Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > 中国サッカー・スーパーリーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 lifepicture.co.jp)



    スペイン紙が報道 CLメンバー外に我慢の限界…新天地候補に上海申花が浮上

     レアル・マドリードウェールズ代表FWギャレス・ベイルに、中国行きの噂が再燃している。スペイン紙「マルカ」が報じた。

     ベイルは今季開幕前、ジネディーヌ・ジダン監督の構想から外れたと考えられていたため、今夏の移籍市場で新天地へ渡る可能性が再三メディアで報じられていた。高額の年俸や移籍金がネックとなって実現はしなかったが、蓋を開けてみればセルタとのリーガ・エスパニョーラ開幕戦(3-1)で1アシスト、第3節ビジャレアル戦(2-2)で2ゴールを決めるなどレギュラーとして起用され、重要な役割を与えられていた。

     こうした活躍により去就を巡る話は沈静化したと思われていたが、このところは試合に出たり出なかったりとジダン監督の采配も不安定になっており、移籍の噂が再び過熱し始めている。

    ギャレス・ベイルのメロドラマが新たな展開を迎えた」

     このように報じたのは、レアル贔屓で知られる現地紙「マルカ」だ。記事によれば、ベイルには今夏に続いて中国クラブからの関心が取り沙汰されているという。

     移籍話再燃のきっかけとなったのは、今月1日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のクラブブルージュ戦(2-2)だ。この試合でベイルメンバー外に。ジダン監督は同じくメンバー外だったコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスとともに、怪我による療養だったと後に説明していたが、ベイルはこの扱いに我慢の限界を迎えたという。そしてベイルは代理人のジョナサン・バーネット氏に、1月の移籍に向けて動くように依頼したとも伝えられている。

     これによって再浮上しているのが、中国クラブへの移籍だ。欧州クラブのなかに、手取り1700万ユーロ(約20億円)というベイルの高額年俸を受け入れるクラブはなく、そのため移籍先候補も絞られてきている。

    レアルとの契約は2022年6月まで残っているが…

     今夏には江蘇蘇寧への移籍が合意寸前にまで達したと報じられたが、今回交渉を進めているのは同じく7月に移籍先候補に浮上していた上海申花だ。元ACミランイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィを今夏獲得した同クラブは、新たなスーパースター補強を目指しており、ベイルに対しては今夏の時点で手取り年俸2500万ユーロ(約30億円)を用意していた。

     なお、ベイルレアルの契約は2022年6月まで残っているが、レアルは税金を含めれば年間3400万ユーロ(約41億円)もかかっているベイルへの支出を抑えられるのであれば、移籍金なしでの放出も厭わないとも報じられている。13年にレアルの一員となったウェールズ代表FWも、ついにマドリードを離れる時が近づいているのかもしれない。(Football ZONE web編集部)

    ベイルに中国行きの噂が再燃している【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ベイル、中国移籍の噂が再燃か 年間41億円の削減へ、レアルは“ゼロ円”放出も視野?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(30)の中国行きが来年1月にも実現するかもしれない。スペインマルカ』が報じた。

    チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節のクラブブルージュ戦でメンバーに含まれたなかったベイルジネディーヌ・ジダン監督はフィジカルコーチのアドバイスを受けて招集外の決断を下したが、これがベイルの不満を助長させ、代理人を務めるジョナサン・バーネット氏に来年1月の移籍先を探すよう求めたという。

    しかしながら、今夏と同様、ケガがちなフィジカルコンディションが認知されてしまっている上、年俸1700万ユーロ(約20億5000万円)もネックとなり、欧州内で獲得に興味を示すクラブが現れていない様子。そこで、ベイルと代理人は再び中国の市場に目を向け、今夏加入に迫ったことで記憶に新しい上海申花と話し合いを行っている模様だ。

    今夏にもベイルの獲得に迫った上海申花はその当時、年俸2500万ユーロの3年契約をオファー。その際、3000〜4000万ユーロ(約36億2000万〜48億3000万円)の移籍金を求めたというレアル・マドリーは、再び浮上した中国行きの可能性に関して、静観姿勢を示しているとみられる。

    ベイルを手放すことで3400万ユーロ(約41億1000万円)の支出を削減でき、それを補強費に充てられる点をポジティブに考えているというレアル・マドリーだが、果たして…。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ベイルに中国行きの可能性が再び! スペインメディア報じる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    最強の助っ人外国人として、中国に帰化したブラジル出身FWエウケソン。

