Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーグ1



    (出典 image.news.livedoor.com)



     欧州サッカー連盟UEFA)のアレクサンデル・チェフェリ会長が、パリ・サンジェルマンファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反についてコメントした。28日、スペインマルカ』が伝えている。

     現在パリ・サンジェルマンは、UEFA制定のFFP違反が摘され、最終決定を待っている。仮に、違反の制裁を受けた場合、高額で獲得した選手らの売却が必要になる。

     当初は30日に決定が下され、レアル・マドリードリーガ・エスパニョーラの移籍市場が閉まる31日までに獲得の動くと報道されていた。しかし、決定は延期されることになったため、名前が挙がっていたブラジル代表FWネイマールフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得は困難だとみられている。

     チェフェリ会長は「パリ・サンジェルマンへの決定は延期されることになった。ただ、レアル・マドリード々の決定を待っている真実はない」とコメントした。

    レアル会長のぺレス氏とUEFA会長のチェフェリン氏 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】UEFA会長「レアルは制裁を待っていない」…ネイマール、ムバッペ移籍はなしか】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    アンジェ戦の試合終了間際、立ちはだかる二人のマーカーヒールリフトで攻略

     パリ・サンジェルマンPSG)のブラジル代表FWネイマールは、現地時間25日のリーグ第3節アンジェ戦(3-1)で試合終盤に魅惑のヒールリフトパスを繰り出して持ち前のテクニックを誇示。反はすぐさまは外に広がり、カルチョイタリアでも「魔法く」と称賛されている。

     PSGは前半12分にウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、後半6分にフランス代表FWキリアン・ムバッペがゴールを決めて2点をリード。さらに、同21分にはフランス代表MFドリアンラビオを起点にムバッペ経由でネイマールネットを揺らし、開幕から3試合連続ゴールマークした。

     3-1と勝利を確実なものとして迎えた後半アディショナルタイム、“ネイマールショー”が開演する。左サイドでムバッペからショートコーナーを受けると、マーカー二人が行く手を塞いだ間、ボールを両足で挟み込み、かかとで蹴り上げて相手の頭上を抜くヒールリフト」を決め、ペナルティエリア内のドイツ代表MFユリアンドラクスラーへ鮮やかにパスを通してみせたのだ。

     ペルメディアDepor.com」が、「ネイマールサッカー界におけるファンタジーの代名詞。YouTubeを通じて煌びやかなアクション拡散」と報じていたが、カルチョイタリアの大手スポーツ「ガゼッタ・デロ・スポルト」もこの大技を動画付きで取り上げている。


    レアル贔屓も「お気に入りの大技を繰り出した」と言及

    ネイマールがパルク・デ・プランスを魅了。試合の最後に魔法く」

     本拠地パルク・デ・プランスに駆け付けた4万7000人以上のファンを虜にしたと評している。

     また、かつて所属したバルセロナの宿敵レアル贔屓で知られるスペインマルカ」も、「ネイマールがランブレッタ(ポルトガルの造ヒールリフトを差す)パスでパルク・デ・プランスを釘付け。ブラジル人FWは最後の最後にお気に入りの大技を繰り出した」と伝えた。

     ロシアワールドカップではファウルを受けて過剰に痛がる仕が揶揄の対となったが、そのプレーが別次元であることをブラジル至宝自ら明してみせた。


    Football ZONE web編集部)

    パリ・サンジェルマンFWネイマール【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】「魔法で輝く」 圧巻ヒールリフトパスのネイマール、カルチョの国イタリアも大絶賛】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    レアル・マドリーは今パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)を獲得するという夢が潰えることになった。フランスレキップ』が伝えている。

    フレン・ロペテギ監督が今季から揮を執るマドリーは今ユベントスポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウド(33)を売却。後釜獲得には未だ至っておらずロペテギ監督もFWの補強を望んでいる。

    そこで注を集めていたのがムバッペだ。昨バルセロナからブラジル代表ネイマールを2億2200万ユーロ(当時のレートで約290億円)で獲得したPSGは、同時にムバッペをモナコから獲得したが、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の抵触を避けるため、買い取り義務付きのレンタル移籍という形を取った。契約上、PSGは今27日までに移籍1億8000万ユーロ(現在のレートで約230億円)をモナコに支払う必要があり、それがFFPに違反する可性があると、スペインアス』は先日に摘していた。

