Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > MLS



    (出典 www.soccer-king.jp)



     ロサンゼルスギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチはかつてマンチェスター・Cに加入目前であったことを明かした。19日にイギリス紙『ミラー』が報じている。

     イブラヒモヴィッチは2009-10シーズンインテルからバルセロナへと加入。しかし、当時クラブを率いていたジョセップ・グアルディオラ監督と衝突し、わずか1年で退団することとなった。

     当時マンチェスター・Cは元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスのパートーナーとなるべくストライカーの獲得を望んでいた。イブラヒモヴィッチが獲得可能となり、オファーをするも交渉は破談に終わった。最終的に同選手はミランへとレンタル移籍を果たし、イタリアに復帰した。

     イブラヒモヴィッチは当時について次のように語っている。

    バルセロナに在籍していた時、マンチェスター・Cに行くチャンスがあったんだ。しかし、当時僕は幸せになりたかったため、オファーを拒否したんだ」

    イタリアに復帰すればまたサッカーを楽しめると思っていた。イタリアの雰囲気や、サッカースタイルをわかっていたからね。マンチェスター・Cに行くことが自分にとって幸せかわからなかったんだ」

    「新たなクラブに行きたいという好奇心はなかった。ミランも新たなクラブであったが、インテルで3年間プレーしていたから安心だった。たまには安全な選択を選ぶことだってあるよ」

    イブラヒモヴィッチはマンチェスター・C加入目前だったようだ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イブラ、2010年にマンC移籍を拒否した理由明かす「幸せになりたかった」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 数の子 ★ :2019/03/20(水) 09:32:54.05 ID:kHXT4Uio9.net

    LAギャラクシーFWズラタン・イブラヒモヴィッチにとって、プレミアリーグは「過大評価」のようだ。


    母国スウェーデンを離れた後、オランダ、イタリア、スペイン、フランスと行く先々でリーグタイトルを手にしてきたイブラヒモヴィッチ。計12回のリーグ優勝を経験した後、2016年にマンチェスター・ユナイテッドへ加入。2シーズンで53試合に出場し、29ゴール10アシストを記録した。

    現在はアメリカのMLSでプレーする37歳FWだが、英『デイリー・ミラー』のインタビューでプレミアリーグの印象について語っている。

    「思い描いていたのとまったく同じだった。過度に宣伝され、とても激しく、非常にテンポが速い。それは良かったが、クオリティについては過大評価だ。技術的な面から見ればね。だが、ペースとインテンシティは激しかった。この2つに対処できなければ、生き残ることはできない」

    「10年早く来ていれば、1つだけ想像できる。違ったストーリーになっただろう。ファンにとってはより残念だ。もしもっと早く来ていれば、違うアニマルを見ることができただろう」

    そして、2010年のバルセロナ退団時にマンチェスター・シティへ移籍する可能性があったことを明かした。

    「バルセロナにいた時、シティへ行くチャンスがあった。だがバルセロナでの出来事の後、幸せを見つける必要があった。イタリアに戻り、そこで幸せだった。戻れば幸せをつかめると知っていた*。シティへ行った場合、幸せになれるかわからなかった」

    「新しいクラブだ。ミランもそうだったが、インテルに3年いたのでミラノを知っていた。少し安全なカードをとったね」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00010002-goal-socc


    【【海外サッカー】“イブラ節”炸裂!「プレミアリーグは速く激しい。だが、過大評価だ」】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    [19日 ロイター] - サッカーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、古巣マンチェスター・ユナイテッドマンUイングランド)でプレーするフランス代表MFポール・ポグバ(26)を「世界最高の選手になれる」と称賛した。

    ポグバは昨年のワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場し、チームの要としてフランスの優勝に貢献した。ただ、クラブではジョゼ・モウリーニョ前監督の下で不振に苦しみ、スタメン落ちが続いていた。

