Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > MLS



    (出典 portal.st-img.jp)



    マンチェスター・シティは11日、メジャーリーグサッカー(MLS)のコロンバス・クルーに所属するアメリカ代表GKザック・ステッフェン(23)の完全移籍での獲得を発表した。契約期間は2019年夏から2023年6月30日までの4年となり、それまではレンタルという形でコロンバスに残留する。

    ▽なお、コロンバス・クルーは移籍金の詳細に関して明かしていないものの、MLSのGK史上最高額と伝えている。また、イギリスBBC』は700万ポンド(約10億円)と推定している。

    ▽現在、23歳のステッフェンは2014年から2016年までドイツのフライブルクに在籍。だが、トップチームデビューを果たすことはできず、2016年7月にコロンバス・クルーへ完全移籍した。

    ▽その後、2017シーズンから同クラブの正GKに昇格したステッフェンは持ち味の身体能力を武器にブレイクを果たすと、今季はMLSベストイレブンMLS最優秀GKに選出された。

    ▽また、アメリカの世代別代表の常連だった同選手は今年初めにフル代表デビュー。同年6月に行われたフランス代表とのフレンドリーマッチでは再三の好守を披露し、1-1のドローに貢献していた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】シティが今季MLS最優秀GKを獲得! 加入は来夏に】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 数の子 ★ :2018/12/03(月) 16:55:41.57 ID:CAP_USER9.net

    ロサンゼルス・ギャラクシーに所属するスウェーデン人FWのズラタン・イブラヒモ*は、彼にとってのドリームチームを暴露し、SNS上で世間を驚かせた。


    ズラタン・イブラヒモ*は彼のインスタグラムで理想のチームを投稿した。そのチームは彼と共にプレーした選手から構成されている。

    その選抜チームは意外な選手の選出もあり、驚きを呼んでいる。バルセロナからもかつての彼のチームメイト達が選ばれている。



    ゴールキーパーは、現在パリ・サンジェルマン(PSG)でプレーするジャンルイジ・ブッフォン。

    ディフェンスラインには、リリアン・テュラム(バルセロナ)、チアゴ・シウバ(PSG)、アレッサンドロ・ネスタ(ACミラン)、マクスウェル(PSG)が選ばれている。

    中盤には、元バルサの選手も選ばれている。チャビ・エルナンデス(バルセロナ)、パトリック・ヴィエラ(アーセナル)、パベル・ネドベド(ユヴェントス)が選出されている。

    この理想のベストイレブンの前線には、レオ・メッシ(バルセロナ)、ロナウジーニョ(バルセロナ)、そして自分自身を選んでいる。イブラヒモ*は自身をこのメンバーに入れることを忘れることはなかった。

    ベンチメンバーには、アンドレス・イニエスタ、ファビオ・カンナヴァーロ、ジェンナーロ・ガットゥーゾ、クラレンス・セードルフ、そしてGKにはダビド・デ・ヘアを消去し、インテル・ミラノで共にプレーしたジュリオ・セザルを選んでいる。

    (文:SPORT)

    【画像】

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00010014-sportes-socc


    【【海外サッカー】イブラヒモビッチが選出  驚きのドリームチーム】の続きを読む



    (出典 tr.twipple.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/01(土) 15:38:03.14 ID:CAP_USER9.net

    元スペイン代表FWダビド・ビジャが自身のツイッター(@Guaje7Villa)でヴィッセル神戸への加入を発表した。
    ビジャは明治安田生命J1リーグ第34節・ベガルタ仙台戦を三木谷浩史会長とともに観戦している。

    アメリカ・メジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・シティでプレーするビジャは、今季限りで契約を満了する。
    3日に37歳の誕生日を迎えるストライカーは、アメリカを離れることが濃厚。
    横浜F・マリノスなども有力な候補と報じられたが、バルセロナやスペイン代表でともにプレーしたMFアンドレス・イニエスタが所属する神戸が移籍先となった。

    ビジャはツイッターで「My new club.」というテキストとともに日本へ上陸した動画を投稿。動画内では「#VillaVisselKobe」というハッシュタグで締められており、
    ルーカス・ポドルスキ、アンドレス・イニエスタに続いて、世界に名を馳せるストライカーの神戸加入がついに発表された。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00010004-goal-socc
    12/1(土) 15:12配信


    【【サッカー】元スペイン代表FWビジャ、神戸加入をSNSで発表!すでに来日、ノエスタで最終節を観戦】の続きを読む



    (出典 tr.twipple.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/30(金) 17:44:36.23 ID:CAP_USER9.net

    サッカーの元スペイン代表で米メジャーリーグサッカー(MLS)ニューヨーク・シティを今季限りで退団するFWダビド・ビジャ(36)のJ1神戸加入が濃厚となっていることが29日、分かった。複数の関係者によると、既に水面下で交渉が進んでいるといい、米大手メディアもJリーグ行きの可能性を報じた。FWポドルスキ、MFイニエスタに続く3人目のW杯優勝経験者が港町に降り立つかもしれない。

