Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーグ1



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 pathos ★ :2019/02/03(日) 06:49:43.19 ID:N3Bv8Woz9.net

     24歳の若き日本人フットボーラーが1月、ポルトガル1部リーグのポルティモネンセからカタールのアル・ドゥハイル・スポーツ・クラブ(旧レフウィヤ・スポーツ・クラブ)に3500万ユーロ(約45億5000万円)で売却されると報道されてからというもの、「パリ行き」の噂も急加速している格好だ。

     このカタールのクラブは、アル・タニ首長の所有物で、同首長はパリSGのオーナーでもある。このため短絡的な憶測が容易に飛び交っているのだ。一部の人びとは「ナカジマがドーハをトランジット(経由)する形で、半年後にパリにレンタルされるのではないか」と想像を逞しくしているのである。

     そのココロはこうだ。フランスのチャンピオンクラブはUEFA(欧州サッカー連盟)が定めるファイナンシャル・フェアプレー(FFP)を巧みに迂回し、高いポテンシャルを持つ若い選手を”裏ワザ”で獲得することで、スカッドを増強できる──という論法である。

     だが、UEFAは数年前から、パリSGの一挙手一投足を事細かに監視している。

     もしパリSGがこのような手法で、ルールを弄ぶかのようにUEFAに挑戦状を叩きつければ、取り返しがつかない事態を招くだろう。リーグ・アン王者は、決定的にUEFAを敵に回してしまうことになるからだ。そんな愚行に及ぶだろうか。

     もっと言えば、このカタールのクラブが「パリ行き旅客機の経由地」としてクローズアップされるのは、今回が初めてではない。

     2013年にも、チュニジア人MFのユセフ・マアクニが、「レフウィヤ・スポーツ・クラブ(当時)を経由してパリに移籍する」という噂が、複数の報道で流れたものだった。だがこの選手は一度として、パリに足を踏み入れることはなかった。

     したがって、ナカジマが近い未来、フランス・チャンピオンの元にやってくる可能性も、ほとんどないと見られる。いずれにせよ当面は、まずあり得ない。

    文●ダミアン・ドゥゴール(フランス『L'Equipe』紙記者)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190203-00053785-sdigestw-socc


    【【サッカー日本代表】「中島翔哉のパリ行きはあり得ない」仏レキップ紙のPSG番記者が断言!】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    パリ・サンジェルマン(PSG)が、チェルシーに所属するブラジル代表MFウィリアン(30)の獲得を狙っているようだ。イギリススカイスポーツ』が伝えている。

    PSGは30日、ブラジル代表FWネイマールの負傷を発表。全治10週間のケガを負ったことで、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント一回戦のマンチェスター・ユナイテッド戦は、2月12日1stレグ、3月6日2ndレグ共に、出場が絶望的な状況となっている。

    ウィリアンを巡っては、昨夏からバルセロナが関心を示していると各紙が報道。また。中国移籍が囁かれるなど、2020年まで契約を残す同選手の去就が騒がれていた。そんな中、ネイマールを失ったPSGが急遽、代役としてウィリアンを"デッドライン・デイ"に獲得へ動くようだ。

    しかし、同メディアプレミアリーグトップ4フィニッシュを目指すチェルシーに主力を放出する意思はないと見解。移籍市場最終日にビッグディール成立なるか。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ネイマール負傷のPSG、ウィリアンを緊急補強か】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    [パリ 30日 ロイター] - サッカーフランス1部パリ・サンジェルマンPSG)は30日、ブラジル代表FWネイマールの負傷が全治10週間のものであると発表した。

    ネイマールは23日に行われたフランスカップのストラスブール戦で負傷。右足第5中足骨の骨折と診断され、専門医との相談の結果、手術を受けず保存治療を行うことが決まった。昨年も同様の負傷をしたネイマールは、約11週間後に復帰していた。

    これによりネイマールは、2月12日3月6日マンチェスター・ユナイテッドイングランド)と対戦する欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の欠場が極めて濃厚になった。一方で、PSGが勝ち上がった場合の4月に予定されている準々決勝に復帰できる可能性は残されている。

