Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > 中国サッカー・スーパーリーグ



    (出典 football-tribe.com)



    今夏のマーケットでレアル・マドリーから中国に移籍する可能性が高いと伝えられたギャレス・ベイル

    すでにジネディーヌ・ジダン監督から戦力として計算されていないと考えられており、「退団が近い」と公言されていた。

    アプローチしていたのは江蘇蘇寧で、給与は年俸1億ユーロ(およそ120.8億円)になるという驚愕の条件。ベイルも個人合意をし、中国に向かったと報じられていた。

    ところが、『BBC』などによればなんとベイルが中国に飛んだ後にレアル・マドリーが取引を行わないことを決めたようなのだ。

    トッテナムから購入した際に支払った8600万ポンド(およそ125.2億円)を取り返す取引でない限り、ベイルを売却することはしないと判断したとか。

    中国の移籍マーケットは7月末に閉まってしまうことから、このままチームに残る可能性が高いと考えられている。ただ、クラブ側の決断であることもあり、ジネディーヌ・ジダン監督が彼を使うのかどうかはわからないようだが…。

    その理由は、マルコ・アセンシオの怪我。彼は先日のアーセナル戦で前十字靭帯を断裂し、最低9ヶ月の離脱となっている。

    また、ベイルに加えてハメス・ロドリゲスナポリ移籍がストップされているとも伝えられており、アセンシオの長期離脱はクラブに大きな影響を与えているようだ。

    中国まで行ったのに?ベイルの移籍が「電撃撤回」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】中国まで行ったのに?ベイルの移籍が「電撃撤回」】の続きを読む



    (出典 www.jsports.co.jp)



    中国を経由してインテル移籍の話が浮上も、外国人枠が埋まった影響でストップ

     中国1部スーパーリーグの江蘇蘇寧は、昨季までベルギー1部アンデルレヒトでプレーしたクロアチア人FWイヴァン・サンティニを獲得したことを正式発表した。イタリアサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、レアル・マドリードウェールズ代表FWギャレス・ベイルの獲得が完全消滅したとレポートしている。

     サンティニは昨季、公式戦39試合16ゴールを記録。江蘇蘇寧にとって大きなストライカーの補強になったが、記事ではそのこと以上に、これが中国リーグで認められている外国人枠に対し、“最後の選手”になったことが重要だとレポートしている。

     江蘇蘇寧にはすでにブラジル人のDFミランダ、MFアレックス・テイシェライタリア人のFWエデル、DFガブリエルパレッタといった選手たちが所属。ここにサンティニを獲得したことで選手登録の上限(5人)に達し、ベイルの獲得は完全に不可能になったとした。

     ベイルが所属するレアルや自身の家族によるリクエストで中国行きはキャンセルになると報じられてきたが、獲得する側の枠が埋まったことでも中国行きは完全消滅したと言えるだろう。

     イタリアでは江蘇蘇寧のオーナーである蘇寧グループセリエAの名門インテルの株式70パーセントを保有することから、江蘇が獲得した後にインテルへ期限付き移籍させるという報道もあったが、その流れもストップと見られる。

     移籍市場閉幕が早いイングランドでは残り10日という期限にもなってきただけに、ベイルの動向には引き続き注目が集まることになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

    レアルのFWギャレス・ベイル【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ベイル、中国行き”が完全消滅か 江蘇蘇寧がFWサンティニ獲得で外国人枠上限に到達】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    レアルでは“構想外” 中国1部の江蘇蘇寧が超ビッグオファーも…

     レアル・マドリードウェールズ代表FWギャレス・ベイルの中国移籍の話は、どうやら白紙となったようだ。英公共放送BBC」は「レアル・マドリードが取引を中止した」とし、公式ツイッターでは「レアル・マドリードに残留する」と報じた。

     ベイルジネディーヌ・ジダン監督の構想外だとされ、チームが3億ユーロ(約363億円)の大型補強を進めるなかで、今夏の移籍市場での放出は確実と見られていた。欧州クラブでは買い手が見つからなかったが、中国1部の江蘇蘇寧が週給100万ポンド(約1億3400万円)の待遇でオファーし、移籍に近づいていると報道されていた。

     しかし、どうやら中国行きの噂は破談となったようだ。また、イタリアメディアでは、蘇寧グループが実質的なオーナー企業でもあるインテルが江蘇蘇寧経由でのレンタルベイル獲得を目指すとの仰天プランも報じられていたが、「BBC」公式ツイッターレアル・マドリード残留に向かっていると伝えている。