    そうなった場合、PSGは選手の売却を強いられることになり、多額の負債をカバーするにはネイマールもしくはムバッペの放出が必要に。だが、すでにイタリアイングランドの移籍市場閉鎖しているため、その資を捻出するには、31日まで移籍市場が開いているリーガエスパニョーラクラブへ売却するしか方法はないと同メディアはさらに伝えていた。

    欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリ会長スロベニアEkipa』でPSGに関する処分について言及。FFP違反の処分を科すかについての明言はさけたものの、仮に処分を行う決定を下す場合は今の移籍市場終了後になることを明言した。

    PSGへの処分に関する決定は移籍市場の閉幕後になる。レアル・マドリーがその決定を待っているとの報道は誤りだ」

    チェフェリ会長の発言によってPSGが今の移籍市場でムバッペとネイマールを売却する必要がないことが明らかになり、マドリーの今でのムバッペ獲得の夢が潰えることになった。

    なお、FFP遵守に関してUEFAから再調を受けているPSGは、今後違反が確認された場合、以前と同様にUEFA催大会における選手登録制限や収支バランスめられる和解協定を結ぶ可性が高い。その一方で、違反が悪質と判断されれば、UEFA催大会への出場停止という重い処分を科されるが、少なくとも2018-19シーズンチャンピオンズリーグ(CL)出場に影することはない模様だ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】マドリー、今夏のムバッペ獲得の夢潰える…UEFA会長「PSGへの処分の可否は移籍市場終了後」】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



     レアル・マドリードが、リヨンに所属するドミニカ共和代表FWマリアーノ・ディアスの獲得を狙っていると囁かれている。28日、スペインマルカ』が伝えている。

     セビージャリヨンは移籍に関して基本合意に達したものの、マリアーノが下部組織時代から所属していたレアル・マドリードは他クラブとの交渉を効にする権利があり、48時間以内に同選手を買い戻すか決断するという。

     リヨンは、マリアーノをプレミアリーグクラブ7000万ユーロ(約91億円)で売却しようとしたが実現せず、3000万ユーロ(約39億)+出来高500ユーロ(約6.5億円)でセビージャとの基本合意に至った。レアル・マドリードは、同選手をセビージャに売りに出した場合、移籍35%である1200万ユーロを受け取り、獲得の場合は35%少ない2500万ユーロ(約32億円)で買い戻すことができる。

    古巣復帰が噂されるマリアーノ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】セビージャとリヨンは基本合意も、レアルがマリアーノ獲得へ動く】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    『Le10Sport』は23日、「ACミランはPSGのフランス代表MFアドリアン・ラビオの獲得を検討している」と報じた。

    今夏のマーケットでラツィオのセルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチを獲得しようとしていたものの、経済的な問題で失敗していたミラン。

    その代わりにチェルシーからティエムエ・バカヨコを獲得して中盤を強化したが、さらに補強を行いたいという意思を持っているようだ。

    記事によれば、ミランのフロントスタッフとなったレオナルド氏とパオロ・マルディーニ氏は、数週間アドリアン・ラビオの代理人と交渉を行ってきたという。

    もちろんレオナルド氏はかつてPSGのディレクターとして働いていた経験があり、ラビオとは旧知の仲である。

    ラビオは現在PSGとの契約更新を拒否しており、このままであれば今季終了時にはフリーエージェントとなる。そのため冬のマーケットで売却される可能性も示唆されている状況だ。

    ラビオにはユヴェントスやローマ、レアル・マドリー、バルセロナなども関心を抱いているとのこと。

    PSGは年間720万ユーロ(およそ9.3億円)という巨大な給与を提示しているが、メディアでは「他のクラブは年1000万ユーロ(およそ12.9億円)を提示できる」と伝えている。

    あとはラビオの曲者代理人として知られる母ヴェロニクがどうするか…。

    PSGと契約延長拒否のラビオ、ミランと交渉中か


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】PSGと契約延長拒否のラビオ、ミランと交渉中か】の続きを読む

    このページのトップヘ