    ネイマールは今季、リーグで13得点、欧州CLで5得点を記録している。

     1月30日、サッカーのフランス1部パリ・サンジェルマンは、ブラジル代表FWネイマールの負傷が全治10週間のものであると発表した。23日にパリで撮影(2019年 ロイター/Charles Platiau)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】ネイマールの負傷、全治10週間と判明】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    スペイン移籍の希望を公言するなか、モナコ移籍の可能性を仏ヤフースポーツが言及

     ドルトムントのMF香川真司は、今冬の移籍市場での去就が注目を集めている。スペイン行きの希望を公言してきたなか、市場の閉幕が近づいてきたが、仏ヤフースポーツフランス1部モナコ入りに「近づいている!」と報道。地元専門誌も「おそらくユニフォームを変える」と反応している。

     香川は今季ここまでブンデスリーガで2試合、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)とDFBポカールで1試合ずつに出場。プレータイム205分にとどまっている。

     昨年11月6日にはU-23チームの一員としてレギオナルリーガ(4部相当)でプレーし、1試合4アシストを記録。しかし、トップチームではポジション争いでライバルに遅れを取っており、リーグ戦では9月26日の第5節ニュルンベルク戦(7-0)以降は出番がない。

     ウィンターブレイクで帰国した際、改めてスペイン移籍の希望を公言。トルコのベジクタシュやガラタサライドイツシュツットガルトフランクフルトフランスボルドーなどが噂に挙がったが、具体的な動きはなく閉幕が近づいてきた。

     そんななか、現地時間30日に仏ヤフースポーツが公式ツイッターで「シンジ・カガワがASモナコ(入り)へ近づいている!」と速報。この報道を受け、フランスサッカー専門誌「フランスフットボール」も「カガワを迎えることになりそうだ。ボルシア・ドルトムントのMFはルシアン・ファブレの構想にまったく関与しておらず、ドイツでは行き詰まり状態にある。木曜日(31日)の夜までにジャージユニフォーム)を変えるかもしれない」と反応している。

     モナコは現在リーグ・アン19位と降格圏に沈んでいるが、果たして香川はフランスへ渡ることになるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    ドルトムントMF香川がモナコに移籍か【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元日本代表】香川が仏1部モナコへ移籍? 「近づいている」報道に仏専門誌も反応「迎えることになりそう」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    カタール1部アル・ドゥハイルへの移籍が取り沙汰されている中島翔哉

    既にポルティモネンセのアントニオ・フォーリャ監督も中島がクラブの選手ではないことを認めており、公式的な発表は間近と考えられている。

    その移籍金は3,500ユーロ(およそ44億円)とも伝えられているが、『as』には気になる情報も。

    中島のカタール行きは今月初めより報じられるようになったが、この突然の移籍劇にフランスPSGが関わっているのではないかというものだ。

    PSGは現在、カタールの政府系投資ファンドであるQSI(カタールスポーツ・インヴェストメンツ)がオーナーを務めており、ネイマールの獲得資金もここから捻出されている。

    一方、アル・ドゥハイルは一昨年アル・ジャイーシュとレフウィヤが合併して生まれた新しいクラブだが、彼らを所有する人物もPSGに近い関係を持つとされる。

    現在、欧州サッカー連盟UEFA)ではファイナンシャル・フェアプレー規則を採用し、クラブが赤字を計上することに厳しい罰則を科している。

    そのため一度の移籍マーケットで使える金額が限られているのだが、今回の報道によれば、PSGは中島を一度カタールに行かせた後にクラブが(おそらく安い金額で)買い取ることによって支出を抑えようとしているのではないかという。

    『as』ではこれを「合法的な抜け穴」と表現しており、所有者が同じマンチェスター・シティジローナ、ワトフォードウディネーゼで同じようなことが起きていると伝えている。

    真相ははっきりしないが、もしこれが事実であれば中島は過熱化するビッグクラブの「マネーゲーム」に巻き込まれてしまったと言えるのかも…。

    中島翔哉、カタール行きはPSGの脱法的「裏技」か


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】中島翔哉、カタール行きはPSGの脱法的「裏技」か!?】の続きを読む

    このページのトップヘ