Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > MLS

    no title


    MLS(メジャーリーグサッカー)のDCユナイテッドに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、初のハットトリックを達成した。

    DCユナイテッドは16日、MLS第3節でレアルソルトレイクと対戦。先発出場したルーニーが圧巻のゴールショーを見せた。まずは34分、DCユナイテッドはPKを獲得すると、キッカーを務めたルーニーが右サイドに落ち着いて決め先制する。

    1-0で迎えた41分、前線からプレスをかけると、相手陣内でボールを奪ったレオナルド・ハラがスルーパス。これに反応したルーニーが、GKとの一対一を冷静に決め、2点目を記録する。

    前半を2-0で折り返して迎えた65分にも、相手ボールをフニオール・モレノが奪うと、ルシアーノ・アコスタへパス。アコスタがドリブルで持ち上がると、パスを受けたモレノがボックス内左から折り返し、飛び込んだルーニーが合わせてハットトリックを達成した。

    2018年にDCユナイテッドへと加入したルーニーは、1シーズン目は20試合に出場し12ゴール6アシストを記録。チームの攻撃の中心となっていたが、ハットトリックは記録していなかった。

    DCユナイテッド 5-0 レアルソルトレイク
    【DCユナイテッド
    ウェイン・ルーニー(前34)[PK]
    ウェイン・ルーニー(前41)
    ウェイン・ルーニー(後20)
    ルーカスロドリゲス(後31)
    ウリーゼス・セグラ(後35)

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLS】ルーニーが魅せる! MLSで初のハットトリックを達成!】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 むちむち太郎 ★ :2019/03/04(月) 15:25:55.63 ID:x5Rme7wR9.net

    間違いなくフロレンティーノ・ペレスが望んでいた回答ではない。ネイマール・ジュニオールは、ブラウグラナでプレーした過去に誇りを持ち、3日(日)にブラジルの『TV Globo』のインタビューを受け、レアル・マドリーからの関心を質問された際、その話とは距離を取った。

    「僕の夢はもう叶えたんだ。みんなが知っているように、僕の目標はバルセロナでプレーすることだったし、小さい頃から僕の夢は常にそれであった。そして僕はその夢を叶え、自分自身を実現した人間だと感じているよ」と2013年に5月にバルセロナと契約を結んだネイマールは力強い言葉を放ち、ほぼ6年が経ちまだ立ち直れていないフロレンティーノ・ペレスに不快感をもたらした。

    ネイマールは再びレオ・メッシやルイス・スアレス、そしてバルサへの愛を明らかにし、永遠のライバルへの扉を閉ざすことはなかった。「レアル・マドリーでプレーしたいかって?世界で最も優れたクラブの一つで、どんな選手でもマドリーでプレーしたいと感じるものさ。僕は今、ここパリで幸せを感じている。僕はここでとても良い感じだよ...だが、誰も将来起きることはわからない」と指摘した。

    ブラジル人は、フロレンティーノ・ペレスが会長を務めるクラブへの称賛を明確にすることを望んだ。だが、それは銀河系軍団の新たな一員になりたいという意味ではない。「お願いだから、僕はレアル・マドリーでプレーしたいとは言っていない!落ち着いてよ!僕はそんなこと言っていない!レアル・マドリーはとても偉大なクラブで、クオリティの高い選手は、誰でもレアル・マドリーのユニフォームを着てプレーしたいと思うもんだよ」と意見を述べた。

    彼の父親によってプロフェッショナルな環境があるネイマールは、不明確さの中に生きることが大好きであり、そのため『Qatar Sports Investments』がコントロールしているクラブへの忠実さを表明しているにも関わらず、常にパリ・サンジェルマンを去るための扉をオープンにしている。

    「サッカー選手の人生は非常に早く、望んでいないことが起き、誰も明日起きることはわからない。僕は今ここで幸せを感じているし、今のことを話すと、パリのことばかりを気にかけている...誰からの関心も感じることはないし、パリから出て行くことは望んでいないが、物事は一瞬のうちに起きるものだ」とネイは発言し、素早く締めくくった。「これから3ヶ月、誰も何が起きるかわからないし、移籍市場についての質問もわからない。会長がそのことについて話し、時々選手は出口がないということもある。僕のことについて話しているのではなく、例を挙げているだけさ」

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16106921/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【海外サッカー】ネイマール「レアル?僕の夢はバルサでプレーすること」】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    今冬のマーケットでミランへの移籍が噂されたものの、家族がアメリカに馴染んでいることもあってアメリカに残ることを決めたイブラヒモヴィッチ。

    自身2年目となるメジャーリーグサッカーでのシーズンスタートさせた彼は、開幕戦となったシカゴファイアーとの試合でいきなりゴールを決めた!

