Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イタリア



    (出典 www.soccer-king.jp)



     チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、4日に逝去したフィオレンティーナのイタリア代表DFダヴィデ・アストーリに哀悼の意を述べた。イタリアメディア『tuttomercatoweb.com』が4日に報じている。

     同日行われたプレミアリーグ第29節のマンチェスター・C戦を前に、イタリア代表時代の教え子であるアストーリの死を知ったコンテ監督。試合前には、敵将のジョゼップ・グアルディオラ監督とアストーリの死を悼み、お互いが抱擁する場面も見られた。

     コンテ監督はアストーリの死を受けて「これは悲しいことだ。あまりにも辛い知らせだね。今この場で、ダヴィデの死についてコメントすることは難しい。代表チームでも戦った選手で、偉大な選手だったが、人間的にも素晴らしい男だった。私は家族に寄り添うよ。彼は31歳という若さで亡くなってしまった。この状況を彼の妻、両親、そして娘さんに説明するのは本当に辛いものだ」と直接指導したこともある教え子の急逝にコンテ監督は肩を落として悲しみのコメントを残している。

    アストーリをイタリア代表時代に指導していたコンテ監督  [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【チェルシーのコンテ監督、伊代表での教え子アストーリの死に落胆…】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 数の子 ★ :2018/03/04(日) 20:44:37.24 ID:CAP_USER9.net

    3/4(日) 20:38配信 フットボールチャンネル
     フィオレンティーナのキャプテンを務めていたイタリア代表DFダビデ・アストーリが急死したことが4日にクラブから発表された。31歳だった。

     フィオレンティーナは4日にウディネーゼとのアウェイゲームを戦うため、選手たちはウディネのホテルに宿泊していた。イタリア複数メディアの報道によれば、アストーリはホテルの部屋で亡くなっているのが発見されたとのことだ。

     死因など詳細は明らかにされていない。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、「おそらく睡眠中に心臓・循環器系の発作により亡くなったのだろう」との見方を伝えている。

     これにより、ウディネーゼとフィオレンティーナの試合は延期が決定された。また、アストーリの古巣であるカリアリがジェノアとの対戦を予定していた試合も延期される。

     ミラン下部組織出身のアストーリは、下部リーグへのレンタルを経て2008年にミランからカリアリへ移籍。2014/15シーズンにローマへレンタルされたあと、2015年からフィオレンティーナに加入していた。今季はフィオレンティーナのキャプテンを務めていた。

     2011年にはイタリア代表にもデビューし、通算14試合に出場。昨年11月に行われたロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフのスウェーデン戦にも招集された現役代表選手だった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180304-00259092-footballc-socc


    【【激震…】現役イタリア代表が急死。フィオレンティーナ主将の31歳DF、イタリアサッカー界に衝撃…】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    ディ・ビアッジョ暫定監督は招集の旨を明かすも、関係者・ファンから賛同を得られず

     イタリア代表は今年6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)の出場権を逃し、3月の国際Aマッチウィークが仕切り直しの機会になる。しかし、ルイジ・ディ・ビアッジョ暫定監督は40歳のGKジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)を2、3試合に招集すると発言している。

     イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、物議を呼んでいるベテランGK招集の賛否を問うアンケートを実施。出題から4時間ほどで1200を超える投票が集まり、そのうち85パーセントが「NO」と回答する事態になった。

     ブッフォンやMFダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)といったベテランの再招集については、2006年ドイツW杯優勝メンバーで現在は広州恒大の監督を務めるファビオ・カンナバーロ氏が「いい加減にした方がいい」と厳しく批判。サッカー関係者から否定的な見解が相次いでいる。しかし、このタイミングでベテランに頼ることにはファンの間でも賛同を得られていない模様だ。

     イタリアは3月にイングランド、アルゼンチンとロシアW杯で優勝候補に名を連ねる強豪と対戦する。両国にとっても本大会前の重要なタイミングでマッチメークが実現する点では、60年ぶりにW杯出場を逃したといえど伝統の強豪国イタリアのブランドは地に落ち切っているとは言えないだろう。

    ドンナルンマら次代の経験の場を優先すべき!?

     ブッフォン自身は招集に応じる意向だと報じられているが、イタリアにはACミランのGKジャンルイジ・ドンナルンマや、ジェノアのGKマッティア・ペリンなど次世代を担うに足るGKは次々に現れている。

     2020年の欧州選手権に向けた予選を突破すること、本大会で復権を印象付けるだけの成績を残すことが向こう2年間の命題となるなかで、若手から貴重な経験の場を奪うような判断は国民の支持を得られていないようだ。

     もちろん、ブッフォン招集と試合に起用することは別問題だが、ディ・ビアッジョ暫定監督の判断にはすでに否定的な見解が渦巻いてしまっている。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

    揺れるイタリア代表、GKブッフォンの招集に否定的見解 ファンの85%が「NO」判定


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【賛否】揺れるイタリア代表、GKブッフォンの招集に否定的見解 ファンの85%が「NO」 …】の続きを読む



    (出典 nordot-res.cloudinary.com)



