Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > MLS



    (出典 the-ans.jp)



    37歳のカリスマを巡り、古巣ミランマンU復帰説が浮上

     MLSメジャーリーグサッカー)のLAギャラクシーで今季からプレーする元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチには現在、様々な欧州復帰の噂が浮上している。

     10月で37歳となった今も衰えることを知らないカリスマは、今年3月にアメリカに渡って以降、27試合で22得点10アシストを記録。MLSの得点ランキングで2位につける活躍を見せている。同選手の現行契約は今年12月までとなっており、その後の去就に注目が集まっている。

    「コリエレ・デラ・セーラ」や「トゥット・スポルト」など複数のイタリア紙は、イブラヒモビッチACミラン移籍を望み、クラブ話し合いを行っていると報じているが、イブラヒモビッチが1年半の契約を求めているのに対し、クラブ側は6カ月のオファーしか用意していないという。

     一方で米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は、イブラヒモビッチが渡米する前に2シーズン在籍したマンチェスター・ユナイテッドジョゼ・モウリーニョ監督が、アプローチをしていると報道。“師弟関係”にある二人だけに、今後の動向が気になるところだ。

     そうしたなか、米メディア「TMZスポーツ」がロサンゼルス空港でイブラヒモビッチを直撃。今後の去就について質問すると、「常に噂はあるものさ。世界中が私を欲しがっているからね」と答えた。稀代の名ストライカーは、今冬以降も新たな伝説の1ページを書き加えていくのか。その去就に、世界から熱い視線が送られている。


    Football ZONE web編集部)

    LAギャラクシーのFWイブラヒモビッチ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イブラヒモビッチ“欧州復帰”の噂が過熱 本人も豪語「世界中が私を欲しがっている」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



     アメリカメジャーリーグサッカーMLS)のロサンゼルスギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチミランの思惑が食い違っているようだ。4日、イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』をはじめ複数メディアが報じている。

     今年末で現行契約が満了するイブラヒモヴィッチについては、10月上旬からミラン復帰の可能性が伝えられていたものの、代理人を務めるミノ・ライオラ氏が報道を否定していた。

     しかし、ロサンゼルスギャラクシーが今シーズンリーグ最終戦で敗れ、プレーオフ進出を逃しシーズンを終えたことで、再びミラン移籍の報道が過熱している。

     現在水面下でイブラヒモヴィッチ側とミランフロントが交渉を重ねているようだ。しかし報道によると、ミラン側は今シーズン終了時までの半年+延長オプションというオファーを用意しているが、一方のイブラヒモヴィッチは1年半の契約を望んでいるようだ。

     同選手は以前から欧州復帰を希望していると伝えられているが、この食い違いを修正し合意に達することができるだろうか、注目が集まっている。

    果たしてイブラヒモヴィッチはミランに復帰するのだろうか [写真]=Shaun Clark/Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イブラヒモヴィッチ、ミラン復帰が近づくも希望の契約期間に隔たりか】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    ▽DCユナイテッドに所属するFWウェイン・ルーニー(33)が1試合限定でイングランド代表に復帰する可能性を、イギリスBBC』が報じている。

    2003年にフル代表初招集を受けたルーニー17歳と111日のデビューにより、当時の代表最年少出場記録を更新した。2017年8月の代表引退発表までの通算成績は、119試合53得点。出場数はGKピーター・シルトンに次ぐ歴代2位で、得点数はFWボビー・チャールトンを凌いで歴代1位の記録を保持した。

    ルーニーの招集が見込まれるのは、15日に聖地ウェンブリー・スタジアムで行われる国際親善試合アメリカ代表戦。招集外が続いた末の代表引退となった同選手にとって、直接別れを告げる最後の試合になると目されている。また、その試合ではチャリティー活動も予定されているようだ。

    ▽今年7月からメジャーリーグサッカー(MLS)でプレーするルーニーは、リーグ20試合12ゴール6アシストマーク。DCユナイテッドプレーオフ進出の原動力となり、MLSMVP候補にノミネートされるなど、そのプレーは輝き続けている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ルーニー、1試合限定でイングランド代表復帰へ! BBC報じる】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    『Gazzetta dello Sport』は3日、「ACミランは、ズラタン・イブラヒモヴィッチの復帰に向けて具体的な計画を立てている」と報じた。

    今季アメリカメジャーリーグサッカーロサンゼルスギャラクシーに所属していたイブラヒモヴィッチ。契約は来年末まで残っている。

    しかしクラブが今季ポストシーズンに進出できなかったことで、彼はヨーロッパへの復帰を考えているとも言われている。

    そして、彼の獲得に強い関心を示しているのが、古巣でもあるACミランだという。

    その交渉はかなり本格化しているとのことだが、問題はクラブの経営を監視するファイナンシャル・フェアプレー制度だそうだ。

    ということで、『Tuttosport』によればトルコ代表MFハカンチャルハノールを放出するというプランがあるという。

    昨年夏に2100万ユーロ(およそ27億円)でレヴァークーゼンから獲得されたチャルハノールであるが、4-3-3を使うガットゥーゾ監督のシステムでなかなかハマる場所がない。

    そのため、1月のマーケットでチャルハノールをRBライプツィヒアイントラハト・フランクフルトに放出する可能性があるというのだが…。

    ミラン、イブラ復帰に向けて交渉中!代わりにチャルハノールが退団か?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ミラン、イブラ復帰に向けて交渉中!代わりにチャルハノールが退団か?】の続きを読む

    0C619C3C-75A1-46FD-8039-99A243A1D3A2


    シーズンメジャーリーグサッカー(MLS)のMVP選手補に、DCユナテッドの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーロサンゼルスギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがノミネートされた。

    シーズンからアメリカに活躍の場を移した両選手。ルーニーは、DCユナテッドに移籍するとキャプテンに就任。リーグ戦で20試合に出場し12ゴール7アシストを記録。チームイースタン・カンファレンスで4位となり、ルーニープレーオフ進出に大きく貢献していた。

    一方のイブラヒモビッチアメリカ初挑戦。リーグ戦27試合で22ゴール10アシストルーニーを上回る結果を残していた。しかし、チームはウェスタン・カンファレンスで7位となりプレーオフ進出を逃している。

    ルーニーイブラヒモビッチは、新人賞にもノミネート。また、イブラヒモビッチは、カムバックオブ・ザ・イヤーを受賞している。

    メジャーリーグサッカーMVP
    ミゲルアルミロン(アタランタ・ユナテッド)
    籍:パラグアイ
    成績:32試合出場12ゴール

    ズラタン・イブラヒモビッチ(ロサンゼルスギャラクシー)
    籍:スウェーデン
    成績:27試合22ゴール

    ホセフ・マルティネス(アタランタ・ユナテッド)
    籍:ベネズエラ
    成績:34試合31ゴール

    ウェイン・ルーニー(DCユナテッド)
    籍:イングランド
    成績:20試合12ゴール

    カルロス・ベラ(ロサンゼルスFC)
    籍:メキシコ
    成績:28試合14ゴール

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLS】ルーニー&イブラがMLSのMVP候補にノミネート!】の続きを読む

    このページのトップヘ