Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーグ1



    (出典 sport-japanese.com)



    PSGのMFヴェラッティ、16年に受けたバルセロナからのオファーについて言及

     パリ・サンジェルマンPSG)のイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティは、16年にバルセロナからのオファーがあったことを認め、「検討した」ものの移籍が実現しなかったことを明かした。フランス紙「レキップ」が報じている。

     地元のクラブであるペスカーラでプロキャリアをスタートしたヴェラッティは、12年にユベントスなど多くのビッグクラブが獲得に乗り出したなかで、最終的にPSGへ移籍。長短のパスを織り交ぜたゲームメイクや球際にも強いプレースタイルで、PSGだけでなくイタリア代表でも自身の地位を確かなものとしている。

     そんなヴェラッティはフランス紙「レキップ」に対して、16年夏にバルセロナ移籍の噂が出ていた当時の状況について言及。実現はしなかったものの、移籍について考えたことがあったことを告白している。

    「異なるものが提案されたことは事実だ。少しの間、それを検討することは僕にとって普通なことだったと思うよ」

     またヴェラッティは、自身がPSGでの生活に不満を抱き、特定の方法で自身を描写しようとしているメディアについて言及。メディアによって自身のイメージが作り上げられてしまっていると非難した。

    サッカー選手は他の人と同じように生活を送っていない。ただ、僕は他の人のように出かけることができる。休みがある場合は外出しますが、毎回外に出るたびに『マルコ・ヴェラッティは毎晩外出する』というように報じられて、そういうふうに認識されてしまった。そうではないんだよ」

     メディアの報道に踊らされず、自身でしっかりと考えてPSG残留を選んだヴェラッティ。今後はどんなキャリアを築いていくのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    PSGのMFヴェラッティ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】伊代表MF、バルセロナからのオファー告白 「検討することは普通なことだった」】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    今夏パリ・サンジェルマンからの退団が噂されていたブラジル代表FWネイマール

    レアル・マドリーバルセロナとの関係が頻繁に噂されていたが、マンチェスター・ユナイテッドも獲得の可能性があると言われていたクラブだ。

    ところが、その話はかなり早い段階で消えてしまった。その理由は「ライフスタイル」と「家族」であるそう。

    『The Athletic』によれば、ユナイテッドネイマールの獲得を検討していた時期はあったが、クラブ内に彼の私生活を懸念する者がいたという。

    ネイマールは多くの友人とパーティを開いていることで有名であり、有名人のイベントでよく目撃されている。

    また、代理人の1人として働いている彼の父親についても懸念があったようだ。ユナイテッドが彼を調査した結果は「金に取り憑かれている人物」という評価になったという。

    このところは度重なる怪我によって満足に出場できない状況が続いているネイマール。「ロナウドメッシの次は彼だ」と言われていたが、むしろ先に厳しい時期を迎えてしまったようにも見える。

    ユナイテッドはなぜネイマールを諦めた?あの「家族」が原因か


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ユナイテッドはなぜネイマールを諦めた?あの「家族」が原因か】の続きを読む



    (出典 juventus-journal.com)



    PSGとの契約が残り1年となる2012年夏の市場でムバッペ獲得を計画か

     レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長は次なる補強の目玉として、パリ・サンジェルマンPSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得を熱望しているようだ。ベルギー代表MFエデン・アザール、同GKティボー・クルトワを獲得した時と同じ手法での引き抜きを画策しているとスペイン紙「マルカ」が報じた。

     ムバッペはPSG2022年までの契約を結んでいる。レアルの豪腕ペレス会長はムバッペ獲得に執心しているようで、チームの“ガラクティコ(銀河系軍団)化”に向けて、なんとしてでも引き抜こうと考えているという。

     そこで目論んでいるのが、ムバッペとPSGとの契約が残り1年となる2021年夏の移籍市場での獲得プランだ。過去にクルトワやアザールを獲得した際も、移籍金が落ちるこのタイミングを狙っており、同様の戦略でムバッペを迎え入れようとしているという。

     ただし、PSGクラブの至宝をそう簡単に手放すはずはなく、すでに契約延長を打診しているとも報じられている。レアルとしてはムバッペがこの契約延長に応じないことを願うばかりのようだ。記事では「彼の獲得は契約の状況次第」「ムバッペがPSGプレッシャーに反対することを願っている」などと報じられている。

     ムバッペ獲得というペレス会長の大いなる野望は実現するのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    ムバッペがレアルに行く可能性はあるのだろうか【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】レアル豪腕会長、仏代表FWムバッペ獲得を熱望 アザール補強と同手法で引き抜き画策】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    PSGで2シーズンにわたってプレーしたアウベス、パリの印象について言及

