Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > 中国サッカー・スーパーリーグ



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/26(月) 22:04:39.39 ID:CAP_USER9.net

    2018年11月21日、中国のポータルサイト捜狐に、「サッカーの中国スーパーリーグ(1部)に日本人選手がいない秘密を暴く、彼らはお金に全く興味ないのか?」とする自メディア(新興メディア)の記事が掲載された。

    記事はまず、「中国スーパーリーグを長く見ていると、多くのファンは日本人選手がいないことに気づくだろう。アジア圏の選手のほとんどが韓国人だ。実力から言えば、日本サッカーのレベルは韓国より上なのに」とした。

    その上で、日本人選手がいない原因として、まず「中国クラブが求める外国人選手のタイプ」が関係しているとした。記事は「中国スーパーリーグの各クラブは一般的に、アジア人選手を1人登録しているが、
    そのポジションの多くがDFやボランチだ。日本人はテクニックにたけているがフィジカルが弱い選手が多く、中国スーパーリーグのフィジカル重視のスタイルに合わない」とした。
    これには「外国人枠」の問題もあり、これまでは非アジア圏の選手3人とアジア圏の選手1人の計4人が試合に出場できたが、現在は出場できるのは延べ3人までとなったため、アジア圏の選手は出場機会を失っていると指摘した。

    次に「日中関係」を挙げた。記事は「中国との歴史上のもつれは深い。日本人選手は、たとえ国内や小国のリーグで控えに甘んじるとしても中国には来たがらないようだ。
    近年の日中関係の緊張もあり、中国クラブのオーナーも大金をはたいて日本人選手を獲得する気はない」とした。

    さらに「中国サッカーの実力」も関係しているとし、「日本人選手は、レベルの低い中国でプレーすることはキャリアの後退と考えているようだ。南米や欧州のピークを過ぎた選手が金目当てに中国に移籍するのとは異なる。
    香川真司や本田圭佑のように世界5大リーグでプレーすることが日本人選手の目標なのだ」とした。

    記事はこうした分析をした上で、2016年のサッカーのクラブワールドカップ決勝で、スタメンがオール日本人の鹿島が欧州王者のレアル・マドリー相手に大善戦したことなどを挙げ、
    「将来的に、中国スーパーリーグのピッチに立つ日本人選手も出てくるだろう。彼らが中国サッカーのレベルアップに貢献してくれるのなら大歓迎だ。だが金もうけのためという考えならお断りだ」と結んだ。(翻訳・編集/柳川)

    2018年11月24日(土) 14時0分
    https://www.recordchina.co.jp/b664353-s0-c50-d0054.html


    (出典 img.recordchina.co.jp)


    【【海外サッカー】<日本人はお金に興味ない?>中国スーパーリーグに日本人選手が来ない訳】の続きを読む



    (出典 bookmaker-info.com)



    1 ほニーテール ★ :2018/11/12(月) 19:23:20.29 ID:CAP_USER9.net

    (前略)

    急成長するMLS 観客動員数ではすでにNBAを上回る

    米国とカナダに23チームを抱えるMLS(メジャーリーグサッカー)が急成長を遂げている。

    1996年に10クラブでスタートしたMLSは、設立当初は運営が安定せず、1998年には12クラブになったものの、2002年には資金難から10クラブに戻すなど苦難の時期があった。しかし、2005年から積極的にチーム拡張策(エクスパンション)をとり、2009年には15クラブ、翌2010年には16、2012年に19、2018年には23クラブとなった。今年初めには、マイアミを本拠地とするインテル・マイアミの加入が承認された(2020年参入予定)。このクラブのオーナーグループには、元イングランド代表のデイヴィッド・ベッカムが名を連ねており、MLSのさらなる拡大と成長が期待される

    昨年、MLSの1試合あたりの平均観客動員数が初めて2万2000人に達した。この数字は、室内アリーナのためキャパシティが限られているとはいえNBA(バスケットボール)やNHL(アイスホッケー)を上回り、米国のプロスポーツではNFL(アメリカンフットボール)、MLB(野球)に次ぐ3位である。プロスポーツの経営者にとっては、スタジアムやアリーナに足を運んでもらうことは最大の目標の一つだ。観客動員数は人気を示す最も重要なバロメーターといえるだろう。MLSのエクスパンションによってサッカー専用スタジアムも増えてきた。

