Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーグ1



    (出典 the-ans.jp)



    この夏にもバルセロナに復帰するのではないかと噂されているPSGブラジル代表FWネイマール

    27歳になった彼を買い戻すべきか否かについての意見は分かれている。

    そうした中、バルサレジェンドであるカルレス・プジョル氏がこの件について言及した。 『ESPN』によれば、こう語ったそう。

    カルレス・プジョル(元バルセロナDF)

    「どんな選手でも決断を下した時にはそれがベストだと信じている。

    彼がそうした時、彼はそれに確信があった(ネイマールPSG移籍を決断したこと?)」

    「結局のところ、大事にしなければいけないのは過去ではなく現在だ。

    市場に出ている選手が必要なら、数年前に起きたことを考える必要はない」

    「ネイは違いを生み出すことができる偉大な選手だ。

    この2年間、彼は怪我のせいで成長できなかったかもしれない。

    だが、もし復帰して、かつてのレベルを取り戻せれば…まだ多くのことをもたらすことができると思う」

    【関連記事】「バルセロナ、買い戻しうるカンテラ出身者4人」

    バルサネイマールが決別した過去よりも今を見るべきとして、復帰についてポジティブな意見を口にしていたようだ。

    「ネイマールは偉大な選手」 あのプジョルがバルサ復帰を後押し!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「ネイマールは偉大な選手」 あのプジョルがバルサ復帰を後押し!】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    この夏にPSGからの退団が噂されているブラジル代表FWネイマール

    そうした中、スポーツディレクターとしてチームに戻ってきたレオナルド氏がこの件について語った。

    『Le Parisien』に語った長編インタビューの一部を抜粋してみる。

    レオナルドPSGスポーツディレクター

    「(ネイマールは退団したいという願望を明確にしたのか?)

    それは誰にとっても明白なことだ。

    だが、フットボール界ではその日に言ったことが、明日には違う話になる…。

    驚きだが、そういうものだ」

    「(6月14日PSGのSDへ復帰した後、ネイマールと話したか?)

    Yes。だが、会話の詳細は明かしたくない。彼の関係者とも話した。全員が全てを分かっている。

    だが、明確なことがある。それは、彼にはまだ3年間の契約が残っているということだ。

    それに、オファーを受け取っていないので、何も話し合うことはできない」

    「(なぜ彼は退団したいのか?)

    すでに答えた。

    ネイマールに限定して話しているわけではないが、選手がクラブを去りたくなるのはフットボールでは普通のことだ」

    「(PSGネイマールはどこにあるのか?)

    我々はいかなるオファーも受け取っていない。

    だが、とても表面的な接触があったのは事実だ…」
    レオナルドPSGスポーツディレクター

    「(バルセロナと?)

    Yes

    「(バルセロナリーダーたちの戦略は?)

    彼らは買いたいと言ったが、我々は売り手ではなかった」

    「(バルセロナの会長であるバルトメウがそれを言った…)

    彼はそれを言った人物だ…だが、バルサが本当に買い手としての立場にあったのかは分からない」

    「(PSGはどんな条件なら移籍を受け入れるのか)

    交渉しなければいけない、それが全てだ。

    ネイマールについての質問はもう勘弁してくれ」

    「(最後に。ネイマールの件について、デッドラインを設定したのか?)

    確かにそれは重要な問題だ。この移籍か起きるか否かにかかわらず、大きな変化になる。

    この件は感情的な問題だけではない。経済的な問題だ」

    「(この夏にネイマールは本当に去りうるのか)

    ネイマールPSGを去ることができる、もし全ての人を納得させるオファーがあればだ。

    だが、今日までのところ、誰が買いたいのか、どんな価格なのかは分からない」

    「(PSGはどんなことがあってもネイマールを留めたいというわけではない…)

    ここに残って何か大きなものを築きたがっている選手をPSGは頼りにしたい。

    ここに留まることで恩恵を受けている選手は必要ない」

    正式なオファーはないとしつつ、バルサとの接触があったことを明かしたレオナルド

    【関連記事】「PSG、ネイマールを売却すべき3つの理由」

    そのうえで、適切なオファーがあれば、ネイマールPSGを退団しうると断言していたようだ。

    「ネイマールは退団しうる、バルサの接触もあった」PSGのレオナルドが衝撃告白!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】「ネイマールは退団しうる、バルサの接触もあった」PSGのレオナルドが衝撃告白!】の続きを読む



    (出典 cyclestyle.net)



    ネイマール側はイベント出席による練習欠場をクラブも把握と主張 「我々は怒っている」

     パリ・サンジェルマンPSG)は現地時間8日、ブラジル代表FWネイマールがプレシーズントレーニングを無断欠席したとして声明を発表した。しかし、ネイマールの代理人を務める父ネイマール・シニア氏は、イベント出席のためで、クラブは事情を把握していたはずと怒りの反論をしている。

