Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > 中国サッカー・スーパーリーグ



    (出典 www.soccer-king.jp)



    2010年から手がけるサイドビジネスが移籍の決め手に?

     バルセロナはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でまさかの敗退こそあったものの、リーガ・エスパニョーラでは新記録となる39試合連続無敗記録を樹立するなど、終盤戦も安定した戦いを繰り広げている。一方で注目が集まっているのは、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの動向だ。

     CL準々決勝ローマ戦後の「最後のCLになるかもしれない」という発言をはじめ、今季限りの退団、そして中国移籍が噂されるなか、スペイン紙「マルカ」は意外な理由で中国へと渡る理由を挙げている。

     それはイニエスタが本業のサッカーに加えて手がけている事業、ワインだ。2010年に生まれ故郷のラ・マンチャに「ボデガ・イニエスタ」というブランドのワイナリーを設立。数年でスペイン名物の土産となり、日本でも販売展開されているが、中国でも同ワインは人気を博している。

     同紙が伝えるところによると、中国で同ブランドのワインは来年、約200万本もの出荷を見込んでいるのだという。もしイニエスタが中国へと新天地を求めれば、宣伝効果は抜群と見るのは自然とも言える。

     “爆買い”で知られる中国の超高額年俸を求めるだけでなく、サイドビジネスの効果も考慮する――。ピッチ内外で冷静沈着なイニエスタの頭脳には、そんな構想が描かれているのかもしれない。


    (Football ZONE web編集部)

    イニエスタの移籍は、ワインが決め手になったのかもしれない【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】名手イニエスタ、噂の中国移籍にワインが関係? スペイン紙が“意外な理由”を指摘…】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



     バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが今シーズン限りで同クラブを退団する可能性が高まっているようだ。スペイン紙『アス』は16日、同選手が中国スーパーリーグのクラブと3年契約を結ぶと報じた。

     以前から去就に関する報道が絶えないイニエスタだが、今回の『アス』によれば、中国スーパーリーグの4クラブからオファーを受けている模様。うち1クラブと3年契約を締結する見通しで、バルセロナ側も把握しているという。

     バルセロナは10日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグのローマ戦で0-3と敗れ、同大会敗退が決定。今シーズンの公式戦は4月21日に行われるコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝セビージャ戦が最終戦となる。報道によると、同試合終了後にイニエスタのバルセロナ退団が正式発表される見通しのようだ。なお、移籍先については「機密事項」の存在により、明らかにされていないとも報じられている。

     イニエスタはCL敗退が決まった後、去就について直接的な言及こそ避けたものの、「これが最後のCLだったかもしれない。それは一つの可能性としてある。だからこそ、よりダメージが大きいんだ」とコメント。今シーズン限りでバルセロナを去る可能性を示唆していた。

    今季限りでのバルサ退団を報じられたイニエスタ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】イニエスタ、中国クラブと3年契約か…国王杯決勝後にバルサ退団発表へ!】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    年俸46億円の2年契約とスペイン紙が伝える

     スペインの強豪バルセロナでキャリアを積み重ねてきた天才MFアンドレス・イニエスタに、中国から驚愕のオファーが届いたという。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

     イニエスタは来月で34歳になる年齢からも、今季限りでバルセロナを退団する可能性が高いと指摘されている。過去の報道では、クラブとの話し合いの末に4月30日までに決断を伝えることで合意したとされていたが、そのタイムリミットが近づいてきている。

     そのイニエスタに対して、今季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で柏レイソルと同組で戦っている中国の天津権健が、年俸3500万ユーロ(約46億円)の2年契約という驚異的な金額のオファーを出したという。1年間はおおよそ52週間であるから、ほぼ1週間に1億円近い報酬を2年間にわたって受け取るという強烈なものだ。

     中国クラブは政府が定めたルールにより、日本円にして約7億円を超える移籍金で選手を獲得した場合は、同額を国のサッカー振興のために寄付しなければならない。しかし、イニエスタは成立しても契約の切れ目での移籍になるため、移籍金は発生しない。とはいえ、この年俸額は強気という言葉の範疇を大きく超えるものだ。


