Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > MLS



    (出典 todoconblog.up.seesaa.net)



    1 3倍理論 ★ :2018/11/29(木) 05:57:31.65 ID:CAP_USER9.net

    元スペイン代表FWダビド・ビジャ(ニューヨーク・シティFC)が日本移籍に向けて動いているようだ。アメリカの大手テレビ局『フォックス』が28日、断定的に報じている。

     所属先のニューヨーク・シティFCは同日、ビジャの退団を正式発表。その後、ビジャは自身の公式SNSを通じて「僕の心と身体は新たな挑戦を欲している」と述べ、現役引退の噂を否定した。

     続いて『フォックス』のサッカー番ツイッターアカウント(@FOXSoccer)が反応。「ダビド・ビジャは壮大な4年間を経て、ニューヨーク・シティを去って日本に向かう」と投稿している。

     なお、現状では移籍先を報じた大手メディアはない。一方、日本への移籍が実現すれば、スペイン代表で共にプレーしたMFアンドレス・イニエスタ(神戸)、FWフェルナンド・トーレス(鳥栖)との再会となる。

     スペイン代表のエースストライカーとして活躍したビジャは2008年の欧州選手権、2010年の南アフリカワールドカップでそれぞれ得点王を獲得。代表通算59得点は同国の最多得点記録となっている。

     クラブレベルではスポルティング・ヒホンで頭角を表すと、サラゴサ、バレンシアでエースを担い、2010年にバルセロナへ移籍。初年度のUEFAチャンピオンズリーグ決勝では自身のゴールで優勝に導いた。13年にはA・マドリーにも在籍していた。

     アメリカ移籍を決断したのは14年夏、当時は創設されたばかりだったニューヨーク・シティFCを新天地に選んだ。当初はMLSに参入していなかったため、同じシティグループのメルボルン・シティFCに期限付き移籍。その後、4シーズンにわたってプレーしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-06985473-gekisaka-socc


    【【海外サッカー】元スペイン代表エース、FWダビド・ビジャがJリーグ移籍へ…】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    アメリカメジャーリーグサッカーロサンゼルスギャラクシーは、「元イングランド代表DFアシュリーコールとの契約を更新しない」と公式発表した。

    かつてアーセナルチェルシーで大活躍したアシュリーコール2016年ロサンゼルスギャラクシーに加入し、一時期はキャプテンも務めていた。

    アメリカでは86試合に出場して3ゴールを決めるなど結果を残してきたが、今季限りでチームを離れることになったとのこと。

    また、同時に元フランス代表DFミカエル・シアニら7名も契約満了になったことが発表されており、今後の去就が注目される。

    37歳アシュリー・コールがフリーに!次はどこへ行く?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】37歳アシュリー・コールがフリーに!次はどこへ行く?】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



     メジャーリーグサッカーMLS)のロサンゼルスギャラクシー(LAギャラクシー)が、選手たちの去就を発表している。イギリスメディアスカイスポーツ』が26日に報じた。

     MLSプレーオフを除く全リーグ戦が10月28日に終了。ロサンゼルスギャラクシーは西部リーグ7位でシーズンを終えた。そしてLAギャラクシーは、元イングランド代表DFアシュリーコール2019年以降の契約延長をしないことを決定。クラブ公式サイトで発表した。

     アーセナルチェルシーローマといった素晴らしいクラブと代表で、輝かしいキャリアを築いてきた37歳のアシュリーコール2016年ロサンゼルスギャラクシーと契約し新天地アメリカプレーをはじめると、今季はスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチとホットラインを構築していた。

     しかし今回、同クラブは冬に放出する8人の選手のうちの1人にA・コールを含めたという。

     A・コール2001年から2014年までイングランド代表で107キャップを記録。同代表で史上6番目に出場試合数の多い選手となっていた。

     一方、LAギャラクシーは、イブラヒモヴィッチを含む16人の選手と来季以降も契約する意向を発表した。

     なお、イブラヒモヴィッチについては、セリエAミランが獲得を画策をしているとの報道があり、ここ数週間の去就情報に注目が集まっている。

     今月初めには2019年もLAギャラクシープレーする意向を示していたイブラヒモヴィッチ。今季27試合で22得点を挙げたていたが、クラブの順位に不満がある模様。クラブについて次のようにコメントを残している。

    「俺が2019年も(LAギャラクシーに)戻ってくるためには、トロフィーに挑戦したいと思っている。俺は休暇のためにここにいるわけではない。チャレンジのためにここにいるんだ」