    1 Egg ★ :2018/02/28(水) 12:41:57.86 ID:CAP_USER9.net

    サッカーイタリア代表で、歴代最多の175試合にわたってゴールマウスを守ったレジェンドのジャンルイジ・ブッフォン(Gianluigi Buffon)が、正式に代表復帰を表明し、3月に行われるイングランド代表、アルゼンチン代表との親善試合に向けた代表召集に応じる意向を示した。

     イタリアは2017年末、W杯ロシア大会(2018 World Cup)欧州予選のプレーオフでスウェーデンに敗れ、60年ぶりに本大会出場を逃した。

     これを受けて、ブッフォンもいったんは代表でのキャリアに幕を下ろすことを決めたが、暫定監督を務めるルイジ・ディ・ビアジョ(Luigi Di Biagio)氏が26日、アルゼンチン戦とイングランド戦に向けてブッフォンを召集する用意があると話していた。イタリアは3月23日にマンチェスターでアルゼンチンと、27日にロンドンでイングランドと対戦する。

     そしてこの日、ブッフォンは伊テレビ局のサッカー番組で「元々は家族と何日か休暇へ出かけようと思っていたが、代表チームから必要とされれば、誰だってはせ参じないわけにはいかないし、無視することはできない」と話した。

    「ディ・ビアジョの言葉につけ加えることは何もない。ただ、この若返りの時期に、代表チームに抱くべき責任と忠誠を感じていることは言っておく。繰り返すが、これは代表への忠誠心と責任感を示す方法だ」

    「今は新しい代表が生まれつつあるときで、最初の数試合はなかなかうまくいかないだろう。何しろ相手はアルゼンチンとイングランドだ。であれば、最初は経験ある選手が力になれると思う。ただ若手にアドバイスするだけでもいい」

     現在40歳のブッフォンは、20年にわたってアッズーリ(イタリア代表)の守護神を務め、2006年のW杯ドイツ大会(2006 World Cup)では優勝を果たすなど、輝かしい実績を残した代表キャリアで同国史上最多の175試合に出場した。今回の予選では、史上最多6回目のW杯本大会出場を目指していた。

     所属するユベントス(Juventus)で主将を務めるブッフォンは、以前から今季限りでの現役引退も示唆しているが、そちらについては追って最終的な判断を発表すると話している。

    「今やらなければならないのは、シーズン終盤に集中することだけだ。一つ言えるのは、どんな選択をしようと、クラブとともに、自分で確信の持てる、心から納得のいく決断をするということだ。そのときが来れば発表する。今はシーズンの途中だし、そちらにしっかり集中しなければならない」

     セリエAを6連覇中のユベントスは現在リーグ2位で、イタリア杯(Italian Cup 2017-18)も勝ち残っている。欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2017-18)も16強入りを果たし、3月7日には敵地でトッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)との決勝トーナメント1回戦第2戦に臨む

    28日(水) 10:29配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000013-jij_afp-socc


    【【海外サッカー】<ブッフォン>イタリア代表復帰を表明!「忠誠心と責任感を示したい」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    コスタクルタ副コミッショナーがコンテを評価「数カ月以内に話し合いを持つことになる」

     ロシア・ワールドカップ(W杯)出場権を逃し、代表監督が空位となっているイタリア代表。イタリアサッカー連盟(FIGC)の副コミッショナーを務める元ACミランのアレッサンドロ・コスタクルタ氏は、イタリア代表の次期指揮官候補として現チェルシーのアントニオ・コンテ監督を強く推している。

     イタリア代表はW杯欧州予選プレーオフでスウェーデンに敗れ、60年ぶりに本大会出場を逃した。チームを率いたジャンピエロ・ヴェントゥーラ前監督はすでに解任されているが、依然として後任は決まっていない。

     候補にロベルト・マンチーニ氏やカルロ・アンチェロッティ氏といったビッグネームが浮上するなか、FIGCのコスタクルタ副コミッショナーはイタリア紙「ガゼッタ・デッロ・スポルト」で監督人事についてコメントしている。

    「まだ決まっていないが、コンテはベストな一人だと考えている。数カ月以内に間違いなく話し合いを持つことになるだろう」

     コスタクルタ氏はこう語っており、近いうちに話し合いが行われる模様だ。

    チェルシーと契約を19年まで残しているが…

     コンテ監督は2014年ブラジルW杯後から2016年欧州選手権までアッズーリを率いた経歴を持つ。その経験を高く評価されているようだ。

     ポルトガルで行われた欧州選手権でチームをベスト8に導いた闘将は、大会後にチェルシーの監督に就任。同クラブとの契約を2019年まで残しているなかで、再び代表監督就任の噂が浮上した形だ。

     歴史的な予選敗退で失意に暮れるイタリア。新たな希望を託す指揮官はいったい誰になるのだろうか。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

    空位のイタリア代表監督に最有力候補!? 伊協会関係者が“コンテ推し”「ベストな一人」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【注目】空位のイタリア代表監督に最有力候補!?】の続きを読む

    このページのトップヘ