Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーグ1



    (出典 www.football-zone.net)



    パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアは、やはりマンチェスター・ユナイテッドのことが大嫌いなようだ。イギリスデイリーメール』が伝えている。

    ディ・マリア2014年レアル・マドリーから5970万ポンド(約85億5000万円)の移籍金でユナイテッドに加入。しかし、同クラブではマドリー時代の輝きを全く放つことができず、わずか1年でPSGに新天地を求めた。

    ユナテッド時代を自身の黒歴史と自認する32歳は、希望する背番号11を得られなかったことや、環境面、ルイス・ファン・ハール監督の采配などに関して以前にも不満を口にしてきた。その一方、ユナイテッドサイドからは英語の習得を怠ったことや、度重なる遅刻癖を糾弾する声も上がっていた。

    その後、加入したPSGでは主力として充実な日々を送っており、ユナイテッド時代の苦い記憶は薄れているかに思われたが、PSGの同僚の証言によって今でも赤い悪魔のことが大嫌いであることがわかった。

    昨夏、チェルシーからPSGに加入したU-21ポーランド代表GKマーシン・ブルカは、母国のYouTubeチャンネル『Foot Truck』でディ・マリアとユナイテッドに関するエピソードを語った。

    ディ・マリアマンチェスター・ユナイテッド大嫌いだ

    「彼はユナイテッド時代にひとつも良い思い出がなかったと言っているんだ」

    「実際、みんなでマンチェスター・ユナイテッドの試合やクラブに関するニューステレビで見ているとき、彼はすぐにチャンネルを変えるようにプレッシャーをかけてくるんだ」

    今回のインタビューでブルカが話を盛った可能性もなくはないが、新加入のチームメートがすでに同選手のユナイテッド嫌いを把握しているという事実は重い…。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ディ・マリアはユナイテッドが大嫌い! PSG同僚が証言!】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    ネイマールキリアン・エムバペスターが揃うPSG。マンチェスター・ユナイテッドをわずか1年で退団してパリにやってきたアンヘル・ディ・マリアは、32歳にして再ブレイクといえる活躍を見せている。

    そのディ・マリアについての同僚の発言が話題になっている。発言したのは、今季チェルシーからPSGに移籍してきたポーランド人GKマルチン・ブルカだ。

    『A Bola』によれば、20歳の若きGKはYoutube上でこうぶっちゃけたそう。

    マルチン・ブルカ(PSG GK)

    ディ・マリアマンチェスター・ユナイテッドを嫌っている。

    彼にはあそこでのいい記憶がない。

    実際、テレビにユナイテッドに関係する何かが映ると、すぐに(チャンネルを)変えるんだ」

    ユナイテッドに関するものは見たくもないというディ・マリアプレミアリーグではこんなスーパーゴールを決めていたのだが…。

    実況も「センセーショナル!アブソルートリーワンダフル」と大興奮!

    軽いノリでぶっちゃけたブルカは、チェルシー時代のサッリ監督についても際どい発言をしたとか。

    ディ・マリアは古巣ユナイテッドが今でも嫌い!同僚が爆弾発言


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ディ・マリアは古巣ユナイテッドが今でも嫌い!同僚が爆弾発言】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    メッシポグバアザールを“共闘相手”として指名

     パリ・サンジェルマンPSG)のブラジル代表FWネイマールが、現役選手と引退選手の中からそれぞれトップ5を選出。バルセロナ時代にチームメイトだったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシらが名を連ねた。英紙「デイリースター」が伝えている。

     ネイマールが考案した、5対5ストリートサッカー世界杯「Red Bull Neymar Jr’s Five」は、今年で5回目の開催。同大会のワールドファイナル出場権獲得に向けて、今週末に世界各国で予選のキックオフを迎える。

     ネイマールレッドブルインタビューで、現役選手と引退選手それぞれのドリーム5を選出。現役選手チーム選ばれたのはバルセロナで同僚だったメッシウルグアイ代表FWルイス・スアレス、現所属のPSGで共闘するフランス代表FWキリアンムバッペマンチェスター・ユナイテッドフランス代表MFポール・ポグバレアル・マドリードベルギー代表MFエデン・アザールだった。

     そして、引退選手チームには、こちらもバルセロナ時代にともに戦った元スペイン代表MFシャビアーセナルレジェンドである元フランス代表FWティエリ・アンリと、元イングランド代表のMFフランク・ランパード、MFデイビッド・ベッカム、MFスティーブン・ジェラードの5名が選出された。

     錚々たるメンバーが揃うなか、バロンドール受賞5回を誇るポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドはなんと選外となった。

