Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーグ1



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが、チャンピオンズリーグ(CL)での敗退を振り返り、残留宣言をした。フランス『TF1』が伝えている。

    PSGは6日、CL決勝トーナメント1回戦2ndレグでマンチェスター・ユナイテッドホームで対戦。アウェイでの1stレグを2-0で勝利し、大きなアドバンテージを持って臨んだが、相手の猛反撃に苦しみ、1-2と苦戦を強いられる。それでも4年ぶりのベスト8を目前に迫っていたが、90分に相手のシュートがボックス内のキンペンベの手に当たり、VARの末にPKを与えてしまう。これを決められてしまい、2戦合計スコアを同点に。しかし、アウェイゴールで相手に上回られ、3年連続のベスト16敗退に終わった。

    ムバッペはフランス『TF1』でのインタビューで、敗戦後の心境を吐露。そして、「PSGプロジェクトを信じている」と残留の意向を示した。

    「驚いているし、言葉がない。眠ることができなかったけど、みんなも同じだと思う。僕らはこのために一生懸命努力してきた。けど、それが報われなかった」

    「失望はしているが、フットボールは続く。今シーズンが終わるまで前を向いて戦わなくてはいけないね」

    「僕はまだこのプロジェクトを信じている。そしてこのクラブで何かを成し遂げることができる確信しているよ。今、僕らはできる限り最高の形でシーズンを終え、来年に向けて準備しなくてはならないんだ」

    「(来年もPSGに残るということか)いるだろうね。それは確信している」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】無念のCL敗退も…ムバッペ、PSG残留宣言「確信している」】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    マンUアウェーゴールの差で敗れベスト8ならず「僕たちはパーティーを台無しに…」

     パリ・サンジェルマンPSG)は現地時間6日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦で、マンチェスター・ユナイテッドに1-3で敗れ、2戦合計3-3ながらアウェーゴールの差で敗退を喫した。フランス代表FWキリアン・ムバッペはそれ以降、よく眠れていないと心境を明かした。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

     PSGは敵地で行われたユナイテッドとの第1戦で2-0と勝利し、優勢でホームでの第2戦を迎えた。ところが、開始わずか2分で先制ゴールを奪われると、前半12分に同点に追いついたものの、同30分に再び勝ち越された。2戦合計3-2とリードしたまま試合終盤を迎えたが、後半アディショナルタイム4分の土壇場で、フランス代表DFプレスネル・キンペンベがVAR(ビデオアシスタント・レフェリー)によりハンド判定でPKを献上。これを決められ、まさかの敗退となった。

     ムバッペはフランステレビ番組「テレフット」のインタビューで、「呆然としている…。言葉も見つからない」と述べ、現在の心境を明かしている。

    「正直、(CLは)僕たちの目標だった。それに向けて毎日練習してきた。サポーターも僕たちとともにいた。スタジアムはいっぱいで、ファンは僕たちの後ろで彼らの仕事をしてくれた。本当に魔法のような雰囲気だったのに、僕たちはパーティーを台無しにした。壊したくはなかったが、壊してしまった。

    (第2戦で負けてから)眠れていないけど、おそらく他のみんなも同じだと思う。難しい。僕たちはハードワークをしてあのステージにたどり着いたのに、今は敗退。がっかりしている。でも、サッカーはこれからも続く。気を取り直して、今季を終えるよう努力する」

     レアル・マドリードバルセロナ移籍の噂が浮上しているが、ムバッペは「来季もここにいると確信している。それはすでに決まっていたこと。今回の敗退が原因でどんな問題が起こったとしても、そこに僕の個人的なことを入れるのは意味がない」と一蹴。CLで味わった悔しさをリーグ戦での爆発につなげることを誓っている。(Football ZONE web編集部)

    ムバッペがCL敗戦後の胸中を明かした【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】「言葉も見つからない」 神童ムバッペ、CL敗退の“後遺症”を告白「眠れていない」】の続きを読む

    no title


    悲願のCL制覇に向けて大型補強へ…しかしFFP抵触の可能性も

     パリ・サンジェルマンPSG)は今シーズンこそUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇を目論んだが、マンチェスター・ユナイテッドに逆転負けを喫して3シーズン連続のベスト16敗退に終わった。これを受け、またも豊富な資金力をバックに大型補強に動くのか注目が集まるが、今回のターゲットは再びバルセロナブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの模様だ。

     スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が、フランスラジオ局「ラジオ・モンテカルロ」が伝えた情報として紹介している。リーグ・アンでは2位リールと勝ち点17差で首位を独走しているPSGだが、CL1回戦のユナイテッド戦では敵地での第1戦に2-0と勝利しながら、ホームで1-3の完敗を喫した。

