Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > MLS



    (出典 www.bettingtop10.com)



    スウェーデンのレジェンドがつま先を踏まれた相手にビンタで反撃、一発退場に

     米国のサッカーで、あの元スウェーデン代表のレジェンドが信じられないような愚行で退場処分を食らったシーンが話題を呼んでいる。つま先を踏まれた相手に対して、すかさずビンタをお見舞い。一発レッドカードが出された。このシーンをMLS(メジャーリーグサッカー)の公式ツイッターが動画で公開。米メディアもこの場面をクローズアップしている。

     ロサンゼルス・ギャラクシーのズラタン・イブラヒモビッチが、最悪の形で脚光を浴びてしまった。21日(日本時間22日)のモントリオール・インパクト戦だ。前半の41分。イブラヒモビッチを執拗にマークする、相手チームのマイケル・ペトラッソにつま先を踏まれた。

     次の瞬間だ。イブラヒモビッチのイライラがピークに達した。右手でペトラッソの右側頭部付近にビンタをお見舞いしたのだ。崩れ落ちる相手と同時に、自身も右足のつま先を気にするそぶりを見せながら、うずくまったのだ。

     誤魔化そうとしたが、この“蛮行”が見逃されるはずがない。ビデオ判定で確認したレフェリーは、つま先を踏んだペトラッソにイエローカード。そして悪質なビンタを繰り出したイブラヒモビッチにはレッドカードを提示した。イブラヒモビッチは両手を膝についてガックリとうなだれていた。

    「ズラタン・イブラヒモビッチが平手打ち後に負傷したふりをしレッドカード」

     こう報じているのは米地元紙「USAトゥデー」だった。

    「ギャラクシーのファンはズラタン体験の違う側面を目の当たりにした」

    「ズラタン・イブラヒモビッチはLAギャラクシーの最もダイナミックな才能だろう。彼はMLSのレベルを変えうる――時に悪い方向へ。月曜、ギャラクシーのファンはズラタン体験の違う側面を目の当たりにした」

     イブラヒモビッチの未だ衰えぬポテンシャルの高さは、誰もが認めるところだが、以前からしばしば垣間見られる素行の悪さも表面化したことを伝えている。

     このプレーを公開したMLSの公式ツイッターには、ファンからの呆れるような書き込みが相次いでいた。

    「レジェンドなだけで、MLSのルールより上ということではない」
    「競り合ってつま先を踏むのは許容範囲。平手打ちやパンチはノーだ」
    「二人同時に倒れこむ様子が好き」
    「サッカーって変なの」
    「ズラタンへのリスペクトが薄れゆく…」
    「ライオンの行動じゃないね笑」
    「いやいやいや。神たるズラタンに足を乗せるなど許されない。罪だよ」

     ロシアW杯のスウェーデン代表に返り咲くことはかなわず。そんなうっ憤もたまっていたのだろうか。イブラヒモビッチが米国でも“らしさ”を発揮してしまった。(THE ANSWER編集部)

    ズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】悪童イブラヒモビッチ、足踏まれた相手にビンタ見舞い一発退場 「リスペクトが…」】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    元英代表主将のルーニー移籍も噂されるアメリカ行きが有力と報道

     日本代表FW本田圭佑は、今季限りでパチューカとの契約が切れるため、その去就が注目されている。欧州やJリーグへの復帰説、バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタの移籍が囁かれるオーストラリアも候補に浮上するなか、イタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」は「彼はメジャーリーグサッカーを目指す」と米MLS行きが有力だと報じている。

     本田は2018年からスタートしたリーガMX(メキシコリーグ)後期リーグで圧巻のパフォーマンスを披露。7得点7アシストといずれもチームトップの成績を残し、チームの攻撃を力強く牽引した。惜しくも優勝決定プレーオフに進出できる8位以内に一歩及ばず、4月28日に行われた最終節アトラス戦(0-0)でシーズン終了となったが、メキシコ挑戦1年目で確かな足跡を残した。

     本田は3日に帰国してトレーニングを再開。今年6月で現行の契約が切れるため、スペインやオーストラリア、Jリーグなどが移籍先候補に浮上するなか、かねてから挙がっているアメリカ行きの可能性が徐々に高まっているようだ。

     記事では、「元ミラン・ホンダ:日本には帰らない」とセリエAの名門ACミランで3年半10番を背負った男に言及。次のように展望している。

    「今はまだケイスケ・ホンダにとって日本に帰る時ではない。1986年生まれの元ミランは、パチューカを離れることを決めた。しかし、Jリーグ(クラブ)からオファーがあったにもかかわらず、彼はメジャーリーグサッカーを目指す」

     4月に自身のツイッターで、「親愛なるメキシコの人々へ」とパチューカ退団の可能性を示唆していた本田。MLSはミラン退団時から再三浮上してきたが、エバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーの移籍も噂されるアメリカへ渡ることになるのだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    去就が注目されている本田圭佑【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】パチューカ本田圭佑、アメリカ行きに傾く!?】の続きを読む



    (出典 commonpost.info)



    1 久太郎 ★ :2018/05/12(土) 13:25:44.23 ID:CAP_USER9.net

    MLSがリーグ所属選手のサラリーを発表した。バスティアン・シュバインシュタイガー、マイケル・ブラッドリー、ダビド・ビジャら、ヨーロッパで実績のある有名選手が上位を占めた一方で、3月からMLSに新天地を求めたズラタン・イブラヒモ*は上位にランクインしなかった。トップ10は次のとおり。

