Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > MLS



    (出典 f.image.geki.jp)



    キャリアをスタートするクラブとして最適だと主張「僕はまだ感謝している」

     ロサンゼルスギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、若い選手を育成するうえで「アヤックスより優れたクラブはない」と古巣を称賛した。

     今季、アヤックスオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(今夏バルセロナへの移籍が内定)や同国代表DFマタイス・デ・リフトといった多くの若手が活躍し、欧州最高峰の舞台と言われるUEFAチャンピオンズリーグで準々決勝まで進出。国内リーグでもPSVと優勝を争っており、新時代の到来を予感させている。

     アヤックスはこれまで、アカデミーから元オランダ代表FWヨハン・クライフを筆頭に、FWパトリッククライファート、MFエドガー・ダービッツ、MFウェズレイ・スナイデル(現アル・ガラファ)、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(現トットナム)ら数多くのタレントを輩出。彼らは若くしてクラブで活躍し、世界へ飛び立っていった。

     2001年、19歳で母国のマルメからアヤックスに加入したイブラヒモビッチも才能を開花させた1人だ。オランダサッカー専門誌「Voetbal International」によれば、カリスマFWは若い才能を伸ばすことにおいてアヤックスの右に出るチームはいないと考えており、キャリアをスタートさせるのにこれ以上適した場所はないと語っている。

    「若く野心的なサッカー選手にとってアヤックスより優れたクラブはない。トレーニング方法、クラブの哲学、囲まれている仲間。それらはすべて非常に高いレベルにある。新たなタレントには、アヤックスでキャリアをスタートすることを勧めるよ」

     クラブで学んだ一つひとつのことを振り返り、「世界で最高のサッカー選手の1人になるための最初のステップだった。たくさんの学びを提供してくれたアヤックスが最初の海外クラブだったことを、僕はまだ感謝している」と自身の思いを明かした。

     “外の世界”で初めて過ごした場所がアヤックスだったことは、イブラヒモビッチのキャリアにとって大きな影響を与えているようだ。(Football ZONE web編集部)

    LAギャラクシーのFWイブラヒモビッチ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】カリスマ男イブラヒモビッチ、若手育成で持論 「アヤックスより優れたクラブはない」】の続きを読む

    no title


    13日に行われたアメリカメジャーリーグサッカーのミネソタ・ユナイテッドニューヨーク・シティFCの試合で生まれたプレーが話題になっている。

    2-2で迎えた前半32分、味方からの長いバックパスを捌こうとしたニューヨーク・シティGKのショーンジョンソンは…。

    持ち出そうとしたところでなんと空振り!微かに触っただけで、そのままゴールの中へと転がっていった。

    幸運にもニューヨーク・シティは64分にゴールを奪い返し、3-3の引き分けでこの試合を乗り切っている。もし負けていたらどうなっていたか…。

    【関連記事】シュポ=モティング、衝撃だった「世界最悪のミス」を語る

    ショーンジョンソン1989年まれの29歳で、2011年からアメリカ代表に選出されてきた選手。これまで7capを持っており、ゴールドカップに2度出場した経験を持っている。

    今季ニューヨーク・シティでは6試合すべてでゴールマウスを守っているが、11失点となかなか波に乗れていない。

    やってもうた!代表GKの悲しすぎる「空振り」が話題


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】やってもうた!代表GKの悲しすぎる「空振り」が話題】の続きを読む

    no title


    ロサンゼルスギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のバルセロナマンチェスター・ユナイテッドを展望した。スペインマルカ』が伝えている。

    バルセロナでは2009年から1年間、ユナイテッドでは2016年からおよそ2年間プレーしたイブラヒモビッチ。10日に行われる古巣同士の一戦に向けて、キープレイヤーにFWリオネル・メッシとMFポール・ポグバの名を挙げた。

    素晴らしいチーム同士の戦いはとても面白い試合になるだろう。素晴らしい歴史を持ち、見ていても非常に魅力的だし、素晴らしい選手がいる」

    「皆が知っていることだが、メッシプレーする全てのゲーム明らかに違いを作り出せる選手だ。ユナイテッドではポグバがそういう役割をする」

    サッカーは団体スポーツだが、メッシポグバの戦いになるはずだ。違いを生む選手がいるから面白くなる」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イブラ、古巣対決を展望「メッシvsポグバ」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     今夏にバイエルンを退団することが発表されている元オランダ代表MFアリエン・ロッベンMLSメジャーリーグサッカー)への移籍を検討しているようだ。7日、カナダメディアnortherntribune』が報じている。

     現在負傷でチームを離脱しているロッベンには、度々移籍先の噂がされてきた。同メディアによれば、ロッベンセリエAインテルと交渉中だったが、新たな選択肢としてMLSに興味を示している模様。また、イタリアメディアCalcioMercato』は、すでにMLSに所属するトロントFCと会談を行ったと報じている。

     しかし、MLSには「指定選手ルール」と呼ばれる規則があり、チームは決められた給与上限を超える選手は3人しか保有できない。トロントFCではDFマイケル・ブラッドリー、MFアレハンドロ・ポスエロ、FWジョジー・アルティドールがこの条件に該当するため、ロッベンを獲得するためには3人のうちの誰かを放出しなければならない。

     Jリーグへの移籍も報じられたロッベンの今後の去就にはさらに注目が集まる。

    バイエルン退団を発表し、去就に注目が集まるアリエン・ロッベン [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】今夏バイエルン退団のロッベン、移籍先にMLSのトロントFCが浮上】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    バイエルンに所属する元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)はアメリカ行きに心が惹かれているという。イタリアカルチョメルカート』が報じた。

    バイエルンとの契約が最終年のロッベン。既にシーズン終了後の退団を表明していることから、新天地を巡り、様々な憶測が取り沙汰され続けている。

    そのなかで、インテルの関心が囁かれるロッベンだが、メジャーリーグサッカー(MLS)挑戦に熱心であり、その方面からの興味もある模様だ。

    なお、そのロッベンは現在、昨年11月末の試合を最後に負傷離脱が続いており、復帰のめどが立っていない。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ロッベン、新天地はMLSか】の続きを読む

    このページのトップヘ