    昨季まで所属していた上海上港ではフッキ、オスカルとともにブラジルトリオを形成していた。

    そうした中、フッキが中国に帰化したエウケソンについて語った。『Gazeta Esportiva』のインタビューでこう述べたそう。

    フッキ

    「エウケソンの件だけど、彼はいい決断をしたと思う。

    アイドルとして長年中国で過ごした後の帰化は彼にとっても中国にとってもいいことだった。

    帰化しようとしている時にその国と強いつながりがあるのは有益だ。

    中国リーグで長い間プレーしていれば、中国サッカーがいいことが分かるし、誰もが自分のことを知っている。

    間違いなくいい決断だった」

    「自分がその立場にいれば、何の問題もなく帰化するだろうね。

    僕もポルトにいた頃、ポルトガル代表入りが考慮されていたんだ。

    でも、ポルトガルではまだ2,3年だったので断った。

    自分はとても若く、ブラジル代表でのプレーを夢見ていたからね。

    そして、ありがたいことにそうなった」

    日本からポルトガルに渡ったフッキ。ポルトガルへの帰化も考えたようだが、セレソンへの夢を優先して断ったそう。

    フッキが答える エウケソンの中国帰化ってどうなの?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】フッキが答える エウケソンの中国帰化ってどうなの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 football-tribe.com)



    今夏のマーケットでレアル・マドリーから中国に移籍する可能性が高いと伝えられたギャレス・ベイル

    すでにジネディーヌ・ジダン監督から戦力として計算されていないと考えられており、「退団が近い」と公言されていた。

    アプローチしていたのは江蘇蘇寧で、給与は年俸1億ユーロ(およそ120.8億円)になるという驚愕の条件。ベイルも個人合意をし、中国に向かったと報じられていた。

    ところが、『BBC』などによればなんとベイルが中国に飛んだ後にレアル・マドリーが取引を行わないことを決めたようなのだ。

    トッテナムから購入した際に支払った8600万ポンド(およそ125.2億円)を取り返す取引でない限り、ベイルを売却することはしないと判断したとか。

    中国の移籍マーケットは7月末に閉まってしまうことから、このままチームに残る可能性が高いと考えられている。ただ、クラブ側の決断であることもあり、ジネディーヌ・ジダン監督が彼を使うのかどうかはわからないようだが…。

    その理由は、マルコ・アセンシオの怪我。彼は先日のアーセナル戦で前十字靭帯を断裂し、最低9ヶ月の離脱となっている。

    また、ベイルに加えてハメス・ロドリゲスナポリ移籍がストップされているとも伝えられており、アセンシオの長期離脱はクラブに大きな影響を与えているようだ。

    中国まで行ったのに?ベイルの移籍が「電撃撤回」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】中国まで行ったのに?ベイルの移籍が「電撃撤回」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.jsports.co.jp)



    中国を経由してインテル移籍の話が浮上も、外国人枠が埋まった影響でストップ

     中国1部スーパーリーグの江蘇蘇寧は、昨季までベルギー1部アンデルレヒトでプレーしたクロアチア人FWイヴァン・サンティニを獲得したことを正式発表した。イタリアサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、レアル・マドリードウェールズ代表FWギャレス・ベイルの獲得が完全消滅したとレポートしている。

     サンティニは昨季、公式戦39試合16ゴールを記録。江蘇蘇寧にとって大きなストライカーの補強になったが、記事ではそのこと以上に、これが中国リーグで認められている外国人枠に対し、“最後の選手”になったことが重要だとレポートしている。

     江蘇蘇寧にはすでにブラジル人のDFミランダ、MFアレックス・テイシェライタリア人のFWエデル、DFガブリエルパレッタといった選手たちが所属。ここにサンティニを獲得したことで選手登録の上限(5人)に達し、ベイルの獲得は完全に不可能になったとした。

     ベイルが所属するレアルや自身の家族によるリクエストで中国行きはキャンセルになると報じられてきたが、獲得する側の枠が埋まったことでも中国行きは完全消滅したと言えるだろう。

     イタリアでは江蘇蘇寧のオーナーである蘇寧グループセリエAの名門インテルの株式70パーセントを保有することから、江蘇が獲得した後にインテルへ期限付き移籍させるという報道もあったが、その流れもストップと見られる。

     移籍市場閉幕が早いイングランドでは残り10日という期限にもなってきただけに、ベイルの動向には引き続き注目が集まることになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

    レアルのFWギャレス・ベイル【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ベイル、中国行き”が完全消滅か 江蘇蘇寧がFWサンティニ獲得で外国人枠上限に到達】の続きを読む

    このページのトップヘ