    米国内でのサッカー人気は高まっている。昨年12月にギャロップ社が米国人に対して、どのスポーツを見るのが好きかという調査をした。アメリカンフットボールが37%、バスケットボールが11%、野球9%、サッカー7%だった。若い年代がサッカーの観戦を好んでいることも明らかになり、18歳から34歳までは野球が6%に対し、バスケットボールとサッカーはともに11%。35歳から54歳ではアメリカンフットボールが40%だが、サッカーは10%で、この年代でも野球の7%を上回った。

    MLSチームの資産価値はいまだ低い

    運営が安定せず、MLSを存続させることに力を注いできた時期もあったが、近年では、MLSのチームを持ちたいと考える投資家グループが少なくない。
    若いサッカーファンが多いことからMLSの将来性を見いだしているのだ。それに、NFL、NBA、MLB、NHLのオーナーになるには、巨額の資金が必要だが、MLSはその敷居が低い。

    米経済誌「フォー*」によると、NFLのダラス・カウボーイズの資産価値は48億ドル(約5434億円)、NBAのロサンゼルス・レイカーズで33億ドル(約3736億円)、MLBのニューヨーク・ヤンキースで40億ドル(約4528億円)とされている。
    資産価値は、テレビの放映権料、スポンサー収入、入場料収入と選手の年俸を含む運営コストなどから算出されている。
    MLSでは最も価値のあるロサンゼルス・ギャラクシーは前年比19%増ながら、3億1500万ドル(約357億円)だ。テレビの放映権料、スポンサー収入が他のプロスポーツに及んでいないことと、入場者数2万人でもチケットの価格帯が安いからだろう。

    なぜMLSが成功をしているのかの理由の一つとされているのが、チームのエクスパンションによる経済効果だとされている。MLSに加入するには1億5000万ドル(約170億円)を支払わなければならない。
    このエクスパンション・フィーと呼ばれる加盟料の支払いは、オーナーがわずか1、2年でチームを売却することを避けたり、他のチームの利益が薄くなることを避けたりするためだ。

    MLSのエクスパンション・フィーは2005年には1000万ドル(約11億3000万円)だったのが、2017年には1億5000万円(約170億円)にまで引き上げられた。それでもチームを持ちたいという都市とオーナーグループはいる。
    前述したようにMLSが投資先として魅力的だと考えられているからだろう。しかし、現時点では、エクスパンション・フィーによってMLSが潤っていることは否定できず、バブル経済的な状況になっている可能性がある。

    ≪<続きます≫>


    【【海外サッカー】 MLSの成功は“本物”か? 注視すべき現在地と2つのポイント】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2018/10/31(水) 18:50:47.43 ID:CAP_USER9.net

    1月に行われるAFCアジアカップを最後に、マルチェロ・リッピは中国代表監督の契約を延長しないようだ。70歳の指揮官は6年間海外で過ごしたあと、イタリアに戻って家族と共に過ごすことを希望している。モナコで受けたインタビューでそう語った。

    なんて運が悪いんだ!プロポーズ直後に負傷した選手

     リッピが中国代表監督に就任したのは2016年10月だった。それからチームのプレーは少し改善されたが、パフォーマンス全体で見れば残念な印象しかない。彼らは2018年のワールドカップを逃しており、FIFAランクも84から75にわずかにアップしただけだ。

    「チームは確実に進歩したと思う。大幅な改善は難しかったが、非常に低いレベルからスタートしたことを忘れてはいけない」インタビューでリッピはそのようにコメントしている。来年1月5日かにアラブ首長国連邦でアジアカップが開幕するが、これがリッピが中国代表の指揮を執る最後の大会になるだろう。

     この件について、中国フットボール協会の広報はコメントを拒否している。リッピは2006年にイタリア代表を率いてワールドカップを制したほか、1996年にユヴェントス、2013年に広州恒大でそれぞれヨーロッパとアジアのチャンピオンズリーグにも優勝している。

     リッピの中国代表監督としての報酬は2300万ユーロ(約30億円)とも言われており、これは代表監督の中では世界最高額だ。

    10/31(水) 18:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00010002-mdjp-socc


    【【海外サッカー】<リッピ>中国代表監督の契約を延長しない!イタリアに戻って家族と共に過ごすことを希望...報酬は約30億円】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    鹿島アントラーズ28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018準々決勝1stレグ天津権健(中国)を本拠地の県立カシマサカースタジアムに迎え、2-0で先勝した。

    Jリーグ勢で一勝ち残る鹿島は、悲願のACL制覇をえるべく、このベスト8で元ブラジル代表のパトを擁する天津権健と対戦する。先発は、直近の試合から4名を変更。天津権健はパトが先発メンバー入りを果たした。

