Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > MLS



    (出典 image.news.livedoor.com)



    チーム「ZLATAN FC」に選出したのは一体どの選手?

     海外サッカー、元スウェーデン代表のFWイブラヒモビッチロサンゼルスギャラクシー)がツイッターを更新。自己流のベストイレブンを公開しているが、その人選が衝撃的と話題を呼んでいる。

     スウェーデン代表のレジェンドで、現在は米MLSプレーするイブラヒモビッチ。37歳の現在もリーグ2位の13得点をマークするなど健在ぶりを証明している。

     そんなイブラヒモビッチは誰をベスト11に選んだのか――。「私の選ぶ史上最高のチーム。あとは監督を選ぶだけ。多分ズラタンかな」とツイートし、11人の名前を並べているのだが……。

    「ZLATAN FC」と名付けられたチームは4-3-3のフォーメーション。なんとGKからDF、MF、3トップまで、全員がイブラヒモビッチで固められているのだ。ご丁寧にチーム別、年代別に写真にバリエーションをつけながら、11人の「ZLATAN」を選出している。

     この投稿にファンも大反響を寄せ、5万件を超える「いいね!」と1000を超えるコメントが集まっている。

    ファンからは辛辣な声も「エゴがこのチームを破壊する」

    「でも、“イブラヒモビッチ”はどこ(笑)
    「ズラタン>全選手+メッシ
    「彼は神」
    「うーん…多分ズラタンを忘れているよ(笑)
    レジェンド
    「あなた自身に十分な評価を与えていないと思うわ(笑)
    「ズラタンFCよりも優れたチームはない」

     などと賛同するコメントの一方で、「チャンピオンズリーグタイトルは0(笑)」「傲慢だな」「エゴがこのチームを破壊する」などと辛辣な声も少なくはなかった。

     195センチの長身と、抜群の身体能力を誇るイブラヒモビッチ。“全員イブラ軍団”は確かに強そうな気もする。チームの輪は欠きそうだが……。(THE ANSWER編集部)

    ズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLS】イブラヒモビッチが「史上最高のベスト11」発表も… 自由過ぎる人選に大反響】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    イブラヒモビッチから指名されたボトルキャップチャレンジで規格外の一撃

     SNSを通じて世界で流行しつつある「ボトルキャップチャレンジ」で、サッカー界から新たなスタイルでの成功者が現れた。フランス代表MFポール・ポグバマンチェスター・ユナイテッド)が投稿した動画が話題を呼んでいる。

     ボトルキャップチャレンジとは、後ろ回し蹴りで小さなボトルのキャップを回し開けるという試みで、過去のアイスバケツチャレンジやマネキンチャレンジなどと同様に世界中で流行しているムーブメントの一つ。ハリウッドスターなども動画をアップして盛り上がっている。

     そうしたなかで先日、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチロサンゼルスギャラクシー)が鮮やかな後ろ回し蹴りで見事成功させる動画を公開。そこで“次”として指名されたのがポグバだったが、ユナイテッドスターはなんと2本同時という離れ業に挑戦した。

    「ズラタン、ボトルキャップチャレンジへの招待ありがとう。ちょっと“ポグタッチ”をしてみたよ」というコメントが添えられた動画では、ズラタンと同じような後ろ回し蹴りで2本のボトルのキャップを一気にオープン。まさに規格外の一撃は、日本時間の7日11時の時点ですでに770万回以上再生され、米スポーツ専門局「ESPN」公式ツイッターは「ズラタンに堂々たる回答」と綴って動画を紹介していた。(Football ZONE web編集部)

    マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポグバ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「ズラタンに堂々たる回答」 ポグバ、“ダブルボトル回し蹴り”の離れ業に770万超反響】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    「IBRAHIMOVIC」のはずが…「IRBAHIMOVIC」の異様な文字列に

     米メジャーリーグサッカーMLS)で、カリスマストライカーがまさかのスペルミスに襲われた。現地時間4日にトロントFCと対戦したロサンゼルスギャラクシーは、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの2ゴールで勝利を収めたが、その背中には異様な文字列があった。

