Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーグ1

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 customize-your.com)



    ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(33)にローマ移籍の可能性が浮上している。イタリアカルチョメルカート』が伝えている。

    先月末でパリ・サンジェルマン(PSG)との契約が終了となり、7月1日からフリーとなっているカバーニに関しては、インテルニューカッスルメジャーリーグサッカー(MLS)、ボカ・ジュニアーズなど、様々な新天地候補の名前が挙がっている。

    そういった中、9万人以上のフォロワーを持つ著名なウルグアイジャーナリストセバス・ジオバネッリ氏は、自身の公式『ツイッター』を通じて、カバーニと代理人を務めるフェルナンド・グッリェルモーネ氏、ガストン・フェルナンデス氏が代表を務めるウルグアイの国際投資会社が、来週中にローマと交渉を行い、移籍を完了させる可能性があると伝えている。

    現在、財政難に喘ぐローマは高額な移籍金を支払っての補強を行うことができず、今夏の補強はレンタル移籍やフリートランスファーが中心になると見られている。

    そういった中、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンをレンタル延長でそのまま来夏にフリートランスファーで、今季限りでチェルシーを退団する元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲス(32)をフリートランスファーで獲得する見込みだと報じられている。

    そのため、高額なサラリーを負担してもパレルモ、ナポリ時代にセリエAで確かな実績を残しているカバーニの獲得に動く可能性は十分にあると考えられる。

    シーズンに向けてはアトレティコ・マドリーからレンタル中の元クロアチア代表FWニコラ・カリニッチ(32)に代わって、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコとの強力2トップが実現するのか…。

    2013年夏にナポリからパリ・サンジェルマン(PSG)に加入して以降、クラブ歴代最多となる198得点を記録するなど、長らくエースストライカーとして活躍してきたカバーニ

    しかし、昨シーズン終盤からの度重なる負傷離脱、昨夏の元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの加入も重なって出場機会が激減。クラブインテルからイカルディを完全移籍で買い取ったこともあり、先月末での契約終了に伴い、パリを去ることになった。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】フリーのカバーニがローマ加入? 来季はジェコとの強力2トップ実現か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    セルタ戦で2アシストを挙げるなど大活躍 PSGが久保獲得へ“本気モード

     スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、レンタル期間を満了する今季終了後の去就が注目を集めている。セリエAの名門ACミランフランス王者パリ・サンジェルマンPSG)が期限付きでの獲得に関心を示していると指摘されてきたが、ここに来て、PSGが本腰を入れたとスペインメディア「ドン・バロン」が報じている。

    PSGがマドリードスターへ向けて加速、交渉の席につく」

     このように銘打たれた記事では、まず久保が2アシストを記録した現地時間6月30日リーガ第33節セルタ戦(5-1)について言及。「タケフサ・クボが最大のスター選手としてチームに希望をもたらした。レアル・マドリードからレンタル移籍している日本人選手は、マジョルカを2部降格から救うための責任を担うようになっている。パリは彼に取り付かれており、イタリアからの電話は現時点でフロレンティーノ(・ペレス会長)の机の上にオファーとしてある」と綴り、ミランの介入とほぼ時を同じくして、PSGが“ペースアップ”したとしている。

     さらに同メディアは、具体的な条件額にも触れており「アルプスの向こう側の国からは、ACミランがクボの後を追っているとの噂が届いた。元バルサ選手はセンセーションを起こしており、多くの人が他の可能性がない場合、彼が来季マドリードの選手になると見ている。そして、PSGスポーツディレクターを務めるレオナルドはクボを熱望しており、5000万ユーロ(約60億5000万円)を提示してできるだけ早く交渉の席につきたいと希望している。これとは別に、選手の給料として5000万ユーロになるかもしれない。移籍オペレーションは総額1億ユーロ(約121億円)ということになり得る。とんでもない数字だ」と伝えている。

     今季リーグ戦30試合に出場して3得点4アシストを記録している久保。マジョルカは依然として自動降格圏の18位にいるため残留争いにフォーカスされているが、果たして去就はどのような結末を迎えるだろうか。
    Football ZONE web編集部)

    マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】久保建英の獲得にPSGが本腰 移籍金+年俸で総額121億円を準備とスペインメディア報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    8月にCLを控えるなか、練習を再開させて軽快なボール捌きを披露

     パリ・サンジェルマンPSG)はリーグ・アンシーズン打ち切りにより、リーグ3連覇を決めた。現在は8月にリスボンで集中開催されるUEFAチャンピオンズリーグに向けて調整中だが、ブラジル代表FWネイマールが切れのある動きを見せ、注目を集めている。

