Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > MLS



    (出典 www.football-zone.net)



     ロサンゼルスギャラクシーは、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの獲得に関心を示しているようだ。19日、スペイン紙『アス』がアルゼンチンメディアRadio Continental』を引用して報じた。

     メッシは先日、エルネスト・バルベルデ前監督体制のチーム状態に対する発言を巡ってエリック・アビダルSD(スポーツディレクター)と対立して以降、バルセロナからの退団が取り沙汰されるように。同選手の契約は来季いっぱいで満了を迎え、その中にはシーズン終了後のフリー移籍を認める条項も含まれている模様だが、今シーズン終了後の移籍も噂されている。その獲得にはマンチェスター・Uユヴェントスインテルパリ・サンジェルマンなど各国のメガクラブが関心を示している。

     そんな中、MLSの強豪であるLAギャラクシーも、メッシの獲得に動き出したようだ。『Radio Continental』によると、同クラブのギジェルモ・バロス・スケロット監督はメッシの父親に連絡を取り、同選手がアメリカへの移住に興味があるかどうかを尋ねたという。

    アビダルSDとの確執によってバルセロナ退団が噂され始めたメッシ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】メッシ争奪戦に急展開? LAギャラクシーも参戦、監督が父親とコンタクト】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    リオネル・メッシ 写真提供: Gettyimages

     ロサンゼルスギャラクシーバルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの獲得に興味を示しており、バルセロナコンタクトをとっているようだ。19日、『Sportskeeda』が報じている。

     メッシスポーツディレクターを務めるエリック・アビダル氏との間に問題を抱えているとされており、既にマンチェスター・ユナイテッドマンチェスター・シティインテルパリ・サンジェルマンなどのビッククラブコンタクトをとっていると噂されている。そんななか、アメリカメジャーリーグサッカーの強豪、LAギャラクシー名乗りを上げたようだ。

     報道によるとLAギャラクシーのギジェルモ・バロスロット監督は既にメッシの父親とコンタクトをとっており、メッシロサンゼルス入りの可能性について話し合っているようだ。

     はたして、6度のバロンドールに輝いたメッシは新天地としてメジャーリーグサッカーを選択することになるのだろうか。




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】メッシ、アメリカへ移籍の可能性?LAギャラクシーがオファーか!】の続きを読む

    no title



    ネイマールアメリカプレーする可能性があるかもしれない。

    2020シーズンからMLSに参入するインテル・マイアミの共同オーナーを務める元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏とパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(28)が共同でインタビューを行った。

    時期こそかぶっていないものの、互いにPSGでのプレー経験がある両者。『ESPN』が伝えた今回の共同インタビューでは、クラブオーナーとなったベッカム氏が、ネイマールを勧誘するという異例の事態が起こった。

    インタビューの中でベッカム氏は、冗談めかしながらもサッカー選手としての旬を謳歌するネイマールに自身のクラブに来るよう説得した。

    アメリカには多くのスポーツがあり、大きなチャンスがある」

    サッカーは非常に急速に成長しており、アメリカ素晴らしい選手を獲得する本当のチャンスだと思う」

    「だから私は君(ネイマール)に一枚の紙に署名してもらうつもりだ。空白の紙。それは10年間、マイアミと契約するものになるでしょう。しかし、あまり給料を払うつもりはありません!」

    これを聞いたネイマールいたずらっぽく笑いながらも、いつかそこでプレーするつもりだと答えた。

    「この国がサッカーを成長させる絶好の機会だと思う。前にも言ったように、僕はすでにデイビッドと契約を結んでいるよ」

    「数年後、僕はそこにいるよ。一緒にいる。彼は僕のプレジテントだ」

    現時点でネイマールアメリカ行きは非現実的なものの、5年後や10年後にはアメリカプレーするネイマールの姿が見られるかもしれない。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ネイマールがベッカムと約束!「いつかマイアミでプレーする」】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    メジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミがバルセロナに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)の獲得を画策しているようだ。スペイン『アス』が報じている。

    サッカー界のレジェンドである元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務め、2020シーズンからMLSに参入するインテル・マイアミ。

    フランス『レキップ』によると、ベッカム氏は新規参入の目玉となるスーパースターの獲得を構想しており、すでにアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(32)やウルグアイ代表FWルイス・スアレス(33)、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(31)といったキャリア終盤に差し掛かり始めたバルセロナの名手たちの獲得を目指しているという。

    そして、今回再び名前が挙がっているのは、以前からベッカム氏を崇拝し、「もしベッカムが呼んでくれるなら、行きたいね」と、MLS参戦とマイアミ行きに前向きな姿勢を見せていたグリーズマンだ。

    そのグリーズマンは昨夏にアトレティコ・マドリーからバルセロナへ加入したばかりで2024年まで契約を残す。また、違約金は8億ユーロ(約961億円)という破格の金額が設定されている。

    今季ここまではバルセロナ独特の戦術や周囲との連係に苦戦を強いられ、アトレティコ・マドリー時代のような輝きは放てていないとはいえ、3月で29歳を迎えるキャリア全盛期に大きくレベルが落ちるMLS行きを選択する可能性は低い。さらに、相応の移籍金を支払わなければ、バルセロナが放出に動く可能性も低いと言わざるをえない。

    そのため、ベッカム氏もさすがに喫緊のグリーズマン獲得は夢物語と考えているはずだが、両者の関係性やNBAファンとして休暇中にマイアミをたびたび訪れていることもあり、将来的な獲得のチャンスは十分にありそうだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】インテル・マイアミ、ベッカム崇拝のグリーズマンに関心! 将来的な加入には大いにチャンスあり?】の続きを読む




    (出典 iwiz-spo.c.yimg.jp)



     バルセロナに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは、将来的にメジャーリーグサッカーへ移籍するかもしれない。1日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

     報道によると、グリーズマンに対しては元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏がオーナーを務めるインテル・マイアミが興味を示しているという。現役時代にマンチェスター・Uレアル・マドリードミランなどヨーロッパで規模の大きなクラブに在籍した同氏は、将来的に多くの選手をアメリカへ招きたい考えのようだ。

     グリーズマンは今シーズンからバルセロナへ加入し、同クラブとは2024年まで契約を結んでいる。しかし同紙は、現在スペイン王者で絶対的な地位を築けていないことや、同選手がNBA熱狂的なファンであることを指摘。また、ベッカム氏に憧れを抱いていることも、アメリカ行きの後押しになるのではないかと伝えている。

     今シーズンここまでリーグ戦で7ゴールを記録している29歳のグリーズマンだが、将来的にアメリカプレーすることになるのだろうか。

    バルセロナに所属するグリーズマン [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】グリーズマンは憧れのベッカムの下へ? 将来的にアメリカへ移籍か】の続きを読む

    このページのトップヘ