    ■2018-2019MLSプレーヤー年俸トップ10

    1:バスティアン・シュバインシュタイガー(ドイツ/シカゴ・ファイアー)|610万ドル(約6億5800万円)

    2:マイケル・ブラッドリー(アメリカ/トロントFC)|600万ドル(約6億4800万円)

    3:ダビド・ビジャ(スペイン/ニューヨーク・シティFC)|561万ドル(約6億0600万円)

    4:セバスティアン・ジョビンコ(イタリア/トロントFC)|560万ドル(約6億0500万円)

    5:ジョジー・アルティドール(アメリカ/トロントFC)|500万ドル(約5億4000万円)

    6:カルロス・ベラ(メキシコ/ロサンゼルスFC)|450万ドル(約4億8600万円)

    7:ジオバニ・ドス・サントス(メキシコ/LAギャラクシー)|425万ドル(約4億5900万円)

    8:ディエゴ・ヴァレリ(アルゼンチン/ポートランド・ティンバーズ)|232万ドル(約2億5000万円)

    9:ホナタン・ドス・サントス(メキシコ/LAギャラクシー)|200万ドル(約2億1600万円)

    9:マキシ・モラレス(アルゼンチン/ニューヨーク・シティFC)|200万ドル(約2億1600万円)

    イブラヒモ*はマンチェスター・ユナイテッド時代、年間2700万ドル(約29億円)ものサラリーを手にしていたとされる。しかし、MLSでは年俸に上限があるサラリーキャップ制度が設けられており、デジグネイティッド・プレーヤー・ルール」(特別指定選手制度)でその上限を超えた条件で選手を獲得することもできるが、LAギャラクシーはすでにその枠を使い切っていた。そのため「イブラヒモ*は95パーセントの収入減を受け入れてMLSに移籍した」と一部メディアで報じられていた。

    イブラヒモ*がLAギャラクシーで受け取っているサラリーは、150万ドル(約1億6200万円)と掲載されている。もちろん、年俸とは異なる収入はここに加算されていないが、マンチェスター・U時代に比べて、年俸は大幅ダウンとなっていたもよう。

    鳴り物入りでアメリカへ移籍したイブラヒモ*だったが、年俸トップ10の条件からは程遠く、大幅なサラリー減を受け入れた上でのMLS参戦だったようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00000006-goal-socc


    【【海外サッカー】MLS選手の年俸が明らかに…イブラヒモビッチは1億6200万円の格安でトップ10にも入らず…】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    今季限りでアトレチコを去る“神の子”が同胞ビジャらがプレーするMLS行きが濃厚に

     今季限りでアトレチコ・マドリードを退団する元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの新天地は、米MLS(メジャーリーグサッカー)が濃厚のようだ。 “エル・ニーニョ(神の子)”の愛称で知られるストライカーは、シカゴに本拠地を置くシカゴ・ファイアーと契約間近だという。スペインラジオ局「COPE」が報じた。

     34歳のトーレスは2015年1月にミランからプロデビューを果たしたアトレチコに復帰。キャプテンも務めたクラブのアイドルは今季限りで退団することが決まっている。

     その新天地が注目されるが、どうやら同胞FWダビド・ビジャ(ニューヨーク・シティFC)らがプレーするMLSへの移籍が近づいているようだ。

     有力候補となっているのはアトレチコでトーレスと元同僚だったヴェリコ・パウノヴィッチ監督が率いるシカゴ・ファイアー。同クラブの代表者がすでにマドリード入りし、移籍に向けた交渉を進めているという。

     多くのスターがプレーしてきたMLSの舞台に神の子が降臨する可能性が高まっている。


    (Football ZONE web編集部)

    今季限りでアトレチコを去るトーレスだが、MLS行きが濃厚になっている【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】アトレチコFWトーレス、新天地はMLSか!?】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    レアル移籍の噂が浮上するネイマール、スペイン紙はC・ロナウドとの共存に言及

     サッカー界屈指のスター共存が見られるのだろうか。パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールは今夏のレアル・マドリード移籍が噂されるなか、スペイン紙「マルカ」は同選手が「クリスティアーノ・ロナウドと並んでプレーしたいと思っている」と報じ、注目の去就問題ついて言及している。

     ネイマールは昨夏にバルセロナからサッカー界史上最高額の2億2200万ユーロ(約290億円)でPSGへ移籍。26歳のストライカーは2月に右足を負傷するまで公式戦30試合で28得点を決めるなどフランス挑戦1年目からその実力を示していた。

     しかし、その一方でわずか1年でPSGを退団するとの噂も過熱している。レアルの機関紙「マルカ」によれば、“白い巨人”の愛称で知られる欧州王者はネイマール獲得の可能性について継続的に探り続けており、ネイマールもロナウドと一緒にプレーしたいと発言しているという。レアルのエースであるロナウドもネイマールとの共存に問題はないと考えているようだ。

     ロナウド、フランス代表FWカリム・ベンゼマ、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの3トップ「BBC」に続き、ロナウドとネイマールという世界最高のタレント二人を軸にした新たな攻撃ユニット形成の夢が膨らんでいる。

     当初、レアルは2019年夏のネイマール獲得を目指していたが、それが1年前倒しとなる可能性が指摘されている。レアルの宿敵バルセロナで活躍したネイマール。PSGでのプレーを挟み、間接的な“禁断の移籍”が実現することはあるのだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    レアル移籍の噂が浮上するネイマール、スペイン紙はC・ロナウドとの共存に言及【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ネイマール、C・ロナウドと共闘熱望か レアル移籍前倒しで間接的“禁断移籍”も…】の続きを読む

    このページのトップヘ