Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > 中国サッカー・スーパーリーグ



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ニック・フェレイラカラスコ 写真提供:Gettyimages

     マンチェスター・ユナイテッドは、大連一方のベルギー代表MFヤニック・フェレイラカラスコの獲得を検討しているようだ。英紙『デイリーメール』が報じている。

     2018年2月に、アトレティコ・マドリードから大連一方へ移籍したカラスコ。ただ、同選手は中国国内でコロナウィルスが大流行し、リーグ戦が中断されることから移籍を望んでいるとされている。

     EURO2020が行われる今年6月までは、まとまった出場機会を得たいと考えているカラスコ。欧州への復帰が噂される同選手に、ユナイテッドが興味を示しているようだ。

     ただ、あくまでもカラスコアトレティコへの復帰を第一優先に動いているようだ。果たして、中国でフラストレーションを貯めている同選手は、どのクラブで欧州への復帰を果たすのだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】マンU、欧州復帰噂のカラスコ獲得目指す…?】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    広州恒大に所属する元ブラジル代表MFパウリーニョが、クラブを去ろうと考えていたようだ。

    中国の武漢で感染者が見つかり、日を追うごとに感染者のみならず死者も増えている新型コロナウイルス世界保健機関(WHO)が全世界に向けて緊急事態宣言を行うなどし、中国では170名の死者、7711名の感染者がいるという

    スペイン『ムンド・デポルティボ』は、かつてバルセロナにも在籍したパウリーニョにコンタクト。今回の事態について「コロナウイルスに関して、特に家族のことを考えて中国を離れることを考えた。でも、彼らは僕が安らかに眠れることを保証してくれたんだ」と、中国から離れることを考えていたことを明かした。

    パウリーニョが住む広州は、新型コロナウイルスの発生源と言われている武漢からはおよそ1000km離れている。しかし、「できるだけ家から出ないように」という勧告を受けていたようだ。

    中国サッカー協会(CFA)は、中国スーパーリーグを含む全てのサッカー大会を延期させることを発表。開幕も遅れる他、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の中国開催も当面はなくなった。

    広州恒大は、ヴィッセル神戸、水原三星ブルーウィングス(韓国)、ジョホールダルル・タクジム(マレーシア)とグループGで同居。パウリーニョは「中国スーパーリーグは始まらないが、ACLに参加するため毎日トレーニングを行なっている」と、しっかりとコンディション調整も行なっているようだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】広州恒大MFパウリーニョ、新型コロナウイルスの影響で退団を考慮したと告白】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    ホセ・カジェホン 写真提供:Gettyimages

     

    ナポリに所属するスペイン代表FWホセ・カジェホンの中国移籍が近づいているようだ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

     2013年夏の移籍市場でレアル・マドリードからナポリに移籍したカジェホン。ナポリ加入以降、79ゴール70アシストと数字面でも十分な成績を残しているカジェホンだが、クラブとの契約は今シーズン終了後に満了を迎える。そんなカジェホンだが、中国への移籍が有力のようだ。

     そんなカジェホンの獲得に近づいているのは中国スーパーリーグの大連一方。元ナポリラファエル・ベニテス監督が指揮官を務めているチームだ。同紙によると、その大連一方への移籍合意に近づいているとのこと。

     先日にはカジェホンの代理人がナポリからの契約延長のオファーを拒否。したことを明かしていたが、果たしてこのまま中国へと移籍してしまうのだろうか。




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】カジェホン、中国移籍合意近づく…】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



     レアル・マドリードウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、スペイン残留を希望しているようだ。イギリスサッカー誌『FourFourTwo』が10月31日に伝えている。

     今夏の移籍市場で中国スーパーリーグの江蘇蘇寧への移籍が近づいていたベイル。最終的に移籍は成立しなかったが、ここにきて再び中国移籍の可能性が浮上している。

     しかし、ベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏は中国移籍の可能性を否定。ベイル本人がレアル・マドリード残留を希望しているとコメントした。

    「ギャレスはレアル・マドリードでのプレーを大いに喜んでいる。中国? 耳にした全てのことを信じてはいけないよ」

    中国移籍の可能性が再浮上しているレアル・マドリードのベイル [写真]=Icon Sport via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】中国移籍の可能性が再浮上も…ベイルの代理人はレアル残留を示唆】の続きを読む




    (出典 lifepicture.co.jp)



    スペイン紙が報道 CLメンバー外に我慢の限界…新天地候補に上海申花が浮上

     レアル・マドリードウェールズ代表FWギャレス・ベイルに、中国行きの噂が再燃している。スペイン紙「マルカ」が報じた。

     ベイルは今季開幕前、ジネディーヌ・ジダン監督の構想から外れたと考えられていたため、今夏の移籍市場で新天地へ渡る可能性が再三メディアで報じられていた。高額の年俸や移籍金がネックとなって実現はしなかったが、蓋を開けてみればセルタとのリーガ・エスパニョーラ開幕戦(3-1)で1アシスト、第3節ビジャレアル戦(2-2)で2ゴールを決めるなどレギュラーとして起用され、重要な役割を与えられていた。

     こうした活躍により去就を巡る話は沈静化したと思われていたが、このところは試合に出たり出なかったりとジダン監督の采配も不安定になっており、移籍の噂が再び過熱し始めている。

    ギャレス・ベイルのメロドラマが新たな展開を迎えた」

     このように報じたのは、レアル贔屓で知られる現地紙「マルカ」だ。記事によれば、ベイルには今夏に続いて中国クラブからの関心が取り沙汰されているという。

     移籍話再燃のきっかけとなったのは、今月1日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のクラブブルージュ戦(2-2)だ。この試合でベイルメンバー外に。ジダン監督は同じくメンバー外だったコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスとともに、怪我による療養だったと後に説明していたが、ベイルはこの扱いに我慢の限界を迎えたという。そしてベイルは代理人のジョナサン・バーネット氏に、1月の移籍に向けて動くように依頼したとも伝えられている。

     これによって再浮上しているのが、中国クラブへの移籍だ。欧州クラブのなかに、手取り1700万ユーロ(約20億円)というベイルの高額年俸を受け入れるクラブはなく、そのため移籍先候補も絞られてきている。

    レアルとの契約は2022年6月まで残っているが…

     今夏には江蘇蘇寧への移籍が合意寸前にまで達したと報じられたが、今回交渉を進めているのは同じく7月に移籍先候補に浮上していた上海申花だ。元ACミランイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィを今夏獲得した同クラブは、新たなスーパースター補強を目指しており、ベイルに対しては今夏の時点で手取り年俸2500万ユーロ(約30億円)を用意していた。

     なお、ベイルレアルの契約は2022年6月まで残っているが、レアルは税金を含めれば年間3400万ユーロ(約41億円)もかかっているベイルへの支出を抑えられるのであれば、移籍金なしでの放出も厭わないとも報じられている。13年にレアルの一員となったウェールズ代表FWも、ついにマドリードを離れる時が近づいているのかもしれない。(Football ZONE web編集部)

    ベイルに中国行きの噂が再燃している【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ベイル、中国移籍の噂が再燃か 年間41億円の削減へ、レアルは“ゼロ円”放出も視野?】の続きを読む

    このページのトップヘ