     PSGは8日に新シーズンに向けて指導した。しかし、そこにネイマールの姿はなかった。負傷でコパ・アメリカ南米選手権)欠場を余儀なくされた同選手だが、PSGへの合流が遅れることは予定外だったという。クラブは公式サイトを通じて「ネイマールジュニアは予定されていた時間と場所に姿を見せなかった。これについて、クラブは事前の許可を与えていない」と言及。「クラブはこれを遺憾に思っており、適切な対応をとる」と今後の処分についても検討するとしている。

     古巣バルセロナレアル・マドリードへの移籍報道が過熱しているなかでの事態だが、ネイマールの代理人も務める父ネイマール・シニア氏は衛星放送「FOXスポーツブラジル」でPSGに反論し、怒りを露わにしている。始動日までにフランスに戻れないのは以前から決まっていたのだという。

    「我々には公共イベントがあるんだ。これは『Neymar Institute』が5年前から続けているイベントだ。PSGのナセル(・アル・ケライフィ)会長も個人的に参加している。なぜ声明が出たのか理解できない。当然、我々は怒っている。PSGはこの状況を知っていたはずだからね」

     同氏によれば、ネイマールが慈善事業として立ち上げた財団のイベント出席のために合流が遅れており、クラブも把握していたはずと主張している。どこかで意思疎通の乱れが生じたのか、双方の意見は完全に食い違っている状況だ。(Football ZONE web編集部)

    PSGのFWネイマール【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】PSGがネイマールの練習無断欠席で声明も… 代理人の父親が怒りの反論「理解できない」】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    ダニエウ・アウベス 写真提供:GettyImages

     パリ・サンジェルマンを退団することになったブラジル代表DFダニエウ・アウベスの新天地候補としてバルセロナアトレティコ・マドリードが浮上している。スペインメディア『UOL Esporte』が伝えている。

     今朝行われたコパ・アメリカの決勝戦でブラジル代表の優勝に貢献したアウベス。今大会はキャプテンとしてもチームを支え、大会MVPにも輝いた。

     今回の報道によると、そんなアウベスにバルセロナアトレティコが関心を示しているようだ。

     古巣となるバルセロナでは6回のリーグ優勝と、3回のチャンピオンズリーグ制覇にも貢献した。クラブはそんなアウベスに対して1年契約を用意しているとも報じられている。

     一方、アトレティコスペイン代表DFファンフランやフランス代表DFリュカエルナンデスチームを離れ、右サイドバックの補強に動いており、移籍金ゼロで獲得できるアウベスの獲得も視野に入れているようだ

     今年で36歳になったアウベス。果たして、来季どのクラブプレーすることになるのだろうか。

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】アウベス、新天地はバルサかアトレティコ?】の続きを読む



    (出典 www.atpress.ne.jp)



    ネイマールとポーカーとの関係とは?

     ブラジル代表FWネイマールは、ピッチ上でもピッチ外でもなにかと話題の尽きないサッカー選手だが、どうやらポーカーでも大活躍しているようだ。ネイマールは趣味が高じて、なんと自身でポーカー大会に出場し、決勝進出を果たすほどの実力で、プロポーカープレイヤーも認める実力者!一流は何をやっても一流とはよく言うが、サッカーと全く関係のない頭脳戦とも言えるポーカーでしのぎを削れるのは脱帽ものだ。

     また、このネイマールポーカーの実力を買い、PokerStars(ポーカースターズ)というオンラインカジノ業界でトップに君臨する一流ギャンブル会社2015年スポンサー契約を結び話題を集めた。オンラインカジノはラスベガスなどのカジノと違い、登録するだけで獲得できる入金不要ボーナスなどのお得なボーナス特典があり、ネイマール自身もオンラインポーカープレイし、その腕を磨いているようだ。


    ネイマールがアンバサダーを務めるPokerStarsとは?

     上述の通り、ネイマールスポンサーとなったPokerStarsとは一体どのような会社なのだろうか?ズバリ、PokerStarsは年商1000億を超すともいわれているオンラインポーカーを楽しめるサイトで、日本人も利用可能なサービスだ。

     また、ネイマールとのスポンサー契約にPokerStarsが支払った契約額は、49億ドル(約5900億円)というから驚きだ。しかし、パリ・サンジェルマン所属のネイマールのように現役選手でありながらポーカーの大会に自主的に参加している選手はとても貴重な存在。この契約金は納得と言えるだろう。

     この契約発表後、ネイマールは積極的にPokerStars運営のチャリティートーナメントに参加し、サッカーのみならずポーカー業界も盛り上げている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブラジル代表】プロも認める実力!ネイマールはポーカーでも超一流だった…】の続きを読む

    このページのトップヘ