    敵地での2ndレグに有利な状況で挑みたい鹿島。スタメン復帰の内田が積極的な攻撃参加を見せるなど、自に引いて守りを固める天津権健に対して、サイド攻撃で試合の導権を握りにかかる。

    遠藤や、レオシルバ、三竿健斗が果敢にシュートを放っていく鹿島31分、右サイド遠藤が左足でゴール前にクロス。これに鈴木セルジーニョが飛び込むが、いずれも合わせ切れない。

    続く36分にも絶好のシーン。左サイドの味方が上げたクロスセルジーニョが頭で合わせる。これが右ポストくと、素く反応した遠藤だったが、ハンドを取られ、ゴールネットを揺らせない。

    あと一歩のところまでゴールに迫る鹿島は、後半も動的に試合を進める展開。57分にはボックス左に侵攻した安西が中央の遠藤ラストパスを出す。だが、遠藤が左足シュートに飛ばせない。

    半ば以降も導権を握る鹿島60分に均衡を破る。バイタルエリア中央の遠藤が頭で落としたボールがボックス左に流れると、レオシルバが右足ダイレクト。これが突き刺さり、遂に先制点する。

    攻勢の鹿島は続く72分、セルジーニョが来日初ゴールバイタルエリア中央でボールを受けたセルジーニョが快に左足を振り抜く。これがゴール左隅に決まり、天津権健を突き放す。

    その後、鈴木遠藤土居を投入した鹿島は、反撃ムードの相手をに試合をコントロールクラブ史上初のベスト4入りに向け、ホームで先勝した鹿島は、9月18日に敵地での2ndレグに臨む。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ACL】鹿島がクラブ初4強に前進 パト擁する天津権健にホーム先勝】の続きを読む



    (出典 soccer.myjcom.jp)



    2018年7月31日、米華字メディアの多維新聞によると、英紙フィナンシャル・タイムズは「中国の投資家たちが続々とヨーロッパのサッカークラブから手を引き始めている」と報じた。以下はその概要。
    中国当局が昨年、不動産やスポーツ、ホテルなどの対外投資への規制を強化して以降、中国の投資家の間で、ヨーロッパのサッカークラブの株式の全部または一部を売却する動きが見られている。
    アナリストによると、中国政府は中国サッカーの発展を最優先課題に位置付けており、中国企業はサッカーを含む国内のスポーツ産業への投資を続けている。
    中国の実業家のトニー・シア(夏建統)氏は今月、イングランドのサッカークラブ、アストン・ヴィラの株式の大半を売却した。これは中国政府が欧州サッカーへの「非理性的な」投資を禁止したことに呼応した動きだ。シア氏はツイッターに「これは非常に難しい2カ月だった」「私のアストン・ヴィラへの愛とコミットメントは変わらない」などと投稿し、中国の経済政策が状況を困難にしたとの認識を示した。
    アストン・ヴィラは、中国政府が昨年、対外投資を規制して以降、中国の投資家が株式の全部または一部を売却した5番目の欧州サッカークラブとなった。それ以前のリストにはイタリアのACミランやスペインのアトレティコ・マドリードなど、よく知られたクラブが含まれている。中国政府は昨年8月、海外合併・買収の新しい基準を公表し、サッカークラブや劇場などをそのリストに載せた。
    ファイナンシャルアドバイザリー大手、デトロイトのスポーツ事業開発責任者であるニッキー・ワン氏は「『急速に変化し予測不可能な規制』と衝突しないために、中国の投資家は今後、より慎重に行動する必要がある」とし、「中国政府は中国サッカーの発展を最優先課題に位置付けている。欧州クラブに投資している投資家は、国際ビジネスと中国サッカーとの間で相乗効果を示さなければならない」と指摘する。
    アナリストらは、中国企業がサッカーだけでなく国内のスポーツ産業への投資を継続すると予想している。中国政府は国民の健康を増進することが経済の多様化に重要だと考えている。
    イングランドのサッカークラブ、AFCボーンマスの元会長のワトキンズ氏は「中国の投資家はサッカーへの投資から教訓を学び、クラブの所有から、チケットやソフトウェア、スタジアムなどのインフラを含む他の部分へと目を向け始めている」と述べている。(翻訳・編集/柳川)

    31日、英紙フィナンシャル・タイムズは「中国の投資家たちが続々とヨーロッパのサッカークラブから手を引き始めている」と報じた。資料写真。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】チャイナマネーの「爆買い」は終わり?中国の投資家は欧州クラブから続々手を引く】の続きを読む

    このページのトップヘ