Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーグ1

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 japan.bettingtop10.com)



    PSGとの契約が今季で満了になったベルギー代表DFトマ・ムニエ。

    8月に延期されたUEFAチャンピオンズリーグに出場するための短期契約を拒否した彼はPSGフリーで退団する。

    もとはアタッカーだったムニエはPSGでもこんな超絶シュートを叩き込んだことがある選手だ。

    夢のスーパーボレー!

    【関連記事】Jに来て!今夏0円で獲得できる「本当にすごい20選手」

    『Bild』によれば、ムニエはすでにドルトムントと契約を締結したとのこと。金曜日に当地を訪れ、4年契約を結んだという。

    ドルトムントアシュラフ・ハキミがレアル・マドリー復帰すると見られており、ムニエはその後釜とされている。

    PSG退団のムニエ、すでにドルトムントと4年契約


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】PSG退団のムニエ、すでにドルトムントと4年契約】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



     パリ・サンジェルマンPSG)に所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが、クラブとの契約を延長しないようだ。20日に、フランスメディア『RMCスポーツ』が報じている。

     現在33歳のカバーニは、PSGとの現行契約が2020年6月30日限りとなっているため、かねてより退団が噂されていた。しかし、18日にはイタリア人記者ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント・準々決勝以降が8月12日〜23日に集中開催されることを受け、カバーニPSGとCL終了時までの短期契約を結ぶ可能性を示唆。すでに両者は契約延長に合意しているとされていたが、『RMCスポーツ』は異なる見方を主張する。PSGスポーツディレクターを務めるレオナルド氏は、カバーニを含む契約満了を迎える選手たち(ブラジル代表DFチアゴ・シウヴァベルギー代表DFトーマス・ムニエ、フランス代表DFレイヴァン・クルザワ)に短期契約を打診したが、ウルグアイ代表FWはこれを拒否したと報じている。

     カバーニPSGの関係は、CL決戦を前に終わりを迎えるのだろうか。

    カバーニは、予定通り6月30日限りで退団か? [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】カバーニはやはりCL再開前に退団か? PSGが短期契約提示も選手側が拒否と仏メディア報じる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 the-ans.info)



    パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが今季唯一の戦いとなるチャンピオンズリーグ(CL)での優勝を目指した。

    新型コロナウイルスの感染拡大でリーグ・アン打ち切りが決まり、国内王者の座を保ったPSG。しかし、今季はまだ終わっておらず、8月からCL制覇の戦いが始まる。

    PSGは決勝トーナメント1回戦でドルトムントとぶつかり、4季ぶりのベスト8進出が決定。先日、準々決勝以降をポルトガルの首都リスボンで開催することが決まった。

    一時ブラジルに戻り、22日から再開予定のチーム練習にあわせて、フランスに帰国したネイマールクラブ公式サイトで、CL優勝に意気込みを語っている。

    「普段と異なる時期だったが、身体や心とともに、保身を意識して過ごした。再開に向けて準備していて、高揚感もある。もちろん、CLのことをばかり考えている」

    「僕らは強力なグループ。熱気に包まれた試合が恋しいよ。同じ強さと献身性を持って挑みたい。再開が待ち遠しいね。神の思し召しがあるなら、歴史を作れる」

    なお、CL準々決勝以降は8月12〜23日で開催。会場もエスタディオ・ダ・ルスとエスタディオジョゼ・アルヴァラーデの2カ所に定められ、一発勝負でのトーナメントになる。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】CL制覇を睨むネイマール「神の思し召しがあるなら、歴史を作れる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 image.news.livedoor.com)



     フィオレンティーナは、パリ・サンジェルマンPSG)に所属するブラジル代表DFチアゴ・シウヴァの獲得を目指しているようだ。18日、イタリア人記者ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じた。

     現在35歳のT・シウヴァPSGの契約は6月30日までとなっており、同クラブレオナルドSD(スポーツディレクター)も先日、今夏の退団を認める発言をしていた。しかし、同選手はチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント終了時までの短期契約を結ぶことが濃厚で、短期契約終了後に新天地を探すことになる模様。

     T・シウヴァ2022 FIFAワールドカップ カタール出場に向けて欧州でのプレー継続を希望している。新天地の有力な候補に古巣ミランや恩師カルロアンチロッティ監督率いるエヴァートンが挙げられるなか、フィオレンティーナも同選手への関心を示しているという。

     フィオレンティーナの上層部は、昨夏にバイエルンから獲得した元フランス代表MFフランク・リベリーに次ぐ、新たなスター選手の獲得に躍起になっているようだ。同クラブはすでにT・シウヴァとの接触を開始しており、同選手もオファーに好意的な反応を示しているという。

    フィオレンティーナが獲得を目指すT・シウヴァ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】リベリーとの夢のコラボが実現? フィオレンティーナ、T・シウヴァ獲得に動く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    仏代表FWムバッペを名指し、「スピード、フィニッシュ、シュートのやり方」を称賛

     元祖“怪物”と称された元ブラジル代表FWロナウド氏が、古巣レアル・マドリードのために選手を1人獲得できるならば、パリ・サンジェルマンPSG)のフランス代表FWキリアンムバッペと契約したいと語った。スペイン紙「マルカ」が伝えている。

     2017年夏にモナコからPSGへと移籍を果たしたムバッペは、ブラジル代表FWネイマールらとともに中心選手としてプレー。押しも押されもせぬスーパースターへと成長を遂げた。すでにワールドカップ制覇、リーグ優勝3回を経験し、2019年バロンドールでは受賞候補の1人にノミネートされて、最終的には6位入賞している。昨年12月にはフランスサッカー専門誌「フランスフットボール」の選ぶフランス人年間最優秀選手賞を史上初の2年連続受賞するなど、目覚ましい活躍を見せている世界屈指のアタッカーだ。

     スペイン最大の商業銀行グループBanco Santander」のイベントに登場したロナウド氏は、“レアルのために誰と契約したいか”と聞かれ、「ムバッペと契約したい」と回答。さらに「彼のスピード、フィニッシュの仕方、シュートのやり方から、自分のことを少し思い出す」と続けた。

     ロナウド氏はほかに、ドルトムントプレーする19歳のノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドの名前も挙げ、「彼は素晴らしい選手。まだ若く、多くのゴールを決めてかなり良いシーズンを送っている。シーズン終わりをどのように迎えるのか見てみよう。間違いなくビッグチームが注目している選手だと思うよ」と称賛の言葉を送った。

     レアルを含め、数々の欧州ビッグクラブから関心を集めるムバッペとハーランド。将来が期待される神童らの去就に注目が集まる。(Football ZONE web編集部)

    元ブラジル代表FWロナウド氏がFWハーランドとFWムバッペについて言及【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】“怪物”ロナウド、古巣レアル補強で推薦するアタッカーは? 「自分を思い出す」】の続きを読む

    このページのトップヘ