Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーグ1



    (出典 the-ans.jp)



    1 幻の右 ★ :2019/06/12(水) 05:51:38.59 ID:foXZSbxJ9.net

    セレソンの至宝に対する評価は急落の一途をたどっている。

     2年前の夏にバルセロナからパリ・サンジェルマンに2億2200万ユーロ(約272億円)で移籍したネイマール。そのエポックメーキングな移籍金は、いまだ破られていない歴代最高額だ。

     しかし、27歳のブラジル代表FWは、その額に見合った活躍ができているとは言い難い。今シーズンは公式戦28試合に出場して23ゴール・13アシストと数字だけを見ればまずまずの結果を残したものの、相次ぐ怪我やプライベートでのスキャンダルが目立ち、パリSGの悲願であるチャンピオンズ・リーグ(CL)制覇に導くことはできなかった。そして、そのパフォーマンスに比例して、市場価値も急落しているのだ。

     スイスでサッカー移籍金や市場価値などに関する統計の研究を行なっている『CIES Football Observatory』(CIES)によれば、ネイマールのマーケットにおける価値金額は、1年半前の1億9700万ユーロ(約256億1000万円)から、1億2000万ユーロ(約156億円)~1億5000万ユーロ(約195億円)にダウンしたという。

     市場価値が大幅に落ち込んだ理由として、CIESは、たった17試合にとどまった今シーズンのリーグ・アンの出場数とCLでの欠場の多さを指摘している。

     この事実を伝えたフランス紙『L Equipe』は、ネイマールはパリSG加入後から全体の約51.8パーセントのゲームにしか出場していないと報道。これは同じ期間内に87パーセントの割合で出場したバルセロナのリオネル・メッシ、同じく77パーセントのゲームに出ているユベントスのクリスチアーノ・ロナウドを大きく下回る。

     CIESは1億5000万ユーロがパウロ・ディバラやガブリエウ・ジェズスと同じ価値であると伝えている。だが、ネイマールはパリSG移籍時にバロンドールの獲得が期待され、C・ロナウドとメッシの二大クラッキに肩を並べる存在になると予想されていただけに、その周囲の期待に応えられているとは言い難い。

     そのネイマールは、今月5日に行なわれたカタールとの親善試合で右足を負傷し、母国で開催されるコパ・アメリカの欠場が決定。代表で捲土重来を果たすことは叶わなかった。

     さらに、古巣バルセロナへの電撃復帰も取り沙汰されているが、仮に契約が成立した時、その移籍金は市場価値と同様に引き下げられるのか?  とにもかくにも注目を集める存在であることだけは間違いない。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部
    6/12(水) 5:40
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190612-00010000-sdigestw-socc


    【【リーグアン】ネイマールの市場価値が256億円超から大幅下落! 原因はメッシやC・ロナウドを下回る出場割合に…】の続きを読む



    (出典 contents.gunosy.com)



    “パリには戻らない”と退団希望を伝えたというネイマール バルサ移籍の行方はクラブ間交渉次第か

     パリ・サンジェルマンPSG)のブラジル代表FWネイマールは、移籍市場が開くたびに移籍が噂されており、今夏もその去就に注目が集まっている。スペイン紙「スポルト」は、「ネイマールPSGが決別」との見出しを一面で立てて報じ、ネイマールが5月にパリには戻らないと宣言していたと伝えている。

     ネイマール2017年夏に史上最高額となる2億2200万ユーロ(現在のレートで約273億円)で、バルセロナからPSGへ移籍。そこで中心選手として活躍し、ヨーロッパを制覇することを目標としてきたが、2年連続でその挑戦は失敗に終わった。さらに負傷することも多くなったうえに、ピッチ外のスキャンダルも報じられるなど、パリでの生活に失望していることが時折伝えられていた。

     そうした背景のなか、ネイマールは5月にパリには戻らないという希望を伝えていたという。ネイマール本人の意思は、バルセロナに戻ってアルゼンチン代表FWリオネル・メッシウルグアイ代表FWルイス・スアレスとの“トリデンテ”を再結成したいと望んでいる。しかし、史上最高額で移籍したネイマールを取り巻く環境では本人の希望どおりには進まないようで、PSG次第となっているという。

     もっとも今季のPSGは、放出の意思がないわけではないようだ。見合った金額でのオファーに対する窓口は開いている。PSGは、ネイマールに次ぐ史上2位となる1億8000万ユーロ(現在のレートで約221億円)の移籍金でフランス代表FWキリアン・ムバッペを獲得するなどし、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題が常につきまとっている。そのため、それなりの金額であれば放出を検討する余地は十分にあり得る。さらに、クラブと契約を延長したトーマス・トゥヘル監督は、スキャンダラスな問題を引き起こすネイマールに失望しているようで、残留に対する強い気持ちに欠けていると言われている。

