Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > 中国サッカー・スーパーリーグ



    (出典 img.footballchannel.jp)



     マンチェスター・Cに所属するコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレが、自身の今後についてコメントを残している。イギリスメディア『スカイスポーツ』が、11日付で報じた。

     今月13日に35歳となるY・トゥーレは、2010年7月にバルセロナからマンチェスター・Cに加入して以降、公式戦316試合に出場し、79ゴール50アシストを記録してきた。しかし、今シーズンは公式戦17試合の出場にとどまっていたこともあり、4日に今シーズン限りでの同クラブからの退団が発表されていた。

     先日、Y・トゥーレの代理人を務めるディミトリ・セルク氏は、同選手が来シーズン以降もプレミアリーグでプレーする意向を持っていることを明かし、そのためならクラブが同選手のパフォーマンスに不満な場合には給与の半額を返金したり、違約金無しでの契約解除にも応じるという姿勢を示していた。

     そして、Y・トゥーレ本人も自身の今後について以下のようにコメントし、金銭面よりもイングランドでプレーを続けることをより重要視していきたいと改めて語っている。

    「もちろん、僕はプレミアリーグに留まりたい。ただ、僕はいつも正しい選択をするために考えを巡らし、それに時間をかけてきた」

    「恐らくあと1~2年以上はプレーを続けると思う。中国やアブダビに行けば、より多くのお金が手に入るだろうね。もちろん、人はたくさんの金銭を得ることで幸せになれる。だけど、僕は別の視点を持っているんだ」

    「間違いなく色々なオファーがあるだろうけど、僕にはその全てを比較していく必要がある。そして、そのオファーが僕自身にとって良いものか悪いものかも考えていかないとね」

     そして、Y・トゥーレは圧倒的な強さでリーグ制覇を成し遂げたマンチェスター・Cにも言及。チームメイトたちのさらなる成長に期待を寄せていた。

    「プレミアリーグは世界で最もタフなリーグだ。次のシーズンはより厳しいものになるだろうから、選手たちがこの挑戦に応えてくれることを願っているよ」

     自身が主力としてプレミアリーグ制覇を果たした2011-12シーズンと2013-14シーズンにはいずれも翌シーズンのリーグタイトルを逃していることもあり、連覇にはチームのさらなる成長が必要だと感じている様子のY・トゥーレ。はたして来シーズン、同選手が古巣となったマンチェスター・Cと対峙するシーンは見られるだろうか。

    マンチェスター・Cからの退団が発表されているY・トゥーレ(右) [写真]=Man City via Getty Images)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】Y・トゥーレ、中国や中東行きには消極的か「人はお金を得ると幸せになれるけど…」】の続きを読む



    (出典 img.recordchina.co.jp)



    1 3倍理論 ★ :2018/04/26(木) 21:37:55.03 ID:CAP_USER9.net

     2017年に北京で開催された第19回共産党大会にて、習近平総書記は党規約まで改正し、「習近平の新時代の中国の特色ある社会主義思想」なる文言を書き加えた。
     
     すなわち、習近平皇帝の誕生である。これから十年、あるいは十五年以上権力の座にいるつもりらしい。実現すれば、ロシアのウラジミール・プーチン大統領といい勝負の長期政権となる。

     そんな習近平がかねてから公言している野望がある。「サッカー大国」の建設である。

     本当にそんなことが可能なのだろうか。中国サッカーの現状(鹿島vs上海申花)を視察しにきた筆者は前回(参照:「中国は、本当にサッカー強国になれるのか? 中国・新皇帝の野望<1>」)、ダフ屋を通じてようやくスタジアムに入ることができた。

     しかし、その際にダフ屋が言っていた「sit」は大ウソだった。

     定価より高いのはわかっている。別に今さら怒るつもりもないのだが、取材する身として一応「相場」は知っておきたい。そう思いチケットを隅々までねめまわしたが、「非売品」という文字があり、定価がいくらかは最後までわからなかった。

     指定席の番号をたどると、バックスタンド側でゴール近くのサイドライン後ろにあるホーム側の応援席である。一応、座席はある。ただ、一つ問題があった。

     Jリーグなら、大体どこのスタジアムでもゴール裏はみな立っていて、チャントの大合唱をしていたりする。そしてメインスタンドとバックスタンドにおいては観客は得点の瞬間をのぞきだいたい座り、大人しく上品に観戦しているものだろう。

     しかし、上海は違う。メインスタンドも、バックスタンドも、観客は全員立ち上がり、殺気立った目で試合の展開を追い、ゴール裏に負けじと大歓声を張り上げている。

     なおかつ、筆者が入場した時点で上海は2-0で鹿島を圧倒していた。観客の勢いは増すばかりで、とてもではないが座って試合を見られる雰囲気ではない。

     筆者はスタジアム全体を見回してみた。事前情報収集で収容人数は約三万人と聞いていたが、目測で六割から七割の席が埋まっている。これならまだ十分人を入れられるのになぜ「満員御礼」で「当日券発売終了」なのかよくわからないが、それでも日本でACLの試合を開催するときの観客動員を考えると十分に上出来といえよう。すでに中国人サッカーファンの熱狂ぶりが本物であることはもう明らかだ。

     スタジアムそのもののつくりはどうか。上海の中心街にあり、しかも地下鉄駅が直結していてアクセスは申し分ない。ピッチ周りに陸上トラックはない。つまりサッカー専用スタジアムである。

     観客席はすべて屋根に覆われ、サポーターが雨に濡れる心配はない。雨が降り注ぐのはピッチ上で濡れるのは監督と選手だけだ。もちろん日本にもサッカー専用スタジアムはいくつもあるが、東京や大阪のど真中にはない。

