Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーグ1



    (出典 www.footballchannel.jp)



    PSGは違約金295億円に設定、バルセロナは177億円のレンタル移籍で打診

     今夏の移籍市場は大詰めを迎えているが、そのなかで最も大物と言えるのはブラジル代表FWネイマールで間違いないだろう。所属するパリ・サンジェルマンPSG)からの移籍を求めていると言われるなか、先日には本命視されているバルセロナが復帰に向けてPSGと交渉に臨んだと報じられたが、すぐさま合意とはならなかったようだ。ネイマールの復帰を待ちわびるバルサの元チームメイトたちは、“全力を尽くさない”クラブに対してフラストレーションを溜めているという。スペイン紙「マルカ」が伝えた。

     バルサに対して期限付き移籍を認めているPSG側だったが、そのオファーを断ったと「マルカ」紙が先日報じた。

     現時点でバルサが出した条件は、来夏に1億5000万ユーロ(約177億円)で完全移籍の買取オプション付きという契約を含めてレンタル移籍を目論んだが、これはPSGから拒否されたという。PSGが設定している違約金の値札2億5000万ユーロ(約295億円)には到底届かない。

     バルサジョゼップ・マリアバルトメウ会長は現在所属する選手らに対して、ネイマールを復帰させるために全力を尽くすと約束したとされる。しかし、一部選手の目には1億4000万ユーロのオファーが「全力」とは映らないようで、バルトメウ会長がネイマール獲得に向けて十分な努力をしていないという不満を選手たちが溜めているようだ。

    バルセロナが二の足を踏む理由は? このまま交渉が難航すれば…

     今のところは、ネイマールファーストチョイスは古巣のバルセロナ。しかし、このまま交渉が難航し、ネイマールPSG退団を強く望んだ時、獲得を狙うレアル・マドリードに心がなびく可能性も否定できない。

     もっとも、バルサとしても難しい状況にある。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの現行契約が2020年6月までとなっており、近い将来にメッシとの契約更新を考えれば、今のタイミングネイマールに巨費を投入するのは二の足を踏む。

     移籍市場が終了する9月2日まで、バルトメウ会長は難しい選択を迫られそうだ。もしネイマールを買い戻すことができなければ、ファンだけでなく、選手からも批判を浴びるかもしれない。(Football ZONE web編集部)

    ネイマールのバルセロナ復帰は実現するのだろうか…【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】一転レアル移籍も? バルセロナ、“ネイマール買い戻し”が難航…選手から不満噴出か】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    パリ・サンジェルマン(PSG)が、レアル・マドリーに所属するコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(32)の獲得に前進したようだ。スペインマルカ』が伝えている。

    2014年にレバンテからレアル・マドリーに加わり、抜群の反射神経でゴールマウスを守り、リーガエスパニョーラ優勝やチャンピオンズリーグ(CL)3連覇など数々のタイトルに貢献したナバス。だが、ジネディーヌ・ジダン監督が今シーズンの守護神としてベルギー代表GKティボー・クルトワを指名したことから、先日にトランスファーリクエストを提出したことが報じられている。

    そのナバスを巡っては、ユベントスへ移籍した元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの代役を探すPSGへの移籍の可能性が以前から取り沙汰されている。6月には合意間近とされていたが、マドリー側が移籍金2000ユーロ(約23億6000万円)を要求したことやアンテロ・エンリケ氏がスポーツディレクター(SD)を辞任したことで交渉は停滞していた。

    しかし、ナバスが移籍を強く望んでいることからマドリーも同選手の意見を受け入れ、交渉を再開させたようだ。なお、マドリーはこの一連の動きを受けて、単年契約でベテランGKの獲得に動くようだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】K・ナバス、PSG移籍へ マドリー側が容認か】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    バイエルンポルトガル代表MFレナト・サンチェス(22)がリール移籍に近づいているようだ。

    フランス『RMCsport』のジャーナリスト、モハメド・バフシ氏によると、バイエルンとリールはボーナス込みで最大2500万ユーロ(約29憶5000万円)の移籍金で合意。個人間では5年契約を結んだようだ。23日にもメディカルチェックを行うとのこと。

    レナト・サンチェス2016年夏に将来有望な若手としてベンフィカから加入したが、スウォンジーレンタルされるなど、バイエルンでは出場機会に恵まれず4年目を迎えている。

    この状況に同選手は先日に「いい状況ではない。バイエルンを出たいと思ったのはこれで2度目」と移籍を示唆するコメントを残しており、今夏の移籍は確実視されていた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】レナト・サンチェスがバイエルンから脱出へ! リール移籍が明日にも発表か】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     パリ・サンジェルマンPSG)がレアル・マドリードのコスタリカ代表GKケイラー・ナバスの獲得に興味を示しているようだ。スペイン紙『マルカ』が23日に伝えている。

     ワールドクラスのGKを探しているPSGは以前もナバスへのオファーを検討していたが、その際にはレアル側が2000ユーロ(約23億6000万円)の移籍金を要求したため破談となっていたという。しかし今回同選手本人が移籍を強く希望しているため、レアル側も譲歩する姿勢を示し、すでにPSGへの移籍を許可しているようだ。

     またレアルはナバスの代役として今シーズン1年間第2GKを務めることが可能なベテランの獲得を目指すことになるようだ。

    レアルでプレーするナバス [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ナバス、PSG移籍へ近づく…出場機会を求めレアルからの退団を強く希望】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     チェルシーは欧州の移籍市場が閉まる前にフランス人MFティエムエ・バカヨコの売却に動いているようだ。21日、イギリス紙『イブニング・スタンダード』が報じている。

     バカヨコは2017年夏にモナコからチェルシーに移籍し、2017-2018シーズンは公式戦43試合に出場したが、マウリシオ・サッリ監督が就任した昨シーズンミランレンタル移籍。今夏チェルシーに復帰したものの、フランク・ランパード監督の信頼を得ることができず、退団が噂されている。

     一部報道では古巣のモナコがバカヨコのレンタル獲得に動いていることが報じられていたが、チェルシーディレクターを務めるマリアグラノヴスカヤ氏は2017年4000万ポンド(約52億円)で獲得した同選手の評価を下げる可能性があることからこのオファーを拒否したという。

     チェルシーは欧州の移籍市場が閉まる9月2日までに完全移籍でのバカヨコ放出を望んでいるようだが、正式なオファーは届いてない模様だ。しかし、レンタルでの獲得に関心を示すパリ・サンジェルマンへの移籍は最後の手段として認める方針としているようだ。

    チェルシー退団が噂されるバカヨコ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】チェルシー、バカヨコ売却を希望も…PSGはレンタルでの獲得に動く】の続きを読む

    このページのトップヘ