    昨年12月にオーレ・グンナー・スールシャール氏が暫定監督に就いてからは一転し、公式戦で9得点、7アシストの活躍を見せている。

    マンU時代にポグバと1シーズン半ともにプレーした、米メジャーリーグサッカーMLS)のギャラクシー所属のイブラヒモビッチミラー紙に対し「ポグバは彼のポジションにおいて、世界最高の選手になる潜在能力を持っていると思う」と述べ、「彼はいい人間で、一生懸命トレーニングをするし、話を聞く。うまくなりたいし、勝ちたい、毎試合いいパフォーマンスをしたいと思っている」と称賛した。

    ポグバは、サー・アレックス・ファーガソン氏の下でマンU黄金時代を築いた「92年組」のガリー・ネビル氏、ポール・スコールズ氏から今季始めの低調なパフォーマンスについて批判を受けていた。イブラヒモビッチは「あれほどのレベルの選手になれば、褒められることもあれば、けなされることもある。彼の妨げにはならない」との見解を示した。

     3月19日、サッカーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(写真)は、古巣マンチェスター・ユナイテッドでプレーするフランス代表MFポール・ポグバを「世界最高の選手になれる」と称賛した。米カリフォルニア州カーソンで2月撮影(2019年 ロイター/Jake Roth-USA TODAY Sports)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イブラヒモビッチ、ポグバを称賛「世界最高の選手になれる」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    ズラタン・イブラヒモヴィッチにかつてマンチェスター・シティ移籍の可能性があったようだ。

    それはジョゼップ・グアルディオラ監督と衝突してバルセロナを退団した2010年のこと。

    当時の指揮官ロベルト・マンチーニカルロス・テベスとイブラを組ませたがっていたという。では、なぜシティ移籍を断ったのか…。

    『Mirror』によれば、こう述べたという。

    ズラタン・イブラヒモヴィッチ

    バルセロナにいた時、マンチェスター・シティに行くチャンスがあった。

    だが、バルセロナで過ごした時間の後、自分は幸せを見つける必要があったんだ」

    イタリアに戻る。イタリアでは幸せだったし、戻れば幸せになるだろうことは分かっていた。

    シティに行ったら幸せになるかは分からなかった、違うチャレンジだからね。

    ミランも(自分にとって)新しいクラブではあった。

    だが、インテルで3年過ごしていたので、あの街のことは知っていた。

    あの国のことも知っていたので、ちょっと安全なカードを選んだのさ」

    なお、グアルディオラ監督がシティの指揮官になったのも、イブラマンチェスター・ユナイテッドに移籍したのも2016年

    【関連記事】「ペップのマンチェスター・シティが獲得に失敗した5人のスター」

    もし2010年に彼がシティに入っていたら、どうなっていただろうか。

    イブラヒモヴィッチ「マンチェスター・シティ移籍を断った」と暴露!なぜ?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イブラヒモヴィッチ「マンチェスター・シティ移籍を断った」と暴露!なぜ?】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    UEFAチャンピオンズリーグレアル・マドリーを撃破したアヤックス。準々決勝ではユヴェントスとの対戦が決まった。

    アヤックスとユーヴェでプレーした経験を持つ選手といえば、ズラタン・イブラヒモヴィッチ。『Voetbal International』によれば、こう述べたという。

    ズラタン・イブラヒモヴィッチ

    アヤックスレアル・マドリーとの対戦で素晴らしいことをやったよ。

    クラブの全ての人間、そしてファンのことが本当に嬉しい。

    これが俺たち皆が見たかったアヤックスだ。多くの生え抜き選手がいて、気合いと質を備えたプレーをするチームさ」

    レアル相手にアヤックスチャンスがあると事前に信じている者は誰もいなかった。

    だが、自らの強さを信じてプレーしたことで、相手は関係なく、トップパフォーマンスを成し遂げたね」

    古巣同士の対決を楽しみにしているというイブラ

    【関連記事】 実はCLで優勝したことがない5人のスーパースター

    ただ、「どちらも俺のクラブだと思っている」として、勝ってほしいチームについては言及しなかったそう。

    イブラ、レアル撃破の古巣アヤックスを賞賛!「見たかったやつ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イブラ、レアル撃破の古巣アヤックスを賞賛!「見たかったやつ」】の続きを読む

    このページのトップヘ