     神戸にまたも大物加入の可能性が浮上した。現地時間28日にニューヨーク・シティがビジャの退団を正式発表すると、米紙「ニューヨーク・タイムズ」など大手メディアが日本行きの可能性を報じた。ビジャも同日、自身の公式ツイッターに「私の決断。私の未来」と投稿。添付されたインタビュー映像では「私の心と体は新たな挑戦を必要としている」などと新天地への思いを語っていた。

     複数の関係者によると、早くからビジャ側の意向をつかんでいた神戸は既にクラブ幹部が渡米し、水面下で交渉を進めてきたという。ニューヨーク・シティとの契約が12月末で切れるためビジャ獲得に移籍金は発生しない。1年契約で年俸も現在の561万ドル(約6億3千万円)から大幅な減額になるとみられるが、条件面が折り合えば交渉は一気に加速しそうだ。

     前節にようやくJ1残留を決めた神戸はチーム得点王がMF三田の6得点とストライカー不在に悩まされた。イニエスタの能力を最大限に引き出すFW獲得は喫緊の課題で、バルセロナやスペイン代表でともにプレーした経験を持つビジャは適任。イニエスタもかつての同僚の獲得を熱望しているという。

     ビジャはスペインが優勝した08年欧州選手権、10年南アフリカW杯で得点王に輝き、スペイン代表通算59得点は同国の歴代最多記録となっている。12月に37歳を迎えるが、今季はリーグ戦で14得点と決定力は健在。米MLSの4年間で公式戦80得点を記録した。

     ニューヨーク・シティなどを運営するシティ・フットボール・グループと業務提携している横浜Mもビジャの移籍先候補に挙がった。だが、イニエスタやリージョ監督の存在から大きく神戸入りに傾いているといい、交渉の行方が注目される。

    11/30(金) 5:01配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000006-dal-socc

    写真

    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    【神戸】ビジャ獲得へ!36歳元スペイン代表FW、10年南アW杯制覇&得点王…山口蛍も
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000253-sph-socc

    さらにC大阪のキャプテンで、日本屈指の守備力を誇るボランチ・山口に正式オファーを提示していることが分かった。

    山口は広い守備範囲と危機察知能力、高いカバーリング技術を誇り、中盤の守備力はJリーグ屈指。14年ブラジル、18年ロシアと2度のW杯に出場するなど、豊富な経験を誇る。C大阪もチームの核と言えるキャプテンに対し、全力で慰留に努める見込みだが、イニエスタとプレーできるという点においても神戸が大きな魅力を誇っていることは間違いない。

     2人の獲得に成功すれば、イニエスタ、ポドルスキ、ビジャと3人のW杯優勝経験者と、日本を代表するボランチで、チームの骨格となるセンターラインを固めることになる。目標とするアジアNO1クラブへ、神戸が今オフの移籍市場でも主役に躍り出る気配だ。


    神戸“バルサ化”着々!元スペイン代表ビリャと交渉中 10年W杯得点王
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000001-spnannex-socc

    神戸がビリャ獲り イニエスタとスペイン最強コンビ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00406342-nksports-socc

    1 Egg ★ 2018/11/30(金) 06:10:53.63
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1543525853/


    【【Jリーグ】<ビジャ>ヴィッセル神戸入り濃厚!既にクラブ幹部が接触..イニエスタも獲得熱望!さらにC大阪の山口蛍に正式オファー】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/29(木) 06:40:06.18 ID:CAP_USER9.net

    元スペイン代表FWダビド・ビジャに日本行きの可能性が浮上した。フランス『レキップ』が報じている。

    現在、アメリカ・メジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・シティでプレーするビジャ。しかし、今シーズンいっぱいで契約が切れる元スペイン代表FWは、クラブからの退団とともにアメリカからも離れることが濃厚と考えられている。

    そんな中、12月に37歳の誕生日を迎えるビジャの新天地に浮上したのがJリーグ。ニューヨーク・シティやマンチェスター・シティを所有するシティ・フットボール・グループが経営に参入している横浜F・マリノスが有力候補として挙がっている模様だ。

    スペイン代表としてユーロ2008と2010年のワールドカップを制したビジャは、バレンシアやバルセロナ、アトレティコ・マドリーといったスペインの強豪でプレーし、数々のタイトルを手にした。そして、2014年からニューヨーク・シティに活躍の場を移している。

    アンドレス・イニエスタやフェルナンド・トーレスといった元スペイン代表が活躍するJリーグに新たな大物が加わるかもしれない。

    11/29(木) 6:24配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000032-goal-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【Jリーグ】<元スペイン代表FWビジャ>シティ・フットボール・グループが経営に参入している横浜Fマリノスが有力候補とフランス紙】の続きを読む

    このページのトップヘ