Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > MLS



    (出典 portal.st-img.jp)



     元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチは、古巣のマンチェスター・Uが今季タイトルを獲得することに期待した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が27日に伝えている。

     イブラヒモヴィッチは2016年にマンチェスター・Uに加入すると、リーグカップとヨーロッパリーグ(EL)を制覇。その後、2018年3月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに移籍していた。

     マンチェスター・Uは昨季タイトル獲得ができていない。リーグではライバルのマンチェスター・Cに続き2位。FA杯では決勝戦まで進んだが、チェルシーに敗れこれも2位に終わっていた。現在プレシーズンツアーでアメリカを訪れているマンチェスター・Uについて、アメリカでプレーしているイブラヒモヴィッチは『スカイスポーツ』のインタビューに対し次のように語った。

    「(ジョゼ・)モウリーニョ監督は誰もが知っている名将だ。彼は常にトロフィー獲得狙っている。昨季はタイトルを獲得できなかったが、これまでトロフィーを得ずにシーズンを終えることはあまりなかった。彼は今素晴らしいクラブを率いていて、勝てるチームがある。彼はタイトル獲得に慣れているよ」

    「モウリーニョ監督はシーズンの準備をすすめている。彼らは良いシーズンを迎えることができると思う。新しい選手が入ってきて、良いチームを構築しているね」

    「彼らに運があることを願っているよ。能力があり、クオリティがある。そしてファンを含めたクラブ全体で勝利を必要としている。俺はマンチェスター・Uが何かを獲得することを願っている」

    ICCでアメリカに来ている古巣マンチェスター・U


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】イブラヒモヴィッチ、今季の古巣マンUに期待「良いチームを構築している」】の続きを読む



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 Egg ★ :2018/07/25(水) 12:59:33.38 ID:CAP_USER9.net

    メジャーリーグサッカー(MLS)史上最高額の1300万ドル(約15億円)でバンクーバー・ホワイトキャップスに所属する17歳のカナダ代表MFアルフォンソ・デイビスがバイエルン・ミュンヘンに移籍する見通しとなった。24日に米メディア『ESPN』が報じている。

     同メディアによると、ボーナスなどを加えれば最高1900万ドル(約21億円)の取引になるという。クラブ間合意に達したが、18歳になるまでブンデスリーガでプレーすることは出来ないため、11月の誕生日を迎えた後の2019年1月の移籍市場でバイエルンに加入する見通しとなっている。

     デイビスは“カナダの怪物”と言われる逸材。15歳の時にトップチームへ昇格し16歳で代表入りを果たした。代表デビューから3試合で3得点決める活躍を見せている。

    7/25(水) 11:54 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180725-00282916-footballc-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【ブンデスリーガ】<バイエルン>“カナダの怪物”17歳MFアルフォンソ・デイビスを「MLS史上最高額の移籍金」で獲得へ!】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    プレシーズンでツアー中のユナイテッドを訪問 モウリーニョ監督や元同僚らと交流

     米MLS(メジャーリーグサッカー)LAギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、アメリカツアー中の古巣マンチェスター・ユナイテッドの練習を訪問。ジョゼ・モウリーニョ監督らと談笑を交わすなど和やかな時間を過ごした。ユナイテッドの公式サイトのインタビューに登場したカリスマFWは、「(ユナイテッドに)何か特別なことが起こるよ」と意味深な発言をしている。

     2016年から1年半に渡ってユナイテッドでプレーしたイブラヒモビッチ。右膝前十字靭帯損傷の重傷を乗り越え、今年3月にMLSへ参戦していた。

     移籍後15試合で12得点と大暴れしているストライカーは夏のプレシーズンでツアー中のユナイテッドを訪問し、モウリーニョ監督や今季からコーチとなったマイケル・キャリックらかつての仲間と交流したようだ。「素晴らしいクオリティーがあるが、俺と同様のクオリティーを持っているヤツはいないみたいだな(笑)」と相変わらずのイブラ節を炸裂させている。

     そして、イブラヒモビッチは例年に比べて静かなオフを過ごすユナイテッドが、何か隠し玉を持っていると匂わせる発言もしている。


    「ボスは何が起きるかを知っている」

    「新シーズンに向けた準備で、何か特別なことが起きるだろう。ボス(モウリーニョ)は何が起きるか知っていると思うよ。これは秘密にしておこう!」

     イブラヒモビッチはモウリーニョ監督から何かを聞いているのだろうか。驚きの選手補強なのかどうなのかは定かではないが、SNS上ではこの発言を受けて「ギャレス・ベイルと契約するなら素晴らしい」「ビダル、ベイルと契約するのか」「ペリシッチが来るんだ」とファンが次々に妄想を膨らませている。


    (Football ZONE web編集部)

    LAギャラクシーの元スウェーデン代表FWイブラヒモビッチ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】マンU訪問のイブラヒモビッチ、古巣の“補強状況”に意味深発言「特別なことが起きる」】の続きを読む



    (出典 chanare.com)



    28日にワシントンに到着し、新たなチームメイトと練習をスタートさせる見込み

     エバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、米MLS(メジャーリーグサッカー)のDCユナイテッドと契約合意に至ったようだ。米紙「ワシントンポスト」が報じている。

     32歳のルーニーは、下部組織時代からプレーしていたエバートンに一度別れを告げ、2004年8月にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。世界を代表するアタッカーへと成長を遂げ、円熟味を増して昨夏にエバートンに復帰した。今季はリーグ戦31試合10得点をマークしたものの、チームの方針に不満を抱いているとされ、今夏の移籍が囁かれていた。

     そんなルーニーに白羽の矢を立てたのがMLSのDCユナイテッドだった。記事によれば、すでにエバートンから保有権の購入で合意し、最終的な書類が届けば獲得を発表できる状態。さらにルーニーは2年半で1300万ドル(約14億円)を手にし、DCユナイテッドがクラブ史上最高額を投じて獲得した選手になるという。

     イングランド代表やユナイテッドの最多得点記録保持者は、現地時間28日の午後にワシントンに到着し、すぐに新しいチームメイトとともにトレーニングに参加する予定。7月10日に移籍ウィンドーが開くため、それまではプレーすることはできないが、6日にオープンする新スタジアムでのプレー姿に注目が集まる。


    (Football ZONE web編集部)

    元イングランド代表FWルーニーがDCユナイテッド移籍で合意したようだ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】元イングランド代表FWルーニーがDCユナイテッド移籍で合意 14億円の2年半契約へ …】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    英BBCは、ルーニーがすでに大筋合意している「DCユナイテッド」との会談のため渡米すると報道

     海外サッカー、イングランド1部エバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが23日、米MLSのDCユナイテッドへの移籍準備のため向けて渡米することになった。英放送局「BBC」が報じている。

     バルセロナのスペイン代表MFイニエスタの日本行きが決定する中で、イングランドが誇るストライカー、ルーニーは新天地に米国を選んだようだ。同局は「エバートンのFWウェイン・ルーニーがMLSのDCユナイテッドと今週会談」と報道している。

    「エバートンFWのウェイン・ルーニーが今週ワシントンに飛びMLSのDCユナイテッドと会談する」「今回の合衆国首都への旅は実情調査が目的と考えられている」

     記事ではこう伝えている。

     またエバートンとの契約は1年残っているが、この32歳はすでにクラブと大筋合意に達しているとしている。(THE ANSWER編集部)

    ウェイン・ルーニー【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ルーニー、MLS入りへ前進 DCユナイテッドと直接会談のため近日中に渡米と英報道…】の続きを読む

    このページのトップヘ