     イブラヒモビッチの正しいスペルは「IBRAHIMOVIC」だが、その背中に刻まれた文字列は「IRBAHIMOVIC」となっていた。“イルバヒモビッチ”と読めるが、実際の呼び名とは異なる名前となっており、衝撃のスペルミスはSNSで世界中に拡散されている。

     母国スウェーデンのTV局「SVT」は「全ての名前を正しくつづるのは簡単ではない。それは、スウェーデンの英雄的なサッカー選手でも同じだ」とレポート。さらに「2ゴールを決めたシューターは、イルバヒモビッチと命名された」と、茶目っ気たっぷりに伝えている。

     カリスマストライカーが試合前に自身のユニフォームに袖を通した時、ミスに気づいていたのかどうかは定かではないが、思わぬ形で注目を集めた試合で2ゴールと貫禄を示すあたりは、「さすが」と言うべきなのかもしれない。(Football ZONE web編集部)

    LAギャラクシーのFWイブラヒモビッチ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLS】2発のFWイブラヒモビッチ、ユニフォーム名で衝撃スペルミス…SNSで世界中に拡散】の続きを読む



    (出典 the-ans.jp)



    数年前に「アイス・バケツ・チャレンジ」がブームとなり、サッカー界でも投稿する選手が相次いだが、現在、SNSでは「ボトルキャップチャレンジ」(#BottleCapChallenge)が大流行の兆しを見せている。

    これはボトルのふたを蹴って開けるというもの。既に世界的な著名人から格闘家まで幅広く挑戦しており、日本では俳優のケイン・コスギ氏が成功したことで話題に。

    そんなチャレンジに、サッカー界で“最上級”の足技を持つ元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ(LAギャラクシー)が挑戦!

    華麗な回し蹴りから、ピンポイントでボトルのキャップを飛ばすことに成功!

    イブラヒモヴィッチは幼い頃から習ってきたというテコンドーで黒帯を取得しており、ピッチの上においてもアクロバティックなゴールを幾度となく決めてきた。

    今回の挑戦も映像を見ると力みなく成功させており、朝飯前といった雰囲気さえある。サッカー史上でも最高峰といえる「神の足」はやはり伊達ではなかった。

    【関連記事】「何もない。彼女にはもうズラタンがいる」珠玉のイブラ語録20選

    37歳になったイブラだが、今季もここまで15試合13ゴールと大暴れ中。まだまだサッカー界の玉座を明け渡すつもりはないようだ。

    イブラヒモヴィッチ、大流行の“ボトルキャップチャレンジ”で「神の足技」発動!これはえぐい…


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イブラヒモヴィッチ、大流行の“ボトルキャップチャレンジ”で「神の足技」発動!これはえぐい…】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    昨季からMLSのLAギャラクシープレーしているズラタン・イブラヒモヴィッチ

    サンノゼ・アースクエイクスとの“カリフォルニアクラシコ”に向けた会見での発言が話題になっている(動画4分10秒~)。

    ズラタン・イブラヒモヴィッチ

    「俺はたくさんのものを勝ち取りたいから、ここに来たと言った。

    リラックスするために、ここに来たわけじゃない。

    俺はそういう人間だ。これまでに33個ものトロフィーを勝ち取ってきた。MLS全体よりも多いかもしれない。

    だから、俺は自分がやっていることを分かっている。信じてくれ」

    これまでのMLS全てのタイトルよりも多くのトロフィーを勝ち取ってきたと豪語していたのだ。

    顔は笑っており、ジョーク混じりではあったが、彼らしい発言だと話題になっている。

    【関連記事】 「チームメイトとガチ喧嘩になった、サッカー界の5つの事件簿」

    だが、6月30日に行われた“カリ・クラシコ”はサンノゼが3-0で快勝。フル出場したイブラに得点はなかった。

    イブラヒモヴィッチ、また言いやがった!「俺はMLS全てよりも勝ってきた」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLS】イブラヒモヴィッチ、また言いやがった!「俺はMLS全てよりも勝ってきた」】の続きを読む

    このページのトップヘ