Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > 中国サッカー・スーパーリーグ



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



     今年3月にマンチェスター・Uからメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに移籍した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチだが、中国から届いた巨額オファーを断っていたようだ。アメリカのスポーツ誌『Sports Illustrated』が3日に伝えている。

     イブラヒモヴィッチは2016年夏からマンチェスター・Uでプレーしていたが、3月22日に契約解除合意が発表された。そして翌日、ロサンゼルス・ギャラクシーへの加入が正式決定。同紙によると、総額300万ドル(約3億2000万円)の2年契約を結んだとされている。

     ただし今回、同クラブのテクニカル・ディレクターを務めるジョヴァン・キロフスキ氏が明かしたところによると、イブラヒモヴィッチのもとには中国から総額1億ドル(約107億円)に及ぶ複数年契約のオファーが届いていたという。

     昨年10月に36歳となり、さらにひざのケガから回復したばかり。ミノ・ライオラ代理人は、現役引退が迫るなかで届いた好条件のオファーを受け入れるようにイブラヒモヴィッチに迫ったそうだ。だが同選手はこのオファーを断り、アメリカ行きを決断したとされる。

     中国への移籍を受け入れれば、何十倍もの報酬を手にすることができたはずだ。だが、イブラヒモヴィッチは「今さらお金は必要ない」と判断したようだ。ライオラ代理人は驚きを隠せず、「正気か?」と問いただしたという。

     なおキロフスキ氏によると、イブラヒモヴィッチがまだパリ・サンジェルマンに所属していた頃から、ロサンゼルス・ギャラクシーは同選手の獲得を模索していたとのこと。欧州で通算6回、またロサンゼルスでも数度に渡って交渉を行ってきたとされる。

     そして数カ月前になってようやく、加入を了承する返事を得られたそうだ。とはいえ、同氏は「契約書にサインするまでは、何が起こるか分からない」と日々不安を感じていたようで、「2週間前に正式にサインして、やっと一息つくことができた」という。

     粘り強い交渉を経て、スーパースターの獲得を実現させたロサンゼルス・ギャラクシー。イブラヒモヴィッチも関係者の誠意に応える形で、アメリカ入りを決断したようだ。

    (記事/Footmedia)

    LAギャラクシーで鮮烈なデビューを飾ったイブラヒモヴィッチ [写真]=AMA/Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】イブラヒモヴィッチ、MLS移籍の舞台裏…中国からの107億円提示に断り…】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 久太郎 ★ :2018/03/29(木) 15:26:45.22 ID:CAP_USER9.net

     中国スーパーリーグの江蘇蘇寧は28日、ファビオ・カペッロ監督の退任を発表した。後任にはかつて市原(現千葉)でのプレー経験を持つコスミン・オラロイ氏が就く。

     カペッロ氏は昨年6月に江蘇蘇寧の監督に就任。800万ユーロ(約10億5000万円)の年俸で降格圏に沈んでいたチームを託されると、12位で何とか残留に導いていた。

     しかし今季も1勝2敗スタート。クラブは公式サイトで「彼のハードワークには感謝したい」とコメントし、契約解除を発表した。

     後任のオラロイ氏はルーマニア出身の48歳。かつて市原(現千葉)でプレーし、引退後はサウジアラビア代表の監督も務めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-01652055-gekisaka-socc


    【【海外サッカー】年俸10億超カペッロ監督、中国を去る…】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    去就が注目されるウェールズ代表エースが遠征先の中国で語る

     レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルは今季限りでの退団の可能性が報じられており、彼が来季以降どこに所属するのかは今夏の注目となっている。そんななか新たな移籍先候補として中国スーパーリーグが挙がっていると、英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

     28歳のベイルは、サウサンプトンでキャリアをスタートさせると、その後トットナムを経由して2013年からレアルでプレーしている。そんなベイルはウェールズ代表として出場した22日のチャイナカップ準決勝・中国戦(6-0)で、自身代表初のハットトリックを達成。同代表通算ゴール数を「29」に伸ばし、ウェールズのレジェンドFWイアン・ラッシュ氏の最多記録を更新した。

     近年は度重なる負傷に苦しんでおり、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦パリ・サンジェルマン戦もベンチスタートとなるなど、最近は出場機会が減少。圧倒的なスピードと巧みな左足で存在感を示すスーパースターには、今夏マンチェスター・ユナイテッドがオファーを出すのではと報道されており、近い将来の移籍が囁かれている。

     そうしたなかで今回、チャイナカップが開催されている中国で、中国スーパーリーグに移籍する可能性についてベイルが語っている。

    「上手くやっていけるだろうと確信している」

    「ここは素晴らしい人々がいる素晴らしい国だ。未来はどうなるか分からないし、正直僕にも本当に分からない。ただ、もし僕がここに来れば、上手くやっていけるだろうと確信している。中国に来るたびに素晴らしい歓迎を受けている。それに僕だけでなく全員を歓迎していて、本当に僕らのことをよく見ているんだなと思うよ」

     度重なる怪我さえなければ、世界屈指の実力を持っていることは間違いない。レアル残留か、それとも移籍か――。今夏の移籍市場が近づくにつれて、ウェールズ代表エースの周囲は騒がしくなりそうだ。(Football ZONE web編集部)

    ウェールズ代表FWギャレス・ベイル(レアル・マドリード)【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】今夏レアル退団浮上のベイル、中国移籍の可能性に言及…】の続きを読む

    このページのトップヘ