Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > MLS



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    ロサンゼルスギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ2019シーズンにおける給与がメジャーリーグサッカー(MLS)史上最高額となる模様だ。アメリカワシントンポスト』が伝えている。

    昨年3月にマンチェスター・ユナイテッドからアメリカに活躍の場を移したイブラヒモビッチMLSでは年俸に上限が設けられており、それを超える年俸を受け取れる特別指定選手は1チームにつき3人までとなっている。LAギャラクシーは、イブラヒモビッチの加入時にすでにその枠が埋まってしまっていたため、イブラヒモビッチはわずか150万ドル(約1億6000万円)しか受け取っていなかった。

    それが今シーズンは、メキシコ代表FWジョバニ・ドス・サントスの退団で枠が一つ空いたため、イブラヒモビッチに相当の給与を与える余裕ができた。

    そして、『ワシントンポスト』がMLS選手協会の情報をもとに伝えるところによると、イブラヒモビッチは今シーズン720万ドル(約7億8000万円)のサラリーを受け取ることになるようで、元ブラジル代表MFカカが2017年オークランド・シティから受け取っていたおよそ716万ドル(約7億7500万円)を上回るMLS史上歴代最高額となるという。

    なお、現在MLSに所属する選手でトップの給与を受け取っている選手はイブラヒモビッチ以外では以下の通り。

    マイケル・ブラッドリー(トロントFC)/643万ドル(約6億9600万円)
    ジョジー・アルティドール(トロントFC)/633万ドル(約6億8500万円)
    カルロス・ベラ(ロサンゼルスFC)/630万ドル(約6億8200万円)
    バスティアン・シュバインシュタイガー(シカゴ・ファイアー)/560万ドル(約6億円)
    イグナシオ・ピアッティ(モントリオール・インパクト)/444万ドル(約4億8000万円)
    ウェイン・ルーニー(DCユナイテッド)/350万ドル(約3億7900万円)
    ホセフ・マルティネス(アタランタ・ユナイテッド)/306万ドル(約3億3100万円)

    ちなみに、ジョバニ・ドス・サントスは650万ドル(約7億円)だった。

    MLSに登録されている691選手のうち、年俸が100万ドルを超えているのは7.8%に当たる54人。また、上記のような特別指定選手を除いた選手の平均給与は34万5867ドル(約3700万円)で、昨シーズンから13.3%の増加、ここ5年で1.5倍に跳ね上がっているという。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【MLS】イブラヒモビッチの給与が大幅アップ! MLS史上最高額に】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    『ESPN』は10日、「ローマを退団した元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシは、ロサンゼルスFCへの移籍に近づいている」と報じた。

    今季限りでローマとの契約が満了となり、22年間所属していたクラブを離れることになった35歳のデ・ロッシ。

    その後メディアではアルゼンチンのボカ・ジュニオルスや日本のヴィッセル神戸という噂が流れたが、ここに来てアメリカが再び有力になってきたようだ。

    近づいているのは昨年アメリカメジャーリーグサッカーに参入を果たした新興クラブロサンゼルスFCだそう。

    かつてアメリカ代表監督を務めていたこともあるボブ・ブラッドリー氏がチームを率いており、元メキシコ代表FWカルロス・ベラが所属している。

    【関連記事】デ・ロッシは遂に退団…5大リーグで生き残る貴重な「ワンクラブマン」たち

    ただ、ロサンゼルスFCはカルロス・ベラとウルグアイ人FWディエゴ・ロッシで2枚のデザインド・プレイヤー(給与制限から外れるスター選手枠)が埋まっており、デ・ロッシをその枠で獲得するためには25万ドルの贅沢税を支払う必要がある。

    デ・ロッシ、神戸行きはナシか。アメリカの「新興クラブ」行きが間近に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】デ・ロッシ、神戸行きはナシか。アメリカの「新興クラブ」行きが間近に】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    シーズン限りでローマを退団した元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ(35)の新天地はやはりアメリカとなるようだ。『ESPN』が11日、同選手がメジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルスFC加入に向けて合意に至ったと伝えている。

    ローマとの契約最終年となった今季はヒザのケガの影響もあって公式戦23試合に出場し2ゴールの数字にとどまっていたデ・ロッシ。先月にはクラブ側から来季の契約を更新しない意向と共に、現役を引退してフロントコーチングスタッフ入りを打診されていた。

