Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    プレミアリーグ第28節、アーセナルトッテナムによるダービーが、日本時間14日25:30にエミレーツ・スタジアムでキックオフされる。トップ4争いにギリギリ食い込む両チームが激突する今季2度目のノースロンドンダービー

    現在、10位のアーセナル(勝ち点38)は昨年末から今年1月にかけて復調気配を漂わせたが、2月以降は2勝3敗1分けと再び調子は下降線を辿っている。前節のバーンリー戦では試合を通して主導権を握ったものの、MFジャカの自陣ボックス内での痛恨ミスが響き1-1のドローに終わった。

    1試合未消化ながらチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位チェルシー(勝ち点50)との勝ち点差は12ポイントと、残り試合を考えれば、勝ち点逸が即トップ4争いからの脱落を意味する崖っぷちの状況だ。直近のヨーロッパリーグ(EL)ではオリンピアコス相手にMFウーデゴール、MFエルネニーの鮮烈ミドルシュートなどで3-1の勝利を収めているが、同試合でもMFセバージョスの不用意なロストから失点を喫しており、今回の大一番ではより完璧な戦いが求められる。

    対する7位のトッテナム(勝ち点45)は、1月下旬から2月中旬までにかけてのリーグ6試合で1勝5敗と泥沼の不振に陥り、一時はモウリーニョ監督の解任騒動まで発展。それでも、開幕から精彩を欠いていたFWベイルの復調に伴い課題の得点力が改善されると、バーンリー、フルアム、クリスタル・パレスという格下との連戦で見事に3連勝。再びトップ4レースの主役の一角に返り咲いた。

    ただ、直近のELディナモ・ザグレブ戦を含め、公式戦5連勝中の相手はいずれも力の劣る相手だけに、プレミアリーグ上位勢相手に6連敗中の中で臨む今回のダービーでは真価が試される。

    なお、昨年12月初旬にトッテナム・ホットスパースタジアムで開催された前回対戦ではホームトッテナムがFWソン・フンミン、FWケインの両エース揃い踏みの活躍により、2-0の完勝。また、トッテナムは直近のリーグダービーで2勝2分けの4戦無敗と強さを見せているが、ダービーでのシーズンダブルは1992-93シーズンが最後となっており、今回の一戦では28年ぶりのダブルを目指すことになる。

    両者は共に中2日での対戦となるが、ELの日程決定時にはひと悶着があった。当初はアーセナルトッテナム共に1stレグをアウェイで戦う予定だったが、セキュリティー上の問題によって同一都市(ロンドン)での同日開催を認めないというUEFAの規則に従い、国内カップ王者のアーセナルが優遇される形で2ndレグをホームで戦い、トッテナム1stレグをホームで戦う形に変更。

    これにより、重要なダービーを前にギリシャへの長距離移動を強いられることになったアルテタ監督が公平性を欠くとの不満を口に。そのため、両者のコンディション面にもより注目が集まるところだ。

    アーセナル
    【4-2-3-1】
    アーセナル予想スタメン

    (C)CWS Brains,LTD.

    GK:レノ
    DF:セドリックダビド・ルイスパブロ・マリ、ティアニー
    MF:トーマス、ジャカ
    MF:サカ、ウーデゴール、ウィリアン
    FW:オーバメヤン

    負傷者:なし
    出場停止者:なし

    出場停止者はいない。負傷者に関しても主力に離脱者はおらず、全選手が起用可能な状況だ。

    スタメンに関しては直近のオリンピアコス戦をベースに幾つかのポジションメンバーの入れ替えも想定される。最終ラインでは左サイドバックティアニーのスタメンは確実も、右サイドバックはDFベジェリン、DFチャンバースセンターバックはDFガブリエウ、DFホールディングにもチャンスがある。

    中盤ではパフォーマンスが上がり切らないMFトーマスに代わってMFエルネニー、2列目ではMFウィリアンに代わってMFスミス・ロウ、FWペペの起用もありそうだ。

    トッテナム
    【4-2-3-1】
    トッテナム予想スタメン
    (C)CWS Brains,LTD.

    GK:ロリス
    DF:オーリエ、D・サンチェス、アルデルヴァイレルト、レギロン
    MF:エンドンベレ、ホイビュルク
    MF:ベイルルーカス・モウラ、ソン・フンミン
    FW:ケイン

    負傷者:MFロ・チェルソ、FWケイン
    出場停止者:なし

    出場停止者はいない。負傷者に関しては引き続きロ・チェルソが欠場となり、直近のディナモ・ザグレブ戦でヒザに打撲を負ったケインに関しても状態次第でベンチスタートの可能性がある。

    スタメンに関しては4-1で快勝した前節のパレス戦をベースにMFウィンクスポジションにMFエンドンベレが復帰する見込み。その他では直近の公式戦2試合でいずれも好パフォーマンスを見せたDFドハーティとDFオーリエの右サイドバックの争い、同じくディナモ・ザグレブ戦で早めにベンチに下がったMFラメラのスタートからの起用の可能性もありそうだ。

