Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > MLS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     メジャーリーグサッカーMLS)のインテル・マイアミに所属している元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが、パリ・サンジェルマンPSG)に所属している同代表FWリオネル・メッシについて語った。『ESPN』が21日に同選手のコメントを伝えている。

     アルゼンチン代表は9月のインターナショナルマッチウィークアメリカに滞在。23日にマイアミでホンジュラス代表との国際親善試合に臨み、27日にはニュージャージージャマイカ代表と対戦予定となっている。現在はマイアミで暮らしているイグアインは、ホンジュラス代表との一戦に向けてトレーニングを行うアルゼンチン代表チームを訪問。かつてのチームメイトと“再会”する様子をインテル・マイアミのクラブ公式Twitterが伝えた。

     アルゼンチン代表の訪問に際し、イグアインは『ESPN』のインタビューメッシの去就について質問された。メッシPSGの契約は2023年夏で満了を迎えることから去就に注目が集まっており、インテル・マイアミを筆頭にMLSクラブも獲得に関心を示していることが報じられている。

     イグアインは「彼は今回ここ(インテル・マイアミの本拠地)でトレーニングをしたから、スタジアムに慣れることができたね」と冗談を交えつつ、「(ディエゴ・)マラドーナと同じく、彼はどこのスタジアムであろうと関係ない。レオ自身が決めることだが、彼がアメリカに来れば、とんでもない“革命”になるだろう」とコメントメッシの心境を推測しつつも、本心はわからないことを明かしている。

    「彼の計画の中にはMLSも含まれているはずだ。様々な噂があるけれど、言葉から行動への道のりは長いよね。それは僕がここに来る時も同じだった。この先のレオが何をするのかは見当もつかない。知っているのは、彼の契約が6月で切れることだけだ」


    【動画】イグアインがかつての“同僚”と再会

    アルゼンチン代表で長きに渡って共闘したメッシ(左)とイグアイン(右) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】メッシのMLS参戦は“革命”? イグアインが明かす「彼がアメリカに来れば…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    マンチェスター・ユナイテッドプレーしているイングランド代表DFハリー・マグワイアは、現在多くの批判を受ける立場となっている。

    キャプテンを任されながらも継続性のないプレーが見られ、ミスやパフォーマンスの低さが指摘されている。

    ブレンフォード戦で敗北してからはしばらくスタメンから外されるなどチーム内での序列も下がっており、イングランド代表でワールドカップに出場できるかどうかも微妙だ…という論説も。

    しかし、かつてイタリア代表で長く中心的なディフェンダーとして活躍したジョルジョ・キエッリーニは『Times』のインタビューで以下のように話していたという。

    【動画】アメリカで見せたキエッリーニの伝説ハンド

    ジョルジョ・キエッリーニ

    ハリー・マグワイアの状況は悲しいものだね。彼はいい選手だよ。

    マンチェスター・ユナイテッドは、マグワイアにあまりにも多くのことを要求しすぎているよ。

    クラブは彼を獲得するために8000万ポンドを支払った。しかし、そのために彼はすべての試合で世界最高の存在で在らなければならないのか?それは違う。

    市場価値というものは、選手がコントロールすることができない多くのものに依存しているんだ。これは誰の責任でもないよ。

    マグワイアとストーンズはいいコンビだ。マグワイアはリオ・ファーディナンドではないかもしれないが、十分に優れた選手だよ。

    彼が標的になっている状況は、イングランドのために役立たないものだよ。ワールドカップを制覇したいのなら、キープレーヤーが問題を持っていては不可能だ。

    マグワイアはイングランドキープレーヤーの一人であることは間違いないからね」
    「マグワイアの状況、悲しすぎる」名DFキエッリーニが指摘するワケ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】「マグワイアの状況、悲しすぎる」名DFキエッリーニが指摘するワケ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     バルセロナに所属するスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツは、来年夏にアメリカに新天地を求める可能性が高いようだ。21日、スペイン紙『スポルト』が伝えている。

     現在34歳のブスケツバルセロナの下部組織出身で、2008年9月にトップチームデビューを果たした。以後、中盤の主軸として君臨し続け、ここまで685試合に出場し18ゴール41アシストを記録。数々のタイトル獲得に大きく貢献してきた。今季もここまで公式戦5試合に出場。キャプテンとしてチームを牽引している。