     ネイマールが移籍先に希望するバルセロナは、ネイマールの状況を水面下で確認し、PSGとの関係が悪化しないように交渉を進める準備をしているという。そして同紙は、数週間のうちに何かしらのアクションがあると訴えている。その交渉のカードには、バルセロナブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョというカードも含まれているようで、単純に金額だけの交渉とはならない可能性を秘めている。

     ネイマールの希望どおりに事は動くのだろうか。今夏の移籍市場において、注目すべき交渉となりそうだ。(Football ZONE web編集部)

    移籍の噂が絶えないFWネイマール【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】「ネイマールとPSGが決別」とスペイン紙報道 今夏の移籍志願、バルサ復帰を希望か】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    ネイマールバルサから連れてきたエンリケ氏が、会長や監督と折り合いが悪く障害に…

     パリ・サンジェルマンPSG)のブラジル代表FWネイマールの周辺が騒がしい。元ブラジル代表MFレオナルド氏が仮にPSGスポーツダイレクター(SD)に復帰することになれば、去就の動きは加速するとフランステレビ局「テレフット」が報じている。

     PSGは今夏、ミランを退団したレオナルド氏をSDとして迎える準備を進めていると伝えられている。現在、PSGのSDはアンテロ・エンリケ氏が務めるが、ナセル・アル・ケラフィ会長やトーマス・トゥヘル監督との折り合いが悪く、クラブレオナルド氏の復帰を望んでいるようだ。

     しかし、このエンリケ氏こそ、ネイマールバルセロナから連れて来た人物とされており、彼がクラブを去ることは、フランス代表FWキリアン・ムバッペの残留を意味すると「テレフット」報じている。PSGに加入して以降、ネイマールは2シーズンにわたって負傷に苦しめられ、UEFAチャンピオンズリーグ制覇に失敗。さらにピッチ外でも数々の問題を抱え、ブラジル代表のストライカーにとっても、クラブにとっても、落胆の時間となっている。

     レアル・マドリードバルセロナが獲得に動いているとされるが、レアルはムバッペの獲得をより強く望んでいるとされ、ネイマールの現実的な選択肢バルセロナ復帰のようだ。

     とはいえ、PSGにもネイマールを放出する意思はない。そのため、レオナルド氏が復帰したら、その最初の仕事はネイマールクラブに留めることになるだろう。(Football ZONE web編集部)

    PSGのFWネイマール【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】ネイマールの退団が加速? 元鹿島レオナルド、PSGのスポーツダイレクター復帰が浮上】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



     アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督はパリ・サンジェルマンに所属するベルギー代表DFトーマス・ムニエの獲得を希望している。10日にイギリス紙『エクスプレス』が報じた。

     エメリ監督はパリ・サンジェルマン指揮官を務めていた頃から同選手を高く評価していた。すでに退団が決定したスイス代表DFシュテファンリヒトシュタイナーの後釜としてムニエとの再会を希望しているようだ。

     アーセナルは今シーズンヨーロッパリーグ(EL)決勝まで上り詰めたものの、国内ライバルであるチェルシーに1-4の大敗を喫しチャンピオンズリーグ(CL)出場権の獲得を逃した。限られた移籍予算の中、エメリ監督は守備陣の大型補強を図っている。

     複数メディアによりムニエのマンチェスター・U行きが報じられているが、同選手自身もアーセナル移籍を望んでいることから、争奪戦が起こることはないようだ。ムニエはCL出場を希望しているようだが、マンチェスター・UもEL出場が決定していることから、恩師との再会を優先すると伝えられている。

    エメリ監督はムニエの獲得を希望している [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】エメリ監督、教え子ムニエとの再会希望…マンUから“横取り”移籍か】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    アトレティコ・マドリーが、パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(32)に関心を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。

    今季限りでの退団を表明したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの代わりとなるアタッカーを探すアトレティコ。そこで白羽の矢が立っているのがカバーニだ。

    2013年ナポリから加入したカバーニは、PSGで公式戦279試合に出場し歴代トップ193ゴールを記録している。『アス』によると、『Cadena Sur』は「PSGカバーニの移籍金として5000万ユーロ(約61億4000万円)を要求している」と報道。一方で、『MSN』は「7000万ユーロ(約86億円)を要求している」と伝えている模様。

    アトレティコグリーズマンを売却する際、契約解除金の1億2000ユーロ(約147億円)を手にすると見込まれているため、カバーニの移籍金はメディアによってばらつきがあるものの、獲得には問題ないと見られる。

    ところで、スペイン方面の情報によれば、グリーズマンはすでにPSGと合意に至っているという噂もあり、事実であれば今夏の大型トレードが実現する可能性がある。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】アトレティコ、グリーズマン後釜はカバーニか…実質トレードの噂も】の続きを読む

    このページのトップヘ