Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > MLS



    (出典 img.footballchannel.jp)



    PSGで選手と監督の関係だったアンチロッティ氏とプレミアで再タッグ結成か

     今冬の去就が注目される元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、イングランドからもラブコールがあるようだ。英高級紙「ガーディアン」やイタリア紙「イル・ジョルナーレ」が報じた。

     イブラヒモビッチは、今年いっぱいで現所属の米MLSメジャーリーグサッカー)のLAギャラクシーと契約満了。移籍金なしでどのクラブとも契約が可能になっている。これまでは、古巣でもあるセリエAの名門ACミランが低迷脱出の切り札として獲得が濃厚とされてきた。

     しかし、イブラヒモビッチは半年契約+1年の延長オプションに難色を示しているとされ、ミランに対して正式な回答をしていない。そうしたなかで、同じセリエAナポリはアウレリオ・デ・ラウレンティス会長がイブラヒモビッチの代理人ミノ・ライオラ氏に問い合わせをしたと報じられている。

     さらに、プレミアリーグエバートンからもライオラ氏に問い合わせが到着。マルコシウバ監督を解任したエバートンは、現在ダンカンファーガソン氏が暫定監督を務めるが、あくまでも正式な監督を探している状況に変わりがない。クラブ主導でのストライカー補強と、後任にナポリを解任されたばかりのカルロアンチロッティ氏が浮上しているなかでの複合的な状況により、イブラヒモビッチ獲得へ動きが進んでいるという。アンチロッティ氏とイブラヒモビッチは、パリ・サンジェルマンPSG)時代に指揮官と選手の関係だった。

     いずれにせよ、38歳にして多くのクラブから熱視線を浴びているイブラヒモビッチは、今季後半戦に向けて注目される存在になるのは間違いなさそうだ。(Football ZONE web編集部)

    イブラヒモビッチの行き先の選択肢が広がっているようだ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】イブラヒモビッチ、新天地にエバートン浮上 次期監督候補アンチェロッティと再タッグか】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    オプション付きの半年契約を提示するミランに対し、1年半契約を望むイブラは不快感

     冬の移籍市場で元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを獲得することが濃厚とされてきたセリエAの名門ACミランは、ここに来て交渉が停滞している。イタリア紙「トゥット・スポルト」によれば、その原因は契約期間に関する食い違いにあるという。

     イブラヒモビッチは年内で米MLSメジャーリーグサッカー)のLAギャラクシーとの契約が満了。冬の移籍市場のタイミングでゼロ円移籍が可能だ。現在リーグ戦で苦しんでいるミランは、かつてエースとして活躍したイブラヒモビッチの獲得を望み、その交渉は順調だとされてきた。

     しかし、ここにきてナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が代理人のミノ・ライオラ氏に金銭条件を問い合わせるなど、他クラブの入り込む余地が生まれている。その背景には、イブラヒモビッチミランの条件に納得していないことがあるようだ。

     ミランの提示は「半年契約+1年間の延長オプション」とされるが、イブラヒモビッチは保証された1年半契約を望み、半年間で“試される”ことに不快感を示しているという。

     記事では、「ここから先はミランが頑張らなければいけないタイミング」だとして、イブラヒモビッチを納得させるための条件を提示させる勇気が必要だと主張している。

     契約期間に慎重になるミランは、38歳となったカリスマストライカーを切り札として手中に収められるのか。情勢は混沌としているようだ。(Football ZONE web編集部)

    年内でLAギャラクシーとの契約が満了となるFWズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ミラン、イブラヒモビッチ獲得の交渉が停滞 契約期間の“食い違い”が原因と伊紙が指摘】の続きを読む

    no title


    スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは小生意気な後輩を好んでいるようだ。

    同選手のパリ・サンジェルマン(PSG)時代の後輩で、現在リールで守護神を務めるフランス代表GKミケ・メニャンが『フランスフットボール』のインタビューで興味深いエピソードを明かした。

    PSGの下部組織出身のメニャンは、イブラヒモビッチが在籍していた時代にシュート練習の相手を務めることが多かったという。

    その際、簡単なシュートを止められずにいると、同選手は当時17歳だった若手GKに対しても厳しい罵声を飛ばしていた。ただ、ある時にメニャンが反抗する態度を見せると、百戦錬磨のストライカーはそれに怒ることなく、逆に褒め称えてくれたという。

    「僕たちはここ最近連絡を取り合うことはないけど、今でも彼のことを熱狂的に慕っているんだ。彼はいつでも面と向かってハッキリ思っていることを伝えてくれるんだ」

    「もちろん、あの感じだから過去には辛い状況に追い込まれたこともあるよ。17歳の若者が彼から叱責を受ければ、それはショックなことだけど、あるとき僕は普通では考えられないけど、彼に言い返したことがあったんだ」

