Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > MLS



    (出典 football-tribe.com)



    英誌のインタビューに登場 「プレミアリーグは好きだった」

     アメリカMLSメジャーリーグサッカーロサンゼルスギャラクシープレーする元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、英サッカー専門誌「フォーフォー・トゥー」のインタビューで、マンチェスター・ユナイテッドでの時間を最高に誇りに思うと語った。一方で、イングランドプレミアリーグレベルは過大評価されているともコメントしている。

     現在37歳のイブラヒモビッチアヤックスユベントスインテルバルセロナACミランパリ・サンジェルマンPSG)などでプレーした後、2016年夏にユナイテッドに加入。公式戦通算28ゴールを挙げてチームリーグカップヨーロッパリーグタイトル獲得に尽力し、18年3月にLAギャラクシーへ移籍した。

     膝の靭帯断裂の怪我がなければ、ユナイテッドでもっと活躍していたはずのイブラヒモビッチは、「周りの人間は『イングランドに行く必要はないんじゃないか。向こうで失敗したら、イングランドでやるには実力が不十分だったとこれからずっと言われるぞ』と言っていた。誰もが反対していた。そしてどうなったと思う? それが俺のモチベーションをアップさせた。アドレナリンが噴き出たね」と、周囲のネガティブな意見が闘志に火をつけたと語った。

     そして参戦したイングランド時代について、イブラヒモビッチは「プレミアリーグは好きだった。とてもモチベーションがあるし、エキサイティングだった。注目度も高いしね。ただ、そのクオリティーは少し過大評価されていると思う。個々のクオリティーとか技術的な部分でね。でもリズムは速いよ。最高の選手であっても、リズムペースについていけなかったら、成功はできないだろうね」とコメントプレミアリーグレベルは、思ったより高くなかったと本音を垣間見せた。

    「ユナイテッドに行けて最高に誇りに思っているし、最高にハッピーだよ。正しい決断だった。素晴らしい時間を過ごし、素晴らしい思い出がある」と振り返ったイブラヒモビッチ。もっとも「前も言ったけど、俺が10年前にイングランドに来なくて君たちはラッキーだったよ。俺は35歳であれだけやったんだ。25歳だったらどうだったか想像してほしい。違う話になっていたと思うよ」と、いつもながらのイブラ節で自信を示していた。


    Football ZONE web編集部)

    マンチェスター・ユナイテッド時代のFWイブラヒモビッチ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】プレミアは「過大評価されている」 イブラヒモビッチ、マンU時代を回顧「最高に誇り」】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 数の子 ★ :2018/11/06(火) 21:11:34.75 ID:CAP_USER9.net

    現在、MLSのロサンゼルス・ギャラクシーでプレーするズラタン・イブラヒモ*は、オランダ、イタリア、スペイン、フランスと欧州のあらゆる主要リーグでトロフィーを手にした。そしてヨーロッパで最後の舞台となったのが、イングランドのプレミアリーグだ。

     2016年にマンチェスター・ユナイテッドに移籍したイブラヒモ*は、1年目にFAカップとヨーロッパリーグ優勝に貢献したが、春に膝のじん帯を痛める重傷を負い、戦線離脱を余儀なくされた。一度は復帰したものの、その後ユナイテッドと契約を解消。新大陸へと向かった。

     英誌『FourFourTwo』のインタビューでイブラヒモ*は、「長いキャリアで様々な国やクラブを経験してきた」と、プレミア挑戦を決めた時のことを振り返っている。

    「イングランドに行く必要はないと言われたよ。失敗すれば叩かれるから、とね。みんな反対していた。でもそれらの声は、俺のモチベーションになったんだ。アドレナリンが出たのさ」

     プレミアリーグが大好きだというイブラヒモ*は、「やる気を引き出すエキサイティングなリーグ」と評価する。

    「注目度も高い。技術面での個々のクオリティーは少し過大評価されていると感じるけど、でも、リズムはすごいよ。どんな一流選手でも、リズムやペースをつかめなければ成功できないんだ」
     
     またイブラヒモ*は、「ユナイテッドに移籍したことにはとても満足しているし、非常に誇らしく思っている」と、“赤い悪魔”への想いも口にした。

    「俺たちは勝った。ケガをするまで、俺は十分に役割をまっとうした。素晴らしい時間を過ごしたし、素晴らしい思い出だよ。ユナイテッドには絆を感じる。サポーターも素晴らしい。どこに行っても赤いユニホームを目にした。ファンタスティックだったよ。キャリアにおいて非常に重要な時間だった」

