Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーグ1



    (出典 i.ytimg.com)



    PSGと2022年まで契約を残すなか、スペイン紙がバルサに戻りたがっていると報道

     パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールはフットボール史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(約292億円)で新天地を求めたが、1年目ながらすでにレアル・マドリードへの移籍が取り沙汰されるなど移籍の噂が止むことはない。そんななか、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」はネイマールが古巣バルセロナに戻りたがっていると報じている。

     ネイマールはバロンドール獲得など世界ナンバーワンプレーヤーとしての立ち位置を確立するため、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが所属するバルサとの決別を果たし、PSGへと移籍した。リーグ・アンではゴールにアシストと決定的なタスクを連発してチームの首位快走に貢献しているが、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとのPKキッカー問題など周辺メディアが大きく騒ぎ立てている。

     現在ネイマールは足首の捻挫と中足骨骨折で戦線を離脱しているが、それに辟易した面もあるのだろうか、ネイマールは2022年まで残しているPSGとの契約延長を全うする気はないのかもしれない。同紙によると、PSGに移籍してわずか数カ月しか経っていない段階ながら、バルサ復帰へのオファーを何度か出したのだという。

     ただ、同紙はこの記事に追記して「ネイマールのバルサ復帰を歓迎するか?」というアンケートを実施。現地時間9日午前2時時点で約2万4000の投票を集めると、「YES」が約33%に対して「NO」が約67%と反対派が優勢の状況となっている。

     バルサは“ネイマール資金”を元手にブラジル代表MFパウリーニョ、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ、フランス代表FWウスマン・デンベレらを獲得し、リーガ・エスパニョーラで首位を走っている。それだけに一度袂を別ったクラックに対しては、もはや“不要”との印象なのかもしれない。


    (Football ZONE web編集部)

    ネイマールが“古巣シック”でバルサ復帰を打診か【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【古巣シック】ネイマールがでバルサ復帰を打診か!?】の続きを読む



    (出典 www.bettingtop10.com)



    1 Egg ★ :2018/03/11(日) 13:31:13.53 ID:CAP_USER9.net

    スペイン新聞『ABC』によれば、ネイマールはパリ・サンジェルマン(PSG)の欧州チャンピオンズリーグ敗退が確定した3月6日から、代理人の父親にPSGとの契約の終了を願い、
    レアル・マドリードとの交渉を進めるように促しているという。そして、PSGのユニフォームを着用しないことを告げたという。

    同メディアによれば、ネイマールは既に再びPSGでプレーしないことを心に決めているという。

    右足首の骨の裂傷により、ネイマールは今後1か月半の間療養を必要とするが、
    その期間を利用しPSGのアル・ケライフィ会長やマドリーのフロレンティーノ・ペレス会長と交渉するという。いずれにせよ移籍の交渉は簡単には進まないだろう。

    この交渉をより容易にするために、年俸の受け取りを自ら辞退する可能性もある。

    PSGのサポーターたちから心理的なダメージを受けているネイマールは、身内に次のように語っているという。
    「この伝統の無いリーグでヤジの口笛を飛ばされるくらいなら、もうここに居たくない。」

    マドリーはこのネイマールのシチュエーションを心得ており、違約金2億5,000万ユーロ(約328億円)を支払う準備がある。
    しかし違約金は最大3億ユーロ(約394億円)まで上昇する可能性があるために、ガレス・ベイルやベンゼマを差し出すことで、値下げ交渉を行うだろう。

    3/11(日) 13:22配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00010003-sportes-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【決断!】<ネイマール>レアルへ移籍か!?】の続きを読む



    (出典 calciomatome.up.seesaa.net)



    1 Egg ★ :2018/03/11(日) 22:45:31.92 ID:CAP_USER9.net

    チームの核が「活躍できてるのはヒロキのおかげ」と激賞
     
    マルセイユの日本代表DF、酒井宏樹が日曜日のトゥールーズ戦を前にした記者会見に臨み、報道陣とユーモア溢れるやりとりを繰り広げた。
     
    まずは今シーズン、本来の右SBだけでなく左SBでの出場も増えているが、かなり慣れてきた印象を受けると投げかけられると、
    「そう思っていただけるのは嬉しいですけど、自分としてはぎこちない。右と左とでは全然違いますからね。
    もっと高いレベルにしないといけない。チームの事情もあるので、そこは覚悟してやっています」と回答した。
     
    さらに、チームの攻撃の核であるフロリアン・トバンが「今シーズンの僕が(右サイドで)活躍できているのはヒロキが守備面でカバーしてくれているからだ」と称えたことを伝え聞くと、にっこり笑い、
    「フロー(トバンの愛称)はそう言ってくれるけど、間違いなく彼の能力があってこそ。でもサイドバックとしては一番幸せな言葉だと思う」と照れた。

    会見は終始通訳を介して行なわれたが、記者からは「毎回訊いてるけど、いつになったらフランス語で応対するんだい?」という意地悪な質問も。
    だだこれも、話し手と聞き手の信頼関係があってのものだ。酒井は笑顔を見せながら、「自分の思っていることがみなさんに100%伝わることが大事だと思っているので、このまま日本語で続けていければと思います」と、やんわり返した。
     
    日本代表の一員として挑むロシア・ワールドカップへの展望についてはどう?
    「僕らはフランス代表と違ってチャレンジャーなので、とにかく相手をリスペクトしたうえで、相手に挑んでいくという戦い方を見せて、そのうえで成功できればいいかなといまは思っているので、全力で挑んでいきたい」
     
    先日のイベントで、日本代表の先輩である中田英寿氏が「ワールドカップで日本はグループリーグを突破しなければならない」と話したことを問われると、
    「もちろんやるからにはかならず最高の結果を望みたい。日本のレジェンドがそのように言ってくれるのであれば、すごく嬉しいことですね」と語った。

