Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーグ1

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     パリ・サンジェルマンPSG)のMFアンデル・エレーラが欧州スーパーリーグ発表を受け自身のSNSコメントした。

     欧州スーパーリーグとは、欧州クラブ連盟(ECA)の主催によるもので、UEFA欧州サッカー連盟)主催のチャンピオンズリーグ(CL)に対抗するアイディアとして計画されたリーグ戦。アーセナルチェルシーリヴァプールマンチェスター・Cマンチェスター・Uトッテナムプレミアリーグの“ビッグ6”に加え、レアル・マドリードバルセロナアトレティコ・マドリードミランインテルユヴェントスの計12クラブが18日に参加を正式に表明した。

     同リーグ12クラブと、今後3クラブを加えた15クラブが創設クラブとなり、さらに5クラブを加えた計20クラブを2つのグループに分け、10チームずつでまずはホーム&アウェイリーグ戦を行われるという。

     これを受けて各国協会やUEFAは反対声明を発表。さらにはバイエルンドルトムントなどのドイツクラブも否定的な意見を出している。

     フットボール界が揺れるこの問題。エレーラは19日、自身のSNSを更新し自身の見解を示している。

    「好きで、応援していて、心の中にきめたチームが強いチームと対戦することを夢見る。そういうことに恋に落ちた。もし、この欧州スーパーリーグ計画が前進すれば、その夢は終わる。巨大ではないチームファンが最高の大会で戦い、勝利するというファンの想いも終わる」

    サッカーを愛しているからこそこの件に沈黙を貫き通すのは無理だった。CLが改善されることを信じている。けど人類史の中で、地球上で最も美しいスポーツを金持ちが盗むことには反対だ」

    エレーラがSNSで反対表明 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】PSGのMFエレーラがスーパーリーグに反対表明「サッカーを愛しているからこそ…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    リーグアン第33節、マルセイユ対ロリアン戦に酒井宏樹が先発出場した。

    ドゥエ・チャレタ=ツァルとアルバロ・ゴンサレスCB2人が出場停止のため、3バックの左で起用された酒井。後半アディショナルタイムに勝ち越したマルセイユが3-2で勝利した一戦にフル出場した。

    先日の3バック起用の際には高評価を得た酒井だが、この日は厳しい評価に。

    『footmercato』では、酒井に両チームで最も低い2.5点という評価を与えていた。「通常は右SBの彼はCBで起用された。テレム・モフィにゴールを許したシーンですぐに弱点を露呈。70分に再びモフィにやられた。この日本代表は試合中ずっと問題だった」というのがその理由。ただ、2失点目はフロリアン・トヴァンの酷いパスミスからカウンターを浴びる形だったのだが。

    この日のマルセイユは1点をリードされて迎えたハーフタイムに3バックの一角だったリュカ・ペランを下げて、ブラジル人アタッカーのルイス・エンヒキを投入。エンヒキを左に入れて、前半は左サイドだったトヴァンを右に移すなど配置転換を行った。

    【動画】もはや親友!酒井宏樹とトヴァンの仲良しシーン

    試合後の会見で「前半の選手選考を悔いているか?」と聞かれたホルヘ・サンパオリ監督は「そうだ、私が決断を間違えた。(右の)ポル・リロラと(左の)トヴァンで深さを作るのがスタメンの狙いだった。選手選考でのミスは全て私の責任だ。後半にそれを修正しようとした」と説明していたとのこと。

    酒井宏樹、またマルセイユで3バック起用も…現地は酷評


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】酒井宏樹、またマルセイユで3バック起用も…現地は酷評】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    ミランリヨンオランダ代表FWメンフィス・デパイ(27)の獲得を目指しているようだ。イタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』が報じた。

    シーズンに向けて新たなストライカーの獲得を目指しているミランスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチとの契約延長は行われる見通しだが、新たな選手の獲得を目指している。

    ジェノアのFWジャンルカ・スカマッカ、トリノのFWアンドレア・ベロッティ、フィオレンティーナのFWドゥシャン・ヴラホビッチPSVのFWドニエル・マレンなどが候補として挙がっている中、デパイの獲得も目指しているようだ。

    デパイは、昨夏の移籍市場でオランダ代表の指揮官でもあったロナルド・クーマン監督率いるバルセロナへの移籍が取り沙汰されたが、最終的にはリヨンに残留。今シーズン限りで契約が満了を迎えることもあり、多くのクラブが興味を持っている1人だ。

