Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > MLS

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 sport-japanese.com)



    通算8シーズンを過ごしたドルトムントを契約満了で退団、今夏にフリー移籍へ

     今季限りでドルトムントを退団する元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェに元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務める米1部インテル・マイアミが巨額オファーを提示したものの、同選手はこれを拒否したという。28歳のMFは欧州クラブに残ることを望んでいるようだ。英紙「デイリーメール」が報じている。

     ドルトムント下部組織出身のゲッツェ2009年に同クラブでプロデビューを飾り、ユルゲン・クロップ監督(現リバプール)の下で日本代表MF香川真司らとともに活躍。同クラブでは2010-11、11-12シーズンブンデスリーガ2連覇を経験している。その後、バイエルン・ミュンヘンでのプレーを経て、16年に復帰。今季限りで契約満了を迎え、プロとして通算8シーズンを過ごしたドルトムントからの退団が決まっている。

     フリーとなるゲッツェに対し、アプローチを仕掛けたのはアメリカ1部メジャーリーグサッカーMLS)のインテル・マイアミだという。同クラブは元イングランド代表MFベッカム氏が共同オーナーを務め、ゲッツェに年俸530万ポンド(約7億4000万円)の待遇を用意。これが実現すればMLSでは最高給取り選手の一人になっていたという。

     しかし、ゲッツェはこのオファーを拒否したようだ。記事によれば、ゲッツェはまだヨーロッパでやり残したことがあると感じており、欧州内のクラブに残ることを希望しているという。

     2014年にはドイツ代表としてブラジルワールドカップで優勝に貢献し、ドイツの英雄となったゲッツェ。28歳と老け込む年齢ではないだけに、まだヨーロッパから離れる選択肢は持っていないようだ。(Football ZONE web編集部)

    今季限りでドルトムント退団となるMFマリオ・ゲッツェ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】元独代表ゲッツェ、MLSインテル・マイアミ行きを拒否 年俸7億提示も“欧州残留”希望】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    今季、イタリアセリエAユヴェントスプレーしてきたフランス代表MFブレーズ・マテュイディ。

    献身的なプレーで知られる彼は今年33歳。マウリツィオ・サッリ監督の下でもセリエA35試合に出場し2アシストを記録するなど、中心選手としてプレーしてきた。

    昨年の誕生日にはこのような動画が掲載されるなど、ユヴェントスで3年間大きな貢献をしてきたプレーヤーだ。

    まだ契約も2021年6月末まで残っているものの、『Daily Mail』によれば今夏彼はフリーで退団する可能性があるという。

    記事によれば、彼の代理人であるミーノ・ライオラユヴェントスは今夏での退団に向けた交渉を行っており、残りの契約を無料で破棄することに合意したとか。

    そして加入する可能性が高いと伝えられているのが、アメリカメジャーリーグサッカーに参戦したばかりのインテル・マイアミ。

    かつてマテュイディがPSG時代に短期間同僚だったデイヴィッド・ベッカムオーナーを務めるクラブだ。そこで3年契約を結ぶ可能性があるそう。

    【関連記事】ウイイレ2020「スタミナ最強DMF」のTOP10

    マテュイディにはフランスリーグアンリヨンからオファーが届いていたとのことだが、選手本人がアメリカ行きを望んだという。

    マテュイディ、なんと「0円」でベッカムのクラブへ移籍?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】マテュイディ、なんと「0円」でベッカムのクラブへ移籍?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



    サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

    今回はミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチロサンゼルスギャラクシー時代に決めたスーパーゴールだ。


    数々の欧州トップクラブで活躍したイブラヒモビッチは、2018年3月にメジャーリーグサッカーMLS)のロサンゼルスギャラクシーへ移籍。2020年1月にミランへ復帰するまでの2シーズンを過ごし、公式戦58試合53ゴールという驚異的な数字を残した。