    1-1で迎えた80分。クロスバーに当たったクリス・ポントゥスのシュートのこぼれ球を、頭でゴッツァーンと押し込んだぞ。

    【関連記事】イブラは何位!「MLS、今年最もユニフォームが売れた人気選手TOP10」

    試合後にはデビュー戦で活躍した16歳のMFエフライン・アルバレスの頭をイジる場面も話題に。

    ちなみに、エフライン・アルバレスの愛称は「Efra」らしく、イブラヒモヴィッチの「Ibra」とだいぶ似ているぞ…。

    ともかく、今季37歳になったイブラヒモヴィッチに全く衰えは見られない。2019年ゴールラッシュが見られそうだ。

    イブラヒモヴィッチ、MLS開幕戦で今季初ゴール!こんな形だった


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イブラヒモヴィッチ、MLS開幕戦で今季初ゴール!こんな形だった】の続きを読む



    (出典 f1-gate.com)



    1 Egg ★ :2019/02/20(水) 18:40:37.48 ID:LKekads89.net

    英紙『ミラー』は世界のサッカークラブを保有するオーナーたちの資産ランキングを作成し、16日付で公開した。レッドブル社創業者のディートリヒ・マテシッツ氏が世界のクラブオーナーの中で最大の富豪だという。

     レッドブル社はMLS(メジャーリーグサッカー)のレッドブル・ニューヨークおよび南野拓実が所属するオーストリアのレッドブル・ザルツブルクのオーナー。マテシッツ氏の総資産は178億ポンド(約2兆5400億円)だとされている。

     2位はマンチェスター・シティーのオーナーであるUAE王族のシェイク・マンスール氏。MLSのニューヨーク・シティ、オーストラリアのメルボルン・シティ、スペインのジローナも傘下に収め、横浜F・マリノスの株式も保有するシティ・フットボール・グループの代表である同氏の資産は170億ポンド(約2兆4200億円)と見積もられている。

     3位には104億ポンド(約1兆4800億円)でユベントスのオーナーであるアニェッリ一家が続く。4位はMLSのロサンゼルス・ギャラクシーなどのオーナーである米国のフィリップ・アンシューツ氏、5位はチェルシーのオーナーであるロシアのロマン・アブラモ*氏。

     6位にはアーセナルのスタン・クロンケ氏、7位にはパリ・サンジェルマンのナセル・アル・ケライフィ氏、8位にはフラムのシャヒド・ハーン氏、9位にはインテルの張康陽氏、10位にはトッテナムのジョー・ルイス氏がランクイン。トップ10のうち半分の5人がプレミアリーグクラブのオーナーで占められている。

    2/17(日) 20:31 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190217-00309829-footballc-socc


    【【海外サッカー】<1位は驚愕の“2兆5400億円”…>サッカー界一番の金持ちオーナーとは?】の続きを読む

    no title


     ロサンゼルスギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、レアル・マドリード所属のクロアチア代表MFルカ・モドリッチを称賛した。

     モドリッチは2018 FIFAワールドカップ ロシアクロアチア代表の中心選手として活躍。主将としてチームを準優勝に導き、大会の最優秀選手に選ばれていた。また、所属するレアル・マドリードでもチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に貢献し、バロンドールUEFA欧州サッカー連盟)とFIFA国際サッカー連盟)の年間最優秀選手賞も受賞していた。

     イブラヒモヴィッチはモドリッチについて以下のようにコメント。同選手の持つ戦術眼やテクニックを称賛し、昨年の活躍ぶりを称えた。

    「モドリッチは世界で最も完成されたMFのひとりだ。試合運びと試合を読む力には驚かされる。ボール扱いも素晴らしい。かなり前に対戦したことがあるけど、彼はまだ若かった。でも今は経験豊富だ」

    「彼がバロンドールやW杯の最優秀選手賞に選ばれて嬉しかった。サッカー選手にとって、このような賞をもらえるのはよくあることではない。そして、大抵はストライカーのものになる。2018年はまさにモドリッチの年だった。俺と母はクロアチアルーツを持っているから、彼の受賞は同じ民族として嬉しいね」

    イブラ(左)がモドリッチ(右)を称賛 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「昨年は彼の年」…イブラがモドリッチを称賛「世界で最も完成されたMF」】の続きを読む

    このページのトップヘ