Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーグ1



    (出典 www.football-zone.net)



    レアル・マドリーが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)獲得に莫大な資金を投入するようだ。スペインマルカ』が、フランスサッカー専門誌『フランスフットボール』で大々的に扱われたことを報じている。

    シーズンを主要タイトル無冠で終えることが濃厚となり、来シーズンに向けてジネディーヌ・ジダン監督を復任させたマドリー。フロレンティーノ・ペレス会長が大型補強を準備していることが伝えられており、チェルシーMFアザールPSGのFWネイマールなど、スター選手への関心が根強く囁かれている。

    そして、『フランスフットボール』は“オペレーション・ムバッペ”と題したマドリーのムバッペ獲得に関する記事を一面に大きく掲載。2億8000万ユーロ(約349億円)もの大金が投じられる可能性を報じた。

    モナコで成長を遂げ、2017年夏に1億8000万ユーロ(現在のレートで約224億円)の買い取りオプション付きレンタルPSGに加入したムバッペ。その破格の才能から次代のNo.1プレーヤー筆頭とも見られており、ジダン監督も「彼を指導できたら幸せだろう」と高く評価していた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】超ビッグオファー! マドリー、ムバッペ獲得に349億円準備か】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/26(火) 08:07:14.25 ID:4NsQhLnW9.net

    レアル・マドリーがエムバペ獲得に向けて動き出した。
    フランス誌『France Football』の最新号の報道によると、マドリーは次の大型補強に向けて準備しており、PSGのフランス人ストライカーをターゲットにしているという。


    同報道によると、ジヌディーヌ・ジダンの監督復帰とチャンピオンズリーグのラウンド16敗退は会長のフロレンティーノ・ペレスに戦列の大幅な改編を決断させた。
    クラブ・マドリディスタの目標は中盤と攻撃陣に2、3人のトップレベルのスター選手を獲得する事である。

    ■補強リスト
    ジダンの補強リストにはキリアン・エムバペの名前が最初に挙がっている。
    『France Football』によると、フロレンティーノ・ペレスは次の夏の市場にこのフランス人ストライカー獲得を目指し、
    PSGの幹部達を納得させるために2億8,000万ユーロ(約348億5,000万円)という天文学的な金額のオファーを提示する準備をしているという。

    クリスティアーノ・ロナウドのユヴェントス移籍はクラブ・ブランコに埋める事のできない穴を残している。
    レアル・マドリーはゴール不足に陥っており、エムバペにはその穴を埋める役割が求められている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00010001-sportes-socc
    3/26(火) 8:03配信


    【【サッカー日本代表】レアルが20歳エムバペ獲得へ 約350億円のオファーを検討】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



     レアル・マドリードが、パリ・サンジェルマンPSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得に向けて、2億8000万ユーロ(約348億7000万円)の移籍金を準備していると報じられている。フランスサッカー専門誌『フランスフットボール』の報道を、スペイン紙『アス』や『マルカ』が引用して伝えている。

     レアル・マドリード指揮官に復帰したジネディーヌ・ジダン監督とムバッペの母国発の報道として、歴史的なビッグオファーが提示される可能性が伝えられた。レアル・マドリードが以前から獲得を狙っているとされるムバッペについて、パリ・サンジェルマンに2億8000万ユーロを提示する準備をしているという。

     なお、レアル・マドリード2017年夏にもムバッペの獲得を狙っており、当時は1億8000万ユーロ(約223億9000万円)を提示したと報じられているが、同選手はパリ・サンジェルマンでのプレー続行を決断している。

     果たして、サッカー史に残るビッグディールに発展、成立する可能性はあるだろうか。指揮官に復帰したジダン監督が同胞のムバッペ獲得を強く望んでいるとも報じられており、今後の動向に注目が集まる。

    レアルが獲得を狙っていると報じられているムバッペ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】史上最高額更新か…レアル、ムバッペ獲得へ約350億円オファー準備?】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    レアルが狙うムバッペ、年俸でベイルラモスを抜いて“チーム最高額”の可能性

     パリ・サンジェルマンPSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペは、フランス紙「レキップ」の報道によると、20歳にして年収27億円を超える“セレブリティ”となったことが伝えられて話題となっているが、それで頭を悩ますことになりそうなのが、かねてより補強を目論んでいるとされるレアル・マドリードだという。

