Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > MLS



    (出典 football-tribe.com)



    ▽サッカー界屈指のユーモアの持ち主であるロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが自身の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏を絶妙にイジった。

    ▽イブラヒモビッチの代理人を務めるライオラ氏は、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバやベルギー代表FWロメル・ルカク、パリ・サンジェルマンのイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ、ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマら錚々たるビッグネームを顧客に抱える世界屈指の敏腕代理人だ。

    ▽その一方で、歯に衣着せぬ物言いや強引すぎる手法で各クラブの首脳陣やフットボールファンを敵に回すなど、灰汁の強い性格で知られている。

    ▽以前から得意の毒舌でライオラ氏を維持ってイジってきたイブラヒモビッチは5日、自身の公式『ツイッター(@Ibra_official)』でまたしても絶妙なイジりを見せた。

    ▽今回投稿されたツイートではジム内でマットを敷いてうつぶせになって寝るイブラヒモビッチの背中付近に肥満体系のライオラ氏が立って乗っかっている写真と共に、「ミーノ・ライオラという代理人がオレから最後の1ペニー(お金)まで搾り取ろうとする姿」というコメントを載せた。

    ▽恐らく、今回のライオラ氏の行動はトレーニングの一環か腰のマッサージだったと思われるが、イブラヒモビッチはときに“銭ゲバ”と揶揄される同氏の世間評を巧みに用いたコメントでイジって見せた。

    ▽なお、実家がオランダでピッツェリア(ピザ屋)を営んでいるライオラ氏がイブラヒモビッチを踏む姿はピザ生地をこねるようにも見えるところが、さらにシュールだ。

    ◆あの肥満体系では案外良いトレーニングに?
    https://twitter.com/Ibra_official/status/1026210935222853634
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】風刺がききすぎ! イブラの代理人イジリが秀逸過ぎる】の続きを読む



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 久太郎 ★ :2018/08/05(日) 23:38:18.86 ID:CAP_USER9.net

    米MLSのLAギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモ*(36)が、シーズンチケットを買ってくれたファンに感謝の電話をしたと、4日付の英紙デーリーメール電子版が報じた。


     自身を「神」と名乗るイブラヒモ*は、シーズンチケットを購入したファン1人に電話をかけるサプライズ演出をした。電話がつながると「シーズンチケットを買ったと聞いたぜ。ハッピーかい?」と、名前も名乗らず、いきなりイブラ節全開でスタート。「お祝いを伝えないとな。俺は(シーズンチケットを買ってくれたことを)失望させないぜ、友よ。たくさんの喜び、幸福、そしてゴールを届けるよ」と活躍を約束した。

     さらに「欲しいものは何だい。(シーズン後に)優勝トロフィーを持っていくよ。連絡を取り続けるから心配するな」と優勝まで約束。ファンにとってはこれ以上ない神対応となった。

     1人だけの予定だったが、思いの外楽しかったのか「もう1人行こうぜ。もう1人」と上機嫌だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00290732-nksports-socc


    【【仰天!】イブラヒモビッチ、名乗らずファンに電話「幸せ?」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    米で完全復活のFWがマンU退団きっかけの傷跡公開

     米メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが3日にツイッターを更新。古巣マンチェスター・ユナイテッド退団のきっかけとなった古傷の右ひざの治療の後を公開すると、そのあまりに壮絶な傷跡が大きな話題を呼んでいる。

     激しい戦いの歴史が残っている。イブラヒモビッチが公開したのは、手術の跡がはっきりと残る左ひざの写真だった。

     イブラヒモビッチは2017年4月のUEFAヨーロッパリーグ準決勝アンデルレヒト戦で右ひざを負傷。前十字靭帯損傷の大怪我と診断され、手術を受けた。その後、復活したが、パフォーマンスは戻らず、今年3月にマンUを退団。米MLSに電撃移籍した。

     LAギャラクシーでは7月29日のオークランド・シティ戦でハットトリックを達成するなど、ここまで17試合で15得点とゴールを量産。完全復活を印象付けている。

     イブラヒモビッチはツイッターとインスタグラムに「彼らはもう終わりだと言った。俺はNO!と答えた」とつづり、この写真を公開。ファンからは「このメンタルありえない」「GOD!ズラタン!」「この世で最も根性のある人間」「キングはネバーギブアップ」「ライオンと人間の治り方は違う」などと驚愕のコメントが相次いでいた。

     今なお輝きを失わないスウェーデンのレジェンド。不屈の闘志でこれからも、衝撃を与え続けてくれそうだ。(THE ANSWER編集部)

    ズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イブラヒモビッチの“傷跡写真”に海外反響 「この世で最も根性のある人間」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



     元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチは、古巣のマンチェスター・Uが今季タイトルを獲得することに期待した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が27日に伝えている。

     イブラヒモヴィッチは2016年にマンチェスター・Uに加入すると、リーグカップとヨーロッパリーグ(EL)を制覇。その後、2018年3月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに移籍していた。

     マンチェスター・Uは昨季タイトル獲得ができていない。リーグではライバルのマンチェスター・Cに続き2位。FA杯では決勝戦まで進んだが、チェルシーに敗れこれも2位に終わっていた。現在プレシーズンツアーでアメリカを訪れているマンチェスター・Uについて、アメリカでプレーしているイブラヒモヴィッチは『スカイスポーツ』のインタビューに対し次のように語った。

    「(ジョゼ・)モウリーニョ監督は誰もが知っている名将だ。彼は常にトロフィー獲得狙っている。昨季はタイトルを獲得できなかったが、これまでトロフィーを得ずにシーズンを終えることはあまりなかった。彼は今素晴らしいクラブを率いていて、勝てるチームがある。彼はタイトル獲得に慣れているよ」

    「モウリーニョ監督はシーズンの準備をすすめている。彼らは良いシーズンを迎えることができると思う。新しい選手が入ってきて、良いチームを構築しているね」

    「彼らに運があることを願っているよ。能力があり、クオリティがある。そしてファンを含めたクラブ全体で勝利を必要としている。俺はマンチェスター・Uが何かを獲得することを願っている」

    ICCでアメリカに来ている古巣マンチェスター・U


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】イブラヒモヴィッチ、今季の古巣マンUに期待「良いチームを構築している」】の続きを読む



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 Egg ★ :2018/07/25(水) 12:59:33.38 ID:CAP_USER9.net

    メジャーリーグサッカー(MLS)史上最高額の1300万ドル(約15億円)でバンクーバー・ホワイトキャップスに所属する17歳のカナダ代表MFアルフォンソ・デイビスがバイエルン・ミュンヘンに移籍する見通しとなった。24日に米メディア『ESPN』が報じている。

     同メディアによると、ボーナスなどを加えれば最高1900万ドル(約21億円)の取引になるという。クラブ間合意に達したが、18歳になるまでブンデスリーガでプレーすることは出来ないため、11月の誕生日を迎えた後の2019年1月の移籍市場でバイエルンに加入する見通しとなっている。

     デイビスは“カナダの怪物”と言われる逸材。15歳の時にトップチームへ昇格し16歳で代表入りを果たした。代表デビューから3試合で3得点決める活躍を見せている。

    7/25(水) 11:54 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180725-00282916-footballc-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【ブンデスリーガ】<バイエルン>“カナダの怪物”17歳MFアルフォンソ・デイビスを「MLS史上最高額の移籍金」で獲得へ!】の続きを読む

    このページのトップヘ