Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > 中国サッカー・スーパーリーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    中国スーパーリーグが、2021シーズンからのサラリーキャップ制度導入を発表した。

    かつては“爆買い”が大きな話題となり、ヨーロッパで活躍するトッププレーヤーを資金力に任せて大量に獲得していた中国スーパーリーグクラブたち。しかし、近年は中国サッカー協会(CFA)の方針転換などもあり、給与面などが改善されている。

    また、クラブの給与未払い問題や、クラブの消滅などを繰り返した中、今シーズン新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受けて変則的なシーズンを過ごしていた。

    その中国スーパーリーグは、2021シーズンからサラリーキャップを導入することを発表。外国人選手の年俸は300ユーロ(約3億8000万円)を上限、国内選手は500万元(約8000万円)を上限とすることになった。

    なお、この制限を超えたチームに関しては、最大で勝ち点24が剥奪されることとなる。また、選手はCFA主催の試合への出場停止措置を受ける可能性もあるとのことだ。

    中国スーパーリーグではチェルシーなどでプレーした元ブラジル代表MFオスカルが6000万ユーロ(約75億5000万円)で上海上港で加入。年俸は2300万ユーロ(約29億円)であり、今回も受けられる上限のおよそ8倍をもらっていた。

    CFAがサラリーキャップ制度を導入する理由は「マネーフットボール」の抑制と中国代表への「投資バブル」をもたらしたいとのことだ。

    CFAの陳戌源会長は、「中国スーパーリーグクラブの支出は、韓国のKリーグの約10倍、日本のJリーグの3倍となっている。しかし、我々の代表チームはるかに遅れをとっている」とコメントしている。

    FIFAランキングで見れば、中国は75位に対し、韓国は38位、日本は27位となっており、会長の言葉通りコストに対して代表強化が進んでいないのが現状だ。

    なお、1月1日から有効となり、2部と3部でもサラリーキャップ制度が導入されるとのことだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【中国スーパーリーグ】年俸上限を設定、外国人の年俸は3億8000万円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    今年限りで中国超級リーグの上海上港を退団することを発表した元ブラジル代表FWフッキ。

    34歳になった彼は再び欧州でのプレーに戻りたいと考えており、この冬の移籍マーケットでの動きが注目されている。

    その候補の一つがプレミアリーグであると言われ、あのウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズも頭蓋骨骨折のラウール・ヒメネスの穴を埋めるために獲得を検討していると伝えられてきた。

    しかし『The Atletic』によれば、その補強についてはほぼ不可能になっているようだ。

    ウォルヴァーハンプトンはフッキ側からの売り込みを受けて検討は行ったものの、イギリスが1月から導入するEU離脱に関する新しい基準により、選手登録が不可能になるというのだ。

    フッキはヨーロッパの5大リーグプレーした経験がなく、しかもブラジル代表では2016年以来出場していない。さらに中国超級リーグからの移籍となる。

    イングランドプレミアリーグでは1月から外国人の選手登録に対してさらなる厳しい基準が設けられるため、フッキはそれらに合致しない状況にあるそうだ。

    【写真】都落ちじゃない!「中国で見事に復活した」7名の選手たち

    フッキは現在トルコポルトガルスペインイタリアドイツからもオファーが来ていると明かしているが、どうやらプレミアでのプレーは難しくなってしまったようである。

    中国退団のフッキ、プレミア移籍ムリ!その理由は


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】中国退団のフッキ、プレミア移籍ムリ!その理由は】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    今季限りで中国超級リーグの上海上港を退団することを宣言している元ブラジル代表FWフッキ。

    すでにAFCチャンピオンズリーグでも敗退したためシーズンの試合は全て終わっており、現在チームから離脱して移籍先を探している状況だ。

    【動画】2017年のACLで決めたフッキのゴール!この左足のパワーと精度、素晴らしすぎる

    先日から有力だと報じられていたのは古巣でもあるFCポルトであったが、ここに来てプレミアリーグへの挑戦という可能性も囁かれている。

    彼が中国で受け取っていたのは年俸28億円というとんでもない額であったが、『The SUN』によればそれを90%諦めてもプレミアリーグへ移籍したいと考えているそうだ。

    もちろん、それでもおよそ2億8000万円ということでなかなか他のクラブが簡単に手を出せない数字ではあるが…。

    フッキには他にもブラジルトルコポルトガルスペインイギリスドイツ、中国などからオファーが舞い込んでいるという。

    また、これまた古巣のゼニト・サンクトペテルブルクに加え、ウェストハム・ユナイテッドも関心を示しているとか。

    34歳になった怪物フッキ。来年はどこでプレーするのか、そしていつかJリーグに戻る時も来るのだろうか…。

    フッキ、古巣復帰でなくプレミア移籍へ?「90%減俸でもOK」か


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】フッキ、古巣復帰でなくプレミア移籍へ?「90%減俸でもOK」か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    シーズン限りでの上海上港退団を明言した元ブラジル代表FWフッキ(34)に対して、プレミアリーグの2クラブメジャーリーグサッカー(MLS)のクラブから公式なオファーが届いているようだ。ブラジル『Globo Esporte』が報じている。

    これまでJリーグポルトゼニトで活躍したフッキは、2016年に中国スーパーリーグの上海上港に加入。公式戦142試合に出場し、75ゴール54アシストの見事な数字を残していた。

    しかし、フッキは今月11日に自身の公式『インスタグラム』を通じて、今年12月31日付で終了する上海上港との契約を更新しないことを明言した。

    その元ブラジル代表FWに関しては以前のインタビューで古巣ポルトへの復帰願望を語っていたが、現時点ではプレミアリーグMLS行きの可能性があるようだ。

    『Globo Esporte』によると、クラブ名は不明なものの、フリーで獲得可能なフッキに対して、プレミアリーグMLSからすでに公式なオファーが届いているという。ただ、同選手に対しては他のヨーロッパクラブからもオファーが届いているようだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】上海上港退団のフッキにプレミア&MLS行きの可能性? 公式オファー届く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    ステファン・エル・シャーラウィ 写真提供: Gettyimages

     9月末に中国サッカースーパーリーグ2020シーズンは幕を閉じる。その後、上海緑地が、イタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィレンタル移籍を許可しているようだ。イタリアジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。

     中国国内リーグの新たなシーズン2021年に入ってから開始することとなっている。その期間中にエル・シャーラウィのコンディーションが落ちないように同クラブは6ヶ月ほどのレンタルを容認しており、同選手はすでにアーセナルアトレティコ・マドリード、そしてパリ・サンジェルマンPSG)とコンタクトをとっているようだ。

     なお、エル・シャーラウィヨーロッパへの完全移籍を求めているが、上海緑地はそれを拒否しているようだ。

    果たして、6ヶ月間だけのために同選手を獲得するクラブは現れるのだろうか?



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】エル・シャーラウィ、中国を脱出?アーセナル 、アトレティコ、PSGへレンタル移籍の可能性…】の続きを読む

    このページのトップヘ