    トレーニング中にズラタンは時速400kmぐらいに感じる強烈なシュートを打ってきたんだ。それは彼にとって簡単なことだと思うけど、ボックス内の至近距離であんなシュートを打たれたら、(ジャンルイジ・)ブッフォンジュリオ・セーザルだって止められなかったはずさ」

    それなのに彼は僕に向って『お前はクソGKだ』って言ってきたんだ。それは個人的に受け入れられないものだった」

    「でも、その後に彼のシュートを今度は止めることができたんだ。だから、僕も何か言い返してやろうと思って、『クソアタッカー』って叫んだんだ」

    「彼は僕のことを見ていたけど、その後に何も言ってくることはなかった。だけど、ロッカールームに戻ってから彼は僕のところに来て、『あれ(言い返したこと)は良かった。お前の振る舞い、性格を気に入った』と話してくれたんだ。それ以前から彼のことが好きだったけど、あの出来事がより彼への尊敬を強めたよ」

    若手時代から現在に至るまで強烈なパーソナリティーを放ち続けるイブラヒモビッチだが、自身の存在に臆せず向かってくる強気な後輩を好んでいるようだ。それにしてもサッカー界最強の部類に入る同選手に対して、「クソアタッカー」と言い放った当時17歳のメニャンの勇気に称賛の言葉を送りたい。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イブラは強気な後輩がお好き! 「クソアタッカー」と言い返した後輩を可愛がる】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    写真提供: Gettyimages

    この数年、ズラタン・イブラヒモビッチセリエAに復活するという情報が流れる度に、イタリアサポーター達は夢を見る。イブラが好きでたまらない人もいれば、大嫌いだという人もいますが、かつて彼がアモーレ(愛)の国にたくさんの思い出を残したことには違いありません。

    そしてこの数週間、ずっと幻であったイブラセリエA復活は確実に近づいている。イブラの代理人であるミノ・ライオラセリエA以外にもたくさんの選択肢があると言い続けているが、本人はイタリアの月刊雑誌『GQ』でもはっきり明言した。「アイ・カム・バック」とね!

    サポーターは、セリエAのどのチームに移籍するかが知りたくてワクワクしている。しかし、アメリカリーグプレーしてきたイブラヒモビッチは、本当にセリエAで再び活躍できるのだろうか?

    現在のイブラのコンディション

    まず、2018年3月からイブラが活躍してきたアメリカメジャーリーグサッカーMLS)でのデータを振り返ってみましょう。イブラは所属のロサンゼルスギャラクシーで56試合に出場して、52得点を決めた。とんでもない実績です。

    また、アメリカでの冒険の間には、4試合しか休んでない。ということは、アメリカに行く前のマンチェスター・ユナイテッド時代にヨーロッパリーグ準々決勝アンデルレヒト戦(2017年4月)で負った膝の大怪我は、もう大丈夫ということです。イブラはその怪我に6ヶ月以上も苦しんで復活が難しいということも言われていた。サッカー界は彼が不死身だということを忘れていた…。

    しかし、MLSレベルセリエAレベルと比べると、低いと言われている。また、アメリカリーグイタリアより、かなり短い。2019年MLSシーズン3月2日に開始して10月6日に終わりを迎えた。

    写真提供: Gettyimages

    さらに、11月にLAギャラクシーを退団することを発表したイブラヒモビッチは、現在個人でしか練習していないだろう。もう一度高いレベルリーグに慣れるのは、少し時間がかかるかもしれません。

    イブラの年齢のことを心配している人達もいるが、私はその面では心配がないです。確かにすでに38歳であることは忘れてはいけない。しかし、彼はスピードで勝負する選手ではない。スタミナがそんなになくても問題はない気がする。

    また、サッカー界全体的でも選手生命が長くなっていることは、そろそろ認めなければならないだろう。36歳で初めてのセリエA挑戦となるフィオレンティーナに移籍したフランク・リベリーは、イブラより動くタイプなのに何のトラブルもなく大活躍している。数年前までは考えられなかった光景です。

    写真提供:Gettyimages

    ミランでの復活の可能性

    イブラヒモビッチの移籍先として、最も大きく報じられて契約交渉が進んでいるのは古巣のミランです。イブラはある雑誌の取材でこう語った。

    「私は、現在は結果がついていないが再びトップに立つべきチームに移籍する」

    こんな言い方をされると、頭にすぐ浮かぶのはミランのことです。ミラン2012年イブラチームを離れてから闇に沈んだ。再びこのチームに怒りをもたらすというのは夢のある話です。

