Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > MLS



    (出典 the-ans.jp)



    今年37歳になったズラタン・イブラヒモヴィッチ。現在はアメリカメジャーリーグサッカーロサンゼルスギャラクシープレーしている。

    チームは15日に行われたスポーティング・カンザスシティとの試合で7-2と大きな勝利を収めることに成功した。

    そしてエースイブラヒモヴィッチは32分にPKで1点目を決め、さらに51分、85分にもゴール。今季2回目のハットトリックを決め、ゴール数を26に伸ばしている。

    2点目(動画56秒~)は右からのクロスを足元に収め、二人のDFの間を抜いてのシュート。3点目(動画1分54秒~)はペナルティーエリア左からファーポストに決める完璧なゴールだ。

    すでに大ベテランとなっているイブラヒモヴィッチであるが、シュートの技術は全く衰えを感じさせない。1試合1得点以上のペースネットを揺らす彼、来年はどこでプレーするのだろうか。

    37歳イブラ「異次元のシュート技術」の最新ハットがこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLS】37歳イブラ「異次元のシュート技術」の最新ハットがこれ】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



     メジャーリーグサッカーMLS)のロサンゼルスギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチハットトリックを達成した。16日、イギリスメディアスカイスポーツ』が伝えている。

     イブラヒモヴィッチは16日に行われたリーグ戦第28節のスポルティング・カンザスシティ戦に先発出場し、先制を許し迎えた32分にイブラヒモヴィッチが自ら蹴ったPKのこぼれ球を押し込み同点に追いつくと、1点リードの51分には左足で追加点をマーク。さらに85分にはダメ押しとなるゴールを叩き込みハットトリックを達成し、7-2の勝利に大きく貢献した。

     試合後インタビューに応じたイブラヒモヴィッチは「ゴールを挙げることでチームを助けることができている。でも、これを続けていかなければならない。自分にできる一番いい方法でチームを助けたい。それがゴールを決めることだと思っている」とこれからも得点を狙っていくことを断言した。

     昨年3月にマンチェスター・Uからロサンゼルスギャラクシーに加入して以降、MLSでは52試合に出場し48ゴールを挙げている現在37歳の同選手は「冗談抜きで、俺がMLS歴代最高の選手だと思っている。得点を決めることは簡単だ。ズラタンになればいいだけだよ」と“イブラ節”を炸裂させた。

    ハットトリックを達成したイブラヒモヴィッチ(写真は今年3月のもの) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLS】37歳でも健在! ハット達成のイブラ「俺がMLS歴代最高の選手」】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    コロラド・ラピッズ戦で乱入者が迫るも、両手をかざすだけで事態は収束へ

     米メジャーリーグサッカーMLS)のロサンゼルスギャラクシーは現地時間11日、アウェーでコロラド・ラピッズに1-2で敗戦を喫した。LAギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは不発に終わったが、“乱入者”の存在がきっかけとなり、結果以上に注目を集めることとなっている。

     イブラヒモビッチは今季のMLSで24試合23得点と、相変わらず別格のパフォーマンスを見せているが、下位に沈むラピッズとの一戦では沈黙。終盤にゴールの奪い合いとなったなか、1-2の敗戦となっている。

     ただ、この試合で最も注目を集めたのが、スタンドから乱入したファンイブラヒモビッチの奇妙な“対峙”だった。

     試合中にピッチに侵入した男はイブラヒモビッチ目掛けて突進。片手にスマートフォンを握りしめており、“自撮り”を狙った犯行だったと見られるが、イブラヒモビッチが男の勢いを遮るように両手をかざすと、足を滑らせて勢いよく転倒してしまう。

     男はそれでもあきらめず、もう1人加わった乱入者とともに起き上がって追いすがる。しかしイブラヒモビッチは一瞥もくれず、我関せずといった様子でゆっくりとその場を離脱。警備員による介入があったとはいえ、まったく回避行動を取っていないにもかかわらず、男に指一本触れられることなく事態は収束した。

     まるで威厳だけで乱入者を排除したかのようなワンシーンを、LAギャラクシー公式ツイッターは動画で公開。返信欄には「フォースの力で撃退」「カッコ良すぎる」「重力を操る力さえ持つレジェンド」「百獣の王は人の営みなど気にしない」「まさに無敵」と崇拝のコメントが集まっていた。