     昨季までフランス王者パリ・サンジェルマンPSG)で2シーズンプレーしたブラジル代表DFダニ・アウベスは、人種差別問題が話題になる昨今のサッカー界について、パリでの経験を語っている。母国ブラジルメディア「GQ」に対し、「パリは長く滞在すれば失望になる」と語った。

     アウベスはバルセロナで長年プレーした後に、イタリア王者ユベントスPSGと渡り歩いて、現在は母国の名門サンパウロプレーしている。2年間プレーしたパリの街について、サッカー界で近年の問題とされている人種差別についてこう語った。

    「観光で訪れて文化に触れるという意味では、パリは素晴らしく興味深い場所だ。だが、長く滞在すればそれはストレスに変わる。1週間の旅行なら人生の良い1ページだ。それが長くなると最後は失望になる。サンパウロに似ている部分もあるが、より多くの人種差別がある。私はあまりそういう経験がなかったが、友人たちの多くはその差別を受けた」

     パリは花の都とも称される世界的な都市だが、そこに2年間の生活を送ったアウベスにとっては差別的な部分が見え隠れするところの多い都市という印象が残っていると話した。気位が高いという“ステレオタイプ”で語られることの多いパリの住民だが、アウベスにとっては観光なら良いが住むには適さないという部分がその特色と感じられたと話す。

     一方でバルセロナについては「ブラジル人のような感じの人々が多く、良い時間を過ごした。伝統ある街でエネルギーがある。それに“マリーシア”のある感じの人々だが、私はそのほうが好きだからね」と、好印象が残っていることを話した。

     先日の欧州選手権の予選ではブルガリアイングランドの試合で2回にわたって人種差別的なチャントによる試合中断が起こるなど、サッカー界にとっては大きな課題になっている。(Football ZONE web編集部)

    PSG時代のダニエウ・アウヴェスの体験【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】D・アウベス、人種差別問題を巡りパリ経験談を告白 「長く滞在すればストレスに変わる」】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    キリアン・ムバッペ 写真提供: Gettyimages

     イタリア紙『トゥットスポルト』が主催するヨーロッパで最も活躍した21歳以下の選手へ送られるゴールデンボーイ賞候補の20名が15日に発表された。

     候補者にはレアル・マドリードブラジル代表FWビニシウス・ジュニオールバルセロナ16歳FWアンス・ファティ、昨年の受賞者ユベントスオランダ代表DFデ・リフトなどが選出された。

     今回発表された20名は以下の通り。

    ビニシウス・ジュニオールレアル・マドリード
    ロドリゴ・ゴエス(レアル・マドリード
    アンス・ファティ(バルセロナ
    ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリード
    イ・ガンイン(バレンシア
    フェラン・トーレスバレンシア
    アンドリー・ルニン(バジャドリード
    マタイス・デ・リフト(ユベントス
    ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン
    ニコロ・ザニオーロ(ローマ
    アルフォンソ・デイヴィス(バイエルン・ミュンヘン
    カイ・ハフェルツ (レバークーゼン
    デヤン・ヨヴェリッチ(フランクフルト
    ジェイドン・サンチョドルトムント
    フィルフォーデン(マンチェスター・シティ
    マテオ・ゲンドゥージ(アーセナル
    モイーズ・キーン(エバートン
    メイソン・マウントチェルシー
    ドニエル・マレン(PSV
    アーリング・ハーランド(ザルツブルク)

     そんな、20人の候補者の中に2017年に受賞したフランス代表FWキリアン・ムバッペの名前がないことに疑問に思った人もいるのではないだろうか。

     ムバッペがノミネートされていない理由を以前、この賞を監督するマッシモ・フランキ氏が以下のように説明している。

    マッシモ・フラン

    「この賞の“哲学”は毎年、新しい選手が受賞することだ。それは、2005年メッシ(当時18歳)が受賞してから始まったもの。彼はまだ十分に若かったが翌年以降も、2度目の受賞をすることはなかった。

    ムバッペは昨年、ゴールデンボーイ賞を手にしてから1ヶ月後に、バロンドールの投票で7位になった。彼はモナコリーグ優勝を1度経験しただけなのにだ。そして今年、パリ・サンジェルマンで活躍し、代表ではワールドカップで優勝した。いまや、バロンドール受賞の有力候補のひとりだろう。

    バロンドールに手が届きそうな選手が、今さらゴールデンボーイ賞に戻る必要はない。過去に、メッシルーニーがそうであったようにね。受賞の条件は満たしているため、ムバッペは候補には入った。規定上、2年連続の受賞もありえた話だが、それは大学を卒業した者が、わざわざまた入学して試験を受けるようなもの。彼はもう、次のレベルに進んだ」




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ゴールデンボーイ賞候補、レアルの神童ら20名が選出!ムバッペがいない理由は…?】の続きを読む

    このページのトップヘ