     おそらく東京から一番近い大規模サッカー専用スタジアムは浦和レッズの埼玉スタジアムということになろうが、このレベルのスタジアムが東京ドームがある水道橋に鎮座しているといえば何となくイメージがわくのではないか。

     しかも、上海上港の本拠地スタジアム「上海体育場」が同じく中心地にある。

     こちらは八万人を収容できるという。水道橋に加えて恵比寿にも大型スタジアムがあるようなものだ。大宮や柏にも確かにサッカー専用スタジアムはあるが、東京の中心からも最寄りの駅からも遠すぎる。ハコの大きさの問題もある。こういうスタジアムが大都市のど真ん中にあり、機能し続けていれば、サッカーが強くなっていくのは当然だ。


    【【海外サッカー】スタジアムの完成度、サポーターの熱気に見る「中国サッカー強国化」への“本気度”】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    2010年から手がけるサイドビジネスが移籍の決め手に?

     バルセロナはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でまさかの敗退こそあったものの、リーガ・エスパニョーラでは新記録となる39試合連続無敗記録を樹立するなど、終盤戦も安定した戦いを繰り広げている。一方で注目が集まっているのは、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの動向だ。

     CL準々決勝ローマ戦後の「最後のCLになるかもしれない」という発言をはじめ、今季限りの退団、そして中国移籍が噂されるなか、スペイン紙「マルカ」は意外な理由で中国へと渡る理由を挙げている。

     それはイニエスタが本業のサッカーに加えて手がけている事業、ワインだ。2010年に生まれ故郷のラ・マンチャに「ボデガ・イニエスタ」というブランドのワイナリーを設立。数年でスペイン名物の土産となり、日本でも販売展開されているが、中国でも同ワインは人気を博している。

     同紙が伝えるところによると、中国で同ブランドのワインは来年、約200万本もの出荷を見込んでいるのだという。もしイニエスタが中国へと新天地を求めれば、宣伝効果は抜群と見るのは自然とも言える。

     “爆買い”で知られる中国の超高額年俸を求めるだけでなく、サイドビジネスの効果も考慮する――。ピッチ内外で冷静沈着なイニエスタの頭脳には、そんな構想が描かれているのかもしれない。


    (Football ZONE web編集部)

    イニエスタの移籍は、ワインが決め手になったのかもしれない【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】名手イニエスタ、噂の中国移籍にワインが関係? スペイン紙が“意外な理由”を指摘…】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



     バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが今シーズン限りで同クラブを退団する可能性が高まっているようだ。スペイン紙『アス』は16日、同選手が中国スーパーリーグのクラブと3年契約を結ぶと報じた。

     以前から去就に関する報道が絶えないイニエスタだが、今回の『アス』によれば、中国スーパーリーグの4クラブからオファーを受けている模様。うち1クラブと3年契約を締結する見通しで、バルセロナ側も把握しているという。

     バルセロナは10日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグのローマ戦で0-3と敗れ、同大会敗退が決定。今シーズンの公式戦は4月21日に行われるコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝セビージャ戦が最終戦となる。報道によると、同試合終了後にイニエスタのバルセロナ退団が正式発表される見通しのようだ。なお、移籍先については「機密事項」の存在により、明らかにされていないとも報じられている。

     イニエスタはCL敗退が決まった後、去就について直接的な言及こそ避けたものの、「これが最後のCLだったかもしれない。それは一つの可能性としてある。だからこそ、よりダメージが大きいんだ」とコメント。今シーズン限りでバルセロナを去る可能性を示唆していた。

    今季限りでのバルサ退団を報じられたイニエスタ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】イニエスタ、中国クラブと3年契約か…国王杯決勝後にバルサ退団発表へ!】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    年俸46億円の2年契約とスペイン紙が伝える

     スペインの強豪バルセロナでキャリアを積み重ねてきた天才MFアンドレス・イニエスタに、中国から驚愕のオファーが届いたという。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

     イニエスタは来月で34歳になる年齢からも、今季限りでバルセロナを退団する可能性が高いと指摘されている。過去の報道では、クラブとの話し合いの末に4月30日までに決断を伝えることで合意したとされていたが、そのタイムリミットが近づいてきている。

     そのイニエスタに対して、今季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で柏レイソルと同組で戦っている中国の天津権健が、年俸3500万ユーロ(約46億円)の2年契約という驚異的な金額のオファーを出したという。1年間はおおよそ52週間であるから、ほぼ1週間に1億円近い報酬を2年間にわたって受け取るという強烈なものだ。

     中国クラブは政府が定めたルールにより、日本円にして約7億円を超える移籍金で選手を獲得した場合は、同額を国のサッカー振興のために寄付しなければならない。しかし、イニエスタは成立しても契約の切れ目での移籍になるため、移籍金は発生しない。とはいえ、この年俸額は強気という言葉の範疇を大きく超えるものだ。


    獲得の場合はパト、ヴィツェル、モデストの一人を放出する必要が…

     元イタリア代表DFのファビオ・カンナバーロ監督が率いるチームは、ACL決勝トーナメントへの進出を決めている。その一方で元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト、ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル、元ケルンのFWアンソニー・モデストといった外国人トリオから、イニエスタを獲得するために一人を放出する必要も生まれる。

     イニエスタは公表していないものの、すでに決断を下しているとされている。まさに“爆買い”という名がふさわしい報酬額により、バルセロナが生んだ天才は中国へ渡ることになるのだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    天津権健が、イニエスタに年俸46億円オファーを出した【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】イニエスタに天津権健が驚愕の年俸46億円オファーか!?】の続きを読む

    このページのトップヘ