    ★注目選手
    アーセナル:FWピエール=エメリク・オーバメヤン

    アーセナルの注目プレーヤーエースオーバメヤン。昨年9月にクラブとの新契約にサインクラブ最高給を手にした31歳だが、前最高給受給者のエジルの道を辿るように、以降はパフォーマンスが急低下。アルテタ監督の下で定まらない起用法の影響はあったものの、個での打開力、決定力を欠くなど、限界説も一部で報じられた。

    それでも、24節のリーズ戦でのプレミアハットトリックキッカケに本来のパフォーマンスを取り戻し始めると、EL前ラウンドのベンフィカ戦ではチームを逆転突破に導くエースの仕事を披露。前節のバーンリー戦でも1ゴールを挙げ、FWラカゼットに並ぶチームトップの今季リーグ戦9ゴール目を記録。ここ最近、右サイドでの起用が増えたサカやトップ下のウーデゴールとの関係性も良くなっており、残り試合での本領発揮が期待されるところだ。

    ノースロンドンダービーでは通算6試合で3ゴールとまずまずの数字を残しているが、2018-19シーズンの対戦では1-1の後半終了間際に得たPKを相手守護神ロリスに止められるなど、イメージはあまりよくない。さらに、今シーズンに関してはビッグマッチで試合から消える場面が目立っており、アーセナルダービーで久々の勝利を得るためにはエースが勝負強さを発揮する必要がある。

    トッテナム:FWガレス・ベイル

    トッテナムの注目プレーヤーは8年ぶりのダービーに臨むベイル。近年不遇をかこったレアル・マドリーを離れ、7年ぶりの古巣帰還を果たした31歳は、ソン・フンミン、ケインの両エースと共に強力トリデンテを形成することが期待された。しかし、加入前に負ったケガやマドリー時代終盤のベンチ生活の長さによって失ったマッチフィットネスを取り戻すのに苦戦し、プレミアリーグでは今年2月半ばまでほとんど試合に絡むことができず。

    それでも、ポルトガル指揮官の慎重な起用法、叱咤激励によって徐々に本来のパフォーマンスを取り戻し始めた元スパーズのエースマンチェスター・シティウェストハムとの上位連戦での途中出場で復活の兆しを見せると、いずれもスタメン出場したバーンリー、パレスとの直近2試合では4ゴール1アシストの大暴れ。卓越した左足のキック精度を生かしたパスで、今季は味方を“使う”場面が多いケインを“使われる”側として生かせば、持ち味の得点感覚を武器に第3のフィニッシャーとしての存在感も光る。

    自身にとって2013年3月以来となるダービーでは今季14ゴールに関与し、プレミアリーグ最強のデュオの称号を獲得したソン・フンミン、ケインと共に相手守備を粉砕する働きが求められる。対アーセナルでは10戦5ゴール1アシストと相性は良く、直近の出場試合では2戦連発中と決定的な仕事も期待される。

    チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
    無料トライアルも実施中!
    >>無料トライアルはこちら
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】今季2度目のNLダービー! スパーズの28年ぶりダブルか、ガナーズの5戦ぶり勝利か?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



     レアル・マドリードパリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・エンバペの獲得に関心を示している。13日にスペイン紙『アス』が報じた。

     エンバペの現行契約は2022年6月で満了する。新契約締結を図ろうと動いているPSGだが、仮に契約延長が見込めない場合は、来夏の移籍市場での売却が最適解となることが予想される。

     同紙によると、レアル・マドリードエンバペ獲得に向けて主力6選手の売却を図る模様だ。現在同クラブに所属するスペイン代表MFイスコブラジル代表DFマルセロ、そしてセルビア代表FWルカ・ヨヴィッチである。

     その他にも、現在レンタル移籍でクラブを離れているトッテナムウェールズ代表FWギャレス・ベイルアーセナルスペイン人MFダニ・セバージョス、ミランスペインU-21代表MFブラヒム・ディアスの合わせて6選手を売却し、資金調達を行う模様だ。

     果たしてエンバペレアル・マドリード移籍は実現するのであろうか。

    レアル・マドリードはエンバペの獲得に関心を示している [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】レアル、エンバペ獲得に本腰か…今夏に主力6選手を売却し資金調達へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



     レアル・マドリードマンチェスター・Cに所属するイングランド代表MFフィルフォーデンの獲得に関心を示している。26日にイギリス紙『ミラー』が報じた。

     フォーデンは今シーズンマンチェスター・Cでの起用頻度に不満を抱いている模様だ。同選手はリーグ戦出場が10試合となっており、その内先発起用されたのはわずか5試合と出場数に限りがある。

     同紙によるとレアル・マドリードが同選手の獲得に関心を示しており、今冬の移籍市場で獲得に動くようだ。同クラブフォーデンに対して出場機会を提供することを確約することで、獲得に大きく前進できると考えているという。果たしてフォーデンのキャリア初となるスペイン移籍は実現するのであろうか。

