Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 それ以外にも、芸能やネットニュース、ギャンブルetcなどまとめています。 覗いてください。

    カテゴリ:


    アグエロがマンCで6度目のハット! 驚異の決定率68%、ペップも「レジェンド」と絶賛 



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web

     

    ワトフォード戦で3得点1アシストと大暴れ、6-0の大勝に貢献

     

     マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、16日に6-0で大勝した敵地ワトフォード戦でハットトリックを決めた。クラブ歴代最多得点記録の更新にあと「2」と迫り、ペップことジョゼップ・グアルディオラ監督からはすでに「レジェンド」の称号を与えられた。英公共放送「BBC」が報じている。

     

     アグエロは前半27分に、左サイドからのMFケビン・デ・ブライネのFKに頭で合わせて試合の均衡を破るゴールをゲット。同31分にMFダビド・シルバのラストパスから追加点も奪った。同31分にはスルーパスでFWガブリエル・ジェズスのゴールもお膳立てし、前半から大車輪の働きを見せた。

     

     4-0で迎えた後半36分、アグエロは右サイドからスピードに乗ったドリブルでDF4人を抜き去り、右足のシュートでハットトリックを達成。終了間際にはFWラヒーム・スターリングが自ら倒されて得たPKで、シティは6-0として試合を完結させた。

     

     3得点1アシストの活躍を見せたアグエロについて、指揮官のペップは「彼はレジェンドで、クラブの歴史の一部だ。彼の残した数字が物語っている。彼はアメージングだ」と大絶賛した。

     

     

     

    マンC通算175得点、クラブ記録に「2」と迫る

     

     アグエロはシティ加入後、通算6度目のハットトリックで、クラブ通算得点を「175」に伸ばした。出場は259試合で約68%という驚異的な決定率を記録している。クラブ歴代最多得点者は1928年から1940年にかけてプレーしたエリック・ブルック氏の177得点で、アグエロは記録にあと「2」に迫った。今季公式戦6試合6得点とハイペースでゴールを決めており、今季中の記録更新は間違いなさそうだ。

     

     アグエロがクラブの歴史を塗り替え、名実ともに「レジェンド」の称号を手にする日も近い。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【アグエロがマンCで6度目のハット! 驚異の決定率68%、ペップも「レジェンド」と絶賛】の続きを読む


    コウチーニョ、マンC戦は欠場へ…指揮官が明言「外すことに決めた」 | ニコニコニュース



    クロップ監督がコウチーニョのマンC戦欠場を明言した [写真]=Liverpool FC via Getty Images
    サッカーキング

     9日に行われるプレミアリーグ第4節で、リヴァプールは敵地でのマンチェスター・C戦に臨む。この試合を前に、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督がブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの欠場を明言した。

     今夏の移籍市場でバルセロナへの移籍が取り沙汰され、注目の的となったコウチーニョ。今シーズンは背中の負傷や病気が理由で未だ公式戦に出場していないが、先日行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選ではブラジル代表として2試合に途中出場していた。そしてこの度、同選手は代表での活動を終えてリヴァプールに“帰還”。トレーニングでは笑顔も見られ、一部では今週末の試合出場も予想されたが、クロップ監督は起用を見送るようだ。

     8日付のイギリスメディア『BBC』は、クロップ監督の前日記者会見でのコメントを掲載。同監督は「彼をマンチェスター・C戦のスカッドから外すことに決めた。だから、我々は追加でトレーニングを行うことができる。彼も認めているよ」と述べ、試合の招集メンバーに含めないことを明かした。

     さらに同監督は「マンチェスター・C戦で彼は15分あるいは20分プレーできるかもしれなかった。もしかしたらそれ以上かもしれなかったね。でもそれは彼をスカッドから外すうえで理に適っていると思う」とコメント。現状を考えれば適切な判断だとしている。

     マンチェスター・Cの本拠地エティハド・スタジアムで行われるこの試合は、12時30分(日本時間20時30分)にキックオフを迎える。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【コウチーニョ、マンC戦は欠場へ…指揮官が明言「外すことに決めた」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    バルサの新星アレニャ、契約延長にサイン…契約解除金は約97億円 | ニコニコニュース



