルレアル(42億円)もの破格オファーだったものの、ウィリアンはそれを蹴ったとのこと。

    【関連記事】中国で最も高額な給与を貰った選手、TOP20

    家賃、2台の車にドライバー、(ブラジルとを往復する?)飛行機代まで上海申花が負担するという最高待遇だったそうだが…。

    ブラジル代表10番、中国移籍を拒否!「42億円の超待遇」 を蹴る


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ブラジル代表10番、中国移籍を拒否!「42億円の超待遇」 を蹴る】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     レアル・マドリードの会長を務めるフロレンティーノ・ペレス氏は退団が噂されているスペイン代表DFセルヒオ・ラモスについてコメントを残した。28日にイギリスメディアBBC』が報じている。

     S・ラモスは今夏の移籍市場でレアル・マドリードを退団する可能性が高まっているようだ。ペレス会長との口論が原因となっているとの報道も相次いでおり、同選手は2005年から在籍している同クラブの退団を検討しているとのことだ。

     同メディアによると、S・ラモスは中国移籍を視野に入れているという。同選手は代理人とともにペレス会長と対談を行い、移籍を申し出たと伝えられている。その際にクラブ名は明かさなかったようだが、フリー移籍を要求していたようだ。

     ペレス会長は次のように語っている。

    「私はラモスに『レアル・マドリードキャプテンフリーで移籍させることは不可能だ』と伝えた。彼らは私のオフィスに訪れ、中国からとても良いオファーを受けたと言っていた。しかし、クラブ側の規則上、移籍金を支払うことができないそうだ」

     S・ラモスレアル・マドリードにて公式戦通算606試合に出場しており、84ゴールマークしている。4度のリーガ・エスパニョーラチャンピオンズリーグ制覇を果たし、主将としてチーム存在感をもたらしてきた。果たしてS・ラモスは本当に今夏の移籍市場でレアル・マドリードを退団するのであろうか。

    ペレス会長はS・ラモスの退団報道についてコメントを残した [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】「フリー移籍は不可能だ」…ペレス会長、S・ラモスの退団希望に言及】の続きを読む

    このページのトップヘ