    「俺はMLSベストになるチャンスがあると思っている。俺のチームではなく、俺が最高だからね」

    ロサンゼルス・ギャラクシーでホットラインをつくりあげた左サイドバックのアシュリー・コール(右)とFWのイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLS】LAギャラクシー、37歳A・コールの放出を決定…イブラとは契約延長へ】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    1 Egg ★ :2018/11/23(金) 16:11:52.53 ID:CAP_USER9.net

     LAギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモ*(37)が、『BBC』のインタビューに応え、“イブラ節”を炸裂させた。

     今季、LAギャラクシーでプレーしたイブラヒモ*は衰え知らずのパフォーマンスを発揮し、27試合出場で22ゴール10アシストを記録。新人賞、ベストイレブン、年間最優秀ゴール賞などを受賞した。インタビューの中で、LAでの生活について次のように語った。

    「妻がいつかLAに住みたいと言っていた。ほかにもたくさん理由はあるが、それはLAを選んだ理由のひとつだね。LAが俺を選んだんじゃない、俺がLAを選んだ。家族はここにいることを幸せに感じているし、ストレスは少ない」

    「俺はLAにこれまでなかったものを与えたと感じている。俺というプレゼントを与えたんだ。彼らは俺を知り、俺の言う通りのことが起きた。ギャラクシーのデビュー戦で、自己紹介は10分で終わったよ。彼らは俺を理解したんだ」

     自宅には自身の足の写真が飾られているといい、「妻は俺のプライベートの写真を壁に掛けようとしないんだ。『あなたを見るのはもう十分』と言われるよ。足の写真が一枚掛けられていたからそれを公開したんだ」と説明した。

    「俺はこの足で美しいスポーツをプレーしている。醜いつま先でも気にしないよ。この足のお陰で食べていくことができるんだ。毎日足にキスしないといけないね。それは冗談だが、世界中のすべてのサッカー選手のつま先と足は醜い。そこに美しいものはないんだ」

     インタビューの最後には、独特の言い回しで“イブラ節”を炸裂させ、「俺は俺自身の惑星からやってきて、誰も目にしたことがないようなものを持ってきた。その惑星がゲットーみたいな地域だと思っていた人たちは俺のことを異物と見て歓迎しなかった。だけど今ではみんなが俺についてくるようになった。俺は俺の惑星、“ズラタン星”からきたんだ」と話した。

    11/23(金) 16:04配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-06253590-gekisaka-socc


    【【海外サッカー】<イブラヒモビッチ>「俺は“ズラタン星”からきたんだ」イブラ節炸裂…LAでの生活、“醜い足”について語る】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



     ロサンゼルスギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチミラン復帰が現実味を帯びてきたようだ。スペイン紙『マルカ』が20日に伝えている。

     以前からミラン復帰の可能性を報じられてきたイブラヒモヴィッチだが、条件面の隔たりなどもあって実現は困難とみられていた。しかし今回、『マルカ』が複数メディアの報道を引用、総合する形で伝えたところによると、古巣復帰が現実味を帯びてきているという。

     イタリアメディアスカイ』によると、ミランスポーツディレクター(SD)を務めるレオナルド氏が「イブラヒモヴィッチはミラン復帰へ非常に近づいている。それは事実だ」とコメント。「今はまだ決まっていないけどね。彼は特別なクオリティーを備えた選手で、ピッチ内外で選手のモチベーションを高めてくれる存在だ」と、加入が大きな意味を持つとの考えを明かしている。

     またイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、ミランイブラヒモヴィッチに対して6カ月で200万ユーロ(約2億6000万円)のサラリーを提示し、さらに長期の契約延長にも合意したと報じた。以前の報道では、ミランが半年間のオファーを提示していたのに対し、イブラヒモヴィッチはより長期の契約を求めていたと伝えられていた。今回の報道が事実であれば、ミラン側の歩み寄りによって復帰実現へ前進したと考えられる。

     イブラヒモヴィッチは2010年から2012年にかけてミランプレーし、パリ・サンジェルマンマンチェスター・Uを経て昨年3月からロサンゼルスギャラクシーに所属している。同クラブとの契約は2019年末まで残っているものの、ミランへの復帰が実現する可能性が高まってきているようだ。

    ミラン復帰に迫っていると報じられたイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】イブラ、ミランへの電撃復帰が迫る? レオナルドSD「それは事実だ」】の続きを読む

    このページのトップヘ