Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > MLS

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    メスト・エジル 写真提供: Gettyimages

     メジャーリーグサッカーのDCユナイテッドアーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルの獲得に興味を示しているようだ。22日、英紙『サン』が報じている。

     ヨーロッパ主要リーグの今夏の移籍市場は既に終了しているものの、MLSの今夏の移籍市場は10月29日までとなっている。そしてDCユナイテッドはエジル獲得に向けて既にコンタクトを取っているようだ。

     同紙によるとエジルはかねてからMLSの各クラブコンタクトを取ってきた模様。ただ、同選手の高額な給与が障壁となり交渉は難航していたようだ。

     しかし、エジルがヨーロッパリーグに引き続きプレミアリーグの登録メンバーである25名から外れたこともあり、DCユナイテッドへの移籍への可能性が急浮上しているようだ。

     また、エジルの移籍先として想定されるのは移籍市場が10月25日までとなっているポルトガルプリメイラ・リーガカタールスターズリーグ11月9日までとなっているブラジルセリエAが挙げられている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】プレミア登録メンバー外のエジル、MLS移籍の可能性!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    確かな実績を誇りながら、市場が開くたびに放出候補となる現実に苦しむ

     今秋から米MLSメジャーリーグサッカー)のインテル・マイアミに加入したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインは、一度はサッカーへの情熱を失っていたという。米放送局「CBSスポーツ」のインタビューで明かしている。

     イグアインスペインの強豪レアル・マドリードイタリア王者ユベントスで活躍したキャリアを持つ。しかし、2018年夏、所属していたユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが加入するとエースの座を失い、同リーグACミランイングランドプレミアリーグチェルシーへ半年ずつ期限付き移籍したが、いずれも買い取りには至らず。そのまま昨季はユベントスプレーした。

    「最近ではヨーロッパの、トップレベルプレーしなければいけないというメディアプレッシャーもあって情熱を失いかけていた。これまでのキャリアで証明してきたことも、1試合1試合、いつも証明することを求められる。そうしたものから少し離れたかった。新たな喜びを得るためにMLSに来た。トップレベルストライカーがたくさん来て、楽しんで競争しているのを見てきた。このリーグは多くのゴールが決まり、挑戦するのに興味深かった」

     イグアインは特に近年、放出リストに載っているというネガティブニュースの矛先になり続け、試合に出るたびに懐疑的な視線を浴びせられたのは事実だろう。それにより、精神を削られていたという。

     セリエAでの得点記録も樹立したことのあるストライカーは、「サッカーを楽しむことに戻るため、ここに来た」と話す。元イングランド代表のスター、デイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるマイアミで、MLSでも得点能力の確かさを見せつけることができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    インテル・マイアミでプレーするイグアイン【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLS】イグアイン、米MLS移籍前の苦悩を告白 「プレッシャーで情熱を失いかけていた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



     今シーズンからメジャーリーグサッカーMLS)のインテル・マイアミでプレーするアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが、自身のキャリアについて語った。20日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

     ユヴェントスとの契約を1年残していたものの今年の9月に同クラブを退団し、自身初となるアメリカへ新天地を求めたイグアイン。すでにリーグ戦で6試合に出場し1得点を挙げる活躍を見せているが、32歳を迎えている現在のキャリアについて、以下のように語った。

    「私はこれまで大物選手の移籍や兄(フェデリコイグアイン)の活動を見て、MLSについて好奇心を抱いていた。またサッカープレーできる喜びを感じてここにきたかったし、インテル・マイアミは私に必要なものを全て与えてくれたと思う」

    メディアの観点から考えると、ヨーロッパはあまりにも注目度が高すぎた。毎回の試合ごとに自分のキャリアで行なってきたことの全てを、彼らに証明しなければならなかった。より多くの忍耐が必要とされ、心からプレーを楽しむ時間を感じられなくなってしまったよ」

     現在、インテル・マイアミはリーグ戦で12位に位置しているが、今後イグアインチームを上位へ引き上げる活躍を見せられるのだろうか。

    インテル・マイアミに所属するイグアイン [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLS】イグアイン、アメリカを新天地に選んだ理由を明かす「プレーできる喜びを…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


     今夏インテル・マイアミに移籍したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインは、ニューヨークレッドブルズ戦で直接FKを決め、新天地での初ゴールとなった。

     今夏の移籍市場で、ユヴェントスからフランス代表MFブレーズ・マテュイディとイグアインという2人のビッグネームを迎えたインテル・マイアミは、8日にNYレッドブルズと対戦。1-1で迎えた81分、ペナルティーエリア付近でFKを得ると、イグアインが右足で放った強烈なボールゴール右隅へと突き刺さった。チームはこのまま2-1で勝利し、イグアインデビューから3試合目にして初勝利を手にした。

     イグアイン9月28日フィラルフィア・ユニオン戦でデビューを果たすも、さっそくキッカーを任されたPKで大きく枠を外してしまっていた。その汚名返上となる美しい直接FKに、メジャーリーグサッカーも公式SNSで賛辞を送っている。また、データサイト『Opta』によると、イグアインヨーロッパ5大リーグで出場した428試合で直接FKを1度も決めていなかったという。

    MLSでの初ゴールを決めたイグアイン [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLS】イグアインが弾丸直接FKでアメリカ初ゴール!…デビュー戦でPK失敗の汚名返上】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    ゴンサロ・イグアイン 写真提供: Gettyimages

     昨シーズン限りでユベントスを退団し今夏の移籍市場でインテル・マイアミに移籍した元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインは移籍後初ゴールを記録した。

     8日に行われたメジャーリーグサッカーでマイアミはニューヨークレッドブルズと対戦。この一戦に先発出場したイグアインは81分にフリーキックを沈め移籍後初ゴールを記録。このゴールで勝ち越したマイアミはアウェーの地で1-2で勝利を収めた。

     9月27日に行われたデビュー戦のフィラルフィア・ユニオン戦ではPKキッカーを任されたものの、大きく枠外へと外し移籍後初ゴールがお預けとなっていたイグアイン。今回のゴールで自身のスキルを再び証明した。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLS】移籍のイグアイン、FKで移籍後初ゴールを記録!】の続きを読む

    このページのトップヘ