Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーグ1

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    今夏はインテルFWラウタロ・マルティネスユベントスMFピャニッチの優先順位が上か

     パリ・サンジェルマンPSG)のブラジル代表FWネイマールは、古巣バルセロナへの復帰が根強く囁かれている。しかし、世界中に混乱を巻き起こした新型コロナウイルスの影響で各クラブは財政的打撃を被っており、バルセロナの補強においてネイマールは“3番手”扱いだという。英紙「ザ・サン」が報じた。

     ネイマール2017年サッカー史上最高額となる2億2200万ユーロ(約260億円)の移籍金でバルセロナからPSGへ移籍。現行契約は2022年6月までだが、ネイマールPSGが提示した3年総額9000万ポンド(約120億円)の延長オファーを拒否したと伝えられている。

     リーグ・アンシーズン打ち切りが決定したなか、PSGは選手に対して給与カットを求めたが、週給60万ポンド(約8000万円)を受け取るネイマールはそれを拒否したうちの1人とされる。ただ、バルセロナに移籍できるとなった場合、PSGの週給が半分(30万ポンド/約4000万円)になっても受け入れる意向だと、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」で報じられた。

     しかし、英紙「ザ・サン」によると、バルセロナの今夏の補強プランにおいてネイマールのプライオリティーは落ちているという。

    「キケ・セティエン監督が(インテルアルゼンチン代表FW)ラウタロ・マルティネス、(ユベントスボスニア・ヘルツェゴビナ代表MF)ミラレム・ピャニッチ、ネイマールの3人全員とサインするのは財政的な影響で不可能だ。バセロナはブラジル人を移籍候補リストの3番手に降格させた」

     セティエン監督は先日、ラウタロを「非常に良い選手」と高く評価しており、記事でも「インテルスターであるマルティナスは、リオネル・メッシを保管できる長期的なターゲットと見なされている」と言及。ピャニッチは、ポルトガル代表DFネルソン・セメドをユベントスに放出する際の交換要員の候補になっているという。

     ネイマールの代理人ワグナー・リベイロ氏は、「市場的な難しさを考えると、ネイマールPSGにとどまると思う。サッカーの経済界は(新型コロナウイルスの影響で)変わっていくだろう」と話しているが、果たして再びバルセロナの地に戻ることはあるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】ネイマールは「移籍リスト3番手に降格」 バルサ補強プランでの“優先度ダウン”を英指摘】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアンムバッペ(21)が、イギリスミラー』のインタビューで様々な質問に応じてみせた。

    21歳ながら世界的ストライカーの1人として数えられるムバッペ2018年夏に加入したPSGでは在籍3シーズンで公式戦通算120試合90ゴール49アシストの成績を収め、今季もリーグ・アン20試合18ゴールを記録して、得点王を獲得している。

    現在、世界で感染が広がっている新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、シーズン打ち切りが決まったムバッペは、この時間を生かし『ミラー』のインタビューに答えた。

    Q.パンデミックはどのようにあなたのサッカー観を変えた?
    A.本当に重要なことは僕たちが安全を保ち、家族や愛する人を安全に保つことだよ。安全になれば、サッカーは戻ってくる。

    Q.君は21歳になって間もないけど、フランスリーグタイトル4回とワールドカップを制している。今はどんな野望を持っているの?
    A.代表での成功を維持したい。来シーズンユーロが開催される。そこで勝利することを目指している。PSGの一員として、チャンピオンズリーグで初めて優勝することは僕の大きな野望だよ。

    Q.バロンドールなど、個々の栄誉に刺激を受けている?
    A.勝ち取れたらいいけど、それで夜も眠れないということはない。来シーズンやその次のシーズンに勝ち取る必要はないと思う。そこに時間制限はない。僕は常に、PSGと代表を最優先としている。個人の賞が僕のパフォーマンスからもたらされれば、それはボーナスだ。

    Q.君は多くのことを成し遂げているけど、まだキャリアの序盤だ。ゲームのどんな面を改善したい?
    A.僕は常に改善しようとしている。代表とPSGの両方で、多くの経験豊富な選手とプレーしている。

    Q.尊敬するロールモデルは今でもいるか?
    A.最初は、彼が代表で成し遂げたすべてがあったので、(ジネディーヌ・)ジダンだった。それはロナウドも同様だった。彼は多くの成功を収めてきたが、その後も勝者でい続けている。彼らはどちらも歴史に足跡を残している。僕は歴史の本に自分の章を残したいと思っている。

    Q.ドルトムントとの試合を無観客で行ったけど、無観客で長い期間プレーするのはどれくらい難しい?
    A.ファンは試合の重要な部分を占める。無観客で試合するのは、選手にとって奇妙なことだ。しかし、今は前例のない時代であり、誰もが安全を優先する必要がある。

    Q.プレミアリーグを良く観ている?
    A.今シーズンリバプールマシンだった。彼らは簡単に勝利してみせた。だが、実際は容易なことじゃない。彼らがそうだったように、冷酷でいられるのは、トレーニングにおいて非常に優れたマネージャーがいて、多くのハードワークをしているからだろう。彼らのパフォーマンスはただ起きただけではない。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】“怪物”ムバッペがイギリスメディアのインタビューに応対!「歴史の本に自分の章を残したい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(33)を巡り、インテルが動きをみせているようだ。

    今季限りでPSGとの契約が失効となり、今冬の時点でもアトレティコ・マドリー移籍報道が加熱したカバーニ。今季限りでのPSG退団は濃厚とされ、マンチェスター・ユナイテッドニューカッスルの関心もまことしやかに報じられている。