    「CLをこの街、このスタジアムで戦えることは素晴らしいし、夢」
     
    マルセイユは現在、リーグ・アンで3位に付ける。28節終了時点で首位パリ・サンジェルマンとの勝点差は17ポイントあり、逆転の可能性は限りなくゼロに近いが、
    2位モナコとは4ポイント差だ。2位以内に食い込めば来季のチャンピオンズ・リーグでグループステージにストレートインできるだけに、その争いがヒートアップしている。
    金曜日にモナコは先に29節を消化し、勝利した。マルセイユもトゥールーズ戦での3ポイント奪取が求められる。
     
    「とにかく勝たないと追いつけないので、モナコがコケることを願いながら、僕らは勝ち続けるしかない。チャンピオンズ・リーグをこの街、このスタジアムで戦えることは素晴らしいし、夢ですね。
    とにかくいまは1試合1試合集中してやることがそれにつながるのかなと思います」

     
    欧州を見渡してもマルセイユは、サポーターやメディアなど周囲の目の厳しさが群を抜く。そのなかで入団2年目の酒井は、コンスタントな活躍ぶりと持ち前の明るいキャラクターですっかり彼らの信頼を得ている印象だ。
     
    そんなポジティブな側面が垣間見える、前日会見だった。

    3/11(日) 20:46配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180311-00036862-sdigestw-socc&p=1

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【日本代表】<マルセイユDF酒井宏樹>報道陣の意地悪な質問にどう答えた?「なぜフランス語を話さない?」】の続きを読む



    (出典 static.independent.co.uk)



    1 数の子 ★ :2018/03/11(日) 20:58:35.48 ID:CAP_USER9.net

    リーグ・アン第29節の対パリ・サンジェルマン(PSG)戦で初めてパルク・デ・プランスの舞台に立ったメスのGK川島永嗣は「雰囲気は良かったです」と感想を話したが、すぐに「前半は最悪でした」と4失点を喫した前半戦を挙げて試合を振り返った。

    メスは5-0で完敗。また、チャンピオンズリーグでレアル・マドリーとのセカンドレグに2-1で敗れ、ラウンド16で敗退となったPSGにとっても、選手たちの自信やサポーターの信頼を回復する上でこのメス戦はどうしても勝ちたい一戦だった。

    「(PSGは)やっぱり選択肢をもつのが上手いですね。作るのも上手いし。一瞬のところでの質、じゃないですけど、そういう質を作れる準備もしているし、ダイナミックさも含めて、その一瞬の判断というか、質が高いのかな、と思います」

    川島永嗣は対戦してみて感じるPSGとリーグ・アンの他クラブとの違いをそう語る。

    ネイマールは負傷中、エディンソン・カバーニも出場停止で欠場したこの試合は、19歳のキリアン・ムバッペがトップ、20歳の若手FWクリストファー・エンクンクがサイドを担うフレッシュな攻撃陣だったが、やはり国内レベルではPSGの選手層はダントツだ。

    9試合を残して2位のモナコとは14ポイント差と、今季のリーグタイトルもほぼ彼らのもので確定している。

    しかしそれでも、レアルには歯が立たなかった。PSGは大金を投じてチームを補強し、リーグ・アンのレベルも近年着々と上がっているが、それでも欧州との差は縮まらない。

    「見るところからしたらそうなんでしょうね。パリはいまリーグ・アンの中では手の届かないような存在になっている。自分たちにとっても手の届かないチームですけれど、チャンピオンズリーグやヨーロッパの中でそれだけ高いレベルで勝っていくには、まだまだ高いレベルがあるのかな、と思います」と川島は話す。

    そのようにリーグ内に拮抗するライバルが少ないことは、PSGにとってはデメリットにもなりうる。

    「そういう意見も聞きますけど、それはあると思います。でもリーグにとってはすごくいいことだと思います」

    PSGがステータスを上げることで、他クラブにも国外から有力選手や監督が集まるようになり、リーグ全体の底上げにつながっているのは事実。メスにとっては手痛い敗戦だが、フランスリーグをけん引するPSGにとっては、自信回復につながる貴重な勝ち星を得た対戦となった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00000028-goal-socc


    【【リーグ1】GK川島が語るPSGがリーグ・アンにいる意義とは?国内では圧倒的も欧州では…】の続きを読む



    (出典 iwiz-spo.c.yimg.jp)



    PSGは放出拒否の姿勢も、ネイマール側にリーガ復帰願望とスペイン紙伝える

     パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、昨夏に自身が記録した史上最高額を更新する移籍金4億ユーロ(約525億円)で、レアル・マドリードに移籍する可能性が急浮上している。スペイン紙「AS」が報じた。

     レアル側はすでにネイマールの代理人を務める父親と交渉を開始。今季バルセロナから史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(約291億円)で移籍したネイマールだが、わずか1年で移籍金は再高騰。4億ユーロになると伝えられている。

     PSGのナセル・アル・ケライフィ会長はブラジルの至宝放出に断固拒否の方針で、違約金も設定されていないが、ネイマール自身はリーガ復帰の願望を抱いているという。

     記事では「2013年にギャレス・ベイルを獲得して以来、リーガのクラブは銀河系規模の選手を獲得していない。クラブはクリスティアーノ・ロナウド後の、サンチャゴ・ベルナベウの試合の最前線を牽引するキープレーヤーだと見ている」と報じている。

     衝撃の525億円もの移籍金で、ネイマールは“白い巨人”の一員となるのだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    パリ・サンジェルマンFWネイマール【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ネイマールの移籍金が衝撃の525億円に高騰 レアル側は代理人に接触と現地紙報道…】の続きを読む

    このページのトップヘ