     ベイルの中国移籍が決まれば、サッカー史に残るようなビッグディールとなっていたが、どうやらそれも夢物語に終わるようだ。(Football ZONE web編集部)

    レアル・マドリードFWベイル【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ベイル、“週給1億円超え”の中国移籍が白紙か レアル残留と英メディアが報道】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    超大物が中国上陸か 移籍期限まで残り5日、代理人が交渉進める

     レアル・マドリードウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、中国1部江蘇蘇寧への移籍に向けて代理人が交渉を開始したと英衛星放送「スカイスポーツ」などが一斉に報じている。この移籍が実現すれば、ベイルは週給100万ポンド(約1億3500万円)を手にするという。

     ベイル2013年からレアル・マドリードプレーし、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)を4度制するなど“白い巨人”の一員として歴史に名を刻んできた。

     しかし、昨季途中に再就任したジネディーヌ・ジダン監督の下では構想から外れ、移籍は確実とも言われている。今夏のプレシーズンレアルは、スペイン代表MFマルコ・アセンシオが左膝の前十字靭帯断裂の重傷で戦線離脱しアタッカー陣が手薄となっているが、それでもベイルの置かれた状況に変化はないようだ。

     最新のレポートによれば、ベイルの代理人は中国1部の江蘇蘇寧への移籍に向けて交渉を進めている。まだ詳細を詰める必要があるものの、江蘇蘇寧側も獲得に自信を見せているという。レアルでも週給60万ポンド(約8100万円)を受け取っていたベイルだが、中国ではそれをさらに上回る週給100万ポンドを手にすることになりそうだ。

     中国の移籍市場は欧州よりも早い7月31日クローズするため、あと5日以内に交渉が進展すれば、ベイルの中国行きが実現することになりそうだ。元ブラジル代表MFオスカルや同FWフッキ(いずれも上海上港)などスター選手が集まる中国だが、新たにとびっきりの大物選手が上陸することになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

    中国移籍が噂されるレアルFWベイル【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】レアルFWベイル、中国の江蘇蘇寧と移籍交渉開始 週給1.3億円超と英メディア報道】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    1 久太郎 ★ :2019/07/22(月) 10:12:51.54 ID:YzF6kuM89.net

    レアル・マドリー退団が決定的となったMFガレス・ベイルの移籍先は、どうやら中国となりそうだ。スポーツ紙『マルカ』と『アス』など、スペインメディアが一斉に報じている。

    先に行われたインターナショナル・チャンピオンズ・カップ、バイエルン・ミュンヘン戦で招集外となったベイル。試合直後にジネディーヌ・ジダン監督は、その理由について「なぜならクラブが放出に動いているからだ。明日にでも決まればいい」と、退団が既定路線となっていることを明かした。

    『マルカ』と『アス』によれば、ベイルの移籍先は中国になることが濃厚であるという。ベイルの代理人ジョナサン・バーネット氏はマンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、パリ・サンジェルマンなどに売り込みをかけたようだが、最終的に中国の2クラブから届いたオファーを取り扱っているという。なおバーネット氏は、ベイル退団を明言したジダン監督を「彼は横暴だ。敬意というものを持ち合わせていない」と批判したが、『マルカ』曰くレアル・マドリーは同氏が試合での起用を控えるよう求めてきたと主張しているようだ。

    ベイル獲得を目指す中国の2クラブは、インテルの株式70%を保有する蘇寧電器グループが経営する江蘇蘇寧と、北京国安。どちらもベイルがレアル・マドリーで受け取る年俸額(1450~1700万ユーロ)を賄う用意があるという。実際にベイルが移籍先としてどちらかのクラブを選択するとすれば、残る問題は移籍金となりそうだ。現在、中国のクラブが600万ユーロ以上の移籍金を支払う場合、その移籍金額と同額を中国フットボール発展ファンドに支払わなければならず、実質的に2倍の費用がかかる。そのため移籍金として提示できる額は必然的に少なくなり、レアル・マドリーとのクラブ間交渉は難航することも予想される。

    果たして、ベイルはアジアに活躍の場を求めることになるのだろうか。いずれにしても移籍先は間もなく、数日中にも決定する見込みだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190722-00010007-goal-socc


    【【リーガエスパニョーラ】レアル・マドリー退団決定的のベイル、移籍先は中国になる模様…スペインメディアが一斉に報道】の続きを読む

    このページのトップヘ