     イングランド挑戦は36歳になる少し前のことだった。そのことについてイブラヒモ*は、「移籍したのが10年前じゃなかったのはラッキーだった」と続けている。

    「35歳であれだけだったんだから、25歳だったらどうだったか想像してみなよ。まったく違うことになっていただろうね」

     37歳になったいまでも存在感を発揮し、古巣ミランへの復帰も噂されるイブラヒモ*。再び欧州でその雄姿を見ることはあるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181106-00049915-sdigestw-socc


    【【海外サッカー】「クオリティーは過大評価されてるがリズムは凄い!」 イブラヒモビッチがプレミアリーグを語る】の続きを読む



    (出典 the-ans.jp)



    37歳のカリスマを巡り、古巣ミランマンU復帰説が浮上

     MLSメジャーリーグサッカー)のLAギャラクシーで今季からプレーする元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチには現在、様々な欧州復帰の噂が浮上している。

     10月で37歳となった今も衰えることを知らないカリスマは、今年3月にアメリカに渡って以降、27試合で22得点10アシストを記録。MLSの得点ランキングで2位につける活躍を見せている。同選手の現行契約は今年12月までとなっており、その後の去就に注目が集まっている。

    「コリエレ・デラ・セーラ」や「トゥット・スポルト」など複数のイタリア紙は、イブラヒモビッチACミラン移籍を望み、クラブ話し合いを行っていると報じているが、イブラヒモビッチが1年半の契約を求めているのに対し、クラブ側は6カ月のオファーしか用意していないという。

     一方で米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は、イブラヒモビッチが渡米する前に2シーズン在籍したマンチェスター・ユナイテッドジョゼ・モウリーニョ監督が、アプローチをしていると報道。“師弟関係”にある二人だけに、今後の動向が気になるところだ。

     そうしたなか、米メディア「TMZスポーツ」がロサンゼルス空港でイブラヒモビッチを直撃。今後の去就について質問すると、「常に噂はあるものさ。世界中が私を欲しがっているからね」と答えた。稀代の名ストライカーは、今冬以降も新たな伝説の1ページを書き加えていくのか。その去就に、世界から熱い視線が送られている。


    Football ZONE web編集部)

    LAギャラクシーのFWイブラヒモビッチ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イブラヒモビッチ“欧州復帰”の噂が過熱 本人も豪語「世界中が私を欲しがっている」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



     アメリカメジャーリーグサッカーMLS)のロサンゼルスギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチミランの思惑が食い違っているようだ。4日、イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』をはじめ複数メディアが報じている。

     今年末で現行契約が満了するイブラヒモヴィッチについては、10月上旬からミラン復帰の可能性が伝えられていたものの、代理人を務めるミノ・ライオラ氏が報道を否定していた。

     しかし、ロサンゼルスギャラクシーが今シーズンリーグ最終戦で敗れ、プレーオフ進出を逃しシーズンを終えたことで、再びミラン移籍の報道が過熱している。

     現在水面下でイブラヒモヴィッチ側とミランフロントが交渉を重ねているようだ。しかし報道によると、ミラン側は今シーズン終了時までの半年+延長オプションというオファーを用意しているが、一方のイブラヒモヴィッチは1年半の契約を望んでいるようだ。

     同選手は以前から欧州復帰を希望していると伝えられているが、この食い違いを修正し合意に達することができるだろうか、注目が集まっている。

    果たしてイブラヒモヴィッチはミランに復帰するのだろうか [写真]=Shaun Clark/Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イブラヒモヴィッチ、ミラン復帰が近づくも希望の契約期間に隔たりか】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    ▽DCユナイテッドに所属するFWウェイン・ルーニー(33)が1試合限定でイングランド代表に復帰する可能性を、イギリスBBC』が報じている。

    2003年にフル代表初招集を受けたルーニー17歳と111日のデビューにより、当時の代表最年少出場記録を更新した。2017年8月の代表引退発表までの通算成績は、119試合53得点。出場数はGKピーター・シルトンに次ぐ歴代2位で、得点数はFWボビー・チャールトンを凌いで歴代1位の記録を保持した。

    ルーニーの招集が見込まれるのは、15日に聖地ウェンブリー・スタジアムで行われる国際親善試合アメリカ代表戦。招集外が続いた末の代表引退となった同選手にとって、直接別れを告げる最後の試合になると目されている。また、その試合ではチャリティー活動も予定されているようだ。

    ▽今年7月からメジャーリーグサッカー(MLS)でプレーするルーニーは、リーグ20試合12ゴール6アシストマーク。DCユナイテッドプレーオフ進出の原動力となり、MLSMVP候補にノミネートされるなど、そのプレーは輝き続けている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ルーニー、1試合限定でイングランド代表復帰へ! BBC報じる】の続きを読む

    このページのトップヘ