Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > MLS



    (出典 f.image.geki.jp)



     ロサンゼルスギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチミラン復帰が現実味を帯びてきたようだ。スペイン紙『マルカ』が20日に伝えている。

     以前からミラン復帰の可能性を報じられてきたイブラヒモヴィッチだが、条件面の隔たりなどもあって実現は困難とみられていた。しかし今回、『マルカ』が複数メディアの報道を引用、総合する形で伝えたところによると、古巣復帰が現実味を帯びてきているという。

     イタリアメディアスカイ』によると、ミランスポーツディレクター(SD)を務めるレオナルド氏が「イブラヒモヴィッチはミラン復帰へ非常に近づいている。それは事実だ」とコメント。「今はまだ決まっていないけどね。彼は特別なクオリティーを備えた選手で、ピッチ内外で選手のモチベーションを高めてくれる存在だ」と、加入が大きな意味を持つとの考えを明かしている。

     またイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、ミランイブラヒモヴィッチに対して6カ月で200万ユーロ(約2億6000万円)のサラリーを提示し、さらに長期の契約延長にも合意したと報じた。以前の報道では、ミランが半年間のオファーを提示していたのに対し、イブラヒモヴィッチはより長期の契約を求めていたと伝えられていた。今回の報道が事実であれば、ミラン側の歩み寄りによって復帰実現へ前進したと考えられる。

     イブラヒモヴィッチは2010年から2012年にかけてミランプレーし、パリ・サンジェルマンマンチェスター・Uを経て昨年3月からロサンゼルスギャラクシーに所属している。同クラブとの契約は2019年末まで残っているものの、ミランへの復帰が実現する可能性が高まってきているようだ。

    ミラン復帰に迫っていると報じられたイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】イブラ、ミランへの電撃復帰が迫る? レオナルドSD「それは事実だ」】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    ロサンゼルスギャラクシーは、来シーズンも元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(37)に同クラブプレーして欲しいと考えているようだ。イタリアスカイスポーツ』が伝えている。

    ▽世界屈指のゴールゲッターとしてバルセロナミランパリ・サンジェルマン(PSG)といったビッグクラブを渡り歩き、2018年3月にマンチェスター・ユナイテッドからロサンゼルスギャラクシーに加入したイブラヒモビッチ。新天地では22ゴール10アシストを記録し、MLS年間ベストイレブンに選出され、新人賞も獲得した。

    ▽そんなイブラヒモビッチには最近ミランが連れ戻しを画策していることが伝えられている。しかし、本人は「ヨーロッパからの関心はある」と明かしつつも、「優先事項はギャラクシー」と残留を示唆していた。

    ▽これに対して、ロサンゼルスギャラクシーテクニカルディレクターを務めるヨハン・キロフスキ氏も、イブラヒモビッチクラブに残す考えであることを主張。同選手の存在がクラブリーグ全体にとって有益であることを明かしている。

    イブラヒモビッチは、我々にとっても、そしてMLS全体にとっても素晴らしいプレーヤーだ。彼はアメリカリーグに来た中で、最も偉大な選手。常に勝利とゴールを渇望するキラーだ」

    「契約はまだ切れていない。まだ1年残っている。我々は彼に満足して欲しいと思っており、ギャラクシーのためにプレーし続けてくれることを確実にするため動いている」

    「彼はスペシャルユニークだ。マンチェスター・ユナイテッドでケガをしてもこの年齢で多くのゴールアシストを記録している。素晴らしい。優れた選手は多く居るが、彼ほどの選手はいない」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLS】「契約はまだ1年残っている」LAギャラクシー、イブラ残留に尽力へ】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    [13日 ロイター] - 米メジャーリーグサッカーMLS)は13日、ギャラクシーに所属するFWズラタン・イブラヒモビッチデビュー戦で決めたゴールを年間最優秀ゴール賞に選出したことを発表した。

    選ばれたのはイブラヒモビッチ3月31日に行われたロサンゼルスFC戦で途中出場して決めた約40メートルの強烈なボレーシュート。なお、イブラヒモビッチは終了間際にもヘディングで決勝点を決めており、3点ビハインドからの逆転勝利に貢献した。