    現在ミランの得点力は明らかに落ちている。前シーズンゴールを積み重ねていたクリシュトフ・ピアテクのパフォーマンスは一気に落ちた。そして、現在のトップストライカーは左サイドバックのテオ・エルナンデスイブラが来ることがミランの得点力に繋がることは間違いない。

    しかし、ピアテクやラファエル・レオンミランがかけた予算が割と大きく、それがクラブにとってイブラ獲得に対する契約交渉のネックになっている。最近のニュースでも配信されているが、ミランがオファーする金額とイブラが求めている金額は異なる。契約内容の話し合いはしばらく続きそうだ。

    シニシャ・ミハイロビッチ 写真提供:GettyImages

    友情のためにボローニャへ行く可能性

    イブラヒモビッチの2つ目の選択肢は、冨安健洋が所属しているボローニャです。これは一番面白くてロマンのある展開となる。イブラとボローニャの監督であるシニシャ・ミハイロヴィチは長い付き合いのある友人です。イブラがこのチームに移籍する理由はそれしかないことは、ミハイロヴィッチ自身もわかっている。

    しかし、残念ながら先日ボローニャの会長であるサバティーニ氏はイブラがボローニャのオファーを断ったと発表した。

    ボローニャは今シーズン勇ましいスタートの後に躓いてしまった。イブラがこのチームに来るだけで、すぐにもスタメンになれただろう…。ストライカーロドリゴ・パラシオは彼とそんなに歳が変わらない。そしてフェデリコサンタンデールとマッティア・デストロは、イブラの足元にも及ばないのが現実。イブラがボローニャに加わったことでヨーロッパリーグにたどり着く夢は現実になれたかもしれないが…。断ったなら仕方がない。

    写真提供:GettyImages

    ナポリで新マラドーナを目指す可能性

    最初は噂にしか過ぎなかったのが、ナポリに移籍する話です。この可能性は少し高まっている。ナポリの会長であるデ・ラウレンティスとイブラの代理人ライオラの関係は今まであまり良くなかったが、コスタス・マノラス、そしてイルビング・ロサノの取引でお互いに信頼を取り戻してきた。そして、イブラはガゼッタの昔のインタビューで「(ナポリで)マラドーナと同じぐらい活躍できれば…」という話をしている。

    今のナポリの環境、そして揃っている選手を考えると、イブラにとってはあまり良い選択じゃない気がしますが、彼の勝利へのこだわりはナポリの復活に繋がることも考えられる。今ナポリが必要としているのは、レベル高い技術の選手ではない。精神的にチームを引っ張り、次のステップに持っていく選手です。

    よく考えると、イブラヒモビッチが雑誌の取材で口にした「私は、現在は結果がついていないが再びトップに立つべきチームに移籍する」のはミランではなく、ナポリのことを意味していたかもしれません。本当にそうなるとミランサポーターは2度と立ち上がれないショックを受けるだろう…。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】イブラはセリエA復帰で活躍できるか。ミラン、ボローニャ、ナポリでの可能性は?】の続きを読む

    no title


    ブラジル代表ロナウド氏との比較し、「天性の才能ではない」と指摘

     イタリアへの復帰が近づいているとされる元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、米誌「GQ」イタリア版のインタビューに応じた。そのなかでセリエAユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドインテルなどで活躍した元ブラジル代表FWロナウド氏と比較し、「真のロナウドブラジル人の彼だけだ」とC・ロナウドを挑発するようなコメントを残している。

     2年間、米MLSメジャーリーグサッカー)のロサンゼルスギャラクシーに所属し、先日退団したばかりのイブラヒモビッチは、「GQ」の独占インタビューイタリアへの帰還を匂わせる発言を連発。これまでの報道通り、古巣であるACミランへの復帰が濃厚となっている。

     そんななか、イブラヒモビッチインタビュー内でC・ロナウドに言及。「真のロナウドブラジル人の彼だけだ」と語り、「C・ロナウドは天性の才能ではなく、あれは努力の結果だ」と自身の見解を示した。C・ロナウドが“真のロナウド”とは違う理由を次のように説明している。

    「彼はセリエAを7連覇しているクラブと契約した。そのようなクラブに行くことは挑戦ではない。もし本当に彼がチャレンジを望むのなら、ユベントスがセリエBにいた時に加入し、セリエAに昇格させてトップチームへと戻していたことだろう」

     もともと、イブラヒモビッチC・ロナウドの関係性は良好ではないとされている。この発言により、イブラヒモビッチセリエAに復帰した際には、C・ロナウドとの対戦が大きく注目されることになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

    ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】セリエA復帰に迫るイブラヒモビッチ、C・ロナウドを“挑発” 「真のロナウドは…」】の続きを読む

    このページのトップヘ