    「一緒にプレーしてみたかった選手はたくさんいる。(元ブラジル代表FW)ロマーリオもその一人だし、引退試合では一緒にプレーしたけれども(元ブラジル代表FW)ロナウド。それから、(元フランス代表FW)ジネディーヌ・)ジダンと(元スウェーデン代表FWズラタン・)イブラヒモビッチもだ」

     いまだ現役のイブラヒモビッチとの共闘は果たして実現するだろうか。(Football ZONE web編集部)

    パリ・サンジェルマンFWネイマール【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】ネイマールが“現役&引退選手”によるドリーム5を発表 C・ロナウドはまさかの選外】の続きを読む

    no title

    UEFAチャンピオンズリーグのラウンド16、PSGドルトムントとの1stレグに2-1で敗れた。

    その後、チームは合同誕生パーティーを開催。2月14日まれのエディンソン・カバーニアンヘルディマリア、19日生まれのマウロ・イカルディの3人が主役となり、チームメイトも駆けつけた。

    だが、敗戦直後にはしゃぐ姿は物議を醸している。『ESPN』によれば、指揮官もこう苦言を呈していたという。

    トーマス・トゥヘル(PSG監督)

    金曜日に見たビデオには本当に驚いた、本当に驚いた。

    我々はこの件についてクラブ内で話した。(公然では)話したくない。 プライベートなものに保たれるだろう。

    だが、議論はあった。とはいえ、内部に留めなければいけない。このようなパーティーの画像は残念だ」

    トゥヘル監督が驚いたというビデオがこれだ。

    カバーニネイマールが跳ねまくる…。

    普段なら仲睦まじいシーンとして好意的に受け入れられただろうが、タイミングが悪すぎた。パーティーに出席したPSGのマルキーニョスはこう弁明している。

    マルキーニョス(PSG DF)

    「撮影したけれど、悪意はなかった。そして、あの画像はシェアされた。

    あれは間違いだった。皆それに同意しているし、分かっている。

    僕らは注意しなければいけない。クラブのために生きている人達、僕らを応援するために何マイルも旅をする人達、そして、負けた時に悲しむ人達がいることを。

    フットボールのことはちょっと忘れ、一緒に時間を過ごして、試合のことを考えないようにするための時間だった」

    気分転換のための時間だっとしつつ、過ちだったと謝罪していたとのこと。

    PSG監督、CL敗戦後の“流出映像”に苦言 「問題ビデオ」がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】PSG監督、CL敗戦後の“流出映像”に苦言 「問題ビデオ」がこれ】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    21歳の若武者をロナウドが称賛「ファンタスティックな選手」

     ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがナイキ社のプロモーションビデオ内で、パリ・サンジェルマンPSG)のフランス代表FWキリアンムバッペを称賛している。スペイン紙「マルカ」が伝えた。

     ムバッペ2015年12月モナコでプロデビューを飾ると、16年2月には17歳でプロ初ゴールマーク。16-17シーズンには主力に定着し、03-04シーズン以来となるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4に躍進と、その名を一気に知らしめた。

     17年夏には国内屈指の強豪であるPSGへと移籍。ブラジル代表FWネイマールスターとともに中心選手としてプレーし、押しも押されもせぬスーパースターへと成長したムバッペは、すでにワールドカップ制覇、リーグ優勝3回を経験している。今季も公式戦29試合24ゴールと好調だ。

    マルカ」紙が公開したナイキ社のプロモーション映像内で、そんな21歳のムバッペについてどう思うかと少年に質問されたロナウドは、このように答えている。

    ムバッペは(サッカーの)現在であり、未来だ。ファンタスティックな選手で、とても速い。彼は(サッカーの)将来を担うだろう」

     母国ポルトガルの名門スポルティングCPでデビューを果たしたロナウドは、2003年マンチェスター・ユナイテッドへ加入。名将アレックス・ファーガソンの下で世界的スターへと成長を遂げ、数々のタイトルを獲得した。2009年に移籍したレアル・マドリードでもエースとして君臨し、計15個のタイトルを獲得。18年夏にイタリアに拠点を移すと、セリエAでもその決定力を発揮し、前人未到のリーグ8連覇に大きく貢献した。

     35歳となった今でも第一線で活躍するロナウドから称賛の言葉をもらったムバッペ。今後のさらなる飛躍が期待される。(Football ZONE web編集部)

    ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドがPSGのFWキリアン・ムバッペを称賛【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】C・ロナウド、神童ムバッペの“速さ”と“可能性”に脱帽 「サッカーの将来を担う」】の続きを読む

    このページのトップヘ