Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーグ1



    (出典 www.soccer-king.jp)



     レアル・マドリードに所属するスペイン人MFマルコス・ジョレンテが、他クラブへ移籍する可能性が浮上しているようだ。スペイン紙『アス』が22日に報じている。

     報道によると、M・ジョレンテに対してビジャレアルやエスパニョール、アラベスといった国内クラブが関心を示しているという。またイタリアメディア『tuttomercatoweb.com』によれば、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユも、M・ジョレンテに熱視線を送っているようだ。

     M・ジョレンテは現在23歳。レアル・マドリードの下部組織出身で、2016-17シーズンはアラベスへレンタル移籍で加入。レギュラーに定着して活躍を見せ、昨年夏にレアル・マドリードへ復帰した。そして9月23日、契約期間を2021年6月30日まで延長。だが昨シーズンはジネディーヌ・ジダン前監督の下で出場機会に恵まれず、リーガ・エスパニョーラでは13試合のみの出場にとどまった。

     フレン・ロペテギ監督が就任した今シーズン、定位置奪取を狙っているM・ジョレンテだが、なおも厳しい立場が続いている。19日に行われたリーガ・エスパニョーラ開幕戦のヘタフェ戦ではベンチ入りメンバー外に。指揮官は同選手へのオファーに応じないよう、クラブ側に要請していると報じられているものの、去就は不透明なものとなっているようだ。

    複数クラブからの関心を報じられているマルコス・ジョレンテ [写真]=Real Madrid via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】開幕戦はベンチ外…レアルのM・ジョレンテに移籍の可能性、マルセイユら関心】の続きを読む



    (出典 sport-japanese.com)



     イングランド、イタリア、スペインをはじめとする各リーグが開幕し、欧州サッカー新シーズンが本格的にスタートした。今年も開幕前には多くの移籍が話題の中心となり、オフシーズンを盛り上げた。中でもサッカーファンに最も大きな衝撃を与えたのは、クリスティアーノ・ロナウドのユヴェントス入団だろう。悲願のチャンピオンズリーグ(CL)優勝を狙うユヴェントスは、レアル・マドリードで3連覇を達成した絶対的エースを悲願達成へのラストピースとして迎え入れた。

     一方、C・ロナウドを引き抜かれたレアルの心中は穏やかじゃない。5月にはジネディーヌ・ジダン前監督が退団を発表。フレン・ロペテギが新監督に就任したが、一時代を築いた2人のビッグネームが退団したことで、レアルはチーム再建が急務となった。

     すると、ロシアW杯でベストヤングプレーヤー賞を受賞したキリアン・ムバッペ、“ベルギーの至宝”エデン・アザール、レンタルで放出したハメス・ロドリゲス……。C・ロナウドの穴を埋めるため各国の“10番”獲得の噂が後を絶たなかった。中でも一際騒がれたのが、ネイマール獲得の噂だ。知っての通り、ネイマールはかつてバルセロナでプレーした選手。昨夏、約290億円もの移籍金でパリ・サンジェルマン(PSG)へ加入したが、レアルの絶対的ライバルチームへ“禁断の移籍”の可能性が浮上した。

     一時はレアルがネイマールへのオファーを否定する声明を発表したが、今月17日にはイギリス紙『エクスプレス』が「レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長は、ネイマールの獲得費用として3億ユーロ(約379億)に及ぶ巨額資金を用意している」と報じた。さらに、PSGは欧州サッカー連盟制定のファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反が指摘され、違反の制裁を受けた場合は高額で獲得した選手らの売却が必要になるという。

     8月31日のラ・リーガ移籍市場閉幕まで残り数日。サッカー界の二大巨塔を股に掛けたビッグディールは実現するのか? 大きな注目が集まっている。そこで今回は、過去にバルセロナ、レアル・マドリード両クラブでプレーした経験を持つ選手11人の選手をおさらいする。

    写真=ゲッティイメージズ

    ◆リカルド・サモラ


    バルセロナ:1919~1922年
    レアル・マドリード:1930~1936年

    愛称は“エル・ディビーノ(神聖なる男)”。第二次世界大戦前に活躍したスペインの伝説的ゴールキーパー。ラ・リーガの年間最優秀GK賞(1試合平均最少失点GK賞)は「サモラ賞」でお馴染みだ。1930年にレアル・マドリードへ移籍した際は、スペインでは大きな騒ぎとなり、カタルーニャのマスコミからは裏切り者扱いを受けた。

    ◆ベルント・シュスター


    バルセロナ:1980~1988年
    レアル・マドリード:1988~1990年

    その出で立ちと華麗なプレーから“ブロンダー・エンゲル(金髪の天使)”と呼ばれた名手。1980年にバルセロナに入団し、8シーズンに渡りプレーした。1988年にレアル・マドリードへ“禁断の移籍”を果たすと、移籍1年目からリーグ連覇に貢献。さらに今度は、レアルと同じホームタウンのアトレティコ・マドリードに移籍するなど、スペイン国内のライバルチームを渡り歩いた。1997年に現役を引退し、指導者の道へ。2007年にはレアル・マドリーの監督に就任すると、チームをリーグ優勝に導いた。

