Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーグ1



    (出典 football-tribe.com)



    スペイン移籍の希望を公言するなか、モナコ移籍の可能性を仏ヤフースポーツが言及

     ドルトムントのMF香川真司は、今冬の移籍市場での去就が注目を集めている。スペイン行きの希望を公言してきたなか、市場の閉幕が近づいてきたが、仏ヤフースポーツフランス1部モナコ入りに「近づいている!」と報道。地元専門誌も「おそらくユニフォームを変える」と反応している。

     香川は今季ここまでブンデスリーガで2試合、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)とDFBポカールで1試合ずつに出場。プレータイム205分にとどまっている。

     昨年11月6日にはU-23チームの一員としてレギオナルリーガ(4部相当)でプレーし、1試合4アシストを記録。しかし、トップチームではポジション争いでライバルに遅れを取っており、リーグ戦では9月26日の第5節ニュルンベルク戦(7-0)以降は出番がない。

     ウィンターブレイクで帰国した際、改めてスペイン移籍の希望を公言。トルコのベジクタシュやガラタサライドイツシュツットガルトフランクフルトフランスボルドーなどが噂に挙がったが、具体的な動きはなく閉幕が近づいてきた。

     そんななか、現地時間30日に仏ヤフースポーツが公式ツイッターで「シンジ・カガワがASモナコ(入り)へ近づいている!」と速報。この報道を受け、フランスサッカー専門誌「フランスフットボール」も「カガワを迎えることになりそうだ。ボルシア・ドルトムントのMFはルシアン・ファブレの構想にまったく関与しておらず、ドイツでは行き詰まり状態にある。木曜日(31日)の夜までにジャージユニフォーム)を変えるかもしれない」と反応している。

     モナコは現在リーグ・アン19位と降格圏に沈んでいるが、果たして香川はフランスへ渡ることになるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    ドルトムントMF香川がモナコに移籍か【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元日本代表】香川が仏1部モナコへ移籍? 「近づいている」報道に仏専門誌も反応「迎えることになりそう」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    カタール1部アル・ドゥハイルへの移籍が取り沙汰されている中島翔哉

    既にポルティモネンセのアントニオ・フォーリャ監督も中島がクラブの選手ではないことを認めており、公式的な発表は間近と考えられている。

    その移籍金は3,500ユーロ(およそ44億円)とも伝えられているが、『as』には気になる情報も。

    中島のカタール行きは今月初めより報じられるようになったが、この突然の移籍劇にフランスPSGが関わっているのではないかというものだ。

    PSGは現在、カタールの政府系投資ファンドであるQSI(カタールスポーツ・インヴェストメンツ)がオーナーを務めており、ネイマールの獲得資金もここから捻出されている。

    一方、アル・ドゥハイルは一昨年アル・ジャイーシュとレフウィヤが合併して生まれた新しいクラブだが、彼らを所有する人物もPSGに近い関係を持つとされる。

    現在、欧州サッカー連盟UEFA)ではファイナンシャル・フェアプレー規則を採用し、クラブが赤字を計上することに厳しい罰則を科している。

    そのため一度の移籍マーケットで使える金額が限られているのだが、今回の報道によれば、PSGは中島を一度カタールに行かせた後にクラブが(おそらく安い金額で)買い取ることによって支出を抑えようとしているのではないかという。

    『as』ではこれを「合法的な抜け穴」と表現しており、所有者が同じマンチェスター・シティジローナ、ワトフォードウディネーゼで同じようなことが起きていると伝えている。

    真相ははっきりしないが、もしこれが事実であれば中島は過熱化するビッグクラブの「マネーゲーム」に巻き込まれてしまったと言えるのかも…。

    中島翔哉、カタール行きはPSGの脱法的「裏技」か


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】中島翔哉、カタール行きはPSGの脱法的「裏技」か!?】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



     パリ・サンジェルマンPSG)に所属するネイマールが手術を実施する可能性があるようだ。フランス紙『レキップ』や大手メディア『ESPN』などが28日に報じている。

     ネイマールは23日に行われたクープ・ドゥ・フランスフランス杯)・ベスト32のストラスブール戦で右足を負傷。診断の結果、第5中足骨を負傷したことが明らかになっていた。ネイマールは昨年2月にも右足の第5中足骨を骨折しており、当時は約3カ月程度の離脱を強いられた。このことから、ネイマール2月12日3月6日に行われるチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦のマンチェスター・U戦には出場できないとの見方が強まっている。

     PSGブラジルサッカー連盟(CBF)は現時点で公式なネイマールの離脱期間を発表していない。今回の報道によると、現在PSGCBFは治療のために手術以外の選択肢があるのかどうか話し合いを行っている段階だという。なお、仮に手術を行うことが決定した場合、今シーズン中の復帰は絶望的と予想されている。

    中足骨を負傷したネイマール [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】ネイマールに手術実施の可能性が浮上…今シーズン絶望の恐れも】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     パリ・サンジェルマンPSG)のトーマス・トゥヘル監督が同クラブブラジル代表FWネイマールの負傷状況について言及した。イギリス誌『FourFourTwo』が27日に報じている。

     PSGは23日、クープ・ドゥ・フランスフランス杯)のベスト32でストラスブールと対戦して2-0で勝利した。この試合にネイマールは先発出場したが、相手選手の相次ぐ厳しいタックルで右足を負傷。診断の結果、右足の第5中足骨を負傷したことがわかった。

     チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦が2月13日に行われ、PSGはアウェイマンチェスター・Uとの大一番を迎える。トゥヘル監督はネイマールの出場は「とてつもなく厳しい」と述べ、欠場を示唆した。

    「いつ彼が復帰するかについて話すのは早すぎるだろう。まずは一週間待つ必要がある。そして彼の治療の結果も待つべきだ。後になってから正確なことが分かるはずだ」

    マンチェスター・U戦欠場が濃厚となったネイマール [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】ネイマールのマンU戦欠場は濃厚か…指揮官が示唆「とてつもなく厳しい」】の続きを読む



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



     パリ・サンジェルマンPSG)が、バイエルンに所属するポルトガル代表MFレナト・サンチェスの獲得に関心を示しているようだ。しかし、バイエルンのニコ・コヴァチ監督は同選手のクラブ残留を明言している。ドイツ誌『kicker』日本語版が25日に報じた。

     チャンピオンズリーグではこれから、マンチェスター・ユナイテッドとの一戦を迎えるパリ・サンジェルマン。だがマルコ・ヴェッラッティの負傷に続き、さらにネイマールも負傷のために離脱を余儀なくされることが明らかとなった。

     報道によると、トーマス・トゥヘル監督が率いるパリ・サンジェルマンがR・サンチェスの獲得に関心を抱いているという。バイエルンのコヴァチ監督は「パリ・サンジェルマンはレナトに対して非常に強い関心を示していたし、それは今でもそうだ」と明かしつつ、「彼らが中盤に問題を抱えていることは承知しているが、それは我々の問題というわけではない」とコメント。R・サンチェスの残留を明言した。

    「サンチェスは非常に良い成長をみせていると思う。準備期間でもとても良いパフォーマンスを見せていたし、今もとてもいいものをみせているよ。レナトはこれからの半年間で、多くの試合に出場することになるだろう。うまくいけば、我々には3月、4月に数多くの試合が控えることになる。そのときはどの選手の力も必要になるものだし、選手層を薄くするわけにはいかないんだ」

    パリ・サンジェルマンからの関心を報じられたレナト・サンチェス [写真]=TF-Images via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】PSG、R・サンチェスに関心も…バイエルン指揮官が残留明言「問題ではない」】の続きを読む

    このページのトップヘ