Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーグ1



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(31)がクラブと契約延長に至った理由を語った。

    2015年夏にマンチェスター・ユナイテッドから加入したディ・マリア。今シーズン限りで契約満了の状況だったが、昨年10月末に新たに2年間の契約を結び、2021年までPSGプレーすることが決定した。

    それまで母国復帰やイタリア行きなどの憶測が飛び交ったディ・マリアだが、PSG加入当初から抱き続けるチャンピオンズリーグ(CL)制覇の目標が残留の動機になったという。『Canal+』で次のように話した。

    サインしたよ。CLを制したいからさ。ここに来た当時から、それが目標だった。今年、フリーになれ、欲しがってくれるクラブならどこにでも行けた。オファーがあって、すごく大きなクラブに行くこともできたけど、僕らはもうすぐ目標を達成できると思う」

    「CL敗退? すごくシンプル。僕らはあの夜、1stレグで素晴らしいパフォーマンスを披露したチームと別チームだったのさ。まだアルゼンチンじゃなく、ヨーロッパにいるのはCLで優勝したいから。数年かけて、レアル・マドリーでもそれを成し遂げた」

    「ここで優勝の瞬間に立ち会うことができたら、それは僕にとっても忘れられない思い出になるだろうね」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】ディ・マリアがPSGと契約延長に至った理由とは?】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    ネイマールは「他の選手にはできないことをもたらす」と主張 メッシとの類似性にも言及

     パリ・サンジェルマンPSG)のブラジル代表DFダニエウ・アウベスは、チームメートの同国代表FWネイマールを「ここではまだ誰も彼を理解していない」と語り、バルセロナキャプテンを務めるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと同じような扱いを受けるべきだと主張した。

     ネイマール2017年バルセロナから2億2000ユーロ(約278億円)で移籍してきて以来、リーグ・アン制覇だけでなく、クープ・ドゥ・ラ・リーグ、クープ・ドゥ・フランス、トロフェ・デ・シャンピオンの優勝に貢献。怪我こそあったが、公式戦で28ゴールを奪い、チームの中心として活躍した。

     現在負傷中のネイマールシーズン終了後にバルセロナライバルチームであるレアル・マドリードへの移籍が囁かれているが、PSGチームメートであるアウベスは、ブラジルスターが5度のバロンドール獲得者であるメッシのように扱われるべきだとフランスラジオ局「RMC Sport」で主張した。

    「ここではまだ誰もネイマールを理解していない。ボールが彼の足元に入ると、トリュフの香りがする。起こっているのはメッシと似たようなことだ。メッシの周辺には他の選手がいるが、ネイマールボールを渡せば他の選手にはできないことをもたらしてくれるということを、ここでは理解されていなかった。僕は彼にボールを渡し、そして彼は彼が望むことをする」

     またアウベスは「ショーを見るためにお金を払って入場していると想像してほしい。人々は何を見たいと思っているのか、理解する必要がある。メッシボールを失った場合、我々はそれを取り戻して彼にボールを返すために走るんだ」とチームメートに変化を求めているようだ。

     アウベスの言葉どおり、PSGチームメートがネイマールを理解することこそが、彼をチームに留めるための大きな条件なのかもしれない。(Football ZONE web編集部)

    アウベス(左)がチームメートのネイマール(右)について言及【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】「まだ誰もネイマールを理解していない」 同僚アウベス、チームメートの“変化”要求】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    リーグアン連覇に近づいているPSG。だが、UEFAチャンピオンズリーグではまたしてもショッキングな敗退を味わうことになってしまった。

    マンチェスター・ユナイテッドとのラウンド16では突破まであと数分というところから悪夢のような敗退に…。

    ただ、イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティは偶発的な不運だったと感じているようだ。『Telefoot』のインタビューでこう述べていたという。

    マルコ・ヴェッラッティ

    「自分は周り以上にイラついたよ。でも、これがフットボールさ。全てを手に入れることはできない。

    敗退にファンたちは失望した。でも、自分はこのチームを信じている。

    もしあの試合を10回やったなら、9回は僕らが勝つだろう。

    僕らは大きく変わってはいけないよ。偉大な監督とネイマールキリアン・エムバペなど世界最高の選手もいる」

    【関連記事】「PSG、この夏に退団しうる3人の大物選手」

    あれは不運な試合であり、チームを変革させる必要はないと感じているようだ。

    ヴェッラッティ「あのユナイテッド戦は10回やれば9回は勝ってた」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】ヴェッラッティ「あのユナイテッド戦は10回やれば9回は勝ってた」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    『Telegraph』は13日、「カタールスポーツ・インヴェストメンツ(QSI)は、イングランドクラブを買収することを考えている」と報じた。

    現在フランスリーグアンPSGを保有しているQSI。カタール国営の投資会社で、チームにかなりの資金を投入しており、スポンサーを迂回してのグレーな投資も行っていると言われる。

    この成功を元に今他の国のクラブを獲得したいと考えており、先日はミランローマの名前が上がっていた。

    そして今回伝えられたところによれば、今度はイングランドクラブを買収して経営の手を広げようとしているそうだ。

    【関連記事】「国家や自治体が所有するサッカークラブ」を知ってる?

    いまのところ候補として上がっているのは、アストン・ヴィラ、ノッティンガム・フォレスト、そしてQPRの3チームだそう。

    PSGオーナー、イングランドのクラブを買収へ!候補の3チームとは


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】PSGオーナー、イングランドのクラブを買収へ!候補の3チームとは】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)の今夏移籍はないようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。

    2017年夏、史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現レートで約278億円)でバルセロナから加入したネイマール。だが、バルセロナ復帰やレアル・マドリーへの移籍の噂が後を絶たない状況だ。

    だが、ネイマールの代理人でもある同選手の父親がフランス『RMC』で、今夏の移籍はないと断言した。

    「PSGとは長期契約だ。まだ2シーズン目も終わっていない」

    「最初の契約の50%も全うしないていのだ。フットボールには常に噂がつきまとうものなのだから、リラックスしなければならない」

    「どのクラブも彼のようなプレーヤーと契約することを夢見るだろう。だが、ネイマールがクラブを去ることを望んでいないので、PSGのファンは心配すべきではない」

    「ネイマールはパリに残り、タイトルを獲得し続けることを望んでいるよ」
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】ネイマール父、PSG残留を強調「クラブを去ることを望んでいない」】の続きを読む

    このページのトップヘ