    獲得の場合はパト、ヴィツェル、モデストの一人を放出する必要が…

     元イタリア代表DFのファビオ・カンナバーロ監督が率いるチームは、ACL決勝トーナメントへの進出を決めている。その一方で元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト、ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル、元ケルンのFWアンソニー・モデストといった外国人トリオから、イニエスタを獲得するために一人を放出する必要も生まれる。

     イニエスタは公表していないものの、すでに決断を下しているとされている。まさに“爆買い”という名がふさわしい報酬額により、バルセロナが生んだ天才は中国へ渡ることになるのだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    天津権健が、イニエスタに年俸46億円オファーを出した【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】イニエスタに天津権健が驚愕の年俸46億円オファーか!?】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



     今年3月にマンチェスター・Uからメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに移籍した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチだが、中国から届いた巨額オファーを断っていたようだ。アメリカのスポーツ誌『Sports Illustrated』が3日に伝えている。

     イブラヒモヴィッチは2016年夏からマンチェスター・Uでプレーしていたが、3月22日に契約解除合意が発表された。そして翌日、ロサンゼルス・ギャラクシーへの加入が正式決定。同紙によると、総額300万ドル(約3億2000万円)の2年契約を結んだとされている。

     ただし今回、同クラブのテクニカル・ディレクターを務めるジョヴァン・キロフスキ氏が明かしたところによると、イブラヒモヴィッチのもとには中国から総額1億ドル(約107億円)に及ぶ複数年契約のオファーが届いていたという。

     昨年10月に36歳となり、さらにひざのケガから回復したばかり。ミノ・ライオラ代理人は、現役引退が迫るなかで届いた好条件のオファーを受け入れるようにイブラヒモヴィッチに迫ったそうだ。だが同選手はこのオファーを断り、アメリカ行きを決断したとされる。

     中国への移籍を受け入れれば、何十倍もの報酬を手にすることができたはずだ。だが、イブラヒモヴィッチは「今さらお金は必要ない」と判断したようだ。ライオラ代理人は驚きを隠せず、「正気か?」と問いただしたという。

     なおキロフスキ氏によると、イブラヒモヴィッチがまだパリ・サンジェルマンに所属していた頃から、ロサンゼルス・ギャラクシーは同選手の獲得を模索していたとのこと。欧州で通算6回、またロサンゼルスでも数度に渡って交渉を行ってきたとされる。

     そして数カ月前になってようやく、加入を了承する返事を得られたそうだ。とはいえ、同氏は「契約書にサインするまでは、何が起こるか分からない」と日々不安を感じていたようで、「2週間前に正式にサインして、やっと一息つくことができた」という。

     粘り強い交渉を経て、スーパースターの獲得を実現させたロサンゼルス・ギャラクシー。イブラヒモヴィッチも関係者の誠意に応える形で、アメリカ入りを決断したようだ。

    (記事/Footmedia)

    LAギャラクシーで鮮烈なデビューを飾ったイブラヒモヴィッチ [写真]=AMA/Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】イブラヒモヴィッチ、MLS移籍の舞台裏…中国からの107億円提示に断り…】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 久太郎 ★ :2018/03/29(木) 15:26:45.22 ID:CAP_USER9.net

     中国スーパーリーグの江蘇蘇寧は28日、ファビオ・カペッロ監督の退任を発表した。後任にはかつて市原(現千葉)でのプレー経験を持つコスミン・オラロイ氏が就く。

     カペッロ氏は昨年6月に江蘇蘇寧の監督に就任。800万ユーロ(約10億5000万円)の年俸で降格圏に沈んでいたチームを託されると、12位で何とか残留に導いていた。

     しかし今季も1勝2敗スタート。クラブは公式サイトで「彼のハードワークには感謝したい」とコメントし、契約解除を発表した。

     後任のオラロイ氏はルーマニア出身の48歳。かつて市原(現千葉)でプレーし、引退後はサウジアラビア代表の監督も務めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-01652055-gekisaka-socc


    【【海外サッカー】年俸10億超カペッロ監督、中国を去る…】の続きを読む

    このページのトップヘ