     そんなブスケツだが、来年夏にバルセロナを退団する可能性が高いようだ。ブスケツバルセロナとの現行契約は2023年6月末をもって満了を迎える。報道によると、バルセロナは契約延長を検討しているものの、ブスケツ本人は新天地での新たな挑戦を望んでいるという。依然として財政難に苦しんでいるバルセロナが同選手の給与を維持することも難しいと見られており、来年夏の契約満了をもってクラブから退団する可能性が高いようだ。

     ブスケツに対しては、すでにアメリカメジャーリーグサッカーMLS)に所属するインテル・マイアミからの関心が明らかになっており、選手本人もMLSでの新たな挑戦に興味を示しているという。

     なお、バルセロナブスケツ退団に備えて、すでに後釜のリストアップを開始した模様。ここまでにレアルソシエダ所属のスペイン代表MFマルティン・スビメンディやチェルシー所属のイタリア代表MFジョルジーニョらの名前が挙がっている。

     長きに渡りバルセロナを支え続けてきたブスケツ。果たして来夏にどのような決断を下すのだろうか。今後の動向にも注目が集まる。

    2008年からバルセロナのトップチームでプレーしているブスケツ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ラ・リーガ】バルサ、主将ブスケツは今季限りでの退団が濃厚か…新天地はMLS?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     ロサンゼルスFCに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、ワールドカップを控えるなか、自身のコンディションについてコメントした。21日、イギリスメディアBBC』が報じている。

     9年間在籍したレアル・マドリードを退団し、今夏メジャーリーグサッカーMLS)のロサンゼルスFCへと加入したベイルスペインの名門では負傷に悩まされた上、ファンメディアから批判されることも多かった33歳だが、現在はアメリカの地で心地良い生活を送っているようだ。代表チームに合流したウェールズの主将は、現在の心境についてこのように語っている

    「良い気分だね。あっちではファンが本当に支えとなってくれるんだ」

    「彼らは同時にとても我慢強いんだよ。これは良いことだね。僕はプレーを楽しめているし、雰囲気も素晴らしい。彼らはみなチームサポートしてくれるんだ」

    「僕からこれ以上のことは求められないよ。彼らはまさに家にいるように感じさせてくれる。MLSの雰囲気は素晴らしいし、ウェールズ代表でプレーする時の自信にもなるんじゃないかな」

     ベイルロサンゼルスFCに加入後、ここまで公式戦11試合に出場しているものの、先発出場はわずかに2試合で、そのいずれも60分前後でベンチへ下がっている。コンディション面を不安視する声もあるもの、ベイル本人はW杯本大会を良い状態で迎えられると感じているようだ。

    「僕はより強く、より良い状態になっている。これから僕らにはMLSでの大事な試合があるが、それが終わればW杯に意識を向けることができる。僕がなれる最高のコンディションになるはずだよ」

    「すべてのフットボーラーはできる限りプレーしたいと思っている。だが僕らは頭を使って、シーズン最後の重要な戦いのためにコンディションを作っているんだ」

    「それがW杯を素晴らしい状態で迎えることにも繋がるんじゃないかな」

     ウェールズ代表は11月21日、W杯グループステージ第1節でアメリカ代表と対戦する。

    ウェールズ代表の主将を務めるベイル [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ベイルが“最高のコンディション”でW杯へ? 「より強く、より良い状態になっている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    レアル・マドリーを退団して、MLSロサンゼルスFCに移籍したウェールズ代表FWギャレス・ベイル

    まだ加入して3か月ほどだが、MLS公式によれば、リーグで最もユニフォームが売れている選手になったという。これは今季開幕から9月1日までのMLSオンラインストアにおける売り上げを基にしたもの。

    売り上げ2位は、レスター岡崎慎司仲良しだった元オーストリア代表DFクリスティアン・フックス(現シャーロットFC)。

    3位はメキシコ代表FWカルロス・ベラ(ロサンゼルスFC)、4位はメキシコ代表FWチチャリート(LAギャラクシー)、そして、5位はベネズエラ代表FWジョセフマルティネスアトランタ・ユナイテッド)。

    【関連】adidasの「でかロゴ」が最高にクールなユニフォームTOP10

    そのほかでは、トロントFCに移籍したイタリア代表ロレンツォ・インシーニェは23位、LAギャラクシーに加入した元ブラジル代表ドウグラス・コスタは24位となっている。

    レアル退団のベイル、MLSで人気爆発!ユニフォーム爆売れナンバーワンになる


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】レアル退団のベイル、MLSで人気爆発!ユニフォーム爆売れナンバーワンになる】の続きを読む

    このページのトップヘ