Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーグ1

    no title


    マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表DFアシュリーヤングタックルが、プロレスを彷彿させると話題になっている。イギリス『アス』が報じた。

    ユナテッドは12日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでパリ・サンジェルマン(PSG)を本拠地オールド・トラッフォードに迎え、0-2で敗北。試合の中では1得点を奪ったPSGのFWキリアン・ムバッペが欠場したFWネイマールらを補って余りあるパフォーマンスを披露し、話題となった。

    また、元ユナイテッドディ・マリアも古巣相手に2アシストを記録する大活躍。レアル・マドリー所属時代のCL決勝などで発揮してきた大一番での勝負強さを見せ付け、“夢の劇場”を悪夢に陥れた。しかし、その一方でディ・マリアに起こった悲劇も話題となっている。

    サイドで先発したディ・マリアは、ユナイテッドの中でも屈強な選手であるヤングマッチアップ。幾度となく激しいぶつかり合いが繰り広げられ、前半30分にはヤングに対するカードも提示された。

    そして、特に目立ったのが前半39分のシーンだ。ややルーズになったボールディ・マリアが左サイドライン際まで追うと、後方から競りに行ったヤングの強烈なショルダーチャージが炸裂。もちろん傷つける意図は無かったはずだが、ディ・マリアは急な傾斜のあるオールドトラッフォードサイドライン際を勢いよく飛び出し、フェンスに激突した。

    暫くうずくまるディ・マリアの様子にPSGの選手陣は猛抗議。しかし、『アス』がレッドカード級とも表現する危険なプレーに、レフェリーは警告すら出さず。ヤングは“幸運にも”退場を回避することとなった。

    その場面に関しては、余りにもラフだったためかSNS上での「Ashley Young」の検索結果が大盛り上がり。「アシュリーヤングディ・マリアの衝突のリプレイ」と題して投稿するのが一種の大喜利のようになっており、プロレスの“金網デスマッチ”の動画などが多く上げられている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】“金網デスマッチ”を彷彿…? ヤングの危険タックルが話題に】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    偉大な守護神が、また1つ偉大な記録を達成した。パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(41)が、チャンピオンズリーグ(CL)通算50回目のクリーンシートを達成した。

    ブッフォンは、12日に行われたCLラウンド16・1stレグのマンチェスター・ユナイテッド戦に先発出場。チームはアウェイオールド・トラッフォードでの試合となったが0-2で勝利を収めた。

    ブッフォンは、この試合を無失点で終え、CL通算50回目のクリーンシートを達成。アヤックスマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元オランダ代表GKエドウィン・ファン・デル・サールポルトの元スペイン代表GKイケル・カシージャスについでの達成となった。

    これまで、パルマユベントス、そしてPSGプレーしてきたブッフォンは、パルマに所属していた1997-98シーズンにCL初出場。デビュー戦となったスパルタ・プラハ戦(0-0)でクリーンシートを達成する。続く、ガラタサライ(2-0)、ドルトムント(1-0)とデビューから3試合連続で無失点に抑えてきた。パルマ時代はこの3試合にとどまったが、続くユベントス時代に43試合でクリーンシートを達成。PSGの選手としては、このユナイテッド戦がCLで初のクリーンシートとなった。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】史上3人目、ブッフォンがCL通算50試合のクリーンシート達成! PSGでは初】の続きを読む

    no title


     パリ・サンジェルマンPSG)は12日、敵地でマンチェスター・Uチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグを戦い、2-0で勝利した。この試合ではかつてマンチェスター・Uに所属していたアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが躍動し、注目を浴びている。

     先発出場したディ・マリアは、53分に右CKからフランス代表DFプレスネル・キンペンベの先制点をアシスト。その7分後にはグラウンダーのクロスで同代表FWキリアン・ムバッペの追加点を演出し、勝利に大きく貢献した。

     古巣の本拠地へ帰還したディ・マリアにはマンチェスター・Uファンから激しい野次も飛んだが、同選手は意に介することなく2アシストを記録した。それだけでなく、自身に向けて投げ込まれたビール瓶を拾い上げて飲む仕草を見せる余裕も。これを受け、イギリスメディアスカイスポーツ』が「ディ・マリア、野次の中で酒を飲む」と題した記事を掲載したほか、同『BTスポーツ』はツイッターに「2アシスト・1ビア オールド・トラッフォードでのベストパフォーマンス」と投稿。強烈な印象を与えたようだ。

     果たして、ディ・マリアセカンドレグでも古巣相手に好プレーを披露できるだろうか。パルク・デ・プランスにて行われるセカンドレグは、3月6日の開催を予定している。

    ビール瓶を投げ込まれてもこの対応 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】ディ・マリアが古巣対決で躍動…ビール瓶投げこまれても余裕の対応】の続きを読む

    DECE614E-25DF-4BD7-9303-B962D6BD030B


    マンチスター(英国) 12日 ロイター] - サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は12日、決勝トーナメント1回戦第1戦の2試合を行い、パリ・サンジェルマンPSGフランス)は敵地でマンチェスター・ユナイテッドマンUイングランド)を2─0で下した。

    PSGスコアレスで折り返した後半8分、プレスネル・キンペンベが先制点を挙げると、その7分後にはアンヘルディマリアクロスからキリアン・エムバペもネットを揺らした。

    もう1試合では、ローマイタリア)がホームポルトポルトガル)に2─1で勝った。ニコロ・ザニオロが後半に2得点を決めた。

    第2戦はともに、2月6日に行われる。

     2月12日、サッカーの欧州CL決勝トーナメント1回戦第1戦、パリ・サンジェルマンは敵地でマンチェスター・ユナイテッドを2─0で下した。写真中央は1得点のキリアン・エムバペ(2019年 ロイター)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】PSGがマンUに勝利、ローマも先勝 欧州CL】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    マンチェスター・ユナイテッドが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の獲得に動く可能性があるようだ。スペイン『アス』の情報をもとにイギリスミラー』が伝えた。

    欧州中にその動向が見守られ、今夏の争奪戦勃発は必至とみられているラビオ。PSGとの現行契約が今シーズン限りとなる中で今冬のマーケットでは動かなかったものの、新契約締結を固辞していることは公然の事実だ。PSG側も同選手をリザーブチーム送りにするなど、双方の関係は修復不可能な状態であり、今夏のフリーでの退団はほぼ確実と言えるだろう。

    ラビオの新天地候補に関しては、具体的に挙げられているだけでもリバプールアーセナルトッテナムバルセロナが関心を寄せており、争奪戦が繰り広げられている。そして、今回新たにユナイテッドも参戦するという。

    ユナテッドからは、今冬の移籍市場でベルギー代表MFマルアンフェライニ(31)が中国スーパーリーグの山東魯能へ移籍。そのためユナイテッドは、ベルギー代表MFの後釜としてラビオに関心を抱いているようだ。

    なお、ユナイテッドは12日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでPSGホームで対戦。PSGトーマス・トゥヘル監督がラビオを23名のメンバーに登録しているが、本人の眼前で力を見せ付けることができるのだろうか。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ユナイテッドもラビオ争奪戦に参戦へ】の続きを読む

    このページのトップヘ