    その記念すべき1つ目のゴールになったのが、2018年3月31日MLS第5節、ロサンゼルスFCとのLAダービーで見せたゴールだ。

    LAギャラクシーはLAFCに48分までに3得点を決められ、敗戦が濃厚になっていたこの試合だったが、後半にドラマが待っていた。

    それぞれ61分と73分に得点し、2-3とあと1点差に迫ったLAギャラクシー。するとここから71分に途中交代で出場していたイブラヒモビッチが魅せる。

    77分、味方が前線へ送ったロングボールイブラヒモビッチの前にこぼれてくると、高くバウンドしたボールをズラタンが豪快なボレー。鋭い弾道で放たれたボールは相手GKの頭上を越え、ゴールネットに突き刺さった。

    このデビューゴールだけでも十分なイブラヒモビッチだったが、91分には再び豪快な勝ち越しゴールを決め、4-3でのダービー勝利に貢献。衝撃のデビューを飾った。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ロサンゼルスへようこそ!イブラヒモビッチがダービーで魅せた鮮烈な35mデビュー弾】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    ブレシアを今季限りで退団するバロテッリ、米ロサンゼルスギャラクシーが興味

     今季限りでイタリアセリエAのブレシアから退団することが決まっている元イタリア代表FWマリオ・バロテッリに、昨年いっぱいでカリスマストライカーを失った米クラブから獲得の興味が届いているという。イタリア紙「トゥット・スポルト」が報じた。

     バロテッリは若くして頭角を現し、ピッチ外の問題行動は絶えなかったもののインテルではセリエA優勝3回、イングランドプレミアリーグマンチェスター・シティではプレミアリーグとFA杯の優勝メンバーに名を連ねた。その後、母国の名門ACミランでも活躍した。しかし、2014年ブラジルW杯後にプレミアリーグリバプールに移籍したところからキャリアは迷走した。

     リーグ戦わずか1ゴールに終わると、翌年は厄介払いのようにミランへ移籍したものの再び低迷。その後、フランスで3シーズンを過ごして復活の兆しを示したところで母国に復帰。3歳からの期間を過ごしたブレシアへと加入した。しかし、リーグ19試合出場にとどまり、5ゴールと得点も伸びずチームはセリエBへと降格になった。

     今や、3部相当のコモからオファーがあるのみと報じられていたバロテッリだが、アメリカから誘いの声があるという。それが、米MLSロサンゼルスギャラクシーによるもので、昨年いっぱいで元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが契約満了により退団したチームだ。そして、年俸500ユーロ(約6億円)を提示する意向があるという。

     MLSでは欧州で活躍した後にピークを過ぎた感のある選手も存在感を発揮してきた。欧州ではオファーを出すクラブも限られそうなバロテッリに高額提示が行われるとなれば、アメリカ行きは現実のものとなる可能性が高そうだ。(Football ZONE web編集部)

    ブレシアFWマリオ・バロテッリがMLSに挑戦か【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】元伊代表FWバロテッリ、年俸6億円で米クラブ移籍か カリスマFWの後釜として期待も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



     デイヴィッド・ベッカム氏がオーナーを務めるインテル・マイアミが、バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレス獲得に興味を示しているという。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が29日に報じた。

     ウルグアイ代表でチームメイトニコラス・ロデイロによれば、スアレスメジャーリーグサッカーMLS)に好感を抱いているようだ。シアトル・サウンダーズでプレーするロデイロはスアレスMLSへの移籍について以下のようにコメントしている。

    ルイスMLSに来たいと思っている。このリーグが好きらしいから、いつも質問攻めにされているよ。彼がシアトルでもプレーしてくれたらいいんだけどね。MLSに来るのは時間の問題だと思うよ」

     今季の公式戦34試合に出場して19ゴールを決めている33歳のスアレスバルセロナの現行契約は2021年6月までとなっている。しかし同紙によると、契約には来季の試合に60パーセント以上出場した場合、自動的に2022年まで延長されるという条項が盛り込まれているようだ。果たしてスアレスMLSに参戦する日は来るのだろうか。

    インテル・マイアミからの興味が報じられるルイス・スアレス [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ベッカム氏が所有するクラブがスアレスに興味? 代表同僚「時間の問題」】の続きを読む

    このページのトップヘ