    『コリエレ・デッラ・セーラ』によれば、ミランの首脳陣は理想的な補強選手として長い間デパイを追いかけていたとのこと。バルセロナユベントスライバルとなるとのことだ。

    これまでPSVマンチェスター・ユナイテッドプレーしたデパイは、2017年1月にリヨンへと完全移籍。これまで公式戦172試合に出場し72ゴール52アシストを記録している。

    シーズンリーグ・アンで32試合に出場し16ゴール9アシストを記録。果たして、来季はどこのユニフォームを着ているだろうか。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】今季限りで契約満了のデパイ、ミランが獲得を目指す?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     リーグ・アン第33節が18日に行われ、2位パリ・サンジェルマンPSG)と13位サンテティエンヌが対戦した。

     PSGは13日のチャンピオンズリーグ準々決勝バイエルン戦から中4日ネイマールやレアンドロ・パレデス、イドリッサ・ゲイェはサスペンションのために欠場し、ケイラー・ナバスやマルキーニョスらも負傷のためメンバーから外れた。

     PSGは29分、ゴールから約25メートル離れた位置でフリーキックを獲得し、パブロ・サラビアがキッカーを担当。左足でゴール右隅を狙ったが、シュートポストに直撃する。サンテティエンヌは32分、後方からのロングフィードに抜け出したワフビ・ハズリがネットを揺らしたが、オフサイドでノーゴールに。前半はスコアレスで折り返した。

     後半に入ってもこう着状態が続くなか、先手を奪ったのはサンテティエンヌだった。78分、左サイドからミゲル・トラウコがゴール前でバウンドする高速のクロスを送ると、飛び込んだデニス・ブアンガが押し込んだ。しかし、PSGもすぐに試合を振り出しに戻す。アンデル・エレーラがハーフウェーライン付近から正確なえロングフィードを供給すると、抜け出したキリアン・エンバペは巧みなトラップから右足で流し込んだ。

     PSGは86分、アンヘル・ディ・マリアスルーパスに抜け出したエンバペが相手GKエティエンヌ・グリーンに倒されてPKを獲得する。キッカーをエンバペ自ら務めると、ゴール左下隅に突き刺して逆転の1点をもたらした。

     すると後半アディショナルタイム2分、サンテティエンヌが同点に追いつく。ブアンガが左サイドから中央に切り込んでミドルシュートを放つと、相手GKセルヒオ・リコはキャッチできない。こぼれ球をロマン・アムマが押し込んだ。

     だが、最後に笑ったのはPSGだった。試合終了間際の後半アディショナルタイム5分、ディ・マリアが右サイドで相手をはがし、左足でゴールに向かうクロスを供給。これをファーサイドマウロ・イカルディが頭で押し込んだ。

     試合はこのまま終了。PSGリーグ戦2連勝となり、今節引き分けた首位リールとの勝ち点差を「1」に縮めた。サンテティエンヌは3試合ぶりの黒星となった。

     PSGの次戦は21日に行われ、クープ・ドゥ・フランス準々決勝でアンジェと対戦する。また、24日にはリーグ・アン第34節でメスと対戦する。サンテティエンヌは次節、24日にブレストと対戦する。

    スコア
    パリ・サンジェルマン 3-2 サンテティエンヌ

    【得点者】
    0-1 78分 デニス・ブアンガ(サンテティエンヌ)
    1-1 79分 キリアン・エンバペPSG
    2-1 87分 キリアン・エンバペPSG
    2-2 90+2分 ロマン・アムマ(サンテティエンヌ)
    3-2 90+5分 マウロ・イカルディPSG

    PSGがサンテティエンヌとの打ち合いを制す [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】イカルディが劇的決勝点! エンバペ2発のPSG、サンテティエンヌとの打ち合い制す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    ネイマールキリアン・エムバペとの契約延長を狙うPSGだが、元所属選手を連れ戻すことも計画しているようだ。

    『Le Parisien』によれば、トッテナムに所属するコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエの再獲得を準備しているとか。

    彼は2014年2017年までPSGに所属し、81試合に出場している。マウリシオ・ポチェッティーノ監督はスパーズで彼を指導しているほか、レオナルドSDらPSG幹部もゴーサインを出しているとのこと。

    【動画】オーリエが体を張って阻止!ソン・フンミンと味方のガチ喧嘩シーン

    PSGは昨夏の移籍市場でもオーリエを補強リストに載せていたとか。彼とスパーズとの契約は2022年までとなっているが…。

    PSG、オーリエ奪還を計画


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】PSG、オーリエ奪還を計画】の続きを読む

    このページのトップヘ