     欧州制覇が大命題となっているチームにとっては屈辱以外の何物でもないが、さらなる補強に動く可能性があり、コウチーニョに対して熱視線を向けているという。昨夏にもPSGはコウチーニョ獲得を目論み、2億7000万ユーロ(約338億円)という史上最高額を提示。しかし、コウチーニョは当時1億2000ユーロ(約150億円)の移籍金でリバプールからバルサに来て半年後だったこともあり、実現はしなかった。

     今回の再オファーの背景にあるのは、今冬の移籍市場でのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの争奪戦にある。バルサPSGが争う形となったが、最終的にデ・ヨング獲得に成功したのはバルサだった。PSGとしては、その意趣返しといった部分もあるだろう。

     コウチーニョは現在バルサで適正ポジションが見つからず、フランス代表FWウスマン・デンベレらとのポジション争いを強いられている。出番を求めるために新天地を模索する可能性も否定できない一方で、バルサが設定した違約金は4億ユーロ(約500億円)だ。もしPSGが獲得に動けばファイナンシャル・フェアプレー(FFP)にも抵触する可能性があるが、この動きは果たして現実のものとなるのか。(Football ZONE web編集部)

    バルサMFコウチーニョ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】違約金500億円でも獲得に動く? 失意のPSG、再びコウチーニョ獲りを計画か】の続きを読む



    (出典 sport-japanese.com)



    かつてバルセロナを指揮して、多くのタイトルを獲得したルイス・エンリケ監督。

    現在はスペイン代表を率いている同氏が古巣バルサなどについて語った。

    『Marca』によれば、教え子ネイマールについてはこう述べたという。

    ルイス・エンリケ

    「彼は支配的な選手になれるポテンシャルがある」

    「時間が経てば分かるだろう。私は彼がそうなるだろうと確信してはいない。

    だが、彼はピッチ上の勝者だよ」

    【関連記事】実は「買い戻し条項」がある意外な選手11人

    今年で27歳になったネイマール。かつての指揮官からすると、色々な思いがあるのかも?

    L・エンリケ「ネイマールは支配者になる可能性があるが…」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】L・エンリケ「ネイマールは支配者になる可能性があるが…」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    デビュー10周年インスタグラム投稿が波紋「この10年間で多くのことを成し遂げた」

     レアル・マドリードパリ・サンジェルマンPSG)のブラジル代表FWネイマールに対し、移籍金3億5000万ユーロ(約437億円)の超大型オファーを準備したと噂されている。そんななか、ネイマールは古巣サントスでのデビューから10年が経ったことを祝うべく、自身の公式インスタグラムを更新。「僕は夢を実現させるために、可能なことも、不可能なことさえもやるつもりだ」と書き記したことで、レアルへの移籍話が過熱している。スペイン紙「スポルト」が報じた。

     ネイマールにとっては、浮き沈みの激しい1週間だった。サントスでのデビューから10年が経過したことへの喜びとは対照的に、怪我の影響で欠場したUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ではPSGが敗退する失望を味わった。

     また、8日付けのスペイン紙「スポルト」によれば、レアルネイマール獲得を説得するためにPSGに3億5000万ユーロ(約437億円)の支払う用意をしたと報道。レアルの宿敵であるバルセロナに所属していた選手が、レアルへ移籍するのか大きな注目を集めている。

     そんななか、ネイマールデビュー10周年を祝うために自身の公式SNSに過去、現在、未来について言及したメッセージを投稿した。

    「すべてがこの写真(サントスでのデビュー)から始まった。誰もが夢見ることを実現したいと思っていた。大きな夢をね。10年、僕は勝ち取り、しくじり、失い、間違い、試みて、台無しにし、後悔した。そして何よりも多くのことを学んだ。僕はこの10年間で多くのことを成し遂げた。多くのものを獲得し、勝利したことを残りの人生でも覚えているだろう。だが、そこから学ぶためにともに残る敗北もあるんだ」

    「僕はまだ夢を見続けます。“型破り”が僕のミドルネームだからね」

     また、ネイマールは最後に“夢”に言及したことを書き記したことで、レアルへの移籍話が過熱している。

    「神よ、あなたが僕に与えてくれたスキルと僕がサッカーをする時に感じる喜びに感謝しています。説明することはできないが、この“ボール”と呼ばれるものが大好きです。10年が経ったけど、僕はまだ夢を見続けます。そして僕は夢を実現させるために可能なことも不可能なことさえもやるつもりだ。“型破り”が僕のミドルネームだからね」

     新たな夢の実現に動くことを示唆するようなメッセージは、レアル移籍への布石となるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    FWネイマールがレアル移籍を示唆?【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ネイマールがレアル移籍を示唆? SNS投稿が波紋「不可能なことさえもやるつもり」】の続きを読む

    このページのトップヘ