     PSGフランス代表FWキリアン・ムバッペリーグ1位タイの18ゴールネイマールが13ゴールアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが12ゴールを挙げるなど、リーグトップの75得点で首位を快走。2位マルセイユに勝ち点12差をつけていたなか、新型コロナウイルスによるシーズン中断が決まり、3年連続の優勝を飾った。

     CLで準々決勝進出を果たしており、8月に向けて調整を続けるなか、ネイマールが練習で見せたテクニックが注目を浴びた。

     ネイマールは右足裏でボールを移動させながら、左足甲に当てて浮かせると、右足でボールを大きく蹴り上げて人型のダミー人形の上を鮮やかに抜き、落ちてきたところを左足のダイレクトボレーで締めくくった。

     フランス紙「レキップ」は、「ネイマールテクニックに磨きをかける」と見出しを打ち、「PSGブラジルスタートレーニングに戻り、美しい技術的なテクニックを披露」と報じている。

     また、ネイマールインスタグラムには、元総合格闘家ホドリゴ・ノゲイラが「ビーストすぎる」と反応し、ファンからも「魔法か?」「これは好きだな」「誰が止められるんだ?」と声が上がっていた。

     今年3月を最後に公式戦から遠ざかっているが、CLでもネイマールプレーに期待が懸かる。(Football ZONE web編集部)

    PSGのFWネイマール【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】ネイマール健在! 変幻自在の美技に元総合格闘家レジェンドも反応 「ビーストすぎ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    マリオ・ゲッツェ 写真提供: Gettyimages

     モナコボルシア・ドルトムントドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの獲得に興味を示しているようだ。28日、独紙『ビルト』が報じている。

     ドルトムントブンデスリーガ最終節のホッフェンハイム戦(0-4)の前にゲッツェの退団セレモニーを開催。無観客での開催になったものの、ユース時代を含め18年間を過ごしたクラブからは温かい声援が送られた。

     ゲッツェは妻の出産のため、ドイツサッカーリーグ機構(DFL)の新型コロナウイルスに対する衛生基準を満たすことができず最終節への出場はかなわなかった。

     そんなゲッツェに対してはかねてからミランインテルローマが興味を示してきたが、ここにきてモナコも興味を示しているようだ。モナコは今夏の移籍市場でチーム改革を行う姿勢を示しており、フリーとなっているゲッツェリストアップしているようだ。はたしてゲッツェは新天地にどのクラブを選ぶのだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ドルト退団のゲッツェ、モナコが争奪戦に参戦か…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが、昨年までクラブに在籍していた2人のベテランへの敬意を口にした。フランス『レキップ』が伝えている。

    21歳の若さにしてフランス国内の主要タイトルに、2018年ロシアワールドカップで世界王者となったムバッペピッチの上では早くも成熟したプレーを披露し続ける近未来のバロンドール候補だが、オフ・ザ・ピッチや時にピッチ内でも年齢相応の若さを出してしまう場面も見受けられる。

    そういった精神面の未熟さを同選手自身も感じているが、昨シーズンには元フランス代表MFラサナ・ディアラ(引退)、元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(現ユベントス)という百戦錬磨のベテランから多くのことを学んだようだ。

    「ラサナはロッカールームの中でとても尊敬を集めていたんだ。だから、彼がクラブを去ったとき、自分の中にも少し変化が起きた気がするよ。それはブッフォンが去ったときも同じだった」

    「ラサナは僕にとって頼れる兄であり、ラスおじさんだった。彼はよく自分のキャリアやクラブの話をしてくれたんだ。また、自分が犯してきた誤りについてもね。その経験から僕に対してアドバイスをくれたんだ」

    「彼は僕が困難な時期に助けてくれたんだ。彼は世界最高峰を知っている人だからね。それに何を話すべきかをしっかりと理解しているんだ」

    「ただ、僕だけにアドバイスをしてくれたわけではないんだ。彼はアドバイスが必要なすべての人に同じように接していたよ。とりわけ、プレスネル・キンペンベには多くの時間を割いていたね」

    「彼は自分がプレーしていないときでも常にそういった役割を買って出ていたんだ。それは本当に重要なことなんだ」

    「個人的に偉大なベテランプレーヤーの話を聞くのが大好きなんだ。だから、ブッフォンも僕にとって本当に重要な存在だったんだ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】ムバッペ、ラス・ディアラ&ブッフォンへの敬意語る 「困難な時期に助けてくれた」】の続きを読む

    このページのトップヘ