Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > 中国サッカー・スーパーリーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 image.news.livedoor.com)



    Jリーグを経て、セレソンにまで上り詰めた元ブラジル代表FWフッキ。

    もうすぐ34歳になる彼は2016年からプレーしてきた中国の上海上港との契約が今年末で満了になる。『Globo』によれば、今後についてこう述べていたという。

    フッキ

    「契約は12月で終わる。すでに会談をして、(上海上港との契約は)延長したくないと伝えた。

    いまはオファーが降ってきている、いくつもの国から。

    チャンピオンズリーグを戦う偉大なヨーロッパクラブもあるのは事実さ。

    ブラジルからもね。中国からもある。だが、もうここ(中国)ではやりたくない。

    金の要素は優先していない。どこなら自分が幸せになるかを考えている。

    まだ何も決めていない。事実は12月になったら自分はフリーになるということだ」

    ブラジルを去って、日本に3年半、ポルトガルに4年、ロシアに4年滞在してきた。そして、先週で中国でも4年になった。

    どこでも堂々とやってきた。常にタイトルとともに。

    もうすぐ自分は34歳になる(7月25日誕生日)。いまでもフィジカルがすごくいいのは素晴らしいことさ。自分ではまだ全盛期だと思っている。

    1年前の体脂肪率は11%で、今は8%だ。自分自身のケアにより集中している。

    自分はフィジカル的にもメンタル的にも成熟している。まだまだ何年もハイレベルでやれるよ」

    来年以降は中国でプレーするつもりはないようだ。

    そんなフッキは離婚した元嫁の姪と再婚したばかり。現妻とのイチャイチャシーンがこちら。

    この投稿をInstagramで見る

    CAMILA ÂNGELO(@camiilaangelooficial)がシェアした投稿 -

    熱すぎる…。

    【関連記事】中国で異常な高額給与を貰ったサッカー選手、TOP20

    最近のフッキは長髪になっており、以前とはイメージが違う。

    フッキ 「もう中国ではやりたくない、金もいい」と宣言


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】フッキ 「もう中国ではやりたくない、金もいい」と宣言】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 spread-sports.jp)



    長友佑都が公式ツイッターを更新 「この期間でしっかり身体を作る」

     トルコ1部ガラタサライ日本代表DF長友佑都が、公式ツイッターを更新した。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けるなかで、青空の下、自宅でトレーニングに励む様子を公開。液体が入ったトレーニング器具を使用して鍛え上げる方法に、現役アメリカンフットボール選手も反応している。

     長友はFC東京から2010年夏にイタリア1部チェゼーナへ移籍。翌年1月にイタリアの強豪インテルへ加入した。セリエAで活躍を遂げた左サイドバックは18年6月からガラタサライプレーしているものの、今季は出場機会が減少。冬の移籍市場では残留が決定したが、後半戦ではTFFトルコサッカー連盟)のメンバー外となり、今季の公式戦出場はできなくなった。

     現在は新型コロナウイルスの影響が世界中に拡大しており、各国のリーグは中断。特に欧州では爆発的な感染が広がっており、欧州選手権(EURO)の延期も決定した。リーグ再開は不透明となっており、長友がプレーしているトルコでも感染者が急増。長友自身、4月中旬の時点で外出禁止令を受け、「スーパーも閉まるから食材買えない。今ある食材で2日間乗り切らないと。これからみんな買い溜めがエスカレートしそうだ」と懸念していた。

     そんななか、4月16日には新たな挑戦としてYouTubeチャンネルを開設。料理にトライしたり、長友自身が選ぶ天才パサーを公開したり、積極的にSNSを更新して”おうち時間”の充実を”アシスト”している。

     この日は公式ツイッターを更新して、自宅でのトレーニング方法を公開。トルコの青空の下、液体が入ったトレーニング器具を使用して上半身裸で脚を浮かせて座る。不安定な液体に揺られないよう体幹を使いながら、脚を上下に動かして腹筋を鍛え上げており、長友は「良い感じに仕上がってきた。この期間でしっかり身体を作る」と、厳しいトレーニングに励んでいる様子を綴っている。

     ファンからは「リーグが再開したらターミネーターみたいな身体になってそう」「還暦まで現役続けれそうですね」と、驚きの声が上がる一方で、アメリカンフットボール・Xリーグみらいふ福岡SUNSに所属する栗原嵩は「これめっちゃ良さそう!マネさせて頂きます!」と反応。長友も「これめちゃ良い刺激入ります!」と、驚異の肉体を持つ2人がやり取りを見せている。