    バルセロナ期待の若手選手アレニャが契約延長にサイン [写真]=Icon Sportswire via Getty Images
    サッカーキング

     バルセロナは6日、バルセロナBに所属するU-19スペイン代表カルレス・アレニャが新契約にサインしたと発表した。

     6月にも契約延長の合意が発表されていたが、今回のサインによって新契約が発効される模様。契約期間は3年で、トップチームに昇格するとさらに2年間延長される。また契約解除金は7500万ユーロ(約97億円)に設定された。

     現在19歳のアレニャは7歳の時からバルセロナに所属している。昨シーズンはバルセロナBの主力として29試合に出場、3ゴール7アシストの活躍で2部昇格に貢献した。2016年11月30日にはコパ・デル・レイのエルクレス戦でトップチームデビューを飾り、その試合でゴールも決めている。今シーズンのプレシーズンツアーでもトップチームに帯同するなど、バルセロナで最も期待されている選手の1人。

     アレニャは公式サイトで「人生で最も幸せな日の1つ」と喜び、「これはただの始まりです。僕の夢はレギュラーになってタイトル獲得の手助けをすること。信頼してくれているクラブに恩返しができるよう全力を捧げます」とバルセロナでの成功を誓った。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【バルサの新星アレニャ、契約延長にサイン…契約解除金は約97億円 | ニコニコニュース】の続きを読む


    ビジャ、3年ぶりの代表戦出場で…史上2人目の“ある記録”を達成 | ニコニコニュース



    3年ぶりに代表戦出場を果たしたビジャ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     ニューヨーク・シティ所属のスペイン代表FWダビド・ビジャがスペイン代表として3年ぶりの出場を果たしたことで、“ある記録”を達成したようだ。3日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

     ビジャは2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選のグループG第7節イタリア戦に90分から出場。短い出場時間でゴールこそ奪えなかったが、2014年6月23日に行われたブラジル・ワールドカップのグループリーグ最終節オーストラリア戦以来、代表通算98試合目の出場を果たした。

     2005年2月9日に行われたサンマリノ戦でA代表デビューを果たしたビジャはこれで、サラゴサ、バレンシア、バルセロナ、アトレティコ・マドリード、そしてニューヨーク・シティという異なる5つのクラブに所属しながらスペイン代表でプレーしたことになる。同紙によると、1997年から2年間にわたって横浜マリノス(現横浜F・マリノス)でプレーした“元J戦士”のFWフリオ・サリナス氏に次いで、史上2人目の快挙になるという。

     なお、同氏はアスレティック・ビルバオ、アトレティコ・マドリード、バルセロナ、デポルティーボ、そしてスポルティング・ヒホンに在籍していた当時にスペイン代表でプレー。上記5クラブはすべてスペイン国内のクラブであり、海外クラブが含まれるビジャは新たな記録を打ち立てたとも言える。

     5日のリヒテンシュタイン戦では、自らが持つ代表最多得点記録(59ゴール)の更新も期待されたビジャ。しかし、イタリア戦の翌日の練習中に内転筋を負傷し、スペイン代表からの離脱が発表された。ファンにとっては残念なニュースだが、来年のワールドカップ本大会出場の可能性も残されており、今後の活躍から目が離せない。

    (記事/Footmedia)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ビジャ、3年ぶりの代表戦出場で…史上2人目の“ある記録”を達成 | ニコニコニュース】の続きを読む


    ブラジル、A・サンドロとジェメルソンを追加招集…次節は2位コロンビアと対戦 | ニコニコニュース



    ブラジル代表に追加招集されたA・サンドロとジェメルソン [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     ブラジルサッカー連盟(CBF)は2日、ブラジル代表にアレックス・サンドロ(ユヴェントス)とジェメルソン(モナコ)を追加招集するとを発表した。

     ブラジルは8月31日に行なわれた南米予選第15節でエクアドル代表と対戦。パウリーニョとフィリペ・コウチーニョの得点で勝利したものの、ミランダが負傷退場し、チアゴ・シウヴァと交代。また、同試合でマルセロが警告を受けたため、次節が出場停止となっていた。

     南米予選首位のブラジルは次節、敵地で2位のコロンビア代表と対戦する。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ブラジル、A・サンドロとジェメルソンを追加招集…次節は2位コロンビアと対戦 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