    レアル・マドリードはフォーデンの獲得に関心を示している [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】起用頻度に不満のフォーデン、今冬にマンC退団? レアルが獲得に興味】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    ラ・リーガ第12節、カディスvsバルセロナが5日に行われ、ホームカディスが2-1で勝利した。

    バルセロナ(勝ち点14)は前節、オサスナを相手にFWメッシの英雄ディエゴ・マラドーナに捧げるゴラッソなど4-0の大勝で7位に浮上。また、主力を温存したチャンピオンズリーグ(CL)のフェレンツヴァローシュ戦も復調気配漂うグリーズマン、ブラーヴァイトの公式戦3連発で3-0の完勝を収め、今季CL唯一の5連勝を達成した。

    そして、久々の連勝を目指す今節は6位のカディス(勝ち点15)と対峙。上位相手に強さを見せる曲者との一戦ではフェレンツヴァローシュ戦で温存したGKテア・シュテーゲン、コウチーニョ、メッシが復帰。さらに、オサスナ戦からはペドリに代わってブスケッツがデ・ヨングの相棒として起用された。
    やや様子見の入りとなったバルセロナは不運な形から早々にビハインドを背負うことに。8分、カディスの左CKの場面でニアのファリが頭でフリックしたボールをDFミンゲサがクリアを試みると、これがゴール右隅に向かう。GKテア・シュテーゲンが何とかはじき出すも、こぼれ球をアルバロに押し込まれた。

    この失点を受けてすぐさま反撃に転じるバルセロナは17分、メッシの絶妙なスルーパスに抜け出したブラーヴァイトがボックス右から右足を振り抜くが、ここは相手GKレデスマの好守に遭う。

    その後も相手を完全に押し込んでいく中、26分にはペナルティアーク付近でメッシが得たFKを自ら狙うが、ここはGKのセーブに遭う。前半終盤にかけても中央を徹底的に締める相手を何とか引き出そうと、細かいパスの出し入れを試みるが、ブラーヴァイトの決定機以降、相手を崩す形を作れなかった。

    迎えた後半、ミンゲサ、コウチーニョに代えてペドリ、デンbレをハーフタイム明けに投入したバルセロナは、デ・ヨングがセンターバックポジションを下げる。

    そして、立ち上がりから前がかって攻勢を仕掛けるが、逆に手薄な最終ラインの背後を突かれて危険なカウンターを幾度も浴びる。それでも、57分にはボックス左でのメッシの見事なボールキープからオーバーラップするジョルディ・アルバに短いスルーパスが通ると、アルバクロスがDFアルカラに当たって大きくコースが変わり、GKレデスマの反応の逆を突く形でニアサイドに決まった。

    後半の早い時間帯に追いついたバルセロナだが、信じがたいミスで再び勝ち越しを許す。63分、自陣左サイド深くのスローインの場面でアルバが自軍ゴール方向にボールを下げると、DFラングレがGKテア・シュテーゲンに直接蹴らそうとしたのか、見送ってしまう。これに猛然とプレッシャーをかけた途中出場のネグレドにクリアブロックされ、必死の戻りを見せたデ・ヨングもかわされて無人のゴールに流し込まれた。

    この自滅により、逆転に向けてより多くのパワーが必要となった中、73分にはブスケッツの絶妙なラストパスに反応したデストがゴール前に抜け出すが、右足のシュートアウトにかかり過ぎて枠の左に外れる。

    その後、78分にはデストとブスケッツを下げてトリンコン、ピャニッチをピッチに送り込み、なりふり構わない猛攻に打って出る。84分と86分にはボックス内でメッシ、ピャニッチに絶好機が訪れたが、いずれのシュートも相手GKレデスマビッグセーブに阻まれた。

    そして、試合終盤にかけても勝ち点奪取を狙い決死の攻撃を続けたバルセロナだったが、最後までカディスの堅守をこじ開けることはできず。

    この結果、レアル・マドリーに続きカディスに金星を献上したバルセロナは、早くも今季4敗目となった。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】マドリーに続きカディスに金星献上のバルサが今季4敗目…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    バイエルンドイツ代表MFヨシュア・キミッヒが手術を受けたようだ。

    キミッヒは7日に敵地で行われたブンデスリーガ第7節のドルトムント戦に先発したが、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドタックルを仕掛けた34分の場面で右ヒザを負傷。36分にピッチを後にした。

    シーズンの大半を棒に振る大ケガも予想されたキミッヒだが、最悪の事態は回避した模様。バイエルンが8日に発表したところによれば、8日夜に外側半月板の手術が無事成功して、来年1月中の復帰見込みだという。

    バイエルンスポーツディレクター(SD)を務めるハサン・サリハミジッチ氏は「ヨシュアを数週間後に起用可能できそうな見通しを嬉しく思っている。彼のリハビリをしっかりとサポートしていく」と話している。

    強烈なタレントが集うバイエルンでしっかりと定位置を掴むキミッヒは今季のここまで公式戦11試合に出場。3得点7アシストを記録している。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】バイエルン、キミッヒの半月板手術成功を報告 来年1月中の復帰見込み】の続きを読む

    このページのトップヘ