    しかし、現役続行を望むデ・ロッシは愛するローマ退団を決断。その新天地に関してはローマの元同僚DFニコラ・ブルディッソ氏がスポーツディレクター(SD)を務めるアルゼンチン屈指の名門ボカ・ジュニアーズの名前が有力候補に挙がっていた。先日にはボカの本拠地であるブエノスアイレス市内で、デ・ロッシが子供の通う学校を探しているとの報道も出ていた。

    また、イタリアメディアは元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタやFWダビド・ビジャ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキを獲得した実績がある、ヴィッセル神戸が親日家であるデ・ロッシの獲得に向け高額のオファーを掲示したとも報じていた。

    その一方で、イギリスロンドンまれのイタリア人女優であるデ・ロッシの妻セイラ・フェルバーバウムさんは、英語圏での生活を望んでおり、以前からMLSでのプレーに関心を示していた夫に対して、ロサンゼルス行きを勧めているとの報道も出ていた。

    今回、ロサンゼルスFC加入合意報道が出た一方、アルゼンチン国内ではボカ加入合意という報道も出ており、公式発表がされるまで二転三転の展開が待っていそうだ。

    ローマのプリマヴェーラを率いるアルベルト・デ・ロッシを父親に持つデ・ロッシは、幼少期からローマ一筋のキャリアを歩み、2000年トップチーム昇格以降、在籍18年間で公式戦616試合に出場し63ゴールを記録。在籍期間に獲得したタイトルは、2006-07シーズン、2007-08シーズンの2度のコッパ・イタリア制覇のみだが、“ローマの象徴”である元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティに次ぐ、クラブ歴代最多出場記録を持つ生けるレジェンド

    また、2004年デビューしたイタリア代表としては通算117試合に出場し21ゴールを記録。8つの国際メジャー大会に出場し、2006年ドイツワールドカップでは世界王者の一員となっていた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ローマ退団デ・ロッシがロサンゼルスFC加入で合意! 一方、ボカ行きの可能性も…】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    昨季からMLSのLAギャラクシープレーするズラタン・イブラヒモヴィッチ

    このほど行われたニューイングランド・レヴォリューション戦で伝説的なスーパーゴールを決めたぞ!映像で見てみよう。

    ゴール前で自らボールを浮かせると、驚愕のバイシクルシュートを叩き込んでみせたのだ。なんという打点の高さ…!

    キャリアに残るような衝撃的ゴールだったが、負けていたこともあってか、本人は全く喜ばず。

    【関連記事】 これは伝説!メッシ超えの「7人抜き」超ゴールが凄すぎる

    1-2で敗れた試合後には「がっかりしているし、イラつく」とこぼしていた。

    イブラヒモヴィッチが伝説ゴール!全米が震えた「超バイシクル」 がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イブラヒモヴィッチが伝説ゴール!全米が震えた「超バイシクル」 がこれ】の続きを読む

    no title


    昨季からMLSプレーするズラタン・イブラヒモヴィッチ。今季もすでにLAギャラクシーで2桁ゴールマークしている。

    そのイブラアマチュア選手に痛快なメッセージを送ったと話題になっている。それがこれ。

    この投稿をInstagramで見る
    Eindelijk feedback van een spits waar ik echt nog wat van kan leren!M’n voorbeeld 👏👏👏Thanks @iamzlatanibrahimovic
    Philippe Hesさん(@philippehes)がシェアした投稿 -

    イブラメッセージを送った相手は、AFCアムステルダムというアマチュアチームプレーするフィリップ・ヘス。『NOS』によれば、彼はなんと20試合でノーゴールという惨憺たるシーズンだったそう。

    ズラタン・イブラヒモヴィッチ

    フィリップ、ズラタンだよ。

    20試合ゼロゴールとは何て様だ。そんなの聞いたことねぇぞ。

    ゴールの仕方を学びたいなら、俺のスクールで教えてやるよ。

    ひどい気分なのは想像できる。

    サッカーを止めるかもしれないし、それが正しいかもな。

    グッドラック!クソみたいな結果に」

    当然ながらジョークだが、イブラらしい言葉といえる。

    なんでも彼以外にもパトリッククライファート、ルート・フリット、ロナルト・デ・ブールらオランダが誇るスーパーレジェンドたちもフィリップさんメッセージを送っているそう。

    今季アヤックスで大活躍したMFハキム・ジヤシュまで!オランダブームになっている感じだろうか。

    イブラヒモヴィッチ、「20試合0ゴール選手」 への説法動画がおもしろい


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イブラヒモヴィッチ、「20試合0ゴール選手」 への説法動画がおもしろい】の続きを読む

    このページのトップヘ