    また、前日12日には最優秀ニューカマー賞にも選ばれていた。イブラヒモビッチマンチェスター・ユナイテッドマンUイングランド)から今季加入し、27試合に出場して22得点10アシストを記録した。

     11月13日、米メジャーリーグサッカー(MLS)は、ギャラクシーに所属するFWズラタン・イブラヒモビッチがデビュー戦で決めたゴールを年間最優秀ゴール賞に選出したことを発表した。写真は選出されたゴールを決めた3月31日に米カリフォルニア州カーソンで撮影(2018年 ロイター/Robert Hanashiro-USA TODAY Sports)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLS】イブラヒモビッチがMLS年間最優秀ゴール賞】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 久太郎 ★ :2018/11/13(火) 11:39:02.23 ID:CAP_USER9.net

    大ケガから劇的復活の37歳…イブラヒモヴィッチがMLS新人王に選出

    メジャーリーグ・サッカー(MLS)は12日、2018年新人賞にロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチを選出したことを発表した。

     2017年4月に右ひざ前十字じん帯損傷という大ケガに見舞われたイブラヒモヴィッチ。常人であれば約1年の離脱が見込まれたが、驚異的な回復力で約7カ月で復活し、マンチェスター・Uと契約延長を果たした。しかし、2018年3月にヒザを再び負傷。リハビリに取り組んでいたが、マンチェスター・Uとの契約を解除し、MLSのロサンゼルス・ギャラクシーへと移籍していた。

     再びケガから復帰し、MLSでプレーを再開すると同選手は大活躍。9月15日のトロント戦でアクロバティックなシュートを決め通算500ゴールを達成するなど、27試合で22ゴール10アシストと衰えない存在感を発揮している。

     MLSの公式サイトによれば、新人王を決めるアンケートで、イブラヒモヴィッチは36.36%の得票率でトップ。2位はDCユナイテッドの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーで得票率は32.25%だという。

     なお、37歳のイブラヒモヴィッチとロサンゼルス・ギャラクシーの現行契約は2019年12月まで残っている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00862548-soccerk-socc


    【【MLS】イブラヒモヴィッチ、37歳でMLS新人王に輝く…得票率で2位のルーニーを上回る】の続きを読む



    (出典 the-ans.jp)



    ロサンゼルスギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(37)が、ヨーロッパ復帰の可能性について言及している。クラブ公式サイトが伝えた。

    ▽世界屈指のゴールゲッターとしてバルセロナミランパリ・サンジェルマン(PSG)といったビッグクラブを渡り歩いたイブラヒモビッチは、2018年3月にマンチェスター・ユナイテッドからロサンゼルスギャラクシーに加入。新天地でも得点力は健在で公式戦27試合22ゴールを記録した。しかし、チームポストシーズン進出を逃し、早々に今シーズンが終了した。

    ▽そのイブラヒモビッチには、最近2010年から2012年まで在籍したミランが連れ戻しに興味を抱いており、すでに半年+1年の契約延長オプションのオファーを提示したことがイタリアメディアによって伝えられた。同選手自身もミラン復帰を希望しているとされ、行方に注目が集まっている。

    ▽しかし、今回イブラヒモビッチは、ヨーロッパクラブからの関心を明かしつつも、「優先事項はギャラクシー」と語り、残留を示唆している。

    クラブは全ての俺の希望と要求を知っている」

    「彼らが何を望むかは彼ら次第だ。しかし、彼らは非常にポジティブで俺にとても親切にしてくれた」

    「彼らはとても助けになり、俺や俺の家族が必要とするものはなんでもやってくれる。みんなとは良い関係にある。俺には何も心配はない言おう」

    「秘密にすることではない。ヨーロッパからの関心はある。ただ、優先事項はギャラクシーだ。俺はここにいるここにいることを幸せに思う」

    ▽また、ロサンゼルスギャラクシーオーナーは、イブラヒモビッチについて以下のように言及している。

    「我々は最初の会談を行っている最中だ。1週間前にシーズンが終わった。我々はとても良い会話を続けてきた。そして、彼らとズラタンとクラブに良い決断を下すことを願っている」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ミラン復帰噂のイブラ「ヨーロッパからの関心はあるが…」】の続きを読む

    このページのトップヘ