    しかし、フランス『レキップ』によると、インテルが上記クラブとの争奪戦でリードしており、2023年6月までの3年契約を用意。契約を全うすれば36歳だが、それはインテルからの信頼の表れで、セリエAでの実績面から不安もないという。

    そうした観点からカバーニの獲得に熱が入っているというインテルはアタッカーポジションなら複数エリアをこなせる点も評価しており、ベルギー代表FWロメル・ルカクとの2トップ、あるいは1トップとしての起用を見込んでいる模様だ。

    バルセロナが獲得を狙うアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの去就が不透明な状況を受けて、カバーニを注視しているとの見方も浮上しているインテルイタリア復帰となれば8季ぶりとなるカバーニだが、果たして…。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】インテルがカバーニに3年契約?…争奪戦リードとも】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    アカデミー時代から過ごすロサリオ・セントラルで2005年にプロデビューを果たしたアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアベンフィカレアル・マドリーマンチェスター・ユナイテッドを経て、2015年からパリ・サンジェルマン(PSG)でプレーしている。

    今年2月の誕生日で32歳になったディ・マリアは、いまだチャンスメーカーとして抜群の存在感を誇り、プレーキックでもその左足の正確さを見せつけている。

    今回はディ・マリアPSGで決めたFKを5つ紹介する。

    5位:2018-19シーズン
    リーグ・アン第17節 モンペリエ戦

    フランス政府へのデモが一部暴徒化したため延期されていたこの一戦。前半アディショナルタイムディ・マリアゴールまで約30メートルの位置で獲得したFKのキッカーを担当。短い助走から左足を一閃すると、シュートクロスバーをかすめてゴールに突き刺さった。

    4位:2016-17シーズン
    クープ・ドゥ・ラ・リーグ準決勝 ボルドー戦

    2016-17シーズンPSGの赤いアウェーユニフォームが目立つこの試合。FKを担当したディ・マリアは、普段のFKよりもやや強めのシュートを放つ。鋭い回転がかかったシュートは曲がりながら落ち、バーに直撃し、バウンドしながらゴールラインを割った。

    3位:2018-19シーズン
    トロフェ・デ・シャンピオン モナコ

    シーズンリーグ・アンとクープ・ドゥ・フランス戦覇者のPSGと、リーグ・アン準優勝のモナコが対峙した一戦。だが、その実力差は明白であった。結果は4-0とPSGが圧勝し、トーマス・トゥヘル監督にとっての初タイトルとなるが、そのゴールラッシュの口火をディ・マリアが切った。32分にペナルティーエリア左手前の位置でFKを獲得すると、短い助走から放ったシュートは相手の壁を超え、GKも触れられない強烈な一撃を決めた。

    2位:2018-19シーズン
    リーグ・アン第29節 マルセイユ

    後半10分に勝ち越しとなるゴールを奪ったディ・マリアが、後半21分にゴール正面約27メートルの位置で得たFKのキッカーを担当。左足から放たれた一撃は、マルセイユの壁4人の上を越えると、ゴール右側に向かって大きな弧を描きながら落下。右ポストを直撃してそのままネットを揺らした。絶好調ぶりをアピールする一撃であった。

    1位:2019-20シーズン
    トロフェ・デ・シャンピオン レンヌ戦

    2018-19シーズンリーグ・アン王者PSGと、クープ・ドゥ・フランス王者レンヌによる、新シーズンフランスフットボール開幕を告げる一戦。1-1で迎えた後半に押し込み続けるPSGは73分、ボックス手前中央やや右の好位置でFKを獲得。これをキッカーのディ・マリアが跳んだ壁のギリギリ上を越す完璧な軌道のシュートで決め切った。このゴールで逃げ切ったPSGは大会7連覇を飾った。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】唸る左足、ディ・マリアがパリ・サンジェルマンで決めた直接FK5選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 news.mynavi.jp)



    パリ・サンジェルマン(PSG)が今夏獲得を目指していると言われたナポリセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(28)から撤退するようだ。フランス『Le Parisien』が報じている。

    PSGでは今シーズン限りで契約が満了となるブラジル代表DFチアゴ・シウバ(35)の退団が有力視されていた中、早い段階からクリバリを後釜候補の筆頭としてリストアップ。

    そして、渦中のクリバリが今年に入ってパリの高級アパルトマンを購入したこと、スポーツディレクターを務めるレオナルド氏とナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長の良好な関係性もあり、今夏の加入が有力視されていた。

    しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)が与えるであろうクラブ財政への深刻なダメージを考慮するPSGは、ラウレンティス会長が1億ユーロ(約118億円)に値付けする同選手の高額な移籍金の支払いに二の足を踏み、獲得を断念したようだ。

    実際、コロナ禍を受けてクラブチアゴ・シウバの契約延長交渉を再開したと言われており、限られた予算を別のポジションの補強に使うことを決めた模様。

    現時点ではインテルからレンタル移籍で加入している元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(27)の買い取り。マインツドイツ人MFリドル・バク(22)、ポルトブラジル代表DFアレックス・テレス(27)が獲得候補に挙がる両サイドバックの補強に資金を投下する構えだ。

    なお、『Le Parisien』はPSGの撤退に伴い、クリバリの新天地は、有力候補に挙がるマンチェスター・ユナイテッドを含むプレミアリーグになる可能性が高いと主張している。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】PSGがクリバリから撤退へ! コロナ禍で限られた資金は別のポジションに投下】の続きを読む

    このページのトップヘ