     サッカー界を代表する”肉体美”長友のトレーニング方法は、自宅待機を続ける他競技のスポーツ選手からの注目も大きいようだ。(Football ZONE web編集部)

    ガラタサライDF長友佑都が自宅での体幹トレーニングを公開【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】長友佑都、過酷な体幹トレーニングに現役アメフト選手も“弟子入り”志願 「マネさせて」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     元イタリア代表DFファビオ・カンナヴァーロ氏は古巣レアル・マドリードでの指揮を夢見ているようだ。スペイン紙『マルカ』が29日に伝えている。

     現在は広州恒大で指揮を執るカンナヴァーロ氏。バロンドール賞を受賞した2006年から在籍したレアル・マドリードでは3シーズンを過ごした。同氏は「私はトップを常に見据えている。だからレアル・マドリードのようなトップクラブをいつか必ず指揮するために、日々頑張っているよ」と憧れの気持ちを表わした。

     また指導者としての哲学として「私は選手にボールを持っていない時でも強度を持ってプレーするように求める指導者だ。サッカーは時間制のスポーツだからね。選手達はそれを理解するべきなんだ。ボールを持っていない時にも緊張感を与えることが出来れば、相手から時間を奪うことができる」と語っている。

    ファビオ・カンナヴァーロ氏 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】広州恒大のカンナヴァーロ監督、レアルの指揮官を夢見る「いつか必ず」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



     パリ・サンジェルマンPSG)に所属するイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティが、世間からの“偏見”に異議を申し立てた。27日に、ベルギーメディア『HLN』が報じている。

     ナセル・アル・ケライフィ会長に率いられるPSGが豊富な資金力を持っていることは、もはや自明の事実だ。だが、クラブから破格の給料を受け取っていることから、所属選手は世間から「お金のためにPSGにいる」と揶揄されることも珍しくない。

     そんな世間の声に反論したのが、2012年からPSGプレーしているヴェラッティだ。「みんなはそう思うかもしれないけど」と前置きしつつ、イタリアゲームメイカーはこう語った。

    「実際は、みんなお金のためにPSGにいるわけじゃない。お金を選ぶんだったら、中国に行くだろうさ。PSGプレーしているのは、チャンピオンズリーグ(CL)制覇を目指す魅力的なプロジェクトがあるからだよ」

    「このクラブはまだ、世界中で最も優れたクラブの1つに過ぎない。でも僕は、PSGプレーすることが好きなんだ」

     PSGへの愛を力強く語ったヴェラッティは、クラブの誇りを守りたかったようだ。

    PSGでプレーする意義を主張したヴェラッティ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】「お金のためだったら中国に行く」PSGのヴェラッティが世間からの“偏見”に異議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 s.eximg.jp)



    中国クラブから巨額オファーを断り、欧州でのプレーに“こだわり”

     バルセロナのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルは、あくまでも欧州のトップレベルでのプレーを継続する願望から、巨額のオファーを断ったという。イタリアサッカー専門メディアカルチョメルカート・コム」が報じている。

     ビダルはバルセロナから、今冬の移籍市場でイタリアセリエAインテルに移籍する可能性などが報じられていたが、そのタイミングで監督交代があったバルセロナに就任したキケ・セティエン監督が放出を拒んだと報じられていた。一方で、記事ではスポーツ専門局「FOXスポーツ」の情報として、ビダルに対しては中国から巨額オファーが複数クラブから舞い込んでいたという。

     中国の移籍市場はシーズン制の違いにより欧州よりも締め切りが遅いが、2月に入ってからのオファーもビダルは全て断ったとしている。そのモチベーションは、あくまでも欧州のトップレベルの大会に参加できる最高峰の位置でプレーを続けるためであり、バルセロナから移籍する場合もその優先順位が変わらないという。

     一方で、インテルにはユベントス時代に指導を受けて獲得を熱望するアントニオ・コンテ監督の存在があり、ビダルもまたバルセロナでの立場からインテル行きは望んだ選択肢の一つになるともした。

     バルセロナに残留した場合やインテルに移籍した場合でも、恐らく手取り年俸などの契約面で中国からのオファーを上回る可能性は低い。しかし、ビダルは自身の選手としてのキャリアを、欧州トップクラスクラブプレーし続けることに優先順位を置いた決断をすでに下しているようだ。(Football ZONE web編集部)

    バルサMFビダルは欧州でのプレーを望んでいるようだ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】バルサMFビダル、中国複数クラブの巨額オファー全て“拒否” 欧州トップでのプレー希望】の続きを読む

    このページのトップヘ