     スペイン紙「AS」が伝えたのは、レアルがムバッペを獲得する際に必要となる“最低年俸”についてだ。ムバッペは2018年の年収が2170万ユーロ(約27億円)とされ、これはナイキとウブロのスポンサー料も加えてのものだという。フランス人だと、代表FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレチコ・マドリード)に次ぐ2位で、代表MFポール・ポグバマンチェスター・ユナイテッド)、元代表FWカリム・ベンゼマレアル)をすでに上回っている。

     そしてムバッペの年俸も20歳としては破格の金額となっている。PSG2022年まで契約を結んでいるが、毎シーズン120ユーロ(約1億5000万円)のアップとなる。2019-20シーズンには1320万ユーロ(約16億5000万円)となる予定で、その金額以上の条件が必要になると予想。その額は1500万ユーロ(約18億6000万円)以上になると見ている。

     この1500万ユーロは、レアルの現所属選手で見ても一気にチーム内最高額となる。ウェールズ代表FWギャレス・ベイル1400万ユーロ(約17億5000万円)、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス1100万ユーロ(約13億6000万円)、クロアチア代表MFルカ・モドリッチとベンゼマ1000ユーロ(約12億4000万円)となっており、ムバッペが上回る可能性もあるという。

     ジネディーヌ・ジダン監督が再就任したレアルは、昨夏控えた補強戦線で大きな動きを見せるのではという声が上がるなか、莫大な移籍金と年俸をムバッペに払うという決断を下すのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    パリ・サンジェルマンFWムバッペ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】レアル、仏代表FWムバッペ獲得の悩みは年俸? 20歳、最低18億円超でチーム最高額も】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    「41歳の選手に多くのことを期待することは…」 OBタッコーニ氏が引退勧告

     かつてユベントスで活躍した元イタリア代表GKステファノ・タッコーニ氏が、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、マンチェスター・ユナイテッドとの第2戦でファンブルから勝ち越しゴールを献上してしまったパリ・サンジェルマン(PSG)の元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンについて、「引退すべきだ」と述べている。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じた。

     ブッフォンは現地時間6日、ホームでの第2戦に先発フル出場するも3失点を喫し、チームは1-3で敗戦。合計スコア3-3ながらアウェーゴールの差で敗退を余儀なくされた。

     PSGは敵地での第1戦を2-0で制し、有利な状況でユナイテッドをホームに迎えたが、前半2分にドイツ代表DFティロ・ケーラーのバックパスを相手FWロメル・ルカクにかっさらわれると、飛び出したブッフォンもかわされ、無人のゴールに先制点を決められてしまう。同12分にスペイン代表DFフアン・ベルナトが同点ゴールを奪うものの、1-1で迎えた同30分、手痛いミスから2失点目を許すことになる。

     左サイドから中央に切り込んだユナイテッドFWマーカス・ラッシュフォードに約28メートルの距離から強烈なミドルシュートを放たれると、鋭い弾道となったブレ球をブッフォンはキャッチし損ねてしまう。そこに素早く詰めたルカクに、勝ち越しゴールを奪われることになった。

     最終的に後半アディショナルタイム、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)でのハンド判定により与えてしまったPKをラッシュフォードに決められ、土壇場で逆転負けという悲劇を味わったPSG。昨夏に加入したブッフォンは、その圧倒的な経験値で悲願の欧州制覇へ導くことが期待されたが、思わぬ形でそれを裏切ることになってしまったようだ。

     タッコーニ氏は、イタリアのラジオ局「ラジオ・ドゥエ」で「CLでの彼のミスは、おそらく彼が引退すべき時期が来たことを示している。41歳の選手に多くのことを期待することはできない」とコメント。代表やクラブで数々のタイトル獲得に貢献してきた名手ブッフォンだが、同じGKとしてユベントスで一時代を築いたタッコーニ氏の目には、キャリアの終焉が近づいていると映っているようだ。(Football ZONE web編集部)

    PSGのGKブッフォン【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】元ユーベGK、CLで痛恨ミスのPSGブッフォンに苦言 「引退すべき時期が来た」】の続きを読む

    このページのトップヘ