     ゴールを決めれば称賛を集め、決めなくても違う形で注目を集める。イブラヒモビッチこそ、まさに天性のスターと言えるのかもしれない。(Football ZONE web編集部)

    ロサンゼルス・ギャラクシーFWズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「まさに無敵」 イブラヒモビッチ、乱入者との奇妙な“対峙”が話題に「フォースの力で撃退」】の続きを読む



    (出典 www.footballista.jp)



    バルサとの現行契約は2021年6月までで、メッシはいつでも契約破棄できるとされるが…

     バルセロナキャプテンで、絶対的エースであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの現行契約は2021年6月30日までとなっている。これまでバルサ一筋で来たスーパースターの去就に世界中の注目が集まるが、バルサメッシに“生涯契約”のオファーを提示する方針でいるようだ。スペイン紙「AS」が伝えている。

     バルセロナ2019-20シーズンリーガ・エスパニョーラ3連覇に臨む戦いをスタート。1勝1分1敗とやや低調な出だしとなっているなか、メッシは負傷の影響でまだ出場していないが、絶対的エースとしてチームに不可欠な存在だ。

     スペイン紙「エル・パイス」によれば、メッシはいつでも契約破棄できる権利を保有。バルサ関係者は、「毎シーズン終了後、好きな時に彼は退団することができる。両サイドメッシクラブ)がそれに合意している」と述べていた。

     現行の契約満了まであと2年を切り、このような報道が浮上したことでメッシの去就はさらに注目される。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は、バルサ幹部がメッシに“生涯契約”、または少なくとも10年契約のオファーを検討しているようだと伝えた。

     しかし、クラブ上層部はメッシが残留することを確信していて、この新契約締結を急いではいない様子。また「ムンド・デポルティーボ」紙は、メッシの父であるホルヘ氏とバルサジョゼップ・マリアバルトメウ会長との関係も極めて良好と報じている。

     ただ、万が一メッシが退団を選択した場合、米MLSメジャーリーグサッカー)に参入する可能性もあるという。メッシは他のヨーロッパクラブへ移籍する意向はなく、アメリカで短期間プレーするか、または幼少期にプレーした母国アルゼンチンニューウェルズ・オールボーイズに衝撃的な復帰を果たすのではないかと伝えられている。

    果たして、メッシの去就はどのような結末を迎えるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    FWリオネル・メッシはバルセロナとの生涯契約を結ぶのだろうか【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】バルサ、メッシに“生涯契約”の提示検討 MLS行き、母国復帰の可能性もスペイン紙指摘】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督が復帰に前向きな姿勢を示したロサンゼルスギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(37)に言及した。イギリスメトロ』が報じた。

    2016年夏〜2018年3月までをユナイテッドで過ごしたイブラヒモビッチ2017年4月に右ヒザ前十字じん帯損傷の重傷を負ってしまったが、歯に衣着せぬ発言だけでなく、プレー面で公式戦53試合29得点10アシストの数字を叩き出すなど、2018年3月のロサンゼルスギャラクシー加入まで“赤い悪魔”のなかでも圧倒的なカリスマ性を発揮した。

    そのイブラヒモビッチは先日、「もしユナイテッドが必要とするなら、俺はここにいる」と話したことが話題に。そして、スールシャール監督はイブラヒモビッチの発言に対して問われると、こうリアクションしたという。

    「彼が再来月(の誕生日で)、38歳じゃなく、28歳だったら、話は大きく異ってくるね。ズラタンはここで素晴らしい時間を過ごした。まだまだ元気だ。ここで負ってしまったケガが残念だったよ。彼は私の電話番号を知っている。私の家を借りようとして内見をしにきたことがあってね。我々は母国語でやりとりできる。彼が本気なら、いつでもズラタンと話をするよ」

    ユナテッドは今夏、ベルギー代表FWロメル・ルカクとチリ代表FWアレクシス・サンチェスが退団。FW陣はイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードフランス代表FWアントニー・マルシャル、U-18イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドの3選手しかおらず、層の薄さが指摘されている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】スールシャールがリアクション! 「イブラヒモビッチが本気なら…」】の続きを読む

    このページのトップヘ