    ◆ミカエル・ラウドルップ


    バルセロナ:1989~1994年
    レアル・マドリード:1994~1996年

    引退後にはデンマークサッカー協会から「史上最高のデンマーク人選手」に選出されるなど、1980年代から1990年代を代表する選手の1人。1989年にバルセロナに加入。1991-92シーズンにはチーム初のCL優勝を成し遂げた。1994年にレアル・マドリードへ移籍すると、リーグ優勝に貢献。1996年にはレアル・マドリードからヴィッセル神戸へ移籍し、Jリーグでもプレーした。

    ◆ロベルト・プロシネツキ


    レアル・マドリード:1991~1994年
    バルセロナ:1996~1997年

    レッドスター在籍時の1991年、UEFAチャンピオンズカップ(現・チャンピオンズリーグ)で優勝を達成し、同年にレアル・マドリードへ移籍した。10番を任されるなど期待を集めたが、故障が続き実力を発揮できず、レアル・オビエドへ移籍。そこで本来の調子を取り戻すと1996年にバルセロナに移籍した。

    ◆ゲオルゲ・ハジ


    レアル・マドリード:1990~1992年
    バルセロナ:1994~1996年
    「ルーマニア史上最高の10番」と称され、“カルパチアのマラドーナ”の愛称で親しまれたテクニシャン。左足から繰り出される正確なパスやドリブルを武器に多くのチャンスを演出した。1990年に母国のルーマニアからレアル・マドリードに移籍した。その後、ブレシアで2シーズンプレーし、1994年にバルセロナへ移籍。フリスト・ストイチコフやロマーリオとともに“ドリームチーム”を結成した。

    ◆アルベルト・セラーデス


    バルセロナ:1995~1999年
    レアル・マドリード:2000~2005年

    バルセロナで生まれで、少年時代はバルセロナの下部組織でプレー。1995年にトップチームデビューを果たした。1997-98シーズン、リーグ戦36試合に出場し、チーム3年ぶりのリーグ優勝に貢献した。しかし、翌シーズンから出場機会が激減し、1999年にセルタへ移籍した。同クラブで再び出場機会を得ると、翌2000年、レアル・マドリードへ移籍を果たした。4シーズン在籍し、2001-02シーズンにはCL優勝を経験。現在はスペインU-21代表監督を務めている。

    ◆ルイス・エンリケ


    レアル・マドリード:1991~1996年
    バルセロナ:1996~2004年

    1989年に地元のスポルティング・ヒホンでプロデビューを飾ると、1991年にレアル・マドリードへ移籍。中盤のダイナモとしてリーグ優勝に貢献した。しかし、自身の起用法などを巡り首脳陣と対立すると、1996年にバルセロナへと移籍した。同クラブでもキャプテンを務めるなど活躍し、チームのリーグ連覇を達成した。引退後はローマやセルタなどの監督を務め、2014年からはバルセロナの指揮官に就任。初年度から“三冠”を達成するなど結果を残した。現在はスペイン代表監督を務めている。

    ◆ルイス・フィーゴ


    バルセロナ:1995~2000年
    レアル・マドリード:2000~2005年

    1995年にバルセロナへ入団すると、リヴァウドやルイス・エンリケらとともに、数多くのタイトルを獲得した。しかし、同年にレアル・マドリーへ“禁断の移籍”を果たすと状況は一変。「守銭奴」と呼ばれ、バルササポーターから多くの非難を浴びた。カンプ・ノウで行われたクラシコでは、コーナーキックに向かうフィーゴに対してゴミや豚の頭が投げ入れられ、試合が約10分間中断する事件も起こった。

    ◆ロナウド


    バルセロナ:1996~1997年
    レアル・マドリード:2002~2007年

    PSVでの大活躍が認められ、1996年にバルセロナへ移籍。フィーゴやエンリケらの強力なアシストを受け、1年目からリーグ戦37試合34得点を記録した。その後はインテルで5シーズンプレーした後、2002年にレアル・マドリーへと移籍。デイヴィッド・ベッカム、ジネディーヌ・ジダン、ラウール・ゴンサレス、フィーゴらも集結した超豪華な面々は“銀河系軍団”と呼ばれた。

    ◆サミュエル・エトー


    レアル・マドリード:1998~1999年、1999~2000年
    バルセロナ:2004~2009年

    16歳でレアル・マドリード・カスティージャ(Bチーム)と契約。しかし、なかなか出場機会をつかめず、レガネスやマジョルカへレンタル移籍しプレーした。2002年にマジョルカをコパ・デル・レイ優勝に導くなど活躍すると、2004年にはバルセロナへとステップアップを果たす。その後は2度のCL優勝に貢献するなど、同クラブで一時代を築いた。

    ◆ハビエル・サビオラ


    レアル・マドリード:2007~2009年
    バルセロナ:2001~2004年、2004~2007年

    2001年のワールドユースで得点王とMVPを獲得した活躍がスカウトの目に留まり、同年にバルセロナに入団。パトリック・クライファート、リバウドと共にトリデンテを結成し、3シーズン連続で二桁得点を記録した。ところが、ロナウジーニョ、エトー、リオネル・メッシが台頭すると、監督の構想外に。モナコやセビージャへのレンタル移籍を経て、2007年にレアル・マドリードへ移籍した。

    [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ネイマールに“禁断の移籍”の噂が再浮上! 過去にバルサ&レアルでプレーした選手は?】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     ユヴェントスとの契約解除が今月17日に発表された元イタリア代表MFクラウディオ・マルキージオについて、イタリア紙『トゥットスポルト』が新天地候補を列挙している。

     マンチェスター・CやJリーグのクラブも移籍先候補として報じられているマルキージオだが、今回の報道ではスペインとフランスが新天地として挙げられている。スペインではアトレティコ・マドリード、セビージャ、日本代表MF乾貴士のベティス、フランスではニースとモナコが候補として報じられた。

     とりわけフランスの2クラブはすでにマルキージオ獲得への動きを見せているようで、近日中にも接触を図るのではないかと報じられている。果たして、新天地はどのクラブになるだろうか。

     現在32歳のマルキージオはユヴェントスの育成組織出身。エンポリへレンタル移籍で加入した2007-08シーズンを除き、ユヴェントスに計25年間に渡って所属した。公式戦通算389試合出場はクラブ史上18番目の記録。またイタリア・スーパーカップを3回、コッパ・イタリアを4回制し、7シーズン連続でセリエA制覇を果たした。昨シーズンはセリエAで15試合出場と加入以来最少の記録に終わり、契約解除が発表された。

    去就に注目が集まっているマルキージオ [写真]=Juventus FC/Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ユーヴェと契約解除のマルキージオ…スペイン、フランスが新天地候補か!?】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ▽パリ・サンジェルマン(PSG) が獲得に動くクロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(30)だが、バルセロナは徹底的に拒む姿勢のようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

    ▽バルセロナは、エルネスト・バルベルデ監督が最も重要な選手の一人として評価するラキティッチの契約解除金を1億2500万ユーロ(約158億5000万円)に設定。だが、フットボール界随一の財力を誇るPSGであれば、支払い不可能な額ではなく、流失の恐れがある。

    ▽とはいえ、PSGは昨夏にバルセロナからブラジル代表FWネイマール(26)、モナコからフランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)獲得時に巨額を投じたことで、今夏はファイナンシャル・フェアプレーを意識した立ち回りが必要に。そのため、ラキティッチ獲得に動くとなれば、現有戦力の中から数名を売却する必要性が出てくる状況だ。

    ▽ラキティッチは、2005年にバーゼルでプロデビュー。その後はシャルケ、セビージャを経て、2014年夏にバルセロナ移籍を果たすと、主力として移籍1年目から活躍し昨シーズンはリーグ戦35試合に出場していた。また、ロシア・ワールドカップではクロアチアの準優勝に大きく貢献していた。
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】PSGに158億詰まれようが、そうじゃなくとも…バルサ、ラキティッチ放出拒否】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     パリ・サンジェルマンはバルセロナに所属するクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチの獲得に関心を示している。21日にスペイン紙『マルカ』が報じた。

     ラキティッチは2018 FIFA ワールドカップ ロシアで自国を決勝の舞台まで導き、大会を通して好調ぶりをサッカー界に見せつけた。そのパフォーマンスを受けて、パリ・サンジェルマンは同選手の獲得に動いている模様だが、バルセロナは売却を断固拒否している。

     同クラブを率いるエルネスト・バルベルデ監督は、ラキティッチを中心的選手として高く評価しており、同選手に関する退団の噂など一切検討しないとのこと。

     しかし、ラキティッチの契約解除金は1億2500万ユーロ(約157億円)で設定されており、パリ・サンジェルマンがその金額を支払えば同選手次第で移籍は成立してしまう状況である。

     そんな中、パリ・サンジェルマンは昨シーズン多額の移籍金を費やし、ブラジル代表FWネイマールやフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得を成立させた。これによりファイナンシャル・ファプレーのルール上、複数の選手を売却しない限り、ラキティッチの獲得に動くことはできない。

    ラキティッチの獲得を狙うパリ・サンジェルマン [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】PSG、W杯で大活躍のMFラキティッチの獲得を希望も